事業再構築補助金

「レストラン」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

「レストラン」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

今回は「レストラン」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

食事は生きていく上で欠かせないものです。そして毎日の楽しみでもあると思います。
家庭で作る料理もレストランで食べる料理もどちらも美味しいですね。

特にレストランで食べる料理は、その場の雰囲気も相まって料理が一段と美味しく感じますね。
「食」に関する事業は私たちの生活と切っても切れないものであり、今後も益々発展の余地があるでしょう。

新型コロナによって多くのレストラン・飲食店は打撃を受けましたが、一方でコロナ以降には新しい生活様式に合致したレストラン・飲食店のニーズ・需要が顕在化しました。

これから、「レストラン」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
ホテルレストランと新規参入する函館朝市のブランド力を掛け合わせた冷凍食品製造・販売事業和・洋・中・寿司のホテル内厨房のバリエーションを活かし、冷凍食品を製造します。また、函館朝市に新規参入し、ホテルレストランの味と朝市ブランドを掛け合わせた強みでEコマースの競争を勝ち抜きます。
レストラン事業での新分野展開による山形の『食』魅力発信今般のコロナ禍では、全国的な緊急事態宣言の発令を受けて当館をはじめ温泉街全体の経営に大きな打撃となった。宿泊客の受入を停止し、売上がない状況をはじめて経験したことで宿泊サービスに特化した温泉街全体での提供サービスの脆弱性を痛感した。本事業では、潜在ニーズがありつつもターゲットとしてこなかった日帰観光客に着目し、銀山温泉全体、引いては地域の魅力発信にもつながるレストラン事業を計画するものである。
狭小鉄板焼き店のアウトドア農家レストランと畑キャンプ事業への挑戦感染症の流行で見通しが立たなくなった狭小店舗での鉄板焼き店から脱却し、畑の真ん中のロケーションを活かした「アウトドア農家レストラン」の新事業と「畑キャンプ事業」を展開する。家族連れ等をターゲットに畑の真ん中でBBQや肉野菜料理を提供するほか、併設するキャンプスペースにて少人数で長時間滞在出来るレストランを目指す。
地元食材を使った洋食レストランで過疎地域の活性化過疎化がすすむ栃木県茂木町を地元業者と連携をして、地元活性化に繋がる洋食レストランの新事業に参入します。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて減少した売上を回復させ、事業の安定化と地元経済への貢献をはかります。

