UA-33885026-2
事業再構築補助金

「レストラン」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「レストラン」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「レストラン」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「レストラン」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

食事は私たちが生きていく上で必要不可欠であることは言うまでもありません。

食事はただ単に料理を食べるのではありません。料理以外にも周囲の雰囲気や場所など外部の影響を受けやすいと言えます。

逆に言えば、店内のコンセプトや雰囲気が提供する料理と調和していれば料理はより一層美味しくなります。

料理は五感を刺激するものであり、提供する側のやり方次第で食べること以外の付加価値が付きます。せっかく、外食するのであれば家庭では再現できないものに人々は惹かれるのではないでしょうか。

これから、「レストラン」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
道内初!地元で人気レストランが新業態セルフ式レストランへ現状のフルサービスのカフェレストランをお客様が注文、配膳、下げ膳、お会計を全てセルフ式で行うカフェレストランへ新店舗として挑戦します。
屋外で体験型農園レストラン循環型農園で苗植え、収穫、収穫したものでバーベキューやテイクアウトするといった食育を兼ねた体験を、お客様自ら出来るレジャー設備を整える。
道の駅でランチを提供する和食レストランの新業態店舗の開店現在は帯広市繁華街で居酒屋を経営しているがコロナで売上高が大幅に減少。このため新業態のランチに特化したレストランを、2022年4月に移転する「道の駅おとふけ」に新規開店し、従来とは異なる客層に対し異なるメニューを提供する。
手打ちそば さくらのFCによるファームレストラン展開事業コロナによる影響を軽減させるため、札幌に比べて影響が少ない地方都市に蕎麦のFC店を展開する。FC店は、多角経営を模索していた農業法人がファームレストランとして運営することで相乗効果を発揮し、高付加価値化を図る。
団体宴会場から個室レストランへの改修、高付加価値な個室平準化に向けた客室の改修団体向け宴会場を「個室レストラン」に業態の転換を図り、密を避ける。また、既存客室の品質に比べてかけ離れていた部屋をワーケーションなどの「滞在型+目的型」客室に転換
旭川エリア初のベーカリーカフェとFIT対応のレストラン事業日帰りのお客様がターゲットの「コロナ対応の安心安全でテイクアウトも可能なレストラン」へのリニューアルと、当社では初となる「ベーカリーカフェ事業」を行います。
団体型ホテルから、個人客重視の客室・レストランのあるホテルへ転換。団体向けで間仕切りのないレストランをコロナ対策として、半個室型へ改装。

長年故障により停止している客室冷暖房設備の入替により、客室環境を整備・空気の循環を改善。

さらに、十勝の食材をふんだんに使用したレストランで個人客を呼び込む。

地場産品にこだわった「五感」で楽しむレストラン新設による飲食サービスへの新事業展開コロナ禍により宿泊客が大幅に減少する中、利用価値が減少した大宴会場を改装し、新たにビュッフェスタイルレストランをオープンする。地場産品にこだわり、地元の深浦マグロの解体ショーをほぼ毎日行うなど、顧客に味覚だけでなく「五感」で楽しんでもらうサービスを提供する。
デジタル技術で「魅せる×効率経営」を両立するレストラン事業新常態下で団体旅行や宴会等の需要は見込まれない。大広間を個室レストラン会場に改装し、デジタル技術を駆使して映像で魅せるとともに、ITを活用して労働生産性向上を両立するエンターテイメント型レストラン事業
レストランのノウハウを活かした洋菓子販売およびテイクアウト対応当事業では、これまでの夜のレストラン営業に加えて昼の洋菓子販売やテイクアウト対応を行う。

