事業再構築補助金

事業再構築補助金の家具関連事業採択事例!有望度が高いおすすめテーマ

事業再構築補助金の家具関連事業採択事例!有望度が高いおすすめテーマ

事業再構築補助金を活用して、家具製造・販売、オーダーメイド家具など家具関連の事業を考えているという方もいらっしゃいますよね。
オフィス用家具はコロナ禍で需要が減少した一方で、家庭用家具は巣ごもりの影響で好調に推移しています。
そこで、今回は家具での事業再構築補助金採択事例とポイントを解説していきます。

家具関連事業は事業再構築補助金の補助対象

家具関連事業は事業再構築補助金の補助対象となります。
過去に複数の採択事例がある他、巣ごもりの影響で家庭用家具の需要が堅調に推移していることから採択されやすい事業テーマと言えるでしょう。
特に建設業においては家具関連事業と親和性が高く、おすすめのテーマの一つと言えるでしょう。

事業再構築虎の巻 事業再構築に向けた事業計画書作成ガイドブック 事業再構築補助金ホームページ

家具の市場規模や顧客ニーズ

家具の市場規模は全体としては縮小傾向にあり、前年度比98.7%となりました。
リモートワーク普及の影響で、オフィス用家具の需要が減少したためです。
しかしながら、家庭用家具の需要は巣ごもりの影響で好調でした。
オフィス用家具の需要が減少したものの、家庭用家具が好調で全体として微減程度だったということになります。

矢野経済研究所、家庭用・オフィス用家具市場に関する調査結果を発表 日本経済新聞
家庭用家具の需要が好調に推移していることから、家庭用家具の製造・販売という事業は建設業において有力な選択肢となるかと思われます。

次の章では、家具での採択事例について確認していきましょう。

家具での事業再構築補助金採択事例

家具での事業再構築補助金採択事例は主に下記の通り。

  • 既存技術を活用した家具製造
  • オーダーメイド家具
  • DIY関連事業

具体的に解説していきます。

既存技術を活用した家具製造

建設業で培った技術を活用した家具製造は代表的な採択事例です。
シナジー効果も高く、採択事例が多い有望なテーマの一つ。
特殊な技能や工法技術がある事業者におすすめです。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名株式会社EIKOU
事業計画例モールテックス施工技術を活かした家具製造業の立ち上げ
事業計画概要飲食店の新規出店減少に伴い、内装工事が減った一方で、工務店やインテリアメーカーからは「当社のモールテックス施工」を評価頂いており、家具販売のニーズを聞いている。そこでモールテックス家具及び資材販売店を新たに立上げ、事業を再構築する。
会社名及川鉄工株式会社
事業計画例半世紀続く小さな老舗鉄工所のリソースを活用した開発販売まで一貫の鉄プロダクトEC事業
事業計画概要長年蓄積してきた「曲げ金物製作」や「デッキプレート施工工事」の建築躯体組立技術を活かして新たにBtoCの事業を展開する。具体的には、家具、キャンプギア、雑貨等を鉄の特徴を最大限に活かした製品を開発し、製造・販売する。

オーダーメイド家具

建設業がオーダーメイド家具を開発・製造するという採択事例もありました。
よりおうち時間を楽しむためオーダーメイド家具の需要が増加している影響や、他社との差別化という点で優位性があるため、事業再構築のテーマとしては有力な選択肢の一つといえます。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名株式会社Housefull
事業計画例木材加工技術とSNSを生かしたオーダーメイド家具への業種転換
事業計画概要ウッドショックによる木材仕入れの見込みが不安定となり、主力事業の木造建築の営業活動が困難となった。そこでコロナ禍でも需要が伸びている家具製造に木材加工技術とSNS情報発信力を生かして参入を図る。

DIY関連事業

DIY関連事業も数多くの採択事例がありました。
DIYのスクール、DIY向けの素材輸入、ワークショップ、トータルサポートなどが代表的な採択事例。
コロナ禍でDIYする人が増えたの影響もあり、2020年度の市場規模は前年度よりも+7%と堅調に推移しました。

uriage suii 2017

年間総売上高とホームセンター数の推移(推計値) 日本DIYホームセンター協会

依然としてDIYは根強い人気があり、今後も堅調に推移していくことが予想されます。
製造業や建設業とシナジー効果が高いため、狙い目の事業と言えるでしょう。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名センティード株式会社
事業計画例NCルータを活用した大人の木工ビジネスの構築
事業計画概要当社は、従来の店舗内装、外装、家具備品の加工から、「DIYからもう一歩踏み出したい」ニーズに対してオリジナル家具から本格的な木工まで学べるオンラインサロンを開設し、加工は当社のスペースの有効活用を行うことで「ものづくり」の楽しさから起業までをサポートするプラットフォームの基盤構築を行う。

 

まとめ

今回は家具での事業再構築補助金採択事例とポイントを解説してきました。
ポイントをまとめると下記の通り。

  • 家具製造・販売は建設業を主体に人気の高いテーマ
  • コロナ禍で家庭用家具の需要が高まる
  • 家具製造・販売、オーダーメイド家具、diyが代表的な採択事例

 

家具関連事業で事業再構築補助金の申請を考えている方はまず一度ご相談ください。
弊社(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地からオンラインでの打ち合わせが可能となっています。
弊社は事業再構築補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

 

関連記事