カーライフ・レストランとゲストハウスの運営による第三コミュニティの提供当社ではニッチな車愛好者の方に向けて高級自動車販売とレンタル業を行っておりますが、併設でレストランとゲストハウスを運営することで当社コミュニティを強化し、顧客の来店動機の向上と関係性強化を図ります。
「釣って食べて飲んで楽しむ」RIKUSAKUエビ釣りレストラン現エビの養殖事業で山梨県内の飲食店等へ卸販売していた生きたエビを使い、釣りと言う「娯楽・レジャー」とエビ料理を食べる「飲食業」を融合せたエンターテインメント施設を新設し、エビの養殖業(養殖・食材販売)から販売先を一般ユーザーへと切り替え、「釣って食べて楽しむ」をテーマにこれまでにない付加価値の高い新たなサービスで「エビ釣りレストラン」(再構築事業)の運営をする。
法人向け給食弁当を製造するための工場移転と農村レストランの開業これまでイベントの際の弁当や小中学校の修学旅行時の弁当を提供してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、昼食時の感染による企業内クラスターの発生を防ぎたいという法人からの需要に対応するため工場を移転し拡張する。併せて、近隣農家から直接調達した農作物を活用したメニューを提供する農村レストランをオープンさせる。
レストランへ行く気分で!その食事をお届けします。介護食の必要な高齢者、健康志向の団塊の世代・若年層及び企業契約・他の介護事業所へ、誰でもおいしく食べられる栄養価に優れた高付加価値の食事を、配食やテイクアウトで手ごろな価格で提供する事業
地元プロ野球球団とのコラボによる「地域密着」スポーツバー型レストランへの新展開埼玉県川越市内で「ビュッフェレストラン」を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により大幅な業績悪化となったことから、埼玉西武ライオンズ球団との「共同企画」で『LOVE埼玉』をコンセプトにした「スポーツバー型のレストラン」展開を行い、黒字回復および持続的な成長を目指す。
長野県東御市の古民家にて、障害者も楽しめるレストランを開業既存事業では、発達障害者を対象とした就労支援事業、ヘルパーの派遣事業、さらに無戸籍に対する支援事業を行っている。新型コロナの感染拡大に伴い、就労支援事業は困難となり、利用客が激減することとなり、既存事業の継続に危機感をもっている。新規事業となる障害者を主体としたレストランの開業は、就労支援で培った強みを活かすことで、コロナ回復期に大きく成長する可能性があると考え、本新規事業を計画した。
イタリアンレストランの2階にオリジナル洋菓子提供するカフェを設立現状の強みである『イタリアンの技術』と機会である『カフェ需要』を組み合わせて新事業【創作洋菓子を味わえるお洒落なカフェ】事業の経営を行う
少人数に特化したカウンター席中心の洋食割烹レストランコロナにより、飲食店へのお客様のニーズが大きく変わり、弊社既存事業も含めた多人数利用が多い飲食業態は苦戦しています。当社は、お一人様や少人数会食に特化したカウンター席中心の洋食割烹黒船亭(仮称)を行います。
上川町を元気に!一流レストランが造る「幻のチーズ」。本事業は『温度管理ノウハウ』『北海道内の物流・販売店舗網』『地元企業とのつながり』を活かした上川町でしか買えない『幻のチーズ』の製造・販売で、上川町に人流を作る地域活性化に繋げるプロジェクトです。
デザイナーズ古民家ホテル&レストラン開業in千葉県大多喜町千葉県夷隅郡大多喜町に残る築100年以上の古民家をリノベーションし、『HOTEL&RESTAURANTROVENOTAKIMACHI』を開業する。新たな収益の創造、既存事業のサービス向上を見込める。2021年より大多喜町と連携を開始しており、地域貢献と活性化を目的に含む。
板橋区清水町でスポーツ推進をコンセプトとした【レストラン・スポーツバー】の運営飲食店の新規開業ですが近隣のスポーツセンター等を通じて地域コミュニティエリアを作ります、当社既存事業とのシナジー効果も期待でき、地域活性化できるイノベーションの一つと考えております
閑静な住宅街の古民家を活用した野菜が主役のフレンチレストラン運営事業閑静な住宅街に古民家を活用した隠れ家的なレストランを開業。野菜が主役の本格フレンチとスイーツをモチーフにしたジュエリーのコラボレーションによって、食の新たな一面と多様性を表現し、その魅力を発信する。
動物性から植物性へ~発酵レストランで新たな市場を開拓~「宴会」「男性」をキーワードに展開した大衆向け肉バル居酒屋を撤退し、「健康」「女性」をキーワードに、発酵食品を提供する専門レストランとして事業転換することで、ウィズコロナ・ポストコロナ時代に対応し、企業の回復・再生を図ります。
フレンチレストランからテイクアウト惣菜で食品製造業へ業種転換フレンチレストランの店舗の一部を食品製造業のための工場へと改築し、地元スーパーやデパートの惣菜市場へと展開する。
ウィズコロナを生き抜く本格イタリアンレストラン事業への参入飲食店の建築設計施工と不動産仲介を主事業とする当社は、コロナ禍の大きな影響を受けました。飲食店運営ノウハウと飲食業界の人脈を活かし「本格イタリアンをリーズナブルに提供するレストラン」に参入し、経営の安定化を図ります。
レストランが運営する、デジタルと自然が融合した貸切グランピング既存事業を継続しつつ、富士山の麓の土地にコンテナハウスの「一棟貸切」の宿泊施設、サウナを設置。レストランの味が楽しめる宿泊業をリモート運営することで、地域の発展、お客様の健康、売上回復に挑戦する。
アグリツーリズムを取り入れたレストラン事業への新分野展開既存の農業生産からアグリツーリズムを取り入れた、農園レストラン事業への新分野展開による新たなビジネスモデルの構築。
加賀の宿改修による日帰り富裕層向け本格高級レストランへの挑戦弊社は地域ブランドを持つ旅館を運営しているが、稼働率が低下した宴会場を改修し、高級レストランを運営することを決意。絶品料理・接客・露天風呂等の強み活用に加え、文化体験型要素も取入れ、事業拡大する狙い。
新金谷駅近隣の東海道に面する古民家カフェレストランの開始機関車トーマスが発着する新金谷駅近隣の東海道に面する古民家を賃借し古民家カフェレストランを開始、老若男女が美味しく食べることができる食事の提供し、事業再構築を実現させる。
イタリアンレストラン運営事業による東海道の古民家を活用した日本食レストランの新規出店コロナによってイタリアンレストランの売上が減少。他方、コロナで国内旅行や日本文化の価値の再認識や高まったこと、円安で外国人観光客需要が増加したこと、日本文化が世界的にブームになっていることを踏まえ、東海道の宿場町の古民家を活用した、日本食レストラン及び日本文化体験空間を新たに提供する。
お一人様大歓迎!イタリア食文化をニュースタイルで提供するレストラン事業既存のワインバーの売上が大幅に減少する中、イタリア産ワインの知識が豊富なオーナーと、東京・名古屋の有名イタリアンレストランでの勤務経験を持つシェフがタッグを組み、イタリアンレストランを開業します。ウィズコロナの時代を見据えてカウンター席や個室を設け、近年広がりを見せる「お一人様需要」を積極的に呼び込み、売上拡大を目指します。
障害者が作る国産石垣島モリンガの栽培とモリンガレストランの運営石垣島にいる障害者と本土の障害者法定雇用未達成企業とのマッチングを行い、本土企業に雇用された障害者に健康に良いスーパーフードで有る「モリンガ」の栽培をしてもらいます。出来上がったモリンガは企業の福利厚生に消費するほか、現地石垣島でモリンガを主体に健康レストランの運営を行う。
地域のDX推進型シェアレストラン併設コインランドリー事業DX推進型シェアレストラン並びにコインランドリー事業を新展開し、各施設の利用並びに飲食店開業を目指す事業者への有償サポート及び店舗の新築・改築につなげ、コロナ禍で減少した売上の回復収益力向上を図る。
冷凍調理食品製造業への進出で、ゴーストレストラン市場への事業展開ゴーストレストラン事業者をターゲットにした冷凍食品の製造卸売事業を新たに展開する計画です。コロナ禍を背景に今後も伸長する見込みの中食・内食需要にリーチする事業を開発することで、新たな収益軸を構築します。
「器」×「料理」で世界観を表現する創作レストラン事業の構築本事業では、「器」×「料理」の可能性を探求することで、新たな価値を顧客に提案すると共に新たな収益軸を構築することを目指します。また、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応する取組として、宇治抹茶のティーペアリングの提供等に取組します。
料理教室の南仏家庭料理技術を活用したレストランへの業種転換コロナで減少した売上回復のため、料理教室で培った高品質の南仏家庭料理やスイーツの技術と、自社家屋を活用し、フランス家庭料理とアフタヌーンティのレストラン経営に業種転換し、雇用と企業価値の向上を実現する。
レンタル事業を軸としたポップアップレストランの開催やYouTube発信を行うキッチンスタジオ運営キッチンスタジオを運営することで、この施設で食を中心に様々な事業を展開していく。特にイベント事業では、ポップアップレストランを開催し一流のシェフを呼ぶことで、普段予約が取れないようなお店の料理を提供する。
現業の調理技術を活かしレストラン・サウナ併設キャンプ場へ業種転換、売上回復を目指す京丹波インターから5分の好立地と大自然の中に、イタリア料理技術を活かしたレストランとアウトドアプライベートサウナ施設を併設したキャンプ場を開業、大胆な業種転換により業績のV字回復を図る
買取り販売事業およびセントラルキッチン設置によるゴーストレストラン中食事業への展開"当社の強みを生かし、需要が拡大しているデリバリー市場を捉え「ゴーストレストラン事業」へ展開することで事業を多角化・経営基盤を安定させる。"
京都初のアーバンワイナリー&レストラン「京都 ここでワイン」醸造所世界初の百貨店内(京都髙島屋新館B1F)のアーバンワイナリー付きショップ&レストラン。フードマイレージが少なく、かつ無添加、ボトル・コルク詰めが不要など、作り手の理念が見える化されたサステナブル社会に対応した事業。
バー営業から体に優しい洋食レストラン事業への転換当社は、バー営業を実施していたがコロナ禍の影響により売上が激減した。事業再構築として、顧客ターゲットを若者に変更し「料理名人が作る本格的な家庭料理」をコンセプトにした体に優しい洋食レストランを開店する。
SDGsに取り組んだフードロス・ゼロを目指すカフェレストラン自動車販売会社の隣にSDGsに取り組んだフードロス・ゼロを目指すカフェレストランをへ併設し、EV車・HV車と環境に優しい車の販売とカフェレストランの割引券を組み合わせて、環境に優しい車と環境に優しい料理のシナジー効果を狙った事業計画。
洋食レストランの味を家庭で簡単に楽しめる冷凍食品販売事業への進出計画コロナと物価高騰の影響により、レストランへの来店客が減少した。そこで、安心・安全で美味しい洋食を家庭で簡単に楽しんでもらうため、製造工場を改装して冷凍食品を生産し、冷凍自動販売機・オンラインなどで販売する。
当社レストランメニューをベースに開発する、冷凍食品の販売事業コロナで大打撃を受けた既存レストラン事業を、リソースとノウハウを活用し、成長市場の冷凍食品販売に進出することで、シナジー効果を発揮し立て直しを図る。
素麺製造屋がつくる揖保乃糸パスタ麺をメインとした城下町古民家レストランへの取組み名産品「揖保乃糸素麺」を製造してきた経験とイラストレーター部門のデザイン力を集結させ、事業再構築を実現する。観光客増加が期待できる城下町の古民家で、一般では流通していない「揖保乃糸パスタ麺」をメインとしたイタリアンレストランを開業する。
オール電化厨房を用いた移動式レストランの運営中華レストランを運営していたノウハウを活用し、地方各地にオール電化の厨房だけ車で運んで移動する移動式レストランを週替わりで開く。
インドアゴルフ練習場とレストラン等の複合施設による事業再構築本事業では、市場が拡大するインドアゴルフ練習場、ゴルフショップ、レストランを併設した複合施設を建設し、ゴルフ初心者の20代女性を対象に、ゴルフレッスンや飲食サービスを提供する。
鉄板焼きからカフェレストランへ。コロナ時代を経て家族や友人が集まれる新しい飲食店様式に挑戦。します。宴会需要の多い夜営業中心の昭和レトロなお好み焼き店から、アメリカ西海岸風カフェレストランでのランチ営業中心へ業態を転換。コロナ禍による健康志向を反映し、地元食材を取り入れたパワーフードやナチュラルフードメニューで家族や友人・サラリーマン等の幅広い顧客を取り込むことで、客数および収益の増加に繋げます。
自然あふれる里山野外レストランで本格ナポリピザを提供する新分野展開事業既存事業のカメラ販売展示スペースを改修して、絶景の里山空間を生かした野外レストランで本格ナポリピザを提供いたします。カメラ販売事業の衰退に加え新型コロナウイルス感染症の打撃で大きな影響を受ける中、新分野展開を実践し事業継続に挑戦します。
修学旅行向けレストランから法事総合サービス提供への転換事業本事業は、修学旅行生や団体観光客の「観光コース昼食レストラン」から地元中心の個人(家族単位)が求める「法要サービス」提供事業者に転換する事業であり、今後増加する「故人を偲ぶ」場を提供する事業です。
伝統的トルコ料理「ピデ」による、バーからピデレストランの転換。コロナ禍からの脱出トルコの伝統的なピデを用いて、BARからピデレストランへの転換する補助事業となります。ピデとはピザに近いものです。生地を伸ばし、具材をのせて窯で焼くパンになります。一説によればピザの起源はピデとも言われています。このピデを用いて、コロナ禍で体力を消耗した事業を立て直す補助事業となります。
居酒屋・和食レストラン事業社による障がい者グループホームの運営居酒屋・和食レストラン事業運営により培った奉仕の精神、健康で美味しい食事の提供技術を用い障がい者グループホームの運営を行う。また、既存店舗において入居者の就労支援を行う。
ステーキ&ハンバーグ専門店へ新分野展開~ガソリンスタンド併設レストラン~運営しているガソリンスタンド(本社)の立地を活かしたFCレストラン事業への新分野展開~ステーキ・ハンバーグ専門ミスターバーク~
地元密着洋食レストランによる冷凍食品製造販売事業に新分野展開コロナ禍により外食産業は大きな影響を受けており、コロナの長期化が想定される中で先を見通せない状態が続いている。そこで、当店の人気メニューを冷凍食品として製造し、店内や自動販売機を通じて販売する新規事業に着手することで、事業再構築を実現する。
老舗レストランがコロナ禍でも運営できるテイクアウト専門店へ事業転換現在の人員で対応でき、コロナ禍でも営業でき、既存事業とのシナジー効果が得られ、既に既存事業の顧客80%に営業開拓済であるテイクアウト専門店に事業転換する
日本中から愛される【車】や【バイク】好きが集まるテイクアウトを主とするカフェレストラン長年の【飲食事業】の経験を活かして【中古車販売事業】の売上拡大を図るため、【ヴィンテージカー】や【ヴィンテージバイク】を楽しむことができる【テイクアウト】を主とした【カフェレストラン】を併設する中古車販売店への業態転換