これまでのテストですでにお客様からご好評いただいている洋菓子販売を行うことで、苦境に陥った飲食事業の再起を図る

古民家レストラン古民家をレストランに改装し、福島県内をはじめ、地域住民に愛される施設にする。
ライブレストラン発 3本目の矢(テイクアウト)による事業拡大コロナ禍にあって、ライブレストランの特長を保ちながら、1本目の矢(ライブ配信)、2本目の矢(最新の換気システムによる換気効率向上)、に続く3本目の矢(テイクアウト)により事業拡大に取組む
老舗の割烹料理店ならではの和風カフェレストラン開業による事業転換当社はふぐやあんこうを主とした日本料理を提供していますが、外出自粛による影響で大規模な宴会が減少しました。今後は、割烹料理店ならではの和風カフェレストラン・スイーツテイクアウト事業への転換を図ります。
茨城県初の国産サーモン専門レストランで地域を元気に!コロナ禍の売上減少に対処すべく、遊休不動産を活用して茨城県初のサーモン専門店に取り組む。店舗設備一式を本補助金により導入し、雇用の創出と地域産業振興に貢献する。
居酒屋からテイクアウトを中心としたカフェレストランへ!現在の居酒屋事業を縮小し、コロナ禍の中で市場ニーズが増加しているテイクアウトを中心としたカフェレストランに事業転換を図り、新たな収益の柱と雇用を生み出します。
レストラン事業から外部施設への給食補助事業へ転換当社は、介護施設の給食でホテルメイドの料理を提供する給食事業を展開する事で業態転換を行う。休業中であるレストラン事業を補うため安定した食数を確保し、雇用の安定と地域のCCRCへの貢献を果たすものである。
レストランのM&Aとセントラルキッチン化兄の運営するリゾートマンション内のレストランを当社で運営し、セントラルキッチンを設置し雇用と運営の安定化を図り、リゾートマンションの空き店舗へ出店して売上を伸ばす。
居酒屋経験を活かし公共施設での音楽レストラン事業への新分野展開安心して食事ができる非接触オーダーシステムやオープンテラス、テイクアウトの導入。観光大使が地域に密着したイベントの開催など、自然と音楽が溢れるレストランを運営し地域の更なる活性化を目指す
バーチャルレストランと福祉施設向け配食サービスの厨房拠点設立「バーチャルレストラン事業」に取り組み、フードデリバリー需要に応えるとともに、福祉施設向けに配食サービスを行う。カフェレストラン事業で培った健康的で彩りも楽しめる食事の提供を行い、売上増加を図る。
日本初!ゴルフシュミレータ併設型イタリアンレストランの展開主要事業である管工事業の事業不確実性が高い。ゴルフ関連サブ事業との相乗効果を狙い、ゴルフシミュレータースタジオを併設し、地元無農薬野菜にこだわった創作イタリアンレストランを新展開し現状を打破する。
自社運営で新たな取り組み、カフェ&レストランとパン教室事業コロナ渦で百貨店のパン事業が打撃を受けており、当社が持つ種子島を主体としたこだわりの食材を活用し、食に対する感度が高いお客様に向けて、新しいライフスタイルを提案するレストラン事業に新規参入する。
創業120年の老舗料亭が惣菜製造と通販事業に進出。併設レストランでブランド力向上創業120年の老舗料亭が、有名イタリアンと提携し、強みの地元生産者からのバイイングパワーを活かして、惣菜製造のセントラルキッチンを立ち上げます。併設するレストランでイタリア料理を提供することで、ブランド力の向上を図ります。
デジタル技術を活用したトリップ(疑似旅行型)BBQレストラン事業の新たな進出コロナ禍で「飲食ニーズ」と「コト消費」が高まる中で、自社の「企画力」と「コミュニティ形成力」を活かした「デジタル技術を活用した疑似旅行型BBQレストラン」を展開し、新たな体験型消費サービスを提供する
ミシュランレストランの菓子・惣菜・ワイン販売でコロナ禍を破れ!菓子製造・惣菜製造及びその販売・酒類販売を展開し、オンライン通販も活用することでより広範囲をターゲッティングする。自店の売上回復のみならず、コロナで疲弊した食品及び酒類販売業・製造業にも貢献できる事業を構築。
本格フレンチビストロがつくる新しいカヌレ専門店(フランス菓子)とゴーストレストラン当社が培ってきた経験や技術を活かし、今までにない新しい「カヌレ」やデリバリー専用のフランス料理を製造するため、ゴーストレストラン型の店舗を開発しECや直売店で販売することを計画します。Withコロナ期にはご家庭のお取り寄せとして、アフターコロナ期には各種パーティーや気の利いた手土産として、より多くの方にパパンがもつ「安くて美味しい」を様々なシーンで楽しんで頂ける新分野を展開します
女性向けアミューズメントレストラン事業働く女性増加という市場ニーズを踏まえ、深夜でもカロリーを気にせず食事ができ、ダーツやテーブルゲームといったアミューズメント施設を併設した、仕事帰りの女性が安心して息抜きができる女性専用レストランを展開する。
多業態ゴーストレストラン出店で中食産業参入による経営改革プロジェクトコロナ禍による新しい生活様式への変化に対応すべく、本件補助事業によって、高機能キッチン設備を備えた多業態ゴーストレストランを出店。中食産業界に初進出して事業を2本柱とし、大胆な経営改革を行います。
和食のケータリングとレストランへの業種転換業績のV字回復を目指して、料理教室(既存事業)の顧客から多くの要望があったケータリング事業に業種転換することを決意しました。また、ケータリングを行う予定の調理施設が神楽坂にあり、飲食の顧客も見込めるため、レストラン事業も行うことにしました。レストランのサービス提供形式は、カウンターのみの店内でコロナ情勢に適した「お一人さま」でも利用しやすくします。
創作イタリアンレストランがテイクアウト専門店運営で事業再構築15年堅実に経営してきたイタリアンレストランがコロナ禍の影響により売上が減少して、回復の兆しが見えない。そこで、オーナ料理長が日本食もスペシャリストであることから、和洋お惣菜、お弁当のテイクアウト、デリバリーの専門店をオープンし売上、収益の安定化を計る
老舗レストランの強みを活かすリアル・オンライン料理教室への進出宴会需要の落ち込みのダメージを乗り越えるため、46年間蓄積してきた飲食店経営によるネットワーク、シェフの技術力の強みを活かし、宴会場をキッチンスタジオに改修し、リアルでもオンラインでも可能な料理教室への進出を図る。
パブリックからプライベートレストランへ転換、少人数の会員制レストランの開設10坪の小規模会員制レストランを展開していく。回転率重視のパブリックレストランとは異なり、完全予約で来店いただく少人数のお客様にソーシャルディスタンスの中で安心してゆっくりと食事を満喫できる環境を提供する。
自宅でレストランの味を再現出来る冷凍メニューの開発冷凍食品の加工場とテストキッチンを新たに設営し、コロナ化で苦境となった飲食店のメニューを冷凍食品として開発する。店頭での小売販売以外に、新たに自社ECサイトを開設して販売を行う。
『超有名レストランのシェフズチョイス野菜セット』販売サービスの開発高級志向の一般顧客向けに、超有名レストランのシェフが厳選した野菜セットを販売するサービスを開始する。本事業によって、新たにBtoC事業に乗り出すことで、売上・利益の拡大と事業再構築を図る。
中華レストラン業態の新規参入に向けた事業再構築計画書東京都、大阪府、福岡県に直営飲食店9店舗、フランチャイズ20店舗を運営する当社は、中長期的な成長を目指し、本格的な自家製中華料理を楽しめる中華レストランを直営とフランチャイズにて新たに展開することで会社全体の売上の向上のための新規事業を構築します。
究極の空間づくりを目指した宿泊型レストラン事業計画日本人が織りなす"高品質のおもてなし"を提供できる宿泊型レストランを計画。既存店舗の料理を宿泊する客室までレストランスタッフが運び提供することで、高品質のレストランサービス・おもてなしを受けられる。
インバウンドと健康志向に対応するスマートレストラン出店事業ベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリー、ハラルなどに対応したヘルシーで美味しい食事を提供する「フードダイバーシティレストラン」の運営事業を行う。
イタリアンレストランが提供する惣菜等の実店舗及びECサイト販売現在の大泉学園の店舗を閉店の上つくば市に移転し、既存事業であるレストラン事業に加え、これまで培った良質な食材の選択および高度な調理技術といった強みを活かし、実店舗及びECサイトにて惣菜等の販売を行います。
「美味しいものを食べること」と「健康でいること」を両立するフードヘルスケアレストラン長引くコロナ禍で窮境状態にある居酒屋業態から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応し、消費者の健康志向に応えるヘルシーレストラン「彩楽皿」(サラサラ)および「生活習慣病」「がんリスク」を簡単に検査できる血液検査事業を新規展開する
生販直結モデルの外食企業が提供するいつでもおうちでレストラン生販直結が特徴である当社の厳選された安全安心な食材を、事前に調理や下ごしらえをして自社で宅配することで、外食の楽しさをいつでもおうちで体験できるサービスを新たに展開する。
レストランの空きスペースを改装し新規事業を展開する事で再構築を図る倉庫兼事務所として使っているレストラン2階を改装し、昼は物販&カフェ、夜はレストランの個室など様々なニーズに対応できるスペースに転換する事で再構築を図る。顧客との関係性も強固にしてLTVの最大化を目指す。
日本初!ペットドクターとスターシェフ団監修のペットレストランとペットデリ事業飲食事業を持続可能なビジネスへ再構築するために、成長著しいペット産業とのコラボを図る。ペットと人が共に、「温かく美味しい旬の食材で食卓を囲む」新しい飲食形態とデリ事業の新分野へ展開し、売り上げ回復を実現する
居酒屋経営からテイクアウト・EC販売・店内飲食3本柱のフレンチレストラン事業へ居酒屋経営から新たに地元の食材を使用したレストラン事業を展開し、店舗入り口スペースへテイクアウト専用の冷蔵ショーケースと商品受け取り窓口を設置、ECサイトの立ち上げによる販路拡大の3本柱での再構築を図る
フレンチレストランの古民家再生による宿泊事業への進出新型コロナウイルス感染症の流行によるレストラン事業の売上急減に対し、解決策として、古民家再生による宿泊事業を事業化する。古民家の空間と地産地消の魅力で、売上拡大と経営安定化を図る。
「食×自然×農」持続可能な生き方を体験出来る循環型テーマレストラン"地方創生"を目的とし、「自然との共生」「循環」「サスティナブル」をテーマとした、様々な「能動的体験」を通して、これからの暮らしや人の本質的な生き方が「体感」出来る、新時代のテーマ性のあるレストラン&パーク施設の開業
古民家レストランの福祉事業所への再生とチョコレート工場のIT化里山に囲まれた古民家レストランを福祉事業所として再生する取組と、チョコレート工場の機械化、IT化で生産性向上を図る取組で相乗・波及効果を狙い、選択と集中でリソースを最適化し、売上のV字回復を図る
資源循環型モロッコ料理レストラン開業計画当社はモロッコ料理教室やモロッコ料理のケータリング、イベント出店を行っていたが、新型コロナウィルス感染症の影響を鑑み、環境に配慮した地産地消資源循環型モロッコ料理店を開業し、物販事業にも取り組むこととした。
レストランウエディング展開による新規顧客の獲得新型コロナウイルスによる売上と利益の低迷から打破するべく、既存事業のノウハウを活かしブライダル事業に参入。レストランウエディングを展開することで近年の顧客ニーズに応え、売上・利益の確保を図る
サブスクリプションを導入した会員制フレンチレストラン事業コロナの影響により売上が減少した現在のバーという酒類のみに頼った収益構造から脱却するため、これまで培ってきた経験や人脈を活用し、サブスクを導入した会員制フレンチレストランの開業による新たな取り組みで、収益の向上を図る。
フレンチレストランによる複合型事業転換「まち食」と「まち宿」フレンチレストランによる持ち帰り飲食・冷凍調理食品販売の「まち食」と、金澤町家を活用した一棟貸し宿「まち宿」の複合型事業転換によって、サービス業の事業再構築に取り組み、商店街や歴史的まちを再活性化する。
学生街の居酒屋からペットと楽しめるイタリアンレストランへの転換大学前に立地するイタリアン居酒屋を移転し、郊外住宅街にペットを連れて入店できるレストランとして開業。本格イタリアンのランチ・ディナーと犬用おやつを提供。オリジナルドッグフードはネットでも販売しペット市場に参入する。
ペット同伴が可能なレストランカフェの開業〜高齢者及び障害者やコロナ対策も取り入れた温泉街を活性化させる店作り〜ペット愛好家、⻑野県内の住⺠、観光で鹿教湯温泉にこられた方に向けた憩いの場の提供
ペンション廃業からレジデンスホテル+レストランへの業態転換現在経営しているペンション(13ルーム定員48名)を廃業し、キッチン・バストイレ・洗濯機・冷蔵庫付の大型の部屋4ルームに改築し定員を概ね16名に、食堂を外来用のレストランに改築。自動チェックイン、スマートロック、事前決算で無人化システムにフロントを変更し人件費を省くと共に単価のアップを訴求する。
イタリアンレストランから冷凍ミール製造業への事業転換による中食への参入コロナ禍で大きく影響の受けたイタリアンレストランの外食事業を縮小し、自社の強みを活かして巣ごもり需要に対応した冷凍食品製造業に事業転換して、冷凍ミールの提供で中食市場へ参入するもの
"宿泊しなくても入りやすい"宴会場の和食レストラン化~ますやテラス付き~現在稼働していない宴会場を外来向けのレストランに改装し、これまで獲得できていなかった日帰り客を新たなターゲットする。また、当館が川沿いに面している事から、テラスを新設し、川のせせらぎを聴きながらくつろげるスペースも提供する。入りにくい旅館の玄関とは別に、テラス経由で直接入店できる入口を設けることで、旅館内にあるレストランでは入りにくいという概念を無くし、通行している観光客が入りやすい空間を創る。
行楽地の高級パン屋がバーチャルレストランでデリバリーを展開岐阜の行楽地で営む高級パン店舗と併設カフェは、コロナによる行楽客の減少で売上が激減している。パン製造やカフェ経営で培ったノウハウを活用し、バーチャルレストランを立ち上げ、デリバリーで販売回復を図る。
レストラン・宿泊経営からバームクーヘン製造業へ新分野展開するコロナ禍が続き宴会回復が見込めないので、レストラン横にバームクーヘン屋を開き、テイクアウト、通販、委託販売を始める。今まで培ったレストランの発想をお土産品として開発し、新たな製造業で売り上げアップを図る。
店舗型レストラン事業からデリバリー飲食サービス事業への転換現状では店舗でのレストラン事業を中心としてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、店舗売上が激減しているため店舗の一部を改装し、お弁当を製造し配送できるデリバリーサービス事業を開始する。
ゴーストレストラン方式のデリバリーブランドの展開現在の”ハレの日”需要に特化したサービスを縮小し、”普段使い”の商品を展開するデリバリー事業に取組む。ゴーストレストラン方式を取り入れ、中食需要に対応した多様な商品を展開する。「家でも食を楽しめる」商品展開で自社ブランド力を生かす。
心も身体も元気になる移動式青空レストランフードトラックを活用し、生産者(農家)の畑にトラックを横付けしテーブルなどをセッティングしてその場で収穫された野菜を調理し提供するレストラン「青空レストラン」や店舗の駐車場やマルシェでスープ、サラダ、コールドプレスジュースなどの販売出店いたします。
那古野・四間道エリアに地産地消イタリアンレストランを開業コロナウイルスの影響により打撃を受けた卸売業に代わり、愛知県の観光地、那古野・四間道エリアに、地産地消に目を向けたイタリアンレストランを開業します。弊社の実績と商品開発力によってリーズナブルな価格での提供を実現し、様々な業界への波及効果に寄与します。
レストラン併設型フィットネスクラブへの新分野展開代表取締役である私自身3年前に癌を経験しており、コロナ禍において健康的な施設を運営したいと強く思い、名古屋初となる特定運動療法施設認定のパーソナルジムと名古屋初となるタイの料理である薬膳スープを使った健康的な食事を提供するレストランを運営が考える。
「行く」→「来る」への新分野展開!無限の可能性のある移動イタリアレストランでその場で合せた空間とスロフードの提供現在、イタリアンレストランを営んでおり以前から計画していた「テイクアウト前提の移動販売車」を発展させた、「レストランでお食事される様な空間や場所を問わず提供できるための移動型レストラン」を新設し、事業再構築を進めます。
滋賀の食材を使用した老舗カフェレストランの中食市場向け商品製造販売アフターコロナにおいて成長が見込まれる、中食向けの事業を行うために、当店の設備を一部撤去改築し「中食製造用のセントラルキッチン用設備」を設け、近江食材をふんだんに活用した中食事業を開始するものとする。
現レストラン事業の技術をいかした冷凍ケーキのECサイト販売の展開ECサイトでの冷凍チーズケーキ販売の展開。

