UA-33885026-2
事業再構築補助金

「グループホーム」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「グループホーム」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「グループホーム」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「グループホーム」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

たとえば、「高齢化問題」という言葉をテレビやインターネット等で見聞きされた方は少なくないと思います。

しかし、実際にはどうような事が問題であり、その問題に対する解決策はあるのか。そこまで踏み込んで考える機会はあまりないのではないでしょうか。

今回の事業再構築補助金で採択された「グループホーム」事業には様々な種類がありました。

これから、「グループホーム」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
障がい者が安心して暮らせる未来へ!社内ノウハウを活用したグループホームの開設知的・精神障がい者を対象にした就労支援や放課後等デイサービスのノウハウを生かしグループホーム事業に参入。利用者さんの親世代は高齢化が進んでおり、残された子だもたちが生まれ育った地域で安心して快適に生活するために必要不可欠な事業である。
障害者グループホームの開設並びに保険請求代行事業(柔道整復師)の立ち上げ現在は整骨院3つ、デイサービス事業所を1つ行っているが、需要が増加している障がい者グループホーム事業所の新規開設と、保険(レセプト)請求代行事業を開始し、新分野展開で経営の安定化を図る。
精神障害者向けグループホーム運営事業への参入当社は足場建設を専門に行う建設業者であるが、コロナ禍の影響もあり建設業界の取り巻く環境は厳しさが増している。需要が高まっている「精神障害者向きグループホーム」の運営に参入し、事業再構築を図るとともに地域社会への貢献を果たしていく。
障がい者福祉の社会貢献へ向けたグループホーム事業の新規参入熊谷市内に10拠点の障がい者福祉事業である障がい者グループホームの設立・運営を展開していきます。空き家を生かし、リノベーションして快適空間を提供する施設を作っていきたいと考えております。
地域共存型の障がい者グループホーム事業への業種転換幼児教育事業から障がい者グループホーム事業への業種転換である。コロナ環境下に対面で行う教室では売り上げが低迷。教室の障がい児の保護者からの強い要望があり思い切った事業転換を実施する。
障がい者グループホームによる事業再構築新型コロナの影響で相談件数の減少、官公署の分散出勤等による手続きの遅れによる納期の長期化による測量事務所の売上減少を新型コロナの影響が少ない福祉事業である障害者グループホームにより事業再構築を図る。
アニマルセラピーを取り入れた障がい者グループホーム事業弊社は社会福祉法人のデジタル化を担ってきたがコロナ禍で営業自粛となり大幅な減収となった。新規事業は社会福祉法人との繋がりを活かし、施設での業務改善の経験も活かすことが可能で弊社の強みを活かす事業である
完全個室型グループホーム事業による児童施設退去者への支援現在運営している児童養護施設の利用者が軽度の知的障がいを有しているために退去後に社会に馴染めずにいる現状を受けて、新たに軽度の障がい者向けグループホームを開業し追加的なサービスを提供する。またコロナ禍でも利用しやすいよう完全個室型のグループホームとする。
障害者グループホームによる事業再構築新型コロナの影響で大規模イベントの中止などが相次ぎ、2020年4月以降イベントの電気工事が9割減少し、売上が減っているため新型コロナの影響が少ない福祉事業である障害者グループホームにより事業再構築を図る。
整体施術サービス付き障がい者グループホーム事業への転換整骨院の経営を手掛けてきた当社では、新型コロナ感染症拡大の影響で売上が大きく低迷しているため、新たに障がい者グループホーム事業を開始する。整骨院からの出張サービスで入居者の健康増進と満足度向上を図る。
住居から就労まで支援する千葉初の障がい者グループホーム・就労移行支援事業本業の人材派遣業の経営環境が悪化し、コロナ禍で当面回復が見込めまれない。こうした中で、国の重要課題であり成長性が高い、障がい者の自立のための住居、障がい者グループホーム・就労移行支援事業に参入する
ウイズコロナ対応「障がい者グループホーム(共同生活援助)」事業本事業では、グループホーム事業「わおん」に加盟する。株式会社アニスピホールディングスが展開する「人の福祉とペットの福祉に必要とされるトータルサポートを」の理念にのっとり障がい者福祉事業で収益化をはかり、社会課題解決に貢献していく。
障がい者グループホーム運営を通じた地域貢献による事業再構築自社保有物件を活用して障がい者グループホームを開始。工事や設備、販路開拓、人材採用・育成等の課題を解決し、地域のニーズが高い障がい者のためのグループホームを運営することで地域に貢献しつつ、事業再構築を図る。