観光名所桂浜へのレストラン展開による出店での事業再構築の取り組み観光需要の回復、観光地にある公共施設への出店の機会を活かし、高知産食材による料理メニューからなるレストラン形態での料理で、高知の観光と食で観光客に満足してもらい、経営改善をはかる。
肉料理・もつ鍋店が作る、国産和牛ハンバーガーカフェレストラン肉料理店・もつ鍋店を運営しているが、事業再構築により国産和牛ハンバーガーカフェレストランを新規開店する。これまでは夜営業中心の店のみであったが、新規店舗では昼間の営業を中心とし、デリバリーやテイクアウトにも力を入れる。
イタリアンレストランからテイクアウト専門店へ業態転換本事業は弊社の主たる業種、飲食店に該当するレストラン業務を変更し、ナポリピッツァのテイクアウト専門店に業態転換する。コロナ禍で成長し今後も成長し続けることが見込まれるピザ業界に参入しV字回復をする。また糸島市初のイタリア政府公認の『真のナポリピッツァ協会』認定店となることで筑前前原地区に観光客を呼び込み地域を活性化させる。
レストラン業からベーカリーショップへの進出による事業再構築コロナ禍により既存の飲食店の収益が激減している。打開策としてベーカリーの展開で事業再構築を目指すこととした。当社が長年培ってきた従業員教育やリピーター確保のノウハウを最大限に発揮してV字回復を目指す。
レストランの味をそのままにシェフが自宅へ届けるデリバリー事業現在の飲食店店舗の近くに新たにセントラルキッチンを整備して、自社食品及び周辺他社食品の配達サービスを行う。地域ブランドとなりうる商材を最低3商材開発し、製造・販売を行う。これが軌道に乗ったのち、現在運営している飲食店で働く職人がつくる総菜についても配達での展開を行う。
歴史的建造物をカフェ・レストランとして活用し、賑わいを創出賃借人が新型コロナの影響により廃業したため賃貸収入が激減した。空き物件となった国登録有形文化財をカフェ・レストランとして生まれ変わらせ、業績のV回復を図るとともに歴史的文化・伝統を次世代へと継承する。
レストラン事業のノウハウを活かした中食事業への強力な参入ベーカリー製造設備・テイクアウト商品販売ゾーン・イートインスペースの新設により中食事業へ新たに参入し、収益の柱を多様化させ、既存のレストラン部門との相乗効果を狙います。新規事業では、魅力ある鹿児島の食材をPRしながら売上アップを図ります。
レストラン事業からミールキット製造販売への新分野展開計画新たに食品加工工場を建設し、自社のブランドを活かしたミールキットを製造し、インターネットを活用して販売することで現状のレストラン事業から新たな分野へ展開します。
函館初、ペット同伴可能な海鮮レストランへの新分野展開防音、消臭、消毒換気設備が完備されたペット同伴完全個室レストランによりペット愛好家をターゲットにした新たなレストラン事業への新分野展開を行う
パンの製造とベーカーリーレストランの開業による事業再構築パンの製造機器を導入し、ベーカリーレストランを出店していくことで、居酒屋からベーカリー事業へ主要事業をシフトする。
道産素材や食文化、観光を活かした「オンラインレストラン」の取組みと販路拡大本事業は新型コロナの影響による売上高回復が難しい中、消費者の「新たな生活様式」に係る自宅食事需要に潜在的ニーズがあるものと勘案し、北海道地域の「素材・食文化・観光等」付加価値を含めた食品加工・オンラインによる通販事業への業態再構築と販路拡大事業。
地元食材を生かしたファミリー向けのレストラン「お魚食堂」の出店計画コロナ禍により落ち込んだ居酒屋事業に代わる収益源として、北海道の新鮮な魚介を用いた食堂を出店する。地元農家から直接仕入れた新鮮な野菜もふんだんに取り入れて健康志向の食堂を目指すことで差別化を図り、ファミリー層という新たな顧客獲得を目指す。
ステーキレストランから食肉卸事業への業種転換と余剰食肉の課題解決当社はステーキレストランとして経営を行ってきたが、新型コロナウィルスの影響で売上減少が継続。その中で取引先の精肉の余剰在庫の相談などを受け、コロナ禍でも業績が安定している焼肉店など飲食事業者向けの食肉卸事業による業種転換に取り組み売上回復を目指すこととした。
観光需要の季節変動性に対応するワーケーションレストランへの挑戦地場の食材を活かしながら調理の簡易なメニューをそろえ、閑散期にリモートの就業機会を提供することにより、遠隔の観光地における需要変動性から雇用を守るレストランを運営する。
『旅館に加えて、使用していない旧棟を改装した「オーベルジュ型レストラン」の出店』現在使用していない古い棟を改装して、新潟県から一ツ星シェフを招聘した「オーベルジュ型レストラン」を開業します。5年後、新事業の総売上高の30%を実現します。
本格イタリアンレストランが手掛けるテイクアウト専門店への進出計画茨城県内にてイタリアンレストラン3店舗経営してきたノウハウを活かし、テイクアウト専門店を運営する。レストランシェフにより惣菜専用のメニューを開発し、それぞれに合ったワイン等の案内、提供も行う。
老舗旅館が地場産品にこだわった日本食レストラン新設でV字回復に挑む!本事業は、新型コロナの影響で大きな打撃を受け厳しい状況下の中、那須高原の老舗温泉宿が、質の高いサービスとノウハウを活かし、栃木・那須の食材を使用した日本食レストランを新設し、新規顧客獲得で売上回復を狙う事業である。
韓国薬膳レストラン、食品催事事業への進出による事業再構築現在、高崎高島屋で運営しているファミリーレストランから、高麗人参など健康に良いとされる食材をふんだんに取り入れた韓国薬膳レストランに業態転換します。アンチエイジングやデトックスをテーマにした料理のほか、薬膳そば、薬膳こんにゃくなどのオリジナル商品を提供します。また、会津や福島の自然食品や無添加食材、マクロビオティックを取り入れた食材を取り扱う催事事業やECサイト事業を行います。
体験型エンターテイメントレストラン、ケータリング事業への事業再構築イタリアのシチリア島をテーマにした「体験型エンターテイメントレストラン」を開業します。栃木県初のシチリア島と栃木の食・アート・文化・エンターテイメントを融合させた体験型施設です。地産地消の食材を使用し、地元の魅力を発信する施設として交流人口の増大にも貢献していきたいと思います。また、隣接するコンベンションホールをメインターゲットとしたケータリング事業、ECサイト事業を新たに展開します。
自社で養殖したうなぎを提供!全室個室レストラン&うなぎかば焼きのFC事業全室個室の感染症対策レストランを設置し、自社の環境に配慮した養殖場で育てた独特な食感を持つうなぎを蒲焼にして提供。FC展開で広く流通させることで群馬県への観光需要の喚起・地域の雇用創出を目指す事業。
焼肉店から「黒毛和牛A5ランク」カフェレストランへの事業転換コロナ禍において閉店を余儀なくされた焼肉店に代わり、新たにカフェレストランへの事業転換により事業再構築を実現する。「黒毛和牛A5ランク」というコンセプトのもと新メニュー開発を行ない、売上利益向上を図る。
茶室を活用した『お茶の駅レストラン』の新規開設・運営事業狭山茶の魅力を発信体験しながら幅広い世代の交流ができる『お茶の駅レストラン』を新規開設し、本格茶室を活用した個性ある事業で“お茶と人を結ぶ”ことを実現目標として取り組みます。
ピザレストランがピザテイクアウト専門店を開店して利益向上当社はピザレストランであるが、コロナ禍で来客数が減少し経営を圧迫している。本場ナポリのおいしいピザを武器に、ピザテイクアウト店として新たな顧客獲得を目指す。
有機農業の里×全国の離島 のコラボレーションによるレストラン付き宿泊事業観光まちづくりコンサルのノウハウを活かした、寄居町周辺の有機野菜と、全国の離島の魅力的な食材(魚介類や加工品、酒類)とをコラボレーションさせた、小規模高付加価値のレストラン付き宿泊事業を展開
既存レストランから撤退し、惣菜製造販売業に転換する。(惣菜直売所及びキッチンカー販売への進出)道の駅しょうなん拡張の好機にキッチンカーでの「焼き小籠包」の販売、農産物直売所での弁当、惣菜の持ち帰り販売によるコロナ禍でも堅調な分野更にECサイト販売に参画し、新規の売上を狙う。既存の店舗は撤退して事業コンパクト化を図るが、道の駅施設もリニューアルする好機とも重なるため業種転換を伴うが、自宅店舗厨房は、自ら改修し、黒字化を図る。
和食レストランと焼肉店を融合させた新規業態の確立和食レストランに併設されていた、カラオケスペースを換気設備の整った焼肉店として事業転換を行ない、コロナ禍以降の主流となると予測されている飲食店利用の需要を取り込んでいく。
コロナ禍における感染拡大防止対策を重視した焼き肉レストラン運営人材サービス業である当社は、新型コロナウイルス感染拡大による外食産業不況に連動して売上高が大幅に減少した。コロナ禍でも好調な焼肉店を新たな事業の柱として展開し、コロナ禍でも持続的な成長を実現する。
シェア型レストラン開発による起業支援・運営サポート事業への業態転換飲食店開業希望者がテスト出店できる「店舗スペースシェア型レストラン」という革新的な業態を開発。運営サポート・経営分析も交えた起業支援により、コロナで疲弊した飲食事業者の活性化と地域の盛り上げに貢献する。
オーガニックレストランが手掛けるコーヒースタンドベーカリー現在のオーガニックレストランのノウハウを活かした、テイクアウト主体の自家焙煎珈琲のコーヒースタンドベーカリー業態への展開し、新しい顧客の獲得と新しい雇用をつくります。
イタリアンレストランでのノウハウとデジタル技術を活用した新事業への転換イタリアンレストランの営業を行っていたが、度重なる緊急事態宣言の影響により経営を維持することが困難となり、これを打開する新しい事業を行うことが必要であると判断した。ウィズコロナ時代に対応するセルフオーダーなどを活用した非対面化を実施し、安心して来店いただける焼肉店舗へと事業転換を行う。
障害者雇用を促進するイタリアンレストラン・冷凍食品事業の展開コロナ禍で建築需要が抑止すると共に部材と作業員に確保ができず売り上げが安定しないため、弊社障害者事業の強みを活かし野菜中心のイタリアンレストランと冷凍食品製造販売事業を新規
展開し、障害者雇用を創出する
コロナ禍の環境変化に対応したイベント企画運営からの思い切ったゴーストレストランへの業種転換コロナ下でイベント業界は壊滅的打撃を受けてきた。そのような中、副業としてUberEatsなどフードデリバリーを行ってきた。配達員として実際にデリバリー市場を見聞きすることによって、ゴーストレストランという新業態の可能性を確信した。そこでノウハウ不足を補うためFCに加盟し、思い切ってゴーストレストランへ業種転換をするものである。
コロナ対策を徹底した非接触型の洋食とスイーツ主体レストランとテイクアウト新業態の事業化コロナ禍において、徹底した非接触型レストラン業態の店舗を展開する。また、有名パティシエ監修の元、新たにスイーツを自社で製造しテイクアウトでも提供する。注文から配膳・決済まで全てにおいて、お客様と店員が接触しない安心安全な、それでいて、ITとロボットを活用したテーマパークのような楽しいレストランにする。
レストランデリバリーの成長を実現する管理システムの開発経営難の居酒屋を縮小し、成長が著しいレストランデリバリーで事業を再構築します。コロナ後にスタートしたデリバリー事業は、すでに1400店舗を展開。管理システムの開発によりマーケットリーダーの地位を確立します。
商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発及び新規出店計画お食事を主とした商業施設内出店に特化したアジアンレストラン業態の開発を行い、イオンスタイル新浦安に新規出店をすることを計画しており、テイクアウトにも対応し、コロナ後の需要の変化に対応できる事業の柱を構築する。
コロナによる店舗撤退とレストラン併設のベーカリー事業への進出コロナ禍、アフターコロナを見据えて外食事業に偏った不安定な現状からの脱却のため、既存店を閉店し、競合の少ないエリアにおいてパン事業への参入。強みである外食のノウハウを生かし、レストランを併設したベーカリービストロの開業
日本初!有名神社境内で無農薬野菜のお粥&野菜レストランの開店旅行業界で培った観光地やマスコミとのコネやホスピタリティーを活用するとともに、食べログ100名店のうを徳小宮シェフ監修のもとメニューを開発し、戸越八幡神社で完全無農薬野菜を使ったお粥専門店を開業し事業を再構築します。
多種多様な食嗜好の方が集うウェディング対応型レストランに進出結婚式場の演出・撮影を得意とするブランディング企業が、コロナ禍での利益激減を受けて、結婚式やパーティー等の演出を楽しめるレストランに進出。特殊な食嗜好というニッチ市場を狙って事業の再構築を図ります。
アフターコロナの憩いの場づくりを目的とするカフェレストラン事業コロナ禍の影響で客足が戻らない都心オフィス街での「弁当配食事業」から、アフターコロナの憩いの場としての需要や自社経営農園とのシナジー効果が期待できる、茨城県石岡市での「カフェレストラン事業」に進出する。
「ヘルシーなガレット料理」の個人向け通信販売と全国レストランへのガレット食材卸売り事業国産そば粉を使用したガレットを日本全国の消費者にお届けする通信販売事業と各飲食事業者(ホテル・レストラン・カフェ等)への食材卸業を行い、ガレットを全国的に広める。またそば産地の地方創生と新たな雇用創出による地域活性化に貢献する。
地域の業者と連携し、地域食材を使ったバーベキューレストラン既存事業とシナジー効果のある付加価値の高いバーベキューレストランの新事業に参入します。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて減少した売上を回復させ、事業の安定化と地元経済への貢献をはかります。
貿易・レストラン事業のノウハウを用いたフードコート一体のハラルスーパーマーケット事業展開フードコート一体型のスーパーマーケットを運営し、直販、テイクアウト、デリバリーサービス、近隣レストランへの卸しを実施しフードトラックによる頒布会、総売上高における新事業の売上シェア10%以上を実現していく。
国産ブランド食材に特化した、レストラン事業コロナ禍の影響による深刻な全国のブランド食材農家の支援を兼ねた事業転換計画
焼肉レストランからステーキレストランへの事業転換による事業再構築補助金当店は新型コロナウイルスの影響で焼き肉店として客足が急減した。そのためコロナ後も顧客が確保出来、当店の独自仕入れルートなどの強みを活用できるステーキレストランに事業転換し店舗を改装、事業再構築を行う。
レストランシェフが作るバウムクーヘンの製造販売事業現在はイタリアンレストランを営業していますが、コロナウイルスにより、危機的状況です。レストランオーナーシェフの強みを活かし、こだわりのオリジナルバウムクーヘンを製造し、物販を行い、事業を継続します。
日本で一番おいしい本格的ポルトガル料理店 酒場からテイクアウト中心のレストランへの転換既存店の位置する都内から神奈川県横浜市内に移転をして、「酒場からテイクアウト・デリバリーの提供を中心にとしたポルトガル料理の食堂」を新設することで、近隣地域に勤務しているサラリーマン、OLといった新たな顧客層を取り込みます。
マルチブランド戦略を採用した中華バーチャルレストラン事業既存事業は中華料理店であるが、補助事業では中華料理のデリバリーを行う。

