事業再構築補助金

「デリバリー」事業の採択事例(事業再構築補助金)

「デリバリー」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「デリバリー」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

新型コロナウイルスが流行し飲食店では時短営業を余儀なくされましたね。その際に「デリバリー」を始めたお店も少なくないと思います。

今まで行ってこなかったサービスを取り入れることで、新しいお客さんの獲得に繋がったのではないでしょうか。

コロナウイルスをきっかけに考え方や働き方が大きく変わった方も少なくないと思います。
巣ごもり需要も大きく拡大し、人々のライフスタイルも非対面・非接触を求めるような大きな変化があったと思います。
デリバリー事業は、新型コロナ以降の人々のライフスタイルや働き方の変化に対応する新しい消費者ニーズに対応する事業の代表格と言えます。

これから、「デリバリー」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
生産者と消費者をつなぐ、一体型のデリバリー専門店への挑戦!外食で安心安全な食事をすることよりも、外食に出ること自体に不安のある世の中になってきている時代に、それを形にし届けられることで食の未来やフードロス削減に少しでも役立ちたいと思い立ち上げる新事業。
アフターコロナの生活様式に対応するフードデリバリー専門店舗の開業支援コロナ禍による飲食店の開業の減少に伴い当社の売上が減少し、今後需要を見込める開業支援を経営課題として、混乱した飲食業界でも低リスクで開業できるフードデリバリー専門店舗を用意して、自社店舗型開業支援を提供します。
「自宅にいながら名店気分」凍結デリバリーを通じた酒類卸業者だからこそできる新たな食の形創造事業業務用酒類販売を主に酒類食品卸小売業を営む弊社は、明治44年創業以来仙台の飲食業者と共に「飲」「食」を通じて町の活性化に邁進してきました。2020年の新型コロナウイルス感染症の流行の影響が直撃し、酒類の販売が縮小。同状況を踏まえ飲食店の本格料理を凍結し弊社自慢のお酒と併せて気軽に自宅で名店気分が味わえる「凍結デリバリー事業」を新規に立ち上げる事で、新たな飲食モデルの構築を図ります。
高付加価値型デリバリー事業~セントラルキッチン喰心の挑戦~現状経営している、二十四節気の旬食材を活かした料理を今まで到達できなかった顧客に届ける為、セントラルキッチンを活用したデリバリーを実現します。対象の顧客としては、既存店舗の商圏に存在する顧客(ビジネス需要やイベント需要)及び、一都六県への配送を含めた広域の顧客を想定しています。
コレド室町店にオンライン受注システムを導入しデリバリーとテイクアウトの需要に応えるコレド室町2(東京都中央区日本橋室町2丁目3−1)地下1階にオープンさせたお惣菜専門のテイクアウト店(「日本橋良庭コレド室町店」内にイートインスペースを増設し、オンライン受注システムを利用してデリバリー及び通販の需要にも対応する。併せて店内にイートインスペースを増設し、来客数と客単価の向上を図る。
店舗一部を改装、非対面受注システムを導入して宅飲み中華デリバリー事業へ転換オフィスビル街にて中華料理店を経営しているが、コロナの影響により来客数が大幅に減少。店舗の一部を作業場に改修し受注アプリを構築しデリバリー事業を新たに展開。宅飲み中華セットを地域住宅向けにデリバリー展開し再起を図る。
中国宮廷料理店のテイクアウト・デリバリー・ECへの新分野展開新しい販売チャネルの構築として、テイクアウト・デリバリー・ECでの販売により事業再構築を実施。EC販売においては急速冷凍技術を用い「中国宮廷料理を食卓へ」レストランの品質のままお届けします。
瞬間冷却装置の導入による弁当・惣菜デリバリー事業への進出①店内飲食の激減による売上低下②顧客要望である日持ちする食品・夏場でも安全な食品の配送に未対応が課題。本事業にて、瞬間冷却・真空パック加工による賞味期限伸長ならびに配送に対応し、売上向上・販路拡大を実現する。
飲食起業家向けデリバリー付シェアオフィス&オンラインサロン飲食店で起業したい若者向け「デリバリ付きシェアハウス&オンラインサロン」事業を展開する。

東京都武蔵野市駅前で20年間、人気店飲食店を経営。

このノウハウを後進に伝え、武蔵野市の発展や飲食業界の発展に寄与したい。

ポストコロナを見据えたデリバリー特化の飲食店への転換本事業では既存事業である中華料理店の店舗を改装し、新たにテイクアウトやデリバリーに特化した飲食店への業態転換を行うことでポストコロナの世の中にマッチした事業再構築を図る。

