UA-33885026-2
事業再構築補助金

「キャンプ」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「キャンプ」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「キャンプ」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「キャンプ」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

新型コロナが広まる前から、世の中では世界的にアウトドアのブームが起こっていましたが、コロナ禍になり、3密を避けられるレジャーとして、キャンプが大きな脚光を浴びるようになりました。当面もオミクロン株などの流行が続くことが考えられ、キャンプへのニーズは日に日に高まっていくことでしょう

これから、「キャンプ」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
自然環境に恵まれた録音スタジオ併設のホテルでグランピング&キャンプコロナ禍を乗り切り、将来展望を切り拓くために大型レコーディングスタジオと併設のホテル屋上と敷地内にグランピング施設およびキャンプ場を設け、新たな価値創造を図る。営業的施策のIT化を図り、独自の予約システムを構築する。
ポストコロナに対応する車中泊施設オートキャンプ場当社はこれまで、飲食店(居酒屋)8店舗を経営していたが、コロナ禍により来店客数が激減した。そこで、新分野となる車中泊施設オートキャンプ場事業を手掛けていく。トイレやシャワー、洗濯機等を完備。またバーベキュースペースの貸出しでは飲食店経営のノウハウを活かした地元食材の提供を行い、新規顧客の獲得を目指す。
健康重視!コロナ対策!ロハス体験プライベート・オートキャンプ場自然エネルギーを駆使したインフラ整備と20年の水処理技術経験を活かし、再生可能エネルギーモデル施設として、大人から子供まで、遊び、学ぶロハス体験型のプライベート・オートキャンプ場により、コロナ禍における事業再構築に取り組む
キャンピングカーごと楽しめるイベント盛り沢山のキャンプ場の運営遊休不動産と人脈を活用し野外イベント(ダンス、ドローン)が楽しめるキャンプ場を立ち上げる。また敷地面積が大きく高低差も少ないことから一区画を広くしキャンピングカーごとサイトに入れることを特徴とする。
差別化したオートキャンプ場運営による地域活性化への貢献と安定的な収益の獲得新型コロナウィルスの感染拡大により、将来の先行きが不安視され、戸建て住宅やリフォーム案件の需要は低迷している。個別施設やワーケーション対応といった他社との差別化をしたオートキャンプ場を運営し、キャンプ場の多い地域の活性化を図るとともに安定的な収益の獲得と経営の安定化を目指す。
地域密着・体験型コミュニティキャンプ場日本一と名高い河岸段丘の展望の景観で、体験・学ぶ事の出来るキャンプ施設に、地元の農家様と連携したレストランの経営も併せておこない、新しいスタイルの地域密着及び、コミュニティあふれる地域密着体験型のキャンプ施設を作ります。
スカイパーク毛呂山併設キャンプ場整備事業埼玉県立黒山自然公園地域内の山林(地目-山林)に車両が出入り出来る通路をつくり斜面の林間区画(ハンモックテント)を中心とした設置区画数30区画のキャンプ場を造る。
仕事しながらキャンプも楽しめる、宿泊可能なコワーキングスペースの開業当社は建設工事会社として幅広い工事を手掛けてきたが、コロナの影響により受注が減少している。そこで自社所有の古民家の敷地にコワーキングスペースを開業し、新たな事業に取り組む
自動車専門知識を生かしたEV専用キャンプ用品の開発販売とキャンピングカーのレンタルサービス中古車の輸出販売を通して培った、国際的な動向と先端技術を捉えた自動車専門知識を生かして、普及の兆しを見せるEV(電気自動車)に特化したキャンプ用品等を開発・販売する。加えて、新製品を生かしたキャンピングカーのレンタルサービスを提供することで、中古EVの国内販売にも繋げ、貿易に依存した経営体制を脱却する。
「ドッグラン」の付加価値を向上させる為のキャンプ場計画千葉県南房総市でペット関連のドッグランを営んでいる。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、日帰りレジャーの一環に該当する弊社は思うような集客を得られない。新たに新分野展開し現事業とコラボレーションさせる事により、「サービス業」から「宿泊業」をプラスし事業を再構築する。
多様化するワーケーションに向けて新規プライベートキャンプ施設開設自然豊かな環境を活かし、従来にないプライベートキャンプ施設の新規開設、新たなターゲット層開拓、さらに多様化するリモートワークに向けて地域と密着したワーケーション推進事業を行う。
割烹料亭から地域資源を生かしたオートキャンプ場へのシフト食事つきオートキャンプ場: 顧客1組に対し、駐車場とテント設置エリア、エアコン付の頑丈で目を引くコンテナを基盤にウッドデッキを配置し提供。解放感と高級感を演出します。
飲食ノウハウを活用、初心者にも快適なキャンプ場運営コロナ禍による飲食店の売上高/営業利益減少という課題に対し、飲食店運営のノウハウを活用し、顧客の体験価値を重視したキャンプ場運営事業を新分野展開することで、休業リスクの逓減を図り、事業体質を強化する。
女性にも優しい地域密着型、サウナ付きキャンプ施設事業昨今のアウトドア人気、コロナ禍需要を考慮し、これまでのイベント企画PRなどの経験を最大限に生かつつ、女性に優しく地域貢献企画も盛り込んだサウナ付きキャンプ施設を新たに事業展開します。
「密」を避けた、DIY体験が出来るキャンプ場事業への新分野展開コロナ禍により既存事業である内装工事の売上が減少。代表者の人脈により、鹿嶋市をはじめ、地元の事業者からの支援を受けられる事からキャンプ事業に参入。「密」を避けられるキャンプ人気の高まりと、内装工事のノウハウを活かし、ブームとなっているDIY需要を取り込み、新たな収益源を確保する。
電設のプロが拘りぬいた「安心安全設備」「環境配慮」「ここだけの景色」の3拍子揃ったキャンプ場コロナ禍で本業の電気設備工事業が困難となる中、電設工事のノウハウと、アウトドア・コロナ禍でも密を防ぎつつ旅行と自然を楽しめるという点に着目し、キャンプ場運営事業により(新分野展開)を行う。5年後に売上11,852,625円(総売り上げの11%)を目指し、群馬県安中市の地域発展や社会課題の解決等に貢献する。
山林を維持管理する点検事業から、山林を楽しむキャンプ事業への進出山林等の斜面崩落を防ぐための点検・調査・設計において、特殊技術を用いた防災活動を主に行ってきたが、この技術を応用して山林を楽しむキャンプ場事業へと進出して事業リスクを分散する計画である
障がい児受け入れ型の自然体験キャンプ場「ライフベースキャンプ」の運営那須高原において、ホテルや旅館の運営コンサルの経験を活かして、障がい児受け入れ型の自然体験キャンプ場「ライフベースキャンプ」を運営し、障がい児の自然体験を通じて機能改善や心身の成長のサポートを行う。
長野県峰の原の大自然を生かした贅沢キャンプ体験 絶景グランピングリゾート長野県須坂市仁礼峰の原で「忍者」をコンセプトにしたスキー場を、夏の季節のスキー場の有効活用にグランピング施設4つ、キャンプ施設を展開。ポストコロナの時代の日本人の旅行需要の中でも人気の「自然観光」を捉えます。こだわりの食事やBBQコースを提供し、高単価で人件費を抑制したローコストオペレーションにより高収益モデルを目指します。
キャンプ場の企画開発・運営コンサルティングによる大胆な新分野展開コロナ禍における生き残りをかけ、キャンプ場の企画・開発・運営に関する一貫したソリューションをパッケージ商品として提供し、大胆な新分野展開を図る。
アウトドアを満喫!手軽に楽しめる都市型キャンプ場への挑戦サバイバルゲーム場とマウンテンバイク場を運営する会社が、ターミナル駅から手軽にアクセスできるキャンプ場を開き、手ぶらで行ける利便性と多彩なアクティビティにより、近郊の住民の生活に潤いを提供する。
多くの遊休地を活用した新スタイルキャンプ場の展開による地域活性化事業弊社は地方自治体とともに地域振興主体の自転車イベントを全国的に展開してきましたが、新型コロナウィルスの多大なる影響を受け、大規模イベントが中止となり、当社も危機的な状況になっています。この状況を打開すべく、当社のイベント企画力を活かし、ソロキャンパー用キャンプ場を開設します。また、汎用的なマッチングサイトを開発し他キャンプ場を含めた予約API提供やコンサルティング事業を展開したいと考えております
廃校を利活用したキャンプ場で、地域を活性化する事業再構築の取り組み廃校を利活用したキャンプ場を開設。

