事業再構築補助金

「ホテル」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「ホテル」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「ホテル」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「ホテル」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。普段とは一味違う体験が出来るのがホテルでの宿泊になります。
旅行の宿泊先として使うことはもちろんのこと、最近ではテレワークの場所として使っている方もいますね。
これから、「ホテル」事業を始める方の参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
自然環境に恵まれた録音スタジオ併設のホテルでグランピング&キャンプコロナ禍を乗り切り、将来展望を切り拓くために大型レコーディングスタジオと併設のホテル屋上と敷地内にグランピング施設およびキャンプ場を設け、新たな価値創造を図る。営業的施策のIT化を図り、独自の予約システムを構築する。
ホテルライクな住環境を提案するハウスクリーニング宿泊業で培った清掃技術と接客技術でハウスクリーニング市場へ新規参入する。顧客のターゲットを観光客から地元住民へ拡げて複数の収入減を確保するとともに、コロナの状況に応じて人的リソースを流動的に移動できる体制を構築する。
長期滞在プラン新設による温泉ホテルの新分野展開事業新型コロナの影響を受けたホテル事業者が、長期滞在プラン新設による新分野展開に挑む。

温泉地での長期滞在プランの提供を通じて宿泊客の心身の健康増進に貢献し、川湯温泉街振興の一翼を担うべく取り組んで行く。

ビジネスホテルがコインランドリーへの新分野展開でⅤ字回復!コロナ禍により経営ダメージを受けたビジネスホテルがコインランドリー経営に新分野展開。立地の良さ・広い敷地という利点を活かし、新たな収益の柱を確立。利便性向上による長期宿泊客の獲得も出来、シナジー効果でⅤ字回復!
ワーケーション対応ホテル改装事業ポストコロナを見据え、2000年代に芽吹いたワーケーションをテレワークの一形態として世界自然遺産知床の地に根付かせるべく「新分野展開」として、東館のホテル改装を行い、新しい滞在型の顧客開拓を計画する。
「大衆向け大人数でのホテル宴会・法要から、個食・高級志向の焼肉店への新分野展開」外出自粛や休業・時短要請等により、大人数での宴会・法要の売上が激減したことから、地元地域の有機野菜と豊富な料理を楽しめる1人でも入店しやすい焼肉店への新分野展開を行う。
団体型ホテルから、個人客重視の客室・レストランのあるホテルへ転換。団体向けで間仕切りのないレストランをコロナ対策として、半個室型へ改装。

長年故障により停止している客室冷暖房設備の入替により、客室環境を整備・空気の循環を改善。

さらに、十勝の食材をふんだんに使用したレストランで個人客を呼び込む。

ホテル事業者のリネン・ランドリー事業への拡大都市部のホテル内遊休スペースを活用し専用設備を導入して、近郊の同業他社ホテルに低コストかつ高品質なリネンサプライ事業を展開。併せてグループホテルの宿泊客を対象に洗濯代行サービスを提供する。
街なかのペットリゾート『ラグジュアリーペットホテル&トリミングサロン事業』カラオケ施設を活用した広いスペース、ペットの様子を常に確認できる映像配信など、ペットの健康・ご家族の安心を第一に考えたペットホテルです。夜間対応も可能なトリミングサロン、ペット用ブランド商品の販売も併設。豪華なペットサービスを提供します。
ブランド構築力を活用したホテル業への挑戦沖縄の離島である西表島は、ごく一部の高級ホテルと低品質の民宿に供給が二分化している。現在のブランド業とインターネット事業を活かし、リゾート需要に対応できるハイセンスな小規模ホテルをリーズナブルに提供する。
飲食業から宿泊業へ!古民家リノベーションによるホテル事業展開多目的宿泊施設を展開し、通過型の観光客ではない、昨今の情勢下で高まる地方ぐらしや文化に触れたいという、訪れる動機の深い層を取り込むことを目標とし、古民家リノベーションによる改修等を実施する。
地元海産物、農産物を使用した、ホテルの冷凍料理販売事業コロナ禍により売上が激減した宿泊事業を補うため、新規事業としてホテルならではの料理を冷凍食品として販売する。老舗としての営業力や実績を活かし最新の食品保存技術やEコマースを駆使することで事業拡大の相乗効果を図る。
簡易宿泊施設を新設し、ご遺族の想いに寄り添うご遺体ホテルを運営開始!新型コロナの影響を受け、葬祭業の売上が激減。その一方、遺族も宿泊可能な遺体安置所の需要が増加している。

そこで、これを機会と捉えて、これまでの事業で培った地域の繋がりや想いに寄り添う葬儀ノウハウを活かして、遺族が付き添い可能な簡易宿泊施設の運営を開始する。そのために、新たに簡易宿泊施設を新設する。

地方のシティホテルの機能を活かした住宅型有料老人ホーム事業への参入売上の主軸であった宴会売上がコロナ禍で消失した。事業の再構築として、県内の中でも超高齢社会の栃木市において供給不足となっている住宅型有料老人ホーム事業に参入し、地域社会に貢献する医療福祉モール構想の礎とする。
コワーキング機能を備えた低価格カプセルホテル事業の新分野展開当社は既存事業で培った営業力やノウハウを活かせる成長分野への事業多角化が課題です。そこで 低価格で多機能なカプセルホテル事業への新分野展開を図り課題を解決します。売上拡大や収益性向上を実現し競争力を高めます。
別荘・ホテル等滞在者向けリゾートコワーキングスペースの提供コロナ禍で高まるワーケーション需要に応えるため、既存飲食店施設を一部改修し、新たな室内ワークスペースを整備する。更に600坪のオープンエアスペースを活かすことで差別化されたワークスペースの提供を行う。
浅草ホテル事業計画観光客が激減した浅草で、地域社会と協力し同地区の復興、活性化の一助となるべく浅草の伝統、文化との橋渡し的な役割を果たすとともに、女性が居心地よく安心して宿泊できることを目的としたホテル事業を展開する。
縮小を続ける獣医療業から国内最大規模のペットホテル運営事業への転換既存事業である獣医療事業者の業績縮小に伴い、売上が減少したため事業転換を図ることが当社の課題。既存事業とシナジー効果が見込め市場拡大が期待されているペットホテル産業へと参入し、業績のV字回復を目指す。
ホテル業から無煙コンロ活用によるアフターコロナ対応特化型焼肉店の展開競合の進出や長引くコロナの影響により先行き不透明な状況を打破するべく、コロナ禍でも好調な焼肉事業へ乗り出す。房総地域で成功を収める焼肉店のフランチャイズとして経営のノウハウを得つつ経営を行う。
ペットと泊まれるホテルにリニューアル。滞在型宿泊リゾートへ大胆に転換当社ホテルは従前より海水浴客メインで稼働率の季節変動性が高かった。さらに新型コロナによる外出自粛影響で、宿泊客が半減している。この状況を打開するため、ペット同伴宿泊サービスを提供開始する。そのために客室4室の改装とドッグラン・カフェなどの滞在型サービス施設を新設し、新分野展開を図り、ペット飼育するファミリー・中高年層など新たな顧客の獲得を図る。
ホテル内のスペースを活用したフードデリバリー・テイクアウト事業ホテルの一部分を、フードデリバリーに特化した店舗に改装し、運営する事業を行います。

