UA-33885026-2
事業再構築補助金

「デリバリー」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「デリバリー」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「デリバリー」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「デリバリー」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

現在も新型コロナのオミクロンが猛威を振るっており、飲食店の事業者としては非常に辛い日々が続いていると思います。一方でピンチをチャンスととらえる、と考え方からしますと、店舗滞在型の飲食事業からテイクアウトやデリバリーへの消費者ニーズの変化を捉え、それらにシフト・業態転換を行っていくことは有用だと考えられます
これから、「デリバリー」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
人気デパート北海道物産展実演販売からテイクアウト・デリバリー・通販販売店舗モデルの構築当社の「百貨店北海道物産展販売」で当社人気製品「北海道産コロッケ」を東京、名古屋、関西の百貨店で実演販売するというビジネスモデルであるが、人流の制限により完全に崩壊した。そこでリアル店舗でテイクアウト・デリバリー販売及び ネット通販に提供方法を転換する。
ウィズコロナ時代のライブハウスデリバリー事業「おうちdeあうん堂」ライブハウスでのライブイベントや飲食メニューを店外に持ち出し、自宅でのおうち時間や密の少ない屋外会場などでライブハウス体験を楽しめるようにデリバリーしていく、ウィズコロナ時代のハイブリッドライブハウス事業です。
中華食堂の新メニュー開発およびDXを活用したデリバリー事業への挑戦新型コロナ人流制限による影響は甚大であり、他力本願で回復を待つのみではなく、WEBオーダーによるデリバリー事業へ参入するとともに、店頭でのセルフオーダーシステム等のDXを最大限に活用する事でV字回復を目指す。
シェフが作る”道産素材と和牛のプレミアムバーガー”デリバリー事業減収が続くレストラン事業を支える新たな売上の柱として、”プレミアムハンバーガー”のデリバリーを開始。高級ステーキレストランだから仕入できる希少ブランド和牛を100%使用する。既存事業の食品ロス問題も解決するハイリターンな再構築を目指す。
コワーキングスペース「ティプ」を活用したテイクアウト・デリバリー・EC事業夜の飲食店経営スタイルから脱却し、弊社所有の空きビルを活用したコワーキングスペースとテイクアウト、そこで扱う人気商品のネットショップを構築する。
テイクアウトとデリバリーサービスを備えた地元食材を用いたうどん店の開業感染症のリスクを低減して食事を提供するために、既存事業のバーがある繁華街から離れた場所で、新たにテイクアウトとデリバリーを中心としたうどん店を開設する。地元食材を用いたメニューも豊富に揃えて他店と差別化していく。
洋風居酒屋からデリバリー事業への転換当社は洋風居酒屋を経営しているが、コロナで売上が激減した。当地域には、多くの事業所があるが、デリバリー業者がなく、地域の事業者からお弁当のデリバリーを要望されていた。そこで、デリバリー事業に業態転換することにした。
ECサイト及びアプリを使った布団クリーニングのデリバリーサービス事業布団クリーニング専用の洗濯機、乾燥機等の設備を導入、温度管理できる保管庫の整備を行い、布団クリーニングに対するすべての要望を満たすべく、地域初の布団クリーニングのクイックサービス、長期保管サービスを行う。また、ECサイト設立を行い、クリーニング店専用アプリを他社に先駆けて布団クリーニング専用の機能を追加、効率化した配送システムを構築し、成長分野である布団クリーニング市場の拡大を図る。
SDGsに配慮したバル専門店のテイクアウトおよびデリバリー事業の実施当社は中食市場の拡大を捉えて新事業でテイクアウトおよびデリバリー事業を開始する。近隣にはバル専門店がなく若者を取り込む架け橋として、さらには社会貢献性が高いSDGsに取り組むことで事業再構築を図る。
上質なわらびもちなど和スイーツ専門のテイクアウト・デリバリー事業コロナの渦において外出自粛の流れで飲食業界は厳しくなりました。一方でコロナの渦において中食の流れは強くなり、テイクアウトやデリバリーの利用割合が多くなっています。当社は強みである上質なわらびもち関連商品をテイクアウトやデリバリーで取り扱うことで、ポストコロナ社会に求められる飲食店のカタチにアップデートしたいと考えております。
薬膳火鍋およびマーラータンのテイクアウト・デリバリー事業の構築新型コロナウイルス感染拡大の影響で低下した飲食業の売上を回復するため、新たにテイクアウト・デリバリー事業を構築し、手作りの薬膳火鍋およびマーラータンを千葉駅近郊および全国に向けて販売する。
テイクアウト&デリバリーのハンバーガー専門店等でV字回復!今般の新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業要請を受け、売上が極めて大きく減少。V字回復のために地域ニーズに応えるべく新たにテイクアウト&デリバリーのハンバーガー専門店をはじめとする4つの事業を開始する。
テイクアウト・デリバリー併設型の寿司店の新規出店による既存店舗との相乗効果実現コロナによる売上減少および中食需要の拡大に伴い、ファミリー層をターゲットにしたテイクアウト・デリバリー併設型の寿司店を出店します。異分野異業態の既存店とは在庫や人材の最適化等で相乗効果が見込めます。
デリバリー体制構築、1.5次会店舗への展開銀座エリアのBARや食事提供を行わない飲食店向けのデリバリー事業⇒家賃が高い銀座エリアはキッチン設備を持たないお酒だけを提供する2次会がメインの店舗が多数。同店舗の1次会から顧客を呼ぶためデリバリーで食事提供を行う。

料亭とクラブのママや、BARのマスターが料理やお酒の会話をしながら食事をする、1次会と2次会の融合した1.5次会店舗への展開。

ホテル内のスペースを活用したフードデリバリー・テイクアウト事業ホテルの一部分を、フードデリバリーに特化した店舗に改装し、運営する事業を行います。

第一弾として、浅草橋で計画中の宿泊施設で開始。

軌道にのり次第、自社運営の他のホテルの一部も改装して、多店舗展開をしていきます。

新店舗開設によるオンライン配信とフードデリバリーサービス事業サブカルチャーのコンセプトカフェにおいて、男装バーテンダーやメイドキャストによるオンライン配信営業を行う。また弊社の名物オムライスを中心としたフードデリバリーを行う。
革新的自社デリバリーシステムの構築 ーコロナの逆風を追い風にー飲食店向けにインターネットを通してお客様のスマホからデリバリーオーダーを送信できるシステムの開発
アジアンテイストの豆乳メニューをデリバリー・宅配で提供豆乳を使ったメニューで、近隣のお客様に好評を得ていたが、新型コロナにより顧客は、デリバリー・宅配での購入が接点となった。これを契機とし従来の店舗商圏のではなく広範囲の顧客にも利用して頂けるようデリバリー・宅配を中心のサービスとする。その為に、特殊な冷凍技術を導入し味の再現性の良い食品を開発し、調理を簡便にする事で注文に即時に対応できる。この調理システムを導入し多店舗化・ネット販売の展開を計画する。
ウィズコロナの飲食店デリバリー・フードトラックへの事業転換今年1月の緊急事態宣言より営業時間の短縮、酒類の提供をやめ売上減少の要因となっている。夜の時間帯をメインでやってきたBARからテイクアウト、フードデリバリー、フードトラック事業への事業転換を図る。
新商品スパイスカレーで挑む!デリバリー事業への新たな展開課題である①不採算事業の方向性、②イートイン売上の減少、③デリバリーに不向きな商品特性、を解決するためにデリバリー用の新商品開発と事業再構築をおこない、イートインに頼らない収益構造を実現する。
フライドチキンのテイクアウトと水タバコカフェへのデリバリー店フライドチキンを近隣のファミリー層にテイクアウト販売するだけでなく、水タバコ業界卸NO1の強みを活かして、近隣の水タバコカフェへのフライドチキンの卸を行う。
テイクアウト・デリバリー機能を強化した高級ハンバーグ専門店出店事業本計画は、テイクアウト・デリバリー機能を強化し、食事需要に注力した高級ハンバーグ専門店へ進出する事業となります。居酒屋需要の低下と食事需要の高まりが見られる中「おひとり様の夕食」に家では味わえないジューシーな贅沢ハンバーグ専門店に進出します。
テイクアウト/デリバリーを主体としたとんかつ屋への業種転換当社は居酒屋2店舗と店舗向けの建築工事業を営む企業。コロナの影響で居酒屋店舗の来店客数と店舗工事案件が激減。今回新たにテイクアウト/デリバリー主体の健康志向とんかつ屋へ転換し、事業の立て直しを図る。
欧米で注目されている低糖質ワッフルを使った新ブランド開発およびフードデリバリーの提供体制の構築対面販売の機会損失を受け、事業の維持・拡大のため、コロナ禍にもかかわらず伸びている販売チャネルへ参入する必要がある。そのためにトレンドを捉えた新たなフードブランドを開発し、フードデリバリー体制を構築する。
洋食のテイクアウト・デリバリー店舗立ち上げ都内で串揚げ屋(居酒屋)を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。昼需要・持ち帰り需要を獲得し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築するために、洋食のテイクアウト・デリバリー店舗を新たに出店する。テイクアウト及びデリバリーが主な販売形態ではあるが、店内の一部にイートインスペースを設け、販売形態の多様化による低リスク経営を目指す。
デリバリーにも対応したクレープ販売店舗出店計画渋谷においてデリバリーにも対応したクレープ販売店舗出店により、同地区内にて行っている既存事業(エステ事業・BAR事業)と相互に顧客誘導を図り、当社全体を巻き込こんだV字回復を狙うものである。
CRISPY CHICKENn‘TOMATOの非対面テイクアウト&デリバリー専門店の新分野展開ー韓国大次ブームに沿って韓国チキンのテイクアウト&デリバリーを展開

ー本部直営店舗に次ぐ、日本初の店舗型FC展開し幡ヶ谷に出店し年間30,000名、年間売上9,000万円規模の新分野事業として運営

ー「認知度アップ」「新規顧客の獲得」「リピート率の向上」向上の為のFCのネットワークを生かし、他社に負けない店舗展開

老舗天ぷら屋が挑む若者開拓型とり天のテイクアウト&デリバリー老舗天ぷら屋は「高級で敷居が高い」というイメージが強く、若年層は敬遠しがちである。ヘルシーな「とり天」のテイクアウト店により身近に感じてもらい、幅広い年代層が既存の天ぷら店に訪れることを目指す。
ゴーストキッチンの運営と食品の製造・販売(デリバリー・ECサイト・輸出)新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売上が低迷していることから、まったく新しい分野で「ゴーストキッチンの運営と食品の製造・販売(デリバリー・ECサイト・輸出)」という新事業を起ち上げることにいたしました。
本格タイ料理店によるテイクアウト・デリバリー特化型店舗の展開本格タイ料理店「サイアム食堂」が手掛ける本場の味を気軽に楽しんで頂けるように、倉庫をテイクアウト・デリバリー特化型店舗に改装し、専用メニューも開発してより質の高いサービスを提供する拠点を開設する。
多様な嗜好に応えるクラウドキッチン型フードデリバリー店舗型飲食店はコロナ過の影響を受け、デリバリーなどの非接触型の形態への転換が必要である。当社は単なるデリバリーではなく、一つのキッチンで複数の架空店舗を運営できるクラウドキッチン型デリバリー店とした。
キッチンスタジオを活用した、にんにく惣菜と製品のライブコマースとデリバリーによる販売ネット配信設備を備えたキッチンスタジオを新設。そのスタジオからネットによる生中継販売・ライブコマースを行います。またキッチンスタジオでつくった小ロットの惣菜と商品を、ネット通販やデリバリーでも販売します。
デリバリープラットフォームデータ集約システムの開発運営コロナ禍でデリバリーサービスが一気に普及する一方で、飲食事業者側では多くの非効率な作業が発生しています。その課題をシステム開発により解決し、飲食事業者の売上拡大・ひいては地域経済の復活に寄致します。
食品工場と連携したテイクアウト・デリバリー事業への進出当社が運営する店舗の立地を活かし、テイクアウト・デリバリー事業に進出する。また、店舗との差別化を図るため、店内メニューとは異なるテイクアウト向きの商品を連携する食品工場から供給を受け、店舗とはキッチンのみ共有する新たな形態を目指す。
横浜から全国、全国から世界へ飲食デリバリーアプリ事業オンラインでの集客方法がなく、非接触・非対面等の営業・顧客対応が必須である。