学校はインフラ環境が整っており、グラウンドは平地でテントが建てやすい。

コロナ禍のアウトドアやワーケーション需要を取り込み、地域との交流機会や地元食材の販売等で地域活性化を目指す。

石材を素材にした新たなキャンプグッズ・テーブルウエアの販売事業安価且つ高品質加工が強みのベトナム工場と冲セキのお持つ石材の世界的供給網を使い、キャンプ市場に石材グッズを販売、希少性の高いソープストーンを使いテーブルウエア市場に参入する。
快適な空間でアウトドアを体験できるグランピングとキャンプ事業飲食店で培ったスキルを活かし、高品質の料理を届けるとともに、プライベート空間を確保しつつ非接触をコンセプトとした自動化に特化した好立地かつ利便性の高いグランピング施設の開発を行う。
官民一体型、白山手取川ジオパーク内の白峰キャンプ場再生から新たなまちづくりへ数年間閉鎖されていた「白峰キャンプ場」。白山市からの貸与・施設管理を受けたことを機に、ノウハウを持つ宿泊・飲食運営のグループ会社と共同でキャンプ場の再生含め、官民一体となり、まちづくりと再生を目的とする。
高精度金属切削加工を用いた高価格高品質キャンプ用品の製造増加するソロキャンパーの高品質用具ニーズに応えるため、「5軸同時加工」「検査工程のライン組み込み」「ブランディング」を課題に設定し、解決策として「5軸マシニングセンタ」の導入を実施し、顧客ニーズに応えます。
設計から製造までの一貫生産体制を活かしたキャンプギア市場への進出計画自動洗浄機製造で培った豊富な知識と高い技術力、一貫生産体制を活かし、オリジナルデザインにも対応したキャンプギア等の製造を行い、成長著しいキャンプ用品市場へ新たに進出する
「道の駅」における革新的なオートキャンプ場事業「道の駅」の既存資源を有効活用しながら、トレーラーハウスを利用する貸切温泉風呂付き宿泊ブースを備えた革新的なオートキャンプ場を新設し、コロナ禍~コロナ後のアウトドアレジャー需要の吸引と地域経済の活性化を目指す。
木曽御岳観光の復活に向けたホテル併設グランピング施設・キャンプ場運営による新分野展開事業当社は現在ゴルフ場を運営しているが、当施設に近い「ホテル木曽温泉」を、所有者である木曽町より譲り受けた。ホテル改装に併せて隣地を整備し、新分野事業として新たにグランピング・キャンプ場の運営を開始することにより、既存のゴルフ場並びに同時に着手するホテル事業との補完・相乗効果を目指す事業である。
体験農園付き手ぶらキャンプ事業の展開計画ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた新分野展開として、体験農園併設の手ぶら利用可能なキャンプ施設を設営し、当社業況回復のみならず、地域経済活性化を図る。
ペット同伴可能な完全プライベート空間の提供を強みとしたキャンプ事業移動自粛に伴い団体客のキャンセルが相次ぎ、ホテル稼働が低迷しています。そこで、タクシー事業者と連携し、「アクティビティ」「食事」「リラクゼーション」「貸切送迎」などのコンテンツを選択してペットと一緒に楽しめる、キャンプ事業に取り組んでいきます。
保有する経営資源を最大活用したキャンプ場経営への新分野展開しゃぶしゃぶ・すき焼きの宴会が主力の当社は、コロナ禍のため急激な業績悪化(前期比7割減)に陥っている。そのため、保有する山林などを活用してキャンプ場経営を新事業として展開し、業績回復及び経営の安定化を図る。
飛騨地域最大級のキャンプ場事業への進出標高1300m~1400mに広がる御嶽鈴蘭高原の日本最高レベルの景観を活かし、飛騨地域最大級のキャンプ場を新設して、コロナ禍下で市場が急成長するキャンプの需要を呼び込むことで、ゴルフ場の売上減少を補い、当該地域の観光振興に貢献し地域活性化を目指す。
砂利採取場跡地での6次産業型観光農園カフェ及びデイキャンプ場の設立・運営計画砂利採取後の跡地に苺狩り観光農園カフェ及びデイキャンプ場を建設する。カフェでは、苺狩りとの一体型サービスを行うほか、苺を使った加工品の製造販売も行う。デイキャンプ場は、バーベキューもできるように整備し、複合型のサービスを提供する。
再構築に向けた「中古キャンプ用品買取・販売、レンタル事業」の新展開コロナ禍の経営の不安定ならびに継続性が厳しいなか、新たに「中古キャンプ用品買取・販売、レンタル事業」を始める。建物(店舗)建設とWEBでのPRを実施することで売上拡大を図り、コロナ禍からのV字回復を図る。
キャンプ場内での飲食店の開始既存のキャンプ場内の建物を、キャンパー向けの飲食が提供できる飲食店に改装しテイクアウトに対応していく。キャンプ客だけでなく観光客や地元客の取込みも行っていく。
エアストリームキャンプ場及びエアストリームの輸入販売業への転換事業コロナ禍で新築の需要が減少傾向にあることから、新規事業としてエアストリームの輸入販売を手掛けるための準備を進めていたが、事業の転換が迫られる状況になり、エアストリームを有効活用するためにエアストリームキャンプ場運営を事業化する。
キャンプ場宿泊者をキャンプ用品店の会員及びその家族に限定するキャンプ場経営オートキャンプ場の経営を行います。特徴としては宿泊者を弊社の経営するキャンプ用品店の会員及びその家族に限定します。こうすることでキャンプ場宿泊者につき一定の質を維持するとともに、会員に特別感を与えることでキャンプ用品店の売上向上も期待できます。
国立公園内で地元食材を生かした食事が楽しめるキャンプ場施設へ新分野展開親会社が所有する三重県鳥羽市の伊勢志摩国立公園内にある土地を活用し、新たにキャンプ場施設の運営を行う。既存の飲食事業で培ったノウハウを活かし、地元食材を活かした食事を提供し、地域活性化にも貢献する。
「いちご観光農園」の運営と「キャンプ&BBQ施設」を融合した美浜町観光振興事業いちご観光農園併設型キャンプ場を開設。キャンプでのBBQの食材の提供、浴室の利用、いちご狩りと食事のセットなど、既存事業(旅館)と融合した新しいサービスを提供する。
技術センターの土地と建物を利用し、新規にキャンプ場とコワーケション事業を始める現在、技術部(製造業)とゲストハウス(宿泊業)を営んでいる。新規に、ゲストハウスのノウハウを応用して里山の中にある技術センターの敷地をキャンプ場と建屋の一部をコワーケションが出来るように改修し売上減少を改善させ、三つの事業でアフターコロナに備える。
遊休地を活用したゴルフ場・キャンプ場・アドベンチャーパークを併設した複合施設本事業では当社が保有するゴルフ場周辺の使用されていない土地を造成し、新たにキャンプ場・アドベンチャーパークを新設する。コロナ禍によって落ち込む業績を回復させ、コロナ収束後も持続的な成長を目指す。
キャンプ初心者のための自然共生体験型アウトドアパーク事業かもしか荘」と「かもしかオートキャンプ場」は、コロナの影響を受け、全社の売上・利益ともに減少。新たに人気の高いグランピング施設を活用した自然共生体験型アウトドアパーク事業への挑戦する計画を策定した。
道の駅を活用したキャンプ用品レンタル事業による地域活性化事業コロナ禍により、主力事業であるインターネット販売に大きな影響が生じている。自社の強みと、提携する外部資源の活用で、キャンプ用品レンタル事業に参入し、地域の活性化に寄与する。また、自社の事業に幅を持たせ、継続可能性を高める。
地域の農園の中の貸切型小規模キャンプ場(AgriCamp)アウトドア雑誌の企画・編集の経験を活かし、貸切型小規模キャンプ場(AgriCamp)の運営を開始し、コロナ渦にもおいても安定した収益をあげ、提携する農園及び地域のイノベーションに寄与します。
地域の魅力を創造していく、非日常が体験できるキャンプ場!!コロナの影響で当店含む飲食業界は時短営業等で売上が激減している。

