事業再構築補助金

事業再構築補助金成長枠で電子部品製造業は対象事業!採択事例を紹介

事業再構築補助金成長枠で電子部品製造業は対象事業!採択事例を紹介

事業再構築補助金の成長枠では通常枠とは異なり、新たな事業が市場規模が拡大しているまたは拡大する見込みの事業のみと限定されています。
事業再構築補助金のホームページの中で「成長枠の対象業種・業態の指定について」が公開されており、原則としてこの中から事業を選択する必要あります。
今回は成長枠の対象事業の一つである「電子部品製造業」について解説していきます。

電子部品製造業とは?事業再構築補助金成長枠の対象!

電子部品製造業は事業再構築補助金の成長枠の対象事業です。
電子部品製造業は主として下記の事業が対象となっています。

  • 2821 抵抗器・コンデンサ・変成器・複合部品製造業 ・・主として抵抗器,コンデンサ,変成器及び複合部品(回路の標準化に適合させるため,従来の抵抗器,コンデンサなどの個別部品を一体化したもの)を製造する事業
  • 2822 音響部品・磁気ヘッド・小形モータ製造業 ・・主としてスピーカ,マイクロホン,ヘッドホンなどの部品,磁気ヘッド及び,小形モータ(入力電力3ワット未満のもの)を製造する事業
  • 2823 コネクタ・スイッチ・リレー製造業 ・・主としてコネクタ,スイッチ及びリレーを製造する事業

電子部品製造業の代表的な事業テーマ

ソニーやパナソニックなどの大手企業が強い電子部品ではありますが、ニッチ産業に取り組むことで十分な部品製造がメインとなってくるかと思います。
代表的な事業テーマは下記の通り。

2821 抵抗器・コンデンサ・変成器・複合部品製造業

  • 高性能・低コストの複合部品の開発
  • 環境に優しい材料を用いた部品製造
  • エネルギー効率の高い変成器の研究と開発
  • 小型化・軽量化技術の進化に伴う部品の開発
  • インターネットオブシングス(IoT)や5G通信技術との互換性を持つ部品開発

2822 音響部品・磁気ヘッド・小形モータ製造業

  • 高音質・高性能な音響部品の開発
  • ノイズキャンセリング技術の進化に伴う新製品開発
  • 磁気ヘッドの高密度記録技術の研究と開発
  • 低消費電力・高効率な小形モータの開発
  • スマートデバイスやウェアラブルデバイス向け音響部品・モータの開発

2823 コネクタ・スイッチ・リレー製造業

  • 高速・高性能なコネクタの開発
  • 防水・耐熱性能向上によるスイッチ・リレーの開発
  • 無線通信や光通信に対応したコネクタ開発
  • メンテナンスフリー・長寿命なスイッチ・リレーの開発
  • 自動車や家電製品向けコネクタ・スイッチ・リレーのカスタマイズ開発

電子部品製造業での採択事例

電子部品製造業事業による具体的な採択事例は下記の通り。

事業計画名事業計画概要
コンデンサ関連製品の製造による低炭素社会への貢献コロナ禍の影響で既存事業の工作機械向け製品の受注を失った一方で、自動車の電動化ニーズからコンデンサの需要が増加しています。再構築により電動化自動車の市場に進出し、経営のV字回復と低炭素社会への貢献を目指します。
キャラクター×スマート家電による家電市場への進出当社は、キャラクターのプラスチック製キャラクターグッズを販売している。コロナ下の外出自粛で売上減少しており、大胆な事業再構築として、高付加価値製品のスマート家電(骨伝導イヤホン、ピカチュースピーカー)を自主開発し、ビックカメラと楽天で販売する「新分野展開」に取り組む。
振動板から自社で一貫製造を行うヘッドホン/スピーカー事業浜松市で発明されたスピーカードライバー「WSDD」を用いたヘッドホン/スピーカーを自社で一貫生産し、販売する。WSDDドライバーの製造から、筐体の切削、製品の組み立てまで、すべて自社で行う。
BtoBの家具製作事業から ウッドスピーカー製作事業および無人販売の挑戦現在の事業はBtoBのビジネスで、地場工務店から建具や家具の注文を受けています。新型コロナウイルスの影響で受注件数が減少しているため、個人向けのウッドスピーカー製作を開始し、感染対応型の無人販売所を開始したいです。
高精度加工内製化による次世代コネクタ製造装置へ挑戦当社の新規顧客から次世代携帯コネクタ製造装置の新規引き合いを受けている。現状の設備では狙い度精度を出すことがでない為、高精度フライスを内製化し、社内で一貫生産し顧客の要求にこたえ、新規製造装置への拡販を図る
コネクタ部品成形ノウハウを活かしたスイッチ部品の樹脂成形事業樹脂原材料卸売で築いてきた低コストでの仕入ルートと大手コネクタメーカーとのコネクタ部品成形取引で築いてきた高品質かつ高精度な成形管理技術を活かしてスイッチ部品の樹脂成形事業に参入し、V字回復を目指す。

まとめ

今回は事業再構築補助金の成長枠の対象である電子部品製造業について解説してきました。ポイントをまとめると下記の通り。

  • 電子部品製造業は事業再構築補助金成長枠の対象事業
  • 大手企業が強いため、ニッチ産業への挑戦が重要に
  • ニッチ産業や脱炭素、次世代コネクタなどが代表的な事業テーマ

 

電子部品製造業で事業再構築補助金の申請を考えている方はまず一度ご相談ください。
弊社(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地からオンラインでの打ち合わせが可能となっています。
弊社は事業再構築補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。

 

関連記事