事業再構築補助金

「焼肉」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

「焼肉」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

今回は「焼肉」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

世の中には様々な美味しい食文化があります。
その中の一つに「焼肉」が挙げられます。

お肉を焼き、タレなどにつけて食べる。調理工程はシンプルながらも、その美味しさは格別ですね。「焼肉が嫌いな人はいない」といっても過言ではないと思います。それぐらい美味しいですね。今までは複数人で焼肉をすることが一般的ではありましたが、最近では「ひとり焼肉」というのも流行っていますね。
ひとりで食べても複数人で食べても美味しいものは美味しいですね。

新型コロナ以降、飲食店は一時的に閉店を余儀なくされることもあり、大きな打撃を受けましたが、焼き肉店は元々、部屋の「換気」を徹底する業態であったことも功を奏し、アフターコロナでも成長の見込まれるジャンルの1つと言えます。

これから、「焼肉」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
地元の「一番」を目指して!既存飲食事業のノウハウを活かした焼肉店への新分野展開外出自粛や休業・時短要請等により、売上のおよそ半分を占めていた外食部門の売上が激減。換気が良く、感染リスクが比較的低いと言われる焼肉店の出店と、精肉のテイクアウト販売を行うことにより、これからの顧客ニーズ、withコロナに対応した新分野展開を行う。
安心して楽しめるセルフ、個室焼肉店コロナ渦において宴会自粛、営業時間の短縮の影響を受けて、売り上げの減少。「個室はありませんか?」との問い合わせが急増したが、当店には個室はなく対応できなかった。この度このような声に応えるべく既存店舗の横に焼き肉店を建設。非接型のセルフ焼き肉店を開店する。定員との接触も極力減らし、ドリンクもセルフサービスにすることで感染のリスクを下げながら家族、同じ会社の人などと料理を楽しめる
居酒屋のピザ店・焼肉店への転換と生産性向上によるコロナ禍対応居酒屋8店を経営していたが大打撃を受け4店まで縮小した。このうち1店をお酒メインでない個室焼肉店とテイクアウトもできるピザレストランへ改装、生産性向上の取組みも行い人手不足に対応しコロナからのV字回復を図る。
焼肉店の新規展開による事業再構築計画札幌市内で海鮮居酒屋及びうどん店を5店舗経営、千歳市でフランチャイズ2店舗をしているが、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅減少。『サッポロビール』からの推薦をいただき、今後の継続した成長が可能な事業を構築するために、コロナ禍においても好調な焼肉店を新たに出店する。
焼肉店ノウハウを活かした都市型グランピング事業の開始当社は、北海道札幌市を中心に民間施設向け各種工事を行っているが、新型コロナウイルスの拡大により経営が厳しくなっている。そこで、当社の系列会社が運営している焼肉店近くで、新たにグランピング事業を行う。
Withコロナ、afterコロナを見据えた非接触型焼肉店コロナ影響により業績が悪化している王将「仙台中田店」に代わる収益源として、女性消費者・ロードサイド需要の取り込み可能、かつ非接触型注文・セルフサービスに対応した店舗である「韓丼」の運営を開始します。
現有の経営資源を最大活用し、地域に根差した焼肉店の開業当店こだわりの食材、お客様との関係性と地域における「たくぞう」ブランドを活かし、現有資源である店舗を改装、昼はラーメン店、夜は焼肉店となる複合的な飲食店を開業し、コロナによる経営リスクを回避します。
焼肉店から発信する地域住民の健康支援への取組み ―ノーマライゼーションの実現を目指して―高齢者や近隣に点在するリハビリテーション施設の患者をターゲットに、バリアフリー化や配膳ロボットの導入によりこれまでになかった新たなコンセプトの焼肉店を創出し、地域住民の健康支援につなげる一端を担う。
エモーショナルで特別な空間を提供する高級焼肉店への転換リサイクル業、やきとり屋を運営している中で培った経営資源の人材や、やきとり屋のノウハウを使って、神戸牛をメインとした感性を刺激する盛り付けやサービスで、特別な時間と空間を提供する高級焼肉店への業種転換を目指す。
「近所でグランピングスタイル焼肉! テイクアウト・デリバリもできる本場韓国料理店」昨今の韓流ブーム・グランピング・焼肉の人気!弊社のこれまでのノウハウと社長及び取締役の飲食店職務経験におけるノウハウを合わせることで、新たな主力事業として飲食事業を確立することができると判断致しました。本事業を行うことで、周辺地域の経済の活性化・雇用の促進・低迷している商店会の活性化をもたらすことができ、地域貢献につながると考えております。
ホルモン焼肉事業西葛西にホルモン焼肉店を新設・運営します。

区内で最も人口が多い当地で、強みである食材の仕入れと関連業態との連携を活かしてデリバリーやテイクアウトを含む近隣住民の日常使いに最適な、コストパフォーマンスの高い焼肉店を目指します。

新型コロナウイルスによる居酒屋事業売上低下に対応するための焼肉事業進出本事業ではコロナウイルスで業績が悪化している居酒屋事業(7651:酒場、ビアホール)から、焼肉店事業(7625:焼肉店)への転換を行う。
「焼肉事業」と「テイクアウト営業・EC販売」並行立ち上げによる売上の最大限化新型コロナウイルス対策として、換気面に優れた焼肉事業に並行し、コロナ禍に有用なテイクアウト事業・EC販売を安定させながらシナジー効果を発揮し、売り上げの最大限化を図っていきます。
高級宮崎牛を手ごろな価格で提供できる焼肉事業飲食業の中でも、コロナウイルスの感染リスクが低いとされ、デリバリー対応を含め、ランチタイムも夜も集客が見込める事業として焼肉店を開業する。「宮崎牛」の独自仕入れルートを強みに高級焼肉事業の展開をはかる。
「和食技法×焼肉×地産地消」強みを活かした独自の焼肉店への業態転換!当社の強みである和食技法を活かした焼肉メニューの提供。

