UA-33885026-2
事業再構築補助金

「焼肉」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「焼肉」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「焼肉」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「焼肉」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。焼肉が好きな方は多いですよね。少し疲れた時やスタミナをつけたい時、焼肉を食べたいですよね。最近では一人焼肉も流行っていますね。
これから、「焼肉」事業を始める方の参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
ウィズコロナ 宴会主体の炉端焼き居酒屋から、炉端焼き・本格焼肉併設店へ団体向けの宴会がメインであったが、新型コロナの影響により宴会需要が激減。そこで、従前の炉端焼きの機能は残しつつ、本格焼肉店併設店へと新分野展開し食事需要の取込みを図る。
お店の味を食卓へ、自販機と通販による老舗焼肉店の地元活性化計画焼肉店を営んでいるものの、コロナの影響で売上減少。炭火焼肉を冷凍加工し冷凍自動販売機、インターネット通販という新しい販売チャネルに進出。お店の味を食卓に届け、家庭を明るくし、女性の社会進出に貢献したい。
居酒屋から焼肉店に華麗なる転換を遂げる「なっきょい」の挑戦酒類をメインに提供する居酒屋の売上減少が激しい中、コロナ禍においても換気設備の充実などにより、売上を伸ばしている焼肉店に業態を転換し、業績の回復を図る。
登別は温泉だけじゃない!「地産地消」と「Withコロナ」を見据えた焼肉店への事業転換当社は居酒屋を運営しておりますが、コロナ禍によりかつてない影響を受け続けていることから、常時店内が換気され、集客力の影響が少ない焼肉店への事業転換を決意しました。また、地産地消にこだわった店舗運営により、他店との差別化を図りつつ、地域活性化にも寄与する計画です。
「大衆向け大人数でのホテル宴会・法要から、個食・高級志向の焼肉店への新分野展開」外出自粛や休業・時短要請等により、大人数での宴会・法要の売上が激減したことから、地元地域の有機野菜と豊富な料理を楽しめる1人でも入店しやすい焼肉店への新分野展開を行う。
各店秘伝のこだわりを家庭で楽しめる「焼肉のまち北見の生タレ」シリーズの通販事業人口に対する焼肉店の割合で北海道内ナンバー1、日本でもナンバー2の焼肉の町である北見の地域焼肉店と連携して、地域の特産である生タレを「焼肉のまち北見の生タレ」シリーズとして通信販売を行う。
食肉卸売業の強みを活かした、焼肉事業の新分野展開当社主力事業の食肉卸売業は、コロナウィルスにより売上高減収の大きな影響を受けた。当業界は成熟市場であるため、収益体制の分散を行いながら、自社の強みを最大限活かすことができる焼肉店への新分野展開を行う
道北初となる配膳レーンを活用した非対面型焼肉店への新分野展開旭川市の中心市街地で不動産賃貸をしているが、コロナ禍で中心市街地の人出が減少し売上が減少している。そこで場所・業種の違う、郊外ロードサイドでデジタル技術を駆使した焼肉店を新規開業する。
つなぎ温泉に地域と人・人と人を「つなぐ」焼肉事業を新展開新たにつなぎ温泉への観光客や盛岡市の住民に対し、盛岡市の有名焼肉・冷麺店と連携した「焼肉事業」を展開し、「食と温泉・サービス」をつなぎ、人との「つながり」の場を提供するものである。
宮城ブランド牛の日高見牛を主力とした焼肉店とEC販売事業へ新分野展開既存事業の居酒屋はコロナ禍で売上が大幅に減少した。そのため、コロナ禍でも業績が好調な焼肉店へ新規展開する。地元ブランド牛の日高見牛に特化した完全個室非接触型の焼肉店とセントラルキッチンによる地産地消商品販売のEC事業で業績をV字回復させる。
barから焼肉屋への挑戦!~食から始まる福島の街の活性化へ~コロナ禍での自粛や緊急事態宣言によって継続が困難となった既存事業(bar1店舗)を閉店し、コロナ禍でも好調な焼肉店への事業転換を図る。空調設備導入による換気の徹底、個室の設置、テイクアウト・デリバリー対応等により、コロナ禍でも安心して来店のできる店舗を展開する。
有休スペースを活用した焼肉を中心としたBBQ事業有休スペースである屋上を活用して、焼肉を主体としたBBQの新分野展開を行います。少人数での運営と飲食業の最大のポイントであるFL比率の低減と飲酒に頼らない新たなターゲットを開拓します。
感染症を施し、DXによる省力と差別化を両立する焼肉店の運営新たに新型コロナウイルス感染症に対応した、焼肉店舗を開店します。配膳ロボットの導入やキャッシュレス決済対応のDX化や、「ジェンダーを平等に」を含むSDGsの4つの取り組みを実現します。
アフターコロナに適応し、地域を代表する高品質焼肉事業への転換コロナ禍で限界を感じている薄利多売の製造小売から脱却し、地域を代表する高品質焼肉事業への転換を目指します。ただの焼肉事業ではなく、アフターコロナにマッチした店舗コンセプトと運営を実現します。
中華料理店がコロナ禍でも拡大している焼肉市場へ挑戦する事業宇都宮市の中華料理店が一念発起し、コロナ禍でも市場拡大を続けている焼肉業界へ参入!これまでのノウハウや技術を活かし、他にはない中華+焼肉のイノベーティブな料理の提供を行う思い切った新分野事業
焼肉店から事業再構築。食肉加工業への業態転換。焼肉屋とフランチャイズ展開で培った食肉技術と営業力を活かし、食肉加工業へ業態を転換。

