事業再構築補助金

「EV」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「EV」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「EV」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「EV」に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。
現代は環境問題がよく取り沙汰されます。EVを用いて、環境負荷を減らす努力をしている事業者が増えていますこのような環境に配慮することが重要視される時代だからこそ、EV事業はさらに拡大が予想されます。
これから、「EV」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
地方整備工場が排ガス抑制とコンバートEVでグリーン社会へ挑戦整備工場を営んでいる。地方のため訪問営業が主な手法。コロナ禍で売上減少。株式移転と増資を行い運送会社の完全子会社として再出発。グリーン社会へ貢献するため排ガス抑制とコンバートEV生産に挑戦する!
地域のコミュニティEVカフェ・低炭素社会を切り開くスマートハウス推進事業で実現するみんなの集える場所軽油・ガソリン車の新車販売はいずれ禁止、今後EV等が主流となる。アフターコロナを見据え、不足するEV充電設備を設置。カフェ利用での充電サービスとスマートハウスとEVとの親和性や購入・活用法の知る機会を提供。
工場新設と高精度加工の生産プロセス構築によるEV部品への新規参入工場を新設し、最新の立形マシニングセンターとCNC円筒研削盤を組み込んだ新たな生産プロセスを構築します。課題である重切削・高精度加工と生産性向上を実現し、ガソリンエンジン部品からEV部品への転換を図ります。
次世代エアモビリティ(eVTOL機)用部品の開発及び量産既存事業の航空機エンジン部品の製造技術を活用し、新規事業として次世代エアモビリティである電動垂直離着陸機(通称:空飛ぶクルマ/eVTOL機)部品を開発、量産する
下請製造事業から商社型エンジニアリング事業への転換による事業再構築コロナによる売上減少対応および今後のEV化対応が喫緊の課題であることから、当社の強みである「一貫生産体制」と「独自のカチオン電着塗装」を活かし、部品製造メーカーからエンジニアリング機能を持った商社型ビジネスへの転換による事業再構築を行う。これにより売上拡大および付加価値の増加を図る。
難加工材料ソマロイによるEV・各種モーター圧粉磁心のアジア圏生産拠点化事業ヘガネスが製造している軟磁性複合材料ソマロイは3次元磁気特性を活かしEVや各種モーターのコア等として採用が拡大している。ヘガネスジャパンからアジア圏の生産拠点化のオファーがあり本事業で生産加工技術を確立し事業を拡大させる。
健康と美容のハイブリットprevention of body 次世代ビジネスコロナウイルスによって生活様式が変わり運動不足、筋力低下が深刻

