UA-33885026-2
事業再構築補助金

「農業」に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「農業」に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「農業」の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「農業」に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。近年では機械の力を借りた農業が盛んになっています。
例えば、ドローンを用いた農業が挙げられます。機械の力を借りて、効率的に作業ができればヒトの負担が減りますね。

また、作業が自動化できれば空いた時間を他の作業に使えたりもしますね。

これから、「農業」を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
「運ぶ」から「トータル支援」へ ドローンを活用したスマート農業支援事業農業資材の運送事業をベースに運ぶだけでなく、ドローンを活用した肥料・農薬の散布代行、ドローンの販売、ドローン操縦士育成事業に参入し、事業再構築と地域のスマート農業の普及と啓蒙に貢献する。
農業イノベーション!「農業をやる時代」から「農業もやる時代」へコロナ禍の影響により業務用農産物の使用が激減し農業界での流通危機となっている。特に大量に在庫が出ている米への影響は甚大であり今までの農業流通では立ち行かない。本事業では新たな農業ビジネスモデルを再構築し、農業流通変革を行う。
北海道オーガニックチキンの開発から販売で代わる日本の有機農業北海道初の有機JAS認証の食鳥処理場を建設し、自然豊かな北海道で育てた有機鶏を全道各地に広めて行きます。有機認証を受けるにはヒヨコの時から、有機飼料を与え飼育する必要があります。現在、鶏卵用に繁殖させる鶏の半分は雄が生まれ、ほとんどがヒヨコの時に廃棄されている現状があり、この雄を飼育する事で新たな価値を見出す事ができると考えています。これからは無駄を減らし価値を高める事が大切だと考えます。
インバウンド向け旅行業から、農業を活用したクラフトビール製造業への「新分野展開」仁木町産フルーツをふんだんに使用した、仁木町初のクラフト缶ビールの製造販売事業。

北海道仁木町にあるグループ会社が生産する10種を超える青果を活用し、味わい多彩なクラフトビール(缶ビール)の製造販売をはじめる。旅行、農業、クラフトビールを掛け合わせ、事業の多角化を図る。

果樹園とワイナリー経営で6次産業化を推進する農業生産法人が、ヘルス・サステナブルツーリズムに取り組み、宿泊を伴う体験を提コロナ禍で落ち込んだ売り上げを回復させるため、少人数に対応した体験宿泊施設を新設。農業の知識を生かし、SDGsを意識したサステナブルな癒しの体験(アクティビティ)を提供することにより新規顧客を獲得し、直販率の高い安定した経営を目指す。
農業における産業用ドローンの普及に対応する新サービスの提供産業用ドローンの販売力強化を目的に、㈶農林水産航空協会認定教習所と認定整備事業所を取得し、今後見込まれる産業用ドローンの免許制を見据え、オペレーター教習の実施と販売した機体のメンテナンス事業を行います。
ドローンを用いたスマート農業支援サービスセンシングドローンを用いて、農作物の育成状況を分析し、それに必要な薬剤(肥料・農薬・除草剤)を大型ドローンで散布し、収穫量の増大および散布量の節約による経費節減を目指すサービスの提供。
農業副産物のもみ殻を原料とする植物由来シリカの製造販売事業地域の米生産者にとって悩みの種である農業副産物のもみ殻から有用物を抽出・加工し、化粧品原料用シリカを生産します。環境問題によって化粧品等に使用されるマイクロビーズの代替原料の調達に悩む業界にとって、植物由来の天然材料は高付加価値で高いニーズを見込むことができます。
大型塗装ライン製造ノウハウを活かした農業機械業界の小~中型の塗装・乾燥ラインへの進出自動車関連の大型塗装ラインを中心とした製造を行ってきたが、コロナ禍で自動車業界の稼働に浮き沈みが大きい中、新たな分野として農機の塗装・乾燥ライン等のサイズの小さい生産ラインの分野への進出にあたり、ボトルネックとなる切断工程を刷新し、受注競争力の向上、リスクの分散化を図る取り組みである。
農業体験型宿泊事業(北軽井沢ファームステイ)農業体験型宿泊事業を通じ、食の生産現場への理解を推進し、都市と田舎の人のつながりを目指します。既存事業の有効活用並びに販路拡大に繋がる事業であるとともに地元の農家、団体、市町村と協力し、金融機関(東和銀行)の支援を受け地域経済への貢献できる事業を推進します。
キクラゲの菌床卸として日本の農業と国民の健康へ寄与当社は健康をテーマとした商品の卸売業を営んでおります。今回「キクラゲの菌床卸」の分野で新たな市場に進出します。自社でもキクラゲ生産モデル施設を運営し、農家さんに視察してもらうことで協業先を増やす取り組みを行います。
IOTで無人チェックイン!農業体験が楽しい車いす対応の宿泊所コロナ禍において家族だけで楽しめる一軒家タイプの宿泊施設のニーズが高まっている。

そのニーズに対応するためにIoTを取り入れ、車いすも利用できる室内、庭で農業体験ができる宿泊所を実現する。

持続可能な循環型農業による家族オーナー制度と足湯オープンカフェ旧建物を解体して新たに足湯オープンカフェを建設してボイラーにより井戸水を沸かしたお湯を循環させる。1次産業から撤退し、「観光農園」「家族オーナー制度」「自社加工品の直接販売」へ事業の選択と集中を図る。
最新型ベンダー導入による農業用照明の反射笠への進出新規事業として、従来の住宅向け金属建材から成長市場の施設園芸や植物工場で用いられる農業用照明の反射笠の製造に進出します。農業用照明の反射笠の事業に当社の技術や開発力を集中し新製品を開発すると共に安定した量産体制を築きます。
ドローン技術で農業支援に新規参入撮影で培った6年間のドローン操作経験の技術を農業用ドローン操作に活かし、高齢化の進んでいる中山間地での小農家の農薬・肥料散布を請け負う。
スマート農業支援のための新たなサービスの提供コロナ禍の克服は勿論のこと、提供する技術サービスの優位性を高めることが喫緊の課題であ。当社の強みであるITスキルとドローン操縦技術を組み合わせて農業のICT化(スマート農業)を支援し、農業の省力化や新規就農者の掘り起こしに貢献する。
持続可能なアグリ(農業)リゾートの開発10年間運営しているシェアハウス(共同居住型住宅)がコロナ禍の影響で収益困難になったため逆にコロナ禍で需要の高まる「1日1組限定の一棟貸し宿」を開く。「収穫体験ができる有機農園」を併設し差別化を図る。
ウィズコロナ時代の体験型農業サービス①わさびの体験型農業サービス