スーパーマーケット・飲食店舗・ECサイトでの販売を行い、永く安定した経営の基盤をつくる。

接触機会を最小限にする新しいスタイルの次世代型焼肉店事業新たに参入する焼肉店では、ITシステムの導入と接触機会を最小限にする店舗オペレーションを組み合わせた感染症に強い新たなスタイルの次世代型焼肉店を構築し、感染症対策強化と地域活性に寄与する新たな事業の柱を構築する。
ウィズコロナでも安心できる高級和牛焼肉店への新規参入既存事業では地域密着型の居酒屋を営業しているが、コロナの影響を大きく受けている。既存事業のノウハウを活かしコロナ対策を行いやすい焼肉店を展開することで、経営の立て直しと地域の活性化を担えるようにする。
地元無農薬野菜を使った健康弁当とお家焼肉セットのテイクアウト事業コロナの影響による来店数の大幅な減少に対して、周辺ニーズに対するテイクアウト事業の実施、さらに巣ごもりに対する地元無農薬野菜を活用した焼肉セットの商品開発事業
命や時代をつなげていく地域イノベーションに貢献する焼肉店の新規出店計画大正時代からある古民家を利用した建物を、将来に残して地域イノベーションに貢献し、埼玉県産の肉や野菜、コメを使ったこだわりがある商品を提供する。
命や時代をつなげていく今までにない焼肉店炭次郎の出店計画
印刷業と新事業の焼肉店経営で強固な事業ポートフォリオを再構築既存の印刷事業の一社依存体質経営からの脱却が課題。印刷事業での強みを活かし、新事業の非対面接客導入の和牛焼肉食べ放題店を展開し環境変化に強いポートフォリオを構築、コロナ禍での安定した収益獲得を目指す。
焼肉の日常化に向けた「専用ロースターによる一人焼肉店」の運営当社が培ってきた飲食業のノウハウに加え、社外ネットワーク活用による従来の焼肉店と差別化された、コロナ禍においても消費者が来店しやすい専用ロースターによる一人焼肉店の運営へ事業転換を行う。
ホテル業から無煙コンロ活用によるアフターコロナ対応特化型焼肉店の展開競合の進出や長引くコロナの影響により先行き不透明な状況を打破するべく、コロナ禍でも好調な焼肉事業へ乗り出す。房総地域で成功を収める焼肉店のフランチャイズとして経営のノウハウを得つつ経営を行う。
まぐろと和牛の店。完全個室のからだに優しい懐石料理風焼肉店優れた換気設備を導入し、競合とメニュー内容で差別化を図った焼肉(懐石料理風)をコースで提供する。また、ARを使ったサービス及び広告を展開し顧客へ新しい体験を提供する。
焼肉店をターゲットとしたラム肉卸売業の展開によるV字回復居酒屋業態の不振を取り返すべく、コロナ禍でも業績が堅調な焼肉店をターゲットとし、ラム肉の卸売業に取り組む。ラム肉需要は拡大しており、中小ならではの戦略で大手と差別化を図り収益獲得を実現する。
既存焼肉店の余剰スペースを有効活用して、日本料理店を創る既存事業の焼肉店店舗内に日本料理店を創る。更衣室とキッズスペースを廃止して焼肉店を縮小し、空いたスペースに日本料理店を創ることで既存事業と本事業合算の総客席数を増やして来店客数を増加させる。
磯平ブランドを活かした焼肉店立ち上げによる、集客力の回復緊急事態宣言の発令により、現在運営している居酒屋の売上が大幅に落ち込んでいる。そこで、強力な換気による感染リスクの低さと、家族連れでの利用しやすさからコロナ禍でも人気を集める焼肉店を立ち上げることで、売り上げの回復を図る。
非接触型・全室個室焼肉・しゃぶしゃぶ店の開業による事業転換東京都東村山市他で居酒屋等4店舗を営む飲食店です。酒類提供が主体の業態はコロナ禍の影響を強く受けてしまうことから、コロナ禍でも堅調な「非接触型店舗の焼肉・しゃぶしゃぶ店」を開業し、新事業の柱を構築します。
ウィズコロナに対応した非接触型エンターテイメント焼肉業態への新規展開計画書コロナ禍の影響で当社の居酒屋店舗の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、ウィズコロナに対応した非接触型エンターテイメント焼肉業態を新たに展開する。
焼肉店オープンによる新市場への挑戦現在、居酒屋を2店舗運営しているが、新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な被害が生じている。本事業では長年鮮度の高い肉料理を提供してきた実績や牛肉に関する独自の調理方法などの当社の強みを活用しながら、新型コロナウイルス感染症の影響を受けにくい焼肉店を開業し、売上の回復を図る計画である。
徳島県(出身地)の食材を活用した焼肉店の展開当社は代表の出身地である徳島県および四国の食材にこだわった居酒屋を東京都港区浜松町で展開していた。コロナ禍の影響により、夜営業ができなくなり売上が激減。このため、コロナ禍においても売上が見込める焼肉店出店を決断した。これまで当社がこだわってきた徳島県産の食材を使った商品を提供する。
焼肉店の味を自宅で楽しむための希少部位を充実させた精肉小売店既存事業で培った精肉のノウハウを活かし、内食・中食需要をターゲットとした精肉小売店事業を構築する。従来の専門店にない希少部位の展開や惣菜商品の充実により外出自粛社会を応援する。
With/Postコロナを生き抜くための「焼肉居酒屋」 開業での事業再構築石川県内の中心街に位置し地元住民から観光客まで幅広い客層をターゲットにできる焼肉をメインとした居酒屋。従来の焼肉屋と異なり、種類豊富なアルコールやソフトドリンクを提供可能。​食事・飲酒を同時に楽しむことができるため店舗のはしごをすることなく1店舗で完結することができる。厳選した地元食材を使用した料理もあり観光客の胃袋を掴み取る。この店を目的にまた金沢へ足を運びたくなるようなサービスを目指している。
焼肉店専門求人マッチングサイト「Meat-&」の構築15年以上の焼肉店経営のノウハウを反映させた、焼肉業界特化型のマッチング紹介サービスの展開。焼肉店ならではの細かいスキルやお店に必要な人物像など、独自の検索システムを求人サイトに導入することで、採用単価が下がることでの焼肉業界全体の利益率向上を目指す。
飲食店への卸売から自宅用高級焼肉セットの小売への事業転換当社は、これまで飲食業者への牛・豚・鶏の食肉卸を中心に事業を展開してきた。最高級の肉類を取り扱い、飲食店からは好評をいただいていたが、緊急事態宣言の発出による、相次ぐ時短要請・自粛要請等により売上高がほぼ半減した。ミシュランクラスの飲食店からも好評を頂いている肉であるため、JRE MALL等のネットショッピングサイトを活用し、高級肉セットの小売へと中心の事業を転換する。本補助事業においては、小売へ
IOT機器を用いた焼肉店用排気ファンのメンテナンスサービス事業焼肉店へ販売施工している排気ファン(空調用送風機)にIoTデバイスを組付けて風量等の情報をクラウドサーバー上へ記録・監視することで24時間体制で不具合の兆候を発見できる月額課金モデルのメンテナンスサービスを新たに立ち上げる。
ワーケーション来訪者と海水浴客に向けた、通年営業の焼肉店の運営静岡県下田市の白浜大浜海水浴場に近いロケーションで通年営業の焼肉店を始める。海水浴場100選にも選ばれた美しい海水浴場を求めて来訪する海水浴客やワーケーションを行う人に、感染リスクの低い食事処を提供する。
産地直送おいしい佐賀牛と野菜を食す、地域に愛される焼肉店の開業佐賀牛にこだわり、高級高品質な食材をリーズナブルな価格設定で提供、地域に愛される焼肉店を開業する。佐賀県にて畜産業を開始し、生産加工から販売まで一貫して食材を自社管理することにより、安心安全な食の提供を実現する。
ウィズコロナ時代の顧客ニーズを捉えた焼肉居酒屋併用店の開発コロナ時代でも需要のある焼肉店と、これまで弊社が培ってきた居酒屋を併用して運用する新しい試みを展開することにより、家族で安心して楽しめるという顧客ニーズに応えられる店舗を開発いたします。
焼肉店がEC事業に挑戦。超急速冷凍技術で高級焼肉店の味を全国の家庭に届ける!当社の高級焼肉店はコロナの影響で売上が低下。そこで、当店のプロが焼いた焼肉を最先端の超急速冷凍技術で旨味ごと閉じ込めるEC用の商品を開発。電子レンジでチンするだけで、当店の店の味が家庭でも楽しめる画期的な手法で、EC事業に挑戦する。
焼肉一七三 別邸の出店における計画本事業の成果の事業化は、これまで音楽やイベント関連で培ってきた人脈と、兄弟店の飲食店舗経営ノウハウを活用し、安心/安全な個室形式や非接触モバイルオーダ式の採用、ゴーストレストランで巣ごもり消費ニーズを満たすなどの、コロナ時代に合わせた飲食店事業の開発を行っていく。