需要が増加しているグループホーム運営の社会福祉事業への業種転換当社はシェアハウスと賃貸物件を計4棟運営する。入居者は学生や外国人が多くコロナの影響で経済的理由から退去し、当社売上が激減。近年需要が増加しているグループホーム運営の社会福祉事業へ業種転換し、再建を図る。
不動産賃貸業から障害者グループホーム事業への大胆な業種転換当社が管理する神奈川県綾瀬市のマンションの1階を改修し、障害者向けのグループホーム(共同生活援助施設)として再生する。共同生活を営む住居で相談・入浴・排泄、その他の日常生活の援助を行う施設を運営する事業である。
グループホームの紹介サイト運営事業ポータルサイトへの物件掲載料及び企業広告・PR掲載料で収益を確保します。介護認定や障がい者区分が低い方を対象とした施設であれば、シニア向けのシェアハウスノウハウ・知識を活かすことに加え、物件の詳細が市区町村の福祉情報にアクセスすることで取得できるからです。
日本初!パラアスリートに向けたメンテナンス付き障がい者グループホーム日本における障がい者グループホーム不足、パラアスリートに対して特化した治療院不足と高単価施術費、という社会課題を同時解決できる唯一のメンテナンス付きグループホーム。行政、入居者、ご家族と連携を取りながら、地域社会にも貢献していく計画である。
不動産賃貸業から若年層に特化したグループホームへの転換現在、地域では若年層の障がい者を対象としたグループホームが不足しています。そのため、弊社では既存施設にはない自立支援をサポートする他にも個人の生活空間を保つことができる新たなグループホームを運営します。
飲食事業の強みを生かした就労付き障がい者グループホームの展開接客に優れたホールスタッフとおいしい食事提供を売りとした「障がい者グループホーム」を展開、セントラルキッチンも整備することで、グループホーム利用者の就労の場とするとともに、飲食事業も外注比率を下げ、相乗効果を発揮する。
生の喜びを提供する障がい者向け自然共生グループホーム事業展開弊社は岐阜県において障がい者就労継続支援を実施する就労支援事業者です。今回新たに障がい者向けグループホームを建造し、障がい者の就労と暮らしを両面からサポートし生きる事の喜びを提供する複合障がい者支援事業へ業態転換する事で、事業収入の確保を図るとともに、地域の障がい者支援の体制整備に貢献を図ります。
認知症グループホームの事業承継と訪問介護による事業再構築当社は地域密着型サービスを営んでいるが、コロナ禍において売上が落ち込む介護業界において、地域と事業間の戦略的連携が必要不可欠である。認知症グループホームの事業承継と訪問介護による事業再構築を実現する。
グループホームと整骨院での就労支援を組み合わせた障碍者福祉事業への転換コロナ禍で整骨院の売上が減少していることに加え、単一事業で経営リスクが大きい。補助事業では障碍者福祉事業会社への転換を図り、グループホーム運営と就労継続支援へ挑戦し、売上のV字回復と経営リスクの分散を図る。
精神障碍者向け保護動物共生型グループホーム事業精神障碍者や親と同居不可能な子供などの生活に困窮する人が少人数で支援を受けながら一般住宅で愛護動物と一緒に生活をするペット共生型グループホームを運営する。愛護センターからの引き取り動物の世話、愛護活動をしながら入居者の方々の生活の質を向上させる。精神障碍者グループホーム、空き家問題、ペットの殺処分問題の解決を目的とした地域社会に貢献する。
障がい者の社会進出を支援するグループホーム事業への進出障がいと一口に言っても内容は様々で、実は就労能力がある人も多い。しかし実際は、週30時間以上の労働ができず、社会参加が阻まれている。そうした方を対象としたグループホームを名古屋市内のアクセスの良い立地に設立し、自立した生活が送れる拠点を新設する。入居者には、当社をはじめ、障がい者雇用に積極的な企業への就労機会を提供し、既存のグループホームとは差別化を図る。
コロナ対応の障害者グループホームとデリバリー併用型飲食店運営コロナ禍で大打撃を受けたキャバレー事業から、スタッフの有する介護・福祉事業や飲食店での長年の勤務経験、自社所有地を活かして新たに障害者グループホーム及びデリバリー対応型飲食店の分野に進出します。
地域密着リホーム工事業者が営むアットホームな障がい者グループホームの運営入居場所がなく困っている障害者を受け入れ、一日でも早く一人で生活できるようにサポートする。入居施設は、民間住宅を借用し、改修して食事を提供し毎日を生き生きと生活できる施設を提供するもの。
ICT導入による見守り支援!人とつながる『障がい者グループホーム』コロナ後も見据えた地域社会との共生。 利用者のプライベートな空間を確保しながらICT導入による、いつでも・個別に・手軽に・非対面で相談できる体制を構築。 近隣には類を見ない『障がい者グループホーム』を開設。
居酒屋から障がい者の自立を支援するグループホーム運営事業に転換軽中度の障がい者の共同生活を支援する『障がい者向け支援付きシェアハウス』である。