現レストランにて培われたチーズの熟成技術を生かして「熟成チーズのチーズケーキ」をECサイトにて全国に向けて販売、冷凍で送る。

「絶品洋食」×「コーチング」でコロナに打ち勝つレストラン事業現状、ダイニングバーを展開しているが、コロナ禍で営業できない日が続いている。京都の老舗で培った調理技術とバーテンダー技術で絶品の洋食レストランへと事業転換。また、お客様の来店が少ない時間帯で当店スタッフによる「コーチング事業」を展開し、高い収益性の飲食店へとする計画でる。
京野菜ジェラートの商品開発、居酒屋からカフェレストランへの転換計画している新事業は、京都の地産農作物を原料とした「京野菜ジェラート」の開発です。加えて、新商品を効果的に販売・提供することを目的として、既存の居酒屋店舗をジェラートと洋食を提供するカフェレストランの業態に転換し、昼間は観光客層、夜間はファミリー層をターゲットとした店舗開発に取組する。
アジア料理のバーチャルレストランFC化構想料理デリバリー市場で販売実績が高く、人気のアジア料理に特化したFC本部を構築し、加盟店に簡単調理できる商品と販売ノウハウを提供。アジア料理店経営のノウハウを生かし冷凍商品は自社生産とする。
赤坂レストランの撤退と、惣菜免許、菓子製造業の取得。ECサイトや百貨店の販売絵の強化。赤坂店舗のターゲット層のサラリーマンの方達が、コロナウイルスの影響により出社しなくなり、客足が減少。ランチや夜の宴会の需要がなくなってしまい、撤退することにしました。 リモートワークにより、自宅がある郊外でのテイクアウト需要があるので、代々木公園駅にて小規模のテイクアウト中心の店の展開。ECサイトや百貨店、外へ向けて料理を販売できるように、惣菜免許の取得のため製造場所の取得。
飲食事業経験を活かした自然・農業体験付き農家レストラン運営と近隣施設連携による地域活性化西脇市住吉町で8年間空き家となっていた古民家を買取、改装。農地を整備し、地域の農業関係者の方と力を合わせ、農園を新設。農業体験や周辺の山や川、ホタルなど自然豊かな観光資源を活かした農家レストランを運営。地元、周辺事業者と連携した事業展開により地域活性化に貢献。
外食のプライベート化という変化を的確に捉えるための、既存店改装と新規プライベートレストランの出店これまでの不特定多数をターゲットにしたレストラン形態から事業を再構築し、予約専門のプライベートレストラン事業に進出することで、既存レストランも少人数向けに最適化し、アフターコロナにも続く外食の新たな需要を取り込み、飲食店が生き残るための新ビジネスモデルを構築する
都市公園内におけるグランピングレストラン事業への新分野展開 【無店舗から実店舗へ】堺市の委託事業により、世界遺産「仁徳天皇陵」を有する大仙公園において、観光物販の拠点となる都市公園内屋外型レストランを新設・経営の新分野展開を行うことで、収益チャネルの増強を図り、新たな雇用を生み出します。
野田阪神カラオケボックス兼個室型ファミリーレストラン事業コロナ禍で大打撃を受けた既存事業から転換し、新たに始めるカラオケ事業の個室空間を用いて、品数を充実させた品質の高い料理を個室内で安心して楽しめる、アフターコロナ+ウィズコロナ両方に適応可能な店舗経営を行う。
デザイン性の高い紙パッケージでテイクアウトできるレストランへの新分野展開コロナの影響で減少した立体販促物の売上減を補うため、弊社で作るデザイン性の高い紙パッケージでテイクアウトが可能なレストランを開き、新事業を新たな経営の柱とし、紙パッケージの価値をアピールします。
レストラン事業からテイクアウト専門のデリカテッセン事業への転換コロナ禍で大打撃を受けているレストラン事業のもう一つの柱として、テイクアウト専門のデリカテッセン事業を行う。お客様のテイクアウトへのニーズに最大限耳を傾け、お客様とともに創る新たなテイクアウトサービスを実現する。
従来のインバウンド旅行関連業とは異なる、近隣住民の需要を狙ったレストラン業・銭湯業への展開住宅街や海水浴場を近くに持つ、弊社運営ホテルの敷地内に新たにレストランと銭湯をオープンすることで、近隣住民や海水浴客をターゲットに、長距離移動を避けるコロナ禍の需要に応えつつ、コロナ解消後はホテル事業部との連携による収益拡大をねらう。
レストラン事業から肉専門の食品製造小売業への新分野展開肉専門の飲食事業で培ってきた商品開発力を活かして、自社オリジナルの調味料や惣菜を開発する。新規に小売店を出店し、新設するセントラルキッチン等で製造した調味料を精肉商品や肉総菜とセットで販売する事業を行う。
「外食レストラン業態」から物販部門併設の「外食及び食品販売業態」への業態変換新規事業はワインと食事の提供に加え、本格的チーズと生ハムなどの輸入食材の販売部門を併設します。ワインと食材の組み合わせをお楽しみいただいたお客様に、ご家庭でも専門食材を楽しんでいただけるという相乗効果が期待されます。
ミシュランガイド掲載のレストランが創り出す洋菓子店の新規開店コロナ禍によるレストラン経営を鑑み、事業のリスク分散を図り、経営の安定化を目指し、大胆な業態変更も兼ねた洋菓子店を新規開店する。地元の住民に愛され、従業員の雇用の安定も考えた画期的な事業計画。
駅近の立地を活かしたテイクアウト及びデリバリー対応を強化したレストラン事業展開による事業再構築コロナの影響で売上が激減した喫茶店から、駅近の立地を活かして、テイクアウトやデリバリー対応を強化したwithコロナ、アフターコロナを見据えたレストランに事業転換を図る。安くて美味しい国産黒毛牛が楽しめる肉料理や自家栽培の野菜を使ったメニューや人気のスイーツメニューを提供し差別化を図り、売上をV字回復させる。
自然の中の次世代レストランを目指してコロナの影響でホテルの予約キャンセルが相次ぎ、売上が激減している。冬季のみの営業を行っているレストランの既存店舗を撤去し、新築することで年中営業へ転換し、地域に新たな客を呼び込む。
酒屋が発信する『地域に根差す、体験型の西洋風古民家レストラン』事業への挑戦国登録有形文化財である西洋風古民家で神戸ゆかりの文化人達がサロンとして集った空間の中、弊社の強みである地元兵庫をはじめとする全国の銘酒を軸に、発酵・燻・醸すをテーマとした体験型レストランを開業する。
レストラン等メニューの「レトルト商品化」加工請負サービスの展開代表者の食肉加工技術とレストラン経営の経験を生かして、同業のレストラン等事業者の委託を受けて、メニュー商品のレトルト加工の「試作品製造」と「小ロットOEM製造」の請負サービス業務を新たな事業として展開する。
老舗割烹レストランが地元食材を活かしてテイクアウト事業へ進出先代から続く老舗割烹店が、イートインスペースを改装。時代に合わせた新しいメニューでテイクアウト事業へ進出。地元食材を活かしたスイーツ・軽食などを販売し、現在の客層だけではなく、新しい客層を取り込むためにテイクアウト事業へ進出する。
海産物加工品の製造販売・オーガニックレストランによる旅館の事業再構築萩漁港から直送された鮮魚を干物・かつお節などに加工販売する製造・卸売・小売・お土産店舗を設置します。地元の有機野菜や無添加食材を使ったオーガニックレストランを設置します。ECサイトで全国販売します
香川県坂出市でグランピング施設およびレストラン運営する事業香川県坂出市で「自然を保護しつつ、自然を楽しむ次世代のリゾート施設」というコンセプトの元、リサイクル資源や再生可能エネルギーを使ったグランピング施設およびレストランを運営する事業です。
海鮮レストランの活魚・惣菜・加工品販売及び、釣り向け釣魚惣菜加工サービス事業大規模海鮮レストランが「活魚販売」「加工・惣菜品販売」を行うことにより、店内飲食を伴わないwithコロナに対応した新たな収益構造の構築を行う。
中華料理レストランでのパンの製造販売への新分野展開中華料理店とベーカリーカフェの融合型店舗としてリニューアルする。ベーカリーカフェは、オリジナル製品を含めたパン・喫茶、コミュニケーションスペースを顧客に提供する。
レストランを、フォトジェニックなスペースとして新たに活用雰囲気のあるレストランの空間を利用し、料理・アート・パフォーマンスの映像撮影・配信スタジオとして運営するほか、映像用資機材も利用できる写真・動画撮影用レンタルスペースとして貸し出す。
コロナでも外食気分、シェフにおまかせ!おうちレストラン事業福岡県内のコロナ禍で苦しむ調理人と外食に行けないお客様とを結ぶ、出張シェフサービスのプラットフォームサイトを構築する。家庭でプロの料理を味わうとともにコロナに苦境にあえぐ料理人の新たな収益源を目指す。
佐賀の地産地消をグランピングで楽しむ政策公園レストランの開設コロナ禍における「夜の繁華街での団体様向けのアルコール商売」の衰退に伴い、佐賀県が運営する政策公園内でのカフェレストランの運営への事業転換を行います。「お昼の公園内でのファミリー層へのテイクアウト商品」の販売をします。
洋食レストランによる冷凍加工食品製造業への進出とECサイト構築当社は洋食レストランを多店舗展開しており、コロナの影響で売上が減少。V字回復策としてプチ贅沢な家食、贈答品需要をターゲットとした冷凍加工食品を企画開発し、食料品製造業へ進出する。店舗販売に加えてEC販売を実施し地元活性化や非接触での販売に挑戦する計画。
弁当製造小売りからセントラルキッチン形式のレストランへの業態転換イベント自粛で減少した弁当配達、小売店舗の対策として、「国立病院機構が推奨するヘルシーメニュー」を参考に、工場でセントラルキッチンに製造形態を変更し、小売店舗を「ミニレストラン」に業態転換する。
ポストコロナに向けた居酒屋からしゃぶしゃぶレストランへの業態転換現状、鍋料理と一品料理やドリンク等を食べ飲み放題で提供する居酒屋を経営していたが、コロナ禍の影響で客足が激減した。そのため、団体向けの座敷スタイルの大部屋をテーブル席へ改装し、しゃぶしゃぶレストランへ事業転換を図る。
お家で楽しむレストラン、地域食材を使用したスペシャル総菜テイクアウト店感染症拡大によりイタリアンレストランのイートイン客が減少した。そこで今後需要が伸びる「中食分野」に対応するべくテイクアウト店を新たにオープンし、本格的な料理を家庭で楽しめる「地域食材を使用したスペシャル総菜」を販売して経営の安定化を図る。
「自宅でレストラン」外食から中食へ食のプラットフォームを目指すデリカテッセンの開発コロナ禍の環境変化に対応し、テストマーケティングしてきたデリカテッセンの事業化。レストラン、洋菓子事業を展開する強みを生かし、生産性を向上させた商品の店頭販売とEコマースでのオムニチャネル化を進め、地域の生産者と連携した食のプラットフォームを目指す。
20年続くレストランから、ドライブスルーの本格惣菜弁当の販売へ。アルコールや宴会頼みの外食産業から脱却し、中食需要をつかむために、20年続いたレストランを閉店する一方で、長年にわたる地元顧客からの信頼を活用して、ドライブスルーも可能な本格惣菜・弁当販売に業態を転換する。
観光客向け団体レストランから、個食向け丼・テイクアウト専門店への事業転換コロナウイルス感染症の影響により、国外・国内観光客向けレストランの売上が激減したことから大型飲食店を撤退し、完全非対面式オーダー・決済システムを導入した個食向けの小規模店舗への事業転換を行う。
ジビエを処理・調理・活用するレストランホテル事業(有害鳥獣の有益利活用)①缶詰工場付き小規模宿泊施設を利用した狩猟スクールの開設