第一弾として、浅草橋で計画中の宿泊施設で開始。

軌道にのり次第、自社運営の他のホテルの一部も改装して、多店舗展開をしていきます。

ペットサロン・ホテル事業を核としたBtoC事業再構築これまでの液化抽出技術を扱ったBtoB事業から、神奈川県三浦市にペットサロン・ホテル事業を核としたBtoC事業の拠点を構え愛犬家の顧客化を図りながら、当社の第三の柱であるペットおやつシリーズの販売につなげる。
団体向けホテル民泊&レンタルスペース事業による地域貢献へ海外旅行業からの事業再構築として団体向けラグジュアリーホテル民泊&レンタルスペース事業を立ち上げ、当社の強みや機会を活かし、台東区の観光振興、文化伝統発信を視野に入れオリジナルの付加価値を提供する。
コロナを経験したニューノーマル時代に提供するホテルの新しいサービス宿泊業を主力する当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上高が約78%の減少となっている。宿泊需要は当面回復が見込めないため、パーソナル・リモート・ワーク・オフィス事業へ進出し企業存続を図る。
外国人材をターゲットとして「中長期滞在型」ホテル事業による事業再構築外国人材を主な対象として、コンシェルジュ機能等の付加価値サービスの提供により、外国人材にとって東京での新生活の橋頭保となりうる中長期滞在型のホテル運営を行い、労働生産性の向上と収益安定性を達成する。
顧客ニーズに寄り添う”おもてなし”ホテルワーケーション事業千葉という立地の強みを生かした各地域への利便性や関係性と、自社のこだわりの長期滞在向け&ペット愛好家向けのホテルワーケーションプランを持って、高リピート率を実現する革新的な事業展開
リゾートホテル向けウェルネスブランディング事業「NAGOMI(なごみ)」の展開コロナ禍で宿泊客が減少しているリゾートホテルに対して、「ウェルネス」に関する新たな付加価値によるブランディングを実施し、リゾートホテルにおける収益回復、地方創生、宿泊客における過密忌避ニーズの充足などに寄与することができ、コロナ収束後はリゾートホテルのさらなる展開を実現します。
コロナ禍に対応した新業態 貸切型コンセプトホテル「MANGA ART ROOM」の展開独自の作品が飾られた美術館に宿泊できる体験を提供する貸切型ホテル。影響力の高いクリエイターのオリジナル作品に 触れることができる世界初の美術館とホテルが融合した空間を弊社がプロデュースする。
対人接触を減じたスタッフ不在型ホテルの運営コロナ禍が長期化するにつれ、経済活動の再開も徐々に進む中で「感染リスク対策を施した宿泊施設」へのニーズも高まっている。新規事業では、①スタッフ不在型ホテルへの改装、②感染拡大防止策を徹底したサービス提供、へと事業再構築を実施する。
上山初!ヘルスケア型ワーケーションホテルへの挑戦「豊かな自然環境の活用」当社はこれまで宿泊特化型ホテル業を主としてきたが、地方都市では過当競争にあり、加えてコロナ禍により経営が圧迫されている。この現状を打破するため、天然温泉や自然環境を活かしたワーケーションホテルへ新たに業態転換する。
自社研修施設から新型コロナ対応プライベートリゾートホテルへの新分野展開研修センターをプライベートリゾートホテルへ再生させる事業を行う。リノベーションには資材調達から設計・施工まで既存事業である建設業ノウハウを活用することで、細部までこだわった内装のホテル設計をし、新型コロナ対策へも万全の策を講ずる。
長期滞在型宿泊施設として、住める・働ける・遊べるアパートメントホテル当社既存事業のホテル業は、コロナ禍で未曾有の危機に直面した。地域と自社の資産を最大限活用しながら、ただのワーキングスペースではなく、“顧客の移住生活を総合的に彩る施設”として長期滞在型施設(アパートメントホテル)を建設する。
ブルーカラー等需要喚起の革新的コンテナホテルへの新分野展開コロナ禍でビジネス出張の宿泊者が激減。デザイン性と実用性に優れ、感染症リスクが少ないコンテナ型ビジネスホテルへの新分野展開を実現。坂井市や県内企業等と連携しながら、新たな宿泊客を呼び込み地域経済を牽引する。
井出家古民家ホテル事業築200余年、登録有形文化財である古民家を一棟貸宿泊施設へ再生する事業。ただ単なる「古民家宿泊ではなく、より歴史的・文化価値を滞在中に存分に体感できるようなサービスを提供する。従来の人材派遣業、業務請負に留まらず、今回を機に新たに「宿泊業・貸家事業」を展開する。
アパートメントホテル対応施設&カフェギャラリー設置運営施設の一部を改装し、キッチン、ダイニング等を備えた、アパートメントホテル対応施設を設置する事と、人気イラストレーターとコラボしたカフェ・ギャラリーを新設する事の二大柱によって、売上回復と雇用増大を目指す。
ペンション廃業からレジデンスホテル+レストランへの業態転換現在経営しているペンション(13ルーム定員48名)を廃業し、キッチン・バストイレ・洗濯機・冷蔵庫付の大型の部屋4ルームに改築し定員を概ね16名に、食堂を外来用のレストランに改築。自動チェックイン、スマートロック、事前決算で無人化システムにフロントを変更し人件費を省くと共に単価のアップを訴求する。
木曽御岳観光の復活に向けたホテル併設グランピング施設・キャンプ場運営による新分野展開事業当社は現在ゴルフ場を運営しているが、当施設に近い「ホテル木曽温泉」を、所有者である木曽町より譲り受けた。ホテル改装に併せて隣地を整備し、新分野事業として新たにグランピング・キャンプ場の運営を開始することにより、既存のゴルフ場並びに同時に着手するホテル事業との補完・相乗効果を目指す事業である。
菅平高原を盛り立て世界へ飛躍させるホテルに!コロナ禍で生まれた事業機会である菅平高原で伸び始めている駅伝を受け入れ経営の基盤を作り、コロナ回復期には中国・韓国の高校生を受け入れることで海外選手に対するノウハウを学び、国際大会での事前合宿受け入れを狙う。
「ウエルネスライフステイ」ココロとカラダを再生するホテル新市場であるヘルスケアー市場で、志賀高原の環境を活かした生活習慣改善型の中長期滞在プログラム付き宿泊商品を新たに構築し、スキー宿泊依存型ホテルから脱却を図り、通年で安定したホテル経営を目指します。
「滞在型・無人非対面型ホテル」運営による持続可能なビジネスモデルへの転換静岡駅近隣でのビジネスホテル運営に加え、新たに滞在型無人ホテルを運営。都市中心部での滞在型ニーズを喚起。コロナによる人の移動制限に対応した、新事業による安定経営の実現。
緑茶タブレットを活用したホテル業界の高付加価値化茶カテキンが豊富に含まれ、緑茶の成分を余すところなく摂取できるタブレットの製造を計画します。タブレットをホテル宿泊者に提供し、安らぎを与えるとともに抗ウイルス効果を訴求し、ホテルの高付加価値化に寄与いたします。
富士山麓のホテルとの相乗効果を生み出すグランピングへの新分野展開コロナ禍により既存のホテルは大打撃を受けている。

