事業再構築補助金

セントラルキッチンでの採択事例とポイントを解説!事業再構築補助金

セントラルキッチンでの採択事例とポイントを解説!事業再構築補助金

事業再構築補助金を活用して、セントラルキッチンを導入した事業を行いたいと考えている事業者の方もいらっしゃいますよね。
コスト削減や商品のクオリティを単一化できるセントラルキッチンは有効的な経営手段の一つです。
事業再構築補助金であれば、低コストでセントラルキッチンの導入にチャレンジができるので、チャレンジしておきたいところです。
そこで今回は事業再構築補助金でのセントラルキッチンでの採択事例と採択されるためのポイントについて解説していきます。

事業再構築補助金でもセントラルキッチンは補助対象!

事業再構築補助金はセントラルキッチンの導入は補助の対象となっています。
セントラルキッチンに取り組んだ事業者で多数の採択事例があり、なおかつコロナで大きなダメージを受けた飲食店は優遇される傾向にあるため、採択されやすいビジネスモデルといます。
セントラルキッチンはランニングコストは下げれる一方で、設備投資などのイニシャルコストは高くなりがちです。
規模の小さいセントラルキッチンでも500万円を超えるケースは少なくありません。
大規模な設備投資に対して、通常枠2/3の補助(特別枠で最大3/4)が支給される事業再構築補助金は最も適した補助金の一つといえるでしょう。

セントラルキッチンとは?メリット・デメリットを解説

セントラルキッチンとは大量の食材を一か所にまとめて、調理する方式のことをいいます。
各店舗は調理の仕上げをするだけとなりますので、ほとんど手間がかかりません。
大手の外食チェーン店のほとんどが利用している手法の一つといえます。

セントラルキッチンのメリット・デメリットは下記の通り。
【メリット】

  • 人員を削減でき、コスト低減を見込める
  • 大量仕入れによって、安い単価での仕入ができる
  • 一か所で調理するので、店舗ごとの味のばらつきを避けることができる

【デメリット】

  • 運搬する際に食材の鮮度を保つ必要性がある
  • 稼働率が高くなければ、かえって高コストに

つまり、セントラルキッチンが適している飲食店は規模が大きく、他店舗展開しており、高稼働率を維持しており、食材が傷みにくいものを取り扱っているまたは食材の管理技術が高い事業者である必要があるということです。

セントラルキッチンで採択されるための3つのポイント

セントラルキッチンを活用したビジネスモデルで、事業再構築補助金に採択されるためのポイントは下記の3つです。

  • 回復・再生応援枠で申し込む
  • 選択と集中に取り組む
  • 地域課題の解決に取り組む

回復・再生応援枠で申し込む

セントラルキッチンは回復・再生応援枠で申し込むことをおすすめします。
過去の採択事例でも緊急事態宣言枠(第5回までの実質的な回復・再生応援枠)での採択事例が多かったためです。
採択率も通常枠よりも優遇されており、採択されやすい枠組みです。
補助金額の上限は最大1,500万円と高くはありませんが、セントラルキッチンの導入だけであれば十分な補助金となります。
セントラルキッチンの導入を考えている事業者の方は、まずは回復・再生応援枠で申し込みできないか検討してみることをおすすめします。

選択と集中に取り組む

選択と集中に取り組み、特定の事業に特化する事業計画は採択されやすい傾向にあります。
公募要領の審査項目に「市場ニーズや自社の強みを踏まえ、「選択と集中」を戦略的に組み合わせ、リソースの最適化を図る取組であるか」という文言があるためです。
コロナの影響で厳しくなった不採算部門を整理し、将来性のある事業に集中することを検討してみてください。
選択と集中に取り組み採択された事業計画例は下記の通り。

  • ラーメン業態及び高級食パンの2業態を1業態に集約し、デリバリーに対応したセントラルキッチンを導入
  • 経営している4店舗のうち1店舗を閉鎖・改修してセントラルキッチン化を図る

 

地域課題の解決に取り組む

事業再構築補助金の特徴として、社会問題の解決に取り組むような事業は採択されやすい傾向にあります。
セントラルキッチンでいえば、下記のような採択事例が代表例といえます。

  • 障がい者就労のためのセントラルキッチン導入
  • コロナ禍における自炊・料理負担増の課題解決
  • 食品ロスを含む飲食店の課題を解決

こういった地域の課題や社会の課題を解決するようなビジネスモデルは採択されやすいです。
単純なセントラルキッチンの導入だけではなく、このような地域の課題や社会の課題の解決を組み入れて事業計画を策定してみても良いかと思います。

CPAはセントラルキッチンでの事業再構築補助金の申請サポートを実施

弊社(CPA)はセントラルキッチンでの事業再構築補助金を申請したいと考えている事業者様に対して申請サポートを実施しています。
弊社サポートにより事業再構築補助金第1回・第2回の公募で6,000万円(通常枠)が採択された実績もございます。
飲食店での採択実績もございますので、セントラルキッチンでの事業再構築補助金の申請を考えている方はお気軽にお問い合わせください。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
事業再構築補助金のお問い合わせは下記のバナーから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