セントラルキッチンを新設し、中華料理に特化した5ブランドによるバーチャルレストランを運営する。

古民家を利用した、フォトウエディング×宿泊&レストラン事業ウィズコロナに対応するため、金沢市に隣接するかほく市の古民家を改装し、非日常空間の演出をし、6人~10人規模の宿泊付き、食事付き等バリエーション豊富なフォトウエディング事業に進出する。
北陸初、中国レストランによる中国現代絵画美術館事業計画美術館の中にレストランやカフェがあるのは珍しくないが、レストランの中に美術館があるのは聞いたことがない。本補助事業は、中国レストランが中国現代絵画美術館を営むことで新たな市場を開拓し、既存事業との相乗効果を生み出すものである。
「おうちでレストラン」をコンセプトとした地産地消商品販売と出張調理サービスコロナ禍で減少する売上の回復を図るため、老舗レストランの味わいを家庭に届ける地産地消レストランメニューの商品化及びケータリングカーを利用した出張調理により安心と安全を兼ね備えた新たなるケータリング事業を行う。
フレンチレストランによるカフェ・テイクアウト事業展開現在のフレンチレストランの隣接スペースを新たに賃借し、カフェ事業とテイクアウト事業を開始する。新たな客層に対し、新たな価格帯で、新たなメニューを提供することで、コロナで落ち込んだ業績の回復を図る。
おばんざい居酒屋から強みを活かしたイタリアレストランへの挑戦居酒屋として作り上げてきた顧客との距離感は、アルコール提供に頼っていた営業であったことを認識させられました。業績の偏りに繋がった点を見直し、食事を中心としたイタリアンレストランとして事業転換を進めます。
郊外型イタリアンレストランから郊外型デイサービスへの転換これまで牧之原市郊外でイタリアンレストランを営業していたが、コロナ禍で客数が大幅に減少したため、立地を活かして郊外型のデイサービスに新分野進出する。
ゴルフ練習場とレストランを兼ねた新しいキャンプ場、宿泊施設運営への参入計画健康関連商品やレストラン経営を続けてきた当社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大幅に売上が低下した。現状を打破すべく、経営資源を活かし他にはないキャンプ場、宿泊施設運営へ参入する。
既存のフレンチレストラン利用客をターゲットとしたワインショップ開業レストラン、バー、会員制バーの3店舗を経営しているが、新規客が多いバーの売上がコロナの影響で激減。酒販免許を取得し、新規客メインのバーから常連客をターゲットとしたワインショップへ転換し、巣ごもり需要を獲得する。
下町のイタリアンレストランが、無添加・無農薬にこだわって、食材の小売りに本格的に進出する業種転換型事業再構築計画古民家をギャラリーに改装し、野菜から肉製品まで、手作り食材をクラフトと名付けて、店売り(リアル店舗)とEC通販(バーチャル店舗)の両立に挑戦します。レストランで培ってきた食材のノウハウを最大限に活用して、自社独自のブランドを構築します。レストランの集客にも繋げます。
癒しの環境の中にある宿泊施設を伴うレストランの建設と運営事業コロナ禍で、売上の落ちた会社(木材卸業)の敷地は、山の中の大変景観の良い場所にある。そこに、宿泊棟付きのレストランをオーベルジュという形式で建設し、地元の豊富な食材を使った料理と、美しい景観と庭園を楽しんでもらう癒しの環境を提供する。
居酒屋から新分野であるファミリー向けレストラン業態への展開計画路面店でのバル・居酒屋事業からファミリー向けレストラン事業という、非アルコール分野であり提供商品とターゲット顧客が大きく異なる新分野での展開を、自社の強みである企画力、商品力を活かし、大胆に実行する。
居酒屋から、完全個室ディナーレストランとセントラルキッチン化へ団体客受入れ可能店舗の居酒屋から、席数を半分以上減らし、完全個室ディナーレストランへ事業転換、日中はセントラルキッチン化した調理場で売上回復を目指します。
弁当販売から食と地域を楽しむ・知る・学ぶレストランへ業種転換現在は主に弁当の製造販売を営んでいるが、コロナのため売上が減少。そのため農業体験と料理教室ができるレストランへ業種転換をし事業再構築を図るが、取り組みには店舗の増築が必要不可欠である。
自動販売機活用型、ポストコロナ社会に適応したシェフ直送自動レストラン事業の開始。自社の経営危機を乗り越える為だけでなく、ポストコロナ社会の生活様式にしっかりと対応できる安心安全を担保した自動販売機を活用した惣菜の販売サービスにより、地域の方々の豊かで健康な食生活への貢献の実現を目指す、新分野展開計画。
関西屈指の人気イタリアンレストランの、食品通販、テイクアウト商品開発へのチャレンジ今まで、関西屈指の人気イタリアンレストランとして成長を遂げており、全国の顧客に選ばれている。これまで培ったブランド力、商品力を活かして、新たに食品通販市場、テイクアウト市場への進出を図る。
飲食店専門建築事務所が手掛ける 最新衛生設備とDXを導入したレストラン運営既存事業(建築設計事業)の「飲食店専門の開業支援」で得た知財を活かし、最新衛生設備とDXを導入したレストラン運営を行う。建築事務所の枠を超えて、人を幸せにする「食・空間・デジタル」をプロデュースする包括型支援事業へ展開、売上増加を目指す。
酒類の提供制限下でも持続可能なレストラン店への転換コロナ渦で苦境の居酒屋店が、①ランチタイムも営業可能な業態への転換、②テイクアウト・デリバリーに対応、③自社の強みを生かした差別化等を考慮した結果、新たにレストラン事業に進出し、売上拡大を図る。
レストラン事業のスキルを活用したグルテンフリーチーズケーキ既存レストラン事業での調理技術を活用したグルテンフリーチーズケーキの製造と小売販売を行う。地方のまだ流通していない食材を使用したチーズケーキや画期的なトリュフ入りチーズケーキなどを販売する
おうちに本物の味を届ける生パスタ専門ゴーストレストラン事業コロナ禍後における地方回帰の流れに沿うように、大阪府守口市をはじめとした郊外商店街において「多品種を扱うゴーストキッチン事業」を開始し、商品ごとの人の流れを生み出すことで、商店街の活性化を図る。
本格イタリアンレストランの人気メニューをテークアウトで提供する体制の整備当店は食材の良さや優しい味が評価され、外資系ホテルの宿泊客や大阪市内のみならず土日祝祭日は京都・滋賀からも来店頂けるイタリアンレストランである。ポストコロナにおいても本格的なイタリアンをテークアウトで提供する事によりレストラン来店客の回復と増加も図り2つの販路の構築を図る
新規ブランド開発と出店、EC、デリバリー、ゴーストレストランの複合既存事業である飲食店5ブランド資源を活用し、新規にプリンと唐揚げのブランドを開発し出店。