②缶詰工場の開設と缶詰製品開発

③自作缶詰体験型の調理スクールの開設

④ジビエ料理を提供するレストランの開設とジビエ食材のレストランへの提供

「食×山暮らし」の体験型のアウトドアイベントレストランの実施主要顧客である法人客のイベント自粛による利用者数の激減に対して、個人向けに体験型のアウトドアイベントレストランを実施することで、来店客数の増加による事業の継続化を図る。
レストランから【持ち帰り専門店と青森初発酵料理教室へ】転換事業青森県青森市本町地区にある現在の店舗を同じ通り沿いにある青森市青柳地区へ移転し築33年の実家一階部分をリフォームそこで昼はお持ち帰り専門店(お弁当、焼き菓子等)、午後からは県内初の発酵料理教室を開催。
イベント出店での農産物・加工品販売から農家レストラン・農家民宿への転換による売上拡大事業農産物を加工しパンやスープを製造、イベント出店で販売していました。コロナ過でイベントが中止、売上が激減しました。自宅の一部を改修して、飲食営業許可等を取得し、里山体験・ランチ提供・農産加工物直売所・農家レストラン等を営業して売上を拡大したいです。
冷凍パンを活かした中華レストランの新たな展開既存の店舗を改装し、新たにパンの加工・調理・販売店舗を併設。パンの需要を見込んだ新規顧客の獲得と、既存事業との相乗効果で経営の安定と発展を狙う。
新型コロナに対応したアウトドア型レストラン事業による売上拡大新型コロナの影響により、当社のコケの売上が減少していることから、新たな事業として自然豊かな地で地場の食材・山菜・果樹を使用した、アウトドア型レストランを開業する。当社倉庫を改築し、新型コロナ対策を十分に行い、外とウッドデッキでつなぎ解放した空間を演出することで売上拡大を実現する。
ECも活用したベーカリーカフェレストラン及びコワーキングスペースの新規事業当社は精肉店と飲食店を営んでいるが、新型コロナウイルスの影響で減収推移している。そこで本店隣接地の空き家を改装し、ビジネスマン、若い女性層、学生等を対象としたベーカリーカフェレストランとコワーキングスペースをオープンさせ、新たな収入の確保を図るため事業計画を作成。
新たな顧客との接点をつくるフレンチレストランの開業弊社は“結婚式場”と認知されており婚礼目的以外の新規客はいない。会館改装しフレンチレストランを開業、レストラン運営で得る顧客情報を活かした営業活動により、ライフイベント需要を開拓し事業再構築を図る。
新店舗による観光客、地元客へのおもてなし和食レストラン計画創業130年になる老舗旅館が地元の海産物や農産物をふんだんに使った和食レストランを新規に開業し、地域のリゾート化構想に貢献する取り組みである。
出張型レストランの活用による、レストラン業界の新ビジネスモデル構築当事業ではウィズコロナの新時代に対応するべく、出張型レストランを活用し、客に食べに来てもらう従来のスタイルから、レストランごとお客様の居る場所へ出向き、出来立ての本格料理をその場で提供する事業を行い、対個人はもとより、対企業をもターゲットにした事業展開を行う。
待つレストランから届けることができる強いフードサービスへの転換磨き上げた飲食の技術を活用し、柔軟な発想力で来るべき新しい時代のフードサービスのニッチを埋める、イチローのようなマルチタレントを目指します。伝統と革新の融合を目指して安心とワクワクを提供できる企業を目指します。
高崎市初 農家直営レストラン直接消費者とつながることができる体験型農家レストラン。食と人と農の文化的なつながりを未来に伝承、発信するプラットホームとなる。SDGsの目標を踏まえ持続可能な農業のビジネスモデルを広めていく
食肉解体・レストラン事業展開による横瀬ジビエモデルの確立コロナの影響から脱却し、安定した経営につなげるため、新たな事業として食肉解体・レストラン事業展開による横瀬ジビエモデルの確立を図ります。
一軒家伊レストランシェフによるEC専用菓子製造工房新設14年間地元民に愛されてきた一軒家伊レストラン事業はコロナで先行き不透明な為、全国の消費者を対象としたEC専用パン・菓子製造工房を新設し、地元食材とプロシェフの技にもとづいて事業の複数化を実現する。
地元食材の魅力を地域発信する拠点の自家菜園レストランの再構築今回の計画は、自家菜園の横に自宅兼レストランを新築し、新たに①せい麺製造業、②そうざい製造業、③乳製品製造業、④酒類販売の免許を取得し、外食に加え、新たに中食・内食需要に対応する事業再構築を行います。
ゴーストレストラン「BoSoジビエ&ベジタブルフレンチ エーデルワイス」の創業コロナ禍により壊滅的となった大人数の会食にも対応できるフレンチレストラン事業を廃し、当社の強みである独自の食材調達ルートや卓越した調理技術を生かして、低コスト運営が可能なゴーストレストランを新たに展開する。
ポニーのいる移動式レストランによる集客拡大事業当社はイベントのマグネットとして、ポニーを各地に派遣またはリースしています。そのイベント場所に当社は移動式フードトラックによる「ポニーのレストラン」として持ち帰り飲食サービス事業を展開します。
魚介類卸売業者のBBQ浜焼きレストラン事業への進出ショッピングと自然体験施設の集合により集客力のある木更津アウトレット周辺の金田地区にて魚介類卸の経験と専門知識を活かしてBBQ浜焼きレストラン事業を開始し、事業を川上から川下へと展開する。
レストランが現場へ移動!フルスペック移動厨房車両による出張型飲食事業展開企業・ブランド案件のケータリング事業では、開催場所に厨房機器を搬入してサービスを提供するのが通常。これが開催場所の制約事項となっている。そこで、厨房機器を備えた専用車両を導入、屋内外問わず開催場所の制約を受けない新たなサービスを展開する。
バケーションレンタル事業の無人化運営と現レストランとのシナジー創出コロナ禍で飲食業を営む当社が、店舗と徒歩10分に位置する建物を宿泊施設に改装し、複数のITツールの導入・連携することで、受付や鍵の授受を省略した無人化でのバケーションレンタル事業の運営と、利用者のレストランへの送客と宅配サービスによりV字回復を図る。
ラーメン店からイタリアンレストランへの業種転換による事業再構築新型コロナ感染症の影響により、既存事業であるラーメン店の運営事業が大幅に落ち込んでいる当社にとって、本事業による事業の再構築は必要不可欠な取組みである。既存ラーメン店舗を縮小し、顧客単価の高いイタリアンレストランの新規開業を行うことは、当社にとって、新型コロナ感染症の影響を乗り越え、V字回復を図るための必須の取組みである。
レストラン事業からテイクアウト専門事業への多角化当社はこれまで店舗を拠点にレストラン事業(飲食店)のみを行っておりました。今般新たにテイクアウト専門店事業(小売店、テイクアウト事業)を開始し、事業再構築を図ります。
個室中心のラグジュアリーレストランのオープン相席居酒屋を経営していたが、コロナで対面が避けられるようになり売上を大きく落とした。そのため、既存事業の強みである「豪華な内装」を活用し、コロナ感染対策を行ったラグジュアリーレストランをオープンする。
少人数制のメニューのない完全予約制&紹介制の隠れ家レストランwithコロナ時代に合った形の飲食店形態として、少人数制で感染対策を行いつつ、メニューのない完全予約制・紹介制の隠れ家的なレストランをオープンします。人数を絞ることで特別感を演出しつつ、リアルのお店の楽しさを残します。
一つ星レストランのシェフが調理するこだわり食材を使った焼売小売店コロナ感染対策を徹底した、一つ星レストランのシェフが調理するこだわり食材を使った焼売小売店を展開する。
同業他社への食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンの構築現在展開している居酒屋事業の売上回復が厳しい中、神田でのドミナント経営を活かし同業他社への専門食品卸売業とゴーストレストラン運営による二毛作事業のためのセントラルキッチンを新たに構築する。
ゴーストレストラン開業による新たな販売方法・サービスの提供コロナの影響で売上激減している昨今
雇用を維持する事も厳しい状況にある。
料理技術と敷地改装によりゴーストレストランを開業。
アフターコロナの世界でも密を防ぎつつ雇用の維持拡大と売上増加を目指す。
銀座の名店で修業したシェフの和フレンチレストラン、「出張シェフ」の運営銀座の名店で修業したフレンチ料理人をシェフに置き目黒区、大田区、世田谷区の富裕層をターゲットにした高級和フレンチレストランを東急東横線 都立大学駅にて令和3年8月に開業、「出張シェフ」のサービスも行う。
繁華街立地のスィーツ店を事業縮小し、「和食レストラン」へ事業転換主事業(飲食店)としてスィーツ専門店4店舗、
副事業(小売業)としてオフィスビル内コンビニエンスストア3店舗を運営している。
両事業とも新型コロナウィルス感染症対策などの影響により業績悪化した。
そこで新規事業として、独自開発の炭火焼き機を使用し、焼き魚の和定食を短時間で提供できる(飲食店)「和食レストラン」に事業転換する。一人外食、持ち帰り、デリバリーにも対応する。
リフォーム事業から八丈島高級フレンチレストランへの新分野展開住宅リフォーム及び都内・八丈島での賃貸事業を営んでいます。コロナ禍によるリフォーム受注件数減少等の状況を受け、新分野展開として今後注目の八丈島で唯一の「高級フレンチレストラン」を新たに立ち上げます。
DX化によるバーチャル空間レストラン・クルーズクルーズの開業コロナで減少したパーティ利用を補完する為、日本全国の人々が、オンライン上でパーティが楽しめる、新たなレストラン空間と上質な食事の提供を行うためパートナー間の連携をDX化によって実現する計画です。
モバイル注文であらゆる提供方法に対応する健康中食レストラン事業への転換店舗型居酒屋の一事業形態から脱却し、テイクアウト・デリバリー・店内飲食の顧客のニーズに合わせた提供スタイルで、本格無添加料理を家庭や職場で楽しめる、非接触モバイルオーダーの健康中食レストラン事業へ転換する
シェア型レストラン事業(イートイン・デリバリー・テイクアウト)及び ゴーストキッチン事業(デリバリー専門)の運営コンサートやイベント等に依存したホットミールや野外飲食出店等の

