事業再構築補助金

「シェアハウス」事業の採択事例(事業再構築補助金)

「シェアハウス」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「シェアハウス」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

「シェア~」と聞いて一番最初に思いつくのは「シェアハウス」ではないでしょうか。

それぐらい「シェア~」の代表的なものになりますね。近頃、一つのモノや場所を複数人で共有する機会が増えてきています。シェアハウスもその一つです。みんなで一つのモノを共有することで無駄もなくなり環境にも経済的にも良いですね。

これから、「シェアハウス」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
空き家を活用したリノベーション型シェアハウス・モデル事業「地域おこし協力隊との連携」「DIYや建築技術」を活かし、地方が抱える「空き家」を移住者向けにシェアハウス、シェアオフィスにリノベーションすることで「地域の経済活性化」や「地域雇用の創造」を図る。
エリア初!外国人向けシェアハウス運営による地域創生を!新型コロナウイルスの影響で、既存事業の(スナック店)の売上が激減。新たな事業基盤を構築するため、技能実習生・外国人観光客向けのシェアハウスを始めることで小さな農村部に賑わいをもたらし地域創生に貢献する。
不動産貸付業 シェアハウス メリリ若い子達の孤立を防ぎ、悩みを打ち明けれる場所の提供。中禅寺湖畔で働くホテル従業員の第二のふるさとを作る。
ホテル宿泊業から犬をテーマに男女が集うシェアハウス運営へ「犬をテーマとする若い男女が集うシェアハウス」の運営及び構築を目指す。ペットが好きな若者が多い中、犬をテーマとするシェアハウスは皆無。そこでラブラドール犬がいるシェアハウスを運営し、男女の入居比率をコントロールしつつ、犬をテーマとする出会いが生まれるシェアハウスの構築を目指す。
シェアハウス型一時滞在拠点の整備による地方移住と職探しの総合支援事業コロナウイルスの影響で住宅流通市場が縮小傾向にある中、近年増加している地方への移住と職探しをする人のため、当店の保有不動産を活用した一時滞在拠点の整備と就業先紹介・事業承継等のサービスを提供する。
Let's DIY! 古家を改修し大工小屋や多目的フリースペース付きのシェアハウスを建築するコロナ禍や空き家問題により活力を失った地域社会活性化のため、これまで活用の難しかった古民家をDIYその他様々な活動に対応したシェアハウスとしてリノベーションし、コロナ後の社会の成長方法を提案する。
24時間・365日常時介護・看護サービスが受けられるシェアハウスの運営古民家をリノベーションし、当社の強みの24時間365日の対応の介護・看護サービス活かしたシェアハウス事業を新たに取り組む。利用者には介護・看護サービスはもちろん、介護・医療難民が癒しと人間らしい自立的生活を送れる終の棲家を提供する。
商店街と連携し、困窮する若者サポートをテーマにしたシェアハウス事業経営は順調であったが、コロナウィルス感染拡大の影響で売上も減少し、事業を継続するには事業の見直しが必要となった。そこで困窮する若者の向けシャアハウス事業を展開し、新たな収入源を増やす事でV字回復を狙う
古民家を改修した見守り高齢者向けシェアハウス事業の新展開地域高齢者の生活を今まで以上に支援するため、見守ることのできる高齢者向けシェアハウスの運営を始めます。住み手のいなくなった古民家を大幅改修しシェアハウスにして、これまでの各種介護サービス業とは異なる賃貸住宅業を行い、新たな収入源とします。
24h365日サポート!IT人材育成型障がい者シェアハウス既存事業のDX推進に欠かせないIT人材を育成しながら、障がい者も安心の24h365日サポート付きの県内初のシェアハウス事業。都道府県知事による「共同生活援助」の事業者指定を受けて福祉サービスを提供する。
街につながるコミュニティハブ型共同居住賃貸住宅(シェアハウス)事業観光客の激減により既存の宿泊事業飲食事業の売上は減少。そのため、既存事業は街の入口として活かしつつ、シェアハウスという新しい定住拠点を築き、地域と連携して収益を増やす事業を展開します。
若者の孤立を支える「コミュニティ促進型シェアハウス」の運営現代の社会課題である若者の孤立の解消を目指し「コミュニティ促進型シェアハウス」を設立します。元々自社で倉庫利用していた建物を活用・リノベーションし、若者の自立を応援する総合支援施設として事業化します。
日本唯一の文化体験型シェアハウス「宮ヶ瀬手しごとの家」人口減少と空き家増加の課題を抱える神奈川県清川村宮ヶ瀬地区で、歴史ある伝統的な古民家を再生させ、伝統工芸品や民芸品など全国各地の「手しごと製品とともに暮らす宿泊所運営事業(宮ヶ瀬手しごとの家)」に取り組みます。都心近郊の自然豊かな「宮ヶ瀬手しごとの家」にワーケーションやリモートワーク目的で滞在する働く世代をターゲットに、関係人口創出と伝統文化の新たな繋ぎ手・販路拡大を目指します。
IOTを活用した緊急宿泊用シェアハウスの設立事業介護認定が無く介護施設では受け入れてもらえない高齢者に対して、緊急宿泊用シェアハウスでの宿泊を提供する。デイサービスで培った高齢者支援ノウハウやIoT技術を活用することで、高齢者にもその家族にも安心安全の緊急宿泊サービスを提供する。