そこで、豊かな自然やブランド食材などの地域資源と飲食業で培った食に関するノウハウを活かしたオートキャンプ場の運営事業を展開し再起を図る。

温浴施設を備えた「次世代型オールシーズンキャンプ場」の開設事業快適性欲求の高まりとオールシーズン利用者の増加に着目して温浴施設を備えたオートキャンプ場を新たに 建設します。キャンプ場の建物・設備のリフォームのノウハウを獲得して、本業での売上獲得に寄与します。
非接触型キャンプ場運営と古民家を活用した田舎体験民泊施設運営への新分野展開滋賀県近江市の自然の中にあるかやぶきの古民家を改装した建物とキャンプ施設を1日1組限定でお貸しし、利用者が田舎暮らし体験と静かに深く自然を楽しむアウトドアフィールドを運営する。
チームワークと地の利を生かしたオートキャンプ場新展開新展開コロナによる売上減少への対策として、チームワークとITツールを活用した人材育成という当社独自の人的資源管理能力でオートキャンプ場事業を立ち上げ付加価値の向上、雇用の増大、地域貢献を実現し事業持続化を図る
川上村キャンプ等複合レジャー施設の建設運営による地域活性化事業当社の代表者が保有する渓流沿いの古家付山林(川上村高原地区)を賃借し、「キャンプ場」・「釣り場」・「バーベキュー場」・「カフェ」の4つの複合施設を建設(リフォーム含む)運営する。
攻めの経営へ!アウトドア需要を捉えたキャンプ場への新分野展開新たな収益の柱としてキャンプ場を開設し、高まりを見せているアウトドア需要を取り込む。他社にはない独自サービスを提供することで集客を図り、経営の回復及び安定化を図る。
外構施工展示場を兼ねた「ドッグラン&キャンプ場」事業への展開既存事業は成長余地のある外構工事部門に注力し、回復が見込めない解体・土木工事部門を縮小。余剰人員のスキルを活かして、様々な外構施工の展示場を兼ねたドッグラン&キャンプ場事業を新たに展開する。
農家ブリッジプロジェクトと初心者に優しいキャンプ場農繁期は人手不足の農家を支える労働者宿泊施設、農閑期は初心者キャンパーたちに優しいキャンプ場として運営。年間通じて施設を稼働することで、自社の売り上げ安定を図り、地元の農家をサポートする事業。
和歌山県の魅力を満喫し、コロナ禍でも語り合えるキャンプ場運営当社は飲食業であるが、本事業ではウィズコロナを見据えた新たな業態として「お客様自身が、自ら火を起こし、調理する中で、家族や仲間と語り合う場を提供する」キャンプ場の開設により業態転換に挑む。
総合グランピング・キャンプ施設「ラピュタ-DAISENの舶」コロナ禍に伴うグランピング・キャンプ市場の拡大を踏まえ、自然や非日常を快適に過ごすプライベート施設として、近隣4県及び首都圏20代・30代若年層、ファミリー層、インバウンドをターゲットとしたグランピング・キャンプ事業に挑戦する。
自然災害への知識習得、防災教育を重視した新キャンプ事業の進出新事業としてキャンプアウトドア事業に進出します。自然をそのまま生かし環境に配慮した最低限の設備で事業を運営し、現在急増している自然災害に対して、災害時・レスキュー知識習得と体験サービスを提供します。
スポーツランドタマダキャンプ場計画新型コロナウイルス感染症の影響により緊急事態宣言が発出されスポーツランドタマダの利用客が少なくなっている。その状況を打破すべく新型コロナウイルス感染症の影響が少ないキャンプ場を新設し売上を増加させる計画である
『Sea  Village  Ok base』グランピングキャンプ場計画大崎上島町から委託された大串海岸海水浴・キャンピング施設管理事業の核として「グランピング事業」を開始する。「手ぶらで行けるキャンプ場」として将来の大崎上島町の観光事業の柱を目指す。詳細:施設:ドーム型テント35㎡×10戸+介護支援者対応スロープ付ウッドデッキ