非接触・非対麺型焼肉店&グルテンフリー唐揚げと焼肉弁当のテイクアウト事業長年の焼肉店経営のノウハウを活かし、店内を改装して販売ルートを拡大する。焼肉弁当。総菜などの食肉加工品の販売と焼肉店との相乗効果により事業の成長を目指す。また新規顧客獲得のためにSNSの活用やホームページをリニューアル、季節のイベントの実施、これらに伴う人材の育成を行っていく。
日本料理店がDX推進で進化系焼肉店をオープンDX推進として最先端技術であるQRコードオーダー一元管理システムと、配膳ロボットの導入により進化した焼肉店をオープンさせる。またご自宅でもお店と同じ味が楽しめるよう、ECサイトにて焼肉セットの販売をスタートし、EC売上を強化していく。
渋谷区にホルモン焼肉店「レモホル酒場」をFC出店コロナ禍で飲食店全体がダメージを受けている中で、ダメージが少ない業態である焼肉店。その中でも昨年一号店を出店して以来、若者を中心に絶大な人気を誇り、多店舗展開している「レモホル酒場」にFC加盟し、出店する。
「神戸ビーフ」の“おうちde焼肉”を実現する精肉加工・販売業への業態転換“おうちde焼肉”を楽しみたいというニーズに応えるため、当社が取り扱っている「神戸ビーフ」を、開発した排気ダクトとともに実店舗とECサイトにて提供する。広告事業で培ったノウハウを活かして、積極的に広告宣伝を行い、販売拡大を図り、業態転換を進めていく。
換気も万全!安心安全な国産ブランド肉を使った焼肉屋に事業転換新型コロナの影響で居酒屋業態は他飲食事業よりも大幅な売り上げ減となっており事業として先行きが厳しいと予想されるため既存事業の強みを生かした『焼肉業態への事業転換』を行う。
建築防水工事業から焼肉店への新分野展開無煙ロースター、給気用フアン、容量が大きいエアコン等を最新コロナ対策を兼ね備えた焼肉店を開店、営業することにより、地元地域の経済の活性化、雇用の促進、安心安全に食事を提供、工事事業の情報を提供できると考える。
黒毛和牛一頭買いの焼肉店進出で事業再建と和牛消費拡大を実現メニュー開発と日本食材に強みを持つ中華料理店が、日高見牧場の和牛一頭買いにより、安くて美味しい黒毛和牛専門の焼肉店に進出。配膳ロボットなど非接触型接客を導入し、コロナ禍でも利益を出せる経営に転換する。
焼肉店事業計画コロナの影響により縮小を続ける不動産市場のほかの収入を目指し、飲食業に挑戦する。焼肉業界は、自宅で提供することができないこと、換気システムが強いということから、コロナ下においても相対的に堅調な推移をしており、安定的な需要が見込める。
地産地消の焼肉業態で新潟の町を元気にする新規事業計画書コロナ禍の影響で当社の居酒屋店舗の集客力は低下し、業績が悪化している。戦略ポートフォリオを見直し、コロナ禍でも安定的な需要が見込める焼肉業態を新たに展開する。
焼肉×中食×郊外、畜産農家との連携を最大限活かした直売所併設の焼肉事業当社は新潟県長岡市において居酒屋を3店舗の経営および加工肉のネット販売事業を実施している。新型コロナウイルスの影響で居酒屋事業の業績が悪化している。再構築事業では直売所併設の焼肉店舗を新規出店する。自社の強みおよび経営リソースをフル活用し、「焼肉×中食×郊外」をコンセプトとして事業の立て直しを図る。
「ハレの日」ニーズに応えた焼肉店の新規開業のよる事業再構築新たに焼肉店事業を開始し、貴重な外食の機会を大いに楽しみたいといった「ハレの日」需要を取り込むとともに、今後も厳しい事業環境が予想される酒場、ビヤホール事業依存からの脱却を図る。
ジビエと羊肉の新展開!焼肉店と食肉製品製造業からなる複合飲食店事業コロナ前から計画していた和食食堂を2020年にオープンしたがコロナ禍と重なり付加価値額が減少した。そこで、コロナ禍でも強い焼肉店と自宅需要に対応した食肉製品の製造・小売りを行う複合飲食店へ新分野展開する。自社の得意とするジビエ・羊肉がウリ。
もとぶ牛1頭買い!余すことなく和牛を味わうセルフオー ダー焼肉店開業での事業再構築もとぶ牧場との繋がりから金沢で沖縄の最高級ブランド牛を味わうことができる焼肉店を開業。
『素材』『相性』『幸福感』に特化する“1人焼肉専門店”の開業既存事業や飲食業会での長い知識や店舗展開などのノウハウを活かした事業転換。従来の焼肉の概念を覆す『内容』『値段』『満足感』で競合他社との大きな差別化を図り、『昼でも夜でも1人焼肉』をテーマに店舗展開を狙う。
非接触型ドライブスルーを併設し た焼肉店開業での事業再構築非接触型を強みとする最新のデジタル技術を活用、非対面でファミリーや学生・サラリーマンが安心して来店でき、お腹いっぱい美味しい焼肉を食べることができるお店を開店し事業再構築を図る。
ロードサイドの宴会主体の大型居酒屋店から焼肉店への転換新型コロナウィルスの影響により今後の利用回復の目途も立たない居酒屋の大宴会場に別に入口を設けそれを活用し、当社ではまだ取り組んだ事がない新分野焼肉店事業への転換(大宴会場を新焼肉店に)を計画し、事業の再構成と活路を見出すものです。
「安心・贅沢」のニーズに応える!地元食”羊肉”を提供する焼肉店開業外食時の安心と贅沢感、ソーシャルディスタンスを確保した移動ニーズが生まれています。そのニーズに応え地元客とツーリング客をターゲットにし、既存の居酒屋から成長性のある焼肉店へ事業転換します。長野県の食文化でもある羊肉を提供し、近隣競合店との差別化を図ります。
五感で満足・三世代で集える新ジャンル「花火×焼肉店」事業全国一、二を争う取扱点数と100年以上の歴史に裏打ちされた花火販売・演出と、焼肉店店長経験者のノウハウを結集し、花火×焼肉店事業を展開。IoT技術で高いユーザビリティと省力化・コスト低減も実現
高級焼肉店の牛肉を持ち帰り・ネット販売でお客様へ ~自宅で「南山亭」!~主力事業の焼肉店経営のノウハウを活かし、新たに加工場を新設し、「瞬間冷凍・真空パック詰め焼肉」を新たに製造する。自宅用や贈答用のテイクアウトに加え、ネット販売を通じて顧客を拡大する。
「真空冷凍炭火焼肉パック焼肉」販売による新分野展開で集客強化!コロナ禍において、新たな市場へ参入し、集客口を広げ客数増加を図る。地域で有名な「安塚精肉店」の肉を炭火で焼き、真空冷凍パックの販売に取り組む。
焼肉店フードロス活用の食品製造とデリバリーのプラットフォーム計画既存事業のDX化で生産性を向上し、削減した人員を新事業に登用。食品製造は食品ロスや地元食材を活用した商品開発で雇用を創出。ランチは営業時間拡大と屋外テイクアウト・デリバリーで雇用を分散します。
コロナ禍で激化する焼肉事業から食肉小売りを新規展開する計画新型コロナウイルスの影響で既存の焼肉事業は大きな打撃を受けた。追い打ちをかけるように焼肉事業への新規参入が相次いでいる。当社ノウハウを活かし、需要が堅調な内食・中食産業に向けて、食肉小売業への新展開を図る。
非接触オーダー・テイクアウトなどのコロナ対策システムを備えた焼肉店事業の構築当社は、飲食店の業務委託事業を行っているが、委託元の店舗はハード面で十分な感染リスク対策ができていない。コロナ渦でも底堅い焼肉業態で、非接触のオーダーシステムやテイクアウトを充実させた飲食店を自ら出店することで、持続的な成長が見込める事業を構築する。
既存居酒屋の強みを活かす和食の要素を取り入れた焼肉店事業岐阜市で居酒屋・寿司屋を営んできた「福寿堂」の知名度・ノウハウ・料理の技術等を活かして、新たに和食の要素を取り入れた焼肉店を展開し、新型コロナウイルスの感染拡大によって落ち込んだ業績のV字回復を図る。
焼肉屋から精肉とお弁当販売への新分野転換顧客のニーズに合わせた精肉の販売と、お弁当の開発・販売することで、テイクアウト需要に対応する。また、繁華街の人出が減少する中で、キッチンカーを導入することで、住宅街での出張販売を開始し新分野への転換を図りたい。
老舗居酒屋の焼肉店転換による従業員事業承継・百年企業への取組居酒屋業態にとらわれず、コロナ禍でも市場拡大が見込める焼肉店への思い切った事業転換に取り組むことで、厳しい状況を生き残り従業員への事業承継を実現させ、100年企業を目指します。
喫茶店から客単価の高い焼肉店への事業転換屋号を「茶・珈琲 方丈」から「焼肉 肉萬」に変更して喫茶店から高単価の焼肉店へ事業転換を行う。焼肉店専門コンサルタントより指導を受け、喫茶主流時間でない夜の売上を確保し店舗の効率化・採算性向上を図る。
事業継承を見据えた事業転換、ナイトクラブから焼肉店へコロナ禍により、先行き不透明な状況から継承者(息子)を迎え入れ、心機一転ナイトクラブから焼肉店へと新事業へ挑戦します。
好立地の大規模店舗を活用した個人・ファミリー層向け焼肉事業FC加盟することで、居酒屋事業から焼肉事業へ参入する。