世界農業遺産・日本農業遺産に登録された畳石式わさび栽培のグランピング型収穫体験サービス

②複数農家の農業体験専門情報提供・予約サービスの開発・展開

日本全国の農業体験サビスを一つのサイトに集約し、一括で情報提供・検索・予約が可能になるWebサービスの提供

農業用ドローンを使った農薬散布等受託事業コロナ禍の影響で大幅な売上減少に直面。新たな収益の柱として、農業用ドローンを使った農薬散布などの農作業の受託事業を新分野展開として創出し、経営の強化を図る。
ドローンを利用した地域農業の活性化推進事業ドローンによる農業・除草剤の散布及び水まき、農業に特化したパイロット育成スクールを新規事業として行う。
富士山の麓で農業・アクティビティ体験型富士山展望宿泊リゾート施設の建設富士山の麓、鳴沢村の森林の中に富士山が展望できるコテージを建設し、樹海ツアー等の自然体験や農業体験ができる体験型宿泊リゾートの建設を行う。また、既存事業の宿泊施設の利用者が日帰りで利用できるBBQ場を併設し、相乗効果を狙う。
建築業職人によるドローンを活用した構造物管理および農業・環境分野の問題解決ドローンを活用し様々な建物や太陽光発電設備の診断・点検業務を行い、またスマート農業の普及を目指し地域貢献に努める。
排水管清掃業及び農業サポートサービス(施肥等)業への展開当社事業の「川上」である産業廃棄物処理業に対しては新たに排水管清掃業を展開、また「川下」である堆肥販売業に対しては新たに農業サポートサービスを展開することで事業の再構築を図る。
全国の地域資源を活用したスピリッツ製造のための蒸留器購入と循環型農業構築新たにスピリッツ専用の蒸留器を購入し、全国の地域の名産品や廃棄予定の農産物を原料とした食事と相性の良いスピリッツを受託製造及び自社製造にて実施することで、今後の新たな収益の柱と循環型農業を構築します。
次世代農業を体感できる複合観光施設電気工事業の省エネ技術を生かしたいちご栽培を行い、同時にいちご狩り、いちご直販所、ドッグラン、丸ごといちごかき氷の販売、公園(芝そり)、屋外イベント(建設、地場産フェスティバルなど)行う複合観光施設を展開する。
鉄製コンテナを用いた収穫代行と市場出荷で深刻化する農業の人手不足問題を解決する事業本事業は、キャベツの一大産地である当地の農家が抱える「収穫・荷造り・出荷(集荷)」という、時間と労力を要する作業に対する不満から着想した。鉄製コンテナを用いた収穫代行と市場出荷を組み合わせた新しい農業サービスを開発し、これまで当社が主としてきた青果仲介卸業の上流となる農業分野への新たな事業展開に取組み、農業が抱える高齢化、人手不足、食品ロスという社会課題の解決を目指す。
IPリモート配信システムを使った農業用ドローンによる農薬散布代行サービスコロナウイルスの蔓延により受注していた動画配信業務の多くが中止となるなど、当初の想定を大きく超えてコロナの影響が長期化する事が想定される。そこで、創業時の原点である農業に回帰し、農業のノウハウ、動画配信およびドローン空撮での技術や知識を生かした農業用ドローンによる農薬散布代行ビジネスをスタートし、収益モデルを大きく変化させることを目的とした事業である。
都市農業体験サービス「ふぁそら」の展開コロナ禍によって、自分で農作物を育てたいという人が増えているが、都市部ではなかなか取り組む場所がない。そのため百貨店の空きスペースを活用した農業体験サービス「ふぁそら」を展開し、初心者ニーズに対応する。
ドローンを活用した地域の建設・農業分野の課題解決とドローン操縦士を養成する事業新型コロナウイルス感染拡大により民間企業の設備投資が停滞し、当社も打撃を受ける中、当社代表者がもつ人脈やドローン技術を活かして、建設現場や農作業の省力化・効率化を実現するサービスの提供、および、ドローン操縦士を育成する教習サービスに取組むことで、当社の収益力の向上と地域課題の解決に貢献する事業。
20年積み上げたレーザー加工技術を活用し、スマート農業資材分野への新分野展開当社はレーザー加工のジョブショップとしてを行っているが、コロナ禍以降、自動車製造設備分野の設備投資の先送りが相次ぎ、受注減少・減益に苦しんでいる。そこで本事業で新たにファイバーレーザーによるパイプ加工設備を導入し、長年培ってきたレーザー加工技術の横展開が見込める新分野に参入し、新たな顧客獲得に取り組む。
循環型農業施設を活用した新分野展開、教育研修及び農産物等生産事業給排水衛生設備工事を営む弊社が、コロナの影響を打開するため、研修用施設として循環型農業施設を導入する。施設を利用して、1次産業への進出を図ると同時に、教育研修事業、農産物等の生産を行う。
イチゴ農家の生産性向上を実現する革新的農業ハウスの設計・施工外部環境の急変により既存事業のコンクリート建設工事受注が減少している。そこで当社の有するデザイン性の高いモルタル造形技術により、イチゴ農家の生産性向上を実現する革新的農業ハウスの設計・施工を実施する。
いちご農園から農業資材の販売&加工品ショップによる六次産業化と法人化計画これまでイチゴ農家としてJAに卸してきたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による買い物頻度の減少の影響が大きく、当園の売上高も減少傾向にある。そこで、今後は農業経営体として法人化することに加え、取引先から打診されている農業資材の販売、加工品ショップの出店等を通じて六次産業化を実現する。
製造業IoTからスマート農業への転換〜農作業効率化のトータルサービス〜スマート農業事業進出の第一歩として、RTKを活用した自動操舵システム、農薬・肥料の空中散布代行、穀物乾燥機のモニタリングシステムを提供するサービスを立ち上げる。
ワイン・食・農業をテーマとした宿泊事業既存事業のワイン販売を活かした宿泊事業。コロナ対策を実施し易い2部屋のみの小規模で、ワインと食を楽しめる滞在型宿泊が可能。ワインセラーも併設、主に宿泊客を対象とした直接小売も実施。施設前は畑で果樹もあり、宿泊客の農業体験も可能。
電器店の新展開!ドローンによる農業支援&次世代スマート農業へ電器事業が低迷する中、手掛けていた小型ドローン空撮サービスに対し、農家の顧客から農作業への要望が増えてきたため、今般本格的にドローンによる革新的かつ複合的な農業支援サービスを展開する。
乾燥調整事業と卸販売で持続可能な地域農業の発展新型コロナウイルスの影響により、農産物の物流混乱及び価格下落が生じた。現在業務用米を生産している強みを活かし、地元生産者へ多収穫米の生産ノウハウを提供し、生産された米を当社で乾燥調整、買取、検査などの流通工程すべてを当社が担う事で顧客ニーズに最適化した流通を構築する事業を開始する。
ドローンと画像診断AIを用いた革新的スマート農業支援事業の展開緊急事態宣言等によって当社への工事の発注が減少している。そこで当社の強みであるドローンの操作技術、3Dデータの加工といった強みを活かし、画像診断AIを開発することでスマート農業分野に新しく進出する。
脱炭素社会に貢献する二酸化炭素回収装置を活用した農業分野展開事業空気分離技術で、ハウス栽培や植物工場で植物の光合成促進に必要なCO2を空気中から回収する「二酸化炭素回収装置」を開発製造し、農業市場へと新分野展開することで空気中のCO2を減少させ、脱炭素社会の実現に貢献します。