事業再構築補助金のセントラルキッチンの採択事例

実際に第4回まででセントラルキッチンで採択された事業計画は下記の通りです。
事業計画策定の際の参考にしてみてください

事業計画名事業計画
セントラルキッチン稼働によるアウトドア向け調理商品及びOEM受託生産事業への参入現在、売上減少に直面する炉ばた居酒屋を経営する当社が新たにセントラルキッチンを稼働させ、アウトドア向けの調理用商品を開発・製造し、加えて地元ホテル等から冷凍食品のOEM生産を受託し売上収益増加を図る。
地域資源を活用した総菜製造のためのセントラルキッチン新設と食品製造卸売への事業転換新たに調理加工設備を新設して地元素材を使用した冷凍調理食品の製造から卸販売及び通信販売を行うことで、新たな市場を獲得して観光客の激減で落ち込んだ観光物産販売などに変わる新たな収益の柱と雇用を生み出します。
惣菜店舗を併設したセントラルキッチンの構築による商品提供プロセスの革新当社は飲食店であるが、コロナ禍にて休業や時短営業等を求められ経費削減と事業再構築が急務である。そこで、これまで各店舗で行っていた肉の下処理等を一括して行うセントラルキッチンを構築し、惣菜店舗を併設することで仕入効率化と食品ロス低減、生産性向上を図っていく。
就労支援事業への進出でセントラルキッチンの導入。ローコストオペレーションの実現&メニューの多様性の充実。セントラルキッチンの導入により、コスト削減が実現出来、メニューの多様性が図れる事によりCSの向上が図れる。また障がい者就労にも寄与し、ESの向上も図れ理想の働き方を構築できる計画
町のセントラルキッチン構想による地域活性化事業当社が立地する東京都北区赤羽に「町のセントラルキッチン」を構築することによって、飲食店特有の課題を解決して「赤羽」の飲食店の利益向上を支援し、「赤羽」という地域を活性化することを目的とする事業。
セントラルキッチン開設による冷凍タイ料理の通販及び卸販売事業本計画は新たにセントラルキッチンを開設し、冷凍タイ料理の大量生産体制を整え、「外食ビジネスからフードビジネスへ」のスローガンの下、冷凍タイ料理のWeb販売、卸販売を全国展開する。これらにより革新的な労働生産性の向上を実現する。
セントラルキッチンの開設・店舗増設と通販・テイクアウトの拡大に挑戦新事業では、東京湾フェリー1階の「黒船亭」という料理店を新たな拠点にセントラルキッチンを整備します。実店舗での作業を効率化することで、昼業態への転換を目指す飲食店を支援します。また、拡大傾向にある中食・内食市場に着目、急速冷凍技術を活用したうどん商品の開発・販売に挑戦します。当社は、いつでも・どこでも・誰もが出来立ての横須賀カレーうどんを楽しめるようにすべく、新事業に挑戦します。
セントラルキッチン方式配達事業の新事業化による中食市場への進出新型コロナウイルス感染症の流行によるレストラン事業などの売上急減に対し、解決策として、セントラルキッチン方式配達事業を事業化する。拡大を続ける中食市場への進出であり、売上拡大と経営の安定化を図る。
店舗集約及び製麺所、デリバリー対応のセントラルキッチン整備による業態転換ラーメン業態及び高級食パンの2店舗を展開しているが、既存業態を1店舗に集約し、自家製麺所の併設及び非接触型店舗オペレーションの導入、デリバリー業態に対応したセントラルキッチン整備により、消費者ニーズに対応した新たな業態の構築を図る。
居酒屋によるセントラルキッチン機能を有する弁当販売店舗出店居酒屋を3店舗、カレーレストランを1店舗等5店舗を経営している。新型コロナウィルスによる影響を受けたことをきっかけとして、この環境でも好調な業績が期待できる弁当販売、および仕込品販売事業を行う計画である。
呉竹荘セントラルキッチン今後予想される中食需要の増加に対応すべく、事業再編を行い、宴会・婚礼施設を転換してセントラルキッチン、冷凍保存設備を導入します。加えて新しくミールキットの配送、ビジネスホテルへの朝食卸売販売等を行います。
セントラルキッチンを導入した総菜の販売事業惣菜製造と販売事業の立ち上げをして既存の店舗をITを利用してシステムをもっと能率よく図っていく
セントラルキッチン構築で、近江鶏や伊吹そばの通販事業を展開セントラルキッチンを新たに構築し、近江鶏や伊吹そばなど滋賀県の地域ブランドを活用した商品を通信販売で展開する。最新の急速冷凍機などの設備を導入することで、品質を落とさずに冷凍し、お届けする。
セントラルキッチンを活用した串カツ製造の効率化当社は大阪市内で串カツ店を運営しており、現在は店舗ごとに材料の仕入れから加工を行っています。セントラルキッチン導入により固定費である人件費を削減することができ、黒字転換しやすい体制を構築します。
①セントラルキッチンプラットフォーム事業 ②自社宅配機能を持つFCへの新規参入事業①外国人研修センター併設型セントラルキッチンに取り組む。  ②大型店舗を一部縮小し、デリバリー専門のFCに参入し、自走機能を持った店舗へと転換し、既存店舗との相乗効果を狙う。
セントラルキッチン設置による、花材の輸入販売から弁当宅配事業への転換売上の柱であった輸入花材のネット販売がコロナの影響で休業に追い込まれたため、飲食部門の弁当販売をBtoCからBtoBのビジネスに転換し、大量受注に対応できるセントラルキッチンを設置する。地域の需要に対応した弁当宅配事業を展開し、収益アップを図る。
パン製造セントラル工場サテライト売店販売事業コロナ禍で大打撃を受けている飲食店業に代わる大きな柱事業として、自社製作のパ製造セントラル工場化によるサテライト売店販売方式を構築することで、主たる事業を業種転換し、既存の飲食業への相乗効果を図る。
冷凍健康ハンバーグのセントラルキッチン化・WEB販売は世界を救う!当店自慢の通常よりも倍の量を含むオニオン(玉ねぎ)のハンバーグ。本事業でセントラルキッチン化を図り、冷凍ハンバーグを販売。原料は九州産の黒毛和牛肉と豚肉、佐賀県白石産の玉ねぎを使用。玉ねぎには血液サラサラ成分が多くコロナで血栓ができやすい症状も玉ねぎのケルセチン効果で緩和。当店のハンバーグを日本と世界へWEB販売でコロナ禍からV字回復とコロナの悪影響を撃退する。
セントラルキッチン導入による長崎亭FC向け食材製造卸事業への業種転換セントラルキッチンの導入により品質と生産性の向上を同時に実現、更なるフランチャイズ展開を推進する。またコロナ禍で今後主流となる通販ビジネスとの相乗効果、売上の拡大、経営力の強化目指す。
セントラルキッチンの整備と看板商品で利益最大化と労働環境の改善コロナの影響による飲食店の大幅な売上減少を好転させるため、経営している4店舗のうち1店舗を閉鎖・改修してセントラルキッチン化を図り、労働力の集中を図ることで既存の労働環境の改善と店舗を独立経営できるだけの人材(職人)育成を目指す。また、ホームページの新設(SNS情報発信)と併せて商品を知ってもらい、全国各地へのネット販売、地域へのテイクアウト対応で販路を拡大する。
セントラルキッチンから全国へ発送。先端冷凍技術を導入した事業再構築コロナ禍で当社のカラオケ業飲食業は外出自粛により危機的状況にある。現代の消費ニーズに対応するため、当社の強みである選りすぐりの食材と調理技術を、鮮度抜群の美味しさで消費者にお届けできる先端冷凍技術を導入。運営する飲食店を縮小し、セントラルキッチンを建築して全国発送の販売体制を整え、事業の再構築を図る。
セントラルキッチン整備によるワンストップ受託事業時短要請やお酒の提供不可、すすきの地域に限定した規制などが発令によって、お客様の客足が絶える期間が約1年半続いており、店舗で待ち営業していてもお客様が来ないな為に、移動販売車を使いテイクアウトやデリバリーで売上を立てているが、1時間の限界製造数が少ない。セントラルキッチンを整備し自社商品の製造とデリバリーとテイクアウトの受託事業を行い新しいビズネスを実施する。
セントラルキッチンを活用した、テイクアウト事業の導入飲食業のイートイン自粛に対し、既存のセントラルキッチンを活用したテイクアウト事業を導入し売上の回復を図る。法事慶事の料理で培ったノウハウを生かした「ハレの日メニュー」で差別化を図り、拡大しているパーティー需要など新規顧客を取り込みV字回復する。
和食店経営30年の経験を活かしたセントラルキッチン構築事業飲食店経営30年の経験とノウハウを活かして、医療・社会福祉施設への給食事業に取り組むことになりました。セントラルキッチン事業を通じて社会への貢献、地域経済への寄与、従業員の生活向上に邁進します。
「カレー専門店(ファストフード事業)」および「セントラルキッチン事業」①カレー専門店