飲食店で経験したノウハウや人材を活かし、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすためにも

換気設備を整えた事業を行う。広い店舗を活かし、客席の間隔も十分にとることが可能である。

配膳ロボットを活用した焼肉店への事業転換で収益の安定化を図る都市部やショッピングモールへの出店に集中しており、コロナの影響が甚大である。補助事業では、郊外のファミリー需要を獲得するため、感染対策を徹底した焼肉店へと業態転換し、従業員の雇用を守り売上のV字回復を図る。
老舗精肉店が肉の知識を活かしてファミリー向け和牛焼肉屋に参入50年超の歴史をもつ精肉店を運営してきたが、コロナ禍で主力取引先の居酒屋への売上が大幅に落ち込んだ。そこで、余剰人員や肉の知識、仕入力を活用し、和牛をリーズナブルに提供するファミリー向け焼肉屋の運営に進出する。
ペット可のテラス席を併設した焼肉屋開業で、居酒屋から焼肉屋に進出新型コロナの影響で既存事業の居酒屋が打撃を受ける中、当社の人脈・余剰人員を活かして、消費者の需要が底堅い換気の良い焼肉屋の運営に進出する。また、ペット可のテラス席を併設し、愛犬家等の需要取り込みを図る。
DXを駆使した斬新な焼肉店を営業開始し、経営基盤を盤石にする飲食業に並ぶ主力事業である駅弁・空弁・イベント向け弁当の販売が、コロナ禍によって大きく落ち込んでいる。DX(配膳ロボット・AI)を駆使した斬新な焼肉店を営業開始し、傷ついた経営基盤を回復・盤石にする。
本場韓国風豚焼肉店の新規開業オフィス街を中心にビジネスマン向けの小規模居酒屋・ダイニングバーを営む当社が、コロナウイルスによる事業への影響を乗り越えるべく、若年層・ファミリー層向け中規模焼肉店舗事業へ新分野展開をする取り組み
短時間制焼肉店におけるアフターコロナのモデル店舗構築事業飲食サービス業として、女性が利用しやすい空間を提供する焼肉店の営業を計画しています。コロナ禍での営業となるため、人同士の非接触や短時間滞在を可能とする当店独自の『三交替制』システムを導入します。
日本料理店のノウハウ・仕入れルートを活用した和風焼肉店への転換コロナ禍で鍋・しゃぶしゃぶ料理の団体需要が激減する中、日本料理で培ってきた調理技術・高品質な近江牛仕入れルート・接客ノウハウを活用し、日本料理店から和モダンをテーマにした焼肉店へ業態転換する事業です。
地域に愛される喫茶店から、コロナ禍での焼肉を主とした喫茶、惣菜テイクアウト複合事業への転換従来の喫茶店事業は継続して運営し、空気回転量の高い焼肉事業をディナータイムで行うことで、コロナ禍での客単価と来客数、安定的な売上を確保し、アフターコロナ、ウィズコロナでも運営可能な形態とする。食肉のプロである息子を責任者とし、時代に適応した3代目グリーングラスとして事業を継続する。
近江牛と近江米がウリの地産地消をテーマとした 焼肉店の新規事業計画新型コロナウイルス感染拡大、数度の緊急事態宣言による外出自粛、時短要請を受け売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な郊外型の地産地消をテーマとした焼肉店を新たに展開し、持続的な成長を計画する。
鉄板焼店から大和牛専門焼肉店への転換による、おひとりでも大和牛焼肉を のプランの開設ひとりでも気軽に入れる大和牛専門焼肉店の開設事業。これまで、鉄板焼お好み焼店では大和牛をステーキとして提供してきたが、大和牛そのものをお客様ご自身で調理して味わってもらう。

個人店としてあくまで大和牛にこだわり、女性お一人でも男性お一人でも食べたい時に気軽に来店してもらい、コロナウィルス感染が心配なこの時期でも安心して食事を楽しんでもらえる店づくりを行う。

コロナ禍に強い飲食業への転換。焼肉店、ゴーストカフェの展開。既存のお好み焼き屋はコロナ禍の影響により25%の売上減少となった。そこでこの店舗を焼肉屋へ転換する。また新たにゴーストレストランカフェを開業し、既存のゴーストレストランと合わせ自社独自の宅配受注システムを構築する。
個人指導型学習塾からプレミアム牛を取扱う焼肉店への業種転換新たに焼肉業態の店舗を出店し、そこで新たな市場を獲得することにより、コロナ渦の中非常に厳しい状況である学習塾以外に収益の柱を設け、雇用を生み出します。
焼肉店の新分野展開~京都の「酒」と東北の「肴」「食」は人を笑顔にする魔法~京都と東北の架け橋となるべく、東北には美味しい食材があるという事を多くの人達に知ってもらいたい。その思いを胸に既存事業も含め、新事業の「こだわりの東北食材やお酒でもてなす焼肉店」にて、当社ならではのこだわりをもって新分野展開します。
焼肉店による「惣菜とコッペパンサンド」のテイクアウト事業ハンバーグやビーフシチューといった惣菜とそれらを使ったコッペパンサンドをテイクアウトスタイルで提供しコロナで増えた内食需要を獲得する。
精肉店としての「キムラ」ブランドと飲食コンサル実績を活用した焼肉店の経営と宅配サービス精肉店として京都で70年に及ぶブランド力と、飲食店に対して食肉コンサルを長年行ってきた実績を基礎に、自社経営を始める焼肉店と宅配サービスに、精肉店やスーパーマーケットを運営してきたノウハウや技術を全てつぎこみ、コロナ禍でニーズのある焼肉と宅配事業に取り組む。
業界初。移動・体験型焼肉サービスによる業界モデルケースへのチャレンジコロナの影響で主軸の事業である焼肉店の通常営業が難しく、売上が低下。今後も明るい見通しが難しい中で、対人非接触ニーズに応えるため、複数台のトラックを完全個室の店舗に転用した業界初となる新業態の焼肉店を展開。ポストコロナの業界のモデルケースとなることを目指していく。
酒売上割合の高い焼肉店から国産牛生ホルモン宅配店への業種転換既存事業の焼肉店は夜の営業がメインのためコロナの影響が直撃した。緊急事態宣言下でも影響を受けない事業を模索、当社仕入ルートと食肉カットノウハウ・人材を生かして国産牛生ホルモン宅配事業に業種転換する。
米沢牛の魅力を地域に発信、地域密着型「精肉・焼肉二毛作事業」米沢牛を比較的安価に仕入れる事により、競合他社より安価に提供できるビジネスモデルの構築。

昼は精肉、夜は焼肉の二毛作でより多くの顧客を獲得する。

コロナ禍の焼肉繁盛店の構築。焼肉マニア層を囲い込む。既存飲食事業のノウハウを活かし焼肉店として新分野展開を図る。飲食ノウハウ、料理研究成果を活用したメニュー開発しオリジナル焼肉を提供し、焼肉マニアを囲い込む。感染症対策を行った店舗作りに取り組む。
居酒屋業態から市場ニーズの高い焼肉店への業態転換居酒屋業態を主体に出店をしてきたがコロナウイルスの影響を受け、売り上げ減少が大きくこれからのニーズの高い焼肉業態へのチャレンジを行い、当社のV字回復を目指します。
個人消費者向けにお鍋用の牛骨スープ焼肉のタレの開発・ネット販売!現状、食肉卸しのBtoBスタイルはコロナ禍により飲食店の減少が大きな課題である。

そこで、食肉卸売業だから開発できる商品を、B to C向けにE Cサイトにて販売すると同時に、飲食店と協力し、新たなビジネスモデルを構築

フルセルフサービスオペレーションを実現した新しいラーメン店「焼肉超麺房」の自社経営焼肉」×「ラーメン」の新麺料理、焼肉超牛麺を主力商品に展開するラーメン店の自社経営。

既存事業で培った飲食店向け管理運営システムをフル活用し、セルフオペレーションを構築。現ラーメン市場には無い商品、サービスを創出する。

焼肉店から「ゴーストセントラルキッチン事業」への新分野展開。夜間営業依存型からの脱却で事業を多角化。飲食店経営・商品開発の経験を生かし、コロナ禍で需要が拡大しているデリバリー・テイクアウトおよびEC通販市場に参入。デリバリー・テイクアウト料理を製造するセントラルキッチン兼ゴーストレストラン事業に取り組む。
ウィズコロナでも安心して食事を楽しめる!「鶏専門焼肉店」でV字回復。カラオケ居酒屋を閉店し、換気能力が高くコロナ禍でも人気の焼肉店へと事業転換。大阪では珍しい味噌ダレが特徴の「鶏専門」焼肉店を開業し業績のV字回復を目指す。また、ご家庭でもお店の味を楽めるよう「おうち焼肉セット」のテイクアウト販売を行う。
ネイルサロンがサステナブルフードとDXを取り入れた焼肉店展開コロナで売上減少するネイルサロンが、サステナブルフードメニューとテイクアウトとDXを取り入れたWITHコロナ時代を見据えた焼肉店事業を展開し、既存の優良固定客や従業員の雇用を守り売上回復を図る
飲食業界における古民家をリノベーションした新たな焼肉店の事業化空き家であった弊社代表杉本の祖父の自宅をリノベーションし、懐かしく落ち着く空間の焼肉屋を演出する。焼肉事業については、「肉どうし」のフランチャイズ店とし、新たにモバイルオーダーシステムを導入して「肉どうし×京都」を作り出す。
不動産事業と相乗効果がある居抜き物件を活用した焼肉店舗本社所在のビル1Fにあった焼肉店が閉店した為、居抜物件を当社が賃貸し、新たに「焼肉事業」を始める。厨房機器なども全て引き継げるため、「低コストの出店」「常連客確保」が想定でき、当社の事業再構築を実現する。
原価ウリを実現!焼肉店の新規展開による事業再構築計画居酒屋のみ店舗展開から、焼肉事業へのシフト転換。自社の強みを最大限いかし、原価ウリできる環境の構築、SNS映えする店内、メニュー構成を実施することにより他社との差別化を図る再構築プラン。また出店に関するコストも低投資にすることで出店を一気に複数店舗展開するため事業転換とV字回復を図ります、
焼肉店舗事業からテイクアウト・通販・卸売事業への転換1.BtoC向けお肉通販サイト 2.BtoB向け卸事業 3.新規のテイクアウト弁当店舗
DX化に対応した焼肉業態及びネット通販事業への業態転換当社が経営するオフィス街の韓国料理店を年間100万人が訪れる生野コリアタウンに移転し、『DX化・非接触・感染対策』をキーワードとする韓式焼肉店及び韓国料理のテイクアウト・ネット通販事業に業態転換する
ITを活用した非対面・非接触型焼肉店開業による大胆な業種転換新型コロナにより既存事業が大幅な営業赤字に陥る中、既存事業で培ったIT技術、業務効率化ノウハウという当社の強みを生かした焼肉店を新規に開業し、ポストコロナ時代の飲食店経営の新たなロールモデルを示す。
地域素材を活用し、鮮度管理の徹底、メニュー開発による付加価値の高い焼肉店の開店精肉の卸・小売店として人脈を活かした地域内の幅広い仕入先から「こだわりの地域産の精肉・米・野菜」を厳選仕入して、セントラルキッチン方式を導入し、鮮度の高い管理方法の構築やメニュー開発を促進させ、地域内で付加価値の高い焼肉店を開業する。
台湾焼肉と台湾鍋で台湾料理群ちゃんの魅力発信計画新型コロナの影響で「台湾料理群ちゃん」の二階にある宴会場のスペースの団体客が制限され、売り上げは大幅に減少し、「台湾焼肉・鍋専門店」に改装工事を行い、ターゲットを一般客に転換することで利益確保を目指します。
新開発の和風テールスープや焼肉用の肉セットのネット販売本事業は、国産黒毛和牛の和風テールスープや焼肉用肉セットのネット販売に係る無店舗小売業に関する。
自慢のもつでニッチトップを目指す!焼肉事業への新分野展開本事業は焼肉店を展開することで新たな収益を獲得するとともに、既存事業のもつ鍋店における経営資源をフル活用することで課題であった集客力向上と収益構造の最適化を図り、業界のニッチトップを目指す計画である。
居酒屋から焼肉店への事業転換コロナ禍において個食が勧められている中、一人焼肉に焦点を当て、一人席を設けた焼肉店を開業する。酒類の提供なしでも成り立つ飲食店への転換。
特製タレで調味した完全個室焼肉店の開店創業者親族が経営する人気店「焼肉丼 十番」のタレを独自に改良を加え、焼肉店を開店する。コロナ禍であっても安心して利用できるよう完全個室とし、フレキシブルに座席数を変更出来る事により宴会需要も取り込む
巣ごもり需要に向け、焼肉店経営で培った調理技術を活用した中食事業焼肉店経営で培った仕入力・調理技術を活かし、需要が拡大していく中食(焼肉弁当、惣菜、物販)への参入を図る。牛肉を核にしたテイクアウト専門店を創り、新規設備の導入によって地域に必要とされ続ける高品質の商品づくり、安定供給体制を確立する。
焼肉店発の地域飲食店の課題解決型精肉卸事業による事業再構築小ロットでカット済の国産牛を安価で仕入れたい近隣の飲食店を対象に、独自ルートから仕入れた国産牛をこれまで培った加工時術を生かし、飲食店の要望に合わせてカットした精肉を小ロットで販売する精肉卸事業に取り組む。
脱居酒屋業態!FC加盟による焼肉店展開による収益改善居酒屋事業のみの展開から焼肉業界への事業転換プランを図る。既存店の撤退から他エリアにまたぐ出店を早期に行い自社の強みを生かしたスタッフ力と他社のマーケティングと商品力を活かした事業でV字回復を図るプラン。
飲酒メインの海鮮居酒屋から飲食メインの焼肉店への事業転換新型コロナウイルス感染症の影響を受けて事業存続が危ぶまれる団体客を主要ターゲットとする海鮮居酒屋(飲酒メイン)事業から、おひとり様やファミリー層を主要ターゲットとする焼肉店(飲食メイン)事業に取り組む事業転換により、思い切った事業再構築を図る。
奈良県の地域資源を使用した焼肉店とお弁当を通じた地域とコミュニティの活性化。当事業では、牛の飼育から加工までワンストップで対応できる強みを生かし、奈良県の地域資源を中心とした食材を使用した地産地消の焼肉店として他店と差別化を図ると同時に、昼の弁当デリバリーも行うことで食品ロスを抑える活動を通じながら、地域とコミュニティの活性化を促す。
特急レーンを使用したテーマパーク型焼肉店の新ブランド店舗開発当社は従来「食べ放題」を主なビジネスモデル、ブランドとして経営してきた。コロナ禍での外出自粛や仕入価格高騰を受け、新店舗にて商品開発や特急レーンを用いた提供サービスのエンターテイメント性を強化し、「テーマパーク型焼肉店」への新ブランド展開により、事業再構築を図る。
テイクアウト需要の満足度を高める焼肉店併設型産直市場の開設弊社は創業30年の老舗焼肉店が始まりで現在、コロナウィルスの影響で休業中の店舗を含めて岡山県内に11店舗を経営する飲食店グループになります。