新旧ブランドミックスによるシナジー効果を狙い、EC、デリバリー、ゴーストレストラン、キッチンカー事業を展開する。

滋賀県高島市に核となる新たな拠点を!大型レストラン・併設ショップ事業滋賀県高島市に大型レストラン及び併設ショップをオープンする。

運営体制整備のため、設備導入や人材確保、地元行政や民間業者との連携に取組む。

弊社の事業再構築が、地場産業振興の新たな拠点となることを目指す。

無煙ロースターによる料理提供とワインを中心としたレストランへの業態転換コロナ禍において換気や衛生意識が高まり、3密を回避したスペースで安心して飲食を行いたいとの声があり、コロナ対策を徹底し、自然を意識した店舗内装による、自然の食材を活かした無煙ロースターによるワイン提供を中心としたレストランへの業態転換を行う。常連客以外の層の取込みを図り、既存事業への来店顧客増加を見込むことが出来る。
バーチャルレストランの開業による寿司専門中食事業への進出新事業では、急速冷凍技術を使って寿司の品質維持を実現し、デリバリー事業や通販事業を開始します。新たに中食事業に進出することで、店舗に依存しない経営の確立を目指します。
大阪のご当地グルメ・野菜を通じて、大阪の魅力を全国、世界に発信するレストラン当社は、コロナの影響により、都市部の人流の回復に今後も不安があります。

そこで、ターミナル駅直結の運営店舗を閉店し、郊外型施設に飲食店を開業します。

大阪の野菜やブランド豚肉のお好み焼きを地元のJAや農家の協力のもと、提供し、食を通じて、大阪の魅力を日本全国、世界に発信するレストランを開店します。

播州地方の豊かな食材を和定食とフードボックスで提供するレストラン事業遠方からのビジネス宿泊客に対して、地元播州地方の食材を愉しめる食事を安全・安心の店内で提供する。また、部屋食をご希望のお客様に対しては環境に配慮したフードボックスで提供し、当ホテル自慢の客室でくつろいでいただく。
農家レストランが旬野菜を農園の見渡せる人の集う加工場で新提案当店は農家レストランを経営しているが、コロナウイルスによる外出自粛等により、売上が減少している。新たに「人の集う加工場」を作り、加工品の製造販売、およびワークショップ等の開催を行うことで売上確保を目指す。
オーガニック食材のランチをくつろぎの空間で提供するレストランカフェコロナによる宿泊者数の減少により稼働率が落ち込んでいるホテルで使用している朝食・夕食用の食堂を改装し、地元住民やビジネスマンへランチ提供を行う。地元オーガニック食材を使用し安心素材の食事と、おしゃべりや仕事をしながらゆっくり過ごせる空間を提供する。
シェアリングエコノミーを導入したジャパニーズレストラン併設沖縄県石垣市にある自社所有オーシャンビューの土地を活かして2階建て建物を建設し、新しい旅行スタイルに対応するジャパニーズレストラン併設プライベートヴィラ(宿泊業及びレストラン業)を開業する。
空地・空き家を有効活用した韓国料理レストランとアウトドア施設韓国料理レストランでありながら屋外でも飲食ができ、アウトドア要素も併せ持つ革新的な事業を新展開する。さらにBBQエリアやイベントエリア、カフェを設け、幅広い年齢層が楽しめる施設として事業の拡大を図る。
団体観光客依存型のレストラン経営から脱却 カフェへの事業展開当社は、団体観光客をターゲットに、レストラン事業を行っています。しかし、昨今のコロナの影響により団体観光客、外国人観光客が激減し、厳しい経営状況が続いています。

そこで本事業では、和歌山県の食材を用いたランチやスイーツ、こだわりコーヒーを提供するカフェ事業を展開します。イートインのみだけでなくテイクアウトも可能にします。快適な空間やお洒落で写真を撮りたくなるような商品を提供します。

フランスボルドーで醤油醸造所レストラン・湯浅醤油ブランド化事業ワイン発酵の聖地で醤油醸造と醤油ブリューアリー・レストラン事業を行い、和食・醤油の広報、ブランド化を実施する。ワイン発酵と醤油発酵のシナジー効果が見こめる。
地元観光産業を盛り上げろ!3世代でつなぐ老舗レストランの復活高梁市の名産品を取り扱うアンテナショップを開設し、既存事業の飲食店と併せて民間の道の駅にする。高梁市の観光経済の発展と、地元企業の成長に貢献する。
テイクアウト・ゴーストレストラン形態による外食市場から中食市場への展開コロナ禍での外食自粛等により既存の飲食店の売上が減少している。既存飲食店を改装し、駐車場を有効活用できる「から揚げ専門店&フルーツサンドのお店(テイクアウト)」と「ゴーストレストラン(デリバリー)」を立上げ、中食市場への展開を図る。
カフェレストランからインスタ映えする韓国料理店への業態転換による事業リスク分散と事業全体の成長カフェレストラン「CLOVERS紙屋町」を2021年11月に閉店・撤退。新たな場所に韓国料理店「アンニョン」の出店を2022年1月に実施予定。新型コロナの影響を受け、歓送迎会や2次会需要が激減した既存事業のレストランカフェから、コロナ禍でも安心安全な全席完全個室のインスタ映えする韓国料理店へ業態転換する事業。
次世代型シェアキッチン・王様のゴーストレストラン事業コロナ禍でも売上が見込めるテイクアウト・デリバリー専門業態の開発、それを飲食業を始めたい人に向けて、シェアキッチンとコンサルティングを共に提供する次世代型シェアキッチン事業(王様のゴーストレストラン)で業績向上と雇用の創出を図る。
ハンバーグレストランからラーメン屋への業態変更レストランからラーメン屋に業種変えすることにより、サラダバーなどのビッフェスタイルを止めお客様同士の接触の可能性を減らす。また、券売機を導入する事で、オーダーテイク時間を減らし、従業員のお客様との接客時間も最小限に留められる。
コロナを生き抜く!ファミリー向けレストランへの業態転換!当社はこれまで深夜営業を強みとした飲食店を営業してきたため、コロナにより他の飲食店以上にダメージを受ける結果となってしまった。そこで、現在の事業規模および雇用を維持していくため、当社がこれまでジャンルが違う飲食店を経営してきたノウハウ等を活かした、ファミリー向けのレストラン業態転換を行う。
紹介制BAR運営ノウハウを活かした会員制レストラン事業への進出紹介制BAR事業を営業していた当社が、飲食店貸切り需要増という機会を捉えるために有休職員を活用、近隣飲食店と連携し会員制レストラン事業(Heise)を新たに立ち上げます。