提供する料理の種類も中華の他に焼き鳥や東南アジア料理などに広げ、より広い顧客ニーズに応える。

3大アレルギーカット食のデリバリー・EC販売による新需要創造コロナで大打撃を受けたコンサル事業から、強みを活かした新たな3大アレルギーカットの食デリバリー・EC事業を展開する。一定の伸長市場規模があり、まだ競合が少ないため、新たな需要を生み出し業種転換する。
安い居酒屋から、こだわりステーキのテイクアウト・デリバリー・EC事業へ。新業態への挑戦!当社は安さを売りにした居酒屋などを運営しているが、コロナの影響で来店客が減少した。そこで、こだわりのステーキをテイクアウト・デリバリー・ECを中心に販売するウィズコロナ時代に適した新たな業態に挑戦する。
業界初!フードデリバリーブランドのフランチャイズマッチングサービスの構築フードデリバリーブランドフランチャイズの加盟店を募集する飲食店とブランド加盟を希望する飲食店に対して、双方に最善のブランドおよび飲食店を提示するため、新たにマッチングシステムを構築する。
集客・デリバリー・非対面化等に寄与する中小飲食店向けシステムの開発集客・デリバリー・非対面化等に寄与する中小飲食店向けシステムを開発し、飲食店へ低価格で提供することで、BtoCの飲食業からBtoBのソフトウェア業へ進出し、安定した継続収入を獲得し自社の事業再構築を図る。
大型商業施設でのテイクアウト/デリバリー専門飲食店経営事業本年11月グランドオープン三井ショッピングパーク「ららぽーと堺」の全国初ライブ型メインスタジアム(オンライン・オフラインの融合)コート脇「FOODHALL」にて非接触システム導入のテイクアウト専門業態の開発、運営、管理事業。
デリバリーを強みとした洋風和食ダイニングカフェバーに業態転換仕出し・デリバリー事業を中心とした、和洋折衷のダイニングカフェバーと完全予約制の高級和食コースを併設した店舗に生まれ変わるとともに、デリバリー専門のブランドを新たに立ち上げ収益の安定化を図ります。
20種類以上の惣菜から好きな物を組み合わせてお届けするゴーストキッチン&弁当デリバリー事業約4500通り以上の組み合わせが可能な惣菜を選べる弁当デリバリー事業を構築し、新しくゴーストキッチン&配達飲食サービス業への新分野展開を図り経営基盤の強化を図る。
東扇島デリバリー計画既存店舗にデリバリー事業を取り入れ新たな客層を掴むことにより、新型コロナウィルスの影響により減少した売上の拡大を図りウィズコロナ・アフターコロナに適合した新たなビジネスモデルとして今後の会社の成長を目指す。
自社のデリバリープラットホームを活用した「クラウドキッチン」展開事業既存事業の牛乳宅配業がコロナの影響により売り上げが低迷するに至った。その中で、食品宅配事業のノウハウを生かして、自社で宅配する飲食品をつくる「ゴーストキッチン」を新設し、食品の調理・宅配までを自社で一貫して行う。
飲食店プラットフォームによる「企業スタッフ向けお弁当デリバリーサービス」への進出米の生産者である当社の取引先飲食店と連携して、「企業スタッフ向けお弁当デリバリー」のプラットフォームを構築します。飲食店と共同で開発したお弁当は「味わい、選ぶ楽しさ、ヘルシーさ」と利便性の高いオンライン注文配送システムによって、顧客の健康と幸せを実現します。
カウンター越に職人が握る本格寿司の味が楽しめる、テイクアウト・デリバリー事業歴史60年「ぎふ初寿司」の福寿分店である当社、行事利用なでも激減、握るということもありコロナ禍で経営危機に直面。地域密着・新鮮な料理を提供テイクアウト・デリバリーサービスにて再生を図ります。
テイクアウトとデリバリーに注力して島民と島を超えて当店の料理を届ける事業当店は、愛知県の離島である篠島で昼間は飲食店、夜はカラオケができる居酒屋を営んでいる事業所であり、当事業は飲食分野である、“テイクアウト及びデリバリー、ECサイトを活用して料理の販売方法を転換するもの”である。3年後に新事業の売上高が、総売上高の40%以上占めるよう事業を計画する。
サブスクリプション型お弁当デリバリーサービスへの進出本事業では、弁当屋を買収し新たに法人向け弁当販売事業を開始します。飲食提供機能の内製化により、既存事業の研修における食事も当社で独自に提供します。本事業は、滞在中の食費の価格を抑えることで、リソースの最適化を図った取り組みです。
ソーキそば店の出店及びデリバリー・テイクアウトサービスの開始ビジネスマンをターゲットに四条烏丸でソーキそば専門店の新規出店と、中食需要をとらえて学生やテレワーカー向けにテイクアウト販売・デリバリーサービスを実施する。
そうだ焼肉屋に行こう。京都の焼肉店舗と肉ケーキのデリバリーによる新分野展開既存事業の飲食店のノウハウやスタッフ、顧客、取引関係者
野菜をふんだんに用いた健康食のテイクアウト・デリバリ―専門店事業当社の強みである調理技術・商品開発力・仕入れルートを活かし「健康食のテイクアウト・デリバリ―専門店」を出店する。オーガニック食材を用いた料理を提供し、「食」通じて地域社会の健康促進に貢献し、当社における飲食事業の経営基盤を安定したものにすることで、当社の新たな発展に取り組む。
非接触デリバリー事業における食のバリアフリーへの挑戦厨房改修により複数のバーチャル専門店舗の開店で食のバリアフリーを実現する。その結果、インバウンド等に向けた食の多様性への対応や雇用創出等の地域貢献も可能とする。
「デイサービス(通所介護)」及び「お弁当デリバリーサービス」の立上げ新事業として「デイサービス(通所サービス)」及び、施設に新設した厨房施設を活用し、高齢者向けの「お弁当デリバリサービス」の提供(主に夕食)を行います。
デリバリー・テイクアウト販売を取り入れたタッカンマリ店の展開当社は大阪の中心街で飲食店を始めとした事業を実施しているが、コロナの影響により事業は大きな打撃を受けている。現状から脱却するために、ニューノーマルに対応したデリバリー・テイクアウトを取り入れたタッカンマリ店の事業化を実施。
デリバリーメインの広島風お好み焼き店の出店自身の経験と人脈を活かし、新たに大阪の繁華街にデリバリーを主体としたお好み焼き屋を出店する。一般住宅以外にも、展開エリア近辺の他の飲食店へも宅配を可能にし、広く地域を巻き込んだ戦略で売上の回復を図る。
多種多様な商品提供を可能とするデリバリーサービスへの大胆な事業転換新型コロナが拡大する中、需要が高まっているデリバリーフード事業を専門店として行うことで消費者のニーズに合致したサービス展開を行い、地域の外食産業のイノベーションを喚起する
就職困難者のトレーニングキッチンを兼ねたOEMデリバリー事業コロナ禍でのフードデリバリー需要が増えた事により、コロナの影響を受けにくい事業への進出を考えました。人気店からレシピを預かり料理を再現します。その際に、就職困難者である障害をお持ちの方や高齢者の方にトレーニングを行い、慢性的に人材不足である飲食業界へ就職して頂く道筋をつけて行きたいと考えます。
韓国への越境小売業からJAPANデリバリーサービス提供者への業種転換外国の方と日本の通販サイトを繋ぐジャパンデリバリーアプリ開発で、AIを使った通販サイトの商品表示/価格比較/翻訳、独自の物流インフラで複数サイトの商品を一括発送する商品デリバリーサービスを制作します。
蕎麦のランチ営業と弁当のデリバリー専用システムの導入計画コロナの影響で飲食店の売上が減少し大打撃を受けている。新たにニーズが高まる蕎麦のランチ営業とデリバリー市場に進出する。アプリの普及率が低い和歌山県岩出市で自社システムを導入し、売上のV字回復を目指す。
コロナ禍に則り、ネットオーダーシステムを活用した新規テイクアウト・デリバリー事業コロナ禍による飲食店の来店控え、ロシア・ウクライナ情勢による仕入価格の高騰により売上が大幅悪化。

コロナ対策を徹底すると共に、ネットオーダーシステムを活用した、テイクアウト・デリバリー事業を新たに取り組む。

レストランの味をそのままにシェフが自宅へ届けるデリバリー事業現在の飲食店店舗の近くに新たにセントラルキッチンを整備して、自社食品及び周辺他社食品の配達サービスを行う。地域ブランドとなりうる商材を最低3商材開発し、製造・販売を行う。これが軌道に乗ったのち、現在運営している飲食店で働く職人がつくる総菜についても配達での展開を行う。
業歴40年の精肉店が運営するテイクアウト、デリバリーに対応したとんかつ屋現在は小売・卸売業として営業を行っており、今回新たに飲食業として事業を展開する。卸売事業の取引先の中でもテイクアウト、デリバリーを行う飲食店からの精肉の注文数は増加していることに着目し、自身でも本補助金を利用しテイクアウト、デリバリーも行う飲食店を開業することを決断。また新たな店舗の設備で既存小売店の設備では調理できない新たな商品を造り、既存小売店に運んだあとテイクアウト販売をする。
地域特産通販餃子製造キッチンとデリバリー対応飲食店へ業種転換新興住宅地にあるJR香椎駅にて、餃子を主体に置いた調理加工設備及び飲食店(デリバリー&テイクアウト対応)を新設して地元食材を使用した店内食の製造販売、冷凍調理食品の製造から通信販売を行います。
非対面の自動販売機、デリバリーによるハイブリッド冷凍食品の販売事業コロナ禍の中市場が急拡大している冷凍食品の非対面の自動販売機、デリバリー、ECサイトでのハイブリッド販売を開始します。事業DX化にも取組を行います。売上をクラウドで管理し労働生産性の向上も繋げます。
新商品トルコライス等のテイクアウトとデリバリーで売上拡大黒毛和牛を使用したピリ辛黒カレーライスを提供する「黒丸カレー」(2021年7月オープン)では、新メニューの開発、デリバリーサービスの充実、人気ジェラート店とのコラボレーションを行い、ターゲット層の拡大及び販売エリアの拡大を進める。
従来の居酒屋経営から非対面のデリバリー販売、事業のDX化での新分野展開従来の居酒屋経営から、真空包装機を導入し週末用「家飲み弁当」、共働き家庭向け「ミールキット」を開発し、非対面のデリバリー販売、事業へ展開します。POSレジやクラウド会計で事業のDX化にも取り組みます。
居酒屋を昼メインのランチ業態へ変更、オリジナルちゃんぽん、お弁当デリバリーと出張屋台サービスで売上回復を図る。これまで行ってきた焼鳥居酒屋業態の営業を昼ランチがメインの店舗へと変更させる。広い店内を造作により間仕切りをし、客席のソーシャルディスタンスとオペレーションの合理化を図る。お弁当のデリバリーと出張屋台サービス事業を取り入れ、少しづつ夜業態の営業スタイルから脱却を図っていく。
コロナ時代に応じた仕出し弁当の製造デリバリー事業への事業転換当社は熊本県にて居酒屋を運営する事業者。コロナの影響による外出自粛で店舗への客足が激減。この状況を打破すべく、コロナ環境下でも安定的に収益を見込む仕出し弁当のデリバリー事業に新規参入、収益改善を図る。
郊外店舗での新たな客層マーケットへの「肉料理」のテイクアウト・デリバリーサービス事業熊本市中心部にて、イートインサービスを主とした洋風居酒屋スタイルでの事業を行ってましたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、来店客数が激減し、売上も減少しました。そこで、駐車場を完備した郊外へ移転し、新たに洋風スタイルでのテイクアウト・デリバリーサービスによる新たなターゲット層及びマーケットでの事業展開を行います。
夜専門のBARから地域へ昼食・夕食を提供する地域貢献型食堂及びデリバリー事業へ参入当事業所では、従来の夜専門のバーに加え、地元食材利用型の「食堂およびテイクアウト・デリバリー事業」を新たに展開する体制を構築し、新たなサービスを新たな顧客へと販売する新分野展開を図る。具体的には、①地元でとれた食材を中心とした定食や料理を提供する食堂事業、②高齢者や主婦層を対象にしたテイクアウト・デリバリーサービス事業を行う。
地域初の専門店のオープンとテイクアウト・デリバリー需要の獲得当社は夜を中心とした飲食店を営んでいたが新型コロナウイルスの影響を受け売上が減少している。影響の少ない昼の業態に変更すると共に、テイクアウト、デリバリーも行うことで、売上の確保、雇用の維持を図る。
金属加工技術及び商品開発力を活かした、フードデリバリー関連市場の開拓コロナ禍の影響により、外食産業の需要がレストラン等からフードデリバリー等へ大きくシフトしている。業務用備品製造で培った技術力や商品開発力を活かし、フードデリバリー関連商品を開発し、新規市場を開拓する。
テイクアウト・デリバリーをメインとした新店舗による業態転換既存のフレンチレストランと別の場所で新たに「金目鯛の煮付け重」をメインとした和食店を開店し、テイクアウト・デリバリーをメインとした事業を行います。
創業明治18年の料亭のテイクアウト・デリバリー事業への進出当社は明治18年より続く料亭を営んでいるが新型コロナ感染拡大による宴会等の大人数で集まる機会が減少し経営に打撃を受けている。この危機を乗り越えるため新事業としてテイクアウト、デリバリー事業を開始する。
菓子工房によるデリバリー/オンライン販売専用商品の製造・販売を行い再構築するコロナ渦による外出自粛や感染対策の影響により、売上の半分以上を占めるカフェ事業の売上が減少。サービスの提供方法を変更すべく、菓子類を中心とした専用商品を開発、店舗での営業を縮小して菓子工房やデリバリーブースを設置。来店客へのテイクアウトやオンラインサービスによる販売へ事業を再構築する。
デリバリー事業デリバリー事業を開始する予定。普通のデリバリーと違い、弊社は中華料理とその半製品(シェフによる途中まで完成したもの)の配達を行う予定。