管理者または世話人が在住し、障がいを持つ入居者に対して、食事や薬、お金の管理などのサービスを通じ、共同生活における自立をサポートする。

コンパニオン派遣事業から障がい者グループホーム、福祉事業への事業転換関連会社が所有するシェアハウス2棟を活用し「障がい者向けグループホーム」の運営を行う。これまで通常の暮らしを行うことが困難と思われてきた方たちの幸せな暮らしの実現、また少しでもご家族の持つ悩みの解消につながればという思いから本事業に取り組む。
日中サービス支援サテライト型グループホームの開発京都市内初の日中サービス支援を可能とするサテライト型グループホームを開発する。運動による健康管理や施設のスマートハウス化することで、24時間体制で障がい者を支援することを可能とする。
障碍者向けグループホーム設立・農業6次産業化(加工・販売・飲食)による農福連携事業への挑戦株式会社ウェルアグリと株式会社アグリイベリスは、それぞれの既存事業である障碍者向け就労支援サービスと農産物の生産と農業経営指導で培った強みを活かし、2社で密接に連携しながら、障碍者向グループホーム運営事業と農産物の加工/販売施設・飲食店舗運営事業による新分野展開を図り、加工設備・飲食店舗での障碍者就労や、グループホームでの農産物生産等を通じて、農福連携による事業拡大並びに地域の活性化に挑戦する。
中古車販売事業から障碍者向けグループホーム運営及び就労支援事業への新分野展開既存事業である中古車販売事業は、コロナ禍の影響により経営状況が急激に悪化しました。そこで既存事業とのシナジー効果と強みを最大限に活かした障碍者雇用支援とグループホーム運営事業を実施し、経営の立て直しをはかります。
自然環境・施設に恵まれた非接触対応障がい者グループホーム開設デジタル機器を駆使したコロナ対応非接触型の軽度精神障がい者用グループホームを開設し、地域福祉に貢献。大浴場、こだわりの寝具、無添加無農薬食事、恵まれた自然環境で障がい者の自立支援を目指し他施設より圧倒的優位
社会のニーズに応える生活介護・グループホーム事業の立ち上げ既存の福祉サービスで対応できていなかった18歳以上向け通所型支援、親なきあとも自立した生活を送れるよう支援を行う生活介護・グループホーム事業を立ち上げる。社会や利用者のニーズに応え『関わる全ての人を笑顔にし、地域社会に貢献する』という企業理念を達成する。
飲食×福祉の新分野展開 グループホーム事業への参入スペインバルを営む飲食店が、強みの人的ネットワークや遊休資産を活用し、18歳以上の障がい者を対象とするグループホーム事業に参入し、アフターコロナの世界で地域への貢献と自社売上のV字回復を実現する
在宅就労支援を考慮した障害者グループホーム施設運営事業本事業は、新たな増収を生むだけではなく、当社の障害者支援の強みを活かせ、且つ当社の弱みを抑えることが出来る。事業の成果は、コロナ禍でも安定した売上を計上し、導入地域の障害者グループホーム不足の解決と、障害者のニーズを満たす役割を果たします。
介護サービス事業から障害者福祉事業(グループホーム)への業種転換新型コロナウィルス感染症の拡大によって、対面を前提とする介護サービス事業の売上は大きく落ち込んだ。この状況を克服し、社会的に必要とされ事業的にも安定が図れる障害者福祉事業(グループホーム)に進出をする。介護サービスで得たノウハウを活かしてより優れた生活環境を提供する。