京丹後市の廃校を活用し、雇用を守り新規就農者のロールモデルとなるスマート農業へ参入京丹後市の気候と廃校を活用し、雇用を守るスマート農業へ進出。農福商連携でブランディングし流通の仕組みを作り、生産から販売まで一気通貫。Iターン・Uターン者にとってのロールモデルを作る。
障碍者向けグループホーム設立・農業6次産業化(加工・販売・飲食)による農福連携事業への挑戦株式会社ウェルアグリと株式会社アグリイベリスは、それぞれの既存事業である障碍者向け就労支援サービスと農産物の生産と農業経営指導で培った強みを活かし、2社で密接に連携しながら、障碍者向グループホーム運営事業と農産物の加工/販売施設・飲食店舗運営事業による新分野展開を図り、加工設備・飲食店舗での障碍者就労や、グループホームでの農産物生産等を通じて、農福連携による事業拡大並びに地域の活性化に挑戦する。
農地の石礫処理による地域農業の活性化事業建設業がコロナ過の影響で不安定な中、農業者の悩みである農地の石礫を粉砕処理する事業に進出する。当社は農業者との繋がりが強く、当地は京野菜の主要な産地として有名であることから、新事業により地域農業の強みを更に強化することができる。
地域のランドマークの再生と地域農業の課題解決を組み合わせた施設運営スポーツパークの指定管理による施設運営を行い、この施設を自社でグランピング施設にリノベーションします。来場者に対し、体験農業プログラムを提供し、地域課題である農業の後継者不足解消の一役を担い、施設での雇用と山椒の生産を組み合わせた事業の再構築を図ります。
地元農業者と共に取り組む健康的な和食専門店への新分野展開既存事業はサラリーマンや団体を対象に居酒屋事業を行っている。コロナにより団体売り上げが減少し、新しい事業として健康をテーマとした4名以下で利用の20~40代女性に向けた和食専門店を展開する。
スマート農業化が進む農業機械業界への新規参入による事業の再構築コロナ禍の影響で鮮明となった同分野依存から生じる売上減少体質から脱却するため、高精度加工に対応可能な複合加工機を導入する事で工程集約と精度保持の技術を創出し、新たな農業機械業界に向けて新分野展開を図る事業である。
飲食事業経験を活かした自然・農業体験付き農家レストラン運営と近隣施設連携による地域活性化西脇市住吉町で8年間空き家となっていた古民家を買取、改装。農地を整備し、地域の農業関係者の方と力を合わせ、農園を新設。農業体験や周辺の山や川、ホタルなど自然豊かな観光資源を活かした農家レストランを運営。地元、周辺事業者と連携した事業展開により地域活性化に貢献。
大阪府農業公園におけるグランピング事業大阪府貝塚市の農業公園において、グランピングを中心とした宿泊施設、飲食施設の提供により地域活性化、雇用創出、SDGs等の実現を図る事業。
~誰でもできる農業~ オリーブとお茶のオイルで農業変革耕作放棄地の有効利用とスマート農業の積極的な導入により、オリーブと茶の実を高品質かつ高い生産性で栽培し、加工販売する。人材の育成に尽力し、誰でもできる農業をコンセプトに地方の雇用創出を目指す。
ドローン導入における生産効率の向上や一般消費者への直販を可能にする「農業支援システム」の開発日本の農業界の高齢化による生産効率や売り上げの減少を解決すべく農業にITを活用します。農業において高齢化が進む中でも誰もが簡単に扱えるような「農業支援システム」プラットフォームを構築し、日本農業界の活性化に貢献できる事業となります。
古民家再生と「農業+宿泊+ワーク=グリーンワーケーション」事業空家バンクを利用した古民家再生を行い、「農業を体験しながら仕事を行う」=「グリーンワーケーション」という概念を生み出す。宿泊や日帰りでの利用も可能とし、新たな働き方を提案することで企業の需要を取り込む。
新製品開発で切り開く、スマート農業市場への新分野展開本補助事業では、ビニールハウスに用いられる「プレス製ジョイント」を新たに開発・製品化し、スマート農業市場という大きな進展が見込まれる市場へ供給することで、次世代の収益の柱を作るべく事業再構築を行う。
ドローンを活用したスマート農業を実現する操縦者の育成事業果樹王国である和歌山県の耕作地は山の斜面を活用した傾斜畑であり、農作業の身体的な負荷が高い。本事業では、運搬、肥料散布など農作業をドローンで担いスマート農業を実現する人材育成により、農業を支援する。
農業機械総合管理ワンストップサービスの提供顧客である農業者が所有する農業機械を、使用しない農閑期の間、当社の倉庫にて長期保管し整備。預り料と修理代をいただく。翌年使用するまでの長きにわたり当社で丁寧に清掃、点検、整備を行い、引き渡す。不要となった農業機械は買取り、インターネットを通じて全国の販売会社へ販売する。
ドローン技術による総合的な農業サービス業の地域拠点を目指す星天事業土木建設業を縮小し、米の生産販売・餅米飯の製造販売に主幹事業を転換、ドローンによるオペレーターとして農薬散布等の実績を基にドローン教習所事業を新規に立ち上げドローンによる総合的な農業サービス業の地域拠点化を目指す。
地域農業の課題解決に挑戦し持続可能な地域の実現を目指す地域農業の課題①地域に農機具修理業者がいない。課題②スマート農業が未実装で生産性が低い。課題解決のため自社の強みを活かして新分野に挑戦。自らスマート農業を実装することでスマート農業を地域に浸透させる。
“日本初”エディブルフラワーでブライダルと農業の融合無農薬で栽培したエディブルフラワー(食べられる花)を新設の店舗で、販売また料理として提供。様々な加工品を作り店舗やネットで販売。販売や加工前には、花壇として既存事業のフォトウェディング(写真だけの結婚式)のロケーション撮影に使用する。
高強度銑鉄材料ADI1200によるスマート農業市場への参入現在、市場が急拡大している農業、通信技術を活用した「スマート農業」市場に参入するため、本事業により製品の軽量化、高強度化に貢献が期待される最強の銑鉄材料ADI1200を用いた製造を開始し、当社事業を再構築するもの。
農業用ドローンによる防除の受託作業を含むスマート農業支援事業計画書農家の細かいニーズにあったドローンによる防除作業提供と、農家の実体験を取り入れた製品開発をされたドローンを販売し、ファーム・ドクターとして地域の農業の問題や悩みを解決し、農業事業の発展に寄与する事業を展開する。
ドローン活用によるスマート農業推進と次世代ICT技術者輩出の取組イベント企画業である当社が培ってきたドローン操縦技術と、ドローン大学校との連携を活用し、新たにドローン空中散布事業とドローンスクール事業を実施し、スマート農業推進および、次世代ICT技術者輩出に貢献する。
九州初!ドローン用の一発肥料散布・販売にてスマート農業を支援コロナ禍で嬉野市の一大産業の観光業が深刻な被害を受け、当社の売上も大きく減少した。もう一つの主産業である農業分野でドローン用の一発肥料を開発し、農家へ販売・ドローンの散布を行い地域活性化にて売上拡大。
離島発、新たな有機農業用土壌改良剤による離島地域の活性化計画コロナ禍と人口減少により奄美群島の建設需要は減少している。

