事業再構築補助金

事業再構築補助金でのクリーンエネルギー関連の採択事例とポイントを解説

事業再構築補助金でのクリーンエネルギー関連の採択事例とポイントを解説

事業再構築補助金でクリーンエネルギー関連事業に取り組みたいと考えている事業者の方もいらっしゃいますよね。
クリーンエネルギーはグリーン成長枠が創設されたこともあり、注目すべきテーマの一つとなっています。
初期投資もかかりやすいため、事業再構築補助金で取り組む事業としては有力な選択肢の一つといえるでしょう。
そこで今回は事業再構築補助金でのクリーンエネルギー関連の採択事例とポイントを解説していきます。
クリーンエネルギー関連で事業再構築補助金の申請を検討している方は本記事を参考に、自社の事業計画に活かしてみてください。

事業再構築補助金でクリーンエネルギーは補助対象!ただし注意点あり

事業再構築補助金でクリーンエネルギー関連は補助対象となります。
過去に多数の採択事例があるため、取り組む事業内容としては問題がないといえるでしょう。
クリーンエネルギー関連は主に下記の事業が当てはまります。

  • 太陽光関連
  • 風力発電
  • 水力発電
  • 地熱発電
  • バイオマス発電

クリーンエネルギーとは火力発電のように環境上のリスクなどが少ない発電方法のことをいいます。
クリーンエネルギーを活用した発電に関する事業や部品製造といった関連事業は事業再構築補助金の補助の対象となります。

しかしながら、クリーンエネルギー関連事業は発電設備と附属設備が補助対象外となる点は注意しなければなりません
公募要領に下記の通り記載があるためです。

再生エネルギーの発電を行うための発電設備及び当該設備と一体不可分の附属設備(太
陽光発電を行うためのソーラーパネルなど)
※グリーン成長枠に応募する事業者においても、対象外となりますのでご注意ください。

(事業再構築補助金 第6回公募要領 P28)

メインとなる発電設備や附属設備は、グリーン成長枠を含むすべての類型で補助の対象外となります
このため、事業再構築補助金では発電自体よりも販売や部品製造など発電以外の事業に取り組むことをおすすめします

次の章ではクリーンエネルギー関連事業で採択された事業計画について確認していきます。

クリーンエネルギー関連事業での採択事例

クリーンエネルギー関連事業での採択事例は主に下記の通りです。

  • クリーンエネルギーの販売事業
  • クリーンエネルギー関連の部品製造
  • 発電設備の開発・販売

具体的に解説していきます。

クリーンエネルギーの販売事業

クリーンエネルギーを販売する事業での採択事例を紹介します。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名深谷石油株式会社
事業計画名バイオ燃料販売設備導入によるクリーンエネルギーの販売拡大
事業計画概要燃料配達・小売を行う当社は、CO2削減・環境配慮性を重視する建設業、建機リース会社等からの新たな要望に対応する。バイオ燃料の仕入と供給体制を地域でいち早く整え、CO2削減取り組む新たな顧客を獲得する。

 

会社名有限会社上西石油店
事業計画名環境負荷の少ないクリーン燃料【GTL】の新規取り扱いによる新規顧客開拓事業
事業計画概要CO2削減等新たな環境配慮型燃料であるGTLの販売を通して、新型コロナの影響から脱却、事業再構築にチャレンジする! 特に、GTL燃料を新たに扱うことで、今までアプローチが難しかった新規顧客を開拓し事業拡大を目指す!

クリーンエネルギーの販売は主に石油関連会社での事業再構築が多い印象でした。
エネルギーの卸売業・小売業関連の事業者の方は、既存の取引先をそのまま活用できるので、有力な選択肢となります。

クリーンエネルギー関連の部品製造

クリーンエネルギー関連の部品製造は最も多い採択事例の一つです。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名株式会社長澤製作所
事業計画名NCベンダーの導入及び設備のネットワーク化による、風力発電市場への進出
事業計画概要当社は海外需要の大きい計測器部品を製造してきたが、コロナ禍で輸出が低迷し、市場が不安定となっている。そこで最新のNCベンダー導入及び設備のネットワーク化により、国内で拡大する風力発電部品に進出することで、売上の安定化と発展を目指す。

 

会社名株式会社清水原コーポレーション
事業計画名脱炭素社会を目指す新たなエネルギー政策に資する「洋上風力発電機向けコア部品」への新分野展開
事業計画概要コロナ禍によるサプライチェーンの寸断で受注が激減した売上依存度が高い輸送機器向け金属加工から、脱炭素化で需要拡大が進む風力発電機向け薄物旋盤加工に新分野展開する。このため、CNC立型旋盤を導入し、高精度・高生産性を実現する。

コロナの影響でダメージを受けた製造業が新たにクリーンエネルギー関連の部品を製造するという事業計画が多い印象でした。
製造業は大きな設備投資が必要になるケースが多いです。
そのため、補助額が大きいグリーン成長枠を活用するというのもおすすめです。

発電設備の開発・販売

クリーンエネルギー関連の発電設備を開発・製造・販売するという事業計画もありました。
代表的な採択事例は下記の通り。

会社名株式会社山一住宅
事業計画名小型風力発電機の開発及び製造販売
事業計画概要従来の小型風力発電機よりも発電効率の高い小型風力発電機の開発及び販売を通じて、再生エネルギーの普及、CO2削減への取り組みを推進し、環境にやさしい街づくりを目指します。

 

まとめ

今回はクリーンエネルギー関連の事業再構築補助金採択事例とポイントについて解説してきました。
ポイントは下記の通り。

  • クリーンエネルギー関連事業は事業再構築補助金の補助対象
  • ただし、発電設備と付帯設備は補助対象外
  • 部品製造、販売、発電設備製造といった採択事例が多い

 

 

建設業の方で事業再構築補助金の申請をお考えなら、一度弊社にご相談ください。
全国各地からオンラインにて申請サポートを対応させていただきます。
事業再構築補助金について他にもまとめておりますので参考にしていただければ幸いです。

https://mono-support.com/saikouchiku/

また事業再構築補助金がどの様ものかわからないといった方は下記HPをご覧ください。

https://jigyou-saikouchiku.jp/

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

関連記事