blog

事前準備 SWOT分析で自社の強み、弱み等を把握しておきましょう

事業計画書ではしっかりとした分析が求められます。
SWOT分析はお済みでしょうか。

事業計画書を作成するにあたり自社の分析、他社の分析、業界分析等
まとめる事が多くて何処から始めて良いか悩んでる方は図にして整理してみましょう。

SWOT分析とは

SWOTとはStrength, Weakness, Opportunity, Threat の頭文字です。

Strength : 強み

自社の強み。自社の製品やサービスの強み徹底的に分析する
製品やサービスを利用してくれるユーザーが自社を何故選んで頂けるかを書き出してみましょう。

Weakness:自社の弱み

自社が苦手としていること。他社にあって、自社にないもの。
自社の弱い箇所を書き出し、どのようにしたら解決できるかも書き出してみましょう。

Opportunity:機会

自社にとってビジネスチャンスと考えられる環境の変化
自社をとりまく環境について徹底的に情報収集し、チャンスとなり得るものを書き出してみましょう。

Threat:脅威

自社の強みを打消してしまうような危険性のある大

きな環境変化。
競合他社のサービスや製品を徹底的に情報収集し、脅威となる部分を書き出してみましょう。

内部、外部環境について

内部 ・・ 努力や工夫でコントロールできるもの。

(具体例)製品、サービスや人材、組織、技術

外部 ・・ 努力しても企業や個人の力では変えられないもの

(具体例)経済や景気状況、市場や業界動向、法律や規制

箇条書きでも良いので、できるだけ書き出してみましょう。
書き出したものをまとめ一つの図にしてみてください。

図にまとめる事で整理しやすくなり、今まで気付かなかった重要なポイントも見えてくるのではないでしょうか。
公募開始までに自社、競合他社、置かれている環境など今一度整理してみて下さい。

また3C分析といった分析方法もございます。
こちらも確認してみて下さい
https://mono-support.com/saikouchiku/3c/
分析する事で今まで気付かなかった新たな発見が出てくるかもしれませんね。

他にも事業再構築補助金についてまとめております。ご覧ください。

https://mono-support.com/saikouchiku/

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では、日々多くのSWOT分析のサポートを行っております。自社の強みや弱みの把握にお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

申請代行サポ―トについては、こちらをご覧ください。

関連記事