事業再構築補助金

「フィットネス」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「フィットネス」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「フィットネス」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

今回は「フィットネス」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。
昨今、運動不足気味の方も多いのではないでしょうか。テレワークの普及により通勤がなくなった方も少なくないはずです。
通勤が最低限の運動だったことを実感している方もいるかと思います。
このような時代において、健康に関する事業は益々需要が増えると予想されます。
これから、「フィットネス」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
米国発フィットネスジム「パワーハウスジム」のFC店を北海道初出店コロナの影響により本業のM&A不成立案件が増え、業績が著しく低下。代表のフィットネス経験から、コロナ渦でも急成長している24時間フィットネスジムを本業の人脈の力を借り開設し、安定収益を確保する。
フィットネスジムとコワーキングスペースが融合した施設開業による事業転換外出自粛、時短・休業要請の影響を受けている既存事業から、少人数を対象とした非対面式利用・決済システムを導入した、1日の3分の2が無人対応となる24時間型のフィットネスとコワーキングスペースが融合した施設開業による事業転換を図る。
コロナ対策サウナ&フィットネスには心と体をととのえる力がある二酸化炭素検知自動換気システムや個別換気サウナなどの抜本的感染対策を備えた、安心して通える会員制サウナ&個室フィットネスが予防医学の先駆けとなり、コロナに負けない心と体づくりをサポートする
フィットネスから「食」事業への参入により唯一無二のサロンへ現在事業収入はレッスン料のみであり、新型コロナの影響を大きく受けている。健康・予防に対する関心の高まりや、当社の強みを活かして、「食」事業に参入することで、総合的に健康をサポートする事業者となり、業績のV字回復を図る。
フィットネスから健康寿命増進のための介護予防事業への展開少子高齢化に伴うフィットネスクラブ会員減少に対応して、経験とノウハウを生かして予防介護事業に新規真相を果たし、行政からも期待を寄せてもらっている最上地方の健康寿命増進に貢献していく。
地域初!AIマシーンを活用した女性専用フィットネス事業コロナ禍における対面型のパーソナルトレーニングを含むフィットネスジムにあって、新しい在り方となり得る、AIマシーンを活用した非対面型パーソナルトレーニングジムの経営
現役競輪選手監修“バーチャルサイクリング”フィットネス・サロン競輪選手(個人事業主扱い)である事業主は、コロナ対策で出走数の限られているレースの中で収入の大幅減で苦しんでいる。そうしたなかで、新たに自分のボディメイクの技術を活かして自転車とフィットネスを融合し、福島県の健康長寿に貢献する。
食に関するノウハウも活かした体づくり「フィットネス事業」への挑戦現在の飲食事業に偏向している事業体制を、事業再編行為によりすべく、現行事業と親和性の高い「健康分野」で、フィットネスジムを開業する。ただのトレーニング施設ではなく、現行の飲食経験を活かし、食事面のサポートや、同一企業からの出張者の多い地域特性より法人向けサービスを展開し、独自の価値提供を行う。
フィットネスサービスの参入で多角化経営を開始し、今後の事業リスクの分散化を図るコロナ禍の中、打撃を受けた主な取引先の売り上げ低下や、操業停止に伴い当社の売上高が大幅に低下した。フィットネスフランチャイズに参入することで速やかなV字回復を成功させ、多角化経営を開始により、リスク分散化で利益を確保できる企業体質に変容させる
コロナ禍でも安全に利用できるデジタルフィットネスジムによる、地域の健康増進事業現在、整体院を宇都宮市内で経営しているが、コロナの影響をうけている。当社の強みを生かして非接触型のデジタル化されたフィットネスジムを経営する。地域にはフィットネスジムが足りておらず、地域の健康増進と収益の確保を行う。
地域密着の石材店によるフィットネスジムへの新分野展開既存事業は需要縮小が予想されるばかりでなく、コロナ影響も大きい。そこで地域の不動産情報に精通しているという強みを活かして、新たに「特化型」のフィットネス事業に参入し事業多角化を図る。
“高齢者向けフィットネスクラブ”がコンセプトのデイサービス事業へ参入繁閑差が激しく不安定な建設業一本である事業リスクを軽減するため、介護業界に明るい人材がいるという当社のユニークな特徴を活かして画期的なコンセプトの介護施設を開設し、成長を続ける介護業界に参入するものである。
利用者に最適なエクササイズメニューを提供するフィットネスジム展開これまで培ったフィットネスジムへの機器販売と効果的なトレーニング指導のノウハウを活かして、省スペース型のフィットネス設備およびそれらを利用した効果的なトレーニングメニューの自動提案サービスを組み合わせた、フィットネスジム向けのチェーン展開を行います。