配達手段として、下記の3つがある:①事前に登録した個人配達者の都合がよければ配送する。②都合がよくなければ a、長距離の場合、配達業者に依頼する。b、短距離の場合、自社スタッフが配送する。

寿司カフェによるテイクアウト・デリバリー主体の業態転換(新分野展開)テイクアウトとデリバリーを主にイートインも可能な店舗とし、ロボット導入により生産を半自動化し、セルフレジ導入によりサービスオペレーションも極力軽くして少人数運営が可能な『寿司カフェ業態』の構築と展開をする。
店舗依存型脱却に向けてのデリバリー事業弊社は寿司職人が寿司を握るスタールにこだわっていたため、寿司ロボット導入が遅れていた。寿司の提供速度向上と、デリバリーに適合した事業展開を行うため、この度寿司ロボットを導入するものである。
パティシエのいるカフェ&デリバリー・テイクアウト専門店美味しいケーキやお菓子などを手軽な値段で食べたいという要望とコロナ禍の影響で商品を届けてほしいという需要を組み合わせた店舗(カフェ&デリバリー・テイクアウト専門店)の出店である。甘いものが好きな人とコロナウイルスの影響で増えた在宅ワーカーにターゲットを絞ることで、競合が少ない層をターゲット(ご飯ではなく、デザートやおやつ等)に運営することができる。
居酒屋から昼業。百名店ラーメンの店舗・デリバリー提供によるV字回復渋谷駅周辺に居酒屋・食堂3店舗を経営する当社が、百名店ラーメン「麺魚」のイートイン・デリバリー販売を行うとともに、デジタル活用の販売管理とマーケティングにより、リピート客を飽きさせない商品展開を行い、V字回復を図る。
デリバリー専門飲食店への業種転換に係る事業計画これまで法人向けのwebマーケティング支援を行なっていたが、感染症の影響による広告費の減少から業績悪化に陥ったため、新たにデリバリー専門飲食店を展開する。
テイクアウト&デリバリーを専門としたエスニック料理店の開店新型コロナウイルス感染症下でニーズの高まっている、テイクアウト・デリバリー事業に特化した形態で、健康志向の高まりに合わせて、新陳代謝を促進するエスニック料理店を開店する。
酒類中心の居酒屋からデリバリー対応可能な韓国料理専門店への事業転換事業既存店舗だった居酒屋業態から撤退し、東京都文京区の再開発地区にて新たに韓国料理専門店に事業転換を行います。既存店舗では立地上の問題からデリバリーが出来なかった為デリバリー対応可能な店に生まれ変わります。
キッチンカー専門店からデリバリー店舗を加えた販路の拡大事業計画キッチンカーのみならず今主流となりつつあるゴーストキッチンを目指します。
「高齢者世帯や共働き世帯に優しいお惣菜の製造販売&デリバリー」自分で食事を用意することが困難な高齢者世帯や共働きで忙しく時間的に余裕のない世帯の食生活を支えるために、お惣菜の製造販売やデリバリーする事業です。

取り扱うお惣菜の種類は70種類以上あり、お客様を飽きさせないバラエティーに富んだメニューを用意し、消化が良く栄養バランスを考えた物を提供します。

イートインカフェから「トッピング式おむすび・海苔弁」のテイクアウト・デリバリーへの転換イートインスタイルのカフェ営業から、トッピング式海苔弁とおむすびのテイクアウト・デリバリ―に業態転換をし、さらに、同時に展開していたオーガニックエステサロンから、オーガニックコスメのEC販売へ変更する。
テイクアウト・デリバリーにも対応したカンボジア料理店事業日本では珍しいカンボジア料理、特にテイクアウト/デリバリーメニュー豊富なコンセプトの飲食店開業を行い、自社輸入カンボジア産ビール/コーヒーの販路拡大を含めた事業の普及拡大を目指す
オリジナル麺×テイクアウト・デリバリー×地域活性化ウーバーイーツや出前館などのデリバリーやテイクアウトに適した店舗を立ち上げる。オリジナル麵「胚芽麵」の開発、地元農家との提携した商品開発、感染症対策やキャッシュレス機器の導入等の新しいスタイルの店舗とする。
法人及び会員向けのスパイスカレーのデリバリー、ケータリング及びオリジナルスパイスの開発販売事業調理加工設備を新設して、契約法人対象のスパイスカレーのデリバリー事業、同じビル内でのレンタルスペース会員向けのケータリング事業、及び有機栽培専門農家とのオリジナルスパイスの共同開発・製造販売事業を行う。
本場タイのローストチキン『ガイヤーン』のテイクアアウト、デリバリー販売コロナ禍で時短営業や企業のテレワーク浸透などを受け客足は大幅に減少。その中でテイクアウトやお取り寄せのグルメ需要が増加してる事、店舗の鶏料理は雑誌やテレビにも取り上げる程の商品力がある事から、新たにタイのローストチキンとして有名な『ガイヤーン』のテイクアウト、デリバリー専門店を出店する事を計画。SNSやテレビ等のパブリシティを活用しながら、幅広い顧客層にタイ料理を訴求し、タイの食文化を広めたい。
銀座老舗日本料理店の新業態「高級立ち食い寿司店とテイクアウト&デリバリー事業」既存店舗は厨房が狭く生産効率が悪い、コース料理がメインのため顧客回転率が低いという課題がある。そこで広い厨房を備えた本格江戸前立ち食い寿司店舗を新展開することで、テイクアウト&デリバリー需要とファーストフード需要を取り込み、売上拡大を実現する。
非対面式注文システムを活用した老舗中国料理のデリバリー事業展開ホテルの地下1Fで老舗中華料理店を経営しているが、コロナの影響により来客数が大幅に減少。現店舗の一部を縮小し配膳室に改修してデリバリー設備を整える。また、非対面式注文システムを構築し、老舗中華料理店の強みを活かした中華料理のデリバリー事業を本格展開し事業再構築を図る。
レストランデリバリーの成長を実現する管理システムの開発経営難の居酒屋を縮小し、成長が著しいレストランデリバリーで事業を再構築します。コロナ後にスタートしたデリバリー事業は、すでに1400店舗を展開。管理システムの開発によりマーケットリーダーの地位を確立します。
品川区を中心とした鳥づくしお弁当の製造販売デリバリー事業運送業であった株式会社PERFECTはコロナの影響で売り上げを大きく落とした。飲食経験豊富な義理弟に料理長として協力してもらい、配送ノウハウを活かしたお弁当販売、品川区を標的としたデリバリー事業を新たに開始する。
旅館にデリバリーを伴う健康志向のカフェを新設する事業再構築箱根登山電車のスイッチバックを自然の中で観察できる展望デッキを設えたカフェを旅館に新設。地元の天然水や食材と、無農薬の酵素玄米を用い、免疫力アップに拘った健康志向の料理を提供・デリバリーする。
万全の換気とテイクアウト・デリバリー販売機能を備えたハラール対応焼肉店の開業店内飲食のみのパキスタン郷土料理レストラン」から、「ハラール対応、コロナ感染症対策換気設備完備・デリバリー・テイクアウト対応の複合型焼肉レストラン」へ転換する。日本国内にはハラール対応の飲食店は希少であり、ムスリムにとってはお店を気軽に使いづらい環境で