強力な排煙・換気設備を完備。埼玉県産のブランド牛『深谷牛』など地産地消にこだわった食材を使用。当社においては初めて焼肉店業態を展開する。

自社仕入れ力を活かした焼肉店への挑戦:顧客の声と産地を繋いで三方良し売上回復とさらなる会社の成長のために新規事業に進出します。当社の強みである仕入れ力と人的資本を活かし家族連れを対象とした焼肉食べ放題店を出店、顧客と産地を繋いで当社の理念を実現する事業にします。
ECサイト・冷凍自販機市場への挑戦!老舗焼肉店の味を全国へ課題は新型コロナで下落した売上の回復、ポストコロナ社会への対応力獲得。解決策は冷凍食品の生産、ECサイト・冷凍自販機市場への投入。効果は新規事業による販路拡大、既存事業とのシナジーによる売上拡大です。
中華料理屋の強みを活かして、withコロナ時代でも生き抜く焼肉店へ!酒で利益を得る既存のビジネスモデルから脱却し、本格中華×焼肉の他社では真似できないメニュー構成やテイクアウトなど新たな販路の開拓、十分な感染対策を武器に、「選択と集中」により、新業態へ取り組む
感染症が流行しても安心して外食できる焼肉店への参入洋風居酒屋を運営しているが、換気の徹底によりコロナ感染リスクが低く、外食産業の中で売上が好調な業態である、焼肉店を新たに開業する。また焼肉店をきっかけにして、複数ジャンルでの多店舗展開に着手する。
アメリカ肉料理専門店が行う焼肉店出店に係る事業再構築アメリカ肉料理専門店が行う焼肉店の出店。ジビエ料理×地場野菜×地場クラフトビール・地酒を提供可能な独自性のある焼肉店を出店し、10年以上続く既存事業の地盤でもある神奈川県内のターミナル駅の駅近物件で視認性を高め新たな柱事業の構築を実現する。
『ハンバーガーチェーンから 仙台ホルモン焼肉屋への新分野展開』 〜思い切った挑戦で地域密着経営を目指す〜仙台発祥で全国に広がりつつあるホルモン焼肉屋の経営。客単価3,000円の空白市場・幅広い世代をターゲットとした焼肉屋をオープン。
日本未上陸の”粉焼肉”料理店進出で事業再構築に挑戦不動産仲介事業の経常損失から脱却するため、レストラン経営経験や中国人経営者とのネットワークを活かして焼肉料理店経営に進出。日本未上陸の”粉焼肉””火鍋焼肉“を武器に、新規顧客の獲得と事業の多角化を図る。
黒毛和牛一頭買いによる焼肉店進出で売上V字回復化黒毛和牛一頭買いグループへの加入引き合いを機に、高品質な和牛をお客様へ提供することで売上のV字回復を目指す。自由度の低いショッピングモール内の既存事業とは異なる収益の柱を作り事業の安定化を図る。
コロナ禍での新分野展開、建設業から高級焼肉店への挑戦当社は建設事業者であるが、コロナ禍の影響が建設業にも及ぶようになり受注減少の影響が著しいなか、飲食店事業に新規で取り組んでいく。コロナ禍の長期化により、換気が出来る焼肉店をおこなう。
焼肉店の強みと機会を活かした食肉販売業への進出(新分野展開)既存の焼肉店で仕入れている国産黒毛和牛の焼肉・すき焼き・しゃぶしゃぶセットやハンバーグを開発し、テイクアウトやふるさと納税で消費者に直接販売する食肉販売業を開始し、思い切った大胆な事業の再構築を図る。
和牛焼肉と韓国料理の無人自動販売機による高生産性事業の構築Withコロナ・Afterコロナを見据え、弊社の強み(商品力)と新技術(冷凍自動販売機)を組み合わせ、24時間いつでも美味しい食事を非接触型で消費者に届けることで、販売窓口の多様化(マルチチャネル販売)を実現でき、リスクが分散され企業体制の強化を図りつつ、新たな売上を確保することで、弊社の事業再構築を進めていきます。
老舗焼肉店の復活を目指して。個室で愉しむ高級焼肉店経営への挑戦地域に愛されながら閉店となった老舗焼肉店舗を活かし、新規に高級焼肉店経営に参入する。コロナ禍でも安心して利用出来る個室提供、非接触システムの導入、厳選した良質のお肉に拘り、近隣の競合他社との差別化を図る。
地産地消恩返し焼肉店舗事業信州産の食材を中心に販売する和牛焼肉店舗の出店計画です。店舗は古民家風の建物です、古民家風バーカウンターも設置し、中庭を見ながらくつろげる空間も演出、団体客様対応の掘りごたつ式お座敷、無煙ロースター、炭火焼を選択できるテーブル席も用意します。古民家リノベーションで、地域の古民家空き家対策としてのモデル店舗を目指します。
再現不能の「秘伝のタレ」で、まちを元気にする大衆焼肉店に挑戦します外食において「安心感と贅沢感」を求める地元客、そして若年層やファミリー層をターゲットとして、リピート率100%の老舗焼肉店とFC契約を交わして「郊外型焼肉店」を運営します。
EC販売の拡充を見据えた高級焼肉ブランドの立ち上げコロナ禍や仕入れ食材の高騰を受けて、高価格帯食品を強化し危機脱却を図る。既存事業とは異なるブランドで高級焼肉店を立ち上げ、高価格帯路線の認知度を上げてEC販売を拡充する。
洋食店経験を活かした創作焼肉店の出店計画既存事業は岐阜県多治見市で12年間営む。また同飲食店以外にもスーパー銭湯内の飲食店を2店経営していたが、新型コロナの感染拡大により洋食店の来店客及びスーパー銭湯内の飲食店の利用者が大幅に減少し、内一店は閉店。予てより構想していた焼肉店の事業再構築を計画。焼き肉店は飲食店の中でもコロナ禍の影響を受けにくい業態であり、これまでの事業経験を活かし、北海道の国産和牛を活用した小回りの利く創作焼肉店を開店す
不動産業・食肉卸売業の経験を活かし、焼肉事業へ進出!居酒屋を中心に食肉卸売業を行なってきたが、コロナにより売上が減少した。卸売業で培った目利き力、仕入れ力を活かし、地元岐阜県産のブランド牛を中心に高品質の焼肉をリーズナブルに提供する。