コロナ禍で必要な非対面式の注文システム。AIやDXを駆使することで、外食のビジネスモデルを変革し、お客様に最大限の価値を提供する事で、人々の生活を豊かにする。

②セントラルキッチンの導入

人員の効率的配置。厨房機器類の効率化。大量購入による購買力の向上。完成品の品質安定化

餃子の販路拡大に向けたハイブリッド型セントラルキッチンの構築回復の見込みがない居酒屋事業に代わって、自社プライベート商品の餃子をEC販売と卸売りと小売り(自動販売機)という三つの販路にのせて拡大していくためのハイブリッド型セントラルキッチンの構築
セントラルキッチンによるネット販売・店頭販売への業態転換事業飲食提供サービスから「店舗改修・厨房設備」を導入し、日本全国向けネット販売及び近隣住民への店頭販売を実施。「コロナ禍における自炊・料理負担増」の課題を解決し、当社の業態転換を実現。
同業他社への食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンの構築現在展開している居酒屋事業の売上回復が厳しい中、神田でのドミナント経営を活かし同業他社への専門食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンを新たに構築する。
通販特化のセントラルキッチン開設コロナ感染拡大での緊急事態宣言による人流抑制と営業時間の減少や、テレワークによる都心部の流入人口減少により、ラーメン店の売上は激減しました。通販事業を行うためのセントラルキッチンの開設をします。
新設店舗に併設するセントラルキッチン導入による業態転換都内一等地にある赤字店を撤退し、新設店舗に併設する形でセントラルキッチンを導入することによって、効率的な提供体制を確立し、下準備の効率化と食品ロス低減、生産性向上により経営基盤の強化を図る。
町のセントラルキッチン構想による地域活性化と食品ロスの削減当社が立地する神奈川県橋本に「町のセントラルキッチン」を構築することによって、食品ロスを含む飲食店の課題を解決して地域飲食店の収益向上を支援し、橋本を中心とする地域を活性化する。
能登名産の『地産他消』を目指すセントラルキッチン型E-Commerceの構築既存事業の飲食店で提供している能登名産品を『地産多消』できるような仕組みを当社で提供したい。そのために事業再構築補助金を活用してセントラルキッチンを新たに構え、ECサイトのシステム構築を行い、Direct to Customerで直接お客様に名産品を届けられる仕組み作りを行う。
セントラルキッチン設備導入による「壱八家」ラーメンセット事業再構築セントラルキッチン設備を導入し、既存「壱八家」ラーメン店舗の味をそのままに、ラーメンセットと餃子セットの海老名サービスエリアへの卸事業およびラーメンセット小売り事業による事業再構築を図る
セントラルキッチン構築によるマルチチャネル販売型店舗居酒屋事業の衰退を受け、既存居酒屋の客席を一部縮小し、新たにセントラルキッチンを設けることで①デリバリー(ゴーストレストラン)②法人ケータリング③ECサイト④催事出店を行うマルチチャネル販売型店舗を展開する。
食事から地域をサポートする「セントラルキッチン創設事業」地域住民、特に高齢者がウェルビーイングを実現するためには、①栄養管理された最高品質の食事提供②災害時に安定した食事提供を可能な環境を「地域」に創設する必要がある。当社はこれが可能となる「セントラルキッチン」を創設する。
セントラルキッチンカフェによる新開発サンドイッチ展開事業コロナ禍で大きく打撃を受けている現状を打破するために、本事業で「門前サンド」を販売する。セントラルキッチン機能を持つカフェと販売専門の蔵カフェにより、テイクアウト需要を中心に獲得し収益の向上を図る。
ECサイト構築及びセントラルキッチン建築による事業再構築計画在庫確保場所の不足、既存設備の能力不足による問題に対して、セントラルキッチンの建築・ECサイト構築にて、ネット販売の開始及び事業再構築を目的とする。
中食ハイブリッド型焼肉店の事業展開を目的としたセントラルキッチン建設最新鋭の機器を用いた生産性の高いセントラルキッチンを新設し生産・仕込みを効率化。自社及びFCにて外食売上に中食売上を付加した、中食ハイブリッド型焼肉店の多店舗展開を行う。
セントラルキッチン及びキッチンカーによるローストビーフ丼展開新事業としてキッチンカー導入し「京風ローストビーフ丼」の広域展開事業の取組。

具体的には、「飲食店舗のセントラルキッチン化」および「キッチンカーの架装」の2つの取組を計画。①新事業の実施に必要な設備投資の実施。②当社が培ってきた、肉の仕入ルート・調理技術を活用し、「京風ローストビーフ丼」の商品開発の取組。既存事業とは異なるビジネスモデル実現により、新たな収益基盤の早期構築の実現します。

セントラルキッチンによる社食提供で高齢者施設・中小企業の新規顧客獲得既存店舗の厨房を撤去し、新たにセントラルキッチンを設置する。調理した惣菜を毎日冷蔵配送する簡易型社員食堂のサービスを提供する。現地スタッフが再加熱することで、高齢者施設や中小企業で安価で美味しい食事を提供する。
セントラルキッチン完備と中食事業で売上高と利益を拡大する。新型コロナによる影響で、焼肉業界は大幅な売上減少にある。利益回復し雇用を維持するため、中食産業へ進出し、売上拡大する。同時に高騰する原価を低減する体制構築で、店内飲食の利益拡大を図る。
セントラルキッチン新設によるデリバリー専門店4ブランドの展開当社のカフェブランドは関西で抜群の知名度を誇るが、コロナ禍で売上が激減したため、家賃負担の重い店舗撤退を決断した。新店舗にはセントラルキッチンを設営し、デリバリー専門店4ブランドによるV字回復を狙う。
中食・内食を支える地域のセントラルキッチン事業セントラルキッチンを新設し、2つの新事業を展開する。①「OEM受託・PB商品開発事業」デリバリー、テイクアウト等の中食・内食事業に参入する地域の飲食店に対し、業務用ベース調味料のOEM受託とPB商品開発支援を行う。②「EC事業」生活習慣の変化により内食・中食機会が増加している一般消費者に対し、話題のスイーツと自宅で気軽にレストランの味を楽しめるベース調味料をECを介して販売する。
セントラルキッチン導入による「お店の素材」販売事業外食需要の落ち込み、家庭や屋外での飲食需要を受け、「お店の素材」を販売する小売をはじめる。当店の人気商品で販売実績のある串カツと焼肉を、加工品(要調理)として販売することで新しい市場を開拓する。
セントラルキッチン導入によるラーメンの提供方法の多様化当社は、ラーメン店を運営しているが、新型コロナウイルスの影響で大きく事業が毀損している。本事業においてセントラルキッチンを導入し、製造方法を一元管理することで提供方法の幅を広げ、業態転換として事業の再構築を図る。
セントラルキッチンを導入し、タイ料理ファストフード店を展開する当社はこれまで、タイ政府認定レストラン「クンテープ」を展開してきた。その強みを生かすとともに、セントラルキッチンを導入して、コロナ禍でも持続可能なファストフード店「ガァウタイ」を全国に展開していく。
居酒屋から、セントラルキッチンの強みを生かした焼肉店への事業再構築本事業計画では、新型コロナウイルスの影響によって2020年9月以降休業している居酒屋『神戸館』を全面改装し焼肉店に事業再構築する。本事業では自社セントラルキッチンの有効活用及びセルフオーダーシステム導入による効率化を実現させる。
セントラルキッチン設置による老舗洋食店の中食市場向け食品製造神戸の有名洋食店がセントラルキッチンを設置し、中食向けの事業に取り組む。弁当のデリバリーや仕出し弁当、連携先のキッチンカーも活用した販売をおこない、店舗に行かずに有名店と同じ味をお客様に提供する。
セントラルキッチンを利用した本格フランス郷土料理のテイクアウト&デリバリー今回新たに行うサービスの提供方法は、まだ同じ方法で実施した実績はありません。今までは店内着席、対面での食事・ドリンクの提供を行っておりましたが、新たにセントラルキッチンを作りお客様との接触機会を極力へらす商品販売・提供を行えるよう、お弁当、オードブル類やワインのテイクアウト、デリバリー、通信販売事業に新規参入します。
世界遺産観光セントラルキッチン及びセントラルファクトリー整備事業姫路城下セントラルキッチンで廃業に瀕した飲食事業者を支援し,奄美徳之島セントラルファクトリーで販路が激減した農業者を支援し,両者をつなぐ会員制BtoB型CSA(Community Supported Agreculture)システムを構築する.
セントラルキッチンで直売・デリバリー・ECを展開するセントラルキッチンを変革し、外食以外の新規市場に向けて直売・デリバリー・ECを展開することで新しい売り上げの柱をつくる
セントラルキッチン兼、顔が見えるゴーストレストランの開設による新分野展開既存店舗に加えて「セントラルキッチン兼ゴーストレストラン」を新設し、既存EC販売の拡大・ゴーストレストランによるフードデリバリー販売に特化した事業の新分野展開を行い、「外食」のみならず、「内食」「中食」全てのニーズに対応することで飲食の新たなビジネスモデルを確立させる
居酒屋からセントラルキッチンを活用した水産加工事業への新分野展開計画新型コロナウイルスにより多店舗展開する居酒屋が大きな打撃を受けた。そこで、島根県産の水産物及びセントラルキッチンを活用した水産加工業への参入により、売上高の拡大を目指す。
『ホテル内飲食店舗革新』による新たな市場・需要開拓  セントラルキッチン・非接触など新たなホテルの活用宮島口にあるホテル飲食店舗を地域の食材を活用したテイクアウト専門店に業態を変え、既存セントラルキッチン商品の販売アンテナショップとしてブランド価値を高める。また、アフターコロナを見越しITを活用した非接触のオペレーションを構築する。
惣菜の全国インターネット販売を行う為、セントラルキッチン化による生産性及び品質の改善セントラルキッチン化ならびに食品を劣化させない急速冷凍機を導入する事で、「美味しい冷凍惣菜」を製造する事が可能になる。生産性及び品質の改善を行い、インターネット販売で全国の家庭に「美味しい」を届ける!
コロナ感染リスクを低減したオーダー制の焼肉店兼セントラルキッチンへの業態転換計画食べ放題・ビュッフェ形式の焼肉店を経営してきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた。従来のビュッフェ形式の店舗を、コロナ感染リスク低減化を実現する注文・配膳・会計を無人対応したオーダー形式の焼肉店兼セントラルキッチンに改装・リニューアル展開する取組みである。
飲食店ブランドを活用した仕出し弁当事業の開始とセントラルキッチン開設2店舗の飲食店を営む当社が1店舗を撤退するとともに、新規事業としてコロナ禍でも需要の見込まれる仕出し弁当事業を開始するためにセントラルキッチンを開設する。また、経営リソースを集中させるため経営する2店舗の飲食店のうち一つ1店舗を撤退する。
地元食材を使った居酒屋看板商品の物販事業とセントラルキッチンの設置コロナ禍で既存の居酒屋事業の売上は激減している。地元食材を活用のうえ、居酒屋看板メニューをセントラルキッチンで物販用に製造する。地元スーパーやECサイト等で販売し、売上増をめざし事業再構築を果たす。
セントラルキッチンを大改造!飲食店業界を大改革!コロナ後は来店型から通信販売・卸販売へとシフトする必要があります。