あるため、そのような状況を改善していくことが、当社の使命であると考えている。

革新的居酒屋テイクアウト・デリバリーメニューで競争力と生産性の向上自家製高級食パンやバンズを使用したオリジナルサンドイッチを居酒屋のランチ・テイクアウト・デリバリーメニューとして提供することで、新しい生活様式に対応したビジネスモデルを展開し、競争力と生産性の向上を図る。
高級とんかつ店の伝統の味を、テイクアウト・デリバリー・ECを活用して全国の食卓に届ける!①テイクアウト・デリバリー専門店の展開、②最先端の瞬間冷凍技術を活かしたEC販売により、これまで40年間飲食店で提供してきた伝統のとんかつの味を全国の食卓に届け、来店客のみに依存しない業態への転換を図る。
コロナ禍でのリスク分散と、経営資源を利用した惣菜デリバリー・販売工場を新設し、中華料理の惣菜製造、デリバリー、販売(店頭・EC)事業を行います。既存事業で得た中国人居住情報等の経営資源を活用し、また独自の配送・販売計画実行して競合他社と差別化を図り事業を展開します。
ハイエンド向け食とワインのデリバリー型ECコロナ禍でニーズの高まる中食/内食市場の中でも富裕層にターゲットを絞り、家庭で簡単な調理で食べられる高級レストラン品質の美食とそれにマリアージュするワインをオンラインストアで販売する。
こだわり八百屋が挑戦する「シェアキッチンとフードデリバリー支援」事業新型コロナウィルスの影響により飲食店からの需要が減少し八百屋事業の売上が低下。そのためシェアキッチンを軸とした新たな店舗をオープンし当社の強みを活用したフードデリバリー事業者向けの新規事業を展開する。
地域飲食店と連携した健康志向飲食の製造及びフードデリバリー事業コロナ禍によって生じた観光客向け宿泊施設の余剰スペースを改装したキッチンを使い、これまで培ってきた地域密着経営の強みを生かして地域の飲食店と連携しながら商品開発を行った健康志向の飲食を製造・デリバリーする事業
テイクアウト・デリバリー事業への業態転換により「食を通じて新たな発信と発見」を実現するための事業移転前までは飲食業として店舗内でのサービス(イートイン)を行っておりましたが、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言等の長期化により、売上が低下。

今後の飲食店舗の在り方や消費者行動の変化に対し、自社の強みをより活かす営業手法として、事業立て直しのため店舗の「移転」と「業態転換」が必要であり本計画を実施しました。

卸売業から飲食店経営・デリバリー・テイクアウトへ業種転換卸売事業から業種転換を行い、横浜駅西口地下街に新規店舗の飲食店(そば屋)経営、テイクアウト・デリバリー事業に参入する。
店舗統合で複数ジャンルに対応したデリバリー専門店のオープン集客の見込めないイートイン事業をデリバリーに特化した事業に変更し、コロナ時代の儲かるビジネスに変革する。現在あるイートインの3店舗は撤去し、新たなセントラルキッチンに集約する。
世界食堂&デリバリー|郊外住宅地向けキッチンカー拠点ネットワークの構築テレワークなどでおうち時間が増えて中食需要が高まりを見せるなか、郊外の空き駐車場を有効活用して、都内ほかで出店場所に困っている良質のキッチンカーを空き駐車場に誘致し、郊外のテイクアウト・デリバリー需要に応える仕組みづくりを行う。その実現に向けて、キッチンカーと消費者と拠点をつなぐシステム構築や出店(販売)拠点の設営、広告宣伝活動、オフィスの改装などを行う。
伸びにくい健康らーめんによるデリバリー販売事業デリバリーしても伸びにくい麺を自社で製造・デリバリー販売することで新たな市場を創造する。並行して、自動販売機及び通信販売によって、売上拡大と共に外部環境に影響されにくい強い企業体質を構築する。
老舗すし店のテイクアウト・デリバリー事業により1ランク上の料理を手軽に利用できるサービスの提供コロナ渦による緊急事態宣言発令での時短要請、アルコール提供の禁止等の厳しい制限等により既存の飲食店ビジネスモデルでは収益を生み出すことが難しい状況となっている。

コロナ収束後も消費者の外食産業利用に対する意識、利用方法の変化も予想されることから現在の既存店舗での待ちの営業だけでなく、新たにテイクアウトにより新たな販路が必要であると考え業態転換による事業展開を行っていく。