老舗食肉販売店直営だから出来る!新鮮・安心・お手ごろ価格の国産焼肉店で再構築!老舗食肉販売店の既存リソースを活かし、新鮮・安心・お手ごろ価格の国産焼肉店を始めます。また販売店では惣菜部門を新設し、出来立ての食肉調理惣菜を提供するとともに無人販売所でも惣菜の販売を行います。
周辺環境の強みを活かしたオリジナル高級焼肉店「焼肉 山翔」の展開静岡県・和歌山県の食材を中心に上質な牛肉と新鮮な海鮮を提供する、これまで静岡市に存在しなかった新しい「高級焼肉店」を新規展開する。
廃棄食材を活用した「焼肉屋さんの牛タンキーマカレー」で食品ロス削減に貢献する!新型コロナウイルスの流行により、弊社は甚大なダメージを受けた。事業継続に向け、廃棄食材を使用した商材を開発し、新たな販売チャネルを創設する。社会的課題解決に寄与するとともに、持続可能なビジネスモデルの構築を目指す。
飲食事業(焼肉店)の強みを活かした「無人販売方式の食肉小売事業」への新分野展開による事業再構築新型コロナ影響で深刻な影響を受けている既存の飲食事業に加え、コロナ前から需要が拡大し、コロナ影響でさらに市場が拡大している食肉小売事業に進出することで、業績のV字回復と、持続的な成長を目指す計画である。
DX食券機と配膳ロボットによるとろろ炭火焼肉定食店の新事業計画競争の激しい運送業界のなかでコロナ禍により既存顧客の発注が打ち切りになった。従業員に調理師免許保持者がおり、外部協力者を得てコンビニ店の空き店舗を改装してDX食券機と配膳ロボットによるとろろ炭火焼肉定食店への業種転換を図る。
老舗焼肉店による本格冷凍焼肉弁当・ギフトの通販事業への挑戦コロナ禍によって、外食のニーズが減少し、内食需要が拡大している。お店の味をお家で味わえる本格的な冷凍焼肉弁当・ギフトを商品化して、ECサイトを中心とした通信販売事業を開始することで、本格焼肉店のメニューを自宅で食べたいという消費者の需要に応える。
特殊洗浄を活かし焼肉網や鉄板レンタル事業への新分野展開当社最大の強みの洗浄技術を活かし、既存取引先の飲食店の中でもコロナ影響の少ない焼肉店で使用する再利用可能な焼肉網や鉄板のリース事業を行う。当社の工場の1つ(稲沢工場)を一部改装し、焼肉網の洗浄に必要な洗浄機を設置する。
完全個室!肉のプロによる地産地消にこだわった、映え焼肉店への事業転換新型コロナウィルスの影響で、既存事業である牛タンしゃぶしゃぶ業態では事業継続が困難となりました。コロナ禍でも堅調な焼肉屋へ業態転換し、アフターコロナを見越してV字回復を図る。
今池の再開発に合わせて焼肉屋開業で今池のファミリーを笑顔に!焼き鳥専門店である当社が、焼肉店を開業し、地域のファミリー層の飲食需要を取り込み、コロナ禍からのV字回復を図る計画です。実施あたっては地元の名店からノウハウ・仕入れルートの提供をいただき、地域で一番おいしい焼肉店を目指します。
大衆居酒屋から鶏焼肉専門店への業態転換感染症の影響を受けにくい焼肉業界に、「鶏焼肉専門店」という独自性を持って進出し、主にファミリー層をターゲットとした店舗運営を実施する。深夜営業やアルコールに依存しなくても良いよう、業務効率化、原価管理を徹底し、収益化を図る。
利用者の安全欲求を満たしながら「コリアンフードも楽しめる」焼肉店当社は飲酒を中心としたダイニングバー・カラオケ店を営む飲食業である。新型コロナウイルスの影響で売上は大打撃を受けた。換気性の高い焼肉店に改装することで集客性を高め、「韓国うなぎ」等のサイドメニューの魅力で差別化を図り、売上の回復を図る。
ダイニングバーのノウハウを活用!高級×ファミリー重視の焼肉店滋賀県東近江市のメインストリートである国道8号線沿いに焼き肉店を開店する。肉は地元近江牛を使いオシャレな内装にこだわることで、高級感を出しつつファミリー層にもおひとり様にも足を運んでもらいやすいお店を目指す。
そうだ焼肉屋に行こう。京都の焼肉店舗と肉ケーキのデリバリーによる新分野展開既存事業の飲食店のノウハウやスタッフ、顧客、取引関係者
焼肉店から韓国大衆居酒屋への成長事業としての新分野展開計画個室型焼肉店を経営する企業による新規成長分野への事業進出。円安影響の大きい焼肉やコロナで2店舗閉店に追いやられたタピオカ店に変わる成長分野として、国産の豚肉を中心とした料理を展開する韓国大衆居酒屋を出店。
協力会社と連携し、老舗人気焼肉店「ホルモン三吉」を復活させる既存塗装業が元請け1社に依存している中、コロナで大打撃を受けている。コロナ禍でも換気が行われ需要がある焼肉店に業種転換する。絶大な人気を誇った「ホルモン三吉」の秘伝タレなどを使用し売上・利益を回復させる
老舗ラウンジがオーガニック食材とDXを取り入れた焼肉店を展開コロナで売上減少する老舗ラウンジが、オーガニック食材メニューとテイクアウトとDXを取入れたWITHコロナ時代を見据えた焼肉店事業を展開し、既存の優良固定客やスタッフの雇用を守り売上回復を図る
アフターコロナでも需要が見込める焼肉店業態の新規出店コロナに強い事業体質を整えるため、既存事業で確立している良質な食肉仕入れルート、ホルモンの下処理技術を活かし、原価率を抑えた効率的な焼肉店の店舗運営を新たに行い、事業再構築を図る。
低単価からの脱却!換気十分!居酒屋店からwithコロナ高級焼肉店への展開コロナ禍により売り上げが激減。アルコール消費が激減したことにより低下した顧客単価を改善すべく、換気設備が充実し、高単価となる高級焼肉店を展開。肉加工25年の職人を採用し、独自仕入ルートでA4以上の高級焼肉を提供する。
アフターコロナに対応する焼肉店の新規展開による事業再構築計画大阪に民泊施設1店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