AI搭載の飲食デリバリーアプリ(WEBアプリ)を開発し、全国から世界へ飲食デリバリー事業を展開する

三浦半島の野菜でヴィーガン、ベジタリアンに対応したテイクアウト、デリバリー事業展開当該事業において、三浦半島の野菜を中心にしたヴィーガン、ベジタリアンに対応した中食商品の製造販売を行う。コロナ禍による中食需要の拡大を好機ととらえ、テイクアウト、デリバリー、ECと販路を増やし収益の拡大を図る。
店内飲食から完全テイクアウト・デリバリーに商品提供方法を転換コロナ禍で店内飲食が避けられる中、これまで店内飲食がメインだったパニーニ店が、完全テイクアウト・デリバリー販売に転換。さらにオンラインショップを設けて、販路拡大を目指す。
共働き用24h稼働クリーニング&ミシュランとんかつデリバリー店新型コロナウイルスによって影響を受けたクリーニング店を24時間商品の受け渡しが可能となる非接触クリーニングとデリバリーに特化させたとんかつ店へ業態転換をすることで、新しい顧客層を獲得し売上の向上を目指します。
デリバリー予約アプリを利用し即日返却する寝具クリーニングサービス。地域の問題である光化学スモッグやダニアレルゲンを97%減少させる寝具クリーニングサービス。高齢者やタワーマンション居住者へアプリや電話からの簡単デリバリー予約で寝具クリーニングの即日返却を行うサービス。健康睡眠から地域に貢献する。
AIで一元管理するフードデリバリーのセントラルキッチン設立複数飲食店のデリバリーを担うセントラルキッチンを開設。そこにAIを利用したシステムを開発・導入し、煩雑な異なるデリバリープラットフォームからの注文を一元管理、オペレーションや配送を効率化する。
デリバリーや会席料理等の食事付プラン商品化による事業再構築の展開これまでの海外観光客から国内観光客にターゲットをシフトし、町屋の魅力と一棟貸し非対面での安全な環境の提供に加えて、一流和食料理店と連携しデリバリーや会席料理等の食事付プランを提供し、再構築事業を実現する。
「みそら野キッチン」別荘/貸別荘利用者に対する夕食デリバリー(飲食業)への多角化展開コロナ禍で増加する中食需要に対応するため、信州産食材を中心とした夕食デリバリー事業へ新規参入し、不動産売買・管理業との相乗効果を発揮させ、コロナ禍を乗り切る新たな事業の柱を構築する事業再構築計画
コスパ抜群のテイクアウト・デリバリー寿司店への業態転換当店は長野駅では高級価格帯の店舗であるが、接待目的やビジネス利用が多数であったことからコロナ禍で大きな影響を受けている。このため、当社強みである「マグロ」を主力とし、市場機会であるテイクアウト等を掴み、収益のV字回復を狙う。
ワンストップで地域密着型の中華フードデリバリーサービス事業コロナ禍に伴う時短営業で、売上が回復しない現状を打破するため、自社デリバリーサービスを開始。当地域でフードデリバリーが少ないこと、また、地元在住スタッフによる配達で顧客との関係構築等を強みに事業展開。
行楽地の高級パン屋がバーチャルレストランでデリバリーを展開岐阜の行楽地で営む高級パン店舗と併設カフェは、コロナによる行楽客の減少で売上が激減している。パン製造やカフェ経営で培ったノウハウを活用し、バーチャルレストランを立ち上げ、デリバリーで販売回復を図る。
衣料小売事業から、インターネット受注によるデリバリー飲食店事業への業種転換近年の国内アパレル縮小傾向に加えコロナ禍の影響による、外出自粛の影響を受け衣服小売業の売上低迷、会社存続、雇用を守るために異業種であるデリバリー飲食業へ進出します。インターネット受注を主としたデリバリー飲食店舗数が少なく、ターゲット層が厚い地域に新規出店することで、高い売上が期待できます。
焼肉店フードロス活用の食品製造とデリバリーのプラットフォーム計画既存事業のDX化で生産性を向上し、削減した人員を新事業に登用。食品製造は食品ロスや地元食材を活用した商品開発で雇用を創出。ランチは営業時間拡大と屋外テイクアウト・デリバリーで雇用を分散します。
店舗型レストラン事業からデリバリー飲食サービス事業への転換現状では店舗でのレストラン事業を中心としてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、店舗売上が激減しているため店舗の一部を改装し、お弁当を製造し配送できるデリバリーサービス事業を開始する。
ベトナム料理・食品のテイクアウト販売、デリバリー販売への転換在留ベトナム人をターゲットにした、ベトナム料理・ベトナム食品のテイクアウト店を開業し、デリバリーにも対応する。また、ECサイトを立ち上げ全国の在留ベトナム人の需要にも答える。
ゴーストレストラン方式のデリバリーブランドの展開現在の”ハレの日”需要に特化したサービスを縮小し、”普段使い”の商品を展開するデリバリー事業に取組む。ゴーストレストラン方式を取り入れ、中食需要に対応した多様な商品を展開する。「家でも食を楽しめる」商品展開で自社ブランド力を生かす。
肉料理特化型デリバリー専門キッチンの展開肉料理に特化したデリバリー専門店をオープンする。オンラインで注文を受け、店舗にて調理後、デリバリー業者を通じて配達。肉料理をメインとしつつ、既存事業での幅広い料理展開を活かした多彩なジャンルの料理を提供する。
テイクアウト・デリバリー専門業態の構築と展開外食中心の飲食事業から中食・内食事業への業態転換をする。既存店舗の一部を改装・設備撤去し、調理の超効率化と非属人化、大量生産を可能にするセントラルキッチンと専門販売コーナー、キッチンカーを作り新事業を構築・開始する。
クリーン合成燃料GTLの産業用重機へのデリバリー販売軽油に比べてCO₂、NOX、PMの排出が少ない環境配慮型燃料のGTLを、産業用重機、建設機械、発電機等へデリバリー販売し、客先の周辺環境や施設内環境の改善に寄与する。
鮮魚×発酵料理の新店舗オープンで「熟成刺身」のテイクアウト・デリバリーを実現新型コロナウイルスの影響を受けた「鮮魚居酒屋」を業態転換し、酒類の提供に依存しない新店舗開店の他、熟成魚のお刺身をテイクアウト・デリバリーで提供可能にする再構築を行います。電解水生成装置や急速液体冷凍機などの機器を導入、食中毒の発生リスクを無くし、安全にお客様へ商品を提供する体制を作ることで、弊社業績の安定と周辺地域の活性化、食品ロス低減に取り組みます。
デリバリーと黒毛和牛骨スープの強みを最大限に生かすパスタの新商品開発コロナウイルスの影響により、店内飲食の売上が減少している。その一方、提供する商品がラーメンであるにもかかわらず、弊社の強みであるデリバリー業態が好調である。この強みを生かし、パスタの商品開発・セントラルキッチンを構築し、更なる販路拡大を狙う事業である。
外国人技能実習生事業からサブスクリプション型お弁当デリバリーサービスへの進出当社は、コロナ禍に伴うテイクアウト市場拡大の流れ(詳細は後述)を踏まえ、お弁当屋をM&Aにて購入し既存外国人技能実習生研修施設等と連携することで地方企業のデリバリー需要に特化したサブスクリプション機能付きお弁当デリバリー施設「Mood」を開業し新分野展開を行う。
他社が行っていないテイクアウト・デリバリー専門の「うなぎ専門店」の新規オープン事業既存事業は公共施設内のレストラン運営のため、コロナ禍において特に緊急事態宣言下では公共施設自体の休館により完全休業を余儀なくされている。そこで新たに地域ブランドの一色産うなぎを使用したテイクアウト、デリバリー専門のうなぎ店をオープンする。
唐揚げ専門店 Sakuカラ テイクアウト・デリバリー本社敷地にて、唐揚げ等のテイクアウト販売のほか、キッチンカーでの販売、デリバリー販売を行う。
コロナ対応の障害者グループホームとデリバリー併用型飲食店運営コロナ禍で大打撃を受けたキャバレー事業から、スタッフの有する介護・福祉事業や飲食店での長年の勤務経験、自社所有地を活かして新たに障害者グループホーム及びデリバリー対応型飲食店の分野に進出します。
コロナで外出を控えてる皆さんにご家庭で外食気分を味わっていただくテイクアウト・デリバリー事業既存店を閉店させ、新たに低賃料で店舗を設営し、外食をしたくてもコロナ感染リスクから外食を避けている地域住民の方と、観光客(日帰り、釣り目的含む)にむけた、当店でしか食べられない食事をテイクアウトして頂き、お店の味をご家庭や、お好きなシチュエーションで手間を取らずにお食事していただけます。
中食産業(テイクアウト・デリバリー)に取り組む飲食店を助けるツール開発中食産業が注目される今、飲食店においてはデリバリー・テイクアウトが生き残るため必須取 り組みとなっている。多企業の参入により、デリバリーやテイクアウトシステムは活発化してい るが、飲食店の内部は、未だ体制が整っていない。そんな飲食店の生の声を取り入れ、デリ バリー・テイクアウトの受注管理を競合他社全て一括して行い、POSレジと連携できるキッチ ンプリンターを開発します。
京都の老舗料亭の目利き力を活用したオープンイノベーション型中食(テイクアウト・デリバリー)事業京都の老舗料亭の目利き力を活用して、

①主に近圏を対象として、共通の容器に盛り込んだ料理を、お好みで組み合わせてもらうテイクアウト弁当事業

②WEBを通じて販売する全国配送可能な宅配料理(デリバリー)とオンラインイベントを組み合わせたDtoC事業

非対面式のモバイルオーダーを利用した日本料理のテイクアウト&デリバリー販売コロナの影響で、営業の主力であった宴会等の「外食」が激減したことを受け、これまでの調理ノウハウや顧客ニーズを活かした、「中食産業」へと転換し、和食を中心としたお惣菜のテイクアウトとデリバリーサービスを開始する。また、DXを取り入れ、WEBページの構築とモバイルオーダー&決済可能なアプリを開発する。
「ウィズ・コロナ」の実践。テイクアウト・デリバリーに特化した屋台風居酒屋を開業既存事業がコロナの影響を受ける中、テイクアウト・デリバリーに特化(中心)した屋台風居酒屋を新事業として開店する。