バンジートレーニングにより健康的な生活に繋げる多世代フィットネスジム事業利用していな事務所を改装し、バンジートレーニングを取り入れたパーソナルフィットネスジム事業へ新分野展開。運動機能訓練として医療・介護・障害福祉へバンジートレーニングサービスを提供出来るフィットネス事業を展開します。
「withコロナモデル-次世代型ハイブリッド24時間フィットネスクラブ」学習塾経営のノウハウをフィットネス事業に活かしたシナジー効果により、地域の学習と健康をサポートする。24時間型ジム×ピラティススタジオの次世代型ハイブリットジムの開業計画。
24時間営業の大型フィットネスジムの運営既存事業の「食事」・「接客」の強みを活かして売上を回復するべく

「有人(インストラクター常駐)型、プロテインを提供するBARカウンター付き、24時間フィットネスジム」

インバウンド民泊から富裕層ファミリー向け個室貸切型フィットネスジムへ健康ニーズに対応するため、高輪で運営していたインバウンド向け民泊施設を改築し、会員制個室貸切型フィットネスジムを近辺に暮らす富裕層ファミリー向けに運営する。また、苦戦する民泊運営者及び飲食店向け転用コンサルも実施する。
コロナ禍を乗り越えて個々の健康を取り戻すフィットネスプロジェクト高齢化が進む中で、健康寿命を延ばすフィットネスジムの運営。今まで運動をしたことがなかったお客様に、基本から安全に、個々の体力に合わせた一対一の個人指導を行う。また、できるだけ継続可能なリーズナブル料金体系で10年20年の長いお付き合いができるジムを目指す。
フィットネス×カフェ+地方創生フィットネス(運動)とカフェ(食事)で健康増進を一度に提供するサービス。東京ではなく地方都市(熊本)においてフィットネスジムとカフェを併設した施設で『運動』と『食事』両面からダイエットや健康増進をサポートする事業。
フィットネスクラブの巡回サービスの実現移動型のフィットネス巡回サービスを山梨県内で実施。4トントラックに軽量小型で移動に適したキャスター付きのトレーニングマシンを積んで、現地のスーパーマーケット・役場・空テナント等で移動型ジムを出店する。
ファイティングフィットネスジムの事業化本補助事業で行うファイティングフィットネスジムは本格的な格闘技をベースとした格闘技スポーツジムで現役のプロMMA選手が指導に当たり、男女年齢に拘らずダイエットから選手志望まで幅広いニーズに応えるジムです。
オンラインフィットネス対応型レンタルスタジオ運営コロナ禍も追い風となり世界的に注目が高まっているオンラインフィットネスは、東京のように一人あたりの居住スペースが小さい住宅事情ではスペースの確保が難しい。そこでダンススタジオに高速WiFiとスマホ接続用大画面モニターを設置することでダンススタジオの需要を取り込みながらオンラインフィットネスの新たな需要の開拓にチャレンジするオンラインフィットネス対応型レンタルスタジオ運営を新事業として取り組む。
サイクリングフィットネスジム及びサイクリングツアーの新展開サイクルトレーナーを使用したサイクリングフィットネスジムの展開、また有料でのサイクリングツアーを企画実行。一般の方の運動不足解消、シニア世代の老後体力維持、女性の美容と健康維持に需要が見込める。
日本初の脳刺激デバイスを活用したスポーツテック型フィットネスジム脳刺激デバイスを活用したフィットネスジム運営を行う。国内初の先端デバイスの導入により新たな顧客層と市場を獲得し収益の柱を作る。弱みである人的依存体質を脱却し、雇用拡大による社会貢献と新分野での成長を目指す。
コロナ禍における健康志向ニーズに応えるフィットネスジム開設コロナ禍における運動不足や自炊が増加したことにより、「健康」に対する意識が高まっている。喫茶店でのコーヒーダイエット×世界NO.1 フィットネス エニタイムフィットネスの相乗効果により、確かな健康をお届けする。
最先端 XR 技術を活用したライブチャット型フィットネス事業の展開エステサロンを経営してきた当社は、新たに自社のXR開発技術とエステ技術を生かし、リモート配信型のフィットネス・セルフエステ・パーソナルジムのサービスを提供するライブチャット型フィットネス事業に転換する。
4つの「家庭をもつ30代向けサービス」で家族を繋ぐフィットネスクラブ事業30代の家庭をもつ男女の4つの悩み「健康と体型・子供の体力・自由な時間・お金」の解決を提供する、24時間営業のトレーニングマシン特化型ジムにキッズスクールを加えた新たなジムを展開する
既存のフィットネス設備を有効活用した新サービス構築による新分野展開既存事業であるゴルフ上達のためのフィットネス事業の低迷及び、コロナ禍による市場ニーズの変化を捉え、弊社の設備を有効活用すべく1人で行える「暗闇トランポリン」「カフェスペースの設置」という新分野への転換を図る。
住宅地内の工場敷地を生かしたフィットネスクラブの開業・運営工場敷地と従業員の一部を活用し、地域住民向けフィットネスクラブを開業する。地域最安値でスタジオメニューやキッズ会員も設けることで幅広い世代の健康づくりに貢献するとともに、当社事業の第二の柱としていく。
整形外科病院との連携及びICTの活用で「未病」の改善に取り組むフィットネス整形外科病院との連携に基づいた専門性の高いフィットネス事業を展開する。医療提供側から見ると治療の対象となりにくい未病の改善に主眼を置き、健康データの集約や共有にはICT、IoTなど先端デジタル技術を活用する。
