事業再構築補助金

事業再構築補助金でシステム開発は補助対象!事例と注意点を解説

事業再構築補助金でシステム開発は補助対象!事例と注意点を解説

コロナ禍で注目されている事業の一つに「冷凍餃子」があります。
そのため、事業再構築補助金を活用して、冷凍餃子に取り組もうか検討している事業者の方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は事業再構築補助金を活用した冷凍餃子の採択事例とポイントについて紹介していきます。

事業再構築補助金とは?システム開発でも利用可能!

事業再構築補助金は新型コロナウィルスの影響で、経営が落ち込んだ企業が再び成長軌道にのるための新しい取り組みを支援する補助金です。
補助額は最大1億円、補助率は2/3(特別枠では3/4)となっており、予算も過去最大の級の規模で組まれています。
多くの従業員を抱える大規模な中小企業から従業員数名程度の中小企業まで幅広い企業や業種が補助の対象となります。

要件
概要新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取
組を通じた規模の拡大等を目指す中小企業等の新たな挑戦を支援。
補助金額【従業員数 20 人以下】 100 万円 ~ 2,000 万円
【従業員数 21~50 人】 100 万円 ~ 4,000 万円
【従業員数 51~100 人】 100 万円 ~ 6,000 万円
【従業員数 101 人以上】 100 万円 ~ 8,000 万円
補助率中小企業者等 2/3 (6,000 万円超は 1/2(※))
中堅企業等 1/2 (4,000 万円超は 1/3(※))
補助対象経費建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝・販売促進費、研修費
基本要件下記の4つの要件を満たす必要がある
・事業再構築要件
・売上高等減少要件
・認定支援機関要件
・付加価値額要件

通常枠の他に「大規模賃金引上枠」、「回復・再生応援枠」、「最低賃金枠」、「グリーン成長枠」及び「緊急対策枠」といった計6つの枠があります。
事業再構築補助金に取り組むには事業再構築と呼ばれる新たな取り組みを行う必要があります。
様々なビジネスモデルが補助対象となり、システム開発も補助の対象となります
実際の採択事例を確認してみましょう。

システム開発での事業再構築補助金採択事例

システム開発は事業再構築補助金でも多数の採択事例があります。
先端的なデジタル技術の導入が審査項目にあることから、採択されやすい事業であると言えるでしょう。システム開発の代表的な事業再構築補助金の採択事例は下記の通り。

  • クラウドシステム開発
  • AIの活用
  • マッチングサイト・プラットフォーム

具体的に解説していきます。

クラウドシステム開発

クラウドシステムを開発し、店舗に提供するというのは代表的な採択事例の一つです。
クラウドは便利であるものの、複雑になりやすく、店舗側の導入が進んでいないのが現状です。
使いやすいクラウドシステムやターゲットを明確にしたクラウドシステムは今後も高い需要があるでしょう。
クラウドシステムによる事業再構築補助金の代表的な採択事例は下記の通り。

会社名クックサービス株式会社
事業計画名コロナ禍でダメージを受けた店舗向けへのクラウドシステムの開発・提供
事業計画概要岩手県を中心にラーメン店を営む当社は、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店の経営悪化を受けて売上高が大幅に減少した。そこで、店舗向けクラウドシステム事業を開発・提供することで、コロナ禍でも成長し続けられる新たな事業の柱を構築することとする。

その他下記のような採択事例もありました。

  • ライブ配信プラットフォームとしてクラウドスタジオの開発運営事業
  • クラウド型産廃業者向け統合業務管理システム開発
  • 電子データを管理・共有できるクラウドサービスの開発による新分野展開
  • 「人材不足・販路拡大」をサポートするクラウドサービスの開発
  • 解体業界の原価管理を簡単に実現する見積作成クラウドの販売

AIの活用

近年注目されているAIを活用したシステム開発での採択事例も多かったです
先端的デジタル技術の代表例でもあるAIは採択率が高い事業でもあります。
開発できるような技術力がある事業者は積極的にチャレンジしてみることをおすすめしますAIを活用した採択事例は下記の通り。