地域農産物を使ったキャラコラボスイーツのデリバリーサービス地域農産物とアニメのコラボスイーツをテイクアウト&デリバリーサービスという形で提供し、ECやイートインでは提供できない付加価値を創出します。
ポストコロナ時代の「食」における、テイクアウト・デリバリーによるV字回復計画テイクアウト・デリバリー専門のハンバーガーショップの新規出店」における内装改修及び機械装置の導入、広告宣伝用HP及びチラシの製作を致します。
韓国家庭料理店への参入とデリバリー等非接触提供体制の構築既存焼肉店は団体客の減少で売上が大幅に減少した。新たに韓国家庭料理専門の人気デリバリー店にフランチャイズ加盟・出店し、デリバリー・テイクアウトの他、同店舗でオリジナルメニューの店内提供・通販も同時に行い収益改善を図る。
飲食店経営のノウハウを活かした店舗改修、ECサイトを立ち上げることによるテイクアウトデリバリー事業、業態転換事業計画既存店舗の調理スペース及び設備を縮小し、テイクアウト・デリバリーサービスを実施する上で生産性の高い設備等の確保、HPなどのITを利用した集客ツールの導入し、非接触用メニューを開発・販売できる体制を構築することで、業態転換を実施いたします。
カフェ併設のデリバリーサービス事業への業種転換ネット販売事業で使用している事務所の一部をカフェ(コスタコーヒー)に改装し、カフェの運営と共に、カフェを起点とした半径2km以内の商圏に限定したECモールを構築し、フードなどのデリバリーなど様々なサービスをアプリで提供する、他の事業者のモデルともなり得る事業への思い切った業種転換の実施。
「DELIMATIC(デリバリーロボット・自動化システム)開発事業計画」による新分野展開本事業は、自動車分野で培った現場でのトータルサポートと独自の工作機械開発能力を活用したブランド商品の実績を活用し『デリバリーロボット・自動化システムの製造販売』という新分野展開を行う事業再構築である。
完全外食事業からデリバリーサービスを活用しての業態転換。完全外食事業から脱却をし、デリバリーサービスへ加入することにより、売上拡大と新規顧客の獲得を狙う。
焼き立てパンの早朝デリバリーを基軸とした飲食EC物流の構築本格ピザで培った発酵ノウハウを活かし、「焼き立てパンの早朝デリバリー」と「多店舗料理まとめてデリバリー」に挑戦。地元密着の飲食EC物流システムの構築を図り、地元飲食店と共に発展する地域経済活性化を目指す。
肉も魚も!とんかつ&海鮮丼でテイクアウト・デリバリー強化計画既存のイートイン中心のとんかつに加えて、「テイクアウト海鮮丼」事業を開始する。店内を改装し、テイクアウト重視のレイアウトにしながら厨房を拡大し、とんかつと海鮮丼を双方提供できるようにする。デリバリーにも対応し、V字回復を図る。
低価格の手数料と広域配達の地域密着型フードデリバリーサービス個人店の料理を楽しみたいユーザーと、フードデリバリーで新たな売上を構築したい個人飲食店と、どちらのニーズにも応える地域密着型デリバリーシステム。車での宅配でより広域のユーザーが楽しめるサービスを提供。
当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業及びFC本部構築に関する事業再構築計画当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業およびフランチャイズ本部構築を⼤⽅針とし、①ブランドデザイン、②パイロット店の出店とプロモーション、③製造設備の導⼊、④フランチャイズ本部構築の4つアクションプランにより新規事業を推進する。
世界遺産地域の観光・飲食業復活に向けデリバリー需要を取り込んだ新規事業プロジェクト当社は、世界遺産平等院鳳凰堂にほど近い宇治市内の印刷事業者です。緊急事態宣言期間が明け、観光客が戻りつつありますが、顧客である飲食店では店内飲食以上にテイクアウトの需要が高まっています。テイクアウト用グッズへの印刷ニーズに対応した新事業を立ち上げます。
老舗牡蠣専門店が行う、テイクアウト・デリバリー事業当社では店舗の設計により、テイクアウトやデリバリーに参入できませんでした。しかし、ウィズコロナの生活様式に対応するため、店舗の改築を行いテイクアウト・デリバリー・ECサイトでの販売を行うとともに、イートイン事業の業務の効率化を図ります。
テイクアウト・デリバリーを主体とした中食ビジネスへの業種転換新型コロナウイルスの感染拡大により、コロナ禍・コロナ収束後の「新しい生活様式」としてのテイクアウト・デリバリーを主体とした中食産業を発展させる為飲食業への業種転換
ニューノーマル時代に対応した飲食店への転換によるフードデリバリー事業への進出デリバリー需要の取り込みで想定される調理増やフードデリバリー業者への受け渡しがスムーズに行えるよう店舗動線の見直し、改装を行うことで、調理者、従業員に負担をかけることなく、お客様のニーズにお応えできる環境が整います。
民泊から多機能施設へ 改修によるイベント開催やデリバリー等新分野展開新型コロナ感染症により、外国人観光客が入国できず宿泊業が壊滅状態。3密を避け、感染防止対策をしたうえで、「心の癒し」と言う需要はこれから増えると思われます。コロナが落ち着いてからは婚活パーティーなどのイベント需要も増える見込みであり、またコロナ禍に於いては飲食デリバリー需要が拡大しております。現有民泊施設のスペースを一部改修によって、イベント開催や飲食デリバリー等新分野展開することができます。
テイクアウトとデリバリーをメインとした”鶏の手羽先専門店”の新規出店でV字回復計画「鶏手羽先の唐揚げor蒸しをメイン商品とし、テイクアウト・デリバリーをメインとした販売による収益向上計画」を行う。新店舗を構え、スーパーやお弁当屋の唐揚げと差別化を図り売上のV字回復を図る計画
住宅リフォーム専門業からデリバリー事業への新分野展開リフォーム事業のみで支えられている経営状況から脱却するため、代表が強いコネクションを持ち、経営を成功させているフードデリバリー事業者からの指導を受け、新規事業としてネット空間を活用した独自戦略のデリバリーを開始する。
ポストコロナでも成長が見込めるフードデリバリーサービス事業への参入来客を待っているイートインスタイルのたこ焼き店経営を改善すべく、ポストコロナにおいて拡大が見込まれるフードデリバリーサービス市場に参入します。デリバリー専門店の新設と自社便活用で5年後の売上170%を達成します。
自家製石窯によるデリバリー・テイクアウトピザによる事業再構築当社は大阪で飲食店を5店舗営んでいますが、コロナ禍における休業要請や時短要請の影響を受け売上が減少しました。コロナ禍でデリバリーやテイクアウトの利用者が増加しているため、自家製石窯で作ったピザのデリバリーを開始することを計画しています。
地域のつながりを活かしたテイクアウト・デリバリー事業コロナウィルスにより当店のカラオケ事業は厳しい状況下にある。そこで、現在ニーズの高いテイクアウト、デリバリー事業を行う。販売内容は「たこ焼き」とし、近隣の既存顧客や現在は来店していただいていない若者などをターゲットとして行う。
デリバリー×キッチンカーのトランスフォーメーション既存の2店舗に加えテイクアウトやデリバリーに特化した業態へ転換を行うため、専門店として3店舗目を出店する。さらにキッチンカーを導入し、自社による食品販売とキッチンカーのレンタル事業を開始する。
セントラルキッチン、キッチンカー導入によるデリバリー/テイクアウト事業の展開セントラルキッチンを新たに設け、ヴィーガンスイーツ製作とチャレンジショップに対応する。デリバリー/テイクアウト販売および、キッチンカーによるに移動販売を新たに展開し、新規売上を創出する。
既存店のブランド力を活用した仕出し・デリバリー・通信販売の事業開発セントラルキッチンの増設を行い、デリバリー・通信販売用冷凍商材の生産体制を整える。更に、宣伝広告をSNS・ホームページなどを利用することで、インターネット上でAIを使用したクラウドマーケティングを行い、顧客管理を明確化して販売促進活動を行う。
居酒屋のセントラルキッチンによる調理の効率化とデリバリー事業への進出コロナ禍で既存の居酒屋事業の売上が激減している。2店舗の調理を統合するセントラルキッチンを導入しデリバリー対応できる居酒屋に転換することで、コロナ禍でも選ばれる店として新たな収益を生み出す事業に再構築する。
新規ブランド開発と出店、EC、デリバリー、ゴーストレストランの複合既存事業である飲食店5ブランド資源を活用し、新規にプリンと唐揚げのブランドを開発し出店。

新旧ブランドミックスによるシナジー効果を狙い、EC、デリバリー、ゴーストレストラン、キッチンカー事業を展開する。

デリバリー・テイクアウトの開始! 新メニューの導入による、鶏専門店生まれ変わり事業国産地鶏を扱う、大阪泉州地域の鶏料理専門店が、コロナ禍による売上減少をきっかけに生き残りを懸けて生まれ変わります。新たにデリバリー・テイクアウトを開始し、新メニュー(本格豚足・ホルモン料理)を追加します。
ホテル宿泊者専用デリバリーサービス地域の宿泊特化型ホテルと契約を締結し、宿泊客に飲食をお届けするビジネスで注文から支払いまでスマホアプリで完結する日本でも珍しいビジネスモデルです。SDGsを意識しEVバイクでの配送と地産地消を軸に調理された食事を提供します。
テイクアウト・デリバリー用アルミ製密閉容器で中食業界に革命を起こします!コロナ禍により売上減少に苦しむラーメン店等の外食産業にテイクアウトやデリバリー用の零れず、衛生的でリサイクル性に優れたアルミ製の密閉容器を提供することで、中食業界への参入を促しコロナ禍での売上増加とSDGsの促進に寄与します
会員アプリで繋がる、スーパー・中華料理店・デリバリーの総合的な商圏の構築当社はインバウンド向けのビュッフェ専門中華料理店であったが、地域の顧客向けにラム肉を中心とした中華風串焼きや、デリバリーを提供する店舗へと業態転換を行う。副業のスーパーマーケット事業で獲得した6,000人の会員をスマホアプリで新店舗と繋ぎ、総合的な商圏を構築する。
中国料理とトンカツのデリバリーテイクアウト&冷凍トンカツ通販事業2019年11月に開業してから5カ月後に新型コロナウイルス感染症の影響により事業に大きな影響を受けています。新店舗を構えテイクアウト&デリバリー事業に参入し、冷凍トンカツの通販事業を行います。
ウィズコロナの新需要!ヴィラ客向けデリバリーBBQ事業化計画独自のレストランを持たないヴェラ等へ「ヴィラ宿泊客向けBBQデリバリー事業」に新規参入する。感染リスクを抑えた新たな食事スタイルを提案すると共に、ヴィラが抱える食事の課題を解決。既存顧客との信頼関係を活かしつつ売上及び競争力・企業力の強化を図る。
ビーガン料理とスイーツを、デリバリー及びECサイトにて販売を行う事業コロナ禍で収益の悪化が続き再構築を図る。社長夫妻共ビーガンであり、アレルギーでお困りの方や動物性食品を食べない人や健康を考える人に対して、菜食料理を近隣へはデリバリーで、全国へは冷凍加工したものをECサイトにて販売する。
飲食分野でのシステム化を活用した地域密着型のテイクアウト・デリバリー戦略既存の居酒屋に完全個室と、料理の8割がゆず風味に仕立てた他店との差別化を図った居酒屋を目指します。