富士山麓に位置し豊かな自然に囲まれた敷地を活用し、3密を回避できるグランピングを展開。ホテルとの相乗効果により、この苦難に負けない宿泊施設を運営していく。

感染対策・安全に拘ったホテル事業への新規参入で売上向上建築物デザイン業から宿泊業界に参入し、乳幼児(0~6 歳)または小さなお子様連れのご家族に特化した、日本一お子様連れの家族が安心して利用できる宿「(仮)おやこホテル」を新設する。
宮古島初!国内最先端のコロナ対策に最も有効なIoTスマートホテルへの新分野展開コロナ感染拡大を受け、民間工事需要の減退により売上が減少。当社は宮古島に支店を設置し、これまで実績、信頼、人脈の構築を行ってきた。建設業で培ってきた実績と宮古島の観光業に携わる関係者から知り得た地理・環境・情報を最大限に活用し、今までに類を見ない「IoTスマートホテル」事業への新分野展開を行い、リゾート地におけるIoT活用のビジネスモデルを構築する。
ゼロエネルギーリゾートホテルの運営 ~「自分で創って」「自分で使う」未来のカタチ~「電気」と「水」を自給自足する新たなエネルギー活用の方法を、アフターコロナにおける国内旅行への回帰を想定し、リゾートホテル事業を通して広く発信をすることで、事業の再構築及び国内外への展開を目指します。
ホテルの全面改修に合わせた新事業への進出によるウィズコロナに適合した新たな事業構造の構築コロナの影響により既存の宿泊事業が打撃を受ける中、当事業ではホテルの改修に合わせて3つの新事業に進出することにより、コロナからの再起と更なる事業拡大を図る。事業実施により、売上安定化、コロナへの適応力向上、独自サービス創出による他社との差別化、既存事業との相乗効果が実現し、会社の収益性も大きく向上する。事業拡大に伴い新たな人材も採用し、地域の雇用創出に貢献する
不動産賃貸物件のホテル事業化計画コロナの影響で技能実習生が入国できず、近隣企業への賃貸が減少。築浅賃貸物件全棟をホテル仕様に変更し、「少人数からグループまで一緒に過ごせるメゾネットタイプの住居型ホテル」として宿泊事業に参入し、異業種での売り上げ開拓を目指す。
ビジネスホテルのアフターコロナに備えたリニューアルビジネス目的の国内出張客から、観光目的の国内外のシングルユース利用客やグループ利用客、長期滞在客にターゲットを変更するため、客室の改修、コインランドリー室の設置、及び、話題のシャワーヘッドの導入を行う。
京都駅南ホテル街宿泊者をサポートするテイクアウト店の開設JR京都駅八条口路地裏の居酒屋を30年営んできたが、コロナ禍で来店客が減少。ホテル宿泊者の部屋食をサポートするための京野菜と韓国料理のテイクアウト食品を販売する。
ウィズコロナ時代に合わせた新しいペットホテル事業既存のリソースを最大限に活かしつつ、ウィズコロナ、アフターコロナ時代を見据え、地域経済に貢献できような高齢のペットにも対応する新しいペットホテル事業に参入し、本補助金を活用することで継続発展可能な事業となります。
ホテルで疲れをフットバス(吹っ飛ばす)!「ラオンのほぐし」出店計画コロナ禍の観光客激減により、休業中のラオンイン祇園新橋の1階客室を改装し、リラクゼーションサロンを開業する。従来の観光客のみを対象としたビジネスから、地元住民をもターゲットとし、売上安定を図る
長期滞在に特化したホテルのオンライン予約サービスによる再構築計画コロナにより弊社売上が減少している。長期滞在に特化したオンラインのホテル予約サービスを立ち上げることで、コロナ終息後の長期滞在需要を獲得し、新たに収益を生み出す事業に再構築する。
ホテルの美味しい料理を家庭に届ける惣菜EC事業への新分野展開コロナ禍によりホテル・宴会の需要が激減する中、地域の雇用を維持・拡大するために、調理直後の鮮度や味を再現可能な最新の急速冷凍機、ECシステムを導入し、新たにホテルの美味しい惣菜のEC販売事業を新分野展開する。
都心のビジネスホテルにわんわんプレイルーム&ドッグラン開設わんわんプレイルーム&ドッグラン事業は、お客様とワンちゃんが楽しく過ごせる場を時間貸しで提供することにより、コロナ禍の影響で落ち込んだ弊社の売上回復を計ります。また、愛犬家とワンちゃんが共に、健康に幸せに暮らすための情報提供の場としても活用していきます。
インバウンド団体専用の宿泊所から旅館ホテル業への事業転換ウィズコロナ・アフターコロナで主流となりうる旅行スタイル三密回避(貸切露天風呂・個室食・部屋食)が重点の新規市場マイクロツーリズム市場・地域イノベーションに貢献する地域と連携した体験型宿泊スタイル、そして国の推進事業であるワーケーション市場へ新規参入する事業転換計画
ホテル運営の無人・省人化を実現する独自システム開発による業種転換本事業では、当社が使用している宿泊施設運用システムをベースに、新たに独自のクラウド型宿泊施設運用システムを開発する。宿泊業から情報サービス業へと新分野に展開し、これまで競合であった同業他社を新規顧客層として位置づけ当社独自の管理システムを提供することで事業再構築を図る。
カプセルホテル事業から都市型ビジネスサポート事業への新分野展開コロナ禍で3密回避が困難となったカプセルホテル事業を廃止し、当社の強みを活かした都市型ビジネスサポートを付加価値としたワーケーション・コワーキング施設への改修により新分野展開を行う。
遊休資産(土地)をペットホテル兼ドッグランとする計画一般的なペットホテルはトリミングを収益基盤としていることから、狭いケージに収容され、ペットのストレス負担が大きい。当社は新大阪駅や伊丹空港に近い場所に広い敷地を持つという強みを活かし、自由に走り回れるドッグランを併設した、“ありそうでなかった”快適なペットホテルを新たにオープンする。これによりコロナ後の旅行需要を捉え、V字回復をめざす。
Withコロナ時代にふさわしい日本文化の発信基地となる新タイプホテルの建築外国人向け民泊事業は、売上98%減少した。これまで事業で培った京都のネットワークを使い、生活の中にある文化に触れあえる新しいタイプのホテルを建設し、旅行に「歴史・文化観光」を求める日本人観光客をターゲットにV字回復を実現する。
ホテル敷地を活用した進化型BBQ場、フードデリバリーへの展開ホテル需要の減少に対して、人口や工場が多い立地を活かして敷地の一部を改装し豪華なキャンピング用品を配したBBQ場とし、安全な飲食店需要に応える。また、キッチンを2倍程度に増床しフードデリバリーの需要にも対応する。
理美容室が行うトリミングサロン・ペットホテル事業コロナ禍でペット需要が増加していることから、理美容の経験を活かし、大切な家族の一員であるペットが美しく健康で輝き続けることで、人々も未来に向かって輝き続ける社会を実現したい。
奄美大島におけるワーケーションを目的としたホテル計画新型コロナウイルスの影響により離島における観光業は大打撃を受けており、単なる旅行客だけでなくテレワークにも対応したワーケーション等の需要を取り入れることで、新たな顧客層の獲得を目指す事業。
ペットの悩みを総合的に解決する安心安全の老犬ホーム、ペットホテル、24時間Web視聴可能な保護猫カフェの開設コロナ禍で空室となった管理ビルを当社が運営する新分野事業として活用。代表者の保護犬・猫の飼育及び、譲渡のノウハウや人脈を活かす。拡大するペット関連市場で、ペットの悩みを総合的に解決する老犬ホーム、ペットホテルを運営する。また、外出自粛で増加した「おうち時間」に癒しを与える24時間Web視聴が可能な保護猫カフェも開設する
離島港町の賑わい創出〜空き家/既存店舗/店舗人材/顧客アプローチ資 産を活用したテレワーク施設併設型ビジネスホテル展開事Iターン人材が多く、中・⻑期滞在需要の高い隠岐諸島の強みを活かし、これまでは島になかった若者にとって快適な滞在を提供する新たなスタイルの宿泊施設として、「テレワーク施設併設型ビジネスホテル」を新規開設。隠岐諸島の事業者から仕事情報を収集。ワーキングホリデーや複業による二拠点居住といった新しい生活スタイルを先取りしたプランなど、新たな観光・滞在プランを提案していく。
新しい形の地方創生へ、サービスのプロが挑む非接触型ホテル密な外食の状況を改善すべく、安全で快適な地方の魅力を再発見してもらう為にマイクロツーリズムをとらえた地域密着型の非接触ホテルの開発(周防大島/宿泊施設2棟と内1棟に飲食機能併設)。
ビジネスホテルから日帰り温泉施設への転換による地域コミュニティーエリアの創出弊社運営の介護事業所隣接地に、未使用の天然温泉を利用して、日帰り温泉施設を建設。既存のビジネスホテル事業に替えて、入浴だけでなくフィットネスや個室オンラインスタジオも備えた、地域の健康増進コミュニティーエリアを創出する。
若いパパママが気楽に泊まれる託児所付きホテルへ事業転換カップル向けのラブホテルから、地域の若いパパママ世代に向けた託児所と乳幼児向けメニューもあるカフェ及びロフトもあるファミリー向けホテルを融合した、子育て世代を応援するシティホテルへの事業転換
簡易宿所から無人ホテル業への新分野展開簡易宿所から旅館・ホテル営業へ。セルフチェックイン・自動精算・客室インフォメーション機能等、デジタル技術を駆使した、無人でも独自のホスピタリティを追求した宿の実現
屋上グランピング・室内フィットネス対応のワーケーションホテルワーケーション市場拡大に向け長期滞在型ワーケーションホテルに転身。仕事のしやすい環境を整え、現在遊休のホテル屋上にグランピング施設を新設。さらに、室内でもフィットネスができるスマートミラーを導入する。
特殊急速凍結機によるホテルメイド惣菜&スイーツ販売事業特殊急速凍結機を導入し、ご家庭で楽しめるホテル品質の冷凍惣菜やスイーツを開発、販売する事業。ホテル1階の路面スペースを改装したアンテナショップ、他社の小売店舗、ネットショップでの販売を計画している
ビジネスホテルから人財シェアステーションホテルへ新型コロナによる急速なデジタル社会化に適応したテレワークスペース、ワ―ケーションスペース提供と、そこに集うデジタル人財と地方企業との交流を通じて地域イノベーションへ貢献できる事業への転換。
ホテルシェフの腕前をあらゆるシーンに~菓子・パン類その他食品の外販事業ホテルシェフの技術とホテルスタッフの経験を活かして、新たに菓子・パン類その他食品を開発し、ホテルの外にいる顧客に当社の製品を販売する。レストランを改装した販売スペース、キッチンカー、小売店への納入、その他とにかく外へと出て行ってアピールし、外販事業を新たな収益の柱としていく。
老舗ホテルが非対面高単価型ホテル建設と名産品開発Web販事業予約の取れない老舗ホテルが、インバウンド・国内客の減少による売上激減を打破する為、高付加価値・高単価で部屋数限定のホテルを建設し、富裕層向け事業を始め、名産品も開発しWeb販売する新分野展開事業
デジタル技術を活用した高齢者ITサポートホテルの展開宴会場を改造してデジタル機器を導入した高齢者ITサポート事業を展開する。高齢者の健康増進や生きがい創出につなげたIT支援サービスを行う事で超高齢化地域の課題解決に向けた高齢者コミュニティーホテルの整備事業
“ペットも旅に来た気分になれる!”ペットホテルとペット関連事業の開業ペットツーリズムが広がりを見せる中で当社が所在する大分県別府市には、観光客向けのペットホテル、お預かりサービスなどがなく、別府旅行をペットと共に楽しむことが難しい。そのため、ペットホテル、ドッグラン、ドッグカフェ&焚火バーなどを開業するだけでなく、殺処分0を目指し譲渡会なども開催する事業である。
新たにビジネスホテルを建設して宿泊業に本格参入する事業玖珠町の旧ホテル清流跡地にて新たなビジネスホテルを建設して宿泊業に本格参入する。地元からのホテル再建の強い要望に応えるとともに、新型コロナウイルス感染症対策に配慮したビジネスホテルの運営を行う。
串間市の悲願!木質バイオマスボイラーを用いた環境配慮型ホテルの新設串間市の大きな課題である「宿泊施設不足」に対し、「木質バイオマスボイラー」を用いた環境配慮型ホテルを新設。市が掲げる「串間市ゼロカーボンシティ」に「薪」でアプローチするスマートホテル新設計画。
ホテルSAUNA&STAY開業「人口減少と少子高齢化が進んだ奄美大島瀬戸内町で、自然遺産と地域資源を活用し、地元と連携して地域活性化の起爆剤となる地元資本によるリーズナブルなホテル開業」
長期滞在者にも対応した非接触型ホテルとIoT対応コインランドリーによる複合施設長期滞在者の需要が高い当地において、スマートロックシステムを活用した非接触型ホテルとIoT対応コインランドリーにより密にならずに使えるコインランドリーの複合施設事業を行う。
ビジネスホテルから子連れファミリー客が利用しやすい「ファミリーホテル」への転換これまでのビジネスホテルとして運営していた一部の客室を改修し、「ファミリーホテル」として小さい子供のいるファミリー層向けにベットや内装変更、子供向けアメニティ・おもちゃの設置等、子連れで利用しやすい客室への改装・設備投資を実施する。
アウトドアスタイルを取り入れたリゾートホテルの業態転換ホテル泊中心のリゾートホテルからアウトドアスタイルを取り入れた宿泊方式へ。客室改装やウッドデッキ設置でホテル内で楽しめるアウトドアを実現。ワーケーションも可能な滞在型リゾートに転換。
ホテルルーフトップを改修したオープンエアのテントサウナ事業ホテルルーフトップにてオープンエアのテントサウナ事業を展開し宿泊者に販売。近年熱を帯びているサウナブームの潜在的な体験ニーズに応える事業。将来的に外来客を取込み新規売上を狙うビジネスである。
沖縄・慶良間諸島で初となる高級コンドミニアムホテル宿泊事業コロナ感染症拡大による宿泊需要が大幅に縮小する中、自社の強みである高付加価値サービスと慶良間の大自然を活かし、コロナ禍で需要が増した少人数限定の宿泊事業展開による自社の発展と雇用の維持・拡大 及び沖縄・慶良間地域観光業の活性化を目指す
ジビエを処理・調理・活用するレストランホテル事業(有害鳥獣の有益利活用)①缶詰工場付き小規模宿泊施設を利用した狩猟スクールの開設