新しいお店は店舗正面に鉄板を置き、焼きそば、お好み焼き等の軽食から、刺身、天ぷら等の魚介、さらには、焼肉、ホルモン焼等の肉系メニューも提供。

高齢者が抱える食への問題に貢献する移動店舗・デリバリー事業店頭販売から情報を収集して、食の楽しみを地域住民に発信していく。高級旅館で提供している食材を、フードデザート禍に直面している高齢者に向けてお届けしていく。移動店舗では旬の食材を提供しながら新たな情報を収集して生産性の向上を目指す。
コロナ禍を考慮した佃煮・弁当販売のデリバリー事業への進出創業以来、大阪市阿倍野区で佃煮・弁当等の店頭販売事業を営んできたが、コロナ禍の来店客数減少、売上下落に対応する方針とした。新規業態として販売チャネルのマルチ化を図り、デリバリー事業を開始することでコロナ禍のニーズに合う業態転換を実現する。
卸売食材の在庫を調理加工しテイクアウト及びデリバリー専門のチキン店開業既存の食材卸売業で売れ残った在庫を調理加工し、テイクアウト及びデリバリーサービス業として新分野展開することで新たな市場の開拓及び新たな雇用を生み出す。
フードデリバリー機能を持ったコンテナハウス型の貸店舗経営フードデリバリーとテイクアウト用のキッチン機能を備えたコンテナハウス型の貸店舗。場所を選ばず簡単な工事ですぐ営業。コロナ渦で苦しむ飲食関係者に格安で貸し出す。シェアキッチンのような貸店舗経営
飲食店によるデリバリー専門ハンバーガーのフランチャイズ事業大阪府高槻市でオリジナルハンバーガー「高槻バーガー」を提供している事業者が、テイクアウト専門のフランチャイズチェーンを展開することで、コロナに打ち勝つ事業を開発する。
健康的なお弁当のデリバリー・テイクアウト事業 新ブランド【deli standard】の発足フードコーディネーター兼管理栄養士監修のお弁当のデリバリー・テイクアウト事業に取り組む。そのために「セントラルキッチンの導入」「テイクアウト、デリバリー専門店の広報」をおこなう。事業の成果として「売上の回復」「地域店舗との連携による地域活性化」「地域の雇用への貢献」を見込んでいる
テイクアウト&デリバリー専門店出店及び出張料理サービスの提供①新メニュー(スープカレーとアジアの鶏料理)を開発してテイクアウト&デリバリー専門店を出店する。②記念日を自宅で祝う機会が増えると考え、高級食材と花を活かした出張料理&飾り付けサービスを提供する。
オンライン専用のデリバリー兼ECサイトの通販専門店の新店舗開拓新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、店舗売上が激減する一方、デリバリーやテイクアウトの売上が増えている。デリバリーやネット通販に特化した非対面型店舗を展開し、レトルトや冷凍が可能な厨房設備を整える。
老舗新聞販売店による地域密着型フードデリバリー事業の実施コロナ禍で当社の売上は大きく減少した。クラウドキッチンと配達拠点を新たに設置して、当社の強みと経営資源を活用した、フードデリバリー事業を展開する。高齢者の潜在ニーズを掘り起こして、売上増をめざし事業再構築を果たす。
ホテル敷地を活用した進化型BBQ場、フードデリバリーへの展開ホテル需要の減少に対して、人口や工場が多い立地を活かして敷地の一部を改装し豪華なキャンピング用品を配したBBQ場とし、安全な飲食店需要に応える。また、キッチンを2倍程度に増床しフードデリバリーの需要にも対応する。
次世代型フードデリバリーブランド運営とEC販売事業についてコロナの影響で外食産業は衰退し中食(テイクアウト・デリバリー領域)産業の市場が右肩上がりとなっている。デパ地下で販売実績のある弊社プロデュースのブランドにてデリバリーに特化した商品を開発しコロナで売上が減少した飲食店に提供する事で外食産業の増収支援を実施すると共に、自社ECサイトを立ち上げネット通販を開始する。
BtoB拡大のためのECサイト開設とデリバリー開始事業BtoB専用のオンラインサイトの開設及びデリバリー事業開始を行うにあたり、製造能力アップと作業効率向上を目的とした店舗移転を行う。