またSNSやネット広告を充実させ集客の確保。昼食からデリバリーに特化して売り上げの増大を目指します。

広島県中心に居酒屋を多業態展開する飲食業の、デリバリーに特化したラーメン店へのチャレンジ!今まで、広島県を中心に居酒屋を多業態展開する飲食業として、成長を遂げてきたが、コロナの影響により、大打撃を受けた。そこで、これまで培った飲食店経営ノウハウを活かして新たに、テイクアウトやデリバリーを中心とした家系ラーメン店への進出を図る。
デリバリーとテイクアウトに特化した飲食事業で売上回復新型コロナ禍でデリバリーサービスが拡大したことをチャンスととらえ、既存事業の経営リソースと顧客リストを活用し、テイクアウト・デリバリーの海鮮丼に特化した飲食業に参入し売上を回復させて業種転換を図る。
デリバリーと体験型サービスを提供可能なフラワーカフェ運営自社倉庫を改装し、デリバリー、テイクアウト主体の飲食店を運営。設備は花で装飾し、販売商品のアクセントとしても花を活用。女性顧客を主な対象とし、ネット注文も可能にして近隣競合と差別化、売上拡大を図る。
イノシシ肉の焼肉とデリバリー専門フィットネスフード事業当店を改装し、もともと鍋料理で提供しているイノシシ肉をつかった焼肉メニューを開発・提供する。SMART DELIというフィットネスフードブランドが立ち上がっている。500kcal以下で低カロリー高タンパクなバランスのとれた弁当をデリバリー専門で販売する。デリバリーサービスのUberEats対応地域でないと取引できないため、高松市内に新店舗を構えてスタートする。
コロッケ専門店によるお弁当ランチのテイクアウト・デリバリー事業コロナによって減少した「外食」需要の一部がテイクアウト、デリバリーなどに移動しているため、新たにお弁当、サンドウィッチのテイクアウト販売を開始し、新たなニーズに対応する
本格ナポリピッツァと地産地消のイタリアンを手軽にテイクアウト・デリバリー“マンマ・ミーア エクスプレス”コロナ禍で行楽客や通勤・通学者の減少による売り上げ低迷を受け、新たにテイクアウト・デリバリー業態へ展開することで、レストラン業態に依存した現在のビジネスモデルからの脱却を図る。
テイクアウト・デリバリーを主とした飲食店事業の新分野展開各デリバリー業者連携と各キャッシュレス決済を取り入れ、従業員もお客様も安心のできる、非対面・非接触での販売に特化した飲食事業の新分野展開を行う。
高価格帯海鮮丼テイクアウト・デリバリー及びソーシャルディスタンスを徹底したセルフオーダーシステムの導入による非接触型海鮮テイクアウト・デリバリーを利用した家庭内で食べれる高価格帯の海鮮丼の製造・販売を行う。家庭内で簡単に食せない外食の味を提供。更にソーシャルディスタンスを徹底し、お客様自身で注文可能なセルフオーダーシステムを導入し、九州産の魚介類を使った食堂業態の運営を行う。
釜めし&ステーキのお店が行う地域デリバリー事業釜めし・ステーキ店が人口が少ない地元地域の施設を中心にデリバリー事業を開始する。WEB上での注文受付にし、そのまま決済が出来るシステムのものを制作する。そのためのHPも制作する。
ワインに合うおつまみの製造によるイートイン及びデリバリー事業自宅呑みや個室ニーズという新しい生活様式への対応が課題である。課題解決のために、店内キッチン及びイートインスペースを設け、ワインとワインに合うおつまみを個室やデリバリーにて提供し客単価増加を図る
サブスクリプションサービスによる、彩食宴満・潤和の居酒屋料理のデリバリーサービス事業新型コロナウイルスの影響にて、外出自粛、時短営業要請、まん延防止等重点措置などにより、売上が減少しました。事業再構築として、市場の動向、消費者ニーズに訴求した、サブスクリプションサービスによる、彩食宴満・潤和の居酒屋料理のデリバリーサービス事業を行います。
スープカレーのデリバリーおよびテイクアウトを強化した飲食店の開業札幌円山地区という好立地を生かし、スープカレーのデリバリーおよびテイクアウトを強化した飲食店を開店予定。新型コロナウィルス感染症対策を強化し、タブレットによる注文、東芝テックのセルフ方式自動精算機を導入。
コロナ化に対応したデリバリー専門店「北海道クラウドレストラン」の展開北海道産の商材をメインとした宅配専門クラウドキッチン(北海道クラウドレストラン)を東京で展開する。
焼き鳥居酒屋展開から、唐揚げ丼、海鮮丼のを1店舗で提供できるテイクアウト(デリバリー)専門店への業態転換新型コロナウイルスによって集客が激減した現状の焼き鳥居酒屋から、ランチ営業もできる食(海鮮丼、唐揚げ丼)に変更し、ランチ、ディナー対応のテイクアウト、デリバリー業態に新分野進出を行います。コロナウイルスが落ち着き次第既存、今回の食をメインにした酒類提供の営業を徐々に再開し、広く顧客のニーズに対応していく事業展開とする。
デリバリー/テイクアウト出店とEC販売による、おうち食事の充実化事業既存事業(居酒屋)での調理と食品加工技術やメニュー開発ノウハウを活用し、おうち時間を充実させることができる食事や食材の提供をおこなう。具体的には、①札幌市内でデリバリー/テイクアウト専門店の設立・出店②独自のECサイトを立ち上げ、インターネットで北海道ならではの食品を中心に販売を2軸に展開する。
関連会社の医療介護ネットワークを活かした高齢者宅食事業とデリバリー/テイクアウト/D2C販売事業への新分野展開不動産業をメインに事業展開してきた当社が、代表者の別会社の高齢者向け住宅/介護老人ホームへの薬の訪問販売のネットワークや既存取引、事業の物件情報・飲食人材という事業基盤を活かして一般的に安価な冷凍食品が供給されている介護老人ホーム、施設へのミシュランブランドラーメン等の提供やデリバリー/テイクアウト市場、全国の内食事業に自宅用の食材の提供を行う製造販売事業、D2C販売事業に新規参入を行うものです
地場の食材を活用したアウトドア観光客向け鍋・焼肉セットのデリバリー事業コロナ禍で激変した経済環境に対応するリゾート地でのアウトドア需要をターゲットとし、地場の食材を使った新規制の高いデリバリーサービスを構築することで、企業成長と地域貢献を実現する。
高齢者にやさしい、イートインもできるテイクアウト、デリバリーお弁当・お惣菜事業超高齢者社会に対応するため、高齢者のスタッフの意見を取り入れて、高齢者に好まれるメニュー・サービスを開発し、イートインスペースがある店舗でお弁当・お惣菜を販売し、介護施設等にも定期的に配達する。家事負担を減らしたい働く女性や、近隣に多くある事業所の会社員もターゲットにする。
電気自動車によるコミュニケーションランチデリバリー事業の展開新たにキッチンカー(電気三輪自動車)を導入し、コロナ禍や働き方改革で需要が増えている、企業、病院、自治体等の「コミュニケーションランチ」をターゲットとしたファストフードデリバリー事業を展開する。
フードデリバリーを軸とするデリバリーネットワークサービスの構築コロナ禍において低迷する飲食業界で唯一需要が拡大しているフードデリバリー事業に進出する。そしてそのデリバリーノウハウを活かし、会津の地域特性に合わせた日用品や介護用品等の宅配事業も展開することで独自のデリバリーネットワークサービスを構築する。
店舗改装による、セルフ会計レジを導入した非接触型テイクアウト・デリバリー事業を開始します店舗一部に改修工事を実施し、から揚げ専門のテイクアウト店(デリバリー)として新規運営します。セルフ会計レジを導入する事で通常のテイクアウト事業と比較してもより非接触型での運営が可能となります。既存施設にて混同していたサービス内容を二分する事で質の向上と相乗効果が期待できます。
取手独自デリバリーサービス事業 TORI DERI「取手市」に、フードデリバリーのプラットフォームサービスを開発し、コロナ禍での中小事業者、特に飲食店支援や高齢化による買い物弱者支援に繋げたい。
改正車検制度に対応した非接触によるデリバリー車検事業への挑戦自動車先進技術に完全対応した先端設備を導入し、オンライン予約・連絡システムによる店内待ちを排した非接触型の自動車整備事業への展開を通じ、環境変化に適応可能な企業への成長を目指す、思い切った新分野展開。
デリバリー・テイクアウトから始める麻辣湯専門店現在は中国から日本への観光をサポートする事業を行っている。しかしコロナウイルスの影響を受け今回の業種転換を行う。新たな事業は日本人をターゲットにした麻辣湯専門料理屋である。赤羽駅にに店舗を構え、自身の飲食店経営経験と、知人が経営する大型麻辣湯チェーンから技術提供を受けることで確固たる地盤を生かした新事業に乗り出す。
地元企業の福利厚生向けに展開する「贅沢和牛弁当」自社デリバリー事業コロナ禍で増加した中食需要に対し、企業の福利厚生の一つとして従業員への「贅沢和牛弁当」デリバリー事業を展開します。お客様がお好みの具材をチョイスして、ご都合の良い時間と場所を専用アプリを通じて予約して頂くことで、当社が熱々の「贅沢和牛弁当」をデリバリーします。
こだわりの焼き鳥屋の味を家庭で味わうデリバリー等の業態転換事業既存事業である炭焼焼鳥屋が新型コロナ感染症の影響により、国の緊急事態宣言の発令を受け休業要請、時短営業要請等の自粛によって収益が大幅に悪化した当社にとって必要不可欠な取組みです。当社は再構築を図る新事業として、「テイクアウトサービス、デリバリーサービス」への業態転換を目指します。
既存事業とのシナジーも追求したハラール料理デリバリー事業による新分野展開既存のタクシー業の需要減少により余力が生まれた経営リソース(車両及び運転手)を活用し、外国人数が増加する千葉県印西市で、現時点で競合が存在しない”ハラール・エスニック料理のデリバリー事業”でフードデリバリー市場へ新分野展開を行う。
就労型支援作業所の開所と飲食店(弁当等のデリバリー対応)の開設を 行う。我孫子事業所のあるエリアが、高齢者が多く食事の買い物などに苦労している方が多い。