会員制かつ貸切りで、感染リスクを回避しつつ近隣飲食店との連携で中州全体を活性化し、九州経済の回復を図ります。

結婚式もできるレストランからニッチな和牛専門すじカレー販売への業態転換ウエディングもできるレストランとして、広々と落ち着いた空間が地域で人気であった当店も、来店型での集客を改めなければコロナ禍のライフスタイルに対応できない。新たに、店舗を縮小してスペースを確保し和牛専門のすじカレー販売を開始し、来店を控える既存顧客の呼び戻しと全国販売体制を確立する。
レストラン経営での食材加工ノウハウを活用した手作りハム・ソーセージ製造分野への展開当社の飲食店3店舗のうち、「密」になりやすい居酒屋を閉店し、レストランの2階(団体客用スペース)に、手作りハム・ソーセージなどの畜産加工施設を整備し、食料品加工事業分野への新分野展開を図る。
地元食材を活用したライブキッチンレストランの構築従来の大宴会場をライブキッチンを備えたレストランへ転換し、日帰り需要の取り込みを図る。さらにコワーキングスペースを設けることで、地域のプラットフォームとしての機能を充実させ、地域の食文化の発展に貢献したい。
中高年向け居酒屋から観光客や若い世代向け洋食レストランへの転換コロナ禍で悪化した居酒屋のイメージと収益を改善する為に、洋食店に転換し島内だけではなく観光客も視野に入れ事業拡大展開していき、地産地消・雇用維持と拡大で島の経済に貢献する。
ダッタンそばを用いたそばレストラン及び宅配・ネット販売事業コロナ禍で売上減少に直面する調味料製造・販売業の強みを生かしつつ、急速な変化と伸張を見せる外食・宅配市場の需要を取り組むため、新たに「ダッタンそば」を用いたレストラン・宅配事業を展開する。
郊外型フレンチレストランの強みと老舗ワインショップのノウハウを最大限活用したミックスアップによるワインショップ申請事業老舗ワイン店の協力のもと現在の店舗の裏の市有地にワインショップを新設し、酒類販売の免許を取得後、フランス中心のワインやテイクアウト用のチーズ、惣菜などの販売を目指していく。またフランス料理店併設の強みをいかし試飲会などもコンスタントに行っていく。
レストラン店舗+最新のゴルフシュミレーター導入による新分野展開新型コロナによる現在の厳しい状況を受け、現在利用できていない屋内施設を有効活用したゴルフシュミレーターを使った新サービスの提供を行う。これにより、売上の確保と飲食の集客の強化を図る。
居酒屋から石垣牛を取り扱う本格的焼肉レストランへの事業転換弊社の居酒屋店舗を全面改装し、石垣牛などの銘柄牛を取り扱う本格焼肉レストランに事業転換を行います。石垣牛は提携食肉加工場から直接仕入れるほか、宮崎牛・鹿児島牛も取り扱います。現在、市内では接待利用やお祝いなどに利用できる焼肉店が少なく、ワンランク上の食材や演出、調理法を用いて差別化をはかります。牛汁などの地元料理を名物にしていきます。そのほか、沖縄アリーナなどと提携して、食のイベントを開催します。
コロナ化に対応したデリバリー専門店「北海道クラウドレストラン」の展開北海道産の商材をメインとした宅配専門クラウドキッチン(北海道クラウドレストラン)を東京で展開する。
従来のレストランを中心とした料理提供から、物販を中心とする料理提供への業態転換コロナ禍で巣篭り需要が高まる中、当店自慢のメニューをレストランのみならず自宅でも味わって頂けるよう、パスタ・弁当・デザート等を物販用に製造する為の新設工場に係る設備投資
愛犬家が喜ぶ眺望抜群なワンちゃん同伴レストラン&ドッグラン事業現在、犬の直接販売を主軸にサービスを提供し、犬舎に愛犬家が多数訪れる。しかし、休憩スペースや駐車場が少なく、折角の犬の大談義に制約を受けている。そこで、隣接地の購入を機に、犬舎に併設してレストラン&ドッグランを開設して、癒しの場と時間を提供する。
フレンチレストランのリソースを活用した”北海道産チーズのEC販売及び小売店販売”の展開フレンチレストランの仕入コネクションを活用した「チーズのEC販売及び小売店事業」の展開。従来ロットで仕入れていたチーズを自社で加工・パッケージ化することで、既存事業の食品ロス削減にも寄与する。
燻製惣菜のテイクアウト事業の開始と郊外型カフェ・レストランの開発事業燻製・惣菜製造所とレストランを兼ねた新店舗をつくり、テイクアウト商品製造を強化する。既存店舗はテイクアウト商品販売に特化した店舗レイアウト改修工事を行い、新規顧客を獲得する
観光地における飲食店激減防止及びセントラルキッチン制のレストラン事業への新分野展開旅館の大広間を当地域のシンボル的レストランに改修し、コロナによる飲食店の壊滅状態を食い止め、地元食材を使用し地域の魅力向上を計る。セントラルキッチン制導入により、雇用の増員と働き方改革を含めたビジネスモデル構築を目指す。
ホテルのレストランスペースをコワーキングスペースとして有効活用ホテル付帯のレストランをコワーキングスペースへコンバージョンし、新たな働き方に伴う法人客・個人事業主及びリモートワーク環境の必要な顧客へ会員制及びスポット時間貸しにてニーズにこたえる場を創造し、新たな収益源を創りだす。
レストラン事業から食肉加工業へのダイナミックな業種転換新型コロナウイルス感染症による売上確保の課題を解決するために、既存のレストラン事業で培った人材・技術・ノウハウを最大限に活かし、肉加工品製造業へ業種転換を図る。
明治22年創業の伝統的な老舗和風旅館が「本格中華レストラン」に挑戦!コロナ蔓延による宿泊客の減少をカバーすべく宿泊しないお客様を取り込むため、デットスペースのラウンジを活用し本格中華レストランをオープンする。
食育と地産地消をコンセプトとした和食レストラン運営での地域活性化人口減少が続く宮城県蔵王町の山間にて、地産食材を使った和食レストランを運営する。収穫体験や調理のアドバイス等を行い、また朝獲れの鮮魚も提供することで集客し、雇用の場を創出することで地域活性化に貢献する。
釣り船型レストランの改築と体験コンテンツの設置を通じた“総合体験型”施設への進化秋田・にかほ市にて歴史ある旅館を運営する当社はコロナ禍により収益が悪化。抜本的な改革として新顧客層を取り込むための大規模リノベーションを実施し釣り船体験型レストランに改築。また地域資産と連携した体験ツアー商品を開発し、「事業再構築」「地域経済貢献」両方を実現する。
食のシナジー効果を狙った、多様性のあるレストラン事業コロナの影響でレストランの売上が大きく減少したため、従来型の「レストランでのオリジナル料理の提供」たけでは、いずれ廃業危機に追い込まれる。そこで、ウィズコロナに対応するため「そうざい商品の製造販売」を新たに開始する。また、アフターコロナを見据え「庄内・食のアカデミー」を新たに開催する。
レストランバーからフルーツに関する総合専門店へ!市場から直接仕入れる果物を料理に生かしたフルーツレストランバーとして営業したが、コロナ禍で酒類を提供できなくなり売上が減少したので、その補填とさらなる飛躍のために高級フルーツを販売する小売店を併設。
地域の中心地で新鮮野菜専門レストラン及びゴルフバーオープンシャッター街となった商店街の中心にある自社保有テナントを活用し、地元生産者から仕入れた食材を用い1階”野菜専門レストラン”2階”ゴルフ専門スポーツバー”を整備し誘客による地域活性化に貢献する。
地域を再生する地産フレッシュチーズレストラン×ゲストハウスへの新分野展開地元行政による交流拠点のオープンに連動して、地域の名産品である「牛乳」を活用した「フレッシュチーズ」をメインとしたレストランの展開及び地域にない低価格でカジュアルな「ゲストハウス」を作ることで今まで岳温泉に宿泊していなかった若年層の取り込みを行っていきます。
厳選された地元食材を使用した宿泊施設付きレストランへ事業転換こだわりの農法や有機栽培を活用した地元の野菜農家や畜産農家、地元漁師連携して厳選された食材を使用した宿泊施設付きのレストランへ事業転換。
高級弁当販売を開始し、高級レストランとしてのブランド力を高めるフレンチイタリアンの高級レストラン営業にて培ってきた、調理スキルや、地域に根付いているという強みを生かし、地域の住民や企業にニーズのある高級弁当やおせちのテイクアウト販売を新たに始める。
老舗レストランの料理持ち帰りおよびECサイトによる通販の開始従来来客一辺倒であった当社顧客層に、新たにhpやチラシで来客数を増やし、持ち帰り需要を開拓します。さらに来客にline登録してもらい通販サービスを新たに開始したい
withコロナに対応出来る、「唐揚と焼鳥」のテイクアウト専門店と宅配のゴーストレストラン新型コロナウイルス感染症の影響により居酒屋ニーズは激減した。

屠殺場から直接仕入れる「朝締め肉」を用いた「唐揚・焼鳥」を、ファミリー向けテイクアウト専門店と配達専門のゴーストレストランとして展開し、コロナに対応できる事業体制を構築し、収益改善を図る。