創業から弊社を支えてきた「鶴松 灘崎店」は、コロナウィルスによる団体客の会食の自粛・中止が原因で売上が激減しています。

その中でも際立って売上の大半を占めているテイクアウトに魅力を感じ、小売業を併設してやることで、売上回復とともに地域活性化を狙います。

セントラルキッチンの導入で和食調理技術を活かした包丁レスの焼肉店を展開コロナ感染症の影響で宴会需要が激減し、宴会をメインにしていた和食店の売上が大打撃を受けています。近隣の焼肉店から事業継承の話を持ち掛けられましたが現状の人員では対応できません。セントラルキッチンを構築することで包丁を全く使わない高利益・高生産性の焼肉店新分野展開に挑戦します。
ニーズに応える駅前好立地「焼肉×ドッグカフェ」への事業再構築コロナ渦において、「大人数」「お酒」をメインとした事業計画が困難となった。その為、①コロナ渦でも業績が好調な焼肉店事業へ転換するとともに、②同エリアに無い、ペットを屋内に連れて入れるドッグカフェを新設する。
ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた、焼肉サブスクリプションサービス等によるネット通信販売事業の新展開当社の主たる事業である飲食業が、コロナ禍で大打撃を受けている。一方、テイクアウトやデリバリー等在宅での飲食需要が増えてきたことを踏まえ、在宅で気軽に焼肉が楽しめるサブスクリプションサービスを柱とした通信販売を新展開することで、既存事業の売上を補填すると共に新たな売上の柱を築く。
手打ち冷麺を看板商品とするユニークな焼肉店への業態転換居酒屋業態である既存店舗を改修し冷麺を看板商品とする焼肉店に業態転換します。手仕込みの独自メニューが豊富なユニークな焼肉店となります。可能な限り低コストでの業態転換を目指し、焼肉店の開業に必要なダクト工事等を中心に設備投資を行います。
市内初の生肉を提供する焼肉店とつけ麺屋の併設店舗山口市内において、1つの物件の中に生肉を売りとした初の個室の焼肉店とつけ麺店を併設した新しい形の店舗を運営することで、単独店舗ではなし得ない、営業時間の住み分け、ターゲット層の拡大と、人件費や固定費の低減、などハイブリット店舗でコロナ禍を乗り切る新たな飲食店の在り方を確立する。
焼肉店だからできる『ローストビーフ』をECサイトを通じて全国展開昨年末よりお店で出している売上好調のローストビーフを全国販売するため改良を加え、当社所有建物を改装し、通信販売用ローストビーフの製造工場兼おみやげ店とする。また「ローストビーフ専門店」としてECサイトを新たに開設する。
新規顧客を取り込むコロナ感染症対応徹底型の個室焼肉店への挑戦お酒中心の居酒屋業態から、食事中心業態へ事業再構築する。焼肉の消費が多い高知県で、差別化されたメニュー、雰囲気の個室焼肉店を展開し、最新の空調、セルフオーダーシステム等により感染症対策徹底を図る。
北海道の牧場から直接仕入により鮮度の高いラム肉を使用したラム焼肉店!福岡県久留米市にはラム肉を専門に扱った業態の飲食店はなく(2021年9月時点)、また以前より当社顧客から要望が多くあったラム肉専門業態の焼肉店。ソムリエにより選別されたラム肉の各部位・料理によく合うワインと一緒に北海道からラム肉の直接仕ルート開拓により臭みがなく鮮度の高いラム肉を焼肉スタイルで提供する。
老舗焼肉屋が創る新たな、からあげ市場60年以上の老舗焼肉屋さんの挑戦。現在の地でなく、沢山の情報などを分析し新境地で業態転換。牛肉ではなくより低価格の鶏肉を販売。長年のノウハウを活かし、国民食でもあるからあげで、新たな商品を生み出すことに成功。
老舗 料亭・旅館が焼肉店に挑戦 ファミリー層・若い男女に向けた新規事業老舗料亭・旅館三川屋が、ファミリー層・若い男女を新たなターゲットとし、換気状態の良好な屋上で、景観を楽しみながら焼肉料理を提供する事業を展開します。
感染症の対策をしたグランピング施設、焼肉・牡蠣、宿泊事業計画「強み」であるオリジナルのタレや新三大夜景が見られる好立地に土地建物を保有しグランピング施設を作っていることなどを最大限に活かし、「機会」であるグランピングや感染防止対策が徹底された施設で食事や宿泊を楽しみたいというニーズに応えるため、グランピング施設、焼肉牡蠣の飲食サービス、簡易宿泊サービスを事業化します。
おひとり様大歓迎!黒毛和牛にこだわった1人用無煙ロースター設置の焼肉店の開始既存事業は新型コロナ禍で営業自粛状態が続き、事業が継続できない状況である。そこで立地上の特性や仕入れの強みを活かし、かつ1人用無煙ロースターの設置など感染症対策を万全にした焼肉店に事業転換することで、V字回復を目指す。
タンに特化したコロナに強い焼肉店と精肉店男性をターゲットとしたナイトクラブ業を廃業し、コロナ禍において飲食店の中で業績を伸ばす焼肉店業界へ進出する。差別化のため、最新の非接触型サービス設備を備え、十か国以上のタンを味わえる焼肉食べ放題店と精肉店を開業する。
中単価高品質!郊外だからこそできる焼肉店への事業転換計画コロナ禍の影響により落ち込んだ居酒屋事業を好調な焼肉へ事業転換することで、市場の特徴とニーズに合わせた、郊外だからこそできる中価格で高品質な焼肉店を新たなターゲット層に提供し、収益構造の強化と雇用を生み出す。
駅前の賑わい創出のためコロナ対策を徹底した焼肉店の出店計画地元駅前に、セルフオーダーシステムやAIカメラといったデジタル技術を活用したコロナ対策を行い、換気の良い焼肉店を開業。地元消費者や駅利用者にお手ごろ価格の豚ホルモンをメインとしたサービスを提供することで駅前の賑わい創出に貢献したい。
自然と触れ合える山村でファミリー向けの炭火焼肉店の展開コロナの影響で売上が激減。コロナ禍での顧客のニーズを踏まえた事業の再構築を行い、売上回復と雇用を守っていくために新たに「炭火焼肉店」を展開し、業務多角化によるリスクヘッジと地域雇用の創出を目指す。
居酒屋・カフェ経営実績とノウハウを活かしたファミリー向け国産牛専門焼肉店の出店新型コロナウィルス感染拡大により売上が激減した居酒屋・カフェ店を複数店舗展開する創業15年の飲食サービス業が、自社の経営資源を活かし、好調な焼肉事業の中でも他店舗との差別化をはかり、ファミリー層向けにハレの日の食事ができる店舗として、感染症対策(換気、間仕切り、消毒、等々)の徹底した店舗改装をして店舗運営を行う。
地産地消をテーマにした焼肉店の事業再構築計画宮崎県内にて居酒屋9店舗を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大による外出自粛、時短営業を受け売上高が大幅に減少した。コロナ禍でも好調な郊外型の焼肉店を新たな事業の柱として展開し、コロナ過でも持続的な成長を実現する。
少人数外食・イエナカ外食に対応する個室焼肉と精肉・総菜販売のコンビネーション店舗大型商業施設の集客力に依存した収益構造からの脱却のため、個室焼肉と精肉総菜販売の路面店を開店する。アフターコロナで変わる「外食」「中食」の新しい形、どちらにもアプローチできる事業構造を構築し、鹿児島の農畜産物と谷山地区の食の新しいライフスタイルの創造に貢献する。
精肉小売併設する焼肉店が作る本格的惣菜製造販売への事業展開焼肉店で培った精肉知識を強みに地産地消の本格的惣菜部門を設立する計画。コロナ禍で急増した中食ニーズに応えるべく、地域活性化を目指して地元農家と連携した本格的惣菜を開発し、新たな市場で地域経済に貢献する。
焼肉居酒屋の強みを活かした、鹿児島牛・宮崎牛を扱う精肉店出店焼肉居酒屋を約7年営んできたが、外食自粛や会食制限の影響により売上が減少し、厳しい経営を強いられている。そこで当店の強みを活かした精肉店を出店し、小売り部門へ進出することで経営全体を維持発展させることを目的としている。
焼肉業態の新規拠点設置によるリスク分散化と新規デリバリー商品開発による二毛作化当社で運営する居酒屋業態1店舗を焼肉業態に変更し、その焼肉店を拠点に他社との差別化を図りながら、当社が運営する全飲食店舗でのデリバリー、テイクアウト事業(バーチャルレストラン)との二毛作化を図り、主力事業の居酒屋業態経営のリスク分散化を進め、事業の再構築を目指す。
焼肉店のサプライチェーンを変革する食肉処理・販売業への新分野展開焼肉店経営のノウハウを生かし、新たに食肉処理施設を新設の上、食肉処理・販売業に参入する。食肉のサプライチェーンである川上の食肉処理・販売業と川下の焼肉店の相乗効果により事業の成長を目指す。
運送業から飲食業へ大胆な業種転換~地産地消でコロナを乗り越える!「焼肉胡蝶」の挑戦新型コロナウイルス感染拡大の影響で飲食業界が苦境に立たされている中でも換気がしっかりできている焼肉店を盛岡市内のホテル内で営業する。ビジネスユースや祝席でも活用できる、コンセプトとして、コロナ感染対策も徹底した全室個室とする。さらに盛岡牛といったプライベートブランド牛を軸に安心安全に食事をしてもらえる今までの焼肉店にプラスアルファした店を目指していく。
地産地消の食材を活用した「和×焼肉」への事業転換当社と同じく新型コロナウイルスの影響で経営状況が厳しい地元の生産者等とコラボし、お互いにコロナ禍を生き残り会社の再起をはかり社会経済に貢献するため事業転換をする。
イートインとテイクアウトでターゲットスイッチする焼肉店の設立現在は冷凍餃子を製造販売しているが、郡山駅前の商業施設内に焼肉店を設立する。商業施設内はファミリー層と学生が多くいるが、どちらの需要にも応えられるようにイートインとテイクアウトで顧客窓口を分ける。
居酒屋から個室焼肉店への転換による事業再構築新型コロナウイルス感染症による自粛と緊急事態宣言により居酒屋事業が継続困難となった。そのため、新型コロナウイルス感染症禍でも業績が好調な焼肉店事業へ転換する。また、現在の店舗が完全個室居酒屋であるため当該レイアウトを活かし完全個室の焼肉店として展開する。
ウィズコロナに対応した準非接触型の少人数向け低価格焼肉食べ放題事業ウィズコロナ対策に重点をおき中長期的に安定して成長を見込める準非接触型の飲食店舗を目指す。具体的にはデジタル技術を活用し人と人との接触を避け、お客様が安心して外食を楽しめる店舗を計画した。
美味しい肉・野菜を楽しむ地域密着の焼肉店経営新型コロナ禍による売上減少を乗り越えるため、消費者需要が底堅い焼肉店に挑戦する。既存事業で培った飲食店ノウハウ、当店の強みである創作力・地産地消・地元密着のシナジーを効果的に活用した事業拡大策である
グランピング風焼肉店により家族の特別な時間の提供若い女性をターゲットとした洋風居酒屋を経営していたが、コロナ禍による休止している。家族層をターゲットとし、グランピングをイメージさせる内装の焼肉店へ転換して、加須、久喜の家族に特別な時間を提供する。
既存焼鳥店事業の強みを活かした地元素材活用焼肉店事業への進出現在5店舗ある焼鳥店のうち1店舗を焼肉店にリニューアル。既存エリア店舗とのコラボを図りつつ、姉崎大根等の地元食材を活用し既存店とのシナジー効果を図りつつ焼肉店として新分野に進出する事業。
ウィズコロナでも安心できるお1人様対応焼肉店で地元を元気に千葉県千葉市を中心に焼き鳥大衆居酒屋を7店舗経営。昨年4月以降コロナの影響により1店舗の休業を余儀なくされ、早急に新たなCFを産む必要があり、コロナ対策の伴ったお一人様対応の焼肉業態へ新分野展開する事に。
地域に無いユニークな焼肉店の開店による高収益化事業当社はステーキ店、ラーメン店を2店運営しているが、コロナ禍で売上が減少している。そこで、地域に無いアメリカンダイナースタイルの焼肉店を立ち上げるとともに、ラーメン店をセントラルキッチン化することで再構築を行い、収益性を高め事業の再構築を図る。
焼肉店の強みを生かした移動販売・焼肉網洗浄事業への新分野展開焼肉店を展開してきたがコロナ禍により売上激減。新分野で既存事業と高いシナジー効果が見込める①食品移動販売、②焼肉網洗浄事業を計画。巣ごもり需要、網洗浄アウトソーシングの需要に対応し、V字回復を図る。
ファミリー層向け黒毛和牛焼肉店の新規事業計画東京都内にて居酒屋9店舗を経営する当社は、コロナ禍における緊急事態宣言の影響により売上高が大幅に減少した。そのためコロナ禍でも好調な業態である郊外型の焼肉店を新たに出店し、コロナ禍でも成長が見込める事業を構築することとする。
手頃な価格で味と鮮度にこだわった本格焼肉を食べよう!焼肉店はたくさんありますが、鮮度を売りにしているお店は少ない状況です。当店は、肉を産地直送して、鮮度抜群の状態で地元の方々に提供いたします。価格はもちろん、食べて驚き、感動する肉の提供をお約束します。