障がい者の『住まい』に目を向けたグループホーム事業への参入既存事業である建設業の景気に左右される弱みを克服するため、これまでの福祉施設建設経験及び既存人材を生かし、新たに日中サービス支援型障がい者グループホームの運営を行い、ストック収入を得られる事業体制に再構築する。
障害者福祉ニーズに対応した社会的課題解決のためにグループホーム事業への参入コロナ禍によりアクアリウム事業の需要が増加するも無店舗販売等の新規参入も増加し収益性が低下している。一方、地域において障害者福祉施設需要の高まりを受け、新たに精神障害者向けグループホーム事業に参入し、障害者福祉ニーズ獲得を図るとともに社会的課題解決に貢献する。
「80-50」問題解決の一助となる障害者グループホームの開設障害者グループホームを開設し、同時に看護を必要とする障害者も入居できるように訪問看護事業も開始して、障害者の介護者が高齢化するいわゆる「80-50」問題の解決に貢献することで、弊社の事業再構築を図る。
入居者プライバシーとコロナ時代に対応したワンルーム型障害者グループホーム補助事業はA型事業所を主業としながら、新たに入居者のプライバシーとコロナ時代に対応したワンルーム型障害者グループホームを展開する。就労継続支援と障害者グループホームを一体化することにより、障害者の方にとっても当社にとっても、より大きなメリットを享受することができる。
とくしま沖洲の心地よい環境を活かした、健やかに成長できるグループホーム徳島市では初の「障害者向けグループホーム&児童デイサービスの一体型施設」を開設し、新たな収益基盤を構築する。既存事業で培ってきた介護・障害福祉サービスの経験やノウハウを活かし、コロナ禍でも安心安全の福祉施設運営を実現することで、障害者の自立訓練・居場所づくりに貢献する。
整骨院の強みを活かした障害者グループホーム事業展開個人事業として整骨院を経営してましたがコロナ禍により売上が激減しました。新たな収益の柱として、以前から地域で渇望されていた障害者グループホーム事業を開始し、売上回復・地域課題解決・雇用創出に繋げます。
障がい者向けグループホームの新規運営障害のある方に対して主として夜間において共同生活を営む住居で相談や、その他の日常生活上の援助を行う障がい福祉サービス
重度障がい者向けグループホーム事業への新分野展開接骨院事業を主要事業としてきた当社が「障がい者グループホーム」事業への新分野展開を行う。柔道整復師をはじめとする有資格者を強みとして、他社との差別化を図り、早期に収益化を実現する。
診療所付きグループホーム建設に伴う地域共生社会の実現精神に障がいを抱えた方々に対し専門性に特化し、なおかつ福祉サービスにも対応するできる精神科医及びケースワーカーが常駐した近隣地域にはないこれからの時代に必要な地域共生型の施設を目指す。
障害者グループホームへの入居を支援する事業の展開障害者グループホームの入居希望者が施設概要等を検索できるシステムを作り、障害者グループホームの入居者募集をサポートする。障害者グループホーム運営者より、入居者募集情報を入手し空室検索システムを構築する。
障害者のグループホーム事業計画新たな市場に展開を図るうえで、障害者へのグループホームの運営を始める。

当社としては実績のない事業ではありますが、今までの障害者への居宅介護をしてきた実績と信用もありその強みを生かし、グループホームの入居者へのサービス、入居者の獲得は他社よりも秀でていると考えられる。