和風居酒屋が挑むイタリアンレストランとテイクアウトの新展開3店舗を営む和食居酒屋がコロナ禍で売上が激減し、うち2店舗を閉店した。閉店した1店舗を改装し、女性をターゲットとした、テイクアウトに重点を置くイタリアンレストランを開店することで、V字回復を図る。
お客様による収穫体験や野菜作り体験も出来る、農家レストランへの事業転換計画約750坪の耕作放棄農地を購入し、自家農園付き農家レストランを新設する。安心な環境、安心な食材を訴求し、農家レストランならではの野菜の美味しさ・楽しさをお客様にお届けする。また収穫体験や野菜作り体験が出来る場にもして行く。
南房総一の海鮮レストランおよびEC販売 ~南房総の魚を全国へ~アピタ内テナントを中心に鮮魚卸小売業を営んでいたが、コロナ禍でのアピタの売上減少から退店せざる得なくなり漁港等との独自の仕入れルートを持つ当社の強みを活かして飲食およびEC販売へ業種転換する。
「和の様式美」と「自然の風景美」が織りなす、地元・印旛の「安全・安心」食材レストラン本事業では既存事業である「エクステリア・造園の設計・施工」の事業閉塞感を打破するため、野鳥が訪れる自然豊かな北印旛沼の畔で、『自然の中でゆっくり過ごしたいというニーズ』を捕捉して、当社にとって新たな柱となる「安全・安心」食材レストランを新事業分野として新設するものです。
従来の書店から、イタリアンレストランを併設した空間を売るBOOK&レストランへの進化既存の書店に[未購入の本を持ち込めるイタリアンレストラン]を併設して、本を選ぶ時間と空間を売るコト消費型の書店を創造します。(内、新分野となるレストラン部分を補助事業として申請します。)
全世代対応型レストランを起点にした地域コミュニティ活性化事業管理栄養士監修による全世代対応型レストランを開設、店内飲食だけでなくテイクアウトやデリバリーも行います。二階部分には放課後学童保育とデイサービスの分園を開設することで、地域コミュニティの活性化の場を形成します。
たくさんの料理が並ぶレストランのようなキッチンカー洋食水色亭都立大学駅商店街にて生花店を経営していますが、コロナウイルス感染症の影響で、お花の需要は激減。40年の経験を持つ元レストランシェフとのご縁を得て、お惣菜・お弁当販売のキッチンカー事業を開始いたします。
羽後の国の日本庭園と古民家を活用した地産地消のレストラン開業秋田県の西馬音内に所有する日本庭園と古民家を活用した地産地消のレストランを開業、当地に関する社長の知識、人脈、既存事業で培った食品関係コンサルティングのノウハウを活かして事業化を図り、地域活性化への貢献も目指す。
レストラン業態の多店舗展開から焼肉店・和食店への新分野展開コロナ禍で大打撃を受けた洋食業態主体の事業展開から、本事業ではコロナ禍・アフターコロナに強い業態である焼肉店と和食店への新業態の展開を行い新規の需要、新規の顧客を獲得する。立地は当社トップブランド店舗の近くに立地しており相互集客も見込める為、総合的なV字回復を目指す。
大衆ワインバーから高付加価値炭火焼レストランへの事業転換今までの低価格高回転で売り上げを上げていたワインバーから、ソーシャルディスタンスを踏まえたゆったりとした席配置にして付加価値の高い炭火焼レストランに転換し、来店客数が減っても客単価を上げて売り上げを確保するレストランへの事業転換。
セントラルキッチンに機能強化によるゴーストレストラン事業。新鮮野菜、生鮮食品のお惣菜、お弁当を生産し、ゴーストレストランに向けた飲食宅配事業の展開およびフランチャイズ事業の食品加工に向けた調理機器の増設。
バイクガレージ事業と無店舗レストラン事業への進出による事業再構築既存の事務用品製造事業を完全撤退し、需要が拡大しているバイク駐車場の運営と、中食向け食品製造業への進出及びデリバリーでの小売販売・全国のSA等への卸売販売へと進出して新たな売上を獲得し、自社の事業再構築を図る。
台湾ミシュラン一つ星獲得レストランによる台湾食パン製造販売事業への進出台湾ミシュランにて一つ星を獲得したレストランオーナーが起業し、台湾で人気を博している台湾食パンの製造販売事業(テイクアウト)への新分野展開
地方初の薪窯焼パンのテイクアウトを併設する本格フレンチレストランを東京から移転開業東京のレストランから代表の地元である山形県鶴岡市に移転し地域初の薪窯焼パンの製造販売と、地元食材をふんだんに使い「食の原点回帰」「生産者とつながりのある地産地消」をテーマに地方創生を目標にしたレストランを開業して事業の再構築を図る
レストラン業態の転換「ピザ製造・物販化事業による新分野展開」株式会社グラナダは、創業22年20店舗以上にわたるレストラン経営の会社です。レストラン飲食事業はコロナの影響を大きく受けましたが、弊社の専門性のある料理、業態の開発力、仕入れ業者とのネットワークをいかし、昨今増加した食品の通販市場に参入し、自宅時間をより豊かに過ごすニーズにこたえる高付加価値商品として、弊社の強みであり、認知度も高いナポリピザの食品物販事業を展開します。
イタリアンレストランによる冷凍食品販売事業池袋・巣鴨で2店舗営業するイタリアンレストランが再構築事業によって、自社の生パスタ、総菜、デザートを「冷凍食品」化し、B2B、B2C販売を行います。
未来の食を届ける “サステイナブルレストラン” の展開本申請では、フードテック企業の商品や東京農工大学の技術を活用したサスティナブルレストラン「LEVENT DE VERT」に取り組む。植物性の代替肉や昆虫、規格外野菜を使用し、生活者に手軽で健康な “未来の食” を提供していく。
専門料理レストラン業からデリカテッセン(西洋総菜)の持ち帰りサービス業への業態転換計画新鮮な魚介類をメインとしたデリカテッセン製品の開発を新規に行い、店舗での持ち帰り販売を行う。またケータリングやEC注文等も対応可能とし、コロナ禍の影響により外食から中食への消費者意識の変化に対応していくことで、経営基盤を立て直し、食を通じた地域貢献に寄与していきたい。
クラフトビールを核とした観光レストランへの業態転換と地域活性化事業クラフトビールを核とした観光レストラン、EC販売への業態転換と地域活性化事業
ファーストフード機能を実装した韓国ファミリーレストラン事業への進出コロナ禍の経済社会の変化を捉え続けるため、ファーストフード機能とファミリーレストラン機能を有したコロナに強い新たな事業を創出することで、消費者や従業員にとって安心・安全なサービスの提供と売上・利益のV字回復を目指す。
地域資源を活用し、家族で楽しめる「アウトドア体験×食育」を掛け合わせたフードトラックレストランを開業既存事業で培った飲食プロデュース力を活かし、飲食業へ業種転換。地域の食材と観光資源を余すことなく活かして、フードロスゼロを目指すアウトドアスタイルのフードトラックレストランを開業し、心身共の健康と食育の推進をプロデュースする
レストランから小売り型レストランへ既存店舗の一部を物販の区画に改装し、自社製造した飲食品等を販売できる魅力的な什器の新設と設備の追加を実施し、百貨店等への小売り出店も行い、レストランだけではない新たな市場に挑戦する。
ポストコロナ時代の食を明るくする、安心・安全なシュラスコ・レストランによる新分野展開コロナ禍においても人気のあった肉料理のうち、シュラスコを新たにお客様へ提供し、安心・安全な環境の下でおいしい料理を楽しんでいただき、ポストコロナ時代の食を明るくする新分野展開を行い、持続的な事業の発展を実現する。
人気リゾート地一番の優雅で高級感溢れるレストランウエディング国内人気リゾート地である軽井沢の好立地な邸宅レストランで30歳以上の大人ウエディングを希望する新郎新婦に1日1組貸切のゆったりとした時間を過ごし高級感溢れる優雅なレストランウエディングを提供する。
レストラン事業から業態転換をして事業再構築イタリア料理を専門にレストラン運営してきましたが新型コロナウイルスの影響により、業態転換をする事にしました。商業施設への出店、お酒の提供が薄くても利益や感染防止ができる飲食業態 A.物品販売  B.フードコート C.ビュッフェ
老舗レストランがカジュアルイタリアンでテイクアウト事業参入現店舗の1階部分をカフェ/バル事業に事業転換すると共に、コロナ禍でも一定の需要が望めるテイクアウト事業に参入する。店舗は山下公園に隣接しており、近年のアウトドア/ピクニック需要にも対応でき、一定の効果が期待できる。本補助事業をもって弊社の毀損したビジネスモデルの再構築を図るものである。
地産地消にも貢献!結婚式場業がもてなすドッグカフェ&レストランで再構築!新たに地域近隣住民や列席履歴者リストをターゲットに、ドッグカフェを併設した「ここにしかないレストラン」を展開。経営資源であるレシピやノウハウ及び顧客リストなど経営資源を活かし差別化しV字回復に挑む事業
世界基準、高級・本格志向、個室提案型SUSHIレストラン従来の大衆向け寿司店の概念を超えて「松榮鮨」ブランドを確立し、個室本格鮨提供による日本食文化の継承と、子どもたちにあたたかな食事や居場所を提供する子ども食堂の運営、ふるさと納税への注力による地域経済への寄与、WEB構築によるビジネスモデル転換。
天然氷・地元果物を使ったカフェレストランの開業既存の警備業がコロナウイルスの影響を受けて売上が減少している。今後天然氷と地元果物を使ったカフェの展開と出張シェフによるレストランサービスで事業の再構築を図る。
地元⾷材での⼿作りパンやジャムを提供するカフェレストラン開業運営する「⽯の湯ロッジ」本館⾷堂をカフェレストランに改装、ウッドデッキを増設し運営予定です。また、調理室に⾃家製パンやジャムの製造場所として改装及び設備導⼊を⾏います。
信州産野菜&ジビエを使った本格中国料理レストランに進出事業既存事業の宿泊客のみの食堂を一般外来客にもサービスを提供できる本格中国レストランに改造し、新分野への事業展開を実施します。また本格中国レストランでは、テイクアウトにも新たに対応します。
信州産野菜を使用した欧風鉄板料理を気軽に楽しめるダイニングレストランへの新規参入居酒屋フランチャイズから脱退し、スペイン・イタリア・フランス料理店経験者のシェフ2人を加えて欧風鉄板ダイニングレストランに転換する。今までの仕入ルートとオーナーの人脈を活かし、地元農家との相互支援で地域密着型の店舗経営をする。
地域ブランド飛騨豚を炬燵の個室食事処で食べられるレストランの開設新型コロナウィルス感染症拡大の影響で売上が減少し、既存の事業だけでは厳しいため、新規分野として地域にない炬燵の個室食事処で地域ブランド飛騨豚を食べられるレストランを開設することで地域貢献、新規事業起業を計画します。
介護事業から派生した高齢者向け弁当販売とECサイトを活用したレストラン事業の参入当社は既存事業である訪問介護部門での高齢者の弁当ニーズを取り込む為、飲食事業に参入。地域の高齢者が一人でも気軽に来店できる環境を整え、また高齢者の家族が利用できるテイクアウトメニューも用意。高齢者向け弁当にも対応できる体制を構築していく。
レストランの味をそのまま家庭の食卓で楽しめる冷凍加工食品の商品化と販売今まで困難であった(レストランで提供時の味をそのまま家庭の食卓で楽しんでいただくこと)が、最新技術の導入で可能となりました。液状の商品も熱いうちに真空パックし、直後に液体冷結させ細胞の破壊を防ぎ旨味を逃がさない冷凍加工食品の製造販売をいたします。
和食レストランから新鮮な海鮮ネタの冷凍食品製造業への業態転換新型コロナウイルスの影響による団体客需要が大幅に減少しました。一方で拡大している巣ごもり消費やプチ贅沢市場に対して当社の強みである沼津産の新鮮な海鮮食材セットを製造してEC販売する業態転換により、事業の継続と雇用の確保を図っていく。
ママのヒトトキで地元活性化、Cafe&レストランコロナ禍でバーの売上がたたないため、バー事業から撤退し、新たにママのニーズを満たすカフェレストラン事業を展開する。エステやネイルサロンなどの事業者と提携して「ママ」向けサービスを通して顧客を呼び込む事業へ再構築する。