強みの創作・日本式メニューと感染症対策で笑顔のいきかう焼肉屋コロナの影響により焼鳥屋の売上が大きく減少した上、店舗移転に伴い、従来からの課題であった人手不足が加速。そのため、省人化が図れる焼肉屋に転換することとし、有名シェフと連携して調理スキルで差別化を図る。
焼肉店の精肉屋事業進出による地域の食肉需要への対応焼肉店から鶏肉・豚肉・加工肉等販売の精肉屋事業へ進出を図り、宅配アプリを活用して、幅広い地域住民の様々な食肉需要に対応する。
店舗運営ノウハウを活かして、他業界の焼肉店に業種転換!新たな市場に展開を図る上で当社は焼肉店舗事業に取り組む。これまで、当社としては実績のないサービスであり、課題やリスクは存在するものの、既に人気焼肉店を営む協業先からノウハウの提供をしていただけること、コロナ禍においても影響を受けにくい焼肉市場において、事業再構築を図っていく事業計画である。
焼肉店と精肉店を兼ねた和牛専門店大阪日本橋の黒門市場に和牛を専門とした焼肉店兼精肉店を開店する。仕入れ価格に強みがあるため安価で良質な和牛を店舗で焼肉と提供し、精肉として近隣の飲食店や地域の方にも提供する。
食肉をロスなく提供するべく精肉店と焼肉店・ECサイトでの同時運営食肉の商社とのネットワークを活かして、上質な国産牛の安定仕入れが可能になる。精肉店、焼肉店、精肉のECサイトを同時オープンすることで、食肉をロスなく消費者に提供することを実現する。
自然とテクノロジーが調和した、新しい食事体験を提供する新業態焼肉店コロナ禍で市場環境が大きく変わった“食”市場で、50年以上の歴史を持つ老舗焼肉店が、DXによるサービス提供やアウトドア体験を通じて得られるサービス空間を提供し、従来型の焼肉店業態からの脱却を図る事業です。
創業37年を誇る靴ブランドが鍛えられた企画力を武器に焼肉店に挑戦創業35年を誇る婦人靴、紳士靴製造メーカーである当社が、長年のブランドを創り支えてきた持ち前の企画力で、昭和の味を再現したタレにこだわるなど独自性の高い個性的な焼肉店の運営に全社を賭けて挑む
近江牛を使った「かつめし」「焼肉」の提供と「精肉」の販売日本三大和牛の一つ「近江牛」「黒毛和牛」等を一頭買いし、兵庫県加古川市のご当地グルメ「かつめし」、及びコロナ禍でも好調を維持する焼肉店・精肉販売事業のそれぞれにおいて、サブスクリプションサービスで提供する。
靴の輸入販売業から焼肉店経営に新分野展開する計画コロナ禍で売上が減少している靴の設計・デザイン及び輸入販売事業から、新開地商店街の中に「炭火焼肉〇まる」を設計・デザインして新築し、イタリアンシェフを店長に迎えて焼肉店を営み、地元神戸市の活性化をめざす計画。
「炭火焼肉弁当」「肉寿司」「肉惣菜」を調理販売・配達・通販で販売提供創業から160年間、順調に経営を行ってきたが、新型コロナウイルスの影響により、売上高が大幅に減少し、テイクアウトや通販での需要が急拡大しているため、「焼肉弁当」「肉寿司」を調理販売・配達・通販での販売提供を行うことに決めた。ブランド牛、ブランド米を活かし、近隣住民のみならず、他地域の顧客にも喜んでいただけるサービスを提供したいと考えている
地域の食材を使用した地域活性に繋がる焼肉店コロナ禍により2021年以降売上が減少し、この先も当分の間コロナの終息も目途が立たず先行きが不透明であることから、当社の強みを活かした地元活性に繋がるwithコロナに即した焼肉店にチャレンジする。
焼肉食堂~都市型居酒屋から地域密着型の焼肉事業へ~飲食店、特に居酒屋はコロナの影響が大きく、今後の状況も不透明である中、事業主の飲食業の経験・人脈を活用しながら、新たな分野として、換気の徹底によりコロナの感染リスクが低いとされる焼肉店を新規出店する。
「万葉牛」を全国へ!有名焼肉店によるインターネット通販特化型冷凍精肉事業経営する焼肉店がコロナによる打撃を受けたため、新規設備を導入し冷凍精肉事業に進出します。先端技術を活用した受発注システムを取り入れ、地域企業と共に新たなビジネスモデルの構築に挑戦します。自社遊休スペースや社員の強みを新事業に投入しリソースの最適化を図ります。
コロナ禍の中、本格的焼肉店の味を自宅で楽しめる「焼肉セット」精肉店新型コロナウイルスにより、飲食店の売上が大きく減少したため、自宅でのバーベキューなどの巣ごもり需要の増加に注目。生産者との強固な関係や自社製タレの開発力を中心に食肉小売店へ業種転換し、事業再構築を図る。
日本料理店からの脱却。海鮮焼きも楽しめる焼肉店への事業転換で再始動新型コロナウイルス感染症の影響で、大人数での宴会や会食が激減し、売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店に事業転換し、省人化とDX化で企業の存続を図る
韓流エンターテイメト要素を取り入れた非接触・セルフ式の焼肉事業 in 広島これまで飲食店経営で培ってきたノウハウを生かし、女性グループをターゲットした焼肉店を開店することで、経営の水平型多角化戦略をとる。
『自宅でプチ贅沢』中食・内食需要を満たす 焼肉屋ならではの事業転換!現状飲食店舗のみの運営を行っておりコロナ禍で緊急事態宣言により外食ができず売上が大きく減少しました。その解決策として、中食・内食需要に対してテイクアウトなどを活用し売上が維持できる仕組みを構築します。
コロナ禍をバネに挑戦「焼肉店のDX化」が描くニューノーマルの外食新型コロナウイルスの影響下を打破する為、コロナ禍をバネに「焼肉店のDX化」を進める。DX化することが地域のイノベーションに繫がる。
ビジネス街の韓国伝統家庭料理店から商店街の本場韓国焼肉専門店への事業転換ビジネス街である博多駅前地区の伝統的な大衆向け韓国家庭料理店が、住宅地隣接商店街でバイキング形式の本場韓国焼肉専門店を開店する。