運動、ダイエットの時代のニーズに合わせ新分野でダイエット専門サロンとして事業の再構築を図る

新製品サクションロールによるEV用充電池分野への進出生産用ロールの売上高は、既存分野の需要が縮小したため、近年減少を続けている。市場規模の成長が著しい新分野の充電池生産用の新製品を生産販売して、新分野に進出し、売上高の回復と拡大を目指す。
科学的手法による美容効果測定サービス事業計画当社が新たな分野として事業展開を計画しているのは、3Dスキャナと画像解析ソフトを用いた、鍼灸院・医院向け「科学的手法による美容効果測定サービス」です。世界的に採用されているArtec社の「Artec Eva」という3Dハンディスキャナを導入し、画像解析ソフトと合わせて科学的手法による美容効果測定サービスを、治療院や医院向けに提供したいと考えております。
エンジン開発用計測器依存から脱却しEV電動化領域へ新規参入コロナ禍の影響でエンジン依存の売上は激減し、さらにカーボンニュートラル宣言により脱エンジン・EV電動化が加速した。新分野のEV電動化領域で、社内外のリソースを結集してその領域専用の計測器を新規に開発・投入し事業再構築を実現させる。
環境対応車やEV車に使用する機能材料の開発と事業展開当社は、合成樹脂の着色顔料や機能性色材の製造販売を主な事業とする。本事業では、環境対応車やEV車に使用する機能性材料を開発し、省エネ性や意匠性改善に資する製品を提供することでSDGsビジネスの拡大を図る。。
既存鋳造技術と新規設備導入による新規分野での少中量量産体制の確立カーボンニュートラル社会に向け、当社の主たる製造品である自動車エンジン開発が終焉に向かう中、これまで培ってきた高度な鋳造技術と新規設備導入により、EV、ロボット等、新規分野での少中量量産体制を確立する
コンカレントエンジニアリングで行う先進環境対応車部品開発事業エンジン部等の小型部品製造を主軸とする中、EV用の複合機能を持たせた大型部品への需要の高まりを受け、客先とのコンカレントエンジニアリングによる部品開発事業に取り組む。これによりポスト・コロナの自動車産業が目指す脱炭素化・電動化に貢献を果たす。
カーボンニュートラルに向けてのアルミニウム材の再生・部品化事業原料を輸入に依存するアルミニウムは自動車のEV化などに伴って今後需要の増加が見込まれる。資源の有効活用と排出炭素削減を目指し自動車工場等で発生する端材を溶解してEV用部品等に再生する事業を行う。
EVステーション検索連動ドライブマッチングサービス電気自動車の充電ステーションを網羅した「EVステーション検索連動ドライブマッチングサービス」。EV移動による旅程の充電ストレスを解消し、EVユーザーと観光地やレジャードライブを最適にマッチングします。
低コスト繊維強化セラミックスの自動車関連分野への新規拡大展開保有特許技術の「低コスト繊維強化セラミックス(低コストCMC)」の適用対象の中心を、航空宇宙分野から自動車・一般産業分野に拡大展開し、特にEV化に伴い急激に拡大する兆しの見えている燃料電池等自動車関連市場へ参入する。
EVコンセント設置および個人向けリフォーム事業への参入電気自動車充電用のEVコンセントを、個人宅に設置する事業を新規に手がけるにあたり、取扱い機器の選定、職人の訓練、広告宣伝活動を行う。