テイクアウト事業への参入による焼肉店事業とのシナジー実現新型コロナの影響による休業要請、時短営業にともなう売上減少を回復するため、テイクアウト事業に参入する。地域での知名度と食材の鮮度を生かし、近隣他店に先がけてテイクアウト事業を行う。
テイクアウト・デリバリー事業とイートイン事業を両立させた高級焼肉店新規出店事業本事業は目黒に本店を構える【焼肉ぽんが】のFC第一号店として当社が出店します。
すでに食べログ点数3.7点超えと有名店であり、焼肉店の運営ノウハウを学びながら、当社の強みであるテイクアウト・デリバリーノウハウを活用して売上拡大を図ります。
焼肉屋と洋菓子屋のノウハウを融合したハンバーガー店(テイクアウト専門店)の新規展開焼肉屋のノウハウを活かした和牛一頭買いにより旨味を追求した和牛ハンバーガーを製造し、洋菓子店のノウハウを活かしたサイドメニュー(スイーツ)を製造し、テイクアウト・デリバリーするバーチャルレストランの展開。
おうちで贅沢和牛焼肉!web販売・テイクアウト・宅配による販路拡大戦略当社運営の居酒屋はコロナの影響で売上げが大幅に減少している。これに対応するため、居酒屋を閉店し、焼肉事業を拡大する。ファミリー層向けweb販売・テイクアウト・宅配で販路拡大を目指す。
ポストコロナの世の中にマッチした焼肉店ビジネスへの転換本事業では新型コロナの影響で売上が減少した居酒屋を閉店し、換気の良さや自分で調理できることが安心材料となり足下の業績が良好な焼肉店へと事業転換を図ることでポストコロナに対応した飲食店への転換を図る。
『KICHIRI初の焼肉事業(ほんとに旨い焼肉をなんとか安く、週に一度のみんなの焼肉)』居酒屋を中心とした業態を展開しているものの、コロナ禍で都心の居酒屋業態が打撃を受けている。郊外商業施設でハンバーグの肉業態が成長しており、そのノウハウを活用して郊外における焼肉業態を新規に展開する。
居酒屋業態から専門性と来店者属性に合わせたメニューを兼ね揃えた焼肉業態への転換「飲み」の居酒屋業態から、「食」の焼肉業態への転換。カット済み納品による調理人いらずのローコスト高品質の実現、メインメニューの高い専門性、お客様タイプ別メニュー、テイクアウト向けの豊富なオリジナルメニューを用意する。
非接触オーダーで安心な「ひとりファストフード焼肉&安心安全、産直野菜コラボ事業」化粧品事業、居酒屋事業ともにコロナ禍で売上が大きく減少。新たな収益の柱を構築し、売上を回復・成長させる為に非接触、朝から営業の「ひとりファストフード焼肉&安心安全な産直野菜コラボ事業」に取組みます。
高級焼肉・バーベキュー出張サービスと当社レストランメニューのEC展開50年間高級焼肉レストラン運営で培ってきたノウハウを活かし、当社一流料理人がご自宅やバーベキュー場などに出張し、高級焼肉コースや贅沢なバーベキューをおもてなしする「出張料理サービス事業」と、A5ランク和牛の高級焼肉・キムチ等の当社人気メニューをネット販売する「平城苑オンラインショップ」を立ち上げます。
炭火焼肉×中華へ転換。事務所業務を在宅オンラインシステムへシフト現中華料理2店の内装設備を改装「炭火焼肉×中華」店に事業転換。中国西域の肉文化を取入れ独自性をだし、デジタルオーダーシステムの導入、国産上州牛で付加価値を上げる。子育てママ自立支援として、広報事務業務を在宅オンライン化。
テーブルタップオーダー、テーブルサーバー(ハイボール)、工場直送の新鮮ホルモンを武器に、低価格焼肉店の運営で収益性の改善空調完備の焼肉店「溝口ホルモンタワー」を開業する。特徴は、テーブルにハイボールサーバーが完備されていることと、当社の加工ノウハウを活かした店内調理が簡略化された新鮮ホルモンを比較的安価に提供する。
高級焼肉店から町のお肉屋さんへの転換コロナ禍での外食から中食需要への高まりを受けて、当社の30年続く高級焼肉と韓国料理の卓越した調理技術と肉の仕入れの強みを生かした品揃えと、総菜販売にも力をいれ、ロス率を減らし原価率向上を目指す。
横浜発焼肉店。コロナ禍をデリバリーサービスと非接触&非対面店舗開発で乗り切る。落ち込むイートイン(店内食事)をカバーするために、強みを活かしてデリバリーサービスへの本格的参入を果たす。店舗運営はコロナ対応のため、特急レーンやタッチパネルオーダーリングシステムといった非接触&非対面を実現し、省人化と自動化により競争力を高める。脱イートインにより新しい業態での生き残りをかける事業である。
有名焼肉店の知名度と高いサービスを活かしての、肉割烹高級業態で都内新分野展開焼肉業態で代表が今まで培ってきた肉の知識・ノウハウや人脈、また日本料理店で修行経験のある従業員の高いスキルを活かして、今までにないハイクオリティな店内空間と料理を提供する高級業態の肉割烹店を展開していきます。
ポストコロナ時代に安心して外食できる地産地消焼肉店への展開これまで調理済みの飲食物を提供してきたが、コロナ禍において換気が重要視されていることから換気に強い焼肉店という形態へ、地産地消というコンセプトを掲げて展開していく。
焼肉店が提供する意外なくつろぎ空間炭火焼和牛焼肉事業者が、店舗空きスペースにてくつろぎプライベート空間を提供する事業
老舗焼肉店『コロッケのサブスクを実現するための惣菜店開業』当社は昭和25年創業の焼肉店であり、コロナ禍にて宴会需要とハレ時需要が減少し、売上が激減した。そこで新たなテイクアウト、弁当商品を開発し、その中でもコロッケのサブスク実現させるために、新たに惣菜店を開業する。
With/Afterコロナに対応したサスティナブルな焼肉店の展開による事業再構築逓減するFIT及び新型コロナによる海外渡航自粛の影響により悪化した事業環境を克服し、持続的な会社収益を確保するためにWith/Afterコロナに対応したサスティナブルな焼肉店を開業し、新たな収益の柱を構築する。
甲州地どり焼肉店開業新型コロナウイルス感染症の拡大により従来メインターゲットとしていた観光客や県外ビジネス客が減少し、売上は大きく落ち込んでいる。こうした状況を踏まえ、地元住民をターゲットとし、かつ高い換気機能により消費者も安心な焼肉店を開業する。
ポストコロナに向けた感染症を気にせず楽しめる焼肉店への転換本事業では感染リスクが高い日本料理店から撤退し、当社の強みである飲食店の経営ノウハウを活用して、感染症対策を徹底した焼肉店を新たに開業する。
「焼肉専門店」プロデュース。ジューシー・ボリューミーなハンバーガー事業への新分野展開主力の焼肉事業は新型コロナの影響で利用者減少、新事業展開し付加価値向上を図る計画。当社強みである「肉」のノウハウを活かした「焼肉専門店」のハンバーガーを提供する。
激減した宴会需要に変わる、一人焼肉用カウンターと個室懐石の提供1.低温調理された和牛懐石の提供
2.一人焼肉用カウンターの設置
3.宴会用のお座敷スペースを少人数向けに完全個室化
換気十分な個室で思いきり食べる! 地産の素材を味わう焼肉店事業当店は居酒屋携帯のためコロナ禍で大きな打撃を受けた。打開策として需要増加が見込まれる焼き肉店に事業転換し、個室と非接触オーダーシステムと地域食材を強みに売上と利益の改善を図る。
感染リスクを徹底排除した自走ロボット導入焼肉店への事業転換既存事業は若年層の売上が主であり、コロナ禍で大きく売上が減少した。補助事業では焼肉業態へ事業転換し、換気能力の高さと、ロボットやタブレットの活用で感染リスクを抑え、ファミリー層の顧客を獲得する。
一人来店客特化型焼肉店の営業を通じた事業再構築本事業では、従来は集団来店客をテーブル席や個室により対応している焼肉店を、当社が一人来店特化型の焼肉店を新たに開店することで新サービスを提供する。本事業の省人化効果はコロナ対策と生産性向上および顧客への販売価格低下に繋がる。
老舗焼肉屋が作る本格弁当のデリバリー・移動販売事業への進出コロナウイルスによる影響で飲食店店舗の売上減少が続き、今後も長期化する懸念がある。そこで店舗以外での売上を獲得するために多様な販売経路を築くため、老舗焼肉店だからこそ作れる本格弁当をデリバリーとキッチンカーで移動販売する新規事業に取り組む。
競合他社をターゲットに変える逆転の発想「焼肉店から食肉加工業への新展開」コロナ禍において、換気機能に優れた焼肉店需要に目を付けた他業種が続々と参入し始めた。当社は、開業支援という立ち位置を武器に、食肉加工および精肉小売業を新たに展開し、増加する競合他社をターゲットに変え、更に家食需要にマッチした精肉の小売りにて新たな顧客層を獲得することで、確実にV字回復を達成し、日本の構造転換に寄与する。
食肉販売業への参入と「もつ鍋&焼肉」ハイブリット業態への転換九州料理もつ鍋居酒屋を経営しているが、コロナ禍の状況を打破するため、九州との食肉仕入ルートを活かして食肉販売業(卸小売)に挑戦する。当店看板商品である「馬刺し」を扱っている精肉店は東三河地域に一軒もなく、独自性を発揮できる。また、居酒屋業態を「もつ鍋」と「焼肉」どちらでも対応できる飲食店業態に変貌させることで、事業再構築を図る。
飲食業界では先進的な完全非接触・DXを導入するファミリー向け焼肉店の開業郊外でファミリーを対象とした焼肉店を開業する。完全非接触で、自動受付、タッチパネルオーダー、セルフレジ間でデータを共有する他社では類をみない取り組みを推進する(飲食業界でDX導入の先駆的モデルとなる)。
事業譲受した食堂の焼肉店への転換による食肉卸売業の事業再構築食肉卸売業者が事業所に隣接する食堂の廃業を知り、事業譲受を決意した。譲受にあたって焼肉店への事業転換を行い、培ってきた強みの活用や現事業との相乗効果によって、コロナ禍で落ち込んだ業績のⅤ字回復を図る。
中食ハイブリッド型焼肉店の事業展開を目的としたセントラルキッチン建設最新鋭の機器を用いた生産性の高いセントラルキッチンを新設し生産・仕込みを効率化。自社及びFCにて外食売上に中食売上を付加した、中食ハイブリッド型焼肉店の多店舗展開を行う。
祖業の居酒屋を大幅縮小し、新分野として焼肉事業に進出する新型コロナの影響を受け、今後も回復が見通しにくい居酒屋事業を縮小し、需要回復が比較的早い焼肉店に進出する。抜群の換気性能で安心感を提供することに加え、居酒屋の運営で培ったサービス品質という強みを焼肉店で生かすことで新たな成長を目指す。
松阪牛や三重県の食材を使用した飲食店の味を食卓へ。ポストコロナ・ウィズコロナにおける中食需要を狙い、焼肉屋から惣菜店へ進食品製造機能を有した店舗を作り、松阪牛を使用した惣菜をデリバリーやテイクアウトを中心として展開し、先々には小売り・卸しや冷凍自動販売機を行う。飲食店の味を食卓で楽しめるというコンセプト。ポストコロナ・ウィズコロナの中食需要を取り込みを行う。
高級居酒屋がもてなす゜海鮮焼肉で新ビジネスモデルの再構築現在多人数仕様の大広間を吸排気環境の整った少人数仕様の個室とし固形燃料による「海鮮焼き・焼肉」を提供する。
少人数客を対象とした創作焼肉店事業への進出当社は建築部門と飲食部門があるが、飲食部門の串カツ屋がコロナ禍で売上が激減した。串カツ屋を撤退して、自社の強みを活かした創作メニューを提供する少人数客を対象とした焼肉屋事業に取り組む。
滋賀県の地域資源を使用した新幹線駅から徒歩3分の焼肉店近江牛、近江しゃも、バームクーヘン豚、伊吹そばをアレンジした冷麺など、滋賀県の地域資源を中心とした食材を使用した地産地消の焼肉店として他店と差別化を図ると同時に、昼の弁当デリバリーも行うことで食品ロスを抑える。
日本料理店からテイクアウト併営焼肉店の新規出店による新分野展開現在主な事業として団体客利用が中心の近江牛・日本料理店を運営しているが、コロナ禍の影響により
売上高が減少し、赤字決算となった。
新たに県庁所在地のJR大津駅前に焼肉店を出店してテイクアウト販売も行い、新分野展開を行う。
高級志向のツアー観光客向け「亀岡牛焼肉・直送海鮮バーベキュー」「地元地域に根差した日本料理店」から「京都丹波を代表するグルメの名店」への新分野展開を目指す。宴会で使用していた座敷を炭火焼肉仕様の部屋に大改装し、各観光バス会社と協力して高級志向のツアー観光客を誘致する。亀岡牛や亀岡シャモ、京野菜を中心とした亀岡・丹波の名産品を使用した焼肉バーベキューを提供する。
宮津天橋立の旬の海の幸・山の幸(ジビエ料理)を提供する網焼き焼肉店の出店自社は宮津天橋立で4店舗の宿泊施設を経営している。コロナ禍において新事業として、海の幸、山の幸(ジビエ料理)を提供できる焼肉店を出店する。宮津には現在、焼肉店は1店舗のみで、差別化が図れる。関西圏の観光客のGOTOの目玉となり、外国人観光客の復活時に集客が期待できる。
丹波茶屋ゆらりでの高級焼肉の提供による新たな顧客層の創出コロナの影響により売上の核であった団体利用が激減しました。

