省力化投資補助金

グランピングでの中小企業省力化投資補助金の活用方法を解説!

グランピングでの中小企業省力化投資補助金の活用方法を解説!

2024年度から始める中小企業省力化投資補助金は汎用性が高く、様々な業種で最も活用しやすい補助金の一つといっても過言ではありません。
中小企業省力化投資補助金はカタログの中から選択した製品の導入代金を補助するという内容となります。
今回はグランピング事業者向けに、中小企業省力化投資補助金の活用方法と導入可能な機器を紹介します。

中小企業省力化投資補助金とは

中小企業省力化投資補助金は、人手不足に直面している中小企業がIoTやロボットなどの効果的な汎用製品を導入することで、企業の付加価値や生産性の向上を図ることを目的としています。

公募要領が公開されているため、詳しい内容は公募要領を確認しておくことをおすすめします。

製品カタログに掲載された製品を導入する企業に対して、下記の金額を補助します。

従業員数補助率補助上限額(通常)補助上限額(大幅な賃上げを行う場合)
5人以下1/2200万円300万円以下
6~20人以下1/2500万円750万円以下
21人以上1/21,000万円1,500万円以下

中小企業省力化投資補助金は省力化技術や自動化技術に対する投資が対象とされており、グランピングに使える機器も現時点で公開されています。

中小企業省力化投資補助金はグランピング事業において、最もおすすめできる補助金です。理由は下記の5つ

  • 小規模な事業者でも使いやすい補助金である
  • 採択率が高いことが予想されている
  • 採択率が高い傾向にある補助金としては補助上限金額も高め
  • グランピングに係る機器の複数台の導入が可能
  • 申請手続きがそこまで難しくないことが予想されている

難易度が高い補助金はそれだけ負担も大きい傾向にありますが、中小企業省力化投資補助金は採択社数は令和8年度9月末までで計12万件程度となっており、難易度が低めに設定されることが予想されています。
価格的にも難易度的にもグランピング事業に最も適した補助金であると言えるでしょう。

 

グランピングに活用しやすい製品カタログ一覧

中小企業省力化投資補助金の製品カタログの中から特に、グランピングで活用したい製品は下記の通り。

  • 清掃ロボット
  • 自動チェックイン機
  • 配膳ロボット

具体的に解説していきます。

1. 清掃ロボット

清掃ロボットは、グランピング施設の日常的な清掃業務を自動化することで、手間を大幅に削減することが可能です。

清掃ロボットの内容は下記の通り。

 

 

 

 

 

 

省力化製品カタログ 中小企業省力化投資補助金ホームページ

清掃ロボットはグランピングの清掃業務を代行するロボットです。
清掃はグランピングで必須の業務の一つとなっており、施設の清潔具合が顧客満足度に大きく影響します。
そのため、最も時間がとられやすい業務であり、省力化できることで生産性を高めることができます
通常であれば清掃ロボットは高額になりやすい傾向にありますが、中小企業省力化投資補助金を利用すれば、初期投資を抑えつつ、少額で導入することが可能です。

2. 自動チェックイン機

グランピングで活用できる自動チェックイン機も中小企業省力化投資補助金の対象となります。自動チェックイン機の詳細は下記の通り。

 

省力化製品カタログ 中小企業省力化投資補助金ホームページ

自動チェックイン機の導入は下記のメリットがあります。

  • 24時間対応が可能
  • 多言語対応が可能
  • ゲストの待ち時間削減
  • 非接触による感染症対策体験の提供

 

3. 配膳ロボット

グランピング施設で食事を提供する場合、配膳ロボットの導入も検討余地があるでしょう。

簡単な概要は下記の通り。

省力化製品カタログ 中小企業省力化投資補助金ホームページ

配膳ロボットは下記のメリットがあります。

  • サービスの効率化: 料理や飲み物を自動で運ぶことで、スタッフの負担を軽減。
  • 顧客満足度の向上: 安定したサービス提供が可能になり、顧客満足度が向上。
  • 非接触サービス: 非接触での配膳が可能になり、感染症対策にも有効。

配膳ロボットは現時点でも多数の製品カタログが公開されています。
グランピング施設で食事を提供している事業者やこれから食事を提供しようと考えている事業者は配膳ロボットの導入をぜひ検討してみてください。

グランピングに中小企業省力化投資補助金が適している理由!

ランピングは近年、アウトドア体験を手軽に楽しめる高級キャンプとして人気が急上昇しています。
しかし、グランピング施設の運営には高品質なサービス提供が求められ、労力がかかることが多々あります。
そこで、中小企業省力化投資補助金を活用することで、下記のメリットをグランピング運営にもたらすことができます。

1. 労働力の削減と効率化

グランピング施設は広範囲にわたる清掃や管理が必要であり、人手がかかります。
清掃ロボットや自動チェックイン機の導入により、日常業務を自動化し、スタッフの負担を大幅に軽減することができます。
これにより、限られた人員で効率的に運営を行うことが可能になります。

2. 高品質なサービス提供

自動チェックイン機や配膳ロボットを導入することで、24時間対応や多言語対応が可能になり、ゲストに対して一貫した高品質なサービスを提供できます。
特に、非接触でのサービス提供は感染症対策としても有効であり、安心して利用できる環境を整えることができます。

3. コスト削減

グランピングには初期投資が必要ですが、中小企業省力化投資補助金を活用することで、これらの高価な自動化機器を導入する際の費用負担を軽減できます。
長期的には、労働力の削減と運営効率の向上により、運営コストを大幅に削減することができます。

中小企業省力化投資補助金では複数購入も可能

中小企業省力化投資補助金は機器の複数購入も認められています
中小企業省力化投資補助金のよくある質問の中で下記の通り、複数購入も可能である旨言及されています。

Q:同一省力化製品を複数購入した場合も交付申請可能ですか。
【公募要領 3-3 交付申請】
同一公募回で補助上限額の範囲内での購入である限りにおいて、複数の製品を補助対象として申請を行う
ことができます。また省力化製品販売事業者が複数にまたがる場合においても同様です。

Q:異なる省力化製品を複数購入しても交付申請可能ですか。
【公募要領 3-3 交付申請】
同一公募回で補助上限額の範囲内での購入である限りにおいて、複数の製品を補助対象として申請を行うことができます。また省力化製品販売事業者が複数にまたがる場合においても同様です。

同一省力化製品もさることながら、異なる省力化製品の購入も認められています。
そのため、グランピングの場合、掃除には清掃ロボットを導入して、料理には配膳ロボットを使うといった形での補助金の活用が可能です。
予算がある事業者の方は複数購入も検討してみることをおすすめします。

まとめ

今回はグランピングでの中小企業省力化投資補助金の活用方法について解説してきました。
ポイントは下記の通り。

  • 中小企業省力化投資補助金は、グランピングに有効な補助金
  • 労働力の削減だけではなく、サービス品質の向上やコスト削減も期待できる
  • 清掃ロボット、配膳ロボット、自動チェックイン機などの導入が補助金の対象
  • 複数の省力化製品の購入が可能

 

 

弊社(CPA)では、中小企業省力化投資補助金のご相談を随時承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

このほか、弊社では事業再構築補助金・大規模成長投資補助金やものづくり補助金などの補助金サポートの実績が豊富にあります。気になることがありましたら、まずお気軽にご相談いただければと思います。

カタログ登録を検討されている販売代理店様、製造事業者様、交付申請を検討されている中小企業・個人事業主様からのお問い合わせをお待ちしております。

中小企業省力化投資補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。
ものづくり補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。
事業再構築補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。

関連記事
お電話でのお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでのお問い合わせはこちら