「健康の街・小浜」実現のためのフィットネスジム開業事業弊社のミッションである、利便性の高い生活環境の提供を実現するため、小浜市で初の24時間フィットネスジムを開業する。「健康の街・小浜」を目指し、近隣地域住民の健康促進に貢献していくことを目的とする。
不動産業から24時間型フィットネスジム運営による業種転換計画新型コロナウイルス感染症の影響により収益の悪化した不動産賃貸業から、スポーツ施設提供業へと思い切った業種転換を行い、新たな収益柱を構築し、外部環境に左右されない安定感のある事業構造へと転換をはかる。
正常分子栄養学による正しい食生活を提案する24時間フィットネスジムの運営現在長野県松本市で運営している24時間営業のネットカフェを24時間フィットネスジムに事業転換を行う。代表者が「正常分子栄養学」に精通しているので、正しい食生活を提案し、適度な運動をすることにより地域の健康寿命をのばすことに貢献する。
高機能デジタルフィットネス機器を使った地域の健康サポートサービス地域の健康志向の高まりの中で、手軽に使用できる高機能デジタルフィットネス機器を導入し、整備事業で培った管理サイクルとスマホアプリを使って、安価に地域の健康寿命延伸や予防・管理を行う健康サポートサービスを提供する。
「治療×予防」地域の健康作りを支える整骨院が行うフィットネスジム事業私たちは人々の心と身体の「真の健康」を実現する組織作り・地域づくりを目指している。

整骨院における治療とフィットネスジムにおける予防を組み合わせ、患者様、特に学生アスリート(小~大学生)の健康的な身体づくりを統合的にプロデュースする。

密を避けた完全個室での電磁波痩身フィットネス事業の展開本事業では、コロナ禍による外出自粛&運動不足の実感で、非接触型フィットネス需要が増加していることに着目し、電磁波マシンを使った完全個室での痩身フィットネス事業を行います。
自社直営のN-Styleオンラインフィットネスジム事業構想日本舞踊を取り入れ健康増進と所作の美しさを得るのためのオンラインフィットネスに特化した西川流のファミリーブランドとしてあたらに「N-style」を立ち上げる。
「この時代だからこそ、家族みんなの健康を守る会社へ!」フィットネスクラブ事業参入による地域の健康増進を目指してパチンコ店は新型コロナの影響を受け厳しい状況が続いているため規模を縮小し、スポーツ施設提供業に特化するための事業再編を行う。縮小により空くスペースと遊休フロアを改装し、24時間営業のフィットネスクラブの運営に取り組む。
コロナ禍におけるフィットネスクラブへの業種転換による事業再構築コロナ禍において空港利用者をターゲットとした駐車場売上が激減した。そこで、新たにスポーツ施設を建設、フィットネスクラブ経営に参入することで地域住民の健康増進に貢献するとともに売上の回復を目指す。
日本初のゴルフ場一体のメディカルフィットネス(健康増進施設)開設新型コロナウィルスの蔓延を機に、リモートが進展し外出する機会が減少したことにより、高齢者を中心に運動不足が懸念されています。この危機を脱し本格的な回復を軌道に乗せるためには、新しい生活様式に合わせ、単なる体力作りではなく、地域医療の観点も含めた健康管理を付加価値として加えた「メディカフィットネス」事業が最適であると考え、本事業を立ち上げます。本事業は新規性が高く、当社にとって大きな挑戦です。
飲食店からAIを使った非接触型フィットネス事業への新分野展開当社の既存事業である飲食店の2店舗のうち1店舗をAIフィットネス事業に転換。従業員の再教育と、店舗改装の実施および専用AI機器の導入等の設備投資を行い、人とAIの融合による新分野を展開する。
レストラン併設型フィットネスクラブへの新分野展開代表取締役である私自身3年前に癌を経験しており、コロナ禍において健康的な施設を運営したいと強く思い、名古屋初となる特定運動療法施設認定のパーソナルジムと名古屋初となるタイの料理である薬膳スープを使った健康的な食事を提供するレストランを運営が考える。
「美と健康のトータルサポート」“セルフパワーフィットネス”事業の確立によるブランド力強化への挑戦コロナ禍に伴う外出制限による売上高減少と今後の美容業界の動向を鑑み、美容業界としては画期的なフィットネス産業に参入し、独自ブランド「セルフパワーフィットネス」を確立することにより健康や美容の維持・向上を更に付加価値をプラスして顧客満足度の向上と新規顧客獲得を目指す
鍼灸整骨院が、運動&食事指導用フィットネス教室を新設鍼灸整骨院の2階に、運動と食事を指導できるヘルスプロモーション教室TAHARA(健康増進教室)を作り、専用機械・専門スタッフ・共有カルテで総合的な健康指導を行うシステムを作る。両院の相乗効果で、顧客層拡充と売上向上を図る。
オンラインで健康経営を育む「法人向けオンラインフィットネス」事業新型コロナウイルス感染症により、ジムの売上減少が続いている。今後もコロナの影響は続くものと予想される為、法人向けオンラインフィットネス事業を始動し、売上増を目指す。また、企業側も従業員の運動不足を懸念しており、企業の健康経営に役立つ福利厚生サービスの提供ができる。