過去の事業の経緯で構築した「セントラルキッチン」を有しており、これを通販対応型、卸対応型のセントラルキッチンへと改造することで得意の創作料理を提供します。

セントラルキッチンの新設工事計画中食産業に参入する為、衛生面・製造・管理の課題を解決しうる、セントラルキッチンを製作し、キッチンカーで販売する事業を計画する。既存事業とのシナジー効果も期待できる。また、イベント等の出店により地域活性化に参加する事が出来、包装紙もSDGsを意識したものを使う。
鶏唐揚げ・餃子・焼売のセントラルキッチン事業への進出当社は、長崎県西彼杵郡時津町で定食チェーン「やよい軒」のフランチャイズを営んできたが、コロナ禍で売上が減少し、単一事業だけでは経営が安定しないことから、市場が伸長している唐揚げ・餃子・焼売を製造するセントラルキッチン事業へ進出する。
大分セントラルキッチンの創設、大分厳選グルメ通販サイト開設および、炉端焼き店の新規開業自社ECサイト「おおいたグルメマップ」設立および楽天ショップの開設・運営を行う。自社製品のみならず、大分県内複数の飲食店の商品も取り扱うこととし、当社にて通販用の加工・販売を手掛ける。通販においては、当社が「セントラルキッチン」を開設し食品衛生許可を取得のうえその中心となり、大分県内飲食店の通販サイトのプラットフォームの機能を担う。
セントラルキッチン創設による仕出し・テイクアウト事業への参入コロナ禍でのテレワーク推奨により当店の顧客層であるビジネスマンの来店機会が減少した。新たにセントラルキッチンを有する製造業部門を立上げ、需要の高い仕出し・テイクアウト事業へ参入する。
販路拡大の為のセントラルキッチン(精肉加工場)体制の構築焼肉店舗売上が減少している為、新たな売上の柱が必要となっている。精肉の仕入れ・仕込みを一元的に管理するセントラルキッチンを設置し、他の焼肉店への肉の卸売上・消費者への小売上(新たな売上の柱)を創る。
地産地消に貢献する地域のセントラルキッチンとなる食品加工工場の設立地元産の旬な食材を使用したユーザーの細かい加工オーダー、小ロットの注文に対応する地域のセントラルキッチンとなり、地域の人材不足や農福連係に寄与する食品加工工場の設立
店内調理業態から、調理即日配送のセントラルキッチン業態への転換コロナの影響により、社員食堂や教育機関等の労働集約的な店内調理型給食施設運営に深刻な影響が出ていることから、セントラルキッチン型給食サービス提供に業態転換することで、感染予防と人材不足対策の両立を図る。
冷凍食品販売とテイクアウト事業立ち上げのためのセントラルキッチン新設セントラルキッチン新設し、中食層に向けた冷凍食品を製造から卸販売迄行う。また、テイクアウト需要に向けたオードブル・弁当の大量生産を実現し新たな市場獲得する。飲食店舗経営落込みに変わらう収益の柱を作り地元雇用創出につなげる。
セントラルキッチンが「旬・地域・人」を繋げるプロジェクト新規にセントラルキッチンをつくり、自社ブランドを活かした旬の食材を加工食品として製造し、温泉街の空きテナントを活用し幅広く販売することで、自社の新たな売上構築と交流人口の拡大、地域活性化を実現する
セントラルキッチンの開設により地産地消を実現するプロジェクト高値とされる地産鮮魚を大量仕入れすることによりコストダウンを計りセントラルキッチンと冷凍技術を活用して学校給食、介護食、病院食へ安定的に供給。また、鮮度を保ったままの庄内産の寿司ネタを大手寿司チェーン店に提供していく新分野展開事業。
コロナ禍におけるテイクアウト事業への展開と、生産性及び収益力向上のためのセントラルキッチン新設外食部門を縮小しテイクアウト・物販の販売を強化で収益力改善を図る。

具体的にはテイクアウトに特化したサンドイッチ専門店及びチーズを商材としたスイーツ専門店を展開。セントラルキッチンを新設し、仕入の一元管理・生産の効率化による収益力向上・品質の安定化・感染症対策を施す。販売店舗は小規模スペースによる出店で販売員を最小限に抑え、人件費抑制による収益力強化と従業員への感染症対策を実施する。

セントラルキッチン導入とオリジナル鳥“シャモチン”のメニュー開発当社が保有する建物を改装、厨房機器を取り揃え、セントラルキッチンを開設。当社のオリジナル鳥である“シャモチン”や名古屋コーチン、合鴨を活用したメニューを開発し、主力メニューとしてお客様に提供する
セントラルキッチンを新設し介護施設への食品製造卸事業の新展開コロナ禍により店舗とキッチンカーの売上は大幅な減収となっている。そこで、料理コンサルの経験を活かして、介護施設利用者向け惣菜の製造卸を行うためセントラルキッチン工場を新設し、新たな事業展開を目指す。
レストランのM&Aとセントラルキッチン化兄の運営するリゾートマンション内のレストランを当社で運営し、セントラルキッチンを設置し雇用と運営の安定化を図り、リゾートマンションの空き店舗へ出店して売上を伸ばす。
ラーメン行列店が始める「ラーメンODMセントラルキッチン」事業コロナの影響が大きい居酒屋・ビアレストラン事業者をターゲットに、ラーメンマニアに評価される、味、技術力、ノウハウを生かし、企画・開発からODM製造するチルド・冷凍のラーメン半製品を、事業者が独自にアレンジし顧客に提供する、ビジネスモデルである。
セントラルキッチン構築による調理機能の効率化とOEM商品生産受託による地域イノベーションの促進当事業ではセントラルキッチンを構築することで、当社内の調理業務効率化を図ると同時にOEM商品受託事業に展開し、当社の日本料理ブランドを活かした外販を行う。豊富な人材と経験を活かして地域と一緒にコロナ禍を乗り越える事業となっている
ドミナント型のセントラルキッチンを構築しBtoBへの新分野展開ラーメン店に特化したセントラルキッチン工場を稼働させ、食料品製造業としての生産体制を構築することが課題。特徴でもある商品開発力と物流センターを活用し、ラーメン店集積地域に立地する取引先の生産性を高める。
セントラルキッチン事業から、コロナ禍でも収益性ある飲食ブランドへの転換コロナ禍により取引先の飲食企業からのセントラルキッチンの取扱量・受注額が減少した為、持ち帰り需要に対応でき、またコロナ禍でも収益性があり早期回収モデルである有名飲食ブランドを展開し、V字回復を図る。
セントラルキッチン導入による冷凍シュウマイ通販展開事業コロナ渦における居酒屋事業の売上急減に対し、シュウマイ専用セントラルキッチンを立ち上げ、ECサイトでの販売を展開する。拡大を続ける中食市場への参入を行い、販路の拡大と経営の安定化を図る。
店頭における惣菜、精肉小売りとセントラルキッチン設置による精肉の合理化に関する事業・経営する定食屋の店頭で惣菜の小売りを行う