また、将来に発生しうる感染症によるリスク軽減のため、店頭中心の販売から、BtoBやデリバリー、非対面での集客をメインとする形態へ転換する。

海鮮浜焼き・幻の一年牡蛎、寿司定食テイクアウト・デリバリー事業ランチ営業開始、寿司ロボットを導入し、テイクアウト事業・デリバリー事業を新しく展開し、新たな客層への拡大販売、家飲み・巣籠り需要に対応していきす。
他の唐揚げ専門店にない独自メニューを提供するテイクアウト・デリバリー事業2021年3月18日に「世界最強の唐揚げと無敵のもも焼」を主力商品とするテイクアウト専門の『トリロマン』イオン前店を開店。これが非常に好調であるため、12月には「トリロマン」の2号店目を業態転換で開店予定。この2店舗で収益構造と業態構造を確立し、その後はフランチャイズシステムを使って他の地域に展開していく。
高齢者・単身者向け家庭用洗濯のデリバリー事業での新分野展開高齢者、単身者、富裕層、共働き世帯向けの家庭洗濯(日用品、寝具、インテリア)のデリバリークリーニングを姫路エリアで初めて専門的に開始し、新しいクリーニング事業分野の展開を図る。
駅近の立地を活かしたテイクアウト及びデリバリー対応を強化したレストラン事業展開による事業再構築コロナの影響で売上が激減した喫茶店から、駅近の立地を活かして、テイクアウトやデリバリー対応を強化したwithコロナ、アフターコロナを見据えたレストランに事業転換を図る。安くて美味しい国産黒毛牛が楽しめる肉料理や自家栽培の野菜を使ったメニューや人気のスイーツメニューを提供し差別化を図り、売上をV字回復させる。
誕生日会等のイベント用、現地調理対応のフードデリバリー事業店で一次調理。現地に配達後キッチンカー内で仕上げ調理・盛り付けをして温かい状態の本格コース料理をサービス。ポストコロナの新しい誕生日会を提供し、飲食店のディナータイムの売上減少を賄うフードデリバリー事業を構築する。
テイクアウト事業・デリバリー事業開始で駅前商店街にイノベーションを!!需要が高まる中食市場とテイクアウト市場への参入。中食事業はデリバリーで対応。駅前商店街内にある立地を活かしたSNS映えを狙ったテイクアウトブースを商店街沿いに設置し、衰退が進む駅前商店街の再起を目指し地域のイノベーションを図ります。
葬祭贈答用果物専門店が挑む本格欧風ビストロのデリバリー事業葬儀・見舞い等の「贈答用果物販売店」と「イタリア料理専門店」を営む当社が、既存事業の強み(果物の仕入力・専門料理店の運営経験)と、連携するシェフのノウハウを活かして、デリバリー・テイクアウトを主軸とする「本格欧風ビストロ」に参入する。
イートイン・テイクアウト・デリバリーに対応する次世代の飲食複合ビル事業補助申請する事業では、イートイン・テイクアウト・デリバリーのすべてに対応した次世代型の飲食複合ビルを建設する。コロナ禍で苦しむ飲食関係者を救済し、地域活性化にも取り組む。
地産地消グルメをイートイン&デリバリー!ドミナント戦略事業香川県の畜産・農産物を使った、欧州料理店、韓国料理店、アメリカ料理店の3店舗を高松市の繁華街の中心に出店する。ドミナント戦略で効率的な運営を行いながら、デリバリーにも対応した地産地消グルメを提供する。
ユーザーとセラピストを繋ぐリラクゼーションデリバリーサービスの展開当社は、自らリラクゼーションサロンを運営し、独立希望者に来店型リラクゼーションサロンの運営支援も行ってきたが、コロナ禍で来店型のニースが激減したため、新たにオンラインリラクゼーションデリバリーサービスを展開する。
自家製焼立カヌレが主力のテイクアウト・デリバリー対応カフェバー事業パティシエ直伝の自家製焼立カヌレ・もなかを主力としたテイクアウト・デリバリー対応カフェバーを展開することで、既存のアルコールを伴う接客事業の売上減を補い、新規顧客の獲得、事業の再構築に努める。
北九州市初のシウマイ専門店でデリバリー・テイクアウト業への新展開アフターコロナに対応するため、時間が経って冷めても美味しいシウマイに特化したテイクアウトやデリバリーの業態を北九州市で初めて展開する。
地域の飲食店を救う美容・健康需要を捉えるデリバリー提案事業当社は主に飲食店事業者の方向けに「損保・生保」の提案をしている総合保険代理店である。得意先の飲食事業者の方の苦境に対し、副収入の道を作るべく、今回自社で焼肉実店舗と弁当デリバリー事業を新たに始める。
プチ贅沢に料亭の味を自宅にて再現するテイクアウト・デリバリー店の運営事業玄界灘で捕れた新鮮な魚介類を使って、海鮮丼をはじめ焼き魚、煮魚、刺し盛をテイクアウト・デリバリーで楽しんでもらう事業を展開していく。素材は料亭で味わえるくらいの高品質な食材を仕入れ、お客様にはちょっとした贅沢な気分を味わってもらう。
地域コミュ二ティ活性化へ!ミシュラン獲得店と連携したテイクアウト・デリバリー・通販事業ネットワークを活かした「ミシュラン獲得店と連携したテイクアウト・デリバリー・通販事業」に取り組む。ミシュラン獲得店と開発したメニュー(のり弁・カレー・めんたい重・スイーツ等)を提供し差別化を図る。
オリジナルケーキの提供とデリバリーを行う菓子製造小売業への業種転換コロナ禍で苦境のうどん店をはじめとする飲食サービス業から、当社リソースを再構築してスケールモデル3Dケーキや地元産野菜のパウンドケーキなどオリジナルケーキの提供とデリバリーを行う菓子製造小売業に業種転換する。
居酒屋からお届け料理製造にて「仕出し・デリバリー事業」へ!居酒屋事業がコロナウイルス禍で大打撃です。お届け料理をご自宅・企業へ配達します。告知活動と受注システムが必要であり、これを持つ㈱寿美家和久と業務提携します。調理と配達を当社で行い安定売上を確保します。
サブスクリプションサービスによる5種類の料理のデリバリーサービス事業コロナの影響でイートイン客の減少、デリバリーへの需要が高まっている。そんな中、新しい形でより良いデリバリーサービスの展開を考え、サブスク形式による5種類の料理のデリバリー事業を展開することで、収益の回復を図る。
老舗洋食店のEC販売及びデリバリーサービス参入事業コロナ禍で業績が半減する中、低感染型ビジネスとしてECサイトでの当社商品・食材の販売及び近隣顧客向けのデリバリーを行うものである。なお、本事業はキャッシュレス決済の推進にも繋がるものである。
サブスクリプションサービスによるデリバリーサービス・ECサイト販売事業老舗旅館で提供する食事をサブスクリプションサービスで提供をします。通常の宅食とは違いサブスク会員限定特典として料理長の秘伝レシピ動画の配信や宿泊割引券を付けるなど旅館としての付加価値を付け差別化を図る。
サブスクリプションサービスによる磯鷸之庄・日本料理のデリバリーサービス事業新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛など消費者の行動制限により、イートイン客が激減し、売上も大幅に減少しました。イートイン市場の急速な回復が見込めない中、個食・家食、巣ごもり消費への需要拡大とニーズに対応する為、新たに定額制・定期便によるサブスクリプションサービスにてデリバリーサービス事業を展開し、ストックビジネスによる安定収益の確保から、事業の再構築を行います。
伝統とDXを活用したフードデリバリーサービス創業約1世紀の伝統とDXを活用し新規事業であるフードデリバリーサービスを開始します。自社のホームページ上にオンラインオーダーおよびオンライン決済システムを構築することで、伝統のサービスの質を維持したまま、新規事業とのシナジー効果を発揮します。
文化財を活用し集客、テイクアウト、デリバリー事業展開感染症の影響を受けた既存の文化財見学付き飲食事業売上回復のため、新たに伝統料理弁当などの新商品をテイクアウト・デリバリーする事業を開始する。文化財活用やオンライン化も進め新たな市場での売り上げ拡大を目指す。
「地産地消のこだわり商品」で居酒屋からテイクアウト・デリバリー事業へ既存事業の仕入れ力を活かして、6つのテイクアウト・デリバリー業態を開発。デリバリーに関しては、電気自動車や電動バイクを使った自社配送を行う。他社と差別化したサービスの提供を行い、業績のV字回復を目指す。
機動力の強みを活かしたデリバリー販売を伴うFCさかい珈琲の新分野展開強みの機動力を活かしたデリバリーサービスと地産地消の食材活用のメニューと地元飲食店の「食」のテイクアウトが可能なFCさかい珈琲独自性を利用し、地域に多い高齢者や単身者層を取り込み差別化を図り、幹線道路沿いの好立地の新店舗展開で、本業の依存体質から脱する。
韓国チキン テイクアウト・デリバリー専門店韓国チキンのテイクアウト・デリバリー専門店。韓国で直接輸入した最新人気の材料(ソース、パウダ)を使い、沖縄では普段味わえない本場の味をネットと電話で注文、イートインではなくテイクアウト・デリバリー式で観光客や県民の皆様に提供する専門店。
デリバリーに特化したラーメン店の事業化競合店に無い"自社配達"と"配達専用商品"により、非接触販売に対応する「アフターコロナ時代のスタンダード」となるラーメン店を目指す事業計画
AIを活用しLINEと連携した対話型デリバリーオーダーシステムの開発対話型デリバリーオーダーシステムの開発を行い、ユーザーと飲食店との間でデリバリーの注文を軸にデジタル接点の創出を図ることに加え、調理代行型無店舗型キッチンを設け、飲食店のデリバリーのアウトソースな可能なオーダープラットフォームを構築する。
焼肉業態の新規拠点設置によるリスク分散化と新規デリバリー商品開発による二毛作化当社で運営する居酒屋業態1店舗を焼肉業態に変更し、その焼肉店を拠点に他社との差別化を図りながら、当社が運営する全飲食店舗でのデリバリー、テイクアウト事業(バーチャルレストラン)との二毛作化を図り、主力事業の居酒屋業態経営のリスク分散化を進め、事業の再構築を目指す。
コロナ禍を配慮したEC事業、テイクアウト•デリバリー事業を軸としたマルチチャンネル戦略の展開創業以来、宮城県仙台市で飲食店(居酒屋)事業を営んできたが、コロナ禍の来店客数減少、売り上げ下落に対応すべく、新規事業としてマルチチャンネル化を図り、EC販売、テイクアウト、デリバリー事業を開始する事でコロナ禍のニーズに合う業態転換を実現する。
本格スパイスカレーのデリバリーとオンラインヨガレッスンの統合事業百貨店テナントの現店舗を撤退し、本格スパイスカレーのデリバリーとオンラインヨガ教室の2つの要素を統合したサービスを提供し、食べ物と運動という2つの側面から、地域住民の心と身体を健康にする。
テイクアウト・デリバリー型惣菜店の創出「日立まるしめ発。和の恵みを食卓へ」新型コロナウイルスの影響により既存事業が大打撃を受けており、今事業にて地場に貢献できる和食を中心としたテイクアウト・デリバリー型惣菜店を創業し、高齢化が進む地元に新しい形で貢献をする事業創造をします。
キャンプミールキットによるECデリバリーサービスの開発感染症の拡大をうけ旅行先での土産品消費が長く低迷している。当事業では落ち込んだ土産消費を補うために、活性化している少人数キャンプ市場をターゲットとしたミールキットのECデリバリーサービスを開発する。
ウィズコロナ・アフターコロナに向けてのテイクアウト・デリバリー事業へ新規参入既存のサービスメニューと新商品の唐揚げをテイクアウト・デリバリーの事業を展開する
デリバリー事業の新規展開による事業再構築計画当社は22年にわたり居酒屋業態を中心に経営しているが、コロナ禍で窮境状態にある。そこで、コロナ禍でも好調なデリバリー事業を新たに展開し、経営課題の解決を図る。
店舗型の提供方法からデリバリーとECサイト業態への転換事業カフェの人気メニューや専属パティシエのスイーツを生かし、デリバリー、ECサイト、といった新たな提供方法で事業展開する。デリバリーでは本格グルメバーガーの専門店として出店。ECサイトでは、ギフトとして送りたくなるようなスイーツを全国配送する。
団体旅行客向け店内飲食から日本料理デリバリー事業への転換東京の観光地で日本料理店を営業していますが、コロナの影響により売り上げの約8割を占めていた団体旅行客の客数が大幅に減少しています。現在の店内飲食中心の業態からデリバリー中心の業態に転換します。
オーガニック、グルテンフリーに特化したデリバリーとテイクアウトの業態転換アレルギーの顧客や無添加にこだわる顧客に対して、オーガニック、グルテンフリーに特化したテイクアウト、デリバリーの商品を提供し、安心・安全を重視しながら食の楽しみを伝えられるように業態転換します。
新規出店店舗でのデリバリー事業当社は居酒屋を2店舗経営していますが、今般、群馬県及び新潟県にて新規オープンする居酒屋店舗に広めのキッチンを確保し、デリバリー事業を開始します。オペレーション確率後、既存店舗でもデリバリー事業を行っていきます。
店内客席を大幅縮小しテイクアウト&デリバリー事業への業態転換新たにテイクアウト&デリバリー事業を開始する為に、現在100席ある既存客席面積の約40%を解体撤去し、補助事業実施のための造作・機械装置の導入及び近隣へのポスティングや店頭&HPでの告示を実施する。
テイクアウト・デリバリー・通販専門店Ringo Pizzaを立ち上げコロナ後の当社外食事業を再構築する当社の路面店売上を補完すると同時に、コロナ後の世の中の動きに合わせて著名なピザ店のレシピを導入し、独自のメニュー展開をデリバリー・テイクアウト・通販専門店Ringo Pizzaにて提供しようという事業である。
デーツ料理専門店(デリバリー)既存の化粧品輸入販売事業はコロナ禍で仕入先の影響を受けやすい。そこで、既存の企業イメージ、製品開発力、SNS発信力といった強みを活用したデーツ料理デリバリー専門店の開業により、事業リスク分散及び相乗効果を図る。
デリバリー、ネットショップも備えた高級生鮮3品小売路面店の出店高級住宅街にて、試食販売・店内飲食やデリバリー、ネットショップも備えた高級生鮮3品小売路面店を出店し、DX促進、キャッシュレス化、市場ニーズ変化、ニューノーマルに対応し、衰退傾向の生鮮専門小売業の新たな方向性を示す。
故郷の味をお届け!宿泊業のテイクアウト・デリバリーへの挑戦!故郷の味を日本で味わいたい在日中国人向けの料理を提供する為、調理設備の導入と販促活動を行う。調理設備は既存スペースを改築して専用機械も導入し対応。販促は中国人向けSNS「WeChat」を用いて認知拡大を狙う。
テイクアウト・デリバリーサービス専門のハンバーガー事業による新分野展開新たな市場に展開する上で現在休業している烏山店を閉鎖し、三鷹本店隣接地に建物を新築し、当社が過去に実施したことがない事業として、当社の強みである肉という商材を使い、ハンバーガーのテイクアウト専門店をオープンする。
飲食店をピザ工場へリノベーション、業態転換によるピザのデリバリー事業飲食店であった店舗をピザ職人が記事から手作りで作るピザ工場へとフルリノベーションしてピザのデリバリー事業に進出する
環境にやさしい紙製デリバリー容器を非対面式で直接飲食店に販売① デリバリー需要の高まりに対応する環境にやさしい紙製容器を中心にエンドユーザー向けに直接販売

② コロナ禍で注目されたデリバリーニーズを捉え、配達や持ち帰り時に液漏れや崩れの少ない容器の企画

③ 市場に流通しているプラスチック材の減少に繋げ環境問題にも一役かう

リモート文化に対応したオードブルデリバリー事業の立ち上げリモート勤務社員も参加する懇親会用に、会社向けの多人数用のオードブル(ただし個食対応)と、リモート勤務社員向けに同様の料理を宅配する。同時に、懇親会が盛り上がるような付加サービス(メッセージメード同梱等)を提供する。
和定食・麺・甘味をメニューとしたカフェ、デリバリー業態への展開による事業再構築計画赤坂オフィス街、地下に立地し50代以降の利用客をメインターゲットに酒提供をメインとする和食 店舗運営する弊社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、 コロナ禍・アフターコロナの顧客ニーズに対応した住宅街立地の和食カフェ形態で定食・麺・甘味 メニューに特化し、コロナ禍でも成長し続けられる店舗を事業の柱と構築することとする。
デリバリー専門店レンタルスペースの一部をデリバリー専用キッチンに改装し、強みのメニュー開発で「美味しい料理を食卓に届ける」デリバリー専門店事業を行う。
飲食分野でのラーメンによる立食いラーメンのテイクアウト・キッチンカーによるデリバリー移動販売を新たに事業化昨今の短時間飲食、ステイホームの推奨、またテレワーク等の普及によるテイクアウト、デリバリー需要の拡大に応える事業で、滞在時間が短くて済む立食いラーメン・テイクアウト、自社キッチンカーによるデリバリーを行い、アルコール等が主力商品である既存事業の居酒屋の売上減少をカバーする新規売り上げを担う事業である。
「居酒屋」「鮮魚店」に続く第三の柱「3つのデリバリー」事業「飲食業」「鮮魚店」以外の第三の柱として鮮度抜群の魚料理のデリバリーを行う。日常のランチ需要に答える「日常ランチデリバリー」近隣の葬祭業者と提携して行う「仕出し弁当デリバリー」そしてハレの日のお祝い時の需要に答える「お祝い御膳デリバリー」を計画する。
テイクアウト・デリバリー事業とイートイン事業を両立させた高級焼肉店新規出店事業本事業は目黒に本店を構える【焼肉ぽんが】のFC第一号店として当社が出店します。
すでに食べログ点数3.7点超えと有名店であり、焼肉店の運営ノウハウを学びながら、当社の強みであるテイクアウト・デリバリーノウハウを活用して売上拡大を図ります。
テイクアウト・デリバリーを中心とした路面店出店事業主たる事業を変更することなく、テイクアウト・デリバリーを中心とした路面店舗の運営に業種転換します。
専門店の美味しさを地域に届ける複合型デリバリーサービスの展開従来は、とんかつ専門店を商業施設に展開してきたが、新型コロナウイルスの影響により大幅な売上減少に直面している。商店街等の路面に出店し、ブランド複合型のデリバリーサービスを開始する事で事業再構築を図る。
AIを活用した独自アプリによるハイヤー及びフードデリバリーサービス提供による新分野展開先端的なデジタル技術(AI)を搭載した独自の配車アプリ、デリバリーアプリを開発し、これまでハイヤーを利用していなかった客層や新たなフードデリバリー市場にアプローチし新分野での売上を獲得する。
名店の秘伝の製法を活かした餃子と唐揚げのテイクアウト・デリバリー専門店への業態転換イートイン中心の飲食店スタイルから、テイクアウト・デリバリー専門店に業態転換を図る。提供する商品も、飲食店メニューの流用ではなく、名古屋の餃子の名店「新風」と茨城県の唐揚げの名店「寺田商店」から学んだ秘伝の製法で調理する餃子と唐揚げで勝負する。
レンタカー・フードデリバリー業界のサイトコントローラー開発による新分野展開現在コロナの影響により需要の低迷しているホテル業界へのダイナミックプライシングサービス提供から、新たなフードデリバリー・レンタカーといった新市場に対して、サイトコントローラーといった新たなサービスを提供していく。
テイクアウト&オンラインデリバリー専門のクラウドキッチンデリバリーに特化したシェアキッチンサービスを提供することにより、事業参加者にデリバリ―の需要が高い立地に低いコストで出店ができ、独自のシステムで受注プラットフォームを構築し、異なるデリバリーサービス業者からの受注をスムーズに受け取る。開店から仕込み、受注、配達、売上の分析までサポートをし、店舗経営における感染拡大、人件費コスト、前期設備投資等さまざまなデメリットを解消します。
シェア型レストラン事業(イートイン・デリバリー・テイクアウト)及び ゴーストキッチン事業(デリバリー専門)の運営コンサートやイベント等に依存したホットミールや野外飲食出店等の