特色:ペット同伴可。 デッキやテント内は車イス介護の方にも対応。

高い縫製技術・ノウハウを活かしたキャンプ用品市場への進出新型コロナの影響で繊維業界は停滞しています。コロナ禍でも需要が増加しているキャンプ用品市場への転地を図り、これまで培った高い縫製技術を活かして、ユニフォーム事業に依存しない強い収益構造を作ります。
何もないことの贅沢を提供!自然とふれあう誰でもハイレベルキャンプ場事業現在、コロナ禍による造園業における売上が激減している。造園業によるノウハウを駆使し、また保有する土地の有効活用を目指すため、現在人気が急増し、コロナ禍におけるレジャーとして定着しつつあるキャンプ場事業への参入を行い、V字回復を図る。
温泉三昧!各室内湯付きグランピング&オートキャンプ場 事業計画ビジネスホテル運営で培った集客と施設運営ノウハウを駆使し、58種230株の自家菜園で昔ながらの農作業と収穫体験ができる、全国的にも珍しい全客室内湯付きグランピング及びオートキャンプ場の運営
キャンプ場、グランピングにアクティビティを備えたグランヴェルデリゾート計画コロナ禍でも活況なキャンプ、グランピング市場に生き残りをかけて参入を決意。絶好のロケーション地に7万5千坪の用地を購入し、様々なアクティビティとデジタル技術や自家消費型太陽光発電システムを活かした非接触型の新時代のキャンプ場、グランピング開業を目指す。
四季の豊かな里山で5感フル回転の体験型キャンプ場開設所用地の原生林を活用した里山と自然が織りなす空間で、ソロキャンパーもファミリーキャンパーも楽しめる新しい体験型キャンプ場の開設。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の5感を使って満足度UPに取り組む事業で収益を上げる。
沖縄県南城市の環境と魅力溢れるキャンプ×体験型パークの設立で新分野転換世界遺産である斎場御嶽の豊かな自然を体験できるキャンプとパークを融合させた施設をオープン。地元素材を加工するワークショップやオートキャンプを提供し、ここでしかできない特別な体験を創出する。
いわさき牛肉BBQキャンプ場設営コロナ過により旅行ツアーや一般客が激減し、飲食売上が減少しました。ブームになりつつある3密を避ける屋外のオートキャンプ場を設営し、他のオートキャンプ場とは違うサービス(ブランド牛をセットにしたBBQ付)を付加して差別化を図り、新分野の売り上げを確保する。
コロナ禍で需要の高いキャンプ体験も可能な貸切古民家宿泊事業インバウンドの減少により売上が急減。国内観光客に向け、遊休資産を活用した非接触型の貸切古民家宿泊事業。コロナ禍で需要の高いキャンプ体験も可能とし、密を避け現在のニーズに沿った宿泊プランを提供する。
『自然体験キャンプ場』運営の事業化森林の資源や空間を活用し安全安心なキャンプ場を運営し、且つ自然と共生し、自主性を育む自然体験型サービスを提供することで、新規売り上げを狙う事業である。
キャンプ場及びコンテナサウナ製造販売事業遊休不動産を活用し、簡易に設置・運搬ができるコンテナを利用したグランピング施設、また販売可能なモデルハウスにも活用し、様々なニーズに応えるコンテナ製造販売事業
KOYA.lab業種転換事業 極寒地域手ぶらキャンプのススメトレーラーハウスレンタルサービスから旅館業法に基づく宿泊サービスに転換する。今までのノウハウを活用しながら北海道での冬期誘客対策を加えた新たなサービスで持続可能な地域観光を実現する会社体制を構築する。
農福連携で障害者さんによるキャンプ場経営ブルーベリーの体験農園付きキャンプ場を経営し、障害者さんの住居をグループホームとして提供し、障害者さんの仕事をキャンプ場で就労継続支援B型として提供する事により農業と福祉の連携で地域の活性化を図る
札幌市近郊の好立地キャンプ場の運営都市近郊の立地を活かし、本格的なキャンプ愛好家からソロキャン、若年層や女性客をターゲットとするキャンプ場を運営。機材一式の貸し出しを行うことで手ぶらでキャンプをすることも可能。
樹齢90年の大自然と山林管理のノウハウを生かしたキャンプ場事業不動産賃貸業の中でも山林売買を得意とする弊社のノウハウを生かし、樹齢90年を有する15haの広大な大自然を有効活用したアウトドア事業に新分野展開する。
北海道名水の郷、羊蹄山のふもとで大自然を満喫する通年キャンプ場の開設北海道遺産に認定され、世界的リゾートニセコに隣接する町でキャンプ場を開設する。自社の既存事業で10年以上実施してきたアイヌイベントと同じく既存事業の学習塾の教育の知識を融合させた独自のコンテンツとサウナを売りにしたアットホームなキャンプ場を目指す。
手造りハムメーカーの強みを活かしたベーカリーとオートキャンプ事業参入コロナ禍で不安定な飲食販売事業を再構築するために当社の強みと可能性を活かし、食を切り口とした観光事業へ参入する。国際コンクールで三ッ星など受賞したハムベーコンを活かしたパン作りと非接触販売、および、限定された「肉好きのためのオートキャンプ場」とすることで、コロナ禍でも密にならないサービスで事業再構築を図る。
「酒蔵で過ごす」をコンセプトにしたキャンプ場事業「酒蔵で過ごす」をコンセプトに、酒蔵に隣接する遊休地にキャンプ場を新設し、酒造体験ツアーや満点の星空の下での利き酒体験を通じた、当社にしかできない観光宿泊事業を行う。既存製品の認知度向上による売上増加の相乗効果と共に、V字回復を目指す。
自然との共生を提唱する屋根工事業者がキャンプ場をオープン『自然とともに暮らす』ことを提唱する屋根工事業者が、夏も冬も一年中遊べるキャンプ場をオープンする。キャンプ場の体験を宣伝活動とし、既存事業の屋根に草を生やす草屋根・薪ストーブの販売につなげる。
全天候型常設テントの開発によるテレワーク対応キャンプ場サービスファミリーをターゲットとした週末型キャンプ場を運営してきたが、コロナ禍のため客数が減少。平日の稼働率改善のため、テレワークサービスの提供を可能にする空調完備の全天候型常設テントを開発し新分野展開を図る。
キャンプミールキットによるECデリバリーサービスの開発感染症の拡大をうけ旅行先での土産品消費が長く低迷している。当事業では落ち込んだ土産消費を補うために、活性化している少人数キャンプ市場をターゲットとしたミールキットのECデリバリーサービスを開発する。
水道工事会社としての強みを活かしたキャンプ場の開設コロナにより新規の建設案件は減少しており、公共工事も減少が見込まれている。そこで、①アウトドアの人気が高まっていること、②元民宿の土地を会社で保有していることを活かし、キャンプ場の開設および運営をはじめる。
地域の雇用を守るための、秩父定峰キャンプ場(仮称)設立計画秩父市内で2店舗の飲食店を営む当社が、新型コロナ禍の影響を克服して自社の雇用を守るために、秩父市定峰地区において、ドームテントや古民家改装による簡易宿泊施設を併設したキャンプ場運営事業に進出する。
ガレージブランドの開発及びキャンプ用品のオーダーパッケージ受注事業職人の知識と技能を活かしコロナ禍で更にブームとなっているキャンプ業界(新分野)にて下記の開発・製造・販売・受注事業を行う