・経営する定食屋の店頭で精肉の小売りを行う

・事業主の自宅を改修してセントラルキッチンを設置し食材の食肉の加工を一括化して合理化する

「急速冷凍庫」導入によるセントラルキッチン事業急速冷凍庫を導入し、飲食店事業は継続しつつ、セントラルキッチン化による実店舗売上に依存しない「新分野展開」に取り組む。冷凍商品の開発、自動販売機による販売、オンライン販売サイトによる販売を仕組化し飲食事業者に提供する。
食品加工設備(セントラルキッチン)の新設による卸販売事業新たにセントラルキッチンを新設し、①メンチカツ専門店の営業、②専門店FC本部運営、③周辺飲食店の惣菜のOEM製造 ④スーパー惣菜エリアへの卸販売の4つの事業を展開し、次世代の収益の柱と雇用を生み出す。
パウダー野菜と冷凍カレー製造の為のセントラルキッチン新設と食品製造卸売事業実店舗での営業を縮小し、広告活動の結果得られた多くの支持を武器にホクトカレー導入店舗(加盟店)に対して冷凍カレーとパウダー野菜のデリバリー事業を行う。更にECサイトを用いて一般消費者に対してもデリバリーを行うことで販売範囲を大幅に拡大する。
セントラルキッチン導入計画新型ウィルス及び増えつつある災害などの非常事態宣言や感染防止にそなえ、当社の強みである仕入れと調理力を活かしセントラルキッチンによる調理された食料品の店頭販売や専門店を広げ、以前より増えつつある中食事業の開始。そして店内飲食との両立により多様な状況下での売り上げの維持と上昇を図っていく。
本格中華料理店の課題解決!セントラルキッチンで美味しい香港点心をお届け!本事業は、セントラルキッチンの構築を行い地元食材を活用し、当社自慢の香港点心を中華料理店や惣菜屋に提供をして行きます。これら取り込みは、地元農家や中華料理店・惣菜屋を応援する取り組みであります。
マイクロセントラルキッチンによる新宿地域中小飲食店への貢献マイクロセントラルキッチンを活用した新鮮な食材を使用したセットメニューの提供により経営資源が少なくデリバリー事業に参入できない新宿地区中小飲食店のデリバリー進出を実現し、お客様の売上向上に貢献する。
セントラルキッチン設立を中核とした新たな商品製造・販売方法への取り組み大幅な売上減少と各店舗のコスト負担が大きな課題。セントラルキッチンによるお店の味を完全再現し、仕込み・調理の手間・時間を大幅に削減する「調理済パッケージ商品」の開発と販路開拓により、不測の事態に対応できる収益構造を実現。
セントラルキッチン構築によるテイクアウト・通販への多角化展開新たにセントラルキッチンを構築して均一化・高品質のメニューの開発・製造を効率的に行うことによって、テイクアウト専門店の新規出店とネット通販事業への新分野展開を図り、新たな売上の柱を構築する。
寿司屋の出店とセントラルキッチンの構築コロナウイルスによる影響で売り上げが減少してきてしまっている為、新たに寿司屋の出店を企画。寿司屋は飲食業の中でもコロナウイルスの影響を受けずらい、業態の為出店に活路有。

同時にセントラルキッチンの構築も行い、効率化&原価率削減を狙い、2軸で事業を再構築する。

セントラルキッチンを中心とした食品製造・販売による新販路開拓セントラルキッチンを新規設立し、外食事業で培ったノウハウで食品の製造を行う。製造した食品は、主にネット通販を活用した小売販売と、当社初のフランチャイズ形式で新たに開発する弁当・惣菜店舗における仕入れ食材として販売する。
AIで一元管理するフードデリバリーのセントラルキッチン設立複数飲食店のデリバリーを担うセントラルキッチンを開設。そこにAIを利用したシステムを開発・導入し、煩雑な異なるデリバリープラットフォームからの注文を一元管理、オペレーションや配送を効率化する。
セントラルキッチン併設型店舗の新設と内食・中食市場への参入商品のバラつきと製造原価の改善のため、また外部環境の変化を受けやすいイベント事業に頼り切った経営体質を一新するために、セントラルキッチン併設型のテイクアウトが出来る店舗の新設を行い、中食商品の製造・販売を行う。
コロナに負けない!日本料理店がセントラルキッチンへの業態転換に挑戦!コロナ感染症によって宴会事業は壊滅状況。宴会会館を撤廃し、思い切って業態転換して、老舗日本料理店の味をセントラルキッチンから、幅広い顧客に届けていく。
セントラルキッチンでの精肉加工とECサイト販売事業の創設セントラルキッチン方式の焼肉店経営のノウハウを生かし、セントラルキッチンで加工した精肉をパッキングしてECサイト・直販事業を行う。そのための製造所改修・製造機材導入を新分野展開で実現したい。
セントラルキッチン工場新設によるフローズンミール製造販売計画飲食店店舗で提供している料理を自社サイト及び業販を通じフローズンミール(冷凍食品)として提供します。セントラルキッチンとしての工場を新設することで原材料からの一貫生産、多品種大量生産体制を構築します。
セントラルキッチン構築により地元食材を使ったお弁当事業を新展開セントラルキッチンを新たに構築し、地元食材を使ったお弁当のデリバリー事業を新規展開する。最新の急速冷凍機などの設備を導入することで、品質を落とさずに食材の冷凍を可能にし、生産性を高めるとともに食品ロスも減らす。
小規模飲食店向けOEMセントラルキッチンによる新しい生活様式推進事業小規模の飲食店では、オペレーションの煩雑さや人員不足によりテイクアウト・デリバリーへの対応が遅れており、こうした事業者に食料品のOEM製造を提供する考えです。

テイクアウト・デリバリー商品のOEM製造であるため、提供する食料品の加工状態を選択できるサービスとし、クライアントのニーズに応える計画です。

セントラルキッチン方式導入による非対面ビジネスモデルへの転換愛知県内にて4つのレストラン等を手掛ける当社への感染拡大の影響が深刻化している。そこで当社の強みを活かして、セントラルキッチン方式を採用した製造拠点と販売拠点を建設し、ドライブスルー・テイクアウト対応の非対面型ビジネスモデルを構築する計画である。
地域資源を活用したセントラルキッチン方式による点心等製造販売セントラルキッチンを兼ねた点心等中華総菜製造直売所を建設し、調理加工設備を新設する。中華料理店の惣菜店頭販売と夜間自動販売機販売で市場を開拓し、新たな収益の柱とする。また、地元食材や地域観光資源を活用し、地域の活性化を図る。
個人向け家事料理代行の経験を生かして、飲食店の『プチ』セントラルキッチンを展開これまで、個人向けの家事料理代行業務を営んで来ましたが、コロナ禍の影響で個人宅への訪問が制限され、減収を余儀なくされてきました。

そこで、テイクアウト需要に湧く飲食店向けに、料理代行の経験を活かしテイクアウト弁当などの製造を行う、言わば『プチ』セントラルキッチン事業を新たに展開します。

セントラルキッチン及びテイクアウト専門店舗の構築による事業再構築新たにセントラルキッチンを構築し、カレーとクラフトコーラを開発してテイクアウト専門店舗で販売する。オフィスビルや商業施設などの開発が進む地域に新規展開し、テイクアウトニーズに対応することで、事業再構築を図る。
セントラルキッチンを活用したキッチンカー事業への新分野展開ヴィーガン・ベジタリアンメニューをコンセプトにキッチンカー事業に参入する。