既存事業を縮小し、シェア型レストランとゴーストキッチンを開業。

テイクアウト・デリバリーにも強い本格派洋食専門店事業現在外食店舗の運営委託行を行っているが、緊急事態宣言等、コロナによる影響で、売上大幅に減少している。(詳細別紙参照)コロナ禍でも安定した事業継続を図るため、テイクアウトやデリバリーを中心とした本格派洋食専門店を新たに出店することにより、新型コロナウィルスで大きな影響を受けた店舗店型の飲食営業以外の収益確保と新たな雇用の維持拡大を図る。
エンタメデリバリー「エンタメデリバリー」は、個人の人生の節目となるアニバーサリーイベント(結婚式、誕生日、入進学など)に、WEBサービスを活用して、エンターテインメントを双方向で提供する事業である。
法人専用健康食デリバリー弁当事業コロナかで飲食店への来店が減少している中で医療・製造業・公務員などテレワークをできない業種もあり今後のコロナ禍でも安定したデリバリーランチ需要が見込まれる。
新型コロナウイルスによる外食産業に対する需要変化に対応するためのラーメン店・デリバリー事業立ち上げ計画新型コロナに伴う時短要請及び酒類の自粛等により、既存の居酒屋形態の店舗売上が激減しており、売上の軸である宴会等の需要は今後も見込めない。
そのため、酒類の提供以外の飲食事業にて収益の確保を計画している。
店内飲食からデリバリー・テイクアウト販売に進出し、業態転換。現在大幅に減少している宴会売上を補い、かつコロナ禍における新しい生活様式に対応して一般顧客の新しいニーズに応えるデリバリー事業に進出しデリバリー販売メニューを拡充する。
横浜発焼肉店。コロナ禍をデリバリーサービスと非接触&非対面店舗開発で乗り切る。落ち込むイートイン(店内食事)をカバーするために、強みを活かしてデリバリーサービスへの本格的参入を果たす。店舗運営はコロナ対応のため、特急レーンやタッチパネルオーダーリングシステムといった非接触&非対面を実現し、省人化と自動化により競争力を高める。脱イートインにより新しい業態での生き残りをかける事業である。
大宴会場併設型料亭から割烹職人による地元神奈川県産食材を生かした弁当デリバリー事業・低感染リスク型小個室店舗への業態転換大宴会場併設型料亭から、割烹職人による地元食材を生かした料理を感染リスク型小個室店舗に加え、ビジネス会議向けを中心とした和食弁当のデリバリー事業を展開することで事業再構築を図る。
自社及び配送代行によるデリバリー事業の展開居酒屋事業の業績回復が困難である状況を打開するため、今後拡大が予想される飲食デリバリー事業をセントラルキッチン方式にて実現する。地域住民の食のバリエーションを広げることを通じ、当社の業績拡大を目指す。
自家製チーズ工房併設型テイクアウト/デリバリーでの事業化神奈川県産の生乳を利用し地域密着型のチーズ工房併設型店舗を開業し、コロナ禍ではテイクアウト/デリバリー/催事販売の3本柱で、コロナを乗り越えて行く。また、飲食店が活性化した場合に備え、イートインスペース併設を行う。
デリバリー専門飲食業用キッチン貸出&営業支援事業への業種転換コロナ禍においても売上続伸中の『デリバリー飲食業態』に参入希望する事業者は多数存在するが、中にはデジタルが苦手だと言う声が多いため「デリバリー専用キッチンの貸出」と「総合的営業支援」の2事業を展開する
「釜めし」のデリバリーおよび専門店出店による『縁(ゆかり)』創出事業当社は新潟県において寿司居酒屋5店舗を経営している。新型コロナウイルスの影響を克服するため、事業再構築事業では「釜めし」のデリバリーサービスおよび専門店の出店を実施する。「釜めし=ご馳走」というイメージはあらゆる世代の共通認識である。当事業によって子供からお年寄りまで、家族そろってのかけがえのない時間を提供する事業としたい。
らーめんのデリバリー開始と本格インスタントらーめんの開発事業コロナの影響で来店客が減少したままである。また、ラーメンのテイクアウトはその特性上難しい。そこで、デリバリー体制を構築し、顧客にスピーディーにらーめんを届ける。更に、本格インスタントらーめんを開発し、ご家庭でも簡単にらーめん矢吹を味わっていただく。
韓国料理の通信販売とデリバリーサービスの開始で新分野進出飲食店の依存度を下げて食品製造販売と宅配の新分野へ進出し多業態型への事業再構築を次の2事業を通じて実施する。1.急速冷凍韓国料理の通信販売2.熱々韓国料理のデリバリーサービス
”甲州にぎりの甘だれ”でいただく各種弁当開発によるテイクアウト・デリバリー専門事業すし店として営業してきたが、外食の自粛で売上が低迷。新たに甲州あまだれを活用した和牛・焼き肉弁当等を開発しテイクアウト・デリバリーする。倉庫をお弁当専用の厨房に改装し、調理の効率化とすし店の品格を保ちつつ増収を図る。
デリバリー&デマンド乗合システム導入で地域の利便性を向上する事業タクシー車両を活用したデリバリー事業及びICTを活用したデマンド乗合による過疎地中山間地の公共交通空白地帯の改善計画
客足減少による増加するフードロスを新市場の需要に対して収益化するテイクアウト&デリバリー新サービス提供の挑戦来店客リサーチに基づいた独自開発の“寿司バーガー”によるテイクアウト専門店舗を出店、外食~中食への転換対応を導入し、外食需要の低下によるフードロスを営業利益に転換し、新市場での売上増強を行う。
沼津市中心部におけるテイクアウト・デリバリー店舗の新規出店沼津中心部の会社・事業所で働く人々を主な顧客として、弁当のデリバリー・テイクアウト事業を展開する。
ランチ・デリバリー・テイクアウト営業を行うスパイスカレー専門店運営に参入新型コロナ感染症の影響が大きい既存事業(ダーツバー)に加えて、既存事業の営業時間外である昼間からデリバリー・テイクアウト営業を行うスパイスカレー専門店運営に参入する事で、感染症に対する事業リスクを回避するとともに、既存事業にて培われた経営ノウハウ、ダーツ事業の販路を活かし、アフターコロナのV字回復を目指す。
~仕出し割烹と提携~「高級仕出し弁当」製造&デリバリーサービスによる新分野展開本事業は、「高級仕出し弁当(仕出し割烹)」デリバリーといった今まで当地区になかった新たなスタイルを提供することで、市場形成を狙っていく事を目的とし、デリバリー事業でノウハウを持つ「仕出し割烹しげよし」(株式会社寿美家和久)と提携し、事業展開をはかっていく。
テイクアウト・デリバリー販売の新規事業展開のための新店舗展開について新型コロナウイルスの影響により、浜松オートレース場内の店舗の売上が激減している。本事業でテイクアウト店を浜松中心地に新規出店することにより従業員の雇用を守る。
ラーメン・本格中華料理のテイクアウト、デリバリー事業既存の店内飲食の業態に加え、テイクアウト・デリバリーなどの様々な需要に対応したサービス提供の展開を目指す
メキシカンタコスの店としてフードデリバリー業態へ参入ウーバーイーツや出前館など、各種フードデリバリーサービスを導入し、愛知県(名古屋市)ではまだ競合店舗が少ないメキシカンタコスを売りにすることで、商圏地域においてのブランド化を進めていく。
飲食店販売チャンネルの拡大・デリバリービジネスの事業化30年に渡り地元で愛され続けている本格的インド料理を中心にお客様の支持を得ています。
コロナの影響は大きく、外出も制限されている中、本格的な料理をご自宅にお届けするためのデリバリービジネスを事業化する
″映える″と話題のフルーツサンドをキッチンカー・カフェ&デリバリーでコロナ禍でニーズの高いテイクアウト・デリバリー事業に、SNSで″映える″と話題のフルーツサンドで参入し、既存事業で培った商品開発力を生かし、カフェやデリバリー、キッチンカーを導入し、老若男女問わず商品を提供する計画である。
カスタムメニューによるデリバリー&テイクアウト事業への業態転換イートイン事業の売上損失を「カスタムメニューによるデリバリー&テイクアウト事業」への転換で補填する。店主が毎日市場で買い付けてきた新鮮な食材をお客様が自由に組み合わせて、自分好みの弁当&オードブルをデリバリー&テイクアウトで提供する。
デリバリーサービスに対応する為の、システム環境整備及び店舗設備改修現在の状況とコロナ後を見据え、既存事業の抜本的かつ戦略的な見直し、すなわち事業の再構築の必要性を感じております。そこで当社としては、事業環境の分析を綿密に行い、さらに現状の技術を生かした取り組みが出来ないか、検証を行いました。その結果、「デリバリーサービス」への業態転換を選択しました。
市場ニーズに柔軟に対応し、競合優位性の高い料理デリバリーサービス商品開発力の高いシェフがいる強みを活かすため、セントラルキッチンの開設、市場分析力のあるフードコンサルとの連携により市場ニーズに合致する多種多様なメニューを開発して、料理デリバリーサービスを開始する。
アレルギー患者のニーズに応えるデリバリー・EC販売グルテンフリーカフェへ新分野展開グルテンフリー食品に対する従来からのニーズとコロナ禍での新たなニーズを踏まえて、長年かけて積み上げてきたグルテンフリーのコミュニティと飲食店運営ノウハウ、商品・メニュー開発力を活かし、小麦を完全除去した美味しいグルテンフリー食品の提供体制を構築する。
テイクアウト・デリバリーサービス導入による事業再構築現在までの店内飲食をターゲットとした創作料理中心のメニューから、テイクアウトやデリバリーサービスに対応可能な鶏料理中心のメニューに変更することで、店内営業との相乗効果による事業再構築を目指す。
寿司(テイクアウト・デリバリー)事業による事業再構築計画天ぷらとワインを提供する飲食店を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。コロナ禍の顧客ニーズに対応した形態の寿司店を新たに展開し、危機を乗り越えられる事業の柱を構築することとする。
老舗焼肉屋が作る本格弁当のデリバリー・移動販売事業への進出コロナウイルスによる影響で飲食店店舗の売上減少が続き、今後も長期化する懸念がある。そこで店舗以外での売上を獲得するために多様な販売経路を築くため、老舗焼肉店だからこそ作れる本格弁当をデリバリーとキッチンカーで移動販売する新規事業に取り組む。
居酒屋経営のノウハウを生かした店舗改装・独自ECサイトを立ち上げることによるテイクアウト・デリバリー事業・業態転換事業新型コロナウイルスの影響で従来から店舗が取り組んできた手法やサービスでは、収益を継続的に上げていくことが非常に困難と予想できる中独自のECサイトを立ち上げ、オンライン上でテイクアウト・デリバリーを受注し、テイクアウト商品は店内の入口周辺を改装し店内に入らず店外で商品の受け渡しを可能にする、主たる業種・事業を変更せず提供方法の大胆な変更を成し遂げ、売上拡大と効率性向上を目的とする業態転換計画です。
長屋の心でおもてなし コロナだからこそ女性の応援ができるテイクアウト&デリバリー自社運営保育園の給食調理部門の社員を中心としたメニュー開発力を活かし、働く女性の家事負担を減らせるよう、栄養バランスの整った惣菜販売事業を展開する。惣菜需要が増加する中、今後の売上拡大に繋げていく。
カラオケBARの経営ノウハウを生かした店内飲食、テイクアウト、デリバリー事業展開・新分野展開事業計画新型コロナウイルスの影響で従来から店舗が取り組んできた手法やサービスでは、収益を継続的に上げていくことが非常に困難と予想できる中新店舗を立ち上げ、客席を45席設けてコロナ対策を施したランチタイム飲食事業、テイクアウト・デリバリー・店内飲食に対応した厨房を新たに設置し、またテイクアウト・デリバリーは店舗独自のECサイトを立ち上げサイトを通じて受注する仕組みを取り入れる。
居酒屋のノウハウを生かした独自のECサイトを立ち上げテイクアウト・デリバリー事業展開・業態転換事業計画新型コロナウイルスの影響で従来から弊社が取り組んできた業態では、収益を継続的に上げていくことが非常に困難と予想できる中今まで経営してきた居酒屋店のノウハウを生かして、スペース確保のための店内大規模改装と弊社独自のECサイトを構築しオンラインで販促・注文を受けテイクアウト・デリバリー事業を展開する、業種・業態の変更なく提供方法を大胆に変更する業態転換計画です。
小規模地域の連携フードデリバリーとゴーストキッチン事業の構築地域の飲食店と連携してラウンドロビン(牛乳配達)方式で、昼と夜を市内を一周する事で安価に違う店舗の料理をワンストップで配送購入でき、ゴーストキッチンを併設し新規に出店したい人や隙間時間を有効に使いたい人達のアンテナショップとしての地域貢献飲食事業とする。
テイクアウト・デリバリーに適した健康志向型ハンバーガー業態の開発「発酵」を軸に、発酵食品を用いたハンバーガー・自社で醸造する発酵ジンジャエールを核とする商品群を開発し、テイクアウト・デリバリーを中心に商品提供可能なビジネス形態とするコロナ禍に適応した収益事業を立ち上げる。
季節のシュークリームを目玉にテイクアウト・デリバリー事業を展開コロナ禍における外出自粛などの影響による店舗の閉店を余儀なくされるなど、厳しい事業環境にある。