丹波茶屋ゆらりにおいて、今まで築き上げてきた和食を活かし、新たに高級焼肉を中心とした個人向けメニューと変革することで、「団体客」から「個人客」への顧客層をシフトチェンジしていきます。

ホルモン焼肉たか家バーチャルレストラン出店による新分野展開新型コロナウィルス感染症の収束の目途が立たず、現在の店舗での集客による既存の事業形態では売上の拡大も見込めないなか、新たな設備投資をし、バーチャルレストランに出店という新分野の事業に取り組むことで事業の再構築を図ります。
一次会も二次会もまるっとお任せ!バーから焼肉店への新分野展開本事業は焼肉店を展開して新たな収益を獲得するとともに、既存事業のバーにおいて潜在顧客となる顧客の囲込みを図り店舗間の顧客相互利用を促進することで、経営課題であった集客力向上と収益増加を狙う計画である。
居酒屋による学生若者応援店としての焼肉店開業による事業転換現在の居酒屋2店舗は新型コロナ禍の外出自粛と営業(特に酒類提供)自粛の影響で売上が減少し、今後の回復も困難である。新規に大学隣接立地に焼肉店を開業し、学生・若者応援として、サービス提供のみならず、雇用促進にも寄与する計画。
海鮮居酒屋店からウィズコロナに対応できる焼肉店への事業転換計画新型コロナ感染症により売上が減少した居酒屋を、感染対策に適している焼肉屋に事業転換する。お客様が安心快適に食事ができるように換気対策を行い、テイクアウト用の弁当販売も始めることにより、集客アップを図る。
非接触の感染症対策をした焼肉新業態の開発既存事業の売上が大きく落ち込み、経営に深刻な影響がある。コロナ禍でも需要があり換気機能に優れ、デジタル技術を駆使し、非接触・低単価・高サービスな「セルフ式焼肉事業」に新たに参入し、経営の安定実現に取り組む
ローカル地域で圧倒的低価格と先端的デジタルツールを利用した大衆焼肉店居住が主のローカル地域において、客単価2,000円台の低価格焼⾁店は地域住⺠にとって⽇常使いする上で魅⼒的であり、⼜モバイルオーダーシステムやセルフレジ、予約台帳システムなど先端的デジタル技術の活⽤をしながら新しいビジネスモデルを構築し、ローカル地域にもイノベーションを起こしたいと考えています。
既存店舗の空きスペースを使った「焼肉店」新店舗事業吹田市では誰もが知るといえる、JR吹田駅北側徒歩1分に位置するタワーマンション最上階に位置する展望中華バイキング「第一楼」店内に“お肉がおいしい”焼肉専門店を増設!コロナ収束後の新規顧客開拓と店舗展開で利益率の向上を目指す。
焼肉店のEC化と浜焼きスタイルによる業態転換新型コロナウイルス感染症の影響をうけ不安定な焼肉店事業をフォローすべく、新たに魚介類を楽しむ浜焼きサービスを展開し、サービスECとテイクアウトECで注文から決済を非対面にした業態転換に取り組みます。
コロナに打ち勝つ!安心安全な「鶏焼肉専門店」への事業転換既存事業では営業の見通しが立たないため、換気性が高く安全に食事が出来るとしてコロナ禍でも需要が底堅い焼肉店、それも「鶏専門焼肉店」にチャレンジ。同時に鶏を使ったお弁当のテイクアウト事業も実施。
ジビエを主軸にした焼肉直営店とECサイトによる普及プロジェクトオーナーがジビエ漁師であり、その社会課題に直面している中自らが運営する飲食店で何かできないか?を検討した中で、焼肉店への事業転換を図りそこでジビエ肉を食べてもらえるような店作りをする。また認知向上とともにECサイトの立上げも行い社会課題であるジビエ消費を解決していく壮大なプロジェクト
ポストコロナ時代にも安心とぷち贅沢なひとときを提供する「ひとり焼肉屋」居酒屋を閉店し、換気が良く感染症に強い「ひとり焼肉店」を開業する。居酒屋事業で得たメニュー開発力や、家業が酒屋である事によるお酒の提供力、といった強みを活かし、お客様に安心で贅沢な空間を提供する。
宴会主体の串カツ居酒屋からコロナ対応型焼肉店及び精肉・総菜・弁当販売店への業態転換大箱宴会主体の串カツ居酒屋から、コロナ対策としてテイクアウト・セルフオーダーシステムを完備した外食である新たな焼肉店及び内食・中食対応の精肉・惣菜・弁当販売への業態転換
希少和牛の調達力と強固な感染防止対策で実現する高級焼肉店への転換日本料理店から高級焼肉+ふぐ料理へ転換。希少和牛の調達力を活かし、店舗改装とともに、強力な換気設備や非対面オーダーシステム等の導入により、感染防止対策を強化。常連客やお1人様の需要に応え、コロナ禍に強い業態へ再構築する。
居酒屋から、セントラルキッチンの強みを生かした焼肉店への事業再構築本事業計画では、新型コロナウイルスの影響によって2020年9月以降休業している居酒屋『神戸館』を全面改装し焼肉店に事業再構築する。本事業では自社セントラルキッチンの有効活用及びセルフオーダーシステム導入による効率化を実現させる。
コロナ禍に対応した焼肉屋からペットフード製造販売業への転換飲食店のノウハウを活かして店舗を改装し豚ホルモンを使った栄養価の高いペットフードの製造をします。製造した商品はインターネットによる小売販売を行います。専門家にネット販売のノウハウを教えていただきます。
三木市内郊外ロードサイド型焼肉店新規出店計画ファミリー層をコアターゲットとした、コスパの高い、新型コロナ感染症対策を徹底した焼肉店新規開設事業。ロボット等の先端的デジタル技術を導入し、三木市の特産物を提供する「地産地消フェア」も定期開催する。
家族で安心!!店内と持ち帰りの両方で楽しむ焼肉店への事業転換もつ鍋専門店を撤退し、コロナ禍でも家族で安心して食事のできる焼肉店を出店します。店内飲食にまだ不安のある方には精肉とコンロレンタルをセットで提供することで店内飲食と持ち帰りの両方で楽しんでいただけます。
「飲食店向けの人材派遣会社が有望な余剰人員を活用した焼肉店運営でV字回復!」アフターコロナにおいて、飲食店売上が低迷することが予想される中、飲食店向けに人材派遣を行っていた当社が抱えている有望な人材を活かし、グループ会社のノウハウを活かした焼肉店運営を行うことで業種転換することでV字回復を実現する
旧来の居酒屋から感染症対策を講じた焼肉業態への事業転換計画優れた換気能力に加え新たな取り組みの非接触型感染症対策を講じたWITHコロナ時代に対応し得る焼肉業態を開発し、長引く自粛などの影響で当面収益の見込めない居酒屋からの事業転換を図り、新たな収益の柱に成長させる。
卓上レモンサーバーを設置する焼肉店の開業当補助事業では、新たに「焼肉店」を開業することにした。焼肉店はコロナ禍でも売上が伸びている業種で、今後も期待できる。各テーブルに1台、卓上レモンサーバー設置し、飲み放題の形でお酒を提供する。
おひとりさまメインの焼肉専門店オープン事業計画コロナ禍で弁当を取っての会議が減少し弊社の売上が減少する中、おひとりさま市場の可能性に目をつけた。コロナ禍でも足元業況好調な焼肉店で、ウィズコロナ・ポストコロナに向けた事業の再構築を計画する。
家族団らんを楽しむ郊外型ファミリー向け焼肉レストラン業種を食品製造業(内食・中食)から飲食業(外食)に大きく転換する。当然、顧客も個人客から外食(グループ)に新たにシフトする。今回の再構築では、市場も既存の玉野市ではなく、少し人口の大きい近隣の中庄(倉敷市)と谷上(神戸市)にシフトする。
個人&法人顧客を獲得するロボットと自社物流を活用した焼肉業態への転換既存事業は若年層の売上が主で、コロナ禍で大きく減少。補助事業では配膳ロボットの導入で感染リスクを抑えた焼肉店へ転換し、ファミリー層の顧客を獲得しつつ、物流事業の活用により、法人向け弁当を自社配送する。
炭火焼肉を用いたペットフードをキッチンカーやECサイト販売する計画新型コロナウイルス感染症の影響で事業活動が困難な既存焼肉店の規模を縮小し、ペット用のビーフジャーキーや焼肉の真空パックを製造、車両での移動販売及びECサイトを構築してネット販売する計画です。
居酒屋事業から本格炭火焼肉事業への新分野展開。完全個室、空調換気設備完備によりウィズコロナ・アフターコロナに対応可能な焼肉事業を行います。質の高い赤身肉の提供を売りとし、モダンテイストの店舗とすることで、シニア層からお子様まで利用しやすい環境とします。
コロナ感染リスクを低減したオーダー制の焼肉店兼セントラルキッチンへの業態転換計画食べ放題・ビュッフェ形式の焼肉店を経営してきたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた。従来のビュッフェ形式の店舗を、コロナ感染リスク低減化を実現する注文・配膳・会計を無人対応したオーダー形式の焼肉店兼セントラルキッチンに改装・リニューアル展開する取組みである。
焼肉店による食肉販売の小売事業コロナにより深刻な影響を受ける一方でテイクアウト需要が増加。食肉販売業許可を持っている当社の強みを生かして食肉の小売り(テイクアウト)を開始する。ネットを生かした顧客情報の分析・販売促進を行うことで競合他社と差別化を図る。
コロナ禍でも安心できる焼肉事業への新規参入による経営安定化施策観光顧客向けに飲食業を経営している当社が、少人数の地元顧客へとメインターゲットを変更し、コロナ感染対策設備等に力を入れた焼肉店事業に新規参入するにより、コロナ禍においての売上向上を図る。
焼肉店余剰食材を活用したカレーのテイクアウト事業焼肉店で出る端材や使いにくい部位を活用して、美味しいカレーを低原価率で開発し、セルフうどん屋のような仕組みで、トッピング単価を上げるテイクアウト店を開設する。
繁華街需要からの脱却を図る、県産ブランド牛を使った地域密着の体験型焼肉店コロナ禍において繁華街の飲食店需要が激減したことから、ニーズが強い郊外型焼肉店への事業転換を図り、グランピングや薪割り・薪焼き調理などの独自の体験を通じて地域コミュニティ・地域経済の活性化を図る。
近江牛に特化した商品アイテムの差別化と高いコストパフォーマンスを追及したお一人専門焼肉屋とテイクアウト専門焼肉店の開業「まんまと焼肉」を運営する「株式会社八蔵」とのコンサルティング契約を結び、居酒屋・バル事業から焼肉事業へ新分野展開を行います。2021年9月に、イートイン店舗とテイクアウト店舗の2店舗を同時オープンします。
地域のファミリー層をターゲットとした焼肉店への事業再構築酒類を伴う飲食サービスである立ち飲み屋とスナックを経営しているが、新型コロナによる緊急事態宣言で営業停止を余儀なくされたため、飲食店運営で得た知見を強みに換気性に優れ好況が続く焼肉店を展開する。
大型居酒屋から資源を集約しテイクアウトやデリバリー事業に新規参入する小型焼肉食堂大型居酒屋業態から小型焼肉食堂業態に資源を集約し、テイクアウトやデリバリー事業に参入する為に、建物を改装し既存設備を撤去してしキッチンの面積を拡大、新規設備を導入することで当該店舗の売上高を総売上高の10%以上とする計画
糸島産の高品質で新鮮食材が食べれる居酒屋から焼肉店への転換事業既存店のうち1店舗を焼肉店にリニューアルし、糸島産にこだわった高品質で新鮮な肉や野菜をリーズナブルな価格で提供できる焼肉店を出店し、地域におけるコスパナンバー店をめざす。
商品開発力・素材力を武器に個室や一人食で勝負できる焼肉店事業当社の強みである商品開発力や質の高いサービス力・素材力を活かし、一人食や完全個室、店内換気等の地域居住者のニーズに応えるため焼肉店への転換を図り、収益を安定させ雇用を死守し、自社のV字回復を志向します
換気性良い焼肉店の新設・ブランド鶏販売で生産者を支援!既存の施設を改装して焼肉店を展開します。また、独自の仕入れルートを生かし、ブランド鶏「天草大王」を使用した真空パック商品の製造・販売を開始し、生産者の支援を行います
「コロナによる影響」にうける博多もつ鍋専門店から焼肉店(囲炉裏焼き)への事業転換藤崎店では、可動耐熱小型のオリジナル囲炉裏で、外食市場で好調な焼肉業態に新たに展開していく。吉井町店では、ご当地うきは産の茶葉で抹茶・粉茶の製造し、焼肉事業の新商品開発(お茶ドリンク、お茶餅)のシナジー効果を期待できる。
家庭料理をもっと美味しく、もっと手軽に。焼肉屋が造る「お肉のご馳走」焼肉佐蔵が詰まった加工精肉の小売店。取扱う商品は①自家製ハムソーセージ②鮮度を保ち味を上げる加工精肉③焼肉店の惣菜弁当。厨房内の遊休スペース、有償化されてない優れた食材、職人の食肉加工技術を活かし、「家庭料理の手間を軽減する」加工精肉製造小売店を目指す。
自社の長所を活用した唐揚げテイクアウト専門店と鶏焼肉店運営コロナ禍で大打撃を受けた居酒屋事業から、飲食店での長年の勤務経験、自社の長所を活かして新たに唐揚げのテイクアウト専門店の分野に進出します。
老舗焼肉店が挑戦するカフェ事業にて売上再拡大を図るコロナの影響を受けにくいと言われていた焼肉店ですが長引くコロナ禍で売上が激減しました。人気FC企業ノウハウと老舗焼肉店ノウハウの相乗効果でカフェ事業ビジネスモデルを再構築します。
コロナ禍における「おうち需要対応」ハイブリッド焼肉店出店計画新型コロナの影響で不採算部門となった当社店舗の一つである居酒屋店舗を閉業撤退し移転の上、焼肉店に業態転換。更に外販用として精肉加工及び食品加工ブース、食品用自動販売機を設置、「おうちで焼肉セット」やオリジナル加工品の販売でおうち需要の取り込みも図る。
コロナ対策を完備した焼肉店事業への新分野展開による売上拡大団体客中心の居酒屋を経営、コロナ拡大により団体客の利用が激減した。焼肉屋は換気が充実し、コロナ感染が少ないと思われている。焼肉屋は当地域には少なく、個室中心の焼肉屋を新たに開始し、客数の回復を図る。