空き家を活用しコロナ禍でも安心して暮らせるシェアハウス新事業建設業を営んでいる。コロナ禍で人同士のつながりが希薄化する中、空き家を活用して自社で安価にリフォームし、感染症対策を徹底しコロナ禍でも安心して暮らせるシェアハウスとして、不動産賃貸業への進出の足掛かりとする。
障害児通所支援事業(自宅から通う)から障害者入所支援事業(生活の場所)の自立シェアハウス新型コロナウイルスにより、分散登校や蔓延防止措置により外出自粛により、通所事業は自宅からのデイサービスの通所による運営である事から、運営障がい福祉児童運営の事業所は、利益低迷となり、新事業、障がい者入所支援事業(18歳以上の入所)可能な入所施設を新設運営すること、事業再構築補助金により、v字回復するとともに、現状のよき職員と一緒に必ず成功させたい事業計画であります。
遊休スペースを使った国際シェアハウス、シェアオフィスの運営コロナ禍で市場が拡大しているシェア市場への進出~日本にいながら留学生活、多文化共生をめざす~ 若者達の居場所の発見、やりたい事の実現に向けて新たなコミュニティーの機会を創出し、地域発展に貢献する。
空家を活用したシェアハウス・日本語学校等の運営による業態転換現在空いている物件を賃借または購入・リフォームし、外国人と日本人のシェアハウス事業で地域の空き物件率を減らすとともに外国人とのマッチングで地域活性化を促進し、売上アップをはかる。
外国人就労者・留学生と地域の融合を目指す国際交流シェアハウス運営による地域創生への挑戦!市内空き店舗・空き家のリノベーションを行い、外国人(日本語学校の学生及び市内企業勤務の外国人労働者)向け国際交流シェアハウスを展開して当社の収益の柱に育成する。地域課題の解決(雇用のミスマッチ解消、生活拠点確保、中心市街地・商店街の活性化)に貢献して地域創生を目指す。
高齢者×母子家庭のシェアハウス事業既存事業である民泊事業から札幌市郊外の一戸建物件を活用して、新たに「シェアハウス事業」を開始する計画。従来のシェアハウスとは異なり、入居者を高齢者とシングルマザー(母子家庭)の2つに特化し、互いに協力しあいながら共同生活ができる環境を本補助金で整備する。
移住者支援シェアハウス事業の展開による地域活性の取り組み新型コロナの影響で感染率が著しい都市部の方が地方へ移住する傾向が高くなっております。同社では岩手県花巻市への移住希望者の受け皿を整備し移住初期の伴走支援を目的としたシェアハウス事業を実施します。
ワンストップでサポートする自立向け高齢者専用シェアハウスこれからの高齢者社会に向けて介護保険のみにとらわれない高齢者専用シェアハウスを建設し、認知症や要介護状態を予防するとともに、積極的な地域、社会参加を促すことで高齢者の生活をさらに豊かにすることを目指す。
コロナ禍の人間関係の悩みに!元シェアハウスマネージャーの『上手な人間関係』オンライン講座新型コロナウィルスウィルス感染症の流行によりもたらされたテレワークなどの行動様式の変容は家庭内・外に新たな人間関係の悩みを生んでいる。こうした悩みを元シェアハウスマネージャーが実際に経験した実例を交えながらオンライン講座を行う。
生活サポートと温かい食事の提供・シニアの孤立を防ぐシェアハウス事業要介護状態になる前の高齢者を対象に、安心・安全に生活できるシェアハウス運営です。特徴はスプリンクラー、バリアフリー、手すり等を完備した建物内で、24時間スタッフが常駐し、食事(朝・昼・晩の3食)の提供と生活サポート(掃除洗濯・買物代行)を行います。
リース業者のシェアハウス事業進出で地域のドライバー不足を解消コロナによって運送量が減り当社の需要も激減している。カーリースのノウハウと遊休不動産の強みを活かし、ドライバーの定着率を後押しするシェアハウスを作り事業再構築を図る。
遊休不動産をシェアハウスに転換。外国人就労者と地域の融合で人材不足の解消へコロナ禍で時間ができ不用品処分行う方が多く当社トランクルームの契約が激減しました。遊休不動産と留学経験、同属企業の人材不足を機会と捉え、市場拡大しているシェアハウス業に参入します。本事業を通して留学生難民と孤独な若者、失業した在日外国人の問題解決を行います。
移住体験型モデルシェアハウスおよび移住者向け住宅事業による新分野展開コロナでの需要減・売上減の打撃を受けている中、働き方の変容(ワーケーションなど)の住宅ニーズに対応した移住体験型モデルシェアハウス・移住者向け住宅事業により売上・利益拡大での業績早期改善と継続成長企業を目指す。
ワーケーション施設とシェアハウスを融合させた新しいビジネススタイルの「シェアケーション(造語)」施設事業当社の強みである宿泊業と飲食のノウハウを活かして、小豆島島内で競合が少なくニーズの高い、簡易宿所(滞在型ワーケーション)事業に参入する。「生活・ビジネス目的」で、「法人客・個人客」をターゲットにし、食堂・温浴施設付きの「生活・ビジネス用滞在型ワーケーション施設事業への新分野展開を行う。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「シェアハウス」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事