「テイクアウト・デリバリー事業への新規参入」および「季節のシュークリームやベイクドチーズケーキの新規展開」を行うことで、事業再構築を実施する。

人気イタリアンが高齢者施設向け高級デリバリーと独自パスタの通信販売老舗イートイン飲食事業から、コロナ禍でも売上維持拡大の見込める本格イタリアンデリバリーや通信販売事業への展開を図る。
宅配事業「TYKデリバリー」軽貨物配送車で個人宅や事業者に小型荷物を宅配する。当初は協同組合を通じて関東圏のネット通販事業者から受注し、その後は自社及び協力会社による営業で愛知県のネット通販会社や小売店などからの受注を目指す。
地域連携デリバリーサービスの確立と弁当宅配サービスによる事業再構築計画1.若者向けデリバリー専用新商品の開発

2.地域飲食店と連家した大府・安城・とよた店のデリバリー事業の開始

3.HACCP対応セントラルキッチンを整備しデリバリー商品の強化を行う

「弁当・惣菜等のテイクアウト・デリバリーサービス」弁当・惣菜・オードブル等を中心とした、テイクアウト・デリバリー店舗の運営を考えています。

他店にはない、又チェーン店には対応できない「個の需要・リクエスト」に応えられる、フットワークの軽い「食」に関わるサービスの提供を考えています。

老舗旅館によるベジタリアン志向の弁当デリバリー、レストランへの挑戦地元の旅館が、ベジタリアン志向の弁当デリバリー、レストランを新設し、コロナ禍で買物にいけない地元高齢者に向けて弁当宅配を行うと同時に、レストランでもベジタリアン志向のメニューを提供し売上増を図る
テイクアウト寿司・デリバリー寿司による新事業展開テイクアウト寿司・デリバリー寿司販売を新たな事業として実施する。
個包装純粋ハチミツの製造による、デリバリー等業務利用への新分野展開主に家庭内消費用のハチミツを食品スーパーや百貨店への卸売や直営店での小売販売によって提供する当社が、新たに個包装ハチミツを開発することで、コロナ禍において激化するデリバリー飲食店での業務利用市場を新たに開拓する取組である。
オンラインサービスとフードデリバリーへの事業転換実店舗での営業を縮小し、オンラインプラットフォームWEBサイトを自社で開発し、動画コンテンツ制作と、フードデリバリーおよび地方発送が可能な加工食品の販売に業種を転換する。

コロナ禍において需要が伸びている「オンライン動画コンテンツ」と「テイクアウト/デリバリー飲食への外食動向」を鑑みて業種転換をはかることが本補助事業計画の本旨である。

たこ焼き店開業によるテイクアウト・デリバリー需要の取り込みこれまで本社ビル2~3階の2フロアで営業していたカラオケ店の規模を縮小し、『テイクアウト・デリバリー需要の取り込み』を実現する本格的なたこ焼き店を新規開業し、ウィズコロナ時代を見据えた業態転換を計画しております。
お手頃価格の、有名ホテル出身料理人の本格中華総菜のテイクアウト・デリバリー専門店コロナの影響による外食離れに対応するため、当社の強みである「身近で味わえる本格的な中華料理」を活かし、機会である「中食ニーズの拡大」の取り込みを図るため、共働き世帯・ファミリー世帯・外食を控える個人をターゲットとした、本格中華総菜のデリバリー・テイクアウト事業に取り組む。
既存店舗各店の特長と立地を活かしたテイクアウト・デリバリー事業参入による売上拡大コロナ禍の影響により、レストラン業の売上が大幅に減少している。これに対応して、テイクアウト・デリバリー・通販業に進出することにより売上を回復させ、中長期的な成長を目指す。
通所介護高齢者ロイヤルティを活かした便利でおいしい「京の家庭の味」等デリバリー食当社は他社にない魅力や利便性をもつ通所介護サービスで実績を伸ばしてきた。その特性を活かした高齢者向けのデリバリー食に取り組み、外出を控えるウィズコロナの売上低調を克服し、サービスを高齢者の在宅生活にまで広げて事業の発展を目指す。
フレンチフライ専門店のテイクアウト・デリバリー事業店内飲食のみの天ぷら店を営業し、コロナ禍の影響を強く受けるため、新たに開発した本場ベルギーのような、カスタマイズを楽しめるフレンチフライを、住宅地近くのテイクアウト店舗で提供し、巣ごもり需要に応える。
徹底的に絞り込んだホテル宿泊客に対する串カツのデリバリー事業新たな市場に展開を図る上で、当社は「徹底的に絞り込んだホテル宿泊客に対する串カツのデリバリー事業」(本事業)に取り組む。これまで、当社としては実績のない販売方法であり、課題やリスクは存在するが、当社の強みとする看板メニューの串カツデリバリーを行う。
テイクアウト・デリバリーに特化したラーメン店事業不動産転貸業やバー・バルなどの飲食店を運営していたが、コロナの影響により大幅に売上が減少した。そこで、当社は新たにデリバリーやテイクアウトに特化したラーメン事業を始める。
セントラルキッチン新設によるデリバリー専門店4ブランドの展開当社のカフェブランドは関西で抜群の知名度を誇るが、コロナ禍で売上が激減したため、家賃負担の重い店舗撤退を決断した。新店舗にはセントラルキッチンを設営し、デリバリー専門店4ブランドによるV字回復を狙う。
テイクアウト、デリバリーの販売強化における店舗改造と新規機器の導入による売上向上計画関西大学前通りというロケーションから学生をメインターゲットにした低価格のメニュー中心から数千人の教職員や近郊の一般住民等に的を当てたメニュー構成を中心に、テイクアウト、デリバリーの構成を30%を目標に1982年創業以来変わらなかった新たな店づくりで売上の向上を目指します。
五感に訴える垂涎動画で弁当デリバリー事業に参入これまでイートインのみの飲食店だったが、今後は弁当の新商品を開発してテイクアウト及びデリバリー事業を開始する。さらに自社サイトを構¥築し、動画配信による広告宣伝を行う。イートインは、レストラン店内を内装工事で客席を4~6名の半個室に区切る。
新鮮食材のテイクアウト及びデリバリーサービス事業への取り組みを行う。新鮮食材の仕入れの強みを生かして、新たなメニュー開発を行い、テイクアウト及びデリバリーサービス事業への取り組みを行う
「貸バーベキュースペース事業・デリバリー事業再構築」計画飲食業界は利益率が低い業界であり、売上が外的要因に左右されることが多く新型コロナウイルスはもちろんのこと、天気や季節要因の影響も大きい。

売上の大部分は店舗責任者の力量やスタッフ1人1人のサービス等店舗の関わる全ての環境に起因しているが、店内オペレーションを再構築し新たな事業に参画することでサービス・収益共に安定するようにする。