①キャンプガレージブランドの開発・製造・販売事業

②コアキャンパー及び異業種企業向けオーダーパッケージ受注事業

③人気ガレージブランドの仕入れ・販売事業

リスク分散と堅実な事業実現の為②、③にて堅実な売上を立てながら、①自社ブランドの開発でより大きな付加価値を実現する

屋内動物園から、屋外「動物と薔薇の森体験型キャンプ場」事業へ当社は主に室内に集客するふれあい動物園を運営している。ただ施設内は三密状態になりやすい。そこで、屋外でのふれあい動物園と薔薇園を併設した、動物との共生を学ぶ体験型キャンプ場事業への参入を企画した。
畜産業のブランド牛を活かした体験型キャンプ施設への新分野展開収益性や設備・運営面の課題に対し、自社の強みである「伏姫牛」等の地元産の食事と、パートナー事業者との連携による集客を図り、「畜産業の広大な敷地による自然体験、ブランド牛を活かした新たな体験型キャンプ場」により高収益な再構築事業を実現する。
『多古の星キャンプ場』 広大な敷地の中、「隣」が気にならない、美しい星空の下で過ごす非日常空間キャンプ場12,000坪の広大や敷地で美しい星空の下で、利用客が1日最大5組、「隣」を全く気にすることなく、思う存分騒げるキャンプ場を提供いたします!
「ハワイ キッズ・キャンプ オンライン」事業計画活きた英語を身につける「ハワイ キッズ・キャンプ」プログラムに、コロナ渦、ハワイに行かなくても、参加できるオンラインメニューを追加した、次世代に求められるグローバル人材を担う英語教育支援事業
キャンプ場開設と子供達の育成withコロナ時代密を避けたキャンプ場を開設すると共に、弁護士、医師を講師とする様々なアカデミックな子供教育プログラムを実施する。
EUREKA!新しいスタイルのキャンプ。GlamourなCamp!コロナ禍においてホテル業界は大打撃を受けた。新たに「グランピング」という新市場に進出し、感染予防しながら「アウトドア」を楽しめる場所を提供することで、コロナによる売上減少からV字回復を狙う。
新分野展開で新旧来島者誘致に繋げるキャンプ場の事業化キャンプ場が閉鎖された状況下、新たな施設開設によりリピーターの呼び戻し及び新規来島者の確保による島内活性化と経済効果を向上させる
美容室のホスピタリティーと専門技術を活かしたプライベートキャンプ事業コロナ禍で需要増のキャンプ事業に、美容のヘッドスパ技術、インナービューティーの知識や商材、ホスピタリティーを活かした『アウトドア×ビューティー×ヘルス』を融合した新しいプライベートキャンプ場を作る。
ドッグランを付加価値とした新規キャンプ場事業の立ち上げ当社の強みである「ドッグラン」を活かして成長するキャンプ場の市場機会を捉え、新規事業を立ち上げる。「ドッグラン」×「デイキャンプ場」により、オンリーワンの独自の付加価値を提供し、事業再構築を実現する。
トレーラーハウスを活用したキャンプ場運営事業への転換本事業ではコロナウイルスの影響による当社の売り上げ減少を克服するためにトレーラーハウスを利用したキャンプ場の運営を開始する。トレーラーハウスを用いることにより経費削減、利用者同士のソーシャルディスタンス確保の両立が可能となり、昨今のキャンプ需要に対応していく。
外国人スキーインストラクターを活用したイングリッシュキャンプ事業子供向けのイングリッシュキャンプ事業(英語のサマースクール)に新規に取り組むために、既存の従業員寮を宿泊施設に改修するとともに、自然豊かな中でのアクティビティと外国人スキーインストラクターを活用することで、通年営業に移行し売り上げの底上げを図る。
グリーン調達と溶接品質向上によるキャンプ用品業界への新分野展開進出計画新規受注獲得を目指すべく環境等に配慮した「グリーン調達」企業を目指す計画。それと同時に製品品質向上による付加価値の高い製品等の受注獲得を目指す計画とする。環境等に優しい炭化水素系脱脂洗浄と、外観製品にて溶接品質向上の為に、ファイバーレーザー溶接機を導入し、キャンプ用品等の新分野に進出する計画。
繊維で培った技術とキャンプノウハウを融合させたキャンプ専門店当社はコロナ禍の影響から、業績が低迷。そのため、これまで培った経営資源を有効に活用し、新たにキャンプに関連した食品およびキャンプグッズのレンタル、販売、飲食事業に進出する。そのため新たに中能登町に店舗を構える計画。
東尋坊におけるキャンプ場施設設営による経営の多角化既存の接客サービス業での人的ネットワーク資産を活かし、好立地な東尋坊でキャンプ場施設を設営する。既存の人的ネットワークとSNSでの広告宣伝によるシナジー効果で、潜在需要を掘り起こす。
無農薬野菜を活かしたバーベキュー、キャンプ、農場貸与事業無農薬野菜卸売・直売はコロナ禍によって打撃を受けている。バーベキュー、キャンプ、農場貸与など無農薬野菜を軸としたアウトドアレジャー事業を新たに展開し、新たな顧客獲得による経営の安定と、地域経済への寄与を目指す。
1日1組限定まるごと貸切キャンプ場の経営富士北麓の雄大な自然のなかで1日1組限定の貸切キャンプ場を始める。既存設備を活用することで多目的かつ全天候・オールシーズン型のキャンプ場として他にはない施設を目指す。
地域創生モデルの新食品製造・販売(6次化支援・キャンプ・ギフト食品)富士山麓の河口湖等に大繁盛飲食店を経営しヒットを生み出してきたが逆境に苦しんでいます。関係値を活かしキャンプ、ギフト食品を開発・製造販売し6次化支援で増収と雇用・地域貢献・活性化を目指します。
コロナでも安心して山梨の避暑地でリトリートできるキャンプ場山梨県北杜市に所有している3,500㎡を超える土地を利用して、常設テントを15箇所設置し、グランピングスタイルの、「リトリート」をテーマにした「北杜市武川キャンプ場 Voyage」をオープンする。
ペンション事業からプライベートキャンプ場事業への新分野展開本事業は、新型コロナウイルスの影響により、売上が激減したペンション事業から、当社がV字回復を達成するために、新たにプライベートキャンプ場(本格サウナ付き)の運営に挑戦する計画であります。
森の中にある陶芸小屋の敷地を貸切キャンプ場にする事業コロナ禍で居酒屋の売上激減。陶芸教室を開催している森の中の340坪の敷地に、水道設備・屋根付きバルコニーを建設し、ワークフリースペースありの体験型1日1組限定貸切キャンプ場事業を展開し、売上増加を図る。
一日一組限定プライベートコテージキャンプで自然を楽しむ一日一組限定プライベートコテージキャンプ事業を行います。目の前の川と滝で自然を楽しんだ後、小さな自家農園で収穫体験をし、取り立て野菜の美味しさをバーベキューで堪能して頂く事業計画です。
持てる経営資源を最大限に活用し高付加価値なオートキャンプ場の運営に取り組む当社はホテル併設のスキー場を運営しており、コロナ禍において大打撃を受けている。当社の立地、敷地・建物、宿泊業ノウハウ等、すべての経営資源を活用しサウナ付き入浴施設が利用できるオートキャンプ場の運営に取り組み将来にわたって経営の安定を図る。
観光ホテルの強みと相乗効果が発揮できるキャンプ場経営への進出宿泊業がコロナ禍によって厳しい中、観光ホテルを経営している強みを活かし、自然豊かな環境のなかでキャンプ場経営に進出する。グラウンドをキャンプ場として整備し、キャビン(トレーラーハウス)やバーベキュー施設を設ける。
地域の魅力を最大限に生かしたキャンプ事業への転換コロナ禍の影響で対面に不安があるお客様の来店頻度が減り、売上が大きく減少した。この状況を打開するため、当社敷地を利用したキャンプ場を新たに展開する。戦略的な価格設定とデジタル活用で、収益の向上を図る。
既存店舗(飲食店)を管理棟としたオートキャンプ場の整備既存飲食店(TEPPAN kitchen PORKY)を一部改修し管理棟とし、隣接地にオートキャンプ場を整備する。小諸市内外からキャンプ客を誘致し、地域活性化につなげる事業。
「豊野に元気を!まちなか“おもてなし”オートキャンプ事業」当社はホテル事業売却後に民泊事業に着手予定だったが、2019年台風、2020年コロナ禍の影響で現在まで着手できていない。そこで需要が急増しているキャンプ場を「まちなか」に作り、自社の持続化と豊野町の活性化を図る。
森林を活用した新たな顧客層向けのキャンプ場運営とワデュケーション事業①食や環境などに関心の高い健康志向の顧客層をターゲットにしたキャンプ場運営、②ワ―ケーション*サービスに加え利用者のお子様向けに自然を活用した教育等を提供する事業、さらに今後ニーズの高まる③特殊伐採事業を行う。いずれも各事業を補完し相乗効果を見込める計画である。
スキー場オンリーからの脱却!ゲレンデを活かしたキャンプ&農業体験事業冬のスキー場だけでなく、夏季シーズンも活かしたオールマウンテンリゾートを目指すもの。ゲレンデを活用しキャンプ場、農業、登山、真夏の雪遊びなど「ここにしかない新たな業態」への展開を行い新たな客層、売上を開拓する。
遊休地とアプリを活用した時間を大切にできるキャンプ場開設当社保有の遊休地とスマホアプリを活用し、非接触入場も可能なオートキャンプ場を開業

キャンプ場に適した立地にある開拓作業の済んだ土地を有しており、近年のアウトドアブーム・コロナでのキャンプ需要を受け。後継者のアウトドア知識や小学生向けの2泊3日自然体験教室に10年以上スタッフや運営に携わっていた経験を活かし、初心者のファミリー向けに手ぶらでキャンプを失敗なく楽しめるキャンプ場を開業する。