新分野展開で複合乳酸菌を製造・販売し、土壌改良剤として離島の基幹産業である農業を活性化する。

合わせて有機肥料として脱炭素の流れで増加する有機農業の需要に対応する。

農業の成長産業化に向けたスマート農業推進のための新分野展開事業地域の特性を活かした農業基盤の競争力強化に向け、政策としても農業の規模拡大、農家の経営力向上、スマート農業化が求められる中で、最新技術を活用した農業の作業受託事業の新分野展開を行うことで、収益力向上、競争力強化を図る。
NASAで開発された「エアツリー」を伴う農業情報科学コンサルタント事業への新分野展開AI農業とは「農業情報科学」の意味であり、熟練農家の優れた農業の技術やノウハウを、情報通信技術(ICT)の活用して「見える化」します。これにNASAで開発されたAI農業設備「エアツリー」を組み合わせ、新たなコンサルタント事業等を展開します。
農業用ドローンを活用した農薬散布請負サービスの展開現在青果物の卸売業を行っているが、コロナ禍の影響もあり事業拡大が課題となっている。農業関連の取引先が多いことから、新たに農業用ドローンを用いた農薬散布事業を開始し、地元農家の作業支援を行うと共に業容の拡大を図る。
バイオ土壌菌を活用した有機農業対応培土の開発による新分野展開コロナ禍により外食産業が冷え込み、農家向け培養土の売上高が減少。巣ごもり需要により園芸需要は増加したが、ホームセンターの休業等により販売チャネルを失ったことが大きな痛手。本事業により、有機農業に活用できる培養土を製造・販売し新分野への挑戦とSDGsへの貢献を果たす。
農機具業者向け中古農業用機械の買取販売FC本部の新規構築事業既存事業である中古農業用機械買取販売と農機具屋に対する販売方法・メンテナンス方法や経営相談等で培ったノウハウをベーズに農機具屋向け中古農業用機械買取販売のフランチャイズ展開を行う。
職人ビレッジ構想空き家再生ものづくり体験・農業体験型民泊事業本業である左官工事業の技術と知識を生かし、地域で問題になっている空き家を再生することによりコロナウイルスで影響を受けている首都圏の方に地域住民と連携をして民泊及び農泊を目的に貸し出しをする体験型宿泊事業
栃木県矢板市内におけるワーケーション施設併設飲食店及び農業福祉連携施設の建設地域住民と取引先のニーズに応えた、栃木県矢板市に関東近郊からの集客をするための施設としてワーケーション施設併設飲食店を建設し、デリバリーと既存取引先の商品をECサイトで販売を行う事業。
地域にありがとうと言える、川越地区農業6次産業化プラットフォーム構築本事業は、自社の飲食・宿泊業で培ってきた調理技術や仕入れルートを活用して、別事業で展開しているしいたけの生産プラントを応用した川越地域の生鮮野菜や加工食品を大手スーパーに流通させる新しい6次産業化プラットフォームです。
天然素材の消臭剤製造で畜産業・農業ヘの新たな販路を切り開く事業ゴルフ場グリーン向けの肥料や土壌改良剤を輸入・販売してきましたが、ゴルフ場のコロナ禍による売上減少の影響を受けています。取り扱い商品をべ-スに完全天然素材の業務用消臭剤を開発・製造し、悪臭クレ-ムで悩む畜産業者に販売します。
関宿の雇用を生み出す建設業と農業のコラボレーション当社は内装工事業です。今後、代表が実家である農業の事業承継を控えています。内装工事と農業の双方の経営で、雇用を生み出し地元関宿の活性化へつなげるため、カフェ、小売店へ進出します。
WEBアプリを使ったレンタル農業サービス事業計画Webアプリを使い、スマートフォンから指示を送り現地の協力スタッフが農作物を育てる形で、利用者はリモートで手軽に農業体験が出来るサービスを計画している。これにより空き農地の新しい活用も促進していく。
確立した土壌微生物活性農法の展開と農業への付加価値創出型ビジネスモデルの構築独自製法のフルボ酸を活用し、土の微生物活性を促進する「新しい土づくり」農法(とブランディング)により、「美味しく」残留農薬のない「あんしん」な「食」の実現、「地球環境」貢献も目指す地域循環型農法ビジネスを展開します。
子育て、農業、再生可能エネルギー、林業における『有料会員サービス事業』消費者に対し、オンライン上の情報提供・知的体験・ビジネス機会を提供する事業。マッチング性の高いプラットフォームを各分野に創出することができ、子育て、農業、林業、再エネ分野の市場活性化=社会問題の解決に貢献する。
農業改革とクールジャパンの実現に向けたクラフトマンシップ伝承事業ウイスキー製造におけるクラフトマン(農家、精麦業者、蒸留所、ブレンダー)に対する独自のバリューチェーンの構築及び知識・ノウハウをデータ化して蓄積及び共有することを通して生産性向上を可能とするプラットフォームを構築する。
ITソーシャルビジネス(脱炭素、福祉と第二次産業化農業の連携)<IT社会貢献ソーシャルビジネス>

①空き家急増対策と障がい者住居確保のため、空き家を障がい者グループホームに改修

②耕作放棄地問題対策と障がい者就労機会増大のため、DXアグリ加工施設を開設

③これらの電力需要増を脱炭素化発電でまかなう

スマート農業促進のための先端農業用機械の販売事業環境の確立スマート農業(農業×先端技術)ではITと融合した農業用機械が必要である。しかし、多くの農家は今までにない機械について未経験である。本事業では、実際に機械が動くところを見せ、また実際に販売を行なうことでスマート農業の普及事業を行なう。
農業×エンタメ」を実現するエンターテイメント農場の企画・運営興行プロモーターとして様々なイベントの企画・運営を行ってきたがコロナ禍によりイベントが中止・制限され厳しい経営環境が続く。今後は農業とエンターテイメントを掛け合わした新事業を立ち上げコロナ禍でも安定した収益体制を作る。
スマート農業用機械の最新IoT部品製造への挑戦スマート農業に対応した農業機械のポンプ用コンポーネンツ、IoT用ユニットの製造を行う。