本事業を通じ、店舗リフォームに加え、個人向け事業を確立させる。

高精細加工を可能にする平面研削盤の導入によるデジタル分野等への新規事業展開大型高精細加工用・小物高精細加工用の平面研削盤2台を導入し、EV自動車向け射出成形部品用断熱シート及び電子回路基板の研削加工を新たに開始する。当社は「削る」ことを得意としているが、「磨く」技術に経営資源を配分する。
樹脂との半永久的接合を可能とする金属表面加工処理の量産化ガソリン車廃止、EV化の動きが加速する中、部品の軽量化ニーズに応えるための樹脂と金属との高度な接合技術が求められている。その分野へと進出し、量産体制を構築することで脱炭素社会実現へ向けた社会的ニーズに対応する。
大型汎用プラスチック成形品の製造技術を活かし、EV用エンプラ製品に参入大型のプラスチック射出成形品の試作から量産までを得意とする当社は、業態転換により主要設備を変更、汎用プラスチックからエンプラへ対応範囲を拡大し脱炭素時代におけるEV車両のニーズに対応する。
TKコート高耐食メッキの新展開弊社は、神奈川県に立地するメッキ業である。本事業では、EV時代の足回り部品に要求される高耐食・高機能等を満足するTKコート処理を開発し、事業拡大を目指す。
xEV産業で使用される3D検査装置市場への新規参入‼自動車産業において急激に世代交代が進む次世代車(xEV)では、搭載される電子基板のはんだ接合部がその信頼性の鍵となる。この大きな転換期に、高度な基板検査が可能となる3D検査装置を開発し、xEVの信頼性に貢献する。
空間距離・沿面距離精度と成形強度・高生産性を両立したインサート射出成形体制の構築EV(電気自動車)用モーター・インバータ接合精密成形部品試作において、最新鋭竪型射出成形機を導入し、複雑形状EV用モーター・インバータ接合精密成形部品における電気的絶縁を達成しながらも高強度な成形を同時に達成し、当該精密成形部品の本格生産受注を勝ち取る。
EV分野進出のための大型アルミ鋳造金型一貫生産体制の構築当社内にEV大型アルミ鋳造金型製造専用ラインを構築、大型アルミ鋳造金型専用組立工場を取得することで、最大1500mm×2000mm×1500mm、最大重量30トンまでの大型アルミ鋳造金型アッセンブリ受注を整備する。これにより、競合激化する次世代自動車分野におけるトップメーカーとの協力関係の再構築による計画5年次次世代自動車関連大型アルミ鋳造金型アッセンブリ受注構成比10%を達成する。
過疎と高齢化で悩む地方に多機能EV充電ステーションで灯を燈す輸入車に強みを持ち自動車販売に注力してきた当店は、電気自動車をはじめ電気で動く乗り物の専門店として整備事業と普及推進に軸足を移して、少子高齢化に悩む地方のガソリンスタンド過疎地問題の克服を目指します。
コロナに打ち克つ「小型EV車両」メインフレーム量産化事業超小型モビリティ規格の新開発EV車両メインフレームを製造するための設備を新設、試作から量産化までの一貫生産体制を構築し、新たな市場の創出へ向けた新分野展開を図ります。
高付加価値モータの提供を、一気通貫生産体制を構築することで実現する。当社が持つモータ製造に関する熟練技術者およびノウハウを活かし、他社では実現が難しい一気通貫体制の生産体制を構築することにより、コンサルティングを含めた高付加価値のEVモータおよび高効率モータの試作品を製造する。
新製造方法の確立による自動車分野への進出従来、産業機械用の部品の受注が殆どのため、今回のコロナ禍により売上が大きく落ち込んだ。産業機械は、景気の動向に敏感である。そのため、将来性のあるEV・HV等の自動車分野へ進出するべく、新しい製造方法を確立し生産体制を整え、新分野展開を図る。
脱炭素社会に向けた次世代EV式小型モビリティ外装部品への新分野展開当社は主に大型商業施設向けサイン看板等のアクリル製品を製造しているが、本事業を通じて各種設備を導入し、次世代EV式小型モビリティ外装部品への新分野展開を図ることで、「脱炭素社会」への実現に貢献し、事業再構築を図る。
超精密な平面度が求められる燃料電池用コイル製造装置の海外展開コロナ禍で主力事業を失った。現在、米国ステラ社製EV車に組み込まれるコイルの製造用巻取機の引合いがある。そこで、振動対策された新工場の建設、門型MCを設備する。製造技術を確立し、V字回復の契機とする。
めざせ!第3の柱 EV(電気自動車)市場の新規参入既存の取引先からの要請に基づき、新たにEV車のコンプレッサー部品の製造、組付け事業に取り組みます。当該事業を行うために工場の建設などの設備投資を行って新規事業に取り組んでいきたいと思います。
ポストコロナを生き抜くためのEV部品用金型への参入事業新型コロナウィルスの影響により、当社の売上は激減してしまった。特定業界に依存している企業体質の抜本的改善を図るべく、強みを活かせる新工場と新設備を導入しEV産業への参入を果たす。
大型金型仕上げ能力の向上によるEV車分野への進出当社の売上は業界再編やコロナの影響により大きく低下しており、リスク分散のために新たな分野への進出が課題である。当社にとって大型の金型の精密仕上げができる新設備の導入により、電気自動車関連分野への展開を図る。
バリ取り作業の自動化による省人化と品質保証レベルの向上前回事業は、対象事業「バイク部品市場」、対象顧客「バイクメーカー」、対象開発製品「バイク向けヘッドカバー」、購入機械「高速バリ取りマシン/BARIO」であったのに対し、本事業は対象事業「EV部品市場」、対象顧客「EV部品メーカー」、対象開発製品「EV向け軽量放熱製品」、購入機械「ダイカストマシン/DC350R-EH」である。対象事業・顧客・開発製品・購入機械は全て異なるため本事業は新たな取組である

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では「EV」事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事