老舗焼肉店の挑戦!麺専門店「麺や慶州」の麺・中食・昼食市場の開拓廃棄肉を有効活用した麺専門店「麺や慶州」をオープン。具体的には、福岡市中央区今泉の自社所有の土地に3階建のテナントを建設し、1F厨房、販売所兼飲食スペース(20席)2F感染症対策対応のイートインスペース(40席)、3F製麺所、セントラルキッチン、材料庫スペースとして使用。店内で自家製麺を製造し出来立ての麺を使った料理を提供。店内での飲食、テイクアウト、デリバリーを行う。
焼肉店を中心とした新たな事業モデルの構築新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けた都市部に立地する居酒屋店が、同影響下でも比較的事業実績の好調な焼肉店を、特徴ある営業スタイルで行い経営の安定化を狙う。
焼肉店事業(店内飲食)から自慢のキムチを活かした製造業への進出による経営の多角化これまでの店内飲食に依存した経営体制から、強み(人気商品)を活かした食品製造業への転換を図る。対象市場を拡大するため、商品の大量生産が可能となる設備・機器を導入し、他業者を通じた広域的な販売を行う。「取引先・地域・当店の三方よし」となる経営の実現を目指し、当店の事業を再構築する。
別府名物”温泉”と”焼肉”を同時提供する民泊への進出本補助事業は、焼肉店が民泊業に進出する取り組みである。強みである選び抜いた焼肉を温泉と宿泊部屋がある最高の環境で味わっていただき別府ならではの贅沢な民泊体験を提供する。
感染対策を徹底した全卓サワーサーバー付き焼肉店事業への転換新型コロナの影響を受けているイタリアンバルの運営から撤退し、全卓にサワーサーバーとタッチパネルが完備されており、徹底した感染対策と省人化を実現した焼肉店の運営へ事業転換し、自社の事業再構築を図る。
新しい生活様式に対応した焼肉の無人販売機によるテイクアウト事業の構築焼肉や冷麺等のバラエティーに富んだメニューを冷凍加工し、無人販売機による非対面方式にて販売を行う。複数台の無人販売機を設置することで多彩な商品を提供し、計画5年次の無人販売機売上構成比11.2%を目指す。
精肉店直営のファミリー向け「炭火焼肉店」開店による事業再構築長年の食肉小売業の経営で培った精肉の知識と安定した仕入ルートを活用し、豊後高田市の中心市街地に焼肉店を新たに開店する。既存事業においては提供しない希少部位等に肉を細分化し、主要メニューに採り入れ、豊後高田市内では唯一の肉に特化した炭火焼肉店として展開。「老若男女幅広いお客様に、専門的な肉を、より安く」をコンセプトとし、ファミリー層を中心に集客する。
宮崎地鶏を活かす!新しい焼肉スタイルで再構築!レストラン事業を営む当社が、宮崎県産地鶏を提供できる地域唯一の鶏焼肉専門店を新たに出店し、売上利益の回復を図る事業再構築計画。
カフェバーから焼肉店への事業転換で地域の食文化を豊かにするコロナ禍により、3店舗経営するカフェバーの売上が激減している。コロナ禍でも集客が見込める焼肉店の展開で事業再構築を図るとともに、廃れ行く地域の食文化を活性化させる。
感染対策とオペレーションの簡略化を両立する焼肉店への事業転換感染対策とオペレーションの簡略化を両立する焼肉店に事業転換する。既存事業のノウハウや設備を活用して、感染対策を施した設備やサービス、充実したテイクアウトメニューの提供などで差別化を行う。
配膳ロボットを配置した非接触型焼肉店舗への業態転換新型コロナの影響を打破するために配膳ロボットを活用した新業態店舗を作る。客席の配置をロボット仕様にし、徹底的に自動化・IT化を進めて業務を効率化。人材育成にも力を入れてサービスの質を高め、売り上げ・利益拡大を図る
焼肉店の新規展開による事業再構築計画北海道中心に居酒屋など6店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
居酒屋事業から、岩見沢市内最大級の焼肉事業へ事業転換新型コロナウイルス感染症の影響による国民の生活スタイルの変化により、居酒屋の酒類提供を前提とした集客からの脱却を図るために、お客様に安心していただける無煙ロースター完備の焼肉事業に事業再構築する。
『焼肉文化の街オホーツク北見』北見ヤキニクをご家庭にお届け!焼肉の街北見で焼肉店を営む当社がこれまでに培った北見焼肉のノウハウ、知名度を活かし、商工会議所活動で学んだスキルやネットワークをフル活用し、又、デジタルを活用する事により、コロナ禍でも非接触で注文、会計ができるシステムを使い、北海道オホーツク新ブランドとして『北見ヤキニク』の確立を目指します。
焼肉等の肉料理専門店の経営弊社は「串焼きやきとん とんがらし」という居酒屋を経営しております。コロナ禍前は、「宴会」が大きな収益をあげておりましたが、コロナによる営業自粛等により、大打撃を受けました。そこで他の営業の柱として焼肉店の新事業を計画しました。焼肉店は既存店のノウハウを流用でき、かつ既存の仕入先も活用できるうえ、コロナ禍にも強く、新たな顧客層の開拓や高利益率化も期待でき既存店の強みを活かし弱みをカバーするものです
焼肉店の経営資源を活用した通販事業及びシェアスペース事業飲食事業の店舗を活用して以下の2つの事業を実施。①大人焼肉Momoの営業開始前の時間と場所を活用したシェアリングスペース事業。②店舗スペースの一部を改装し、通販・テイクアウト・デリバリーの事業を実施。既存の飲食事業と補助事業の顧客が相互にシナジーを生み出し売上の相乗効果を狙う。
地産地消で生産者と共存共栄 個室で安心。非対面でおもてなしできる焼肉店へ事業転換非対面非接触でのおもてなしをテーマにコロナ禍・アフターコロナに対応した完全個室、少人数対応、地元に根差す焼肉店