スマート農業に対応した農業用機械の市場規模拡大を機会に、農業用機械のポンプ部分、IoTユニット部分を新たに製造する。

既存優位性を活用したスマート農業DX支援サービスへの主力事業転換コロナ禍の中、緊急事態宣言による観光客の激減と先行き不安による取引先の設備投資計画の中止による収益悪化を踏まえ、比較的コロナ禍の影響が少ない分野への事業転換として情報提供サービスによるスマート農業支援サービス事業に参入し、農作業効率化と農業収益を向上させる農業DXを推進する事業を展開し当社経営の安定化を図る
農業から業種転換「充電(癒やし)と放電(仕事)を繰り返せるワーケーション施設」都会のビジネスマンに向けた持続可能なワークスタイルの提案。部屋を増築、設備の導入、及びウェブサイトをリニューアル。ワーケーションに運動&農体験プログラム、オーガニックの食事を付け、「ワーケーションで健康になる」という付加価値を提供する。
スキー場オンリーからの脱却!ゲレンデを活かしたキャンプ&農業体験事業冬のスキー場だけでなく、夏季シーズンも活かしたオールマウンテンリゾートを目指すもの。ゲレンデを活用しキャンプ場、農業、登山、真夏の雪遊びなど「ここにしかない新たな業態」への展開を行い新たな客層、売上を開拓する。
農業の大規模経営化に伴い拡大する農作業の効率化ニーズに適合した粒状ペレット肥料の新製品開発大規模経営体への農地集積が加速するなか、作業能率向上は農業の喫緊の課題となっている。本事業は、小規模農業に適した粉状有機配合肥料の製造販売を主体とする当社が、この課題に即応できる粒状ペレット肥料の自社製造を可能とし、コロナ禍で受けた経営ダメージのV字回復を図るものである。
金属板金加工技術を活かした持続可能な農業の実現に向けたスマート農業導入への貢献工作機械部品の加工が、当面の需要や売上回復が期待し難いことを見据え、地域の若手農業者の法人化・大規模集約化の進展に着目し、持続可能な農業を目指すスマート農業の導入に貢献を果たす。板金加工で培った技術力を活かし、省力化・労力軽減に必要な農業機械用の大型パーツの金属板加工を内製化することで事業再構築を実現する。
ドローンを活用した非接触型農業支援サービスへの新規参入海外展開及び地域の産業振興に特化したコンサルティング会社による、「ウィズコロナのサービスに着目した、この地域初となる農業ドローンを活用したセンシング及び散布事業」への事業転換。
農業王国「渥美半島」を野菜を捨てない町に!野菜の新しい摂り方を提案する野菜デザイン事業本事業では、従来、当社が主業としてきたメロンパンの移動販売を縮小し、新たに、当社固有の技術となるドライ技術を活用し、野菜の新しい摂り方を提案する野菜デザイン事業を展開する。農産品を在庫で持つ環境を整え、農業王国・渥美半島で、野菜を起点に、農家、生活者、地域社会など、様々なステークホルダーを繋ぐ「野菜の中心地・結節点」となる野菜加工空間を創り、食品ロス解決の動きをより大きくする。
スマート農業に向けた梱包・搬送作業の省力化設備の開発農家に向けた省力化設備の製造を農機具メーカーより求められている。当社にとって初めての開発製作となる「他メーカー農業機械を連携させる省力化設備」である。自動車関連工場の生産ラインで使用される専用機などの製作実績を活かし、本格的にスマート農業市場に参入する。開発後は、農機具メーカー経由で全国販売も見据えて事業展開を図る。
服飾系から農業分野への進出-天然繊維製の栽培用ネットの販売-当社は服飾系の見本反を主として製造してきた。今回のコロナ禍で展示会は開催されず、売上高は減少している。農業分野で天然繊維の特徴を活かした果菜類栽培に用いられる「栽培用ネット」を製造・販売する
特殊陶片を用いた農業用水濾過装置の組み立て販売と工業型農業プログラム販売への業種変更特殊陶器片を用いた水質改善濾過装置を試作し、農産物の増産効果を確認した(Glycative Stress Research 2020)。また、オランダイチゴの機能性改善効果を確認した。従って、水質改善装置を用いた農業用水質改善装置を製造販売し世界規模の事業に発展させる。
農業を地域の強みとして再生・事業化させることで地方創生を図る珈琲豆の輸入製造販売事業での売上がコロナの影響で大幅に低下する一方において、現在取組を始めつつある農業による地方創生活動が評価を得つつある。ポストコロナに向けて新たに農業の事業化を実現していく。
ドローン技術によるスマート農業の提案でポストコロナ時代へ挑戦ドローンの先端技術を活用しスマート農業のコンサルティング業務として、農薬散布やリモートセンシング技術による、農作業の省力化・労力軽減・コスト削減を提案する事業。
行政・福祉と連携し、地域の課題を解決するAIを活用したスマート農業への進出コロナウイルスにより大打撃を受けた観光業に依存した売上から脱却するため、AIを活用したスマート農業に参入し、いちごの栽培を開始する。また、当地域の課題である高齢化・空き農地解消の為に、行政・福祉と連携し、6次産業として地域ブランド化を目指す。
委託精米業への川上進出及び地域農業の創生による中長期存続計画自社精米を行ってきた経験や知識及び立地条件を活かし、川上分野である委託精米業に進出する。また契約栽培による地元産の高品質原料米に高度精米を行った精白米の販売を行うことで、喫緊の売上拡大に加え、中長期的な課題を解消し、企業の存続を図る。
農業用機械の金型製造工場が自転車部品の金型製造に新分野展開農業用機械の金型製造工場がコロナの影響により売上が低下している。コロナの影響を乗り越えるためプレス機、マシニングセンターを導入し3次元金型技術を獲得し、需要が増加している自転車部品の製造に取り組む計画。
スマート農業促進へ寄与する高効率・高精度加工体制の構築による新分野展開新型コロナウイルスの影響により既存事業が打撃を受ける中、スマート農業に向けた農薬散布用ドローン等の需要が拡大している。本事業により、丸物の高精度加工及び効率的な加工を実現する複合旋盤加工機を導入し、ドローン市場へ新分野展開を図りV字回復を目指す。
農家が抱える問題の解決に向けたドローンを活用した薬剤散布による農業支援サービスの提供弊社は創業当初から、主として造園・園芸・観葉植物のレンタル事業を行ってきました。ポストコロナとして、高齢化が進む農業において、無人航空機(ドローン)を活用した薬剤散布のサービス事業に取り組みます。
空き農家を活用した、仕事と農業が両立できるコワーキングスペース・シェアスペース事業里山集落における空き家を、農園併設のコワーキングスペースとして活用し、過疎化により増加する空き農家、高齢化により衰退する農業、維持管理ができずに放置された耕作放棄地の問題を三方良しで解決する地域振興事業。
ドローンを活用した全国ゴルフ場への薬剤散布・散布用機材開発を基軸として、スマート農業へ新展開していく事業計画イベント現場での工事等を事業とする当社は、新型コロナウィルスの影響により売上高が減少したことを受け、ドローン機材開発及びゴルフ場への薬剤散布、スマート農業への取り組みを展開することでコロナ禍においても成長しうる事業の柱を構築する。
農業用ハウスの加温設備施工工事受注のための「木質バイオマス」ボイラー体験ショールーム設置現在、一棟リノベーションを主幹事業としているところ、将来性、費用対効果の面に課題があるため、農業用ハウスの加温設備施工工事の新分野に進出。脱化石燃料は農林水産省の、ハウス栽培へのチャレンジは所属自治体の既定路線であり、当社としては既存顧客に農業者が多い強みを生かした新分野挑戦となる。新燃料であり使いやすさ体感のためのショールームを設置する
地域農業者のための農産品加工および販売事業への新分野展開代表がもつ、地域農業者および農産物を使った加工食品会社や大手スーパー等との豊富なネットワークを活かし、淡路島のほぼ中央に位置する洲本市に新設する加工場を拠点に、淡路島の特産品である「たまねぎ」のカット加工および加工食品の個包装業務、インターネット通販などを行う、「地域農業者のための農産品加工および販売事業」への新分野展開を行う。
農業からテイクアウトを重きにおいた飲食業への業種転換農業からテイクアウトを重きにおいた飲食業へと転換します。旧木村酒蔵で宿泊業との連携により、観光サービスの一環として『平福茶房』を担う。

それにより宿場町平福の観光客の滞留及び消費を促進し、新規顧客の獲得と売り上げの増加を狙う。

淡路産の真空パック玉ねぎ:農業生産から加工販売までの自社一貫生産販売太陽光発電の建築販売業で培った淡路島内における不動産選定のノウハウと地元での繋がりを活かし、農業生産から農作物の加工・ECを活用した販売までを一貫して実施する事業体制の構築に取り組みます。
脱炭素社会の実現に向けた電動農業機械部品の新分野展開新型コロナウイルスの影響で鋼製家具業界が衰退傾向にある中、当社独自技術による新製品で、世界的なカーボンニュートラルの流れを受け、発展性のある電動農業機械業界へ進出し、事業を再構築する。
最先端ドローンを活用したスマート農業支援サービスこれまでに培ってきた農業兼飲食店の知見を活用しながら、最先端ドローンを使用した農薬散布などを行う「スマート農支援業サービス」に取り組み、新分野へ進出することで新たな売上・利益を創出するとともに地域経済の回復、従業員の雇用維持、地域農家の生産性向上に貢献する。
新しくドローン事業に取り組み経営基盤を強化し地域農業に貢献する地域農業維持のため法人を立ち上げ現在農地の集積を進めている。防虫対策等の動力散布機による農薬散布は高齢農業者には作業負担が大きく、この業務をドローン事業で受託することで経営基盤を固めるとともに農地集積を加速させ、地域農業に貢献する。
農業機械の表面処理事業から自動車向け表面処理事業に転身し、なおかつ次世代自動車向け表面処理製品の受注拡大を目論む当社は農業機械・建設機械向け部品の表面処理を事業とするメッキ表面処理業者です。