会社名藤極義将
事業計画名AI動作解析技術によるAIオンライン部活システムの開発販売
事業計画概要AI動作解析技術による「AIオンライン部活システム」の開発販売事業です。このシステムは、中学校および高校などの学校が運動部の指導者やコーチとしての指導サポートを生徒に対して提供するものです。

他にも下記の採択事例がありました。

  • 飲食店舗専用の高機能換気設備によるAI機能搭載ECサイトシステム開発
  • 「介護現場向けAI徘徊検知システム事業」による事業再構築
  • AI搭載車両管理システムの開発及びクラウドサービスの提供
  • AI技術を活用した非接触型セルフエステ店への新分野展開
  • 先端AI技術を活用した次世代のコーティング溶剤販売事業化計画
  • AI顔認証関連ソフトウェアによる事業拡大策

マッチングサイト・プラットフォーム

マッチングサイトやプラットフォームを開発するという事例ありました。
コロナ禍によりオフラインでの接触が減少している昨今では、オンラインによるマッチングサイトやプラットフォームの需要が高まってきています。
制作・運用がそこまで難しくないため、取り組みやすい事業と言えるでしょう。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名株式会社KNOCK
事業計画名インフルエンサーの影響力を社会変革に変えるプラットフォーム「HOPEON」の構築
事業計画概要寄付サイトのプラットフォーム「HOPEON」を構築し、SDGsに理解をしている企業や団体とインフルエンサーとのマッチングを行う。インフルエンサーのYouTube動画を通じてその影響力を活用した情報拡散を行う。

他にも下記のような採択事例がありました。

  • 施工職人とユーザーを繋ぐプラットフォーム【職人データバンク】の開発
  • 地域で支え合う「家政婦のミカさん」プラットホーム事業
  • 美容サロンの空きチェアマッチングプラットフォーム運営
  • 医療看護・介護福祉系人材マッチングプラットフォーム事業
  • 奨学金アルムナイプラットフォームの構築及び提供

事業再構築補助金でシステム開発をする際の注意点

事業再構築補助金でシステム開発を行うときに下記の点に注意しなければなりません。

  • 自社の人件費は補助対象外
  • 外注しすぎても補助対象外

具体的に解説していきます。

自社の人件費は補助対象外

事業再構築補助金では自社の人件費は補助対象外となります
公募要領の中で下記の通り、記載があります。

(2)補助対象経費全般にわたる留意事項
① 以下の経費は、補助対象になりません

事業に係る自社の人件費、旅費

事業再構築補助金 公募要領(第7回) P28~29

システム開発は自社の人件費がメインとなりやすいため、注意が必要です。
外注を利用してシステム開発する、自社で別途オリジナル商品を開発する、機械装置や研修費など他の経費をメインにするなどの経費の使い方を工夫する必要があります。

外注しすぎても補助対象外

自社の人件費は補助対象外だからといって、事業の大半を外注するようなケースは補助対象外となります
事業再構築補助金の公募要領の中で下記の通り記載があるためです。

・以下に該当する場合には、不採択又は交付取消となります
② 具体的な事業再構築の実施の大半を他社に外注又は委託し、企画だけを行う事業

事業再構築補助金 公募要領(第7回) P22

まとめ

今回はシステム開発での事業再構築補助金採択事例について解説してきました。
ポイントは下記の通り。

  • システム開発は事業再構築補助金の補助の対象
  • 自社の人件費は補助対象外となるため、外注や他の経費がメインとなる
  • 「クラウドシステム開発」「AIの活用」「マッチングサイト・プラットフォーム」での採択事例が多い

 

システム開発での事業再構築補助金の申請を検討しているという方はまず一度ご相談ください。

事業再構築補助金について他にもまとめておりますので参考にしていただければ幸いです。

https://mono-support.com/saikouchiku/

また事業再構築補助金がどの様ものかわからないといった方は下記HPをご覧ください。

https://jigyou-saikouchiku.jp/

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

関連記事