地元企業と協力し、地産地消・山形の魅力を発信できる店舗・ECサイトを開設

食肉販売業の許可を取得し、老舗焼肉店の味を全国に届ける事業再構築焼肉店(飲食店)では生肉の販売ができないという課題があるため、専用設備を新設し食肉販売業の許可を取得する。本事業ではコロナ禍でニーズが高まっているテイクアウトや通販に着目し、老舗が選ぶ肉のフルコースを鮮度を保ち全国配送する。
塗装業の強みを活かした「低感染リスク型焼肉店」の開業元請業者からの受注減少により、売上高はコロナ前と比較して85%減少。新事業では、塗装業の強みを活かした焼肉店を開業、焼肉店のプロである事業者と提携し、コロナ対応型の新たなビジネスモデルを構築する。
日本料理がプロデュース、離れ貸し切りの焼肉店の出店コロナ禍で顧客同士の接触も不安視される中、攻めに転じ新たに離れ個室を増築する。貸し切りで有るため多くの収容人数は見込めないが(囲炉裏を囲んだ落ち着いた雰囲気の有る個室で専属スタッフが対応した)<日本料理店の季節の肉料理コース>等の提供で付加価値を付け高単価販売へと大胆に舵を切る新規事業である。
農家が運営する焼肉事業の展開と野菜加工品の開発・販売による6次産業化の推進自社栽培の野菜・米などを活用し、有名焼肉店の店長経験がある社員の経験を活用して新たに焼肉店を運営します。また生姜を使ったジンジャーシロップなど野菜加工品の開発・販売し自社の6次産業化を推進します。
独自の仕入れルートと加工内製化による地域コスパナンバーワンの焼肉店の開発Withコロナ、Afterコロナを見据え、今後の売り上げのⅤ字回復が見込めない居酒屋を補う業態として、独自の仕入れルートと加工内製化によりA4以上の国産牛を安価で提供する地域コスパナンバーワンの焼肉店を開発する
焼肉店から「黒毛和牛A5ランク」カフェレストランへの事業転換コロナ禍において閉店を余儀なくされた焼肉店に代わり、新たにカフェレストランへの事業転換により事業再構築を実現する。「黒毛和牛A5ランク」というコンセプトのもと新メニュー開発を行ない、売上利益向上を図る。
飲み放題卓上サーバー付焼肉店へのFC加盟による飲食事業展開当社はゲーム機器リース等を行っているが、コロナで大打撃を受けたことから、成長市場である焼肉店のFC運営を行う新分野展開を決意した。飲み放題で非接触型の卓上サーバー付き焼肉店という強みで他店と差別化を図る。
焼肉店自慢の黒毛和牛を贅沢に使用した食品のネット販売事業創業半年で経営を軌道に乗せた矢先、コロナ禍に直面し、営業時間の短縮要請や不要不急の外出自粛により売上が激減した。自慢の黒毛和牛を家でも美味しく食べて欲しいという思いから、これまでの仕入れルートや商品力を活かして、肉の冷凍加工製品をインターネット販売することで新たな収益構造を構築する。
居酒屋店の焼肉店への転換事業化現行の海鮮居酒屋を、安定した人気がありコロナ対策のし易い焼肉店への転換を図る。居酒屋開業時に培った独自メニュー開発を活かし、リーズナブルな価格で、高品質な牛肉が出せる、かつ地産地消デザート等のメニュー構成として他店との差別化を図る。これにより」磐田市中心市街地でファミリーの楽しめるお店を目指す。
和食レストランと焼肉店を融合させた新規業態の確立和食レストランに併設されていた、カラオケスペースを換気設備の整った焼肉店として事業転換を行ない、コロナ禍以降の主流となると予測されている飲食店利用の需要を取り込んでいく。
沖縄居酒屋から「沖縄ブランド牛を売りにした焼肉店への事業転換産地から空輸した沖縄食材や三線ライブが楽しめる店として、お客様から15年以上愛されてきた沖縄居酒屋の売上がコロナで激減。起死回生をかけて都内では珍しい沖縄ブランド牛「もとぶ牛」を提供する焼肉店に事業転換し、V字回復を図る。
システム化と衛生に配慮されたFC焼肉店の加入により早期に売上を回復させる新店舗展開プレカットによる食材仕入れ、開店前の人材研修の充実、オーダー時や売上のデジタル管理による業務効率化というFC加入により早期に新業態で出店する。これにより、コロナで飲食時間が早まった新生活に対応させる取り組みである。
都心に立地する高級焼肉店味にこだわりを持つ都内に住む人や働いている人に対し、宮崎のブランド「有田牛」を使った高品質の焼肉を提供し、非日常の幸せな時間を過ごしていただきます。
ジビエ肉の取扱いノウハウで、高級ジンギスカン焼肉店の開店ジビエ肉などの食材取扱いスキルがある強みを活かし、感染リスクが低く東京などで人気の高級ジンギスカン焼肉店を、競合がいない埼玉県熊谷市にて新たに始める。収益源の獲得、地域の経済活性化・雇用確保に繋げる。
高級焼肉弁当「頂極」の事業化による飲食サービスの再構築自社ビルの1階を改装し、「頂極(ちょうごく)」としてブランド化した高級焼肉弁当の受注・製造・販売の拠点を設ける。店舗内に9席程度のカウンター席を設けるとともに、福岡市内外へ高級焼肉弁当の配達を行う。
『大阪の予約困難焼肉店「塩焼さつま」の関東初出店を手掛け、苦境からの脱出』大阪府北新地にて、創業50年を越える老舗焼肉店「塩焼さつま」の関東進出が決定。