キャンプ場開設による観光事業への新規参入新型コロナウイルス感染拡大のなかでも大きく伸びを示す、キャンプメッカの朝霧高原地区の自社所有地にキャンプ場を開設して、これまではなかった新しいキャンプツアーメニューを開発する。
ポストコロナに対応した屋外で飲食が楽しめるキャンプBBQ場の開業全店舗が店内飲食のためコロナウイルスの影響で売上が大幅に減少しており、ポストコロナに対応した事業展開が課題。屋外飲食が楽しめるキャンプBBQ場を開業し、新たな事業の柱に育てることで経営体質の強化を図る。
災害時対応型オートキャンプ場の建設と運営による自立型経営の確立災害発生時のインフラ損傷時にも対応可能な「災害時対応型オートキャンプ場を建設・運営することにより地域に貢献し、企業体質を「受身・依存型」から「自立型」へと再構築する。
誰も作った事のない超精密加工を施した高品質キャンプギア事業航空機部品に求められる超精密加工技術を使ってキャンプギアを製造・販売。BtoBからBtoCへのビジネスモデルの変更により、新たな市場を開拓。他社には真似の出来ない高品質製品によりグローバル市場を狙う。
あなただけのオリジナル木製キャンプギア(キャンプ道具)の製作・販売による新分野展開「あなただけのオリジナル木製キャンプギア(キャンプ道具)の製作・販売による新分野展開」は、レーザー加工機及び刺繍ミシンを活用したオリジナルデザイン・名入れのサービスである。お客様の世界に一つのオリジナルを持てるというニーズが高くなれば、販売数が伸び、企業業績の向上につながるという様々な調査結果を踏まえ、顧客ニーズに答えるという点で業績向上につなげることを目的としています。
キャンプサイト&グランピングコテージでコロナに強いアウトドア需要獲得家族・仲間だけで過ごす×密にならないアウトドア需要を獲得するため、敷地内未活用エリアを使い、テントエリア&グランピングコテージを構築。1泊2食の旅館スタイルに加え、アウトドア色っを前面に出した宿泊を提供。
呉服屋が提案する、和のくらしを楽しめるキャンプ場作り「家族」「手仕事のやさしさ」「自然」という既存事業のコンセプトを生かして、「ファミリー向けのキャンプ場」を開設。アウトドアの特性を残したまま和文化を体験できる施設にし、和装の既存市場とは異なる和装ユーザーの創造を図る。
若狭湾に臨む京都由良川河口で、セルフレクチャー型キャンプ場の開設若狭湾に臨む京都由良川沿い 絶景キャンプ場を開設しセルフレクチャー型の屋外型の手作り食事、焚き火、くつろぎを提供する。欧州型のいろいろな調理方法をレシピ化し、SNS等で公開。SNSと体験の融合型キャンプ施設を開設する。
旅行会社が行うサブスクリプション(レンタル)キャンプによる新分野展開コロナ禍におけるアウトドアブームの中、キャンプデビューを目指す初心者をメインターゲットにした、キャンプ道具のレンタル専用キャンプ場の運営。
国内外に発信。キャンプを通して地方を元気にするG'CAMPコロナ禍により旅行会社(B to B)からの受注がゼロ。国内外の個人(B to C)へ、地方の魅力・伝統を伝えることが出来るキャンプツアーやキャンプ場などの情報をウェブサイトで提供し、地方の観光業等に携わる雇用の増加につなげる。
淡路瓦で和空間を演出する類のないキャンプサイトの整備及び設置計画当社では淡路瓦製造業・淡路瓦土体験サービス・瓦焼の飲食業を展開しているが、コロナ感染の影響を受け全般に売上げを落としている。新事業ではコロナ過で密にならないレジャーの高まりという社会変化に対応したキャンプサイト設置し新顧客を獲得する。
淡路島南岸でオールーシーズン貸切りキャンプ場の開設自社遊休地にオールシーズン貸切りで利用できるキャンプ場を整備し、バーベキュー等の既存飲食事業との相乗効果を図る
自然豊かなキャンプ場に地域の強み活かしたレストラン出店計画新型コロナによる売上減、人口減で事業規模縮小が見込まれる。淡路島の自然を活かしたキャンプ場にレストラン+アパレルの店舗を出店。特産品によるメニュー、相乗効果による集客、WEBを活用した販売強化に取り組む。
遊休資産の森林開発による里山環境を味わえるキャンプ場の開設飲食業を主とした観光農園を営んでいるが、コロナ禍でジリ貧な経営を余儀なくされている。補助事業により、遊休資産である森林を開発し里山環境を味わえるキャンプ場を新たに開設する。既存事業である農村体験やバーベキュー、ワーケーション施設との相乗効果により事業全体の再構築を図る。
都市型オートキャンプ場事業による事業再構築及び地域活性化既存のレンタカー事業に依存していては事業継続が危ぶまれるため、強みを活用できるオートキャンプ場(都市型)の事業を開始し、有望な市場であるオートキャンプ市場へ参入することで大胆な事業の再構築を行います。
プライベートキャンプ場運営とキャンプグッズの製造販売の開始既存事業の飲食店がコロナ禍において厳しい状況であるため、キャンプに関するノウハウやネットワークを活かし、プライベートキャンプ場運営と、キャンプグッズの製造販売に取り組む
自動車専門家が運営するオートキャンプ場の新しい楽しみ方を提供する新分野展開対面販売の自粛や高齢化・過疎化で需要減少した中で、多様化したニーズはレジャー目的で車を使用する人々が増加。ポストコロナでも車とキャンプを関連付けたレジャー運営を自動車専門家が行うサービス提供を始める。
ドッグランを主体としたキャンプ場併設カフェレストラン事業への転換コロナの打撃を大きく受けている既存事業のブッフェ式イタリア料理の店舗は、6月末をもって閉店する。本事業は、主に大型犬を対象としてドッグランを併設したキャンプ場及び喫茶スペースを建設し、経営を行うものである。
自社キャンプブランドのネット連動次世代商品提案型店舗実装事業本事業はコロナ禍による既存事業の不安定さを脱却するため、この時代でも成長を続けている自社オリジナルキャンプブランドをさらに成長させる為、現在のネット販売、SNSと連動させた次世代型の実店舗の実装を行う物である。
貸切オートキャンプ場新設による、地域の魅力発信とローカルSDGsの推進新型コロナウイルス感染症拡大により、当社の主要事業である、射撃場事業売上は大幅に減少。現状を打開するべく、貸切オートキャンプ場を新設し、地域の魅力を発信することで、地域社会の課題解決の取り組むもの。
庭キャンプ体験サービスを通したキャンプ関連施工の新規獲得による新分野展開コロナ過でも堅調なキャンプ市場を踏まえ、これまで当社が培ってきたガーデンエクステリアのノウハウを活かした庭キャンプ体験場を新たに運営し、宿泊体験などを通してキャンプ関連施工を新規顧客から獲得することで売上増加を図る。
アウトドア・キャンプ市場に向けた自社オリジナルブランドの商品の開発・販売コロナウィルス感染症の影響で結婚式等のイベントが相次いで中止となり、当社主力商品であるブライダル商品の注文が激減、さらに中国からの部材の仕入れがストップする等、事業運営に大きな影響を受けた。事業再構築のため、ニーズの高いアウトドア・キャンプ商品の開発・販売を行うビジネスモデルに転換する。
「キャンプ×写真家」プロカメラマン常駐のキャンプ場運営事業「キャンプ×写真家」をテーマに、キャンプ場として場所の提供だけでなく、インスタグラム等のSNSへ投稿する写真や風景写真の撮影アドバイスサービスを開始し、コロナの影響からのV字回復を達成する。