美容室が運営する地域初の非対面・非接触・24時間対応のフィットネスジム事業の展開近年高まりを見せている健康増進ニーズに対応するため、新型コロナウイルス対策を徹底した完全個室で本格的なパーソナルトレーニングを受ける事ができる非対面・非接触・24時間対応のフィットネスジム事業を行い、既存事業である美容室と合わせて、髪と身体のトータルビューティケアサービスを実現する。
フィットネス事業による新分野展開既存事業は不動産業であるが新型コロナウイルス感染症の影響があり事業が低迷している状態である為、打開策として新規事業(フィットネス事業)を営み地域社会の人々に健康促進を推奨し社会貢献できる事業展開を図る
関西初のVRを活用した完全個室型フィットネスジムの開業本事業では関西地域で初となるVR(バーチャルリアリティ)技術を活用したフィットネスジムを開業することを計画している。これにより周辺地域における高齢者の健康寿命を増進することができる。
最新マシンを活用したAIフィットネスジムの運営40代~70代で運動不足、リハビリ必要者、介護予備軍の方をターゲットにAIマシンを利用した全身運動診断や健康持続できる最新フィットネスジム
心も体もキレイになれるフィットネスクラブ&フードプログラム「健康二次被害」が社会問題とされるコロナ禍において、外出自粛期間に運動不足と感じた人は58.6%に上りました。人生100年時代の「食と健康の充実」に向けた取り組みとして、安心して通えるフィットネスジムとフードプログラムを提供します。
フィットネス指導及びフィットネスシェアスペース運営事業を開始新型コロナ感染拡大による外出自粛の影響を受け、整骨院事業の売上が激減した。そこで、隣接するスペースを新たに借り上げ、リモート活用可能なフィットネスシェアスペースのレンタル事業および、フィットネス指導を開始する。
地域の顧客に対応したフィットネス事業への挑戦!現在行っているTSUTAYA事業(DVD、CD、書籍レンタル業)を活かし、マルチ・メディアコンテンツと融合したフィットネス事業を展開する。具体的には、店舗改装及び設備導入を行い、新分野展開による再構築事業を行い、売上拡大を目指す。
外部連携可能なメディカルフィットネス向け会員管理サービスの提供メディカルフィットネス向け会員管理システムを、セキュリティ面の信頼性を高めたクラウドサービスとして提供する事で外部ヘルスケアソリューションとの連携を可能とし、この分野でのデファクトスタンダードを目指す
既存フィットネスジムから個別リハビリに重点を置く介護サービスへの業種転換日中の利用者が減少している時間帯にフィットネスジムのスペースを使用しリハビリに特化した通所介護事業を開始。フィットネスジムと通所介護のハイブリット施設は全国的にも少なく新規性がある分野である。
「健康寿命を高めるフィットネスクラブ」を開設して新分野へ展開本社の商品陳列スペースを改装し、需要が高まっている「健康寿命を高めるフィットネスクラブ」を開設する。運動用具小売でシニア層に強い当社の強みを活かし、新たな分野での事業展開を始める。
完全個室の非接触型のフィットネスジム事業に進出する事業再構築計画コロナ禍による外出自粛要請により、当社の既存事業であるエステ事業も大きな影響を受けた。このような状況の中で、完全非接触型フィットネスジム事業を新規開業し、新たな収益の柱を確立することで事業体制の再構築を図る。
地域住民の健康増進と地域経済発展に貢献する24時間フィットネスクラブ事業の展開コロナ禍で、ストレスを受け運動不足に陥っている地域住民の心と身体の健康増進を支援し、また、従業員の健康を支援することによって企業価値の向上を目指す地元企業を応援するため、当地初の24時間フィットネスクラブを開設する。
「Withコロナ」時代の新しいクラウドアプリ管理システム活用型フィットネスジム事業既存のフィットネスジムにおいて非効率となっていた書類作成業務・顧客管理業務などを、クラウド管理システムにてDX化。月額1650円からの低価格型フィットネスジムを運営します。
屋上グランピング・室内フィットネス対応のワーケーションホテルワーケーション市場拡大に向け長期滞在型ワーケーションホテルに転身。仕事のしやすい環境を整え、現在遊休のホテル屋上にグランピング施設を新設。さらに、室内でもフィットネスができるスマートミラーを導入する。
飲食事業リソースの強みを活かした会員制フィットネスジムの展開新型コロナの影響を大きく受け、市場の先行きが不透明な従来型の飲食業形態からの脱却を図るため、新分野展開として会員制フィットネスジムを開業するもの。当店の強みである優良顧客基盤と既存レストラン事業で培ったノウハウとリソースを活かし、食と健康(ボディーメイク)の親和性による事業シナジーを新たに生み出すことで、付加価値の高い顧客サービスを可能にし、新たな市場領域をカバーするビジネスモデルの確立を目指す。
特許取得機器を導入したシニア層向け少人数フィットネスジムの開業特許取得機器を導入した、シニア層向け小規模フィットネスジムを都心に開業する。当該機器の有効性のアピールが課題となるが、SNSを活用した広告と出張実体験等により解決し、地域の健康寿命の延伸に寄与する。