高級海鮮テイクアウト、デリバリー事業への進出計画イートイ店舗の磯笛を店舗周辺の住宅地の中食需要を取り込む事を目的として、高級海鮮のテイクアウトやデリバリーに対応出来る店舗へ全面改装します。
郊外型フードデリバリービジネスを活用した簡易宿泊施設の運営事業都心では人々の生活を支える社会インフラの一部として定着しつつあるフードデリバリーサービスを郊外でも成立させて、食事を提供しなくても宿泊施設を営めるビジネスモデルを構築することで、地域課題の解決と地域活性化に貢献する。
食料品製造業への業種転換とデリバリーフランチャイズ展開による販路開拓食品製造拠点の建設により、コロナ禍で売上の激減するイベント関連飲食事業からデリバリーを主体とした中食業界をターゲットとした食料品製造業へ業種転換します。既存事業と連動する形でゴーストレストランフランチャイズ展開し、加盟店への製品の卸を行い、販路開拓を行います。
新たに高級魚鍋セットとアレンジレシピ本を開発・製作し、通販およびデリバリーで販売する事業を立ち上げるコロナ感染拡大で打撃をうけた居酒屋事業に対し、売上を支えるもう一つの柱として「旬の魚をつかった高級鍋セット」と「自宅にある食材でフルコースにできるアレンジレシピ本」をセットで販売する、通販・デリバリー事業を立ち上げる。
セントラルキッチンを利用した本格フランス郷土料理のテイクアウト&デリバリー今回新たに行うサービスの提供方法は、まだ同じ方法で実施した実績はありません。今までは店内着席、対面での食事・ドリンクの提供を行っておりましたが、新たにセントラルキッチンを作りお客様との接触機会を極力へらす商品販売・提供を行えるよう、お弁当、オードブル類やワインのテイクアウト、デリバリー、通信販売事業に新規参入します。
元町サトナカオリジナルカレーの真空パック販売&デリバリー事業現在は店舗による来店型飲食店を営んでいますが、コロナ禍によってテレワークが増加し、来店客が減少。その為、今後は外部へ向けて積極的に販路拡大をおこなう為、カレールーの真空パック販売及びデリバリーサービス事業を実施します。
まぜそば専門店&デリバリー&通販の三毛作店舗の開業『まぜそば専門店&デリバリー&通販の三毛作店舗』を大阪本町エリアに出店し、既存店舗とのドミナント効果で経営の効率化を図り、新たな価値を提供し販路を拡充することで他社との差別化を図り、当社の事業全体の価値を向上させてファンを獲得し、安定的な成長を遂げる。
セントラルキッチンで直売・デリバリー・ECを展開するセントラルキッチンを変革し、外食以外の新規市場に向けて直売・デリバリー・ECを展開することで新しい売り上げの柱をつくる
バーチャルレストラン~1つのキッチンで複数店舗のデリバリーメニューを提供~コロナ流行により、長らくカラオケ店が休業しており、固定費のみかかっている。この店舗を活用し、飲食店経営のノウハウを使ったバーチャルレストランを新たに開始。新たな売上をつくることで従業員の雇用を守っていく。
惣菜・弁当をメイン商材としたテイクアウト・デリバリー専門店事業不動産賃貸事業と飲食店事業を行っている。保有不動産は商業立地であり、テナントも飲食店が多く、コロナの影響を受けて大部分退去した。この保有不動産を活かしてテイクアウト・デリバリー専門店に進出する。
日本料理の老舗の味のテイクアウト・通信販売用商品の製造販売、そして鳥取初のバーチャルレストランによるデリバリー展開業歴30年の老舗日本料理店。営業規模を縮小して移転。今回新たに老舗の味をご家庭で楽しめるテイクアウト・通信販売用の商品を製造し、地元・県外の既存客を中心に販売。

