省力化投資補助金

飲食店の清掃の大変さと清掃ロボット導入のメリットについて

飲食店の清掃の大変さと清掃ロボット導入のメリットについて

飲食店の清掃業務が大変な理由

飲食店を経営する上で、清掃業務は欠かせない重要な作業ですが、その負担は非常に大きいものです。ここでは、飲食店で清掃が大変な理由を具体的にご紹介します。

1. 手順が細かいので慣れるまでが大変

飲食店の清掃には、さまざまな細かい手順が含まれます。テーブルや椅子の拭き掃除、床のモップ掛け、キッチンやトイレの清掃など、各エリアごとに異なる手順が求められます。新しく入ったスタッフがこれらの手順に慣れるまでには時間がかかり、経験豊富なスタッフのサポートが必要となります。手順を誤ると、衛生面に問題が生じる可能性があるため、慎重に行う必要があります。

2. 限られた時間内で清掃完了を求められる

清掃業務は通常、開店前や閉店後の限られた時間内で完了させる必要があります。特にランチタイムやディナータイムの間に行う場合、限られた時間内で迅速かつ効率的に清掃を終わらせなければなりません。これはスタッフにとって大きなプレッシャーとなり、焦りからミスが発生することもあります。

3. 体を使うので肉体的な疲れがある

清掃業務は肉体的にハードです。モップ掛けやテーブルの移動、床の掃除など、体を使う作業が多く、長時間の作業は疲労を引き起こします。特に、腰痛や関節痛を抱えるスタッフにとっては負担が大きく、健康面でのリスクもあります。

4. ひどい汚れやゴミが多いと精神的にきつい

清掃を行う中で、ひどい汚れや大量のゴミに直面することも少なくありません。これらの清掃は時間がかかるだけでなく、精神的な負担も大きくなります。特に、汚れがひどい場合やお客様のマナーが悪い場合、スタッフのモチベーションが低下することもあります。

5. 開店前、早朝や深夜など、慣れないときつい時間帯の仕事がある

清掃業務は開店前の早朝や閉店後の深夜に行われることが多いため、慣れない時間帯での作業はスタッフにとって大きな負担となります。特に、夜間勤務や早朝勤務が続くと、生活リズムが崩れ、体調を崩す原因にもなります。

中小企業省力化補助金を活用した清掃ロボットの導入

このように、飲食店の清掃業務は多くの負担を伴いますが、そこで役立つのが清掃ロボットです。特に、中小企業省力化補助金を活用することで、清掃ロボットの導入コストを大幅に抑えることができます。

中小企業省力化補助金とは

中小企業省力化補助金は、IoTやロボットなどの付加価値額向上や生産性向上に効果的な汎用製品を「製品カタログ」から選択・導入することで、中小企業等の付加価値や生産性の向上、さらには賃上げにつなげることを目的とした補助金です。この補助金を活用することで、清掃ロボットの導入にかかる初期費用を大幅に削減することができます。

清掃ロボット導入のメリット

1.清掃業務の効率化

清掃ロボットは、自動で店舗内の清掃を行うため、従業員の負担を大幅に軽減します。特に、床の掃除やモップ掛けなどの時間のかかる作業を自動化できるため、清掃時間の短縮が可能です。

2.一貫した清掃品質

清掃ロボットはプログラムに従って清掃を行うため、一貫した清掃品質を維持することができます。人手による清掃では見落としがちな部分も、ロボットなら確実に清掃することができます。

3.人件費の削減

清掃業務の一部をロボットに任せることで、清掃スタッフの人数を減らすことができ、人件費の削減にもつながります。これにより、経営コストを抑えることが可能です。

4.スタッフの満足度向上

清掃ロボットの導入により、従業員は清掃にかかる時間を他の業務に充てることができるため、業務の多様化やスキルアップにつながります。また、肉体的な負担が軽減されることで、従業員の満足度も向上します。

補助金申請の流れ

1.「公募要領」にて、補助金制度の概要、対象経費、スケジュール、補助対象事業者に該当するかなどを確認

まずは、「公募要領」を確認し、補助金制度の概要や対象経費、スケジュール、補助対象事業者に該当するかなどをチェックします。これにより、自分の店舗が補助金の対象となるかを判断します。

2.gBizIDプライムアカウントの取得

補助金申請は電子申請で行うため、事前にgBizIDプライムアカウントを取得する必要があります。まだgBizIDをお持ちでない方やプライムアカウントではない方は、「gBizID」を取得してください。

3.「製品カタログ」からご希望の対象製品を選ぶ

次に、「製品カタログ」から希望する対象製品を選びます。対象製品の詳細ページに記載されている「販売事業者一覧」より販売事業者を選定し、掲載されているサポート窓口電話番号もしくはサポート窓口メールアドレス宛に連絡します。

4.補助金申請は製品の販売事業者と共同で申請

補助金申請には、製品の販売事業者と共同で事業計画を策定する必要があります。中小企業等と販売事業者は共同事業実施者として、公募期間内に販売事業者と共に申請受付システムで申請を行います。

まとめ

飲食店の清掃業務は非常に大変であり、従業員の負担を軽減するための対策が求められます。清掃ロボットの導入は、清掃業務の効率化や品質向上、人件費削減に大きく貢献します。さらに、中小企業省力化補助金を活用することで、導入コストを抑えながら最新のテクノロジーを取り入れることができます。

清掃ロボットの導入を検討している飲食店経営者の皆様は、ぜひ補助金の活用を考えてみてください。

 

補助金を利用して機器・製品を購入されたい中小企業者様へ

本補助金を活用して機器や製品(省力化製品)を購入されたい中小企業者様、個人事業主様について、補助金の申請サポートやアドバイス、採択後の交付申請事業実績報告(事業実施効果報告)の提出等、補助金が入金されるまでワンストップでサポートを行わせていただきます。

弊社では事業再構築補助金やものづくり補助金などの補助金サポートの実績が豊富にあります。気になることがありましたら、まずお気軽にご相談いただければと思います。

中小企業省力化投資補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。
ものづくり補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。
事業再構築補助金の申請代行サポートについては、こちらよりご相談ください。

 

関連記事
お電話でのお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでのお問い合わせはこちら