こだわりの原材料による原価率の増加を回避するため協業によるセントラルキッチンを使用しコストダウンを図る。

また、集客については地元大手観光業者と連携することにより経営資源の補完を図る。

テイクアウト餃子専門店の開発及びセントラルキッチン構築による展開テイクアウト餃子専門店の新規開業、セントラルキッチンを活用した餃子商品の販売・FC展開に取組します。新たな商品開発及び業態の開発に挑戦し、コロナ禍で市場拡大している中食/内食需要にアプローチすることで、新たな収益軸を構築します。
セントラルキッチンの構築による冷凍総菜のEC販売とOEM事業への同時参入「家庭に京都を」をコンセプトに、処理工程や無農薬にこだわった地元の食材を用いた冷凍惣菜を開発し、全国へ通信販売を行う。さらに、コロナ収束を見込んだ2年後から「丁子屋」店周辺のバーを対象とした地域密着型のOEM事業に取り組む。
キッチンカー事業への進出に伴うセントラルキッチン整備事業コロナ禍により、来店客数の減少等により店舗売上が激減。一方で、住宅街からのニーズ(巣ごもり需要)に応えるためにキッチンカー事業へ進出する。現場で調理の簡素化や提供メニューの充実をさせるために、セントラルキッチンを整備し、事業再構築を図る。
老舗料亭の新設サブブランドによる店舗展開及び通販事業用セントラルキッチン設立計画コロナ禍で低迷している老舗料亭「八百忠」のサブブランド「永樂」を設立し認知度向上の足掛かりとしてまずイートインを展開しているが、今後コロナ禍でも需要があるテイクアウト・デリバリー・通販事業を実施するためにセントラルキッチンを設立し、売上回復と作業効率化を図るとともに、八百忠との両立を図り、京料理文化の継承を目指す。
セントラルキッチンでの安全性の高い加熱済み調理食材の製造販売事業福知山にセントラルキッチンを設置し、京都府北部を商圏としてクックチルによるパック食品の製造販売事業を行う。新事業はウィズコロナの時代における企業の需要の変化に適応したビジネスモデルとなっており、既存事業との相乗効果も期待できるため、十分な成果が見込める。
ユッケ(牛生肉)製造を行うセントラルキッチンの新設と拡販新分野展開として、牛生肉であるユッケの製造販売出来うるセントラルキッチンを関西圏では初めて新設することにより、取引先のニーズに応え、既存事業との相乗効果を図りながら、事業展開を進めていきたい。
セントラルキッチン方式を採用し製造工程を効率化!今まで店舗でお弁当一つ一つ作成していたが、大阪市住之江区平林に製造拠点を作り1か所でまとめて調理を行うセントラルキッチン方式に製造方法を変更し、製造工程でのコスト削減を図ります。また新たな商品として法人向けの仕出し弁当も製造し主に平林に拠点を置く企業に販売し配達まで自社で行います。
COFFEE×就労支援×セントラルキッチン多機能型事業所(就労継続支援A・B型)を新たに開業し、個人の飲食店向けに「セントラルキッチン」を軸にした売上構築を行い、過去にやっていない製造及び販売(非接触型)をする。
セントラルキッチンによる仕出し弁当と惣菜製造販売事業計画弊社店舗の一部を改修し、セントラルキッチンを増設。現在の外食事業以外の事業として、中食となる仕出し弁当(弁当及び祝膳)と惣菜製造販売を開始し、会社の基軸となる新たな事業を構築する。
焼肉店から「ゴーストセントラルキッチン事業」への新分野展開。夜間営業依存型からの脱却で事業を多角化。飲食店経営・商品開発の経験を生かし、コロナ禍で需要が拡大しているデリバリー・テイクアウトおよびEC通販市場に参入。デリバリー・テイクアウト料理を製造するセントラルキッチン兼ゴーストレストラン事業に取り組む。
店内販売から通信販売事業への業態展開のためのセントラルキッチン設立セントラルキッチンを設立し、製麺機を用いての日本そば製造や調味料・加工食品の製造、そしてそれら製品の通信販売を行うことによって、コロナ以降の新時代に対応できる店舗とする。
地域食材で医療関係者や患者様を幸せにするセントラルキッチン!主に事業者様に向けてお弁当サービス(健康的で楽しく美味しい食生活)を提供します。
「調理の仕組み化」と「マニュアル化」による労働環境改善と地産地消による地域農業の発展、経済活性化を目指します
セントラルキッチンの新設とキッチンカーレンタル事業今ある飲食店舗に新たな設備を入れセントラルキッチン化。キッチンカーを製造し、セントラルキッチンとキッチンカーセットでのレンタル事業を始める。
セントラルキッチン事業への新分野展開既存の飲食店に特化した広告代理業の、新型コロナウイルスによる広告予算減少による業績悪化から脱却すべく、新分野展開として飲食店をターゲットとしたセントラルキッチン事業を新事業として計画している
セントラルキッチン新設による冷凍本格タイ料理の販売事業当社はタイ料理店を営んでいる。コロナ禍で移動制限があり甚大な影響を受けた。苦しい環境だが、当社には独自の資産があり、今般セントラルキッチンを新設、タイ料理の冷凍食品を「創って作って売る」仕組みをつくる。
セントラルキッチンでのパンの製造と新商品開発最新の冷凍加工技術を駆使した冷凍クロワッサンの製造加工工場。既存店舗でのノウハウと職人の技術を生かし、フードロスの少ない冷凍パンを開発、販売。店頭販売のみならず、通信販売や飲食店や百貨店への卸業にもルートを拡大し、効率的で生産性の高い工場を新設する。
セントラルキッチン新設における、最大活用計画セントラルキッチンを新設し、既存店舗のコスト管理&削減を図ると共に、新たに収益確保の事業(デリバリーのクラウドキッチン&小売事業)を立ち上げ、最大活用する。
観光の街のセントラルキッチン。旅館および飲食向けの3/4加工など仕込みを請け負うクッキングサポート事業但馬地域の観光旅館飲食向けの(BtoB)と、地域のお客様への(BtoC)と、三ツ星レストラン経験シェフの調理メニューを最新冷凍技術の製品によるクッキングサポートとフードデリバリーの展開。
セントラルキッチンを併設した非接触店舗と小売事業の展開新たにセントラルキッチンを併設した非接触店舗を新設し、冷凍調理食品の製造及び店頭販売・冷凍自販機を活用した小売事業への展開を行う。
セントラルキッチンの導入で和食調理技術を活かした包丁レスの焼肉店を展開コロナ感染症の影響で宴会需要が激減し、宴会をメインにしていた和食店の売上が大打撃を受けています。近隣の焼肉店から事業継承の話を持ち掛けられましたが現状の人員では対応できません。セントラルキッチンを構築することで包丁を全く使わない高利益・高生産性の焼肉店新分野展開に挑戦します。
セントラルキッチンの創設と隠れ家風古民家食堂の開店「宴会式」「都市型」の従来の居酒屋形態に頼らない「3密回避」「郊外型」のwithコロナに即した古民家食堂兼セントラルキッチンを創出することで、コロナ禍において経営をV字回復させる。
急速冷凍技術を活用したセントラルキッチン化と異業種連携による薬膳商品の開発と冷食事業の展開コロナ禍売上減少の飲食店運営の中、急速冷凍技術の活用とセントラルキッチン化により和・洋・中華共通厨房を活かして、高級店の味をもとにした漢方医薬品小売業との連携による薬膳商品開発と中食市場等の新分野展開を図る。
海の幸を活かしたシュウマイ・水餃子に特化した全国へ販売するセントラルキッチン海鮮料理店から自信のある他社には真似できない海の幸を活かしたシュウマイ・水餃子を日本全国に届ける。最新の冷凍技術を取り入れたセントラルキッチンへ業種転換を行う。
セントラルキッチン導入で生産性向上と店頭・ネットで販路拡大コロナ禍でテイクアウト・通販の需要が増加中ですが、現店舗は、テイクアウトや通販需要に適した商品開発、生産、販売ができないため、新たにセントラルキッチン設備を整え当社の調理力を活かした事業展開を図ります。
弁当製造小売りからセントラルキッチン形式のレストランへの業態転換イベント自粛で減少した弁当配達、小売店舗の対策として、「国立病院機構が推奨するヘルシーメニュー」を参考に、工場でセントラルキッチンに製造形態を変更し、小売店舗を「ミニレストラン」に業態転換する。
テイクアウト専門店とセントラルキッチンを利用した販売強化事業夜の対面型接客の店舗だけでなく非対面型の昼型テイクアウト店舗に既存事業の通信販売事業やBtoB事業と合わせて売り上げ拡大する戦略に変更。店舗面積が小さく、カウンター形式の非常に密になりやすい店舗からの脱却。