地域に貢献できる事業であると共に、ユーザーニーズもあり、充分利益を上げて行けると判断している。

今までの放課後デイサービスの知識と地域のネットワークを活かし新規事業を実現させる。

これまでの中食サービスに例を見ない満足度を届けるデリバリー事業の展開Withコロナ後の社会に対応するために既存店舗とのシナジー効果を生むセントラルキッチンを活かした、デリバリー事業の展開。デリバリー市場は競争率が高いため、ノウハウを生かし、差別化を図ったサービスを行う
台湾料理店によるテイクアウト、デリバリー向け商品の量産化既存店舗は維持したまま、新たに市原市の中心市街地に、テイクアウトとセルフ飲食ができる店舗をオープンさせる。また、テイクアウトを含む店舗需要だけでなく、料理を真空パックにして他店(ゴーストキッチンなど)に提供できる量産体制を構築する。これにより、当社の経営資源を最大限に活かせるビジネスへと発展を図る。
宅配ノウハウを生かしたフードデリバリー事業への参入新聞小売業は、コロナ禍で購読者数の減少が加速し、業環境が著しく悪化している。新聞配達事業で培った戸別配達のノウハウを活かし、成長産業である中食産業へ参入し、自社で調理とフードデリバリーを一貫して行う新事業を立ち上げる。
フードデリバリーにおける注文一元化管理ツールの提供事業飲食店に対して、UberEatsや出前館、menuなど多くのデリバリープラットフォームから出力される注文データとPOSデータを統合する注文一元管理ツールの開発・提供をおこなうものです。

この新サービス提供によって飲食店の業務効率化とデータ活用による商品改善を支援します。

最新鋭の調理マシンを備えたセントラルキッチンで大量生産を実現 法人向けデリバリーへの新規参入で売上回復を図る本事業では、デリバリーとイートイン双方の機能を備えた新店舗を作り、渋谷周辺の貸スタジオなど法人向けにデリバリーサービスを提供する。
飲食と衣料・ペットサロンのシナジーによるパンカフェ・デリバリーの展開パンをメインとしたカフェの運営と法人客に向けたパンのデリバリーサービスを展開する。
創業100年の伝統を持つ江戸前寿司店が運営。クラウドキッチンによるデリバリー・小型テイクアウト店舗事業現在の主たる業種である「飲食業」という現状は変更することなく、従来型寿司店・宴会/インバウンド需要を柱としていたスタイルから、①老朽化した本店を閉鎖し、セントラルキッチン機能を持たせた、クラウドキッチンに改装。デリバリーにて、寿司の他、新規事業として金沢カレーを販売 ②駅前小スペースの小規模店舗を通した寿司・刺身・寿司屋のサンドイッチ等のテイクアウト販売を実施
新規顧客の獲得に向けたテイクアウト・デリバリー事業による新分野展開コロナウイルス感染症の影響を受け、当社のレストラン事業は大きく売上を減少。そこで、新たに「テイクアウト専門」という新業態へ転換し、「非接触注文/決済システム」開発を通じて、コロナ対策に特化した新店舗をオープンする。
ポルトガルスイーツ製造D2C小売販売とハンバーガーデリバリー/テイクアウト事業への新分野展開ワインレストランのノウハウ/仕入を活かしたポルトガルスイーツの製造D2C小売販売とプレミアムオセアニアハンバーガーのデリバリー/テイクアウト事業です。
アプリ・クラウドを利用した中小飲食店向けランチデリバリーサービス、サービスステーション提供による攻めのビジネスへの転換中小飲食店と企業や消費者を結ぶサービスの提供を開始し、飲食店の集客や運用管理の自動化や効率化推進における技術的なサポートやソリューションの提供するとともに、消費者には利便性や低コストを、企業には福利厚生の向上を提供してまいります。
フレンチシェフが焼く極旨ピザをテイクアウト&デリバリーできる新店舗開発フレンチレストランに加え、本格的なピザをテイクアウト&デリバリー及びイートインで提供でき、料理教室等で内食需要に対応できる新店舗を開発し、3年後の売上を基準年度の88%増加、付加価値額を97%増加させます。
日本料理店からEC/デリバリーやパーティー事業への大胆な業態転換新型コロナの影響を受け、日本料理店からの脱却が課題である。デリバリーなど店舗外での販売が可能となる厨房設備と、30人の団体利用が可能となる客席変更への投資で、提供機会を増やす多業態型飲食事業への転換を図る。
カラオケバー事業から、黒毛和牛と九州産黒豚を使用したデリバリー・テイクアウト事業への新分野展開当社は東京都港区麻布十番でカラオケバーを運営する事業を行ってまいりましたが、コロナ禍の長期化による需要低迷が続き、コロナ禍前の水準までの売り上げの回復が見込めないことから代表者のこれまでの経験、人脈を活かした黒毛和牛および九州産黒豚の仕入れを行い開発した黒毛和牛/黒豚とんかつ専門店の持ち帰り、宅配飲食サービス事業に進出するものであります
黒豚/黒毛和牛生産者連携したテイクアウト/デリバリー ハンバーガーと食品製造卸D2C事業への業種転換今回始める持ち帰り・配達飲食サービス事業は黒毛和牛と松阪牛と黒豚を使用したハンバーガーの持ち帰り・配達飲食サービス事業と食品製造卸D2C事業になります。コロナ禍でイートインではなくポータビリティを重視したメニューとして、ハンバーガーを卸/D2Cというスタイルで食を提供します。
ラーメン店から定食屋への事業転換による店舗売上依存からの脱却(店舗売上+テイクアウト・デリバリー+物販+冷凍弁当通販)ラーメン店から定食屋への事業転換を行う。定食屋では店内飲食に加え、ラーメン店では実施していなかったテイクアウト、デリバリー、食材・食器類の物販及びオンライン販売を併せて実施する。定食屋が軌道に乗った後、定食屋ブランドを用いた冷凍弁当の通販事業を計画。
フードデリバリー事業への新規展開とワーキングスペースの提供新型コロナウイルス感染症の影響により、来客数が減少し売上や利益も大幅に減少。既存事業のみでは、V字回復の達成は困難であるため、店内改装を行いフードデリバリー事業・コワーキングスペース事業への新分野展開へ挑戦。市場ニーズや出店エリアのニーズに対応できる事業展開を目指す。
自家栽培と地元素材による飲食事業及びEC・デリバリー展開緑の多い広大な敷地内で密を避けたイートイン可能な飲食店を開業。自家栽培と地元素材で作る料理はEC・デリバリー展開も行う。集客にマルシェやワークショップを開催し地域交流のリアルプラットフォームとして寄与し,地元産業と観光客の橋渡しを担う。
清掃業からテイクアウト・デリバリーに強い韓国料理店への業種転換コロナで業績悪化したパチンコ店の契約解除が続き、先行きが見えない為、清掃業での現場運営管理のノウハウを活かし、テイクアウト・デリバリーに強く人気3ブランドが集結した韓国料理店へ業種転換に取り組む
本牧バーガーと一般酒類小売業免許取得によるお酒のデリバリーメニューを刷新し、デリバリー事業に参入します。メニューは「本牧バーガー」と命名したプレミアムバーガーを中心に軽飲食をメインとします。また、一般酒類小売業免許を取得して、お酒のデリバリーも実施します。
デリバリー専門の飲食店TGALデリバリー横浜三ツ沢店の開業飲食店ブランドを30以上展開している企業とフランチャイズ契約を締結し、1拠点で7ブランドを展開する。UberEatsと出前館の2つのフードデリバリーサービスに出店し、オンラインで注文を受け付け調理・配達する。
デリバリー事業の拡充による販路開拓とジビエ料理店への事業転換アフターコロナに対応するため、ゴーストレストランとしてデリバリー部門へ進出し新たな販路開拓を目指すとともに、ネパール料理店からジビエ料理店への転換により、美容や健康志向の高い新たな顧客をターゲットに売り上げ増加及び循環型社会への貢献企業を目指す。
和総菜に特化したカジュアル料亭及びテイクアウト・デリバリー業態への転換老舗料亭がアフターコロナ時代に対応した新たな和総菜に特化したカジュアル料亭業態を確立するとともにテイクアウト及び葬祭・結婚式場等へのBtoB向けデリバリーニーズへの対応を図り、変化する市場ニーズ獲得を目指す。
観光地での飲食店から人口集積地でのデリバリー飲食店への転換コロナ禍の現状、観光地での飲食店は大打撃を受けている。インバウンド・団体客の来訪が全く見込め無い状況下、人口集積地にてデリバリーメインの飲食店店舗を開業し、再起を図る為の事業を行う。
深夜営業のやきとり、ほるもん店からランチタイム、デリバリー対応可能な天ぷら店への挑戦これまで夜間~深夜の営業を中心とした「やきとり」「焼肉」の店舗業態を、新たな市場において昼間~夜にかけて営業する「揚げたて天ぷら」の業態店舗の出店による新分野展開に挑戦する
バーチャルレストランによるデリバリー事業の新展開居抜き物件をリノベーション工事により新しい厨房を作ることで、テイクアウト、デリバリー利用に特化したバーチャルレストランとして事業転換する。
ハラール対応インドネシア料理の冷凍食品製造による、ECサイト及び店頭販売、テイクアウト・デリバリー事業の拡大ハラール対応したインドネシア料理の冷凍食品を製造して、ECサイト・テイクアウト、デリバリーで在日ムスリムへ販売することで非対面ビジネスモデルを確立します。