『安心・安全』『成果が出る』『楽しい』AIフィットネス事業FURDI『FURDI』のコンセプトとして、密にならない環境で利用(安心安全)、AIトレーナー1人1人にあったトレーニングが出来(成果が出る)、多彩な運動プログラムで(楽しい)を実現する、女性専用のAIフェイっとネスグラブです。
最新フィットネスと食を融合させる「健康のセルフマネジメント」計画世界的に「健康」の意識が高まっているが、日本においてはまだその意識が低い現状となっている。沖縄で初出店となるフィットネスクラブで、この意識を高めつつ、当社も事業再構築を図る。
リハビリデイサービスからコロナ対応型フィットネスクラブへの事業再編札幌市の介護施設のクラスターの頻発により事業継続困難になったリハビリデイサービスを全部事業譲渡し、コロナに適応したフィットネスクラブのフランチャイズに加盟してフィットネスクラブへの事業再編を行う
フィットネスジムと健康管理システムの構築による、地域の健康増進事業地域の法人との繋がりを活かし、コロナによる健康意識が高まる中市内にフィットネスジムが無いことから、地域の心身の健康増進と高齢単身世帯の不安を解消すべく「フィットネスジム経営と健 康増進見守りサービス」に取り組む。
地域シニア層をターゲットとしたフィットネス事業への事業転換地域内で相対的増加傾向にあるシニア層をターゲットとし、室内フィットネスジムでの運動機会提供サービスを開始する。地域性を考慮し、ジムの付加価値性を高めるため、温泉資源を活用したサウナ浴場を設け差別化を図る
地域社会のニーズを踏まえた心身を豊かにする交流型フィットネス事業岩手県が抱える「肥満児の増加」並びに「高齢者のQOLの低下、ひきこもり」の課題改善の為、三世代がエアー遊具フィットネスなどで楽しみながら交流・運動し活気ある地域社会の形成を目指すフィットネス事業
子育てや働く女性、さらに高齢者女性をターゲットとしたオンラインフィットネス事業売上が減少しているカラオケボックスの店舗を改装し、需要が拡大しているオンラインフィットネスジムに進出する。子育て中の女性、働く女性、元気な高齢者女性をターゲットとして、コロナ対策も万全に行い新事業を展開し、売上拡大を実現する。
クリーニング100年企業の新型コロナ対応型フィットネスクラブ事業への進出コロナ禍におけるテレワークの推進や冠婚葬祭の自粛によりクリーニング需要が減少する中、フィットネス需要増加と既存事業との親和性を踏まえ、新型コロナ対応型フィットネスクラブ事業を開始しV字回復を達成する。
遊休スペースを活用した「ストレッチ特化型フィットネスジム」の設置と経営革新本事業は、2021年1月から発令された緊急事態宣言により、自社のインドアゴルの会員が激減し、既存事業だけでは、自社の経営の安定化が図れないことから新たな事業の柱として「ストレッチ特化型フィットネスジム」の開設し、新たな顧客を取り込み自社の経営基盤確立と経営革新を図る事業。
地域中高年齢者の健康寿命を伸ばすフィットネス事業参入と「合宿」強化事業新型コロナウイルス感染症の影響により宿泊客の減少が著しい。そこで、既存設備を活用した、中高年齢者向け介護予防フィットネスクラブ「かーむランド」を設立し、地域住民の「健康寿命」を伸ばすことでの地元への貢献を目指す。また、当該施設は宿泊客向けの「体育館」としても活用し、各種スポーツ合宿・企業合宿等の誘致を実現する。
ITツールで差別化した女性専用フィットネスボクシングジム開設千葉中央駅前のホテル内にスタイリッシュな女性専用フィットネスボクシングジムを開設する。ITツールを駆使するなど、千葉では例を見ない画期的なジムを作ることで差別化し、業績のV字回復を狙う取り組み。
事業所を移転し自動車整備とフィットネスジム運営に進出する取組現状の狭い敷地から思い切って移転し、現状の中古車販売に加え、自動車整備とフィットネスジムの運営に進出する。地域の事業者との広いつながりと3つの事業間のシナジー効果で業績のV字回復を狙う取り組み。
パチンコ事業からフィットネス事業への転換計画現在、主事業として行っている展開しているパチンコ店を廃業し24時間型フィットネスジムに事業転換する
AI搭載フィットネスマシーンを利⽤した⼥性専⽤パーソナルフィットネスジムの運営⼥性専⽤パーソナルフィットネスジムの運営。ファディーマシーン(AIマシーン)を⽤いて、ユーザー1⼈1⼈にあったパーソナルトレーニングを⽉会費7,000円で提供。

営業時間は5時〜23時を予定(年中無休)。無⼈営業も可能。

地域拠点となるパラスポーツを活用した放課後デイサービスとフィットネスジムの展開障害、発達に悩みがある児童へ放課後デイサービスと専門性が高く健康需要を見据えた柔術フィットネスジムの展開を行います。

今までの障害者スポーツでのノウハウや人材、経営資源を活かして児童福祉業界への参入し、柔術フィットネスジムとの連携で専門性の高いサービスと、地域における障害の有無を問わないコミュニティの拠点として機能いたします。

健康意識の高まりを機会としたフィットネス市場への新分野展開24時間型のフィットネスクラブを新たに開業します。コロナ禍での健康意識への高まりを機会と捉え、当社代表の運動経験や顧客対応力を生かして新規事業に取り組みます。健康・ヘルスケア市場へと事業領域を広げます