事業発展計画~セントラルキッチンを活用した新たな"食"サービスへの挑戦~当社と以前より親交の深いレゾネイト乗馬牧場にセントラルキッチンを開設し、弁当惣菜業・食品製造卸売業を展開する。地元の食材を調理した弁当や総菜を地域の観光客等が集まる牧場、キャンプ場や登山口売店などに納入する。
世界初の赤抹茶を使ったカフェの多店舗展開とセントラルキッチンの設置全国のお茶の消費量が落ち続ける中、独自に開発した「紅抹茶」を使用した「紅抹茶カフェ」を多店舗展開し、感染症対策とサブスクリプションを取り入れて新分野展開を図る取組。併せて、供給拠点としてのセントラルキッチンを設置する。
セントラルキッチン新設による給食事業への参入セントラルキッチンを新設し、当社施設利用者へこれまで実施してこなかった3食提供を実施。あわせて近隣介護施設への給食提供を行い、地域社会の食に貢献する。
セントラルキッチン導入により、競合飲食店との共存とフードロスに取組む。コロナ禍により居酒屋の売上が激減していることから、セントラルキッチンを新たに導入し、自社内の食材加工の効率化を図る。さらに競合飲食店へも商品の加工・配送も行い、地域の飲食店と共存し、フードロスの低減にも取組み、地域貢献を果たす。
セントラルキッチン方式導入による少量多品種ラム肉加工品の製造ラム肉専門店として培った加工技術を活かし、新たにセントラルキッチンを併設したアンテナショップを整備し、少量多品種ラム肉加工品の製造・販売を行い、製造・小売・飲食の各部門の好循環が得られる体制を構築する。
仙台のモツ煮込み専門店がセントラルキッチンを立ち上げ全国宅配事業へと転換。仙台でモツ煮込み専門店を経営してきたがコロナで売上が減少。本事業を通じてセントラルキッチンを新規設立し、当店の自信商品であるモツを冷凍技術を駆使して全国卸売・全国宅配専門店を進める。
セントラルキッチン導入計画コロナ以前の、顧客依存経営からセントラルキッチンを導入し、顧客へダイレクトに商品を販売するBtoCや、百貨店が進めるデジタル事業へ参入、自社通販事業を起ち上げ事業の再構築を推しすすめる。
ウィズコロナを見据えた挑戦 セントラルキッチンと冷凍自動販売機による業態転換コロナ禍による飲食業界の需要の変遷に合わせ、セントラルキッチンと冷凍自動販売機の導入、ウィズコロナに対応した企業体制へと転換する。
さつまいも王国!茨城県!さつまいも特化型セントラルキッチン事業飲食店向けの野菜販売額が激減したことから、新規事業として新たに甘藷(サツマイモ)に特化したセントラルキッチンをつくり、地元で収穫されるサツマイモを焼き芋や揚げ芋パンなど様々な商品に加工し、付加価値を高めECサイトや直売店等て販売する。
飲食店トータルプランナー企業による飲食店×セントラルキッチン事業への新規参入既存事業(厨房機器卸・設置業)で蓄積してきた飲食店開業時における運営業態に適した厨房・キッチン設備の選択や設置に関するノウハウと、繁盛店を経営する取引先の運営ノウハウを活用することで飲食事業(ラーメン・ベーカリー)とセントラルキッチンを運営する。
セントラルキッチン&健康的菓子製造卸売業へ業態転換現在のイートイン頼みの業態では今後も新型コロナ等の感染症が拡大する度に事業継続が困難となる。そのためネット販売など新しいことで新たな客層をつくる必要がある。現在の店舗では、対応できる厨房スペースの広さや機器はなく、梱包をする場所もない為、新店舗を設けて、従来の観光客のイートイン頼みの「飲食業」から「健康的菓子製造卸売業」へ思い切った新たなビジネスモデルへ業態転換をし、新しい収益の柱をつくる。
名物「のどぐろの原始焼き」をご家庭に。セントラルキッチン導入でEC販売に挑戦コロナ感染症の影響で銀座店を閉店せざるを得なくなりました。閉店した店舗の職人を活用し、新たにセントラルキッチンを構築。全店舗の仕込みをしながらEC販売をすることで、全店舗の仕込み効率化と売上回復に挑戦します。
青果店からセントラルキッチン設置の小型惣菜店へ食品加工を 通じた「中食」向け新商品形態販売事業計画現在の青果業は少収益の為販売数量に左右されるため、今回のコロナ禍の影響による飲食店閉店時短により収益が激減した。その際巣籠需要における来店客の惣菜希望の声や近年増加傾向にある中食需要に対応するために製造場所を整えることで仕入青果をそのまま販売することから加工調理し販売事業に転換することで、販路先の拡大と自社製造で飲食店に左右されない自社だけでも安定した高収益を得られるように、事業の転換を行う。
セントラルキッチンの新設規格外等の理由により市場に流通しないが品質は劣らない食材(エクセプトA)を活用して、テイクアウトにより製品を提供するためのセントラルキッチンを新設する。IOTを活用して物販部門とリアルタイムで情報を連携し、フードロスも最小限に抑えていく。
セントラルキッチン建設により「食材の加工→店舗ごとの商品仕込み準備→店内調理」までの工程を合理化しビジネス基盤として構築首都圏を中心に飲食事業および飲食コンサルタント業を経営する当社は、新型コロナウィルス拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、新たにセントラルキッチンを建設・稼働させることで、問い合わせが増加しているFC店舗などに向けた食材加工・卸売事業を開始し、飲食業・コンサルタント業以外の事業の軸を構築することとする。
個人事業者でも使えるセントラルキッチン事業の新分野展開セントラルキッチンを設営し、個人店など規模の小さい飲食店向けに、業務用厨房機器を使用した仕込み済の食材を提案販売します。
唯一無二のフルーツサンドを! セントラルキッチンの運営事業新規事業では新橋にセントラルキッチンを作り、フルーツサンドの量産製造及び卸業を行っていく。
飲食業のパン屋さんから、セントラルキッチンに転換し製造業のパン製造工場へ業種転換。飲食業のパン屋さんからセントラルキッチンへと転換し製造業のパン製造工場へ業種転換を行う。セントラルキッチンの製造業態に転換することで半径3km圏内の顧客相手のビジネスから、日本全国の顧客を相手にした事業拡大を図る。
セントラルキッチンへ改装、国の登録有形文化財「清閑亭」の運営小田原市と提携して、国の登録有形文化財「清閑亭」の運営と地元食材を使用した飲食店開店に取組む。小田原市にある工場にフリーザー(冷凍庫)を導入し、セントラルキッチン化及びEC事業における冷凍食品の販売
既存店舗のセントラルキッチン化によるテイクアウト・EC事業強化新型コロナの影響により、夜間の店内飲食需要が低下していることから、既存店舗の客席を削減し、キッチンスペースを拡充することでセントラルキッチン化を図る。これにより、テイクアウト事業の強化を図る他、食品EC事業に参入し、コロナ禍においても当社の持続的な成長に繋げていく計画である。
セントラルキッチンの複合的活用による収益源の多角化事業飲食店向け居抜物件を改装し、①レストラン、②食品工場、③セントラルキッチン、の3つの機能を有する拠点を新設し、収益源の多角化を図り、キッチンカー運営会社として、ポストコロナ時代に適した事業スタイルに転換する。
ローカルセントラルキッチン事業の立ち上げによる複合的フードビジネスの展開外的リスクに強い経営基盤を構築するため、既存の飲食店事業で培った強みを軸に食品製造分野へ展開する。製造に必要な設備を導入するとともに、大手業務用食品メーカーにない独自性の高い業務用食品を開発することで、ニッチな市場を開拓する。
亀庵ブランド活用のためのWEB注文システム構築とセントラルキッチン新設当社は飲食店を複数経営しているが、コロナ禍によって集客が低迷。今回、WEB注文システムとセントラルキッチンを新設し、日本食の調理技術を生かしたテイクアウト・デリバリーメニューを拡販することで新たな収益源を確保する。
障害者を活用したセントラルキッチンの構築と冷凍食品の販売事業無人冷凍販売所(店舗型、自動販売機型)を新たに展開し、フードロスを削減、飲食店オーナーが困っている商品生産、補充などをセントラルキッチンを導入、作業受託、そこでは、当社が得意とする障害者を活用します。
すし屋のセントラルキッチン化及び冷凍技術を活用した EC販売・テイクアウト販売の開始既存の店舗売上が新型コロナウイルスにより減少したため、店舗をセントラルキッチン化および瞬間冷凍機器を導入し、すし屋から魚介食品のEC販売及びテイクアウト販売を開始する。