さらに、コロナの影響により低下した店舗の売上をカバーするだけでなく、県外にはあまり知られていないハラール対応した、インドネシア料理を全国へ広め、生産農家の方々と共に力を合わせてコロナ禍の苦境を乗り越えて、これからも共存・繁栄していく。

食品・雑貨のデリバリー及びECサイトでの販売事業食品・雑貨のデリバリー事業(新聞読者に対して、新聞販売店の販売網を活かして、食品や雑貨の販売・配達を行う)
新しい生活様式に配慮し客室でも利用できるビジネスホテル朝食とデリバリーを併用した飲食店新業態開発開放的なホテル朝食ブッフェに代わり、安心かつ安全に各ルームまで食事をお届けするサービスと可動式間仕切りの設置した個室空間を提供する。またアルコール需要に代わる食事を中心とした昼夜のデリバリー併用新業態を開発し、ホテル観光業や地域経済により貢献できうる事業を再構築する。
デリバリー開始の為の店舗移転と炉端調理による自慢の肉弁当配達三密回避が難しいカウンター13席のみの現在の居酒屋店舗から、新店舗に移転の上、新しい提供方法で売上拡大に繋がるデリバリーを開始。地元北名古屋市で差別化できる「炉端による肉弁当」に特化して提供する。
工場新設による企業向け弁当デリバリーと店舗人気メニューのEC販売従来のセントラルキッチンと総菜工場を集約した新設工場にて、要望のある企業向け弁当の製造・デリバリー事業と急速冷凍と真空調理技術を駆使した既存店舗のメインメニューを商品化しEC販売を行う。
地元食材を活かしたテイクアウト・デリバリーや商品販売を行う新たな飲食事業の展開店舗を多目的に長い時間有効利用する。地産地商、新規雇用で地元の活性に取り組む。3店舗目となる新店舗を核として連携を高め各店舗のブランド力を高める。
京都No.1本格メキシコ料理店が行うテイクアウト・デリバリー当社では店舗の設計により、テイクアウトやデリバリーに参入できませんでした。しかし、ウィズコロナの生活様式に対応するため、店舗の改築を行いテイクアウト・デリバリーでの販売を行うとともに、イートイン事業の業務の効率化を図ります。
京都老舗ちゃんこ鍋料理店の強みを活かし、デリバリー・通販事業へ進出インバウンド需要の落ち込みのダメージを乗り越えるため、京都で50年以上ちゃんこ鍋料理店を経営する強みを活かし、京都で増加するキッチン付き宿泊施設へのデリバリー事業、全国の客への通販事業に進出する。
こだわりの生パスタとピンチョスを届けるデリバリー専門店の新規展開本格的な鉄板焼、お蕎麦、イタリアンのお店を展開してきたが、コロナの影響を受けたため、新たに生パスタとピンチョスのデリバリー専門店をOPENし、内食業界に新展開する。
マルチブランドの高級デリバリーを中心に海鮮イートイン・テイクアウトも行う飲食トリプルサービス事業フードデリバリー市場のおける高級価格帯で、海鮮、肉、鶏料理をマルチブランドで提供する。さらに、イートイン、テイクアウトも加えた飲食トリプルサービス事業として、固定費を最小限化し、利益を最大化する。
天津飯のテイクアウト・デリバリー(一部イートイン)専門店既存事業(民泊事業・宿泊客)のリソースを活かし、アフターコロナ・ウィズコロナ時代に適合する『天津飯のテイクアウト・デリバリー(一部イートイン)店舗』を展開する。
テイクアウト及びデリバリーが主な販売形態ではあるが、店内の一部にイートインスペースを設け、販売形態の多様化による低リスク経営を目指し、地域の活性化と新たな事業連携により更なる発展を遂げる。
デリバリーやFC 展開の為のセントラルキッチン海外旅行に行けない中「台湾唐揚げ」の人気が徐々に上がり、現行店舗だけではコロナ禍のデリバリー需要を捌けません。デリバリーやFC 展開対応のセントラルキッチンを構築し、原価を下げ、販売数増加を目指します。
冷蔵、冷凍焼売の製造を行い1テイクアウト2デリバリー3通販での販売を実現する新店舗の開店「自宅でプロの味を求められている」「ネット販売の加速」という機会と、「名物焼売のメディア露出による知名度」「ネットでの評価」という強みを活かし、冷蔵、冷凍焼売の製造を行い①テイクアウト②デリバリー③通販での販売を実現する新店舗を開店する。
感染症の影響を受けたフレンチレストランが新分野としてデリバリー事業を展開し、社運を賭けて売上を回復する感染症の蔓延によって、消費者は活動の自粛を余儀なくされる中、当フレンチレストランもまた売上の減少の一途をたどっております。そこで社運を賭け、新しい行動様式にも受け入れられやすいデリバリー事業を展開することで、売上の回復・向上に取り組みます。
淡路鶏の鶏料理を中心とした「家飲み特化型」デリバリー事業の展開これまで培ってきた居酒屋経営のノウハウを活かして、家でアルコールを楽しむ「家飲み」に特化したデリバリー事業を展開します。当店名物の博多水炊きや、淡路鶏を使用した唐揚げ・焼き鳥などのおつまみメニューを提供します。
テイクアウト&デリバリーの導入と団体客から少人数客へのシフトウィズコロナ・ポストコロナの経済社会の変化に対応するために、新たにテイクアウト・デリバリーサービスを実施します。3年間の事業計画期間画終了時点において、テイクアウト&デリバリーサービスの売上が総売上の15%以上となる計画を策定しています。
テイクアウト、デリバリー、イートインと全てのニーズに対応した利便性の高い新事業開始コロナ禍で店内での対面機会を減少させることが求められている中、新事業はテイクアウト、デリバリーとお客様のニーズに合わせ多様な利用方法ができる。また、デリバリーは自社便でも対応するので、京阪神の買い物弱者の方に向けて商品を配達することで地域問題の解決に寄与したい。
老舗日本料理店から過疎地域の節目を彩るデリバリー、そして食品メーカーへコロナ禍で低迷する日本料理店がセントラルキッチン・食品工場を展開し、広域デリバリーによる過疎地域等の「食のインフラ」維持への貢献や、シェフ監修の惣菜等を地元スーパーで販売、また、地元食材の魅力を引き出した商品開発による全国展開を目指す。
中小企業がするカーボンニュートラルに向けた電気自動車によるデリバリーカーシェア事業アプリ等のデジタル技術を活用したカーボンニュートラルに向けた電気自動車のデリバリーカーシェア事業。地域連携やディーラー、アライアンスを含むオープンイノベーションによるシェアモデルによって、中小企業でも実現可能なプラットフォームビジネスを目指します。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「デリバリー」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事