代表の白石自身が本店で修業し、東京都中央区銀座にて“塩焼さつま”の関東初出店を弊社が手掛ける。

焼肉弁当とアジア料理お惣菜配食事業本事業は、弊社の主たる業種「飲食サービス業」(大分類M)に該当する居酒屋等の飲食店事業を変更することなく、コロナの影響により店内飲食が難しい高齢者や近隣のファミリー層向けに焼肉お弁当とアジア料理お惣菜の配食事業を新たに開始する「業態転換」事業であり、「緊急事態宣言特別枠」として応募いたします。
万全の換気とテイクアウト・デリバリー販売機能を備えたハラール対応焼肉店の開業店内飲食のみのパキスタン郷土料理レストラン」から、「ハラール対応、コロナ感染症対策換気設備完備・デリバリー・テイクアウト対応の複合型焼肉レストラン」へ転換する。日本国内にはハラール対応の飲食店は希少であり、ムスリムにとってはお店を気軽に使いづらい環境で

あるため、そのような状況を改善していくことが、当社の使命であると考えている。

予約が取れないイタリア料理店のコース焼肉店への新分野展開コロナによる顧客減少を克服するため、既存店ブランドを活かしたイタリアテイストの焼肉店を出店。コロナ感染リスクを怖れるお客様に安心感を与え、既存事業とのシナジー効果を活かした新分野展開を図る。
一人利用がメインで感染症対策を徹底した高級志向焼肉店の展開新型コロナで大打撃を受けているイタリアンバル事業から、非対面・非接触など様々な感染対策を徹底した高級志向の一人利用向け国産和牛焼肉店へと進出し、コロナ禍での市場ニーズを捉え、自社の事業再構築を果たす。
Withコロナを見据えた「無煙一人焼肉店」開業当社は型枠工事等を行ってきたが、感染症の影響により、協業していた得意先の事業撤退など今後の会社運営へのリスクが生じた。当社を改めて見直し、社運を賭けて建設業から飲食サービス業への業種転換を行う。
中華火鍋居酒屋を、他店にはない希少部位、サブメニューを60種類以上そろえた焼肉店への転換現状のバイキング形式の中華火鍋居酒屋店は、コロナ禍の影響で売上が激減した。品揃えの強みを活かして焼肉の希少部位、他店では食べることができないメニューを含む、60種類以上メニューがある焼肉店舗への転換を行う
定食・居酒屋を、バーベキュー施設付き焼肉店に転換し、地域ファミリー層を中心に集客する現状の定食・居酒屋は、コロナ禍の影響で売上が大きく激減した。当店の立地するつくばみらい市のファミリー層や日本在住外国人増加している外部環境を活かし、バーベキュー施設付き焼肉店舗を構え、同地域を中心に集客力の向上を図る。
和牛専門店の技術を生かした、焼肉用食材及びタレ等の焼肉周辺の食料品加工業主に新規、小型焼肉店舗を対象として、枝肉から解体・店舗用にカットされた和牛、タレ、並びに焼肉店向けの総菜の販売。同時に、解体時に出る出荷単位未満の和牛を都心の焼肉店として培った技術力で作成したお弁当のテイクアウト販売
焼肉レストランからステーキレストランへの事業転換による事業再構築補助金当店は新型コロナウイルスの影響で焼き肉店として客足が急減した。そのためコロナ後も顧客が確保出来、当店の独自仕入れルートなどの強みを活用できるステーキレストランに事業転換し店舗を改装、事業再構築を行う。
大倉山初!中華居酒屋から焼肉店へのアフターコロナ店舗の再構築休業中の「中華居酒屋」を改装工事し、「焼肉店」として営業再開します。半個室によりレイアウト変更を行い、換気設備工事及び換気機能を搭載した空調機の設置等により長期にわたる売上の安定化と利益の最大化を図ります。
老舗焼肉店“テレワーク時代”のもみほぐしリラクゼーションサロン“横向きツボ仙人”に挑戦!近隣工業団地への人流激減に苦しむ3代にわたる老舗焼肉店、オンライン事前決済・キャッシュレス非接触決済を携えて、“テレワーク時代”のもみほぐしリラクゼーションサロン“深い指圧・横向きツボ仙人”に挑戦!
新鮮ホルモンと焼肉を提供するネオ大衆ホルモン酒場への業種転換これまで中国国内を対象に焼肉等の飲食コンサルティングを行って参りましたが、この度、日本国内で新たにホルモン焼肉及び酒類の提供を行う焼肉店を新規出店し、焼肉店への業種転換を行います。
既存事業の利を活かした高収益の焼肉店主に宿泊施設の食事や宴会向けの業務用冷凍食品を製造してきた技術力を活かし、低コストで多彩なサービスを提供する焼肉店を始める。地域のニーズを意識して顧客を獲得し、売上増を目指す。
託児サービス付きの焼肉店開業で安心して食事ができる場の創出現在富山駅前で居酒屋を経営しているが、コロナウイルスの影響で売上を下げている。新たに託児サービス付きの焼肉店を開業し子育て世代の方にもゆっくりくつろいでいただける場を提供する。
新商品!?新スタイル!?新サービス!?革新的な焼肉店人口当たりの焼肉店舗数が全国一の石川県において、新商品・新スタイル・新サービスで差別化して優位性を確保。既存事業で対応出来ないターゲットを獲得することでシナジーを創り出す革新的な焼肉店。
デジタル技術を活かした非接触型焼肉店への新分野展開配膳ロボット、タッチパネル式オーダーシステム、QRコード決済等のキャッシュレス決済及び混雑予想AIなどデジタル技術を活かした非接触型の焼肉店を開業し、新たな収益の柱を構築する。
一人焼肉特化型の酒場「さすらいのカンテキ 松本酒場」の運営既存事業であるアニメソングカラオケカフェ&バー「りんくるカフェ」、シューティングバー「G-CODE」に加え、より広い顧客層に支持される一人焼肉事業を同一ビル内にて運営し、新規顧客層を開拓、売上回復、増加を図る。
諏訪大社を絡めた店舗ブランディングで町を元気に!焼肉店への事業転換下諏訪にて「高級感、贅沢感を味わえる焼肉店」をコンセプトに焼肉店を開業し、ラーメン店からの事業転換をします。また町おこしにも繋がるよう、諏訪大社古来の風土である「鹿食免」を生かしたジビエ肉も合わせて提供します。
「ラーメン部門と焼肉部門」の2業態による、コロナに負けないマルチ店舗を自社運営!これまでの店舗管理経験を活かし、コロナ禍でも比較的影響の少なかった「焼肉店」に着目し、管理経験のある「ラーメン店」と掛け合わせた2業態を同一店舗で運営することで、販売管理費を抑えつつリスクヘッジするとともに、自社の経営安定化・雇用安定を目指します。
モバイルシステム導入による定食型焼肉食堂開店及び展開計画新型コロナウイルスの感染症リスクを徹底的に排除するためにモバイルシステムを導入し、短時間、低単価で焼肉を楽しめる定食型焼肉店を開店し展開する計画
食肉加工卸業から和牛焼肉店、国産BBQ食材専門店への進出競争が激化し、さらに新型コロナ感染症の影響で落ち込んでいるホテル・旅館・飲食店等への食肉加工卸業から脱却を図るため、当社が培ってきた地域食肉卸業のノウハウを活かし、消費者と直接取引を行う和牛焼肉店と国産BBQ食材専門店へ進出し、収益の向上を図る。
沼津市初となる高級志向焼肉店開業「負け犬」事業となってしまったアミューズメント事業から、静岡県と沼津市が進める『沼津駅周辺総合整備事業』で今後活性化が見込める沼津駅北エリアの遊休スペースを利用し、沼津市で初となるエグゼクティブ層向け高品質焼肉店を開業する。
食肉加工・卸売会社から焼肉店への垂直型多角化戦略による業種転換現在は食肉の流通加工・卸売をしているが、飲食店の売上減少の影響を強く受けている。補助事業では焼肉店への業種転換を図る。感染対策を徹底した店舗づくりに加え、テイクアウトでの売上獲得を実現する。
焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入事業名:焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入