また、これまで手薄であった若年層を取り込むため、鳥取初のバーチャルレストランを展開し、新たにオンライン注文によるデリバリーサービスに取り組む。

地域密着型のフードデリバリーサービス事業の構築出雲市最大の繁華街・代官町周辺の飲食店が、代官町周辺で食事提供をしていない店(スナック、バー)やビジネスホテル、近隣の一般家庭へのデリバリーを可能にする「代官デリバリーシステム(仮称)」を構築し、管理・運営する。ウーバーイーツ、menuと同じようなビジネスモデルを出雲市で展開する。
割烹の味を食卓まで届ける、デリバリー・通販事業「割烹の味を食卓へ」をコンセプトとし、経験豊富な料理人が調理した和食を、デリバリーと通販で配達する事業を行う。調理して直ぐに高速凍結することで品質と生産性を両立し、家で贅沢を楽しみたいというニーズに応える。
瀬戸内活魚の恵みを体感する寿司のデリバリー・EC物販サービスの提供回転寿司店舗での提供を「対面方式」からデリバリー・物販などの「非対面方式」へと広げる。並行させながら、強みである新鮮な瀬戸内の活魚を多くの顧客に提供するサービスであり、地域貢献のビジネスを目指す。
小分けにしたクラフトビール・酒類を個人へデリバリーする事業このたびの事業は、飲食店で酒類を提供するスタイル、例えば「生ビール一杯(クラフトビールも含む)」「ウィスキー一杯」といった形で「多品種の中から飲みたい物を少量」小分け製造した製品でフードデリバリー事業者を介して個人(家庭等の消費者)に送り届けるサービスになります。一部、社屋で、テイクアウトもおこないます。
デジタル技術等を活用したテイクアウト及びデリバリーを中心とした店舗への新分野展開店内飲食スタイルを中心に約70年間事業を行ってきたが、新型コロナウイルスの影響で店内飲食だけではお客様に安心して食事を楽しんで頂くことができないため、デジタル技術等を活用したテイクアウト及びデリバリーを中心に多様な食の機会を提供する店舗へ新分野展開する。
地方に根付いたデリバリーサービスの提供・普及事業既存店舗ブランドを活用したデリバリー事業の販路の拡大及び、地方における食品デリバリーニーズ、フードロス事業ニーズにこたえるためのプラットフォームの制作・提供・普及事業
「テイクアウト・デリバリー専門ピザ店への新規参入」今回の補助事業においては当該事業者は、インターネットカフェ事業から撤退し、新たにデリバリーピザ店の事業に参入する。コロナ禍においてデリバリー市場は急成長している。新規出店する場所は愛媛県松山駅前という好立地であり、人口が多く大きな需要が見込まれる地域である。
大型居酒屋から資源を集約しテイクアウトやデリバリー事業に新規参入する小型焼肉食堂大型居酒屋業態から小型焼肉食堂業態に資源を集約し、テイクアウトやデリバリー事業に参入する為に、建物を改装し既存設備を撤去してしキッチンの面積を拡大、新規設備を導入することで当該店舗の売上高を総売上高の10%以上とする計画
テイクアウト・デリバリー・ソーシャルデイスタンスを徹底させた最高級中華料理の実現本事業による新たな顧客(新規市場)の開拓が可能で、さらに広さのある移転審店舗ではソーシャルデイスタンスを考慮し家族楽しめる個室の併設や連保前の無料駐車場の設置など、感染症対策には万全の対策を行う
飲食店からテイクアウト・フードデリバリーへの事業転換既存事業の居酒屋だけでは新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えることが難しいため、これまでの調理経験を活用したテイクアウト・フードデリバリー事業へ転換する。
おひとり様で気軽に入店でき、テイクアウト・デリバリーが可能な高級寿司店の出店計画今後は、濃厚接触が伴うラウンジについては、コロナ以前の状態までの売上回復が望めないと判断し、これまで自社で培ってきた接客技術を生かし、居心地の良い空間をプロデュースすることにより、入店の敷居が高い高級寿司を、誰でも気軽に一人でバーのように楽しめるようにします。
たこ焼き・韓国チキンなどのテイクアウト・デリバリー専門店の新規展開による事業再構築計画福岡県内を中心に居酒屋を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、昼需要・持ち帰り需要を獲得できる「たこ焼き」や「韓国チキン」などをウリとしたテイクアウト・デリバリー専門店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
非対面型店舗による出来立てに特化した商品戦略で挑むデリバリー型洋菓子販売出来立てが美味しい商品に特化した洋菓子製造販売業。アフターコロナに対応した非対面接客が出来る店舗での販売と焼きたて・絞りたての商品をすぐにお届けするデリバリーサービスを中心に活動し、SDGsに基づいて事業構築しながら生産性と収益性を向上させる。
デリバリー・テイクアウト・EC設備併設の昼のラーメン定食事業夜の街のラーメン事業(営業時間PM20時~AM4時)から、昼中心のラーメン定食(食事需要デリバリーテイクアウト併設店舗)の新規出店と、その店舗併設で業務用と自宅用のラーメン・餃子・焼売などの中華用冷食の加工冷凍設備を有したEC食品製造業へ新規参入する。
地域密着型テイクアウト・デリバリー業態参入事業当社は熊本市内の繁華街にて複数の和食(居酒屋)業態を展開する飲食店事業者である。新型コロナウイルス感染症の影響で繁華街から顧客が消え、売上が半減した。そこで、新規事業として、ベッドタウンの一角にて地域密着型のテイクアウト及びデリバリー専門店を開き、安定した顧客基盤を確立した新規事業を開始する。
ゆうゆうデリバリー一般家庭への業務用食材や日用品等の個別配送サービスを開始するため、倉庫の在庫保管場所の拡張や受発注アプリを開発するなど、必要となる設備を整える。
即食用馬肉料理の工場生産・全国販売及びデリバリー等による再構築コロナ禍で、出張・観光客・会食が激減し、収益の要である飲食事業の売上が激減。「即食用家庭用馬肉料理の工場での製造・販売」「デリバリー・テイクアウト」「一人馬焼肉店」の新事業を開始し業績のV字回復を図る。
関係会社の組織再編(事業譲渡)及びフードデリバリー事業の新展開当社はタクシー・バス事業がメインであるが、コロナ禍で厳しい経営環境にある。そこで、実証的に実施しているフードデリバリー事業に本格的に参入するためのシステムを構築するとともに、関係会社とシステムを統合して合理化を図り、新たなエリアに進出する。
アフタコロナに対応した企業・工場向け非対面型デリバリークリーニング事業店舗持ち込み型のホームクリーニングを主体とする事業でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で来客数、売上共に激減し非常に強い危機感をもちました。そこで、企業や工場向けの非対面型集配クリーニングサービスを新たに展開していきます。企業等の制服等の特殊クリーニングと、そこに勤める従業員のプライベート商品の受注も行い一緒に集配することにより、新分野進出を図り、安定した売上獲得が可能となります。
カジュアル鉄板焼店の店舗統廃合による デリバリー事業とコロナ対応店舗への業態転換当社で運営しているの3店舗3ブランドを、「鉄板焼みつい」の1店舗1ブランドに店舗統廃合し、新たにデリバリー事業を開始するとともにコロナ対応型店舗に改修して業態転換を図る。
オンライン専用のデリバリーサービス事業自社ホームページで独自の注文システムを構築し、オンライン専用のデリバリーサービス事業を新たに開始することで、巣ごもり需要を取り込み新規顧客の獲得を図り事業の再構築を行う。
食に関する注文・配達プラットフォームの構築と、デリバリーサービスへの進出飲食店や一次生産者の販路拡大と、一般消費者の食の利便性を向上するために、当社の経営資源を活用した、「注文・配達にかかるプラットフォーム構築とデリバリーサービスの提供」に取り組むもの。
大型飲食店業態から高級食パン専門店を主軸としたテイクアウト・デリバリー・通販事業への業態転換今後団体客の来店が見込めない大型飲食店業態から撤退し、新たにテイクアウト・デリバリー・通販型の高級食パン専門店を立ち上げ、3年間の事業計画終了後、総売上高の10%以上を占める事業へと業態転換します。
茨城県産こだわり野菜の本格中華を職場・ご自宅にデリバリー!既存事業の強みとセントラルキッチン建設により、企業や一般家庭へデリバリーの高級弁当と冷凍中華惣菜を提供。日本全国に商圏を広げることで、群馬県の野菜の美味しさを発信。地域のブランディングへ貢献します。
焼鳥メーカー直営の「街と人を幸せにする焼鳥デリバリー」コロナ禍で自由な食べ歩きが制限される環境下、空洞化が進む中心市街地の空き家を拠点に、障害者や外国人など多様な人材を活用しながら、焼鳥メーカーが日本の食文化である「焼鳥」や新開発商品を、デリバリーする
鮮度が自慢の卸売市場鮮魚店が作る惣菜弁当デリバリー事業立ち上げ計画既存事業である卸売事業の強み(旬な鮮魚を即座に低コストで入手可能)・小売事業の強み(商品力およびノウハウ)・本社の強み(地元での認知度高)を活かし、デリバリー事業を立ち上げることで、そのシナジー効果により売上の底上げ、付加価値額の大幅な増加、雇用の維持・拡大を目指す。
1階の路面店への新店舗移転によるテイクアウトおよびデリバリー販売現状、イートインの飲食店であり雑居ビルの9階に店舗がある。テイクアウトやデリバリー販売を行う際には9階店舗では実行が難しいため、既存店舗を撤去しテイクアウトやデリバリーを軸としたレイアウトに変更し、1階の路面店への新店舗出店を行う。
テイクアウト・デリバリー事業の構築および大衆食堂酒場への転換昼は弁当のテイクアウト・デリバリー事業、夜は大衆食堂酒場の営業という「二毛作型」の営業体制へ切り替える。食肉の仕入れルートを生かしてバーベキューセットを販売する。
[業態転換」飲食店舗形態の多角化(テイクアウト・デリバリー)イートイン主体から、テイクアウト・デリバリー主体へ事業を転換するために、新型店舗(デリバイリー・テイクアウト型、ゴースト店舗)を開発、出店する。新業態に合わせたシステム投資(非対面の要素も併せ持つ)も行う
健康、衛生、老舗、女性をキーワードとした鶏料理のテイクアウト・デリバリー東京近郊の拝島で居酒屋を営業している。コロナ禍の影響で、客数や売上が激減。  そのため、現在の客層と違う、近郊の女性・家族等をターゲットした、健康志向の新たな商品をテイクアウトや配達で提供する鶏料理屋を開店する。
オーストラリア、ポルトガルレストランから希少なラム肉を使用したレストランとデリバリーテイクアウト、EC事業への業態転換日本初上陸の特殊なラム肉を使用した、イートイン、デリバリー、テイクアウト、酒販ライセンスを取得したマルチ販売ルートのラム肉専門店とコロナ対応換気システムを実装したジンギスカン店を出店し、コロナ禍でも集客と売上を獲得しつつ、ラム肉のマーケットを開拓していきます。
【TOYOLab】展開計画 *テイクアウト・デリバリー専門店 通販・惣菜市場の製造拠点構築フレンチレストランをしておりますが、コロナ禍で通信販売の事業を始めました。今後も継続的に売上を伸ばすために、ラボ(製造拠点)を設立し、テイクアウト、デリバリーに特化した店舗を開業します。
「テイクアウト/デリバリー」を主軸にした中食業態への進出居酒屋及び焼肉という外食経営から、これまで着手したことが無いテイクアウト/デリバリー業態に進出する計画です。新業態は新ブランドを立ち上げずに、既存ブランド“スタンド富士”の改装及び新店出店時に新業態用の調理機器、POSシステム等を導入します。
デリバリー商品専用工場新設による、焼肉弁当等のデリバリー事業外食が先細る中、中食にフォーカスし新たなる需要の開拓。デリバリー事業に集中するため専用工場を新設し今後5年間で軌道に乗せる。
「テイクアウト・デリバリー、ECサイトを通じた韓国料理、食材等の販売と、アプリ開発による顧客の囲い込み事業セントラルキッチンを増強し、新規に出店するテイクアウト・デリバリー店やECサイト等を通じて「中食」向け新商品等を販売すると共に、アプリ開発により顧客の囲い込みに取り組む。
デリバリーブランドのフランチャイズ展開と通販事業(EC)へ新規参入今後も需要が高まる「デリバリー業態」の開発を行い、デリバリーブランドのフランチャイズ展開。また、フランチャイズ展開したブランド商品の「ミールキット」の開発し、自社ECサイトで販売。配達してすぐに食べたい、自分で調理して食べたい、と顧客ニーズへの対応の拡大を実施。
デリバリー&テイクアウト事業への新分野展開計画①「現在の事業の状況」新宿区新大久保にある『金達莱』(キンタツライ)を継続運営する  ② コロナ禍でイ-トイン業態の飲食業全体が苦境に陥る中、当社も直近での売り上げが前期より大幅に減少して危機的状況に陥っています。この苦境を乗り切るためにデリバリ-やテイクアウトといった非対面で食事を提供できる新分野の業態へ転換は必須課題となっている。
高級鮨店の自社スタッフによるデリバリー事業高級鮨店によるデリバリー事業の開始。店舗と同品質の材料を使用して最先端のロボットを使い鮨を造ります。高品質で衛生面に関してもしっかりと担保する。専用のEC受注システムサイトを製作し、注文を受ける。宅配は外部委託せず自社スタッフが丁寧に行います。
惣菜・弁当・デリバリーによる新たな商品・サービス展開観光客向けの売場を、惣菜・弁当売場としてリニューアル、また、寿司・刺身をメイン商品とした水揚げ場直送のデリバリーサービスを展開します。合わせて卸売業においても加工商品のデリバリーサービスを展開します。
店舗集約及び製麺所、デリバリー対応のセントラルキッチン整備による業態転換ラーメン業態及び高級食パンの2店舗を展開しているが、既存業態を1店舗に集約し、自家製麺所の併設及び非接触型店舗オペレーションの導入、デリバリー業態に対応したセントラルキッチン整備により、消費者ニーズに対応した新たな業態の構築を図る。
手作り料理をより多くのお客さまに提供する「デリバリー」サービスへの展開当社は山梨県内で居酒屋を4店舗経営。新型コロナの影響拡大を受け、業績は急落。事業存続と従業員の雇用維持の為、令和2年8月に「和食料理店」を出店し、他に先駆け事業再構築に進めてきた。しかし、その後も新型コロナの影響は拡大し続け、当社業績が安定しない事から、今後需要拡大が見込まれる「中食」を取り込む為、「本格和食のデリバリー」部門を立ち上げる。
キャンプ場でのバーベキュー提供及びバーベキューデリバリー事業素泊まりのキャンプ場事業だけを行ってきたが、新たに調理棟や飲食施設を設置してキャンプ場でのバーベキューの提供を開始する。また併せて周辺の別荘エリアに絞ったバーベキューのデリバリーサービスも開始する。
病院向け団体給食供事業者による健康食デリバリー事業コロナ禍で三密が忌避され、団体向け給食事業が縮小する中、病院食製造で培った調理手法や栄養管理などのノウハウを活かし、健康食デリバリー・健康レストラン事業を行うことで、収支を改善するとともに、将来の事業拡大を目指す。
デリバリー・非接触型フードコート事業テイクアウト・自社配送デリバリー専門店と非接触型フードコートによる食の提供
ダブルネーム業態飲食店で再構築!デリバリー需要もガッチリ!主に宴会料理の提供を行う料理店が店舗を閉店し、店舗改修後、新たに1店舗2専門店併設のダブルネーム業態に転換する。また、新店舗のキッチンを活用しクラウドキッチン方式のデリバリー事業を行う。
デリバリー専門飲食業向けクラウド(シェア)キッチン事業コロナ禍において飲食産業は激変しており、唯一、フードデリバリーだけが活況である。私たちの事業はそのデリバリー専門レストラン(ゴーストレストラン)を中心にキッチンカー、ケータリング、出張シェフなど客席を持たない飲食業向けのレンタルキッチン事業である。
地域版 非接触ビジネスの展開。ECモールとデリバリー事業で持続可能な地域インフラを構築岐阜県多治見市で地域ECモール事業と地域デリバリー事業を展開する。コロナ感染の懸念から非接触のビジネスモデルが求められる中、市民に安心と利便性の提供、また市内での新たな消費創出に寄与できると考える。
弁当デリバリー事業の構築新事業として「弁当デリバリー事業」の立ち上げを計画するものです。顧客対象をあえて絞り込み新しい弁当デリバリーを提案、新ニーズを作り上げることで他社との差別化を図ります。
シェア型クラウドキッチン事業及びデリバリー専門飲食事業への参入民泊や通販事業で培ったインターネット集客やマーケティングスキルを活かし、今後市場の成長が見込めるフードデリバリー事業の参入を計画しています。シェア型クラウドキッチン専用施設の建設、またその一鶴で厨房設備やシステムを導入し自社の飲食事業も同時に行います。
飲食店改装によるデリバリー・テイクアウト専門店への業態転換これまでうどん店として営業してきた店舗を改装し、客席等を撤去してデリバリー・テイクアウト対応に特化した専門店を開始する。強みである調理体制・立地・調理技術を活用して、顧客ニーズに対応し売上増加を図る。
和歌山城ホールにおける全品テイクアウト可能なデリバリーカフェの開設新型コロナウイルスの影響を受け、韓国料理店を主とした既存事業の売上高は大きく減少している。今般、和歌山城ホールのリニューアルに伴い、唯一の飲食事業者として当社が全品テイクアウト可能なデリバリーカフェを開設し、事業再構築を果たす。
デリバリー・テイクアウト事業参入、新商品開発の為の厨房改装による業態転換実施事業顧客の衛生意識にこたえつつ、安定したサービス提供の為、本店大幅改装によりテイクアウトやデリバリーなど販売チャネルのデジタル化を図る。衛生管理の効率化を図り、独自製法・素材を活かした新商品開発に繋げる。
地域と飲食店のドアをつなげるフードデリバリーモール事業当社の知見および取引先との関係性という強みを組み合わせ、1 つの建物内において複数のキッチンを設け、各ブースごとに特色のある料理をテイクアウト及びデリバリーに特化し提供する。幅広い世帯からの需要に応え、バラエティーに富んだメニューとデリバリーという利便性の高いサービスの構築を目指す。自社で複数の店舗を構えることで毎日食べても飽きのこないメニューの提供と、効率的なマーケティング戦略をもって取り組む。
サブスクリプションサービスによる本格お寿司のデリバリー事業新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言・外出自粛要請・休業要請の影響で、イートイン・テイクアウト客が激減し、33.3%減少しました。そこで、デリバリーなど消費者ニーズに訴求した、サブスクリプションサービスの事業展開を行います。
地元北谷の優良飲食店と消費者をつなぐフードデリバリー事業当社所在地である沖縄県うるま市に隣接する北谷町でフードデリバリー事業に参入する。ビジネスモデルとしては、米Uber Eatsや国内初のフードデリバリー業者である出前館に似たものとなり、直接料理を作るのではなく、飲食店と消費者のウェブ上のマッチング及び飲食店から消費者へのフードデリバリー事業に特化する。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
当社では飲食店のデリバリー、テイクアウトを含む多くの採択実績もありますので、まずはお気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事