事業再構築補助金

事業再構築補助金の第9回公募はある?スケジュールは?

事業再構築補助金の第9回公募はある?スケジュールは?

現在公募されている事業再構築補助金の第8回公募。
10月3日から公募が開始され、令和5年1月23日が締め切りとなっており、今年度最後の事業再構築補助金とされています。
今回の申請に間に合わなさそうという方にとって、第9回の公募があるのかどうかという点は気になるところですよね。
そこで今回は事業再構築補助金の第9回公募はあるのか?どういったスケジュールになりそうかという点について解説していきます。

事業再構築補助金の第9回公募は実施される可能性が極めて高い

結論から申し上げますと、事業再構築補助金の第9回公募は実施される可能性が極めて高いです。
事業再構築補助金が来年度も実施される方向である旨、複数の国の資料が公開されているためです。
具体的には下記の資料で事業再構築補助金について触れていました。

  • 経済産業省の概算要求
  • 物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策について

各資料ごとに解説していきます。

概算要求にて事業再構築補助金が明記

事業再構築補助金の第9回公募が実施される根拠の一つ目が経済産業省の概算要求です。
概算要求とは各省庁が来年度の予算を実施するための必要な予算を財務省に対して要求することをいいます。
事業再構築補助金を実施している経済産業省の概算要求の中で下記の通り、事業再構築補助金に対する要求がありました

2023年度の予算規模は7,123億円となっています。
2022年度の予算規模は6,123億円だったことから、要件緩和や補助金額増額などにより、改善されていくことが予想されます。

物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策について

直近の資料では令和4年10月28日に閣議決定した「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策について」で事業再構築補助金について触れていました。
P12~P13で下記の通り、事業再構築補助金の必要性を訴えています。

(1)賃上げの促進
物価上昇に負けない継続的な賃上げを強力に促進するため、今年度から抜本的に拡充した賃上げ促進税制の活用促進、賃上げを行った企業の優先的な政府調達等に加え、中堅・中小企業・小規模事業者における事業再構築・生産性向上等と一体的に行う賃金の引上げ
への支援を大幅に拡充する。



こうした取組を進めていく中で、来春の賃金交渉においては、政
府としては、物価上昇率をカバーする賃上げを目標にして労使で議
論いただくことを期待する。
・中小企業等事業再構築促進事業(経済産業省)
・中小企業生産性革命推進事業(経済産業省)
・業務改善助成金の拡充(事業場内最低賃金引上げのための助成)(厚生労働
省)
・働き方改革推進支援助成金の拡充(「賃上げ加算」の増額)(厚生労働省)
・労働基準監督署による企業への賃上げ要請・支援等(厚生労働省)
・賃金引上げのための各種支援策・好事例等の周知広報(厚生労働省)
・同一労働同一賃金の徹底(厚生労働省)
・現下の資材価格の高騰等を踏まえた公共事業等の実施(国土交通省) 等

またP14② 中堅・中小企業が生み出す付加価値の向上 、P31② 技術の着実な普及、国際協力等 でも中小企業等事業再構築促進事業(経済産業省)と明記されていることから来年度事業再構築補助金が実施されることはほぼ間違いないでしょう。
つまり、第9回公募はほぼ確実に実施されるということになります。

問題はいつから実施されるのかという点ですが、第9回公募のスケジュールについてはまだ公表されていません
そこで過去のスケジュールを元に、第9回公募がいつから実施されるのか次の章で予想していきます。

事業再構築補助金第9回公募のスケジュール

事業再構築補助金の第9回公募のスケジュールの予想は下記の通り。(※あくまで予想なので、実際には異なる可能性があります。)

公募開始:令和5年1月下旬~2月
申請受付:令和5年2月
応募締切:令和5年4月~5月

このように予想した理由は過去のスケジュール感と予算規模にあります。
2023年度の事業再構築補助金の公募回数は3~4回程度と予想されます。2022年度の予算規模が6,123億円だったのに対して、2023年度の予算規模は7,123億円であるためです。
2022年度が3回だったことを考慮すると、2023年度の公募回数は4回と考えるのが自然でしょう。

また、第8回公募までの事業再構築補助金の過去のスケジュールは下記の通り。

【第1回】
公募開始:令和3年3月26日(金)18:00
申請受付:令和3年4月15日(木)
応募締切:令和3年4月30日(金)18:00

【第2回】
公募開始:令和3年5月20日(木)18:00
申請受付:令和3年5月26日(水)
応募締切:令和3年7月2日 (金)18:00

【第3回】
公募開始:令和3年7月30日(金)
申請受付:令和3年8月下旬
応募締切:令和3年9月21日(火)18:00

【第4回】
公募開始:令和3年10月28日(木)
申請受付:令和3年11月中旬
応募締切:令和3年12月21日(火)18:00

【第5回】
公募開始:令和4年1月20日(木)
申請受付:令和4年2月中旬
応募締切:令和4年3月24日(木)18:00

【第6回】
公募開始:令和4年3月28日(月)
申請受付:令和4年6月上旬
応募締切:令和4年6月30日(木)18:00

【第7回】
公募開始:令和4年7月1日(金)
申請受付:令和4年8月上旬
応募締切:令和4年9月30日(金)18:00

【第8回】
公募開始:令和4年10月3日(月)
申請受付:調整中
応募締切:令和5年1月13日(金)18:00

2022年度の第6回公募が終了後すぐに公募が開始され、公募開始後約3か月で応募締め切りになっていました。
そのため、第9回公募は3か月後の令和4年4~5月に応募締め切りになると予想されます。
このことから第9回公募のスケジュールは下記の通りになると予想しました。

公募開始:令和5年1月下旬~2月
申請受付:令和5年2月
応募締切:令和5年4月~5月

まとめ

今回は事業再構築補助金の第9回公募は実施されるのかというテーマで解説してきました。
来年度も事業再構築補助金は実施される可能性は高く、今年度間に合わなさそうという方も十分にチャンスがあります。
第9回の公募にむけ、今から準備しておきましょう。

 

 

事業再構築補助金の申請を考えている方はまず一度ご相談ください。
弊社(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地からオンラインでの打ち合わせが可能となっています。
弊社は事業再構築補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

 

 

関連記事