遊休地を活用したオートキャンプ事業展開地方の建設土木業は、長期化するコロナ禍の影響はもちろんだが、人口の減少に伴う地方公共工事市場は縮小する一方である。そこで大自然を誇る阿蘇に位置する自社所有の遊休地をキャンプ場として開発・事業展開する。阿蘇は熊本地震からの復興がひと段落し、県内外からの来訪者が戻り始めたことを好機と捉え、地域活性化を視点においたキャンプ場事業で、会社の収益回復と持続可能な経営基盤構築を目指す。
体験型キャンプ場施設及びアウトドアレストランの運営小学校廃校跡地および既存建物を活用し、自然豊かな環境の中で、アウトドア体験をはじめ、地元の食材等を利用したレストラン経営などの総合アウトドア体験施設を構築し、複合的付加価値を持つ宿泊体験を提供する。
マイクロツーリズム需要に応えた、手軽に楽しめる高原デイキャンプの展開既存事業の観光牧場を活かしつつ、自遊空間を楽しめるBBQフィールドや久住高原の大自然を組み合わせた高原デイキャンプの企画・展開を行う。手ぶらでも楽しめる気軽さを一つのウリとすることでマイクロツーリズムやライト層のアウトドアニーズに応えていく。
[しいたけ狩り」もできる小さなキャンプ場兼BBQ場今回、当社が取り組む事業はしいたけ生産者が運営するキャンプ場兼BBQ場です。既存事業であるしいたけを活かして「しいたけ狩り」もサービスに追加し、採れたてのしいたけをその場で食べていただく事で既存事業との相乗効果を図ります。
自然素材住宅の建築業の強みを生かし、キャンプ事業に進出本事業は、業務提携をしている㈱スノーピークのアウトドア用品を使用したキャンプ事業の取り組みであり、現在は注文住宅と併用する形で㈱スノーピークのアウトドア用品販売にとどまっているが設備投資等を行い満足度の高いキャンプ場を目指します。
非接触型「手ぶらでビーチキャンプ」事業で新分野展開!本島内初の本格的ビーチキャンプ施設『非接触型手ぶらでビーチキャンプ』で新分野展開。西海岸を望む美しいロケーションの恵まれた自然環境を活かし、メインのマリン事業の売上アップとの相乗効果を図ります。
換気が十分な屋外キャンプ場での当社ハンバーガーの提供飲食店のみを行ってきた当社ではコロナ禍の時短営業・休業要請のダメージを大幅に受けました。今回、コロナ禍でも人気の高いキャンプ場を設立し、そこで当社の提供商品を提供していく計画です。
「食+遊び」食のアクティビティ次世代型キャンプ場コンセプトは「食+遊び」。アウトドア市場の中に、生活に欠かせない【食】に特化したアクティビティが豊富な次世代型キャンプ場を作り、ホスピタリティ溢れる豊富なサービスを用意。キャンプ場ごと食のプロデュースをした、気軽に行けるキャンプ場である。
老舗節句人形店が新たに手掛ける、里山環境を味わうキャンプ場の設立・運営節句人形市場は縮小傾向の上にコロナ禍のあおりを受け、業績回復を外部環境に期待できない。そこで新たに里山環境を味わうキャンプ場の設立・運営を行う。成長市場での新事業展開でV字回復と地域イノベーションを図る。
キャンプ場オープンによる解体業から宿泊業への大転換事業現状の課題は、新型コロナウイルスの影響で売上の減少が見込まれることであり、その解決策として社内のリソースを活用し、キャンプ場(グランピング施設)をオープンし、新型コロナウイルスの影響に打ち勝つ。
コワーキングスペース付きキャンプ場の整備2か所運営していたデイサービスを一か所に統合し、空いた自己所有地と建物を再整備し、コワーキングスペース付きのキャンプ場を整備、運営する。他施設との差別化を図るため、日光の自然や歴史を生かした既存のガイド・スクール事業と相乗効果を狙う。
気軽に訪れて楽しく飲める「手ぶらキャンプ場」や「RVパーク」の開設「飲食業」から「飲食業×リソースを活かした新規事業」  ケータリングで飲食業を営んでいたが、コロナ禍で売上が落込んだ。経営が維持できる磐石な体制を築くため、自身が持っている強みや経営資源を活かしたキャンプ場・R Vパーク事業を行う。
絶景サウナキャンプでの経営合宿特化型ワーケーション事業コロナ禍でのテレワーク推進による経営合宿・ワーケーションニーズを捉え、絶景でのサウナとキャンプ施設でのオフサイトミーティング環境を整備し、経営合宿やチームビルディングに最適な一棟貸の合宿施設を開業する。
南房総初の総合的かつ本格的キャンプリゾート事業への展開個性ある3ホテルを営業しているが全て同じ業態で環境変化に大きく左右される。うち一つが広大な敷地を有することから敷地を整備、グランピング施設を新設することでキャンプ、ホテルと合わせたアウトドア体験を提供する総合的キャンプリゾート事業へと展開する。
シェアキッチンによる「市原のキッチンカーのベースキャンプ」新たにキッチンカー&デリバリー専用シェアキッチンを建設して運営することで、飲食店から不動産賃貸業への新分野展開を図る。千葉県市原市の事業者が連携した取り組みとすることで、地域経済の発展に貢献する。
グランピング&オートキャンプ事業ウィズコロナの時代において、感染リスクを抑えながらも楽しむことができる、  北海道勇払郡占冠村中トマムにて「グランピング&オートキャンプ事業」を行います。    グランピングとは、「グラマラス」と「キャンプ」を掛け合わせた言葉で、  手ぶらで楽しめるアウトドアリゾートのことを指します。
日常の暮らしを自然の中で感じる、キャンプフィールド事業簡易宿所・飲食業を中心とした事業を行ってきた当社は、コロナ禍の影響を大きく受け売上高が減少。新規事業として実行する本事業はこれまでに培ったノウハウを十分に活かしつつ、会社の未来を創造出来る事業としてキャンプ場の運営を行う
コロナを乗り越える!ワーケーションに対応したキャンプ場開発ワーケーション対応型キャンプ場を新規開発することで、業種転換による売上のV字回復を実現する。
富士山が見える麓で行うグランピング及びキャンプ事業山梨県の富士山の見える麓にグランピング施設及びキャンプ場を建築し、大自然の中でコロナ蔓延を防止しながらお客様に観光兼宿泊サービスを提供する事業
キャンプ場ビジネス参入による既存ビジネスからの業種転換所有している土地が長野県のすべての山を一望できる絶景であることから、この場所を活かして「キャンプ場」事業に参入。1サイト1水場を設置するなどし、ソーシャルディスタンスを保ちながら絶景と大自然の中で人間の五感を高め、大自然を満喫する。今までにないキャンプスタイルやワーケーション、各種イベント開催など行くだけで環境に対する概念が覆ることが体感できる場所である。
産業用工具からキャンプ用工具市場への進出のためのロボット・DX等の導入コロナによる既存事業「自動車向け等の産業用工具」の売上減を補うため、新規にロボット・研磨装置、燕三条地域でのクラウド情報共有システムを導入し、今後成長が見込まれる「一般消費者向けキャンプ用工具市場」への新製品の製造・販売を始める。
アウトドアで楽しむ「避密」のサイクリング×キャンプ宿泊体験新型コロナウイルス感染症の影響でパーソナルトレーニング事業の運営が困難な状況にあり、新たに自転車がコンセプトの宿泊施設をキャンプ宿泊体験と融合してアウトドアの楽しめる宿としてサービスを提供する。
キャンプ場でのバーベキュー提供及びバーベキューデリバリー事業素泊まりのキャンプ場事業だけを行ってきたが、新たに調理棟や飲食施設を設置してキャンプ場でのバーベキューの提供を開始する。また併せて周辺の別荘エリアに絞ったバーベキューのデリバリーサービスも開始する。
スポーツ、福祉市場から新規キャンプ市場への参入による事業再構築スポーツ、福祉市場から新たなキャンプ市場での売上確保のため軽量やデザイン性に優れた製品で差別化を図りブランド確立。製品実現のため精度の高いCNC旋盤等を導入しチタン、アルミの社内加工を可能にする。