②缶詰工場の開設と缶詰製品開発

③自作缶詰体験型の調理スクールの開設

④ジビエ料理を提供するレストランの開設とジビエ食材のレストランへの提供

ビジネス客依存型ビジネスホテルから、源泉かけ流し温泉宿泊業への新分野展開コロナ感染症の蔓延による休業・時短が余儀なくされ、人の往来が厳しく制限される中、働き方も変わってテレワークやワーケーション等が登場した。大自然の中にある源泉かけ流し天然温泉でゆったりとストレスなく仕事も休暇も楽しんでもらえる宿泊施設への新分野展開を行う。
後志十景に建設~管内初のビジネス需要特化型スマートホテル事業~創業90年の観光客向け老舗旅館を経営する当社が新たにビジネス顧客をメインターゲットとするビジネスホテル事業を開始する。非接触型チェックイン設備や地域事業者との提携等、近隣の民宿や旅館には真似できない要素を取り入れる。
ホテル内スペースを活用した「復活レタス」水耕栽培&「函館レタスウニ」養殖事業と冷凍食品等の加工販売で小売業に参入●道南の昆布を食い尽くし磯焼けの原因となっている痩せたウニを、ホテル内遊休スペースで水耕栽培したレタス(命名「復活レタス」)で太らせ、「函館レタスウニ」としてブランド化します。
●「函館レタス&ウニ」は新規開設する朝市実店舗での販売の他ホテル内厨房等を活用し冷凍加工等した商品に加え、品揃えを強化したうえでホテルフロントやECサイトを活用、土産品市場とおうち食市場(小売業)に参入します。
高齢多死社会に備えた、「ご遺体ホテル」の建設東日本大震災、ウィズコロナの影響等、葬儀事情が激変している。高齢多死社会に備え、「ご遺体ホテル」を建設し、先祖を敬う気持ち、家族を想う時間を大切にし、家族の絆や愛情を次世代を担う子どもたちに繋いでいく。
ホテルの機能性と旅館の情緒性が融合した温泉旅館の新機軸「二人利用、ベッド、温泉付き客室」というホテルの機能的要素と「部屋食」という旅館の情緒的要素を融合させた新しい形の客室。小グループでの朝夕は海を眺めながらの会食、昼はリモートワークが可能な個室空間。それらは新たな人材交流拠点を目指した亀やの新機軸。
ホテル業から多目的デイユース事業への新分野進出既存事業であるビジネスホテル事業を50%まで縮小し、新たに客室をデイユース用の部屋にリニューアルし、テレワーク、研修会、会食、映画鑑賞などのプライベート利用のための新事業を展開する。
環境に優しい自動補充型ホテルアメニティーの製造・販売人材派遣業から自動補充型ホテルアメニティーの製造・販売、環境に優しいハンドソープの製造へと新たな取組みを行う。容器を紙パックに変更し環境に配慮したものづくりを、地元のホテルに販売し工数の削減や管理の簡素化へと貢献する。
ホテル客室を改装したプライベートサウナ事業コロナ禍における旅行需要の抑制によりホテル稼働率の低迷が続くなか、ホテルの一部客室をフィンランド式のプライベートサウナへ改装し、宿泊客以外にも時間貸しで提供することで宿泊ニーズとは異なる顧客層の取り込み、新たな主軸事業の確立を目指す。
新感覚LIFE STYLE提案型ホテル事業ポストコロナ・ウイズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、新しい分野であるホテル事業への進出を行うことで、会社の事業構造を大きく変化させ、既存事業と新事業との相乗効果によって更なる成長を目指す。
ビジネスホテルのアイドリングタイム活用 24時間演奏可能防音室レンタル事業立地上、音楽関係者の需要がある当ホテルのアイドリングタイムである昼間の時間をレンタルルームとして時間貸しを行い、宿泊者には予約制で24時間使用可能として提供する。音楽スタジオを併設することで他施設との差別化を図る。
『泊まれるオフィス』ホテルからオフィスへのリノベーション事業シェアオフィスにあってSOHOに無いモノ。

SOHOにあってシェアオフィスに無いモノ。

全てを備えたニューノーマルオフィス。

"朝起きて、働いて、遊んで、夜中に寝る"