店舗改装によるAIを活用した非対面型フィットネスクラブの開業既存衣類販売事業は、売上減少が続き事業再構築が必要。自己所有ビル内店舗・空きスペースを改修して、AI搭載機器を導入し、非対面型フィットネスクラブを開業する。健康ニーズに貢献することで地域を活性化する。
オリジナル時計販売業が挑む新コンセプトのフィットネスジム運営事業オリジナル時計・アクセサリーの企画販売を行う会社です。20年前から運営するボクシングジム事業のノウハウを活かし、女性向フィットネスジム運営事業に取り組み、3年で新規事業の売上高構成比を74%に付加価値額を1.6倍に増加させる計画です。
オンラインとアウトドアでの、フィットネス指導サービス事業スポーツ・フィットネス用品専門の小売事業を行ってきたが、コロナ禍による同市場の停滞を受け、モノの販売だけでなく、オンラインとアウトドアでのフィットネス指導サービスを展開して、補助事業の売上高が、総売上高の10%以上となる計画を策定。
フィットネスジム併設のゴルフスタジオ事業の展開近年のアメリカのゴルフ界は、パワーアップ化しており、飛距離の差がスコアに大きな影響する事がわかっております。本事業では、最新鋭のゴルフ診断マシンを導入し、スイング面だけのアプローチではなく、肉体的なウィークポイントを見つけ出し、米のトッププロチームなどが採用する最新鋭のトレーニングマシンで強化を行います。技術的・肉体的両面でのアプローチにより短期間でのゴルフの上達が可能となるフィットネスジムです。
健康寿命を延ばす為のフィットネス事業計画シニア層の多い土地柄に合わせた健康寿命を伸ばす体感トレーニングジムへの事業転換。競合には無いコア・コンディショニングプログラムを採用し、コロナ渦で縮小する縫製工場の空間を生かして最新マシンを導入する。
めざすのは地域の交流拠点! 「パン×フィットネス 無添加ベーカリーカフェ」長引くコロナ禍でフィットネス事業の先行きが見えない。そこでベーカリーカフェを開業し、「保存料無添加」や「焼き立て」にこだわったパンを提供し売上増大を実現。さらにフィットネスとのコラボ企画を通じてお客様の健康に寄り添い、「パン」と「フィットネス」を軸に地域の交流拠点となることをめざす。
運転年齢向上と健康維持のためのフィットネスジム運営当事業は、新たにフィットネスジムを開業することによって、地域住民の日常的に集まるコミュニティを構築し、既存事業とあわせて地域住民に対して車での生活と健康・豊かな人生を過ごすサポートを行うことである。
単独小売店(モノ)からフィットネス&ヨガ(コト)を加えた複合店舗への業態転換新型コロナウイルスによる影響で当社単独小売店の売上はコロナ前と比べて37%減少し、コロナ収束後もEC販売の台頭で復活は見込めません。そのため、小売店は段階的に閉店をして従来の単独小売店から健康をテーマにした新業態のコトビジネス(フィットネス&ヨガ)を加えた複合店舗へ業態転換し、生き残りを図ります。
完全非対面で運動指導を行うセルフフィットネス事業通信や動画再生機能をもつフィットネス機器に運動指導コンテンツを提供し、スマホ等で効果等を確認できるセルフフィットネスシステムを開発し、コロナ禍でも安心して利用できる非対面のフィットネス事業を展開する。
大型カフェからAI搭載のトレーニングマシーンを導入したパーソナルトレーニング付きフィットネスジムへの進出既存事業である大型カフェの改装して、AIが搭載されたトレーニングマシーンを導入し、全自動で最適なプランを提案可能な
高齢女性向けパーソナルフィットネス&リラクゼーションサロン事業高齢女性の健康と美を高める事をミッションとする。「コロナ太り解消」「免疫維持改善」「基礎疾患予防」などの新しい健康ニーズを満たし、自社の多角的な健康事業を展開していくためのビジネスである。
メディカルフィットネスクラブのオンライン化プロジェクトライフスタイルが変化していく中でリアルのフィットネスクラブ離れが加速している。医療と連携し安心・安全なオンラインでのメディカルフィットネスを構築し幅広く健康的なライフスタイルを提供する。
日本初のLEDライブ配信「日本文化武道」×「フィットネス」新事業展開「日本初」の日本文化武道をテーマにしたフィットネスを作り、「認知症予防」「健康維持」というコンセプトで高齢者から主婦や社会人の運動不足層まで幅広い分野で事業展開できる新たなビジネスモデルを構築する。また弊社のLED特性やイベント経験を活かし「映像で楽しく健康づくり」で他社と差別化を図る
医療と連携した予防医学に基づくフィットネス事業これまで介護事業を行っていた当社が介護・医療の連携を武器に予防医学の分野に挑戦する。

利用者の身体データ、運動データを大学病院・地域病院と共有して利用者に適切なアドバイスを与えるフィットネス事業に参入する。

食と連携したAI導入最先端フィットネス事業〜商店街活性化計画〜吹田市の商店街にフィットネス事業を展開する。AI導入最先端マシンを用いてコロナ後の新生活様式に対応し、自社飲食店や商店街他社との連携を図る。『運動』と『食』をキーワードに、地域の健康増進や商店街の活性化を目指すものである
松原市ゴルフスクール、24時間フィットネス新規出店計画緊急事態宣言、時短営業、酒類提供自粛等による売上低下を受け、飲食店特有の3密を回避しつつ市場拡大が期待できるゴルフスクール、フィットネスを併設した、利用者の利便性を追求したスポーツ施設運営事業に進出する。