既存事業を縮小し、シェア型レストランとゴーストキッチンを開業。

高級焼肉・バーベキュー出張サービスと当社レストランメニューのEC展開50年間高級焼肉レストラン運営で培ってきたノウハウを活かし、当社一流料理人がご自宅やバーベキュー場などに出張し、高級焼肉コースや贅沢なバーベキューをおもてなしする「出張料理サービス事業」と、A5ランク和牛の高級焼肉・キムチ等の当社人気メニューをネット販売する「平城苑オンラインショップ」を立ち上げます。
チベットレストラン&カフェタシデレを文化交流拠点として再構築する事業チベット関連イベントのオンライン・オンデマンド販売を開始。その売り上げがレストランの通販と連動して伸びるよう公式サイトを大幅リニューアル。さらに、オリジナルのベジタリアンメニュー開発で健康志向の新規顧客を呼び込み、あまたあるエスニック料理店との差別化をはかる。
洋風食材の小売店舗の出店、及び有名レストランとコラボしたミールキットの販売新型コロナウイルス感染症によって、自宅で手軽に美味しい料理を楽しみたいという需要が拡大している。新規事業では、①業務用の大ロット食材をリパックした一般消費者向け商品、②有名レストランとコラボしたミールキット、を主要商品とする食品小売業を行う。
おうち時間もこれで楽ちん♪バーチャルレストラン事業開始計画バーチャルレストランを開業し、他社ブランドの商品を受託製造します。その際、現在の店舗では調理、盛り付け、梱包のための作業スペースを確保することができません。そこで、新たな作業場を確保、必要機材を導入し、効率的な製造体制を整えます。
オーガニック食材のベジタリアンレストラン事業及び販売事業とその情報発信チャンネルの開設契約農家から仕入れたオーガニック食材を、既存事業であるヨガ利用者と親和性の高いベジタリアン料理として提供するとともに、健康に関する様々な情報発信が可能なメディアを構築することで、美容と健康の総合的サポートに取り組む。
管理栄養士監修による健康に配慮したメニューを提供するレストラン事業展開高齢化という共通の課題を抱える建設業界と地元住民へ管理栄養士監修の健康に配慮したメニューの食事を提供。未病対策を図り、建設業界及び地元住民の健康を支える縁の下の力持ち的存在となるレストラン事業経営。
イタリアンレストランが提供するマルシェ事業マルシェとして販売店舗を建設し、鎌倉野菜およびテイクアウト洋菓子販売を行う。また、密を避ける場の提供としてオープンカフェを併設する。
レストラン発の有機宅配事業と日本初のサステナブルなデパ地下事業への多角化戦略実店舗主体の飲食事業から、40年の歴史を持つ和食レストラン発の有機宅配事業と日本初のSDGsに沿ったサステナブルなデパ地下事業への参入を新たな柱とした多角化戦略に基づき、小売業への業態転換を図る。
ハーブレストラン(専門料理店)の出店(新分野展開)蔵元という強みを生かしお酒を愉しむレストランを経営してきたが、新型コロナの影響で飲酒規制が行われ打撃を受けたため、ポストコロナを見据えた免疫力を活性化できるような健康志向のハーブレストランの運営に新分野展開する
小田原市名物の「蒲鉾」レストラン事業肉料理を肉ではなく、地魚・国産いわし・無添加スリミ等を材料にして魚レシピにアレンジしたメニュ-やカロリ-控えめな魚スイ-ツなど魚の栄養を提供する健康レストラン。