バーチャルレストランによるデリバリー事業の新展開居抜き物件をリノベーション工事により新しい厨房を作ることで、テイクアウト、デリバリー利用に特化したバーチャルレストランとして事業転換する。
現代レストラン運営会社による文化伝統が体験できる宿場町の温浴施設当社の基幹事業であるレストランの売上がコロナで伸び悩んでいる一方で、近年マイクロツーリズムで宿場町や地域の観光資源の価値が再考されていることを踏まえ、医学博士の代表の知見を活かして、宿場町で湯治の学術的な観点を盛り込んだ温泉旅館事業を新規で行い、そこで自社料理を提供する事業を新規で行う。
配信サービスを兼ねたレストランウェディングを主力とする、飲食店の集客代行営業サービス飲食店の団体客集客代行サービスとして、コロナ下で安全なウェディングパーティーを開きたい客層に対して営業代行をし、配信サービスなどを盛り込んだレストランウェディングのコーディネートを行う。
配達事業の利点を活かしたバーチャルレストラン事業コロナにより需要が急増したバーチャルレストラン事業を始める。既存事業の新聞販売事業、宅配事業のノウハウを活かし、調理から配達まで一貫したサービスを行うことで顧客ニーズを反映させ続けることができる事業を確立する。
金属精錬から食への業種転換!腸活で健康寿命を延伸する介護施設に特化したゴーストレストラン事業本事業は、ポストコロナの経済社会に対応するため、自社リソースを活かし、金属・精錬業からフードデリバリーサービスへの業種転換を図るものである。人口の増加・高齢化率の上昇が予想されるエリアにおいて、「腸活」をコンセプトとする介護施設特化型のゴーストレストランを展開し、介護事業者の「キッチン(調理)部門の代行者」となる。これにより、健康寿命の延伸に貢献し、社会課題の解決に寄与する。
地元鈴鹿と既存事業の持続可能な発展に繋げる、ヴィーガンカフェおよび地産地消レストラン事業を行うSDGsビレッジ構想現在の建設業では、受注の減少・解約や建築資材高騰など、コロナウイルスの大きな影響を受けた。当社の強みを活かして障害者が提供する付加価値の高いヴィーガンカフェ事業と、地元食材を使いフードマイレージを削減するレストラン事業を行う。
コロナ禍のマイクロツーリズム・日帰り旅行需要を捉えた全面オーシャンビューのバーベキューレストラン事業コロナの影響で既存事業である旅館業の売上が減少したため、その解決策として、当社の強みである立地や景観の良さ、志摩の新鮮な魚介類を最も美味しい食べ方で提供できるノウハウ等を活かし、全面オーシャンビューのバーベキューレストラン事業を新たに展開します。
日本料理専門店から裾野を広げた日本食レストランへの事業転換地域のニーズである、少人数での来店に対応でき、他の客との接触機会を最小限に抑える個室がある日本料理レストランを開業する。子育て世代に無理のない価格設定と、ランチメニュー・デザートを売りとした営業への事業転換を行う。
Withコロナを見据えたペンション事業と京都産食品のテイクアウト及びレストラン事業の推進コロナ禍でペンション経営は大きく打撃を受けた。徹底された客室の感染対策と評価の高い自家製料理のレストラン化・テイクアウト対応により、コロナ禍でも付加価値の高いサービス提供が可能になることで、ターゲット層を拡大し売上の回復を目指す。
地元食材を活かした「洋食×和食」レストランで地域を活性化!新たな顧客を獲得するため、これまで培ってきた洋食に加え、新たに地元の食材を活用した高品質な和食を提供します。また、衛生対策が整備された個室で、顧客に安心・心地よい食事空間を提供していきます。
貴船神社隣地への土産店と軽食レストラン開業による若年層顧客の取り込みコロナ渦における高年齢層の観光・飲食客の激減という課題に対して、貴船神社の参道出口という立地を活かして土産店と軽食レストランを開業することで若年層の顧客を開拓し売上の拡大を図ります。
ホテルレストランのテイクアウト販売とセントラルキッチンの設置運営委託を受けている飲食店の縮小に伴い、同場所を間借りし自社商品のテイクアウト販売を行う。さらに、2022年4月より自社運営となる店舗の一部を縮小し、セントラルキッチンの設置を行う。
本格的体験のできる高級民泊とプライベートレストラン事業民泊建設のノウハウを生かして、「民泊事業(本格的体験プラン含む)」及び「プライベートレストラン事業」(民泊施設を活用してシェフが眼の前で調理し、それを家族・友人だけで楽しめる)に参入致します。
ビュッフェスタイルからの脱却!安心・安全の半個室型健康食レストランへの業態転換!スーパー銭湯内にあるビュッフェスタイルのレストランが苦戦している。理由はコロナ感染の恐れがあるため。感染対策を主に、個室/高級/健康をキーワードとしたレストランへ業態転換する。
感染症の影響を受けたフレンチレストランが新分野としてデリバリー事業を展開し、社運を賭けて売上を回復する感染症の蔓延によって、消費者は活動の自粛を余儀なくされる中、当フレンチレストランもまた売上の減少の一途をたどっております。そこで社運を賭け、新しい行動様式にも受け入れられやすいデリバリー事業を展開することで、売上の回復・向上に取り組みます。
『創業者を育成して大阪の食文化を守る』シェアレストラン運営への転換計画新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大阪の多くの飲食店が苦境に立たされている中、当社が今までにない『シェアレストラン』という同時に様々なジャンルの料理を提供できるホールや1ブースずつ貸し出せるミニキッチンがある店舗を出店します。その中で、飲食で創業を目指す人材を広く受け入れて多様なメニューを取り揃える飲食店を実現するとともに、これらの人材に対してこれまで当社が蓄積してきたノウハウ提供します。
MONKEYシアターレストラン事業計画独立系映画館と飲食店との融合。既存の配給会社や映画館の影響を受けない自由な発想を活かした劇場運営。上映後に併設されるレストランでのスタッフ等との交流ができる空間の提供。
道の駅農産物直売所及びレストランの経営(いずみ山愛の里)弊社は道の駅事業や野菜の産地直売を行ったことはありませんが、コロナの中で当社のこれまでの業務用卸のビジネスモデルは飲食業界の落ち込みの中、経験を活かせる郊外型ビジネスに挑戦したします。
和泉市庁舎飲食運営事業で地域活性化に貢献するレストラン事業を新展開当社は建築士事務所を営んでいます。新型コロナウィルスの影響で、設計業務が減少し売上高が減少しています。新たに和泉市庁舎でレストラン事業を展開する業態転換を行い、地域社会に大きく貢献し収益をV字回復させます。
サンドイッチ専門店の開店と居心地重視の地元密着型レストランの併設コロナ禍で本業である内装業の売上は落ち込む中、居酒屋の経営経験のある従業員を招き、居酒屋メニューをベースとしたテイクアウト専門サンドイッチ店と地元密着型レストランを開店して、当社の新たな事業の柱とする。
食品関連のインターネット通販事業及びレストラン店頭販売の新構築来場客のみを顧客としたゴルフ場付帯レストランは、コロナ蔓延化では敬遠され経営状況がひっ迫されている。そこで新事業としてレストランで調理した商品および地域商品等をポータル販売サイトとして通販を行う事業と共にサイトと同コンセプトによるレストランの店頭販売の新構築を行う。
ファミリーレストランRIFUKA保有物件をフルリノベーションファミリー層向けのレストラン事業であり、当社の本社事務所の遊休地と地域コミュニティーからの声や意見を取り入れた取り組みである。駅チカかつ幹線道路沿いに面した好立地場所、自社所有であるため家賃が発生しない分リーズナブルな価格で提供することが可能である。
フレンチレストランの業績不振を打破するため、新たにオーベルジュによる宿泊サービスを開始するフレンチレストラン経営で培った料理提供ノウハウを用いて、新たにオーベルジュによる宿泊サービス業への事業転換にチャレンジする。自然環境に恵まれた宿泊施設やこだわり食材でつくる美味しいフランス料理とサービスで、健康をテーマにした食事や癒し・くつろぎ空間を提供する事業を構築する。
生産者とお客様を繋ぐファミリーレストラン事業への挑戦現在、50~60代向けにイタリアンレストランを運営している。コロナで客足が遠のく中、公園一体型施設のテナントとして20~40代女性向けに生産者とお客様を繋ぐファミリーレストランを新展開する。
レストラン事業からソムリエ夫婦の自然派ワインショップへの開拓外食産業の需要低迷により、新規店舗を構えワイン小売業の新事業を立ち上げ、オンラインを活用した接客販売と地域企業の商品とコラボしたワインセットを販売し家飲み需要の新規顧客を獲得する。
蕎麦屋が挑戦する!食とアートのカフェレストラン和モダンな商品力・店舗力・器へのこだわりを活かして、「食とアートの融合」をテーマにカフェ兼ギャラリーという新たなビジネスモデルを構築します。具体的には、古民家を改装した非日常空間で、他社には無い和モダンなスイーツを味わえるアフタヌーンティとこだわり抜いた器類を贅沢に楽しめる空間を創出します。
地域活性化に貢献!道の駅で地産食材を使ったレストランに挑戦!酒処西条で物産品の販売やカフェを通じて地域の魅力を発信してきた弊社が、新設される道の駅レストランで、地元食材をふんだんに使った魅力溢れるメニューを提供し、地産地消の推進や地域経済の活性化に貢献する。
地元食材を活用した移動式レストラン事業地場の食材、特産品を活用した移動式レストランと加工品の製造販売。一般的な移動販売と異なる点は地域活性化を中心においた移動式レストランである。
福岡の貿易商社がチャレンジするヘルシー指向のベトナムレストラン事業日本と中国の貿易を専門として、建材卸売業
大衆酒場から座席を20%削減、本物志向の個室型レストランへ!従来の居酒屋から、店舗改装して席数を20%減、個室を増やし、経験豊富な各国料理のシェフによる本格料理を手頃な価格で提供できる本物志向の個室型レストランへの転換と併せたテイクアウト・デリバリーへの参入
コロナ禍に花と緑の空間を!フラワーカフェ&レストラン事業に挑戦コロナ禍で家族葬など葬儀の規模縮小化に伴い、主力商品である生花祭壇等の売上が減少。解決策として強みである生花や空間デザイン力を活かしフラワーカフェ&レストラン事業に挑戦。売上UPと新規雇用などを見込める。
県内トップクラスのフレンチレストランが併設する星空のコテージ佐賀市で至福のフレンチレストランを経営。コロナ禍では県外からのお客様も激減。絶景のロケーションである鍋島藩の旧別荘地6万平米にグランピングコテージ6棟を建設し、自然景観の中で楽しめるサウナも併設します。レストランとの相乗効果と地域の活性化に繋げます。
阿蘇地域初、里山農家レストランのワイナリー参入事業当社は限界集落の更に奥まった僻地に位置しながら、自社農園で栽培した有機野菜や、地域で捕獲されるジビエ肉を用いて作られる料理、そして、それらに合うナチュールワインには定評があり、2時間離れた熊本市内から、わざわざ来店いただく顧客も多い。

本事業では、自社で育てたワイン用ぶどうを用いてワインを醸造・販売を行う「ワイナリー事業」に参入する

阿蘇のオーガニック野菜を使ったイタリアンレストランを運営既存の宿施設の一部を改修し、レストランスペースにして、阿蘇の大自然に育まれたオーガニック野菜を使ったイタリアンレストランを運営。
本格イタリアンレストランが作るジェラートの開発と、ECを活用した新規顧客の獲得本事業では、沖縄県の石垣島にある本格イタリアンレストランの新商品として、イタリアの伝統的なスイーツのジェラートを開発し、非接触効果の高いECサイトを整備し、島内外の新規顧客獲得を目指す。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「レストラン」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事