パーソナルトレーニング事業から非接触型フィットネススクールへの業態転換アスリートの運動機能アップを主にパーソナル型のフィットネスクラブを運営してきたが、高齢化・コロナ禍での健康機運の高まりから運動初心者・中高年でも参加可能なフィットネススクールへの業態転換を行う。
個別プライベートフィットネス(ジム・エステ・ゴルフ・岩盤浴)【Fit-Box】の展開多数利用施設を運営していた当社が、蜜を避け運動できる個人・少人数【個室レンタルジム】を展開。システム開発・更新によるDX化やオリジナルマシンを開発し、独自の店を展開する。更にFC事業化することで新たな雇用の創出や開業支援を進める。
化粧品販売業からフィットネス事業&レンタルスペース事業への事業再構築現在は化粧品販売業を営んでいるが、組織化された会員、駅近くの50坪の店舗スペース及び6台の駐車場といった保有資源を活用した自転車バーチャルライドによるフィットネス事業&レンタルスペース事業への事業再構築を図る。
アフターコロナの地域健康フィットネス当社はこれまで美容業を展開してきたが、美容業界の現状とコロナ禍で美容業だけでの当社の発展は難しい為、今後は伸長が期待できる「AIパーソナルフィットネス事業」を全社員一丸となってV字回復を狙う為に取り組む。
地域密着型で心身の健康維持・管理を中心としたフィットネス事業コロナ禍により売上確保が困難な状況を克服するため、「健康」に着目した「24時間フィットネスクラブ」を展開し、新分野における売上獲得による持続的発展と高齢化社会での地域の雇用の安定・創出を目指す
産業用機械の経験を活かした非対面&非接触型フィットネスクラブへの挑戦石油化学製品製造プラントに係わる産業用機械事業で培った、製造業における制約条件理論や計数管理・統計分析等のデータ活用ノウハウを、BtoCのフィットネス事業に展開する。自動入退館管理等の非対面&非接触サービスで、ウィズコロナ時代の健康需要をターゲットとする。
健康志向の冷凍弁当を製造しフィットネスクラブへ販売する事業再構築国際会議等の大規模イベント向け弁当の製造配達を主たる事業としておりましたが、コロナ禍で大きく売上が減少しています。健康食需要の拡大を見据え、フィットネスクラブを第一ターゲットとして健康志向の冷凍弁当を製造販売します。
企業城下町を活かしたIoTフィットネスジムの運営・人口減少基調、新型コロナウイルス、自動車業界の減産基調により、さらなる売上の減少が予想される。・保有人材の雇用を安定継続しながら、核となる別の柱を作る必要がある。従業員の福利厚生充実希望にも応えうる。・フィットネス施設が、地域の工場労働者への健康増進に寄与する施設にもなり、既存事業にも好影響が期待できる。
日本から世界へ!サイクルフィットネスレッスンのオンライン配信事業オリンピック8期連続公式サプライヤーであるフィットネスマシンメーカー「テクノジム社」が販売するホームバイクマシン「テクノジムバイク」でオンライン配信されるレッスン動画を世界5カ国の内の1つ日本代表としてサイクルレッスン動画を配信する事業
少人数制フィットネスクラブ新型コロナウィルス感染症の影響を受け、既存事業の宿泊数が減少し宿泊以外での安定した収入源の確保が課題。市内の高齢者・女性・アスリートをターゲットに少人数制フィットネスクラブの開設する事で、既存事業(合宿所)との相乗効果が高いと考えている。
ビジネスパーソンが集うフィットネス×コワーキングスペース×ラウンジ事業広告業を営むがコロナの影響で売上が激減。当社の企画力を武器に経営者、経営幹部、ビジネスパーソンを対象としたフィットネス事業へ新規参入し、売上・収益の向上を図ると同時に、取引企業の健康経営の向上、地域の健康をサポートします。
別府市内における学生向け24時間フィットネスジム事業の展開別府市への観光客に依存した従来の飲食・宿泊中心のビジネスモデルから脱却し、近隣の学生をターゲットにサービスを展開する。コロナ禍において喫緊の課題となっている安定的な売上の確保だけでなく、雇用の維持や地域住民の生活利便性の向上に繋げる。
沖縄初!食のプロによる疲労回復に特化したフィットネス事業睡眠の悩み、免疫力へのニーズに対して、医療をはじめ様々な分野と開発したフィットネスジムを、来店・オンライン・出張の3形態で運営し、健康志向の料理を冷凍技術で商品化し、相乗効果で健康をサポートします。
アスリートが運営する「健康」を目指したフィットネスクラブへの事業転換アスリートの知見、目線を踏まえて新事業であるフィットネスクラブの運営を行います。怪我予防、健康にフォーカスし、ITやオンラインも活用した新しいフィットネスクラブにします。
EMSを用いたプライベート・オンラインフィットネス事業の展開当社はリラクゼーション事業を実施しているが、コロナの影響により売上が低下している。このため、感染リスクに配慮しオンライン対応が可能な「EMSを用いたプライベート・オンラインフォットネス事業」を実施する。
他業種との人材交流・確保を見据えたフィットネスジムへの参入金属加工を得意とする職別工事業で、人材確保に頭を悩ませていた。フィットネスクラブへ進出することで、40歳前後で引退するインストラクターのキャリア形成と、工事業における人材確保の相乗効果が期待できるため参入することとした。
