事業再構築補助金

事業再構築補助金の美容室での採択事例とポイントを解説

事業再構築補助金の美容室での採択事例とポイントを解説

美容室の方で、事業再構築補助金を活用して業績を回復させていきたいと考えている方もいらっしゃいますよね。
美容室はコロナの影響を受けた業種の一つです。
厳しい業績になっている方にとって、事業再構築補助金は大きな力とかと思われます。
しかしながら、どのように事業再構築補助金に取り組めば良いか分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は美容室での事業再構築補助金採択事例について紹介していきます。

美容室での事業再構築補助金採択事例

美容室での事業再構築補助金の採択事例として多かったのは下記の通り。

  • オリジナル商品を開発
  • ITを活用したDX事業
  • 脱毛サロンへの事業展開
  • エステ
  • ヘッドスパ
  • 他業態への事業展開

それぞれの採択事例について解説していきます。

オリジナル商品を開発

自社で美容関係の商品を開発し、店舗やオンラインで販売するという事業計画です。
製造業関連の事業であるため、採択されやすい傾向にあります。
また、商品開発及び販路拡大の両方が事業再構築補助金の対象となるため、有力な選択肢の一つと言えるでしょう。
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名オリジナル美容メソッドとオリジナル美容液の開発・製造
事業計画概要オリジナル美容メソッドを開発して経営の苦しい美容室へ提供し、オリジナル美容液をECで販売します。新しい手技と新しい美容液によって、経営の苦しいエステサロンを救い、業界を牽引することを目指します。

他には下記のような採択事例もありました。

  • 女性の活躍推進とSDGsを両立!美容業界で培ったノウハウを活用した化粧品販売事業への進出
  • 切らない毛髪ラボ”女性専用育毛カウンセリングとヘアケア用品量り売り事業
  • エステティック・ネイル・アロマキャンドルの販売
  • 女性向けウィッグの販売とフィッティング・デザイン・スキンケアのトータルサービス
  • 美顔器・美容液販売及びメイク・スキンケアサービスへの挑戦

ITを活用したDX関連

ITを活用したDX関連事業は事業再構築補助金全体として採択率が高く、おすすめの事業テーマの一つといえます。
中小企業のデジタル技術活用による生産性の向上は国全体として取り組んでいるテーマです。
事業再構築補助金でも優遇される傾向にあるため、デジタル技術に精通している事業者の方は検討しておきたい事業テーマの一つと言えるでしょう。
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名IT技術を活用し潜在美容師が活躍するヘアカラー専門店の新事業
事業計画概要ヘアカラー(髪染め)のカラー剤の混合は美容師の技と経験値とされていたが、保有する美容師資格と業界の知見を活かしIT技術により混合比率を数値化しヘアカラーに特化した美容業界の新モデル美容室の運営を目指す

他に下記の採択事例がありました。

  • 美容サロンの空きチェアマッチングプラットフォーム運営
  • 美容室と高齢者施設をつなぐ、サブスクリプションサービス事業

脱毛サロンへの事業展開

美容室の事業再構築として目立った事例として脱毛サロンへの事業展開もあります。
一般的な脱毛サロンであれば資格も必要なく、参入しやすいためです。
美容という共通点もあることから、一定のシナジー効果も見込まれるので、ライバルが少ない地域であればチャンスかもしれません。
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名麻布十番初の無料託児付き「セルフ脱毛&ハイフ」サロンの運営
事業計画概要麻布十番で経営している美容室は常に対面のリスクがあるので、新たに個室完備の「セルフ脱毛&ハイフ」サロンを開設。コロナ禍で孤独に陥りがちな「主婦」をターゲットに、保育士常駐の無料託児サービスで付加価値を向上。

その他代表的な採択事例は下記の通り。

  • 福崎町唯一の脱毛サロンの開業
  • オンライン診断を活用した非接触型脱毛サロンへの事業転換
  • サブスクリプション型セルフ脱毛サロンへの新分野展開
  • 新しい美容院の在り方~デザイン脱毛~ コンプレックスを解消し、心まで美しく
  • 脱毛という新分野で理容業界に変革を起こす未来につながるサロンづくり
  • 地域密着の美容室が始める高齢者に安心な脱毛サービス

エステサロン

エステサロンを開業する事例もありました。
エステサロンも脱毛サロン同様に特別な資格が必要なく開業できる事業の一つです。
美容室とのシナジー効果も見込まれるため、有望な選択肢の一つと言えるでしょう
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名40代~60代の中高年女性向けエステサービス
事業計画概要既存事業の美容室の成城店3階の空きスペースを改装した上で、脱毛器や毛穴洗浄用美顔器等の設備を導入して、エステサービスの提供を始める。ターゲットとする中高年女性が安心して来店できるよう、高級感ある落ち着いたつくりで“隠れ家”のような雰囲気を持つサロンとする。

その他の採択事例は下記の通り。

  • 個室エステを併設した半個室スペースのある美容室兼エステサロン
  • フェイシャルエステ事業

ヘッドスパ

ヘッドスパでの採択事例も多い印象でした。
美容室のサービスとほとんど変わらないことから、大きな事業転換が必要なくできる事業です。
簡易的な事業再構築に取り組む場合に検討したいテーマの一つと言えるでしょう。
代表的な採択事例は下記の通り。

  • 「ヘッドスパやヘアエステ・マツエク等」エステ事業への新分野展開
  • コロナ禍で疲れた身体を癒すドライヘッドスパ事業の新規展開による再構築計画
  • 美容室からドライヘッドスパをメインとしたリラクゼーション1

他業態への事業展開

美容室とは全く異なる業態での事業展開も見受けられました。
シナジー効果が薄そうな事業でも採択事例があるため、他業態へのチャレンジを考えている方はチャンスかもしれません。
特に「飲食業」が多い印象でした。また「撮影スタジオ」「衣装レンタル」「着付サービス」といった事例もありました。
代表的な採択事例は下記の通り。

  • 既存大型店舗の一部を改革・フランチャイズを効果的に利用したわらびもち専門店の開業
  • 建築を活かしたこだわり空間のBOOK CAFE
  • 地域に憩いの場を提供するカフェ&バー事業の展開
  • 美味しい・安心・ヘルシーなテイクアウトを駒ヶ根に!老舗美容室の挑戦
  • 焼き菓子・パンのオンライン販売及びサンドイッチの窓口販売
  • お気に入りの美容小物・衣装のレンタル事業による新分野展開

弊社は美容室での事業再構築補助金申請代行・サポートも対応

弊社(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地からオンラインでの初回無料で打ち合わせが可能となっています。
弊社は事業再構築補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限の6,000万円を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

関連記事