料理教室や手作り蒲鉾体験を開催して魚食文化学びの場を提供。

新発田駅前で地元食材を活かした個室レストランの新築・経営売上の見込めない割烹料理店の宴会場を閉店し、代わりに、新ブランド牛「新発田牛」等の地元食材にこだわった料理を提供するレストランを新築・経営いたします。2~4名のお客様を対象として、感染対策に徹底した完全個室型のレストランにて事業の再構築を図ります。
団体客用大宴会場を個室ダイニングレストランへ改修!団体旅館から脱却当館にある最大の宴会場(200畳)を個室ダイニングレストランへ改修を行い、宿泊客の満足度向上を図り、また、宿泊しないお客様の利用も促進する。また、昼間にはコワーキングスペースとしての利用もする。
石川県最大級のブライダル施設と好立地の強みを活かしたガーデンレストラン事業の展開当社は石川県最大級のブライダル施設と好立地を強みに年間230組の結婚式を施行していたが、コロナ禍の影響により施行数・単価が激減している。この事態を打開するため、既存の施設を改装し、ノウハウを活かし、コロナ禍の中の新しいトレンドであるガーデンレストラン事業を新規展開する。
レトルト惣菜の製造販売および直営コンビニ併設セルフ式和食レストランコロナ禍でダメージを受けた惣菜バイキングに加える強みとするため、レトルト&冷凍食品工場を新設し、惣菜・海鮮丼の食材個食パックを製造し、自社コンビニでの販売および外販を行う。またコンビニにセルフ式和食レストランを併設する。
日用雑貨・家具販売業者が、ワーケーション用レストランの経営に業態転換する。日用雑貨業の他に滞留時間の長いワーケーション用レストランの経営に進出して、トキ消費、コト消費に対応する。
地元のオーガニック食材を使った環境配慮型郊外レストラン事業長野県南部の郊外地域にレストランを新設。太陽光やバイオマス、薪暖房等を活用して脱炭素・環境保全型の建物でオーガニックな食事を楽しんでいただきます。
老舗建設会社の知名度、巨大な倉庫、好立地、地元の繋がりを活かし、カフェレストランの開業コロナ後の事業の再構築を図るため、当社の強みである好立地、広大な敷地及び建物、地域との強い繋がりを活かし、既存倉庫を改装して、観光客及び地元住民を対象に、郡上市の特産品を主にしたカフェレストランを新規開業するとともに地域活性化を目指す。
鹿ダシによるフレンチレストランを宿泊施設型オーベルジュへ大人数から少人数への会食スタイルの変化に対応する為地元食材特化の地方本格フレンチレストランから宿泊滞在型レストランへの再構築
郊外におけるカフェレストラン事業の展開郊外にある本社屋兼社長の住宅を飲食店舗として改装、新規にオープンデッキを設置して新型コロナウィルスの感染対策を施したカフェレストランの事業を行う。
団体利用客が中心のレストランによる店舗移転を伴う事業再構築団体利用客が中心のレストランの店舗を移転する。移転後は席数を大幅に減らし、新たに①フードデリバリー専用メニューの開発②中庭でのバーベキューを開始することで、ポストコロナ時代に適した事業に再構築する。
フレンチレストランが経営するドライブスルーのあるパン屋の開業による業種転換開店以来順調に売上を伸ばしてきたが、コロナの影響で売上が大幅に減少してしまった。打開策として、当店でサービスとして無償提供している自家製パンでの新規事業に取組む。珍しいドライブスルーも併設する。
居酒屋からの転換 食の非日常空間が魅力のテラス席設置郊外型レストラン新規開業コロナ禍による営業時間短縮や接待・飲み会の減少で、駅前居酒屋は生き残りが難しい状況にある。当社では飲食店として生き残りを賭けるため、郊外型レストランへの思い切った事業転換を行い、ニューノーマルな生活様式でも選ばれる店作りを目指す。
イタリアンレストラン及び洋菓子店から地域密着型ベーカリーへの転換新型コロナによる飲食店及び洋菓子店の売上減少と先行不透明感に対応するため、ベーカリーFCに加盟する。新店舗を開店し、普段使いのパン小売業への転換と新店舗をセントラルキッチンとして使用することで既存事業との相乗効果を図る。
専門店のこだわりを自宅でも再現するチーズ専門レストランのD2C業態転換チーズ専門レストランが素材に拘る高級チーズケーキを製造しお家時間を贅沢に過ごしたいお客様にECサイトを通じてお届けする。専門店の拘りを自宅で再現できる高級スイーツとして販売し、D2C業態への転換を図る。
こだわりのレストランから、中食&外食ハイブリッドの再構築モデルへコロナ禍の影響を受けて売上が激減したイタリアンレストランを開放的なフードコート型へ全面改装、「テイクアウト+フードコート」をキーワードに、中食&外食ハイブリッドの再構築モデルを実現、最悪の苦境からV字回復します。
フレンチシェフこだわりの本格洋食をフードトラックレストランで提供本格的な調理設備を搭載したフードトラックを導入することで、長引くコロナ禍でニーズが高まる「特別感」のある中食・テイクアウト需要に応えるため、フレンチの技法で作る洋食を、ニーズ先に赴いて提供する計画である。
企画・広告制作等のノウハウを活かしたゴーストレストラン事業コロナによる景気低迷により企業の広告予算は削減される一方で,市場を拡大させているデリバリー飲食事業は,自社が持つ「飲食店等に対する企画提案、広告制作等のノウハウ」を活かすことのできる事業と考え参入する。
ゴーストレストラン「地図のないレストラン」の新規展開による事業再構築計画飲食店13業態を経営している当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少。コロナ禍・アフターコロナも顧客ニーズに対応したゴーストレストランを新たに展開する。
本場手打ちうどんのテイクアウト事業と夜間ゴーストレストラン事業による展開コロナの影響により減少した飲食店売り上げを、当社の知名度と本場讃岐うどん製法を活かしたテイクアウト事業を手掛けるとともに、売り上げが減少している夜間の店舗をゴーストレストランとして他事業者のデリバリー対応に貸与する事業を同時に展開し、生産性の向上を図る。
パンデミックの影響を受けづらい新しいレストラン像の追求家族連れやグループ利用の多いイタリアンレストランから、少人数利用のカウンターのみの創作日本料理店に転換し、またこれを機に端材や利用しない部位を使った加工食品のインターネット販売に進出する。
老舗鰻卸問屋が再起を懸ける!鰻のかば焼きレストランFC展開事業!創業90年の老舗鰻卸問屋が、一念発起!高品質な「鰻のかば焼き」の生産体制を整えパッケージとして日本から世界へ。「鰻レストラン」のFC展開まで挑戦する革新的な再構築事業
イタリアンレストランへの新分野展開、他店舗との差別化を図るコロナの影響を直接受ける酒類提供店であり、今後、夜型の酒類提供店に代わる収益の柱として「イタリアンレストラン」を開店する。ランチの時間帯で20~30代の女性をターゲットに競合先、既存事業との差別化を図る。
老舗旅館によるベジタリアン志向の弁当デリバリー、レストランへの挑戦地元の旅館が、ベジタリアン志向の弁当デリバリー、レストランを新設し、コロナ禍で買物にいけない地元高齢者に向けて弁当宅配を行うと同時に、レストランでもベジタリアン志向のメニューを提供し売上増を図る
滋賀県初の分子料理レストラン及びスポーツ施設運営への挑戦コロナ禍による貿易規制措置により、輸入販売の業績低下。海外調達に頼っていることが課題。そこで、国内完結型の取り組みとして、コロナ禍で高まる健康・美容志向の方向け滋賀県初の分子料理レストラン及びスポーツ施設運営への挑戦を行う。
フレンチレストランが届ける「記念日の喜び」EC販売事業既存レストラン事業のノウハウを活かし,フレンチ惣菜(コース仕立て)のEC販売を行う。新事業を行うことにより付加価値をあげつつ,労働環境を改善し,「働き方改革」を実現する。
体験型石窯レストラン事業による新分野展開石窯を導入し、”石窯レストラン”としてリニュアール。新たなターゲットである
親子連れ顧客を対象に体験型石窯レストラン事業を開始し、家では出せない本格的
な味をお客様自身で体験して頂くことで新たな事業の柱を構築する計画。
結婚披露宴中心のレストランから本格ピッツェリアへの業態転換当店は結婚披露宴中心のレストランを営んでいるが、新型コロナウイルス感染症の影響で婚礼がキャンセル・規模縮小になり売上が激減した。消費者意識の変化により婚礼部門の回復は見込めない。ガーデン披露宴会場を本格ピッツェリアに転換し事業の再構築を図る。
ホルモン焼肉たか家バーチャルレストラン出店による新分野展開新型コロナウィルス感染症の収束の目途が立たず、現在の店舗での集客による既存の事業形態では売上の拡大も見込めないなか、新たな設備投資をし、バーチャルレストランに出店という新分野の事業に取り組むことで事業の再構築を図ります。
レストラン事業で培ったブランド力を活かしてヘルシーファーストフード店を展開する体に良いとされる食材を提供し、人気のあるソルビバレストランのブランド力を活かして、健康志向の方々に栄養バランスの取れたヘルシーファーストフードを提供するテイクアウト事業への展開
野菜フルーツレストラン旅行パンフレット台を並べていたスペースを利用して厨房を作り飲食スペースに変更し、野菜やフルーツに特化したレストランに改造。地元農家栽培の野菜販売コーナーを設け、日本人の野菜フルーツ不足を告知する。
バーをレストランに改装し、ランチとカフェで昼間の需要を取り込む休業中のバーをレストランに改装し、ランチとカフェやテイクアウトで中之島の観光客、オフィスワーカー、公共施設利用者の昼食需要を取り込み、夜はディナーとバーで大人の雰囲気を醸し出し客数・客単価を向上させます。
民泊施設を改装して、バリアフリーに対応した個室レストランに転換を図る民泊施設のロケーションを活かして、「個室」「車いす対応」という付加価値をつけた飲食業へと事業展開を図ることで、当社の事業再構築とバリアフリーな環境を提供する
ゴーストレストランと地域に密着したハイブリッド運営型施設の運営新型コロナウイルスによる影響でデリバリー形態の飲食の市場が伸びているが、「ゴーストレストラン」という新しい形のデリバリーを取り入れ、自社のリソースを有効利用でき、なおかつ失業者の雇用、地産地消など地域経済にも付与できる事業
①食品ECへの取り組み②挙式スペース(チャペル)から全天候型グランピングレストランへの転換①レストラン事業におけるコロナ禍の影響が大きい中、店舗での店頭販売のみであった食品物販から進化し、フルコース料理提供で培った調理技術を活かし、EC(通信販売)へ取り組むことで、既存顧客や新規顧客への展開を促進する。 ②婚礼市場規模が縮小する傾向の中、挙式場(チャペル)スペースだったフロアを面積の1/2が吹き抜け(屋外)である利点を活かし、感染対策に強い開放的なグランピングレストランへと転換する。
明石マイクロツーリズムを確立!漁師の技を活かした安心安全な海鮮レストラン!感染症の影響を考慮した「飲食店」を新設。衛生面に配慮した動線の確保、入店時の徹底した殺菌、飲食時も二酸化炭素濃度の見える可で安心、さらには顧客が特定できる手法で集客し、事業者にとっても顧客にとっても安心・安全な場とし、明石の海で取れた「まえもん」だけのお料理を体感頂く。
本格イタリアンレストランがつくるチーズケーキ専門店によるテイクアウト事業本格イタリアンレストランの人気メニューを参考に新たにテイクアウト用のチーズケーキを開発。チーズケーキのテイクアウト店の出店及びECサイトの通信販売でコロナ禍における事業再構築を行う。
自然豊かなキャンプ場に地域の強み活かしたレストラン出店計画新型コロナによる売上減、人口減で事業規模縮小が見込まれる。淡路島の自然を活かしたキャンプ場にレストラン+アパレルの店舗を出店。特産品によるメニュー、相乗効果による集客、WEBを活用した販売強化に取り組む。
レストラン事業からパスタソースを中心としたEC事業への業態転換コロナ影響による外食産業への影響により、既存レストラン事業から新しい事業構築が必要であると判断し、ブランドの強みを活かした新規パスタソースブランドを中心としたECサイトを新たに開設して販路の拡大を図る。
セントラルキッチン兼、顔が見えるゴーストレストランの開設による新分野展開既存店舗に加えて「セントラルキッチン兼ゴーストレストラン」を新設し、既存EC販売の拡大・ゴーストレストランによるフードデリバリー販売に特化した事業の新分野展開を行い、「外食」のみならず、「内食」「中食」全てのニーズに対応することで飲食の新たなビジネスモデルを確立させる
バーチャルレストラン~1つのキッチンで複数店舗のデリバリーメニューを提供~コロナ流行により、長らくカラオケ店が休業しており、固定費のみかかっている。この店舗を活用し、飲食店経営のノウハウを使ったバーチャルレストランを新たに開始。新たな売上をつくることで従業員の雇用を守っていく。
小さな森のベーカリーレストランコロナ禍により臨時休業などを余儀なくされ、当店の売上も減少している。売上拡大を目指すべく、現在のグリル料理を中心とするカフェ・レストラン事業と異なった新分野を展開し、新たな収益源を作る。新事業として、当店オリジナルの天然はちみつを生地に練りこんだ焼き立ての食パンを製造販売する。
レストラン経営で培った創作フレンチ技術を活用した、レトルト冷凍食品市場への参入老舗フレンチレストランに蓄積されたレシピを活かし、レトルト冷凍食品を開発することで、需要が拡大する食品EC事業への参入を図る。レトルト加工食品の生産設備とEC販売事務所を導入し、安定供給体制を確立する。
新型郊外レストランの形 奥大和から伝える「食」と「農」新型コロナウィルスによる外食利用者の減少。