既存事業の市場は今後、厳しくなることが予測されるため、自社の表面処理技術の強みを活用して

拡大が期待できる自動車用部品の表面処理の分野に進出します。

農業六次産業化の教育的価値を事業化する新分野展開「牛の命をいただく」ジャージー牛の酪農から乳製品加工製造販売まで一貫した農業六次産業化を実践してきた既存事業が内包する教育価値を可視化し、おいしく学べる機会と場と製品を提供し発信する事業を行う。
高齢者介助付き貸切別荘型宿泊事業(農業・ドローン体験も)ご高齢、障害をお持ちの方が、周りの目を気にせず、家族水いらずでリラックスして泊まれる宿泊施設を行う。さらに子供たちは田植え、稲刈りなど季節毎の農業体験と空撮ドローン体験を提供。一家3世代を介護資格者がおもてなしする。
農業者の課題を解決する、特許技術を活用した温調システム施工への挑戦今迄培った給排水設備の施工技術や人脈を活かして、農業の音調システム施工に参入する。複数の企業で連携し、それぞれの強みを活かしてシステムを作り上げ、他にない音調システムを提供する事によって、業績のV字回復を目指す。
鉱石の知見を活かした農業分野への展開。苦土生石灰の普及による事業再構築コロナ禍において鉄鋼需要の落込みにより主力事業である耐火材販売が不芳となっている。現状を打破するため、培ってきた鉱石の知見を活かして石灰質肥料の1種である「苦土生石灰」を製造、販売し農業分野へ乗り出す。
建設・農業機械の加工技術を活用した建設部材分野への展開建設機械・農業機械部品の高精度・短納期製造に定評のある当社は、最新のレーザー加工機を導入することで事業を再構築、新たに建設部材加工の分野へ進出する。
佐賀から世界へ!超高品質ボルトで自動車から農業機械へ再構築!コロナの影響で自動車業界の輸出が減少し、それに伴い当社へのボルト注文が激減し今後もこの傾向は続くと予想される。補助事業にて農業機械のボルトを超高品質にて提供し、世界市場の新商品として売上拡大させる。
地産地消の飲食店が地元農業にドローンで貢献する⑴農薬散布を代行する