全て備えた『泊まれるオフィス』。新しい生き方の提案。

地域コミュニケーションの場を創るホテルと銭湯の融合ホテルの経営を行っているが、新型コロナウイルスの影響により観光客・冠婚葬祭等の需要が大きく減少している。そのため施設を改修し、新たに銭湯事業を行い収益の獲得と既存事業とのシナジーを生む事業を行う
完全非対面 無人ホテル現在保有している自社ビル(9階建て)を改修し、「無人ホテル」事業を開始する。ターゲットは国内旅行者、ビジネス宿泊者、訪日観光客を想定している。顧客のチェックインからチェックアウトまでの全手続きをシステムにより自動化し、完全非対面にて顧客対応を行う。
自社所有の賃貸マンションの空部屋を改修して飲食型のホテル事業を実施自社物件の賃貸マンションの空室になっている12部屋を改装し、外出しなくても室内で楽しめる飲食型の宿泊を提供するホテル事業を展開。
少子化に一石を投じる滞在リゾート型産後ケアホテル施設の業種転換不動産事業及び企業主導型保育事業がコロナ禍で厳しい状況の中、10年後、20年後の事業継続を睨み、産後のサポートを得られない人のために、産後ケアホテル施設事業を行うことで、安心して子供を生める環境を整備する。
ホテル・施設を活用したパン製造販売と障害者支援事業弊社では今までビジネスビジネスホテルを運営してきました。しかしこの度の新型コロナウイルス感染症の影響により業績が悪化となり、当面の需要や売り上げ回復は厳しい見通しです。その為、今回新たに株式会社「LA・PAN」のフランチャイズ契約を締結し高級クリーミー生食パンの製造販売事業へ新分野展開を行い、既存のホテル事業での損失を補い、更にホテルでの新たなサービスとしても提供しながら内製化も図ります。
築地ビジネスホテルバンのCo-living 化による事業再構築ホテル運営事業を営む当社は貸家業に近いCo-living運営事業とのハイブリッドな経営に乗り出すことで、ホテル運営事業のハイリスクな特性よりも安定的な事業基盤を築いていくことを狙いながら、ホテル運営事業のハイリターンな特性を残すような再建を行う。
パブリッククラウドによるホテル管理システム事業の再構築日本のホテル業界・観光業界において、本事業により次世代型ホテル管理システムを開発、提供していくことでオペレーションDXを強力にサポートし、社会的課題解決と価値創造によって業界の成長に寄与する
台東区まるごとホテル化プロジェクトによる事業再構築事業台東区の各民泊施設に客室棟を分散し、台東区が1つの宿泊施設となって来訪客を迎える分散型ホテル化計画を進める。併せて集合フロントにゴーストキッチンを設置し、収益最大化を図る。
ホテルを拠点にしたマリンクラブ運営で「みんなの別荘化」事業小規模ホテルのV字回復を図るため、ホテルを拠点としたマリンクラブを立ち上げ、ホテルの「みんなの別荘化」計画を実現する。特徴として、泊食分離型のホテルにし、地域の飲食店との連携を深めていく。
ホテルからコロナ禍にも耐え得る飲食店へ事業転換コロナ禍でホテルの需要が激減したため廃業し、コロナ感染防止にも対応できるオープンテラスのある店舗で、かつ時短営業にも対応可能なテイクアウト、デリバリーも行える飲食店へ事業転換を行うこととした。
メガホテル朝食食材をオール新潟産提供!県内各地へ誘客増大事業南魚沼市での着地型誘客の受け皿となるドライブイン的な郷土料理店を営んでいるが、新潟市に本拠を移し、日本海側最大級のアパホテルのオープンに合わせ、業務提携して、朝食提供事業と最上階のラウンジを使った、ユニバーサルのダーツに関する事業を展開する。新潟産食材を提供しながら産地や生産者を紹介することで、新潟各地への送客や交流人口増大に寄与する。
地域課題解決型ホテル事業(滞在型観光サービス)への進出人口減少による住宅着工件数長期低減の中、空き家を有効活用する滞在型観光サービスのビジネスモデルを取り入れて自社ならびに地域の課題を解決する新分野に進出し、5年後の売上78百万円を目指す。
観光旅館からワーケーションホテルへ事業再構築し販路拡大する旅館設備のリノベーションによって、これまでの団体客に代わる新たな顧客層を、新たなサービス提供方法と集客方法により獲得する
施工業者利用客向けの作業服販売所の設置によるホテルの付加価値向上コロナの影響により令和2年7月から今年4月まで休館が続いた。当社の宿泊利用客の大半が現場作業員であるため、ホテル1Fに新たに作業服販売所を設けることでお客様付加価値向上につながり、新たな小売参入による新分野展開を行う。
湖を望むホテルによるおもてなしリゾートBBQ施設の提供事業新型コロナウイルス感染症の影響による、緊急事態宣言で宿泊客の落ち込みが激しい。