新提案!ホテルでキャンプ「ホテキャン」構想で新分野展開団体客に依存した宿泊業経営は、コロナ禍で大幅な集客減少に陥っている。グランピング事業進出により、ウイズコロナ、ポストコロナに対応するとともに、グランピングとコンドミニアムを融合させた独創的な設備を構築し、個人客を主体とした新たな市場を開拓する。
宿泊施設運営からワークショップ型キャンプ運営事業への新分野展開宿泊施設運営から、ニーズが高まっている様々なワークショップ体験型のキャンプ場運営への新分野展開を図る。コロナ禍でもニーズが見込め、当社ならではの体験型キャンプ施設で売上のV字回復を目指す。
自社所有の山林を活用したオートキャンプ場事業への転換当社所有地には特有の奇岩や、イベント等を行ってきた為BBQハウスやログハウス等の様々な施設がある程度整備されている。その設備を最大限生かし、「キャンプの街佐久」プロジェクトの一環として佐久市とタイアップして、その資産と強みを活かしたオートキャンプ場を始める。ターゲットは首都圏のキャンパー。
仕事も遊びも楽しもう!リモートワーク対応型オートキャンプ場整備事業東御市所有の森林資源である「エコロピアの森」を賃借し、Wi-Fi完備のリゾートテレワークに対応可能なオートキャンプ場「信州とうみオートキャンプ場 グランタ」の運営。
旅館事業と相乗効果のある新事業(キャンプ・コワーキングオフィス)立ち上げ計画ウィズコロナ/アフターコロナを見据え、今まで培ってきた旅館業や自社ならではの強みを最大限に活かしつつ、ニーズの高い滞在型ワーケーションやキャンプへの需要に対応することによって新たな宿泊産業の形を模索する。
クラフトビールの生産及びキャンプ場での移動販売当社業務のイベントがほぼ中止となり事業再構築が必要となったため、倉庫を改修し、富士山伏流水でクラフトビールの生産を行う。当社所有の車両と備品を利用してオートキャンプ場で移動販売を行う。
耕作放棄棚田をキャンプ場×洒落たコワーキングスペースに再生!伊勢市神薗町の耕作放棄棚田を利用し、ビジネスパーソン向けキャンプ場&コワーキングスペースを建設運営すると共に、地元素材を活用した商品開発をすることで、地域活性を含めた事業再構築を行う。
キャンプ場再整備による琵琶湖リゾート空間整備事業コロナ禍で建設業の売上高が減少しており、弊社の土木技術と技術者の活用によりキャンプ場経営を行うことで雇用の確保と経営の安定化を図ります。
レディース中心のセレクトショップからキャンプ用品のプロショップへの新分野展開レディース中心の小売り業市場から脱却する為、キャンプ市場の広がりを艦み、キャンプ用品専門店を行う。
DIY体験キャンプ場近年の家具のDIY需要が増加しており、弊社の強みである技術力をいかして、滋賀県の琵琶湖沿いにある弊社土地を利用した「DIYが体験できるキャンブ場」を作り、木材にふれあい家族が楽しめる空間を提供する
美山町の魅力を伝える!キャンプ場併設のゲストハウス事業に進出新型コロナで将来不安から工事案件の延期が多発している。一方、キャンプ、マイクロツーリズムなど新たなニーズが生まれている。遊休となっている土地を有効活用し、ゲストハウス事業に進出する。
キャンプ用品のプラットフォームとアウトドアの複合型事業による事業再構築今までの物販中心の事業から、キャンプに特化したプラットフォーム事業に挑戦する。WEB上でのフリーマーケットとSNSの運営及び複合型アウトドア事業で顧客の囲い込みを行い、自社ブランドの強化を図り、ウイズコロナに対応していく。
パイプ加工による製造業とキャンプ業とのパイプ役のモデル化事業既存の製品(板金)では差別化できていない課題があるところ,パイプ加工業に事業転換をして解決をする。これにより,コロナ禍で需要が伸びているグランピング需要の受け皿となり,Ⅴ字回復を図る。
旅館業から新分野「キャンプ場」進出!新しい顧客層の獲得事業新型コロナウイルス拡大の影響で観光客が激減し、売上が減少している現状を解決する為、キャンプ場を開設し、高まりを見せるキャンプ需要を取り込む。これにより従前とは違う新しい顧客層を獲得し経営の安定を図る。
みほのせきキャンプサイト・グランピング事業旅館業を営んでいるが新たにキャンプ場を新設。食材や懐石料理の提供も行う新しいグランピングスタイルで新たな市場に参入、新規顧客を開拓する。
「せとうちキャンプフィールド(仮称)」事業計画パーク敷地内にある遊休地を活用し、オートキャンプ場を開設する。芝張り、区割り、車道の造成を行い40サイトを確保すると共にトイレ、シャワー、売店を兼ねた管理棟を建設する。
中古自動車販売業からキャンプ場運営事業への参入による事業再構築当社は中古自動車販売業であるが、競争の激化及びコロナの影響により売上が減少している。  そのため、キャンピングカー販売とのシナジー効果が見込め、安芸高田市との連携や当社ネットワークの活用可能な「キャンプ場運営」に取組むことにより事業再構築を行う。
コロナに負けない!地域資源を活かしたグランピングキャンプ場の業種転換コロナ渦の中、感染防止対策をしている環境で窮屈なく自然の中でのびのびと癒されながら交流のできる場所を構築していく。地方創生に役立つキャンプ場の展開。デジタル技術等を活用した推進事業
廃ホテル跡地利用によるオートキャンプ事業への参入小豆島の問題となっている廃ホテル跡地を利用して、小豆島において今後課題である観光客の集客及び宿泊施設減少を補うため、立地条件及びアクセスの良さを活かした他にないオートキャンプ場を設立し、地域発展に寄与します。
小豆島の最高の立地を活かし、島を満喫できるオートキャンプ事業遊休地となっている土地を活用し、新たにオートキャンプ場を建設し、新分野事業に挑戦する。  小豆島の豊富な自然や立地を活かしたサービスや強みを活かした体験プランなども付加しながら、顧客ニーズの獲得を目指す。
カッティングルーター導入によるキャンプ用品等の市場開拓カッティングルーターを新たに導入し、コロナ禍で需要が拡大しているキャンプ用品やインテリア用品等の製造にチャレンジし、アフターコロナでも地域の雇用を守ることができる事業へと育成する。
湯布院温泉ベースキャンプ場事業計画コロナ禍の影響を受けにくいベースキャンプ場事業に参入することで、コロナによる経営リスクを低減し、社員の雇用を守りながら継続的に収益を上げることを見込み、ひいては当事業での集客によって、湯布院、大分県全体の地域活性化を図る。
景観に配慮した屋外空間で快適に過ごす都市型デイキャンプ場構想造園業で培った技術・経験を活かし、佐世保中央公園にて都市型デイキャンプ場の創設運営及びアウトドアグッズの開発販売を行う。地域の魅力の発信と、快適なアウトドア環境構築を図る取り組み。
「宝島」天草、展望型絶景キャンプ事業当社本拠地である上天草市大矢野町では、熊本天草幹線道路「大矢野バイパス」の開通を数年後に控え、熊本県中心部(熊本市)他、県外からの観光客増加が見込まれる。この商機に対して、当社は天草地域の入り口という好立地、そして、当社所有の絶景の土地を活用したキャンプ事業を展開する。これにより、建設業としての収益とは別に新たな収益を確保できると考えている。

 

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社ではキャンプ事業を含む多くの採択実績もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事