高機能換気設備を導入、省人化を図り個食化対応のため居酒屋から焼肉業態への転換居酒屋業ではコロナ禍により顧客ニーズが変化し、職場飲み会や団体客から、個食化のニーズに転換しなければならない。小さな会食機会に強い焼肉業態をたちあげ、各席に換気設備、配膳ロボットなどの省人化で安心安全なお店作りをしていきたい。
天草黒毛和牛の『小売販売』と『焼肉店出店』の2分野展開既存の居酒屋業態から、小売販売と焼肉店を併設した事業で2分野展開を行い、成長し続けられる事業の柱を構築します。
家族三世代で楽しめる、焼肉店と農家がコラボした体験型グランピング施設の運営事業これまでの店舗内という閉ざされた環境で飲食する形態から開放的な環境で飲食する形態への転換を図るため、新たにグランピング施設を設営する。同業施設との差別化を図るため子供から高齢者まで家族三世代に対応する施設を構築する。
イートイン焼肉屋が行う自宅で体験出来るECとテイクアウト事業現状の店舗型飲食店(焼肉店)事業に加え、お店の美味しさをそのままご自宅で体験できるメニューの開発とECサイトの構築によりネット通販とテイクアウト事業に参入する。
感染予防対策が徹底された焼肉店事業とワーケーションに特化したコンドミニアム事業新型コロナウイルス感染症の影響をうけ集客が不安定な温泉宿事業をフォローすべく換気が徹底されており人気の焼肉店事業と新しい旅のスタイルとして注目されるワーケーションに対応したコンドミニアム事業の展開を新設する複合施設で行います。
エゾ鹿肉メインの焼肉店兼テイクアウト店開業による事業再構築事業リゾート・飲食店を得意先とする卸売依存体質を見直し、販売チャネルを拡げて直接消費者へ当社の「最高級エゾ鹿肉」を届け、尚且つ食害に悩む、地域の主幹産業である農業に貢献する事業再構築計画。
コロナ対策・地産地消の十勝地域最大の個室焼肉店の開発と運営コロナ感染対策をし、地域特産のこだわり食材を使った十勝地域で最大規模の大型個室焼肉店を新規開発し「美味しい料理を安心して楽しみたい」という地元の外食ニーズに応えると共に地産地消を推進する事業です。
ウィズコロナ、街中に人を呼び込み十勝の食の魅力を発信する焼肉店の運営新型コロナウィルス感染拡大により売上が激減した居酒屋を複数店舗展開する創業22年の飲食企業が、自社の経営資源を活かし、飲食業界において売上が好調な「焼肉食べ放題店」のOPENを計画する。
事業再構築補助金を活用した「携帯ショップ事業から焼肉事業への事業再編」当社は携帯ショップとして通信端末を販売してきましたが、コロナウイルスにより通信会社の方針が大きく変わり売上高が激減しました。今後は以前の様な成長産業に戻ることはないと判断し焼肉事業に主体を転換します。
会津東山温泉 郷土焼肉温泉旅館 月のあかり project「会津郷土焼肉店×素泊まり基本の和風旅館」をミックスした企画。旅館業が落ち込む中、コロナ禍でも強い焼肉店を立ち上げる。使っていない厨房の活用し、少ない投資で宿泊業も潤う。人気宿の庄助の宿瀧の湯のノウハウも活かせる。
つくば発おもてなし型ビジネスホテルから焼肉店出店への新分野展開コロナウイルスによる厳しい経営環境のなか、新分野への進出が必須の状況。市場ニーズも強く、当社の強みであるおもてなし・グループ一体経営を活かせる焼肉事業へ進出し、業績のV字回復と地元つくばの活性化を図る
日本料理店から焼肉店へ~アドベンチャーヴィレッジ益子プロジェクト~本格的な日本料理店から、アウトドアと飲食を楽しむ焼肉店へと事業転換を図る。店舗の周囲にアスレチックゾーン、バーベキューゾーン、キャンプ場ゾーンをめぐらし、ウィズコロナ、アフターコロナ時代に安心して楽しめる場を提供する。
非接触型単品焼肉専門店タッチパネルオーダーシステムとベルトコンベア式配膳レーンを用い、新しい生活様式に則した単品焼肉専門店の出店
換気設備や什器を入れ替え、居酒屋業態を焼肉業態に事業転換する。居酒屋業態店舗を焼肉業態店舗に改装、および新規開店し、事業転換する。居酒屋業態店舗の不採算店は閉鎖し、選択と集中を図る。換気設備や什器を変更し、安心して来店できる店舗を作る。経営を盤石にして雇用の安定と創出を目指す。
デリバリー商品専用工場新設による、焼肉弁当等のデリバリー事業外食が先細る中、中食にフォーカスし新たなる需要の開拓。デリバリー事業に集中するため専用工場を新設し今後5年間で軌道に乗せる。
コストパフォーマンスでおひとり様用の焼肉需要を開拓する事業一人で焼肉を食べに行くことに世の中の抵抗感は薄れつつあり、かつ今後の単身世帯の増加を考慮すると、おひとり様用の焼肉需要は高い市場性が見込まれます。当店の強みであるコストパフォーマンスで、単身世帯向けの焼肉需要を開拓する事業です。
新開発システムで非接触と高いサービス力を両立する焼肉店事業計画コロナ禍でも好調な焼肉業態を展開します。焼肉店固有の換気面のメリットに加え、注文から決済まで顧客の携帯電話一つで可能なシステムを導入して非接触の追求を行うとともに、顧客情報の一元管理機能を活用しながら、創業以来大切にしてきた接客サービスも実現していきます。
ブランド肉を提供する焼肉店と自社オリジナル商材のEC展開自社の人材財産と培ってきたメニュー開発力を活用し、ブランド牛をメインとする焼肉事業への転換と、セントラルキッチンの拡充によるオリジナル商材の製造とEC事業の新規展開による新たな顧客層獲得を目指す。
居酒屋経営の実績と強みを活かした新天地での家族向け焼肉店の出店居酒屋を運営しているが、換気の徹底によりコロナ感染リスクが低いとされ、足元の業績が好調な焼肉店を新たに開業する。居酒屋は閉店を予定しており、3年間の事業計画期間終了後において、焼肉事業の売上構成比が標準産分類の細分類ベースで最も高い事業となる計画である。
「寿司×焼肉×完全個室」による業態転換を通じた自宅圏内での贅沢需要の取り込みコロナによって来店機会、特に宴会需要がなくなった。しかし、他方で今後は自宅圏内の贅沢需要や完全個室にニーズが出ると考える。  新商品である焼肉の提供と完全個室と強力な換気能力・配膳ロボットの設置等コロナ対策を徹底し、多人数宴会の寿司居酒屋から少人数の若年ファミリー層にシフト。  ポストコロナ・ウィズコロナに向けて思い切ったビジネスモデルの転換を進める。
酒屋ならではの強みを活かしたソウルフード焼肉店復活事業新規に利益率の高い飲食業を立ち上げる。2年前に惜しまれながら廃業した焼き肉店の味を復活させ、酒屋の強みを活かした酒類提供を行うことで売上向上を目指し自社も復活する事業。
イタリアン&フレンチ料理人が作る、見栄えも旨い焼肉店への事業転換新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少を受け、食堂・洋食店から焼肉店へ事業転換する。イタリアン&フレンチ料理人が作る、見た目も料理も旨い焼肉店として、付加価値による差別化を図る。
居酒屋から焼肉店への抜本的な事業再構築による売上増加計画新型コロナウイルスの影響により、吾平浜松佐鳴台店(居酒屋)が大打撃を受けている。  抜本的な事業再構築を実施し、肉匠坂井(焼肉店)へ事業転換することにより、従業員の雇用を守る。
焼肉材料・韓国惣菜・調味料等の食品EC事業(BtoC、BtoB)新型コロナのパンデミックにより一変した社会経済情勢を背景に、当社が営む飲食事業も生き残りをかけた変革が急務であると認識し、現状打破とDX推進を目的として、当社の強みである「美味しさ」を活かすべく新たに食品製品の製造加工及びEC販売分野へ進出します。
法人需要の日本料理店が個人需要の焼肉店に思い切って事業転換接待、会食等の法人需要が中心だった高級日本料理店が、コロナの影響で大幅減収に陥ったため、自社所有の土地を活用し、個人顧客をターゲットにした焼肉店へ思い切って転換し、事業再構築を行います。
店舗内での焼肉提供から弁当配達サービスへの新事業転換を図る計画長年地域に根付いて地元客へ焼肉の販売を行ってきたが、新型コロナウイルスの影響により集客ができず売上が低迷しているため、新分野展開(弁当配達サービス)を行う必要がある。弁当製造の専用施設を建設し、販路開拓を行い収益の改善を図る取組である。
DXを活用した個室型焼肉店 事業転換計画お客様の立場で考えられる企画力、技術力、スタッフ力、そして肉の知識を生かし、朝から一人でもヘルシーなお肉が楽しめる個室焼肉店を開業し、食を通して幸せと感動を与えるサービスを行う。仕事が忙しくゆっくりと食事できない、友人等と都合がつかず食事に行けなかった層や新型コロナウィルス感染症で外食を控えていた層をターゲットにする。
対人接触を抑えた「1人様専門焼肉店&テイクアウト」の新規出店本補助事業では、新規事業である「ひとり焼肉&テイクアウト専門店」の新規出店を行う。コロナの影響により温泉施設内食堂2店舗が閉店(撤退)となり、路面店での新業態での出店である。肉ブームにより焼肉需要が高まる中、「ひとり焼肉&テイクアウト専門店」に対する高いニーズに応える。
換気よし!個室よし!立地よし!滋賀の魅力を発信する焼肉業態への転換企業の宴会利用の回復見込めない中、換気設備を整え、人との接触が少ない焼肉店の人気が高い。弊社は完全個室でコロナ対策を強化し、地元食材の近江牛焼肉と日本料理店で培った接客技術を提供、業績をV字回復させる。
大阪伝統の焼肉を家庭へ 通販事業立ち上げによる事業再構築グランフロント大阪が開業した2013年より南館7階で焼肉屋白雲台をやっています。新型コロナ前までは順調に売上・利益を計上していたが、休業・時短続きで大幅に落ち込み(最大前年比93%(2020年4月))となった。店舗事業だけでは非常に厳しく、市場の拡大が続く通販にサイトを立ち上げ、導入する事業を開始する計画
若年層の顧客に対し、主にWeb広告、SNS等で集客する焼肉事業既存事業で培った、Web集客力、SNSでのPR力を利用し、若年層の顧客に対してインスタグラムやTikTok等で見た目が華やかな焼肉事業への事業転換を目指す。
非接触オーダーや店内空気循環の徹底による安心環境での焼肉店事業これまでの事業で培ったノウハウや知識を活かし、かつ非接触オーダーシステムやキャッシュレス決済システムの導入、徹底した店内空気循環設計等安心した外食環境を構築して挑む肉小売店を併設した焼肉店事業
無化調ラーメン一筋から焼肉・牛丼・カレー進出で神戸に元気を!創業以来、「化学調味料を使用せず、地元野菜、自家製麺」のラーメン一筋で、神戸の多くのお客様に満足いただき経営を続けてきました。今回新たに、焼肉店の開業、牛丼とカレーの移動販売の2事業を通じて、神戸の街に元気を提供していきます。
居酒屋事業撤退とゴーストレストラン機能をもつ焼肉店の出店計画ビジネス街に近い繁華街にある居酒屋店を廃業し、郊外住宅地においてゴーストレストラン機能をもつ焼肉店を出店し、持ち帰り・配達飲食サービスの分野を新たに展開する。
日本料理店から和の焼肉店への事業転換を通じた思い切った事業再構築の実現換気の徹底によりコロナの感染リスクが低いとされ、全国的に足元業績が好調な焼肉店へ事業転換を図る。これによって、顧客ターゲットが団体客から個人客へシフトし、より多くの新規顧客の獲得が見込まれる。これらの要因からコロナ渦を乗り越えてV字回復を達成する。
飲酒を目的とした居酒屋店から、食事を目的とした焼肉店への転換当社が経営する居酒屋とテナント業はコロナの影響を受け大きな打撃を受けている。近隣には若い世代のファミリー層が多く、その層をターゲットに感染リスクが低く需要が伸びている焼肉店を開始し事業再構築を図る。
感染症対策を施した焼肉店による新規展開を図り「飲食業」への業種展開を目指すコロナ禍によるアパレル業界の急激な市場変化に伴い、事業継続に難題であることから、他店と差別化した焼肉店を新規展開し「飲食業」を強化することで新たな顧客層を開拓していくことによって、弊社の価値を高めて業種転換を図ることを目的とする。
焼肉店およびラーメン店の新規出店によるコロナに強い事業再構築焼肉店およびラーメン店を新規出店することで顧客のコロナへの不安解消につなげ、かつ広島県の新型コロナ感染拡大防止集中対策等の要請に対し事業継続可能な体制を構築し、売上向上を図り、コロナを乗り越えるための事業を再構築する。
和風懐石料理店と熟成肉居酒屋から換気性に優れた焼肉店への転換コロナ禍で客数が減少している和風懐石料理店と熟成肉居酒屋を2店舗閉店し、最新の吸排気設備(無煙ロースター)導入等の工事を実施して、双方の店舗を一体化して新たに高級熟成肉の焼肉店を新規開業する。
焼肉からテイクアウトやネット販売に展開する肉うどん事業の計画コロナ禍において、酒類を提供する夜間営業来店型レストランの売上げが減っていることを受け、昼間営業テイクアウト型レストランやネット販売に転換することで安定した利益を生むことができる新規事業
焼肉店の食料品製造業進出を実現するための弁当等加工場整備計画焼肉店を営業しているがコロナ禍での営業時間短縮要請や不要不急の外出自粛の経営への影響が大きい。弁当加工場を整備して食品製造業に進出することにより、現在の飲食サービスに依存しない収益の柱を生み育てる。
酒類提供前提の飲食業から食事主体のひとり焼肉事業への進出計画現在の酒類提供を行う飲食店は新型コロナ拡大時に営業時間短縮要請の影響を非常に大きく受ける。焼肉店はコロナ禍でも伸びているので、一人に一台焼肉用グリルを用意した食事主体の「ひとり焼肉」の事業へ進出する。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では「焼肉」事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

詳細は下記のページから

関連記事