従来の店舗型の営業からポストコロナに対応する業態転換を行う。

セントラルキッチンの構築による通販用商品の開発、EC販売への業態転換コロナ感染症の影響でお酒を提供する居酒屋店舗での売上が大きく減少しており今後の回復も見込めていない状況です。そこで新事業では、セントラルキッチン及び ECサイトを構築し、家庭でもおしゃれなお店で食べるような美味しい通販用の商品を開発、EC販売への業態転換に挑戦します。
コロナ後の食需要に応える新業態「デリカフェ型セントラルキッチン」新たに建設するセントラルキッチンで調理・製造した、出来たての惣菜類を同じ建物内に併設する「デリ&カフェ」コーナーにてイートイン、テイクアウト、一般家庭への宅配、既存の介護給食配達といったポストコロナに向け複数の食需要に対応する新業態を展開します。
移動セントラルキッチンとミールキッド製造の無店舗販売への転換トレーラーハウスの移動セントラルキッチンを拠点とし、カフェ弁当の事業所デリバリーやミールキットの製造販売を実施。食事支度の負担軽減となり、女性が働きやすい環境整備につながるビジネスモデル構築を目指す。
居酒屋から、完全個室ディナーレストランとセントラルキッチン化へ団体客受入れ可能店舗の居酒屋から、席数を半分以上減らし、完全個室ディナーレストランへ事業転換、日中はセントラルキッチン化した調理場で売上回復を目指します。
コロナ禍のニーズを狙え!3事業展開による高収益セントラルキッチンコロナ禍で客足が大幅に減少した宿泊施設を改修し、大規模な調理・生産能力を持つセントラルキッチンにすることで大手百貨店のオンラインショップ販売と地域高齢者への宅食サービスを展開。また、地域の交流を活性化させるコワーキングスペースも併設する。
和栗を使用した独自性の高い栗菓子商品開発・製造のためのセントラルキッチン運営事業独自の栗菓子を開発・製造を展開する。若年層女性をメイン購買層とし、東京都の麻布十番にセントラルキッチンを設置し、開発・製造を行う。材料は国産の和栗を使用し、国内の栗農家と連携する事で持続可能な仕入れを実現する。
セントラルキッチン構築によるECサイトを活用した製造事業展開セントラルキッチンを設営し、自社直営店舗へ加工食材、商品を配送する事はもちろん、本セントラルキッチンを活用し、宅食事業、OEM事業、EC物販事業を立ち上げ、食品類の製造・販売をデジタル技術の活用と共に行う。
参鶏湯専門店が魅せるセントラルキッチン・通信販売へ新分野展開夜営業中心の参鶏湯専門店を続けてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で会食や酒類の提供時間が制限される等、売上減少が著しい。セントラルキッチンを新設し作業効率アップ、通信販売へ進出し、業績回復を図る。
一口サイズの冷凍おにぎり製造販売それに伴うセントラルキッチンの新設おにぎり製造販売の事業を始め6年、消費期限の短さにより販売範囲が限られていた。保存期間が長く全国に販売できる冷凍おにぎりを製造し、レンジで温めても、常温解凍でも食べられる商品の製造により全国に販売する。
セントラルキッチン、キッチンカー導入によるデリバリー/テイクアウト事業の展開セントラルキッチンを新たに設け、ヴィーガンスイーツ製作とチャレンジショップに対応する。デリバリー/テイクアウト販売および、キッチンカーによるに移動販売を新たに展開し、新規売上を創出する。
居酒屋のセントラルキッチンによる調理の効率化とデリバリー事業への進出コロナ禍で既存の居酒屋事業の売上が激減している。2店舗の調理を統合するセントラルキッチンを導入しデリバリー対応できる居酒屋に転換することで、コロナ禍でも選ばれる店として新たな収益を生み出す事業に再構築する。
セントラルキッチンとなるガーデンカフェ併設のワークスペース事業コロナ禍の自粛要請により店内での飲食が減少したため、新たにテレワーク等ができる小屋を設置し、屋外での飲食がメインのガーデンカフェ兼インターネット販売を可能とするセントラルキッチンを併設することにより売上拡大を図る。
介護福祉施設への給食製造のためのセントラルキッチン新設とキッチン設置に伴う倉庫改装既存倉庫空きスペースを利用しセントラルキッチンを新設、福祉介護施設へのお弁当の提供を主とした飲食事業を開始することにより、雇用を維持し雇用を生み出します。
セントラルキッチン兼用の焼肉屋のテイクアウトハンバーガーの製造販売セントラルキッチン及びテイクアウト用の販売スペースを設けるとともに、商品製造の過程で生じた端材を用いてハンバーガー製造など、近隣の著名観光地である馬見丘陵公園の野外飲食に適した中食食材を提供する。
セントラルキッチン構築による食料品製造業への業態転換セントラルキッチン構築による食品製造部門への業態転換を実施し、当店自慢の「創作おでん」のパッケージ販売を新たに開始することで、飲食部門以外の売上確保、リスク分散を可能とする。
セントラルキッチンを軸にウィズコロナ対応型の飲食事業展開当社はコロナ影響で既存店の飲食事業が打撃を受けている。打開を図るためにセントラルキッチンを新設してそこを拠点に、①高級料亭、②オープンカフェ、③持ち帰り専門店、④ネット通販、の4つの事業展開を行う計画である。
コロナ後を見据えた新規事業の再構築とセントラルキッチン方式の導入家庭内消費向けの新規事業構築(精肉販売・豆腐販売)と豆腐専門店(創作料理豆汰)の開業、生産性向上に向けたセントラルキッチン方式の導入を行い、コロナ後も継続して安定した利益が出せる組織体制を確立する
団体客壊滅!初沖縄和牛食べ比べ焼肉店へ事業転換でⅤ字!IoT化、セントラルキッチン化にh王朝レス、シニア活用での店舗展開「県産和牛食べ比べ」を目玉としイベントを行い、生産者から直接仕入れた協力関係で得た信用で、市場に出ていない希少部位や問屋を挟まない仕入れ値からお手頃価格での商品の提供により、お客様に喜んで頂けるお店で多角化を目指す
関連記事