レストラン事業の縮小に伴う物販スペースの設置、加工用オーブンの購入。

自社栽培や契約農家の農作物、田畑を使ったアグリツーリズムによる他レストランの事業転換例と差別化を図る。

レストラン経験を生かした地域創生型のパン販売事業「レストランが作るパン屋」事業は、「当店とその従業員」「仕入先と地元農家」「お客様と紀美野町民」の「三方良し」を基本方針として、紀美野町の「地域拠点」となるべく新しい形のパン販売事業を目指します。
泉南オートグリル岸和田サービス上り線のレストランのエリアを約半減して他業務に転換する事業コロナ禍で大幅に売上が減少したレストランを二分し、ウエルカムゲートより来店出来る女性富裕層をターゲットにカフェレストランを展開する。残りの部分は自家製洋菓子及び大型商材「みかんパン」の売り場とする。また「みかんパン」、自家製洋菓子はeコマースにて販売。よって売上増を目指す。
日本料理の老舗の味のテイクアウト・通信販売用商品の製造販売、そして鳥取初のバーチャルレストランによるデリバリー展開業歴30年の老舗日本料理店。営業規模を縮小して移転。今回新たに老舗の味をご家庭で楽しめるテイクアウト・通信販売用の商品を製造し、地元・県外の既存客を中心に販売。

また、これまで手薄であった若年層を取り込むため、鳥取初のバーチャルレストランを展開し、新たにオンライン注文によるデリバリーサービスに取り組む。

館内遊休スペースを活用した洋風レストラン開設による新規客開拓コロナ感染症の拡大による宿泊収入の減少に対応するため、和風旅館内の遊休スペースを活用し、洋風レストランを開設することにより、地元客・近県日帰り観光客・三朝温泉の他の旅館の宿泊客などの新規客開拓を図る。
家族団らんを楽しむ郊外型ファミリー向け焼肉レストラン業種を食品製造業(内食・中食)から飲食業(外食)に大きく転換する。当然、顧客も個人客から外食(グループ)に新たにシフトする。今回の再構築では、市場も既存の玉野市ではなく、少し人口の大きい近隣の中庄(倉敷市)と谷上(神戸市)にシフトする。
地元で高く支持されているレストランメニューを弁当で再現する高い知名度とブランド力をもったレストランメニューそのままに、料理を弁当で再現する。味と見た目の華やかさ、もてなしをレストランに限りなく近い形で都ファンに届け、店と同じ雰囲気を味わってもらうための取組。
きのこ生産者が挑戦する、レストラン&冷凍食品専門店の新分野展開きのこ栽培から新たにレストランと冷凍食品専門店を展開する。軸になる冷凍は美味しさと品質が変わらない液体凍結技術を導入する。温めて提供するシェフの味が店内と自宅でも楽しめる。冷凍に特化した新しいビジネスを目指す。
健康に配慮し味にこだわったレストラン料理を高齢者施設へ卸販売を行う事業大型和食料理店としての待ちの営業から、高齢者施設向けの卸販売という攻めの営業への転換。「もっとおいしい料理を食べたい」という施設利用者のニーズが高まる中で、ヘルシーでおいしいレストランの料理を施設に提供する。
地元徳島の食材を活かしたカフェレストランの運営及び 食品製造・販売事業鳴門の新しいランドマークとなる、地元徳島の食材を活かした、大鳴門橋を望む絶景ロケーションのカジュアルカフェレストラン運営と、同食材を共通の原材料とする健康志向で付加価値の高い加工食品の製造・販売事業。
ドッグランを主体としたキャンプ場併設カフェレストラン事業への転換コロナの打撃を大きく受けている既存事業のブッフェ式イタリア料理の店舗は、6月末をもって閉店する。本事業は、主に大型犬を対象としてドッグランを併設したキャンプ場及び喫茶スペースを建設し、経営を行うものである。
フェリー売店からオーシャンビューのカフェレストランへの業種転換コロナ禍で旅行客が減少し、フェリー内の売店事業の業績低下が著しい。ポストコロナを見据え、人の移動に左右されない経営体制の構築が課題。こそで、半世紀ぶりの八幡浜港新築移設を機に、フェリーターミナル内の飲食店という立地を活かし、地元住民にも愛されるカフェレストラン事業に取り組み、経済社会の変化に対応する。
老舗旅館から周りの環境を取り入れた多目的ナチュラルレストランへの業態転換完全予約制の老舗旅館から、高知市にあるようでなかった鏡川の河川敷を利用し、自然を取り入れた飲食店=ナチュラルレストランへの業態転換を行う。
仕出し弁当製造業から、レストランおよびランチ弁当販売業への業種転換まつしまやは仕出し弁当製造を行ってきたが、コロナ感染症の影響を受けて売上が激減した。

このため、本店の製造拠点をレストランおよびランチ弁当販売スペースを持つ店舗に改築し、ランチ弁当販売を主とする弁当販売業に業種転換する。

古湯温泉おんくり鉄板焼レストランおよび個室レストラン新設計画需要が見込める個人客の集客強化。客層の変化で稼働が低下している中宴会場を鉄板焼レストランへ、大宴会場は個人客及び小グループ用の個室へと改修。また、魅力ある改修を施し他社との差別化を図り集客を強化する。
バーチャルレストランを活用し飲食業界を活性化させるビジネスHACCP対応の厨房を備えたバーチャルレストランを新規に出店し、デリバリーに特化したサービスを行うと共に、共同利用者を募って新たに飲食店営業許可を取得するためのコンサルティング事業を行う。
古民家(地区150年超)を改修した古民家再生ホテル兼レストランの運営古民家を「マイクロツーリズム」「ワーケーション」に適した安全・安心・快適な施設に整備する。既存リソース(レンタカー・カーシェア事業)を活かしたサービスを提供し、事業再構築によるⅤ字回復と地域の課題解決を行う。
テイクアウトサラダ専門レストラン“FASTSALAD”当社が営んできた青果卸売業の経験、知識を活かし、BtoB市場からBtoC市場への進出を図る。昨今の健康志向を考慮するとともに、コロナ禍及びアフターコロナの環境下における生活様式の変化に対応したテイクアウトサラダ専門店事業を開始するものである。
イタリアンレストランと共創するシェアオフィス「tag b.」の開設レストランBUNZOを改修し、クリエイター特化型のシェアオフィス「tag b.(タグビー)」を開設する。レストランと共創するシェアオフィスがコンセプト。プロジェクトマネジメント型のシェアオフィス運営を実施する。
体験型キャンプ場施設及びアウトドアレストランの運営小学校廃校跡地および既存建物を活用し、自然豊かな環境の中で、アウトドア体験をはじめ、地元の食材等を利用したレストラン経営などの総合アウトドア体験施設を構築し、複合的付加価値を持つ宿泊体験を提供する。
地域に根差したレストラン運営を昇華させた外販事業への多角化展開レストラン営業のノウハウや商品力を最大限に昇華し、設備投資によりお弁当(通常販売及び慶事・法事対応の懐石弁当)オードブル・ケータリング・他社様からの依頼に応じたPB品など業務用加工食品の製造及び販売
レストランウェディングの先駆けが創るイタリアン融合の手づくりパン雇用維持及び経営継続をするために、激減したブライダル関連の売上を補完する必要が有り、新規事業(パン販売業)を立ち上げる事が急務となっている。