視点を変え日帰りのお客様の取り込みを新規事業とし、安心・安全な空間でのバーベキューを提供する。リゾート気分が味わえ、ホテル品質の料理をBBQで味わえる。

古民家風リゾートワーケーションを軸としたビジネスホテル業への進出当社が営む観光主体の宿泊業(簡易宿所)はコロナ禍による売上減で苦境に陥っている。そこで、現在、国が推進し注目されているワーケーション等のビジネスユースに対応した旅館・ホテル業への事業転換を図る。
まちと一体化した持続可能な分散型ホテル事業既存飲食施設である豪農旧家をダイニング機能として活用し、独立型宿泊棟がエリア内に点在する分散型ホテル事業を新分野展開し、ウィズコロナにおける三密回避型旅行需要と、ポストコロナにおけるインバウンドの中長期滞在型旅行需要の獲得を目指す。また地域が抱える老朽施設の撤去や歴史的建物の改修を通じた観光地の持続可能な面的再生にも寄与する。
観光ホテルの強みと相乗効果が発揮できるキャンプ場経営への進出宿泊業がコロナ禍によって厳しい中、観光ホテルを経営している強みを活かし、自然豊かな環境のなかでキャンプ場経営に進出する。グラウンドをキャンプ場として整備し、キャビン(トレーラーハウス)やバーベキュー施設を設ける。
ホテル客室清掃効率化ソフト「Dayナビ」拡販計画知識と創意工夫から、ホテル客室清掃効率化ソフト「Dayナビ」を自社開発。人手不足の解決と生産性の向上という同じ課題を抱えているホテルや同業他社へ提供することで、社会貢献していけると確信おり、「Dayナビ」を拡販する事業です。
ウィズコロナの時代が求める新たなホテル事業で、業績のV字回復と地域の賑わいを!飲食業を展開する当社が起死回生を図るべく、自社の強みを活かし、マイクロツーリズムをターゲットとしたウィズコロナ・アフターコロナに向けた地域密着ホテル事業に挑戦する計画
ホテル宿泊客から上高地の観光客を対象とした事業再構築とホテルブランド商品の開発・販売上高地の全観光客を対象としたトレッキング事業や星空鑑賞会などを開催する。また売店ではテイクアウト事業を行い、ホテルブランド商品を開発し、売店やWEBショップで販売する。
事業再編後の自社の強みを活かしてホテル宿泊市場への新分野展開事業再編後の自社の強みを活かして、今後も増加が期待できる観光客の宿泊需要や下呂市で取りこぼしているビジネスマンの宿泊需要を取り込んでいくために、24時間稼働多目的ホテル事業を新たに取り組む。同業他社との競争力を強化しつつ、思い切った事業の再構築を図っていく。
「住めるホテル」への新規参入と高付加価値サービスの提供ロイヤルウイング棟の2フロアを改装し、1フロア1戸、広さ最大450㎡の会員制の長期滞型施設(住めるホテル)をオープン。会員権保有者の未利用時の一般開放(レンタルプログラム)も行い、更なる稼働率向上を図る。
黒船ホテル ビジネス旅行市場向けワーケーション対応施設の新設事業レジャー客に特化した旅館に、新型コロナウイルス流行後のワーケーション需要を獲得すべく、ワーケーションに対応した客室及び会議室を新設し、新たにビジネス旅行市場への参入を進める。
ワーケーションに対応する長期滞在型ホテル&リゾートへの転換事業計画コロナ禍を境に一泊出張者、団体旅行が激減する中、ワーケーションを新たな成長市場として捉え、都市型ホテルの一部を長期滞在型ホテルへ、旅館型ホテル1軒を連泊・滞在型リゾートホテルへ生まれ変わらせる
複合型アウトドア施設開業によるホテル事業とのシナジー効果創出源泉のある遊休地を活用しフィンランド式サウナを中心とした複合型アウトドア施設を建設する。観光客や地元民が集う新たな人気スポットを作り、地域の発展に貢献する。
感染症にかかったペットを安心して預けられる猫専用ペットホテルの開業猫ブームで猫を飼う人が増加する中、感染症にかかってしまった猫を受け入れるペットホテルはない。緊急時等、感染症にかかっていても、安心して預けられるホテルを飼い主が求めている。このような要望に対応すべく、感染症の猫専用ペットホテル開業し、今後の売上拡大に繋げていく。
県内の生産者、ホテル・飲食店と提携 愛知肉ギフトの開発コロナウイルスの影響で、当社だけでなくお世話になっている生産者・卸売り先のホテル・飲食店の売上が下がっています。そこで新事業では、愛知県内の生産者、ホテル・飲食店と共同で愛知肉ギフトの開発に挑戦、愛知県産の肉ギフトを全国に販売していきます。
老舗ホテル旅館における「日帰りリフレッシュセンター」の立上げによる事業再構築従来の対象顧客3セグメント(国内個席(個人)、国内団体、インバウンド(中国団体))のうち2セグメント(国内個席以外)がほぼ消失する事態となっており、対象セグメントの再編が必要不可欠である。そのために今後需要が拡大することが見込まれる日帰りサービスを確立したうえで、日帰個席というセグメントを獲得していきたい。本事業は、「日帰りリフレッシュセンター」を確立をして、これまでの事業構造の再構築を図る。
愛猫を安心して預けて、旅行に行ける「ねこ専用ホテル」誕生~ここから始まる、こころに残る旅の思い出~県内には1件も無い「猫専用ホテル」併設の旅行会社として、競合他社との差別化を図り近年急拡大している”猫飼育世帯”を新規顧客のターゲットとして囲い込み、旅行商品との相乗効果で収益増を狙います。
ソロ旅やワーケーションニーズを持つ若者をメインターゲットとしたカプセルホテル事業コロナの影響で既存事業である建築工事業の売上が減少したため、その解決策として、行政や地元企業や地元住民と密接に連携し、ソロ旅やワーケーションニーズを持つ若者をメインターゲットとした省人化IoTカプセルホテル事業を新たに展開します。
元ホテル中国料理・料理長が作るお手軽テイクアウト販売テイクアウト需要がありながら対応できる店舗がない京都府宇治市(五ケ庄・木幡地区)を拠点とし事業を展開。新たな市場を開拓し、地域のニーズに対応しながら売上回復を狙う。
お手頃価格の、有名ホテル出身料理人の本格中華総菜のテイクアウト・デリバリー専門店コロナの影響による外食離れに対応するため、当社の強みである「身近で味わえる本格的な中華料理」を活かし、機会である「中食ニーズの拡大」の取り込みを図るため、共働き世帯・ファミリー世帯・外食を控える個人をターゲットとした、本格中華総菜のデリバリー・テイクアウト事業に取り組む。
自宅で楽しめる「世界一沖縄料理が豊富なホテル朝食」の製品化コロナ禍により宿泊事業が低迷する中、評価の高い「世界一沖縄料理が豊富なホテル朝食」をECにて全国に向けて販売します。そのための商品開発、設備投資、外部事業者との提携、マーケティング施策に取り組みます。
徹底的に絞り込んだホテル宿泊客に対する串カツのデリバリー事業新たな市場に展開を図る上で、当社は「徹底的に絞り込んだホテル宿泊客に対する串カツのデリバリー事業」(本事業)に取り組む。これまで、当社としては実績のない販売方法であり、課題やリスクは存在するが、当社の強みとする看板メニューの串カツデリバリーを行う。
五つ星ホテル内の高級スパ・エステに、脱毛サービスを新規導入当社の五つ星ホテル内の高級スパ・エステサロンは、新型コロナ感染症の影響で外国人客がほぼゼロとなった。高級スパ・エステサロンでの脱毛サービスという、従来あまり存在しない市場に新規参入することで、既存客の追加購買を引き出し、お客様価値最大化と併せ、新規客の開拓を狙う。
人材育成と中古品販売で旅館ホテルを応援する。疲弊する小規模・大規模旅館ホテルを対象とし、従業員の育成、幹部のスキルアップなど目的とした人材育成事業と資金不足で新たな備品調達が困難な旅館ホテルへ中古備品の販売を始めることでコロナ後の宿泊業界発展に寄与する。
既存の北海道店と鬼怒川の新店舗で温泉付きグランピングを主に日本人向けに提供するホテルの立上げ既存の簡易宿泊事業に加えて、鬼怒川沿いの新店舗と簡易宿泊事業の一つの店舗である北海道店において、それぞれの温泉を利用可能なグランピングを主に日本人向けに提供するホテルを新規開業する計画
耐震補強技術を活かした古ビル再生とワ―ケーション施設・滞在型ホテルの開発耐震基準に満たない不動産に耐震補強工事を施し、宿泊施設として開発運営し、空き家問題や地方創生といった社会課題に取り組む。技術を強みに自社主導の新たな事業を構築することで、既存事業との相乗効果、地域貢献を図る。
ビジネス客特化型ホテルの新たな空間創出による新顧客層開拓事業出張客向けに宿泊機能に特化した事業を行ってきたが、コロナにより出張数が激減、リモートワーク拡大でコロナ後も出張減少が見込まれる。新たなニーズを背景に空間を創出することで新たな顧客層を取り込む。
リソースを活用したカプセルホテルの新規事業の取組自社所有の不動産を活用した新規事業。当該不動産はテナントとして飲食店と契約し賃貸収入を得る計画であったが、コロナの影響で難しい環境下となった。本件は当該スペースを自社でカプセルホテルの運営を試みるもの。
ホテルマンが手掛ける、地域密着型 暮らしのお役立ち事業地元のお客様と繋がるための窓口として、不動産・宅配水事業に参入し、新店舗を立ち上げる。
弊社の強みである、冠婚葬祭で培った“ハイレベルな接客スキル”と“冠婚葬祭の潜在的顧客資産”を活用。新店舗を作り、住宅から、冠婚葬祭のプランニング・清掃・抗菌・保険やリフォーム・お水の手配まで、幅広く生活をお手伝い。地域密着型 岡山一優しい暮らしのお役立ち事業の立ち上げ。
地域との繋がりを深める「泊食分離・分散型ホテル」への業態転換当社は倉敷美観地区で2室の貸室(簡易宿泊所)の運営をおこなっているが、コロナ禍で非常に厳しい状況である。単なる貸室の運営から、「泊食分離・分散型ホテル」へと業態転換をおこない、地域との繋がりを深めることで付加価値を高め、事業基盤を強化する。
ホテルでテレワークができる!ビジネスパーソン専用「オフィスルーム」の新設コロナ禍時代に生まれたニーズに合致した新しい様式の客室を提供できるように再構築する。具体的には、コロナ禍で需要増加が期待できる「テレワークオフィス」に宴会場を改装する。
『ホテル内飲食店舗革新』による新たな市場・需要開拓  セントラルキッチン・非接触など新たなホテルの活用宮島口にあるホテル飲食店舗を地域の食材を活用したテイクアウト専門店に業態を変え、既存セントラルキッチン商品の販売アンテナショップとしてブランド価値を高める。また、アフターコロナを見越しITを活用した非接触のオペレーションを構築する。
犬のストレスを軽減するドッグラン付きドッグホテルの経営広い土地のドッグランと広い部屋のドッグホテルで犬のストレスを軽減し、飼い主が安心して預けられるドッグホテル
建設会社による新生活様式にマッチした「非対面式デザイナーズホテル」の開業建設会社のノウハウを活かし、「非対面式」「デザイナーズ」「映える」「広い」「リーズナブル」をキーワードとした「先進的」かつ「ハイセンス」なホテルを開業し、地元観光業と地域経済の発展に貢献する。
秋根西町book&cafeホテル事業既存事業にて不動産賃貸業・管理業、宿泊業、建設業を行っているが、今回新たにカフェ(喫茶店)、本屋(書籍小売業)、ホテル(宿泊業)を行う複合型施設(仮名称:秋根西町 book&café ホテル)を建設し事業再構築を行う。
ホテルの「泊まる」から「住む」「働く」場への転換コロナ禍により県外客や宴会・婚礼が大幅に減少しているなか、宴会場の客室への転換や既存客室の改装により新しい宿泊商品として提供することにより、地域経済活動のインフラの役割を担い、売上増加を果たす。
瀬戸内アートリゾート中心駅前でワーケーションな駅前屋上グランピングシェアホテル事業瀬戸内アートリゾートでワーケーションやホテルサブスク長期賃貸やコワーキングスペースを手軽に求める層に、駅前屋上グランピングサードプレース等の地域創生シェアホテル環境を、時間年貸幅広く仲介サイトや多拠点ワーカーサイト等から販促して提供していきます。
県内初の異業種間連携によるアパートホテル型宿泊サービス事業コロナ禍により観光関連業界が厳しい経営環境におかれている中で、
出張や旅行や宿泊への価値観の変化に対応するため、農家や加工業
者と連携し、高知県では初のアパートメント型宿泊サービスへ果敢
に挑戦する。
元ホテル総料理長のレシピによる高級生ドレッシングをECサイトで販売する新分野展開当社は、飲食店、ホテル、コンビニエンスストア等にカット野菜を供給している事業者である。新型コロナの影響により、供給先が大きく影響を受けたため、当社の売上も半減している。そこで、新たな市場として、ECを利用した直売で、ホテルの総料理長のレシピによる高級生ドレッシングの製造販売による新分野展開を目指す。
ホテルから賃貸マンション事業へ業態転換による新規顧客の獲得「暮らすように泊まる」高級レジデンシャルホテルから、立地と間取りの広さを活かした賃貸マンション事業への業態転換による新規顧客の獲得と経営の多角化
ホテルの再利用、学習センターへ再構築ホテルの再利用及びホテル業務で培ったノウハウを学習センターで転用する。多様化する就学スタイルの中、福岡エリアで学習センターを開校し、高校卒業のサポートを行い、未就学生の社会進出へのきっかけを作る。
古民家(地区150年超)を改修した古民家再生ホテル兼レストランの運営古民家を「マイクロツーリズム」「ワーケーション」に適した安全・安心・快適な施設に整備する。既存リソース(レンタカー・カーシェア事業)を活かしたサービスを提供し、事業再構築によるⅤ字回復と地域の課題解決を行う。
災害に強いホテル施設での児童発達支援・放課後等デイサービスコロナ禍により1年以上利用されていない宴会場を改装し、児童発達支援・放課後等デイサービスを開始します。近年多発している豪雨や台風等の災害発生時に安心して預けられる施設として地域社会へ貢献します。
小規模滞在型アパートホテルの建築による長期滞在型宿泊市場への挑戦申請者は、大分県別府市で宿泊業を営んでいるが、長期滞在型宿泊分野のリーディングカンパニーとなるべく事業の再構築を行う。その第一期計画として、東京都江東区に長期滞在者を対象にした小規模アパートメントホテルを建築し、新分野への展開を図る。
沖縄県内ホテルのスイートルーム専用予約サイトの構築沖縄県を拠点にインバウンド旅行客のための旅行サービス手配業とハイヤー事業を営む弊社が補助事業として沖縄県内のホテルのスイートルームに特化した国内旅行客向けのインターネット予約サイト(OTAサイト)を構築し、業種転換を行うものです。
ホテル向け清掃業から外国人対応可能な脱毛サロンへの事業転換当社は新型コロナの影響を打破するため、外国人対応が可能な脱毛サロンに業種転換する。