農業者の方々とのネットワークを活かし、ヘリ防除には出来ないサービスを広げる

⑵農業用ドローンの整備拠点を作る

産業用ドローンの運行・整備の法整備が進む中、新しい産業を創出する

農業生産者と消費者をつなぐ生姜貯蔵倉庫事業当社は「生姜の品質管理と一定期間の貯蔵」事業に取り組む。本事業では、生姜農家が行っている自然の横穴貯蔵から、一定の温度や湿度管理ができる「冷蔵貯蔵倉庫」への切り替えに取り組む。
ドローン農薬散布の代行により農業生産品の付加価値向上と経営安定化事業ドローンによる農薬散布の代行サービスを提供しながら、我々の農業経験を活用し、農薬やそのほかの肥料の散布等にて農業経営者の省力化と付加価値の向上させ地域イノベーションに貢献する。
先端技術を活用した農・商・官・金連携による農業用ドローンFCシステム農産業界が抱える課題を、スマート農業(先端技術の活用やシステム等)を活用することで解決します。これにより、農家所得や生産性等の向上を図り、地域が抱える最大の課題である高齢化や担い手不足の解消を図ることで当社は事業化を行います。
コロナに打ち勝て!身体ポカポカ「農家秘伝の万能生姜佃煮」EC活用で農業6次化熊本の特産物・生姜の加工保冷施設の新設により、様々なアレンジ料理に使える「万能生姜佃煮」を製造し6次化を図る。EC販売のプロとのエージェント契約を締結することにより新規事業参入の収益の安定化を目指す。
農業業界向けの有機肥料となるペレット堆肥の生産体制の構築計画鶏糞、汚泥などの家畜排泄処理による堆肥処理物は臭い等の環境影響が大きい。本事業により、これら廃棄物のペレット化を図り、有機堆肥として農業(水田等)市場への供給体制を構築し、収益拡大、業界貢献を目指す。
離島農業に最適化した低コスト複合ペレット肥料の現地製造事業離島地域の農業が抱える課題に合わせて最適化した地元由来の有機肥料と機能性化学肥料を複合ペレット化した低コスト肥料を現地で製造販売する事業。農畜産家の経営改善や脱炭素・循環型農業の構築に貢献する。
新分野展開(コントラクター事業、乾燥調製代行事業、農業機械整備事業)にかかる事業計画私どもの強みを活かした新分野展開として、「アグリサポート事業」に取り組みます。具体的には以下の事業を展開します。①コントラクター事業(農作業・乾燥調製)、②農業機械整備事業。
小型コンパクト、取り扱い安さを追求した次世代農業IoT機の新市場展開コロナにより海外BtoB向けIoT水位計が半減したことから、本事業では農業に特化した小型で扱いやすい次世代IoT機器の開発を行い農業分野に新規参入し、「省エネ」、「扱いやすい」、「安価」をコンセプトにBtoC市場を新規開拓する。
最新式ドローンによる、革新的農業補助事業への大胆な挑戦新型コロナウイルスで低下した売上を回復するために、スマート農業補助事業へ進出することが課題であり、自社の映像処理技術を活かして最新式ドローンによる圃場の管理補助、農薬散布を行い、業績をV字回復させる。
遊休地でのスマート農業生産・体験型通年観光農園・6次化EC事業製造受託事業の売り上げをカバーするため、農業生産に進出し、雇用を維持・拡大し、地域資源(遊休地)を有効活用しながら売上・利益を拡大していく。通年の観光農園を行い、農産品の6次化、EC事業を行う。
スマート農業機器による環境制御対応施設の整備と6次産業化県産ブランド「青森きくらげ」の生産、加工、販売および収穫体験を提供する施設整備事業。モニタリング+制御機器とヒートポンプ・エアコンで環境管理し、品質向上と低炭素を推進。農+商+漁の連携で事業を多角化。
コロナに勝つ!仙台大倉地区農業活性化と農事組合法人の経営多角化事業コロナ禍における米と野菜の需要が不透明であるため、このままでは明るい農業の未来はありません。そのため、当法人では地元地域の農業の担い手として、後継者として、仙台大倉地区の活性化のため、ひいては地域経済のため、当法人において主軸となる高収益事業に取り組むものです。
「農業」×「先端技術」=「スマート農業」を使って地域農業活性化限りある耕作面積、人口増加により高まる食糧自給、減少する農業人口。  当社は、施肥管理のプロフェッショナルを擁し、資材を卸価格で投入し(コスト削減)、ドローン・無人ヘリコプターで農薬散布・施肥作業(省力化)に加えそのデータを次代に活用する、農業者の勘と経験に頼った方法から新しい農業スタイルを確立し、人手不足を解消し地域農業を活性化させます。
農業とコンサルティング経験を活かして、新たなワインビジネスへ進出経営コンサルティングと農業経験のシナジーを活かしてワイン製造業への業種転換を図る。独自性のあるワイナリー経営であるとともに、新型コロナの影響で見直される働き方、生き方、価値観の変化にも対応するワインビジネスとする。
地域農業と自社経営の発展に資する事業再構築地域農業の高齢化はこのコロナ禍でさらに問題を浮き彫りにした  農作業はできるが機械の更新がままならない状況に機械作業委託サービスを行い  地域の農業寿命を延ばし農業環境の維持をしていく事で弊社も発展していきたい
ESGに即した新たな農業技術を構築し、県の基幹産業である農業の再成長を牽引既存事業の不動産業は景気の影響を大きく受け、アフターコロナにおいても成長が厳しいことが想定されます。県の基幹産業である農業に対してESGに即した新たな農法を活用し、既存事業で培った強い繋がりを活かして、県の農業の再成長を牽引します。
建設機械・農業機械業界参入による新成長戦略の展開当社は、今般の新型コロナウイルスにより、飲食店の休業や時短営業の影響を受け売上高が減少した。この状況を打破する為、建設機械・農業機械業界参入による新成長戦略の展開をスピーディーに行い、事業再構築を目指す。
農業サービス業を事業に加え、本業との2本柱でコロナに打ち勝つ民間企業が集落の垣根を越えて農業サービスを提供することで米農家の生産コスト削減を実現します。高齢化や兼業化で生産性が縮小している米農家に労働生産力を提供することで地域を活性化し、当社を安定させ、日本の食を支えます。
無農薬オリーブ農業六次化事業への転換による健康長寿社会日本への貢献無農薬オリーブ農業六次化事業に取り組むことにより、健康長寿を志向する日本人に「無農薬オリーブ」を通じて健康をお届けします。特に、オリーブの葉が有する機能性が近年注目されておりますので、まず農業を立上げ、加工工場設置、ECサイト販売へと計画を遂行して参ります。
業態転換によるスマート農業への対応(農業従事者の負担軽減)農業従事者が栽培施設および機器の状況を直接確認する負担を軽減するために、通信機能を有する新たな製品を開発・製造する。さらに、製造コスト抑制のために加工設備を導入し、製造効率化を図る。
最新式大型高精度成形機導入と100年に渡るプラスチック加工技術を複合活用した防災・農業機械市場への新分野展開感染症の影響を受け主事業の照明業界需要が低迷。大型高精度射出成型機と100年に渡るプラスチック加工のノウハウを複合的に活用する事で大型プラスチック部品の高精度加工体制を構築し、事業継続のため需要伸長が見込めるインフラ業界の災害・防災需要を取り込む大胆な新分野展開を図る。
遠隔対応3次元CADシステム導入によるコロナに負けない農業機械開発自動車、鉄道分野で培った製造技術を武器に、新たに農業機械分野に参入する。  形状の複雑な植物、土壌への対応が必要であり、3次元設計が必須。遠隔対応型のCAD及び3Dプリンターを導入し、遠隔地の専門家と連携しながら効率的開発のできる環境を整える。  従事者減少に悩む農業に対し、高機能廉価の農機を供給することで、農業の儲かる化に貢献すると共に、国の食料自給率向上に貢献する。
農業法人の強みを活かしたジェラートの製造販売農業法人である強みを活かしたジェラートの製造販売に取り組む。自社栽培した野菜果物をフレーバーに活用し、地域の飲食店を巻き込んだ取り組みでご当地グルメに育て上げ、コロナで疲弊した地域農商工業者の活性化を図る。
スマート農業市場参入における次世代立体型高性能害虫捕獲シート開発・販売所業コア事業である電子部品業界向け加工製品がコロナ下の影響にて業績が大幅に落ち込む中で、当社の強みである粘着素材の基礎研究を生かし、独創性があり業界初となる次世代立体型飛来害虫捕獲用粘着トラップ製品を開発し、新市場であるスマート農場に参入する。
ドローンを活用したICT農業の活性化事業ドローンによる農薬散布及び肥料散布、ドローンを用いた発育状況の確認を行い、農業の ICT を進め、農業生産人口の増加や今まで経験や勘に頼ってた部分をデータ化し、農業技術 の伝承に特化し新規事業として行う。
農業から「飲食×小売り×植物工場×就労継続支援B型施設」への事業転換新型コロナウイルスの影響で主要取引先であるホテルや飲食店への売上高が半減している。  飲食、小売り、植物工場、就労継続支援B型施設の複合事業を展開することで、需要変動を平準化して安定化させる。
農業用ため池等水利土構造物の劣化防止・耐震化に用いる改良土の製造新型コロナ感染拡大により、首都圏で展開する事業から撤退した。古い時代に多く築造された農業用ため池は劣化が進んでいる。首都圏での事業を補うため、今後増加するため池防災工事を現地に適した方法により行う。
医療・農業・運搬機器業界等向けパイプ三次元レーザー加工による新分野展開大型建機・大型車(バス等)のパイプ部品の曲げ加工を専門に行う当社は、新型コロナの影響で特にバスの部品加工需要が減少し減収となった。新規事業として、最先端の曲面3次元レーザ技術を導入し、医療機器・農業機械・小型運搬車等部品の加工事業を開始する。
先進的な農業や産業を推進する人工衛星用部品の生産体制構築計画先進的な農業や各種産業の発展のため、商用衛星の利用が進められている。小型衛星用部品の生産体制を構築し、新分野展開として新たな市場に参入する。これにより、売上、収益拡大によるV字回復を目指す。
電気機械器具製造業から農業サービス業への展開による事業拡充当社の弱みの克服のため、外部環境に左右されにくい農業サービス業へ進出し、『いちごのリレー苗生産の代行サービス』を実施する。この事業によって、一定の収益の確保と既存事業との相乗効果、産地支援を目指す。