今までの障害者へのかかわりの経験から、外部参入のグループホームでは受け入れられない入居者も受け入れることが強みにもなっていく。

ペット共生型の障がい者向けグループホームの運営障がい者向けにグループホームを提供し、日常的な支援、介護を行い自立へとサポートする。昨今懸念されている、障がい者の増加に伴う障がい者の住まい不足にこたえる事業であり、SDGsへの取り組みも視野に入れている。またペット共生型とすることで、多くの犬猫殺処分の対策にも貢献できるビジネスである。
障がい者さんの自立・社会活動を助けていく!管理人常駐型グループホーム事業本事業では、地域の障がい者さんの自立・社会活動を助けていく管理人常駐型グループホーム事業(3棟の工事)を行います。従来の生活をサポートするだけの事業ではなく、社会進出までを総合支援することで、地域に貢献する所存です。
障碍者グループホーム事業弊社の介護事業で培ったサービス力・管理力・ノウハウ等を活かし、パーソナル健康管理システムを導入し、かつ従来事業の介護事業との共生ケアにて差別化をした障碍者グループホームの運営
身障者向けグループホームの起ち上げで地域貢献と安定経営を実現グループホームを実際に展開・運営している当社の重要取引先のノウハウ供与を受け、東京・大阪を中心に身障者向けグループホームを開設・運営し、安定収益を得るビジネスを展開します。
障がい者グループホーム×整体院機能による地域社会貢献ビジネス埼玉県加須市にてこれまで培ってきた整体院の知識や技術を付加価値として提供するグループホームを展開する。DX技術の活用により情報はすべてクラウド管理、レセプト請求も専用のITシステムを導入する。
ICTを活用しターミナルケアでの強みを生かしたグループホーム向け訪問看護事業既存の生け花教室事業から、ターミナルケア(終末医療)の強みを生かして、ウィズコロナの時代に即したICTを活用したグループホームとの企業契約に特化した訪問看護事業を行うことで地域医療に貢献する。
障がい者グループホームプロジェクト~ペット共生付ホーム建設~コロナ禍での運送売上の激減を打開すべく、保育園事業の経験を活かし、障がい者対象のグループホームを設立し、地域共生への参加とペットとの共生もできる新しいサービスを提供
コアコンピタンスを活かし民泊管理会社からグループホーム会社へ民泊運営会社はインバウンド比率が高い。
需要回復を座して待たず「空き家開拓ノウハウ」である
コアコンピタンスを活かしグループホーム事業を行い障害者の社会進出、
地域の雇用創出、地域のイノベーションに貢献する
IT業務を活かした、地域のための障害者グループホーム運営事業地域社会と共に障害者グループホーム運営事業を展開。既存の情報サービス業と連携することでITでの就労の機会も提供し、新規性のあるビジネスモデルを構築。会社全体の競争力強化を図りながら社会課題の解決に取り組む。
コロナ禍で増える精神疾患者に対応したニューノーマルな園芸療法型グループホーム新型コロナウイルス感染症による精神疾患を患う障がい者数の増加に対応し、園芸療法による共同生活の中で自然とのかかわり合いを通し、心の健康と回復を図る、地域共生型の障がい者グループホーム事業を開業する。
地域の重度身体障がい者の自立支援型グループホーム事業の展開「重度身体障がい者の自立支援型グループホーム」と「身体障がい者の移動支援」という対象者待望のサービスを展開し既存事業の強みを活かし高い需要に応える社会的課題解決により収益向上を実現する革新的事業。
賃貸・管理受託実績を活かす障害者グループホーム運営で地域貢献障害者グループホームの慢性的な供給不足解消と、グループホーム賃貸事業15年の実績に基づく入居者潜在ニーズ解決につながる障害者グループホームを、運営主体となりコロナ禍で落ち込むホテル事業の経営安定を図る
障害者を支援するグループホーム・就労支援事業への新分野展開障がい者の共同生活を支援する「障がい者向け支援付きシェアハウス」であるグループホームを4棟(定員22名)を開設運営すると共に、障がい者就労支援事業所(B型)を開設運営する。
認知症老人グループホーム運営経験を活かした障害者グループホーム新分野展開国の目指す福祉政策の方向性として、障害者施設入居者の地域生活への移行があります。「グ

ループホーム」はその移行先としての中核的な位置づけになっています。当社としては障がいを

持った方たちが地域で長く、幸せに生きていくために持ち前のホスピタリティが役に立つと考え障害者グループホーム事業への参入を決意しました。

「障害者」の方を対象にした、グループホームの開設コロナの影響により、当社の提供する訪問看護のサービスが「施設訪問型」の為、施設の休業等の理由で受けられない人が増えた。そのため、「居住型」にすることで、必要な人にサービスを届けられるようにする。
「善く生きるための生活支援」障がい者グループホームの運営事業日本の社会で現在圧倒的に不足している「障がい者グループホーム事業」を新たに展開し、今地域社会に必要とされている新しいコミュニティづくりに挑戦します。そして福祉事業を介しての地域貢献「まちづくり」を目指します。
障害者専門の日中サービス支援型グループホームの運営「ICT活用による見守りシステムを導入した市街地型日中サービス支援型グループホームの運営」に取り組むこととする。15部屋(うち3部屋ショートステイ用)のグループホームを建設し、障害支援区分が重度な障害者に対して24時間対応で日常生活を支援していく。