沖縄県中北部は外国人向けを謳うメンズ脱毛サロンがない。外国人固有のニーズを充足する

サロンづくりをし、差別化を図りたい。

リゾートホテル運営への新規参入と無人接客を可能にするシステム導入既存事業である清掃業務で稼働率の高いホテルを見極め営業してきたノウハウを活かし、ヴィラリゾートホテル事業に参入します。予約からチェックアウトまで非対面・非接触でのオペレーションを可能とした無人ホテル経営を目指します。
観光客向けリゾートコンドミニアム型ホテルからコワーキングスペース併設型ホテルへの転換(新分野展開)コロナ渦以降、稼働率維持のため価格の見直しをした際に利用者がワーケーション目的のビジネスユーザーが増加した。今後更なる長期滞在の宿泊客獲得やチェックアウト後・チェックイン前のニーズに応えるため、ホテルに隣接する別棟をコワーキングスペース(カフェ)へ改装、新分野展開をすることにより、業績のV字回復はもちろんのこと、近隣に全く存在しないリモートワーク、ワーケーションに対応する。
コロナ禍に対応する「ビジネスユース」特化型ホテルへの事業再構築新型コロナによって従来のメインターゲットであった「海外ゲスト」等が大きく減少した為、それら既存顧客層以外の利用を新たな利用客として取り込んでいける、ウィズコロナ時代に対応する新たなビジネスモデルへの事業再構築
キャビンホテル客室改装による個室サウナ市場への新規参入既存事業のホテルの客室を個室サウナ(個人専用サウナ)に改装することことで、サウナを目的とした新規宿泊客を獲得し、個室サウナ市場への新規参入を図る。
サウナとカフェでととのう経営 観光ホテルの地域密着&活性化事業①フィンランドサウナの設置と既存大浴場を利用した日帰り入浴への対応  ②自然豊かなカフェスペースの併設と地元食材を活用したメニューの提供  ③木質バイオマスボイラーの活用と環境への取り組みの継続
世界的ショコラトリーと世界自然遺産地区ホテルのコラボ&コーヒー焙煎事業現状の3つの施設運営を行う『宿泊業』に加え、同業では日本初となる、海外有名チョコレートブランドの飲食物販事業を運営する「チョコレート飲食物販事業」と外販を見据えたコーヒー豆を焙煎する「製造業」を行う。
ホテル大観荘 個人旅行市場向けの全席個室レストラン新設事業グループ・団体客及びツアー客に特化した旅館に、全席個室かつ新型コロナウイルス感染防止対策を整えたレストランを新設することで、新たに個人旅行市場への参入を進める。
西表コテージ型ホテル事業世界遺産候補という観光的ポテンシャルを持つ西表島において、不動産業の経験を活かし現地の環境(建築)規制に適合したコテージ型ホテルを建設・運営することで、現地の観光業をインスパイアする。
観光ホテルによるペット葬祭サービスの開始でペット需要取り込みと売上拡大既存のホテル事業がコロナ禍で売上激減となり、新たにペットを飼う人に対して、犬を主とした「ペット葬祭サービス」を始める。当社の接客スキルや土地、さらにグループ会社のノウハウを有効活用し、ペットブームの中で売上アップを図る。
つくば発おもてなし型ビジネスホテルから焼肉店出店への新分野展開コロナウイルスによる厳しい経営環境のなか、新分野への進出が必須の状況。市場ニーズも強く、当社の強みであるおもてなし・グループ一体経営を活かせる焼肉事業へ進出し、業績のV字回復と地元つくばの活性化を図る
つくば発!テレワークとビジネスホテル融合によるシナジー事業コロナの影響による出張者の減少から、新規顧客獲得を目指し、テレワークやレストランも使える日帰り温泉ビジネスを展開する。既存のビジネスホテルの設備や人的リソースを最大限に活用し、全社でのV時回復を図る。
那須の保養所をデザインリノベーションしたリゾートホテル事業建築工事業を営む中で新築住宅分野の縮小を図り、那須地域の空き保養所をデザインリノベーションを施し、コロナ時代の市場ニーズを取り込んだリゾートホテルを運営し、自社のV字回復と地域経済の活性化を図る。
地域密着型ハイブリッドホテルの構築単なる宿泊業だけではなく、リモート社会のニューノーマルと言う新しい習慣に対応したレンタルオフィス、レンタルスペース、レンタルスタジオ、テイクアウト弁当販売も可能な全国に類を見ない地方都市における新しいハイブリッドホテルのブランド化を目指す。
塩原初のウエルネス対応,非接触・長期滞在型高級リゾート温泉ホテル不動産売買業はフローのビジネスであり今後の競争激化や市場環境の変化のため事業環境が不透明である。宿泊業への業種転換によりストックのビジネスへ参入しより長期的、安定的な経営を行えるようにしたい。
カプセルホテルDX化による睡眠データセンシングおよび睡眠診断事業カプセルホテルに宿泊されたお客様の睡眠状況をカプセル内でデータセンシングし、睡眠の質や無呼吸症候群の“気配”を簡易診断するサービスを提供する。そのサービスを通して、中高年層やビジネスマンなど睡眠に不安を感じている方々の健康に寄与することを目的とする。
小豆島の宿泊施設「オリビアン小豆島」を取得したホテル運営事業へ進出東京都港区での不動産事業の将来性が不透明であり、不動産開発のノウハウを活かしてホテル運営事業へ参入し、そのホテル運営事業を当社の新たな成長エンジンとする。
宴会部門向けシステム提供事業を新たに開始(ホテル等の省人化ニーズに対応)コロナにより経営危機に瀕している宴会場運営施設(ホテル・式場・レストラン等)に対して、業務効率化・コスト削減・売上アップが可能な予約台帳システム・営業支援システムを提供する。
ペットホテル事業向けペット見守りシステムの開発弊社のAIクラウド技術を活かして、AIが遠隔地からペットを見守るシステムを開発します。飼い主がペットホテルにAI見守りを依頼すると、ペットホテルのスタッフやシッターはAIが知らせたときに様子を見てコミュニケーションがとれるようにします。  ポストコロナ期は、飼い主がペットを預けて、いつでも安心して旅行や外食を楽しめるようになり、ペットホテル側は見守りサービス事業を拡大することができます。
平時の脱炭素化と災害時の安心を実現する持続可能なトレーラーホテルの開発・運営事業。【課題】  コロナ禍で既存事業の売上が激減し、新たな収益源が必要    【解決策】  平時の脱炭素化と災害時の安心を実現する持続可能なトレーラー型宿泊施設の開発・運営事業の実施    【効果】  三密回避・リモートワーク・体験型消費等の新たな需要に応えられ、非常時も避難所や応急施設として利用可能
浅草橋ビジネスホテルのCo-living化による事業再構築現況ビジネスホテルとしてホテル運営事業を行っている物件を利用し、内装等の主要設備を改装することで、Co-livingというホテルと住宅のハイブリッド形のより住宅に近い事業へと転換することでミドルリスクミドルリターンな事業を長期的に営むこととする。
IoTプラットフォームによるホテル管理システムの構築今までのホテルは、広大な用地と莫大な建築資金を前提としていた。  IoTを活用したホテル管理システムがあれば、スマートホテル化が可能となり、どの地域との連携も実現できる。
全国初、完全バリアフリー型貸切風呂のあるビジネスホテルコロナ禍において、需要の落ちた宴会場・会議室を全室バリアフリー型貸切風呂として改装し、新たな商品・サービスとして展開することとした。この事業は全国初であり、身体障がい者をはじめ今後益々増える高齢者が快適で安心して利用できる施設となる。当然健常者は益々安全に利用できる。
再生医療関連施設によるホテル事業再構築計画当ホテル内の一部を再生医療関連施設にコンバージョンし、ホテル業に再生医療施設賃貸業を付加致します。またメディカルツーリズムに対応可能な施設とすることでホテル機能との相乗効果が生まれる計画となります。