また、レストラン事業、ブライダル事業とのシナジー効果を生み出していく。

43市町村から集まってくる食材たちが脚光を浴びるレストランをつくる鹿児島県の「43の市町村の旬を味わう・季節を食すレストラン」を自治会館内に出店し、各市町村の第1次産業の掘り起こしと発掘で、ご当地メニューやEC商品開発、アンテナショップ併設やマルシェへの場所の提供で地域経済の活性化を図る。
レストラン事業からミールキット製造販売への新分野展開計画現在レストラン事業を行っていますが、それとは別に食品工場を建築しミールキットを製造し、ECサイトを通して販売します。
美食とおもてなし重視のオーベルジュを意識したレストランへの改装による新規顧客の獲得「オーベルジュを意識したレストラン」を計画。マイクロツーリズムに注目し、美食を目的とした日帰客等を新規獲得する。食の強みを新たに作ることで、ホテル全体の価値向上にも繋がり、コロナ終息以降も安定した収益を生み出す計画である。
カラオケ店のキッチンを改装ししゃぶしゃぶレストラン併用とする地元と共に30年のカラオケボックスです。コロナ過で苦しむ地元住民の安全な食と憩いを取り戻し支えるため、小部屋を少人数しゃぶしゃぶ用に改装しキッチンを弁当仕出し可能な規模へ大幅に拡充する事業です。
新しいドライブインレストランスタイルであしび~プロジェクト歴史あるレストランの復活。レンタル業×三密×楽しさ=新しいスタイルの飲食店施設。レストラン以外にレンタルキッチンやキッチンカーの貸出も可能。過疎化する南城市百名地区を再度賑やかな活気ある場所に!
レストランから、昼はコワーキングカフェ&夜はオープンハウス型バルへの新分野展開による宮古島初の複合型新規顧客獲得事業既存事業(レストラン)は顧客層:サラリーマン、場所:自社ビル2階かつ密閉空間のため、コロナの影響で売上が減少。アフターコロナに向け、好立地かつ建物外にスペースがある強みを活かし、1階部分をコロナ対策完備のオープンハウス型カフェ&バーに改装、昼間は高速・大容量・セキュリティ完備のWIFIを備えたコワーキングスペースして活用し、地元客だけでなくワーケーション利用者や出張者等、県外顧客も取り込んでいく。
ウィズコロナ・アフターコロナ時代における体験型貸切り農家レストラン事業農家民宿を営み自宅での食事を提供していたが、新型コロナウイルスによる食事提供中止の影響により客数減少となったため、新たに感染対策が徹底されたレストランを併設し、農場アクティビティと共に高付加価値サービスを提供する。
ホテル大観荘 個人旅行市場向けの全席個室レストラン新設事業グループ・団体客及びツアー客に特化した旅館に、全席個室かつ新型コロナウイルス感染防止対策を整えたレストランを新設することで、新たに個人旅行市場への参入を進める。
新型コロナ対策完備の個室型ロボットレストランへの大胆な業態転換新型コロナの影響で既存飲食事業売上が減少し、新顧客開拓と個室需要対応が課題。ドリンカーロボットと遠隔注文システムを開発・連動させ、多様なメニュー構成の個室型・省人型ロボットレストランを新たに展開する。
既存レストランのブランドを活用したテイクアウト店 の運営既存レストランのブランド、調理技術、仕入れ能力を活用し、テイクアウト専門店を運営する。同店舗は「大宮駅グランドセントラルステーション化構想」とリンクしており、大宮地区の地域創生チームに参加する。
プロジェクションマッピングを活用した空間体験、釣りや干物造り体験等のエンターテイメント性をかねたテーマパークレストラン沼津市の干物文化、歴史や魚についての知識、釣りの仕方、魚料理について教える教育事業と人を楽しませるテーマパーク事業、美味しい料理を食べる事ができる飲食事業を掛け合わせた今までにない新しい事業です。
三鷹の食生活を豊かにする!肉料理レストラン&食肉小売の展開現在運営している居酒屋を、当社の仕入れのノウハウを活用して日本全国からブランド肉を仕入れ活用する肉料理レストランおよび食肉小売店へと事業転換を行い、三鷹地域のお客様に豊かな食生活を提供します。
オーストラリア、ポルトガルレストランから希少なラム肉を使用したレストランとデリバリーテイクアウト、EC事業への業態転換日本初上陸の特殊なラム肉を使用した、イートイン、デリバリー、テイクアウト、酒販ライセンスを取得したマルチ販売ルートのラム肉専門店とコロナ対応換気システムを実装したジンギスカン店を出店し、コロナ禍でも集客と売上を獲得しつつ、ラム肉のマーケットを開拓していきます。
仕出し事業から子育て世代に特化した和食レストランへの業態転換売上が激減した葬儀用ホールを改修し、子供を連れて入りやすい和食レストランへと事業転換を行います。  ファミレスでは難しい個別対応と仕出しで培った技術力を元に地域一番店を目指します。
レストランの客席を縮小してクラフトビールの製造を始めるレストランを経営していたところ、コロナの影響で顧客が激減し、売上が低迷していることを受け、店舗での営業を縮小し、クラフトビールの製造を開始し、クラフトビールの売上高が4年間の事業計画終了後、総売上高の10%以上を占める計画を策定する
目黒区祐天寺におけるゴーストレストラン向けシェアキッチンサービスの提供目黒区祐天寺におけるゴーストレストラン向けシェアキッチンサービスの提供を行う。飲食許可取得、メニューの企画立案、販売動向分析、広告宣伝、ブランディング、ポスティングなどを含む総合的なシェアキッチン提供サービスである。
体を作ることを目的とした会員制ファストカジュアルレストラン事業展開現状のクラシックバレエ教室運営での食に対する見識を生かして、スポーツ事務等体をつくる、健康を目的としたお客様向けに、3食栄養素を選んでとれる会員制ファストカジュアルレストラン事業展開
レストラン アシエット ベーカリー&ペストリー新設計画フランス料理とパン、ケーキなどを融合したテイクアウト事業  新型コロナウィルス感染拡大の影響でレストランで会食する機会が減っている現状を打開すべく、テイクアウト部門を大幅に新設する。
コロナ禍の市場ニーズに適応した個人旅行向け和風レストランの新設による業態転換当館は大型旅館で団体旅行をメインに営業してきたが、コロナ禍の影響で需要が激減しており、市場ニーズに適応したサービスを提供するため、長期休止中の最大級の宴会場を個人旅行向け専用の和風レストランに改装し業態転換を図る。
福井県内初許認可となるレストランBOXを活用した新分野への展開新型コロナウイルスの影響に伴い宿泊の売上が減少する中、様々な飲食物の提供を可能とする、福井県内初許認可のレストランBOXを新たに導入し、オリジナルデリカおよびペアリングのドリンクを販売する。
人気レストランのブランド力を活かした総菜販売事業への展開欧風レストランとして培ったブランド力を活かし、地域の素材とトップ技術を活用したレトルト食材を開発し、道の駅やサービスエリア等ご当地らしい、美味しくて簡単な調理が求める販路に、業務用として、また土産用として販売する。
老舗料亭によるカジュアル新業態『和風グランピングレストラン』の出店130年超の歴史を持つ高級料亭がコロナ禍により売上激減。法人・宴会需要依存を脱却すべく、ノウハウを活かした「和風グランピングレストラン」の展開で、普及価格帯のファミリー・若年層の需要獲得を図る。
信州のワインと食を楽しむレストラン開業による新たな顧客層開拓と収益構造変革既存事業の顧客の高齢化による事業の低迷や地域の衰退に対応するため、信州ワインと新鮮な地元産野菜を活かした高品質・高単価な新レストランを新設する。食への関心が高い顧客層を獲得し、収益を付加していく。
日帰り貸切温泉及びセルフレストランの開業ホテル圓山荘敷地内に日帰り貸切温泉施設を新設と大宴会場をセルフレストランに改修し感染リスクの少ない日帰り事業を開始して事業を継続して雇用を守ります
ワインバーからレストラン・海藻おしば館・サイクルステーション賑わい施設への転換新型コロナウイルス感染症により事業継続が難しくなった。そこで一級河川の狩野川遊歩道と橋架け許可建物でレストラン・海藻おしば・サイクルステーションを運営し、賑わいを創出する複合施設に事業転換を図る。
【キッチン×レストラン×ワーク】シェア事業による再構築【キッチン×レストラン×ワーク】シェア事業として、コロナ禍でも飲食店で食べるような料理を家庭でも食べられるようにテストキッチン、冷凍宅配事業を行い、外食・中食の新たなスタイルをつくる。
レストラン分野での感染症安全対策設備を活用した非接触セミセルフサービス社会的な外出自粛は法事宴会や外食の機会を抑制し当社収益を減じた。安全対策を施し感染リスクを軽減する仕組みを導入した、顧客が望む店づくりをし、当社収益の柱とするとともに、地域経済活性に貢献する。
欧食レストランから総菜販売・食材小売等の複合型就労支援事業への転換コロナ禍において既存の飲食サービス業から、巣ごもり需要に対応できる食品製造業へ業態転換する。こだわりの食材を使用した高単価高付加価値なお惣菜の提供によって売上高を回復させるとともに、当社の味を広く周知させることでレストランへの呼び込みを行い、V字回復を見込む。
バーチャルレストランの開業による中食事業への進出新事業ではバーチャルレストランを構築して、高級品であるフグを安価で提供できるという自社の強みを活かし、従来の製造方法を変更して新たに宅配事業向けふぐ料理を新開発します。宅配事業の拠点となるバーチャルレストランを構築し、外食事業から宅配事業への業態転換に挑戦します。
コロナ禍におけるベーカリーレストランの新規出店計画既存事業のコロナ禍における売上減少を補いつつ、既存事業と違う土地で行う、生活スタイルの多様性、少子高齢化、コロナ禍における在宅率増加に対応できる、地方の魅力を発信、成長できるベーカリーレストランの新規出店計画。
コロナ禍における農業分野での農家レストラン展開による現状打破自社農産物を使用した農家レストランを整備することにより、農業に関連した新たな収益源の確保と既存事業の販売力の強化を実現する。6次産業化による相乗効果と収益性の向上により、次世代の農業の形を創造する。
居酒屋事業撤退とゴーストレストラン機能をもつ焼肉店の出店計画ビジネス街に近い繁華街にある居酒屋店を廃業し、郊外住宅地においてゴーストレストラン機能をもつ焼肉店を出店し、持ち帰り・配達飲食サービスの分野を新たに展開する。
酒蔵のある歴史ある町並みに賑わいを誘致する古民家レストランの設立コロナ禍で酒消費が減る中、歴史的町並みの酒蔵に本格的レストランを併設し事業の多角化を図り、これまでネット上で繋がっていた日本酒ファンや古民家ファンなどの個人消費者を取り込み、コロナ後に備えて賑わいを誘致する。
チェックアウト~インの非稼働時間を活かす新設レストラン等の開業現在営業していない時間帯のチェックアウトからチェックイン(午前10時~午後4時)の昼間の6時間の時間帯を利用して、新規顧客獲得のため当館の立地を活かした新設レストラン・カフェ&バーの建設開業。
宿泊・宴会・レストランメインの宿泊ホテルから免疫力向上ホテルへの変革事業健康志向が浸透したポストコロナ時代に対応したこれからのホテルの在り方として、ホテルを訪れることで免疫力の向上を可能にし、健康面の課題を解決する免疫力向上ホテルへと事業再構築を行う。
地域と連携、コロナ時代の革新的新業態店水上レストラン復活への挑戦!伝統的な水上レストラン(貝料理)の承継・復活をめざし、地域と連携してコロナ時代に対応した新たな飲食業態店の革新的再構築に挑戦し、ウエディング、観光事業も含めた地域活性化策に挑戦する事業である。
牡蠣・魚介専門レストランが作る高級クラフト缶詰の製造・オンライン販売生牡蠣・魚介専門のシーフードレストランが自社開発の高級クラフト缶詰を製造しオンライン販売。  新型コロナの影響で店内飲食が減少し巣ごもり需要が増す中、色に拘りを持つお客様の食卓を彩る1品として、贈り物として利用できる。
世界トップクラスのサービス・コンテンツ・クリエイティブが融合するエンターテイメントレストラン&シアターの建設事業世界で活躍するトップシェフ、建築家、バーテンダー、サーカスアーティスト、クリエイターなど各ジャンルのグローバルナンバーワンが集ったエンターテイメント施設の建設事業。コロナ禍で失った街の賑わいを取り戻し、新たな食・エンターテイメントの文化を産み出すプロジェクトです。
アフターコロナを見据えた一階レストラン改装による事業再構築宿泊・飲食業を取り巻く環境は非常に厳しい。全国和牛能力共進会で総合優勝した、当社グループの畜産牛・自社の強みと効果的な設備投資を組み合わせ、「焼肉屋」と「製造・加工・卸・小売」の新分野展開の事業を行い、事業再構築を実現します。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社ではレストラン事業や飲食店などを含む多くの採択実績もありますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事