ICTを活用した見守りシステムの導入により、入居者のプライバシーを守りながら家族がいつでも入居者の様子を確認しコミュニケーションできる施設。

名古屋市内の住宅地で安心して暮らせる障がい者グループホーム事業名古屋市内の利便性が高く、落ち着いた住宅地で、入居者の障がいの程度および希望するライフスタイルに合わせて安心安全なサポートを行う障がい者グループホーム事業
障がい者向けグループホーム名古屋市内で知的障がい者および精神障がい者の方に、安心・安全・快適な生活をお届けするグループホーム。全室バス・トイレ付きの個室を用意し、プライバシーを確保しつつ、ICT技術で安全を守ります。
感染症対策をした重度障がい者グループホームへの新分野展開!感染症対策としてワンフロア少人数の障がい者グループホームを計画。

地域の障がい者に安心安全で24時間対応可能な共同生活支援の場を提供しコロナ禍で減少した売上を再構築する!

空き家を利用して障がい者グループホーム開設、運営「住居兼ピアノ教室」に賃貸している自社所有の「戸建て建物」が、新型コロナウイルス感染症の長期化により5月末で解約明け渡され空き家となるので、建物を改修、設備して新型コロナウイルス対策に配慮した「障がい者グループホーム」に転用し、障がい者の「安心・自立を目指すグループホーム」をコンセプトとし自社で運営する。
とぎれのない障害者支援に向けた共同生活援助施設(グループホーム)開設事業計画障害者が増加してきている大阪府堺市において、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて困難な状況に陥っている障害者のための地域密着型の共同生活援助施設(グループホーム)を新たに開設し、社会貢献に寄与する。
既存事業継続のための重度・高齢者向けグループホーム市場への進出計画当事業では既存事業である共同生活援助、就労継続支援B型の強みを発揮し、障害区分の高い障がい者をターゲットとした重度障害向けグループホーム事業への進出を通じて、既存事業とのシナジー効果を活かした新分野進出の事業化を目指します。
新しいスタイルの障害者グループホーム開設による新分野展開新分野展開として、既存の経営資源である人材を活用し、新たな独自サービス開発を盛り込んだペット共生型障害者グループホームを開設することで、入居者が将来的に自立できるよう生活支援を行っていく。
障がいをもつ成人向けグループホーム事業の実施当社は障碍をもつ児童に対し放課後等デイサービスを運営しています。コロナの影響と少子化で児童の新規受け入れが減少する中、18歳以上の青年に対するグループホーム事業を行うことで、新しい需要を取り込み経営の安定化を実現します。
築古物件を活用した障がい者向けグループホームの開業と築古物件再生事業飲食業で培ったサービス対応力に強みを持つ当社は、コロナ禍による売上減から事業の選択と集中を図り、強みを活用できる築古物件を活用した障がい者向けグループホーム開業と物件再生事業を開始、業種転換を実現する
一業界依存型事業から脱却し、新たに障がい者グループホーム運営に挑戦コロナ禍により落ち込む既存事業の市場縮小に対応する為、社会的ニーズが高く且つ福岡市に不足している障がい者グループホームを建設・運営し、安定した収益源の確保と地域問題の解決、更には雇用の拡大を実現する。
自社資源を活用し,地域との共存を目指す障がい者グループホーム事業への転換コロナ禍において打撃を受けている通院型の整骨院事業から、自社の持つ人的資源(経験、資格)・物的資源(土地)を活かして、新型コロナウイルス感染症対策、管理に留意した入所型の障がい者グループホーム事業への事業転換を図る。
障がい者向け就労支援で培ったノウハウを用い、障がい者向けグループホームの運営計画千歳市内で最大手の障がい者の就労継続支援事業者として、コロナ禍においても安定した需要がある障がい者向けグループホームの運営を行政と連携をとりながら行い、障がい者に就労のみならず住居の提供も行う
精神障がい者向けのグループホームと就労継続支援B型施設の建設コロナ禍により、当社の基幹市場である冠婚葬祭市場が低迷した。これに打勝つために、新たな障害者福祉支援市場に参入し感染症等にも強い共同生活施設と就労継続支援施設を建設・運営することで新たな収益の柱を築く