ビジネスホテルから地域協働型リゾート転換に向けた事業計画書単身・1泊ニーズ向けビジネスホテルスタイルから、市場トレンドに応える体験型連泊ホテルを、IT化×短期投資回収型施設×地域協働型シェアリングサービスといった組み合わせの新しい事業モデルで実現させる
志賀高原の自然と絶景ホテルで提供する「心の癒し」サービス事業宿泊業は新型コロナウイルスの影響等で利用客数が減少、新サービスを展開し付加価値向上を図る計画。当社の重要な経営資源であるホテル施設と雄大な自然環境を生かした「メンタルヘルスア」のサービスを提供する。
新提案!ホテルでキャンプ「ホテキャン」構想で新分野展開団体客に依存した宿泊業経営は、コロナ禍で大幅な集客減少に陥っている。グランピング事業進出により、ウイズコロナ、ポストコロナに対応するとともに、グランピングとコンドミニアムを融合させた独創的な設備を構築し、個人客を主体とした新たな市場を開拓する。
旅館・ホテル業に貢献する革新的な熱回収設備の研究・販売計画主要取引先の伊豆エリア旅館・ホテル業が大打撃を受け、当社収益性は悪化している。この度、旅館・ホテル業向けに革新的な熱回収設備を開発し、再生可能エネルギーの活用とコストダウン及び脱炭素社会への貢献を目指す。
ホテルの遊休スペースを活用したクラウドキッチン、ガーデンテラスの貸出事業遊休となっているホテル内のスペースを改築し、宿泊客以外の顧客をターゲットにクラウドキッチン、レンタルキッチン、ガーデンテラスとして貸し出す。レンタル事業のため人件費等の経費の増加はなく、採算性の高い事業である。
ホテルが行うカフェの強化事業と非接触な自動精算機の導入新型コロナにより宿泊需要が減少した。宿泊客以外の顧客を獲得し売上を確保するため、カフェを強化するための新事業で行う。また、省力化のために自動精算機を導入する。効果は売上向上と人員配置の適正化による生産性向上である。
非宿泊需要を取り込む、ビジネスホテルから健康増進複合施設への転換ウィズコロナ時代における成長戦略として、宿泊利用者のみに依存していた従来型のホテル業態から脱却し、複合ヘルスケア施設としての新たな事業ドメインを創出することとした。これにより、市外からの宿泊顧客に依存せず、近隣の潜在顧客のデイユースニーズを獲得するとともに、調理方式の高度化により飲食サービスへの進出を図る計画である。
電子タグを利用したホテルリネンの次世代サービスによる新規ホテルの獲得コロナ禍において、当社売上の半分を占める既存ホテルの売上が低迷している。その売上回復を待つのではなく、新規に開業されるホテルをターゲットとし、リネンに電子タグを取り付け、新しいサービスをクラウド環境で素早く立ち上げることで売上回復を図る。
既存ホテルでの最新eスポーツ機器導入とコワーキングスペース事業これまでのホテル事業と異なるターゲットへコワーキングスペースとeスポーツ機器導入をしたスポーツジムを併設し、テレワーク利用者、フリーランスの方々にこれまでにない新しい価値を提供していく、未来型ホテル事業を行います。
地元に役立つ、地域連携型ホテル「西明石だんらんホテル」の経営土木建設業が競争激化とコロナ禍により将来性が不安定になっている。従業員の雇用確保と地域経済への寄与を目的に、新規事業として取得済の不動産を地域との連携を図る他のホテルにない付加価値と差別化要因を持つホテルとして経営する。
ビジネスホテルによる受験サポート長期宿泊サービスの展開新型コロナ禍による空室の有効活用が課題です。空室の有効活用を図るため、ホテル4階客室(33室)を大学受験生を対象とした長期宿泊サービスを開始します。新型コロナに影響されにくい売り上げの確保が図れます。
老舗ビジネスホテルが生まれ変わる!クリエイティブホテル事業老舗ビジネスホテルの対面式フロント業務サービスを廃止し、セルフチェックイン・省人化します。また、新たなサービス「クリエイティブコワーキングスペース新事業」を展開し、生まれ変わります!
デイユースとテレワーク需要の獲得に向けたホテル経営の変革コロナ禍による宿泊者数の減少に対応するために、現在の宿泊施設を活用して、デイユースとテレワーク需要の新市場獲得に向けた客室・設備の改装を行うことにより、客室稼働率の向上を図り、事業再構築を目指す。
日本海と大山に囲まれた大自然の中で心を癒す貸切リゾートホテル事業の開始コロナ禍の影響を受け飲食店の来店客数は大幅に減少し、事業再構築の必要性に迫られている。日本海と大山の大自然に囲まれた好立地を活かして貸切リゾートホテル事業を新たに展開することで、商圏を拡大し、飲食事業とのシナジー発揮を図る。
未来に残したい下津井の文化遺産を高級古民家ホテルへ変貌させるプロジェクト近年、古民家を活用した、カフェ、レストラン、旅館といった業態が増えている。本事業は、下津井地区の文化的価値の高い古民家を高級ホテルへと変貌させ、日帰り客しかいなかった街の滞在時間を伸ばすことで地域経済へ貢献する。また下津井地区初の古民家ホテルとして当ホテルだけではなく倉敷市、まちづくり団体と共同プロジェクトとして推進していく。
観光リゾートホテルの居住型施設への転換による生きるを愉しむ新たな余暇のライフスタイルの提供名勝鞆の浦に立地しオーシャンビューを有する観光リゾートホテルを長期滞在の居住型施設へ転換を行い、高齢化が進む我が国で「生きる」を愉しむ、食・住を含む新たな余暇の生活文化をライフスタイルとして提供する。
宿泊・宴会・レストランメインの宿泊ホテルから免疫力向上ホテルへの変革事業健康志向が浸透したポストコロナ時代に対応したこれからのホテルの在り方として、ホテルを訪れることで免疫力の向上を可能にし、健康面の課題を解決する免疫力向上ホテルへと事業再構築を行う。
従来型総合型ホテル「新山口ターミナルホテル」を無人ホテル運営に変更する事業老朽化したホテルを「無人ホテル」として再生、「低価格」「非接触」をテーマに新型客室を増設し「長期宿泊」「若者グループ」「ワーケーション」へも対応、山口市産業交流拠点施設と相乗効果で地元経済に寄与する。
ホテルが高齢者・学生を対象に安心・安全なeスポーツ施設を展開コロナで大打撃を受けたホテルが個室を持つ強みを活かしてeスポーツ業界に参入。対象は高齢者・障害者・学生。施設使用料で稼ぐビジネスモデルで事業を再構築。ホテルの機能を維持することは地域貢献にもつながる。
廃ホテル跡地利用によるオートキャンプ事業への参入小豆島の問題となっている廃ホテル跡地を利用して、小豆島において今後課題である観光客の集客及び宿泊施設減少を補うため、立地条件及びアクセスの良さを活かした他にないオートキャンプ場を設立し、地域発展に寄与します。
ビジネスホテル施設を活用した非対面式テレワークオフィス事業新たな需要獲得の為に既存設備を活かした「テレワークオフィス事業」に取り組んでいく。又ビジネス利用者はコロナ対策に敏感になっていることから、「非対面・非接触」でセルフチェックインが可能となるフロントシステムを構築する。
ホテル内飲食事業から、水産物を使用した飲食店事業を行います。現状のホテル内飲食店事業から、代表者が水産物の生産者(漁師)を活かした【勿体ない水産物】を加工、調理した【勿体ないフィッシュバーガー】店舗と併設して水産物の加工、保管が出来るか工場を構築する。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では「ホテル」事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

詳細は下記のページから

関連記事