放置竹林を有用化~有機農業の推進及び環境に貢献する竹加工事業~コロナ収束までは営業における制限や対策は必要となるため、受注及び売上の回復が見込めないばかりか、建築費用の安い同業他社に顧客を奪われる懸念もある。そこで、当社の環境保全活動をもとに放置竹林を活用して新製品製造に取り組み、利益創出と安定した事業の継続を目指す。
地元農業者と深夜営業ワインバーの連携による「天龍スタ丼」移動販売への挑戦!深夜営業のワインバーのみだったビジネスモデルを再構築し、工事作業員や観光客のニーズに応えるため、地元農業者と連携して信州SPF豚を活用した天龍スタミナ丼の移動販売を開始する
IoTを活用した農業による持続可能な障害福祉事業の構築新規事業としてIoTを活用した農業を行う。販路の確定した農作物を栽培し販売することで、新型コロナウィルス感染症により表面化した他者からの作業請負に依存する現状を、根本から改善し、持続可能な障害福祉事業を実現する。
FPD製造・工作・医療・農業機械の部品製造から、新たに食品機械の部品製造に着手する。FPD製造・工作・医療・農業機械の部品製造をしている当社が、新たに食品機械部品製造に参入する為に、高精度曲げ加工技術があり中ロット(50個から1000個位)の生産に適した設備を導入します。
市場の変化に対応する為、独自の産業廃棄物自動選別システムを応用し、農業ロボット分野に挑戦するコロナウイルスの影響をうけ当社の業績が低迷する中、当社独自の産業廃棄物自動選別システムの技術を活用した農業ロボットを生産する為に新工場を建設し、近年注目が高まっているスマート農業市場に挑戦する。
中空培地を用いたイチゴの高効率生産システムの開発と収益性の高い農業経営ビジネスモデルの構築中空培地を用いてイチゴの高効率生産システムの開発、量産化を図り、周年栽培技術の確立やフードロス削減にも寄与する6次産業化を含めて、収益性の高い農業経営ビジネスモデルを確立する
地域農業と商業を繋ぐ総合農業サービス園芸店への転換花き農業から総合園芸店への転換を図る。園芸店にて野菜や果物などの直売所機能を付加し、地域特産物の販売も行う。取扱商品を他の事業者への卸売、ECサイトでの販売事業を行う。既存事業との相乗効果を図り、収益性の大幅な改善にチャレンジする。
コロナ禍でもできるオンライン農業体験+D2C販売による業態変革コロナウィルス禍のため、当社のミニトマトを中間業者を通して販売している外食産業の時短営業により、需要が激減している。そこで感染リスクを避け、かつ消費者と直接つながることのできるD to C(Direct to Consumer)の販売形態を取り入れECサイトを活用しコロナ禍に対抗できるビジネスモデルへの業態転換を成しとげる。
再生エネルギーを利用した工場型農業の開拓研究・数値化が確立されている品目で工場型農業を実施。また今後の開拓・発展を目指す。太陽光発電を用いた再生エネルギーで脱炭素目標に対応。これにより当社現状のインバウンド需要依存からの脱却も図る。
第二創業における農業事業計画京田辺の地域において完全閉鎖型と太陽光生産型のハイブリッド生産設備でのフリルレタスの生産及び販売
スマート農業センター立上事業当社では米の卸売業が中心だが、コロナの影響で販売が落ち込んだため、スマート農業機器の販売を始める。農業分野でのIT技術の需要はコロナ収束後も期待される。大規模農家と繋がりがあり、IT技術も有する当社の強みを活かした事業展開である。
コロナ禍における農業分野での農家レストラン展開による現状打破自社農産物を使用した農家レストランを整備することにより、農業に関連した新たな収益源の確保と既存事業の販売力の強化を実現する。6次産業化による相乗効果と収益性の向上により、次世代の農業の形を創造する。
「国家農業戦略特区養父市での産官学共同による中世ヨーロッパに遡る技術に裏付けられた果物の宝石と言われるミックスリアルジェコロナ禍により主要販売先である百貨店が大きな影響を受け、当事業所の売上も減少しています。売上拡大を目指すべく従来製品のジャム、フルーツシロップ等と異なった新分野を展開し新たな収益源をつくる。  国内で生産されていない中世ヨーロッパに遡る技術で本物のリアルジェリーを開発製造販売する。  種苗育成から生産、販売計画までつなげるフードバリューチェーンの構築を行うことにより他社製品との差別化を図る。
レーザー加工機、半自動溶接機を活用した次世代農業機械部品の製造による新分野(スマート農業・脱炭素)進出レーザー加工機、半自動溶接機を導入し次世代農業機械部品の製造を開始することにより、新分野(スマート農業・脱炭素)進出を行う。また、設備を活用し、新たに制御盤部品、エンドユーザー向け新製品の製造・販売を開始するもの。
精度0.001㎜の金属加工技術による農業機械部品製造当社は現在、建設機械部品とガスタービン部品を製造。新型コロナウイルスの影響で既存事業の売上が大きく落ち込んだ為、新たに寸法公差0.001㎜の金属加工技術を開発し、農業機械部品の受注確保を目指す。
地域の特性を活かした、農業テーマパークコロナ禍による販売場所の制限により売上に影響を受けました。既存事業の強みを活かして、ブルーベリー 観光農園の来客等を対象とする飲食店、地域農家栽培の果物・野菜販売店事業へと業種転換致します。
ICTを活用した次世代型施設園芸で持続可能な農業の実現を目指す農業生産法人が全自動管理型育苗施設を導入し、苗の販売及び農業コンサルティングを展開する。苗販売を通し農業経営者と一体となって農業界を活性化、持続可能な農業を創造していく。
拡大する中山間地域の耕作放棄地を有効活用、スマート農業へ参入当社のある中山間地域では、農業従事者の高齢化から農作物作付面積は激減し、耕作放棄地は拡大の一途を辿り、農業の衰退は顕著となっている。地元建設業者として当社の保有する重機等設備や人材等の経営資源の活用からIoT等先端技術を駆使したスマート農業への参入により地域の雇用の維持・拡大による地域活性化を実現する。
中山間地域農業の先駆け6次産業化で生パスタ製造販売スタート大規模農業が難しい中山間地域で生産物の付加価値を上げるには、6次産業化が必須である。生産物を加工品にすることで規格外の廃棄ロスを減らし、収益面において農業経営の下支えになる。さらに農業のマイナスイメージが払拭され雇用の創出にもつながる。
地域の中小規模農家が継続して発展するための、持続可能な農業アクアポニックスシステム構築・推進事業西日本最大規模のアクアポニックス農場を建設し、食用魚及び葉物野菜養殖・栽培・出荷をするとともに、地域の中小農家の持続的な発展のために、自社が蓄積したそれらのシステムにおけるノウハウや技術を提供指導し、地域の農家が抱える問題を解消し、持続的な農業を発展させる事業です。
広大な敷地で農地を活かした宿泊施設と農業の融合施設の開発計画地元で起業し10年間で培った地域との繋がりを最大限に活かしこの地を訪れる人達が宿泊だけでなく体験、ここを拠点に香川、瀬戸内、四国の魅力を伝える情報発信の場(コミュニティー)として役割を担い活性化を図る
農業法人による世界基準の農業・食料産業化を目指すオンライン教育事業農業分野での第三者認証は1%程度に止まっている。原因は教育機会が少なく費用負担が大きい事である。農業法人が自社で開発したシステムを活用し、新たにオンライン教育事業を行う事で、日本の農業経営強化や地域活性化、輸出拡大を図り、農業の食料産業化を実現する。
農業事業参入によるヘルスケアビジネスと地域活性化への挑戦「高アミロース米・ブランド米・もち麦」を自社栽培し、メニューや新商品開発・販売で健康志向の強い客層を新たに獲得し、かつ将来の耕作放棄地への革新的な対策として事業と地域の発展を計画する。
外国人技能実習生・障害者施設の人材を雇用し、AIを搭載した灌水システムを活用した農業事業の実施コロナ渦で、既存事業の売上高が減少し、この課題解決のために新たな事業(農業)に進出しピーマンの栽培、販売をおこない事業再構築により売上回復を目指します。働き場所を失った外国人技能実習生に新たな働き場所(圃場)を提供し、圃場の作業はAIを搭載した灌水・液肥装置を使い高効率作業で農作業の軽減を図ります。仕事量が激減している障害者施設の人員を選果場の出荷作業要員として活用し、センサーを搭載した自動選別機
農業部門新設及び食品製造業への新分野展開で6次産業化酒類小売専業から脱却するため農業部門を新設。生産・加工・販売を自社で行う6次産業化を目指す。「酒×農×食」のシナジー効果を生み出し、社会情勢の変化に対応できる組織を構築する。
農業用ドローンに纏わるワンストップサービスの運営及び、CtoCシェアリングサービスの開発・運用・ライセンス取得、機体販売、整備点検を一元的に提供する「ワンストップサービス」の運営する。  ・シェアリングによって恩恵を受け得る作付面積1.5h以上5ha未満の農業者をターゲット顧客として、農業用ドローンの個人間シェアリングサービスを開発し、従来ライセンス取得及び機体購入に合理性がなかった層をナッジするシステムの構築に挑戦する。
農業用ドローンによる農薬・肥料散布(省エネ)事業農業従事者の高齢化・担い手不足という深刻な課題の解決策の一つとして農作業の省エネ化の促進を今回の農業用ドローンを用いた農薬・肥料散布事業で推進し地域に貢献すると共に、自社の既存事業の肥料開発と連携し売上高向上を成し遂げる事業です。
農業分野でのICT先端技術を活用した地域密着スマート農業促進戦略農業分野にICT先端技術を駆使し、地域農家の省力・軽労化につながるスマート設備の提供を行う。農薬散布や草刈り作業においては、ドローン、リモコン草刈り機を導入し地域の作付け受託会社や地域農家から作業を受注し高齢化に伴う作業負担の軽減に取り組んでいく。  また新規就農者、新規参入企業に向けたスマート農業モデルハウスを建設することで地域農業の担い手を創出していく。

 

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では農業事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事