ペット共生型グループホーム開設による障がい者福祉事業のワンストップ化コロナ禍による障がい児通所事業の利用減に対応すべく、感染リスクを抑えた運営が可能なペット共生型グループホームを新設することで、自社既存サービスと連携した0歳から高齢者までをワンストップで支援するサービスを実現する。
障がい者グループホーム新規事業計画障がい者を対象とした共同生活援助施設(グループホーム)の運営を行う。定員は10名を考えており、職員は8名を雇用する。収入は入居者からの家賃収入等および埼玉県からの自立支援給付金によって構成される。
農福連携の実現を目指す障害者グループホームの運営グループ内での農福連携及び飲食部門との連携を実現し、グループ全体の競争力強化を図るために、供給が不足する障害者グループホームの運営により福祉事業に新規参入する。
高度障害の方にも寄り添える障害者向けグループホーム事業の実現昨今、軽度障害の方向けの障害者グループホームが多数開業されているが、高度障害の方向けのものはまだまだ少ない。  そこで弊社では高度障害の方にも対応でき、かつ住み良いグループホームを、今まで賃貸業や宿泊業で培ったノウハウを活かしながら事業展開する。
家具付賃貸事業の感染症対応した個室型の知的・精神障がい者向けグループホームへの転用感染症の拡大で外国人ビジネス客が急減する中、既存のビジネスレジデンスの浴槽・消防設備等を改装し、プライバシーと感染症に配慮した個室型の知的・精神障がい者向けグループホームとして運営し、有効活用します。
情報連携システムを活用した障がい者グループホーム向け訪問看護サービスの実現による福祉業界のDX化推進本事業では新型コロナウイルスの影響で収益が悪化する障がい者向けグループホーム事業から障がい者グループホーム向け訪問看護事業への転換を行う。さらに既存の訪問看護事業者との差別化を行うために、本事業では情報連携システムの提供も同時に行うことで、グループホーム運営者の生産性の向上に寄与し福祉業界全体のDX化を推進する。
障がい者グループホームの運営知的・精神障がいをもつ方々が地域の中でそのまま生活ができるように、相談、入浴、排せつ、食事等の介護、その他援助が行える住まいを提供し運営します。
地域コミュニティと豊かに生きる 障がい者グループホーム平和の郷総合建築業として積み上げた技術力と信頼性を活かした社会的ニーズのある「障がい者グループホーム事業」を新規事業として開始する。自社の課題として捉えている保守的体質からの脱却及び地域課題の解決を実現する。
日中支援型障がい者グループホームの運営新型コロナウイルス感染拡大と感染予防により縮小した事既存事業に替わり、当社の強みを活かし新規事業「障がい者就労支援グループホーム事業」を新たに開始する。
グループホーム事業参入による、地域の包括的な健康支援体制の構築整骨院での医療と高齢者の介護と事業を拡大していく中でコロナウイルスの影響により整骨院の来院数が減少した。多角化による経営リスクの分散化を図るためにかねてより市から打診のあった障がい者介護事業に参入する
自社ECサイト構築並びに発送拠点・女性専用グループホームの建築飲食店の売上がコロナの影響で減少したことを受け、ECサイトの構築を図り売上のV字回復を目指す。また、当社の事業地域に少ない女性専用の障がい者向けグループホームを建築する。
土地活用に繫がる地域密着型グループホーム事業の導入市場縮小等による経営不安解決のため、当補助金により当社にとっては新分野事業である「障がい者グループホーム」の運営に参入する。自社の経営の多角化を図り、障がい者の自立支援と地域貢献を行っていく。
介護包括グループホームによる新分野進出弊社の強みを生かし、今後、需要の増加が見込まれるグループホームの建築及び運営を行うことで事業の再構築を行う。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では事業再構築補助金に関するノウハウおよび多数の採択実績があります。
まずはお気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事