衣食住健を日本に広めるためフィットネスライフを日常化する挑戦コロナ禍によりフィットネスクラブの利用機会が奪われ、外出自粛等の影響もありフレイルの進行が深刻な問題となっているため、フィットネスを将来に渡り生活の一部とすることを理念に新しい運営スタイルを開発する。
予約、入店、会計、退店まで完全無人の非対面フィットネスジムで気軽に健康になろう!千歳烏山の地域密着のトレーニングジムがトレーナー人材の不足やコロナ禍での対面サービスの低調により売上が減少している。打開策として、予約から退店まで完全無人の「非対面ジム」を新設して、その弱みとコロナ不況を克服し、おひとり様消費や非対面サービスの需要増加を追い風に売上向上とお客様の健康増進を図る。
セミパーソナル型のキックボクシングフィットネスジムの運営事業新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う行動制限下に有効なフィジカル・メンタルヘルス対応セミパーソナル型のキックボクシングフィットネスジム。
シニア世代に特化した自宅で簡単にできるオンラインフィットネスコロナ禍での高齢者の健康被害を課題とし、シニアxインターネットに知見とネットワークを有する当社だからこそできるオンラインフィットネスサービスを提供することで、高齢者の健康改善を促進する。
天然温泉×フィットネス×健康食 失われた地域コミュニティの再建天然温泉×フィットネス×健康食の健康増進複合施設として、50歳以上のシニア・シルバー層にフィットネス事業を開始し、宴会に代わる運動を通じた安全・安心の地域コミュニティ機能を提供する。
多様化するニーズにこたえる24時間型フィットネスジム現在、飲食業「スペインバル」を営むがコロナの影響で売上が激減し、継続困難。コロナ禍でも需要の高い新事業「フィットネス」へ業種転換し、将来は「飲食」と「フィットネス」の融合で地域の健康をサポートしたい。
シニア層向けの健康寿命の延伸に貢献し健やかな最期を迎えられるフィットネスジム伊東市のシニア層をターゲット顧客として伊東駅から徒歩2分の葬儀式場「シティーホール白寿」をシニア層の憩いの場となり、シニア層が楽しく健康を増進でき健康寿命の延伸となるフィットネスジムにします。
医学的根拠に基づいたメディカルフィットネス事業への新規参入医学的根拠に基づき、医療・介護分野と運動・フィットネスを融合したメディカルフィットネスに取り組みます。これにより、接骨院としての医学的ノウハウや体操教室で培った身体づくりのノウハウを活かした競争力強化を実現します。
本社屋を活用した24時間フィットネスジム開業計画業績不振のタクシー事業を事業譲渡し、名城公園近隣の本社ビルで24時間スポーツジムを運営する。安定した経営と共に、地域住民や名城公園で運動する人たちの屋内運動施設となり健康増進に貢献する。
統合型フィットネス支援システムの開発及び販路開拓既存事業である、生活雑貨の製造卸及びフィットネス施設運営がコロナ禍で多大な影響を受けた。これに代わる新事業として、「統合型フィットネス支援システム」を開発・提供することで新分野展開を図る。
理学療法士監修のAI画像分析でフィードバックが受けられるフィットネス・機能訓練アプリの開発健康に関心の高い一般消費者(主に出産・育児中の女性、中高年〜高齢者層の男女)をターゲット顧客とした、AI画像分析によるフィットネス・機能訓練のサポートアプリの開発とサービス提供で新規事業に挑戦する。
人生100年時代を健康で豊かに生きる!今までに無いちゃんと教える24時間フィットネス従来の顧客放置型の24時間ジムと違い、トレーニング指導・食事アドバイス等の付加価値を提供する24時間ジムを経営する。更に、AIテクノロジーを搭載したマシンを導入し、新たな付加価値を創造する。
24時間営業セルフサービス型フィットネスジム店の運営訪日外国人減少の影響を受け休業したゲストハウスを改装し、24時間セルフサービス型フィットネスジムに転換する。最新機器を利用したコロナ対策を行うながら、珍しい料金形態で他店にはないサービスを提供。付加価値を増加させながら地域に貢献していく。
総合フィットネス事業の強みを活かした2つのチャレンジ総合フィットネス事業の企画・運営という強みを活かした①24時間フィットネスサービス ②オンラインヨガで直接来社型モデルから転換し、リアル施設を活用して差別化を図り、弱みを打ち消し新たな認知を得る。
地域の顧客に対応したフィットネス事業への進出山口県光市の中心部に、新たに健康維持型フィットネスジムを開設する。特長としては、既存事業における自社の強みを活用し、利用者に寄り添った対応で、コロナ禍においても地域住民に気軽に利用してもらえるジムとすることである。
ホリスティックビューティーを叶えるセミパーソナル型フィットネスジム事業へコロナ禍で影響を受けているブライダルヘアメイク事業から発展し、美容・健康・ライフスタイル充実を叶える未来型フィットネスジム&サロン事業を開始 オンラインやパーソナル対応などアフターコロナを見据えた事業へ成長させる

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社ではフィットネス事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事