概要:コロナ禍においてドリンクを主力商品としたバー形態での営業を持続することが困難となった。コロナ禍でも比較的集客を見込める「焼肉屋」へ事業転換をし、ランチタイムには焼肉弁当のテイクアウトを行うことで売上を確保し、事業の継続を図る。

家族のスキル・ノウハウを結集!クルマ好きが集まる焼肉店現在自動車販売業を行う当社が、飲食店の元経営者である父親や親族などを社員として、創業の地かつ焼肉店の集まる中川区高畑に「クルマ好きが集まる焼肉店」を開業し、アフターコロナのV字回復を狙うものです。
地域密着型!ラグジュアリー&リーズナブルな焼肉店への事業転換駅前と比べ地代家賃の安い物件(中村区牛田通 1-17 の物件を契約予定)に移転し、若年層利用向けの高級感のあるラグジュアリーな内外装、またテイクアウト・デリバリーサービスを実施する上でも生産性の高い設備等の確保、HP などの IT を利用した集客ツールの導入し、非接触用メニューを開発・販売することで、地域密着型の焼肉店へ事業転換を実施いたします。
韓国料理店から焼肉店及び中食通販事業への業態転換新型コロナ感染症による緊急事態宣言によって売上が8割減少するなど新型コロナ感染症によって深刻な被害を受けた。そこで、現在2階と3階で運営している店舗事業を3Fに集客しかつ焼肉店に業種転換し、かつ、2Fで韓国料理の物販通販を行う。
居酒屋から焼肉店に事業転換し、さらにテイクアウト強化により差別化を図る。新型コロナの発生以降、客足が戻らず今後の見通しも厳しい居酒屋事業から、飲食店の中では需要回復が見られる焼肉店に事業転換を行う。さらには味付け冷凍肉のテイクアウトも行い、差別化を図る。
製造業の売上減少を革新的な卓上レモンサワー焼肉店で補う雇用継続策自動車向け製造部品がコロナ禍による半導体不足により落ち込みが続く中、革新的な卓上レモンサワー焼肉店を出店することで売上維持と雇用継続に努め、リスク対応力の強化を図る。
「ラーメン×水炊き×焼肉」の提供による新ご当地食文化の発信事業当社は中古車販売事業を主力にしていますが、9年前より愛知県の犬山市でラーメン店も初めています。この度コロナの影響で飲食部門での売上激減を受けて新たに水炊きと焼肉を追加して事業再構築に挑みます。
顧客ニーズを捉えた焼肉および精肉店の運営とグランピング事業による新分野への挑戦飲食店を営む当社が、コロナにより変化した顧客ニーズに対応するため、地元「知多牛」による焼肉および精肉店の運営とグランピング事業の複合的な展開により業績回復を図る事業再構築計画
焼肉店への転換&冷凍松阪牛ハツによるEC市場への展開でV字回復を図る現在は複数の飲食事業を展開しているが、売上が店内飲食に集中している。補助事業では焼肉店への業態転換と冷凍食品製造販売を行う。感染対策を徹底した店舗づくりと、EC市場への進出により、巣ごもり需要獲得を実現する。
焼肉店が営業する女性向けヘアカラー専門店の開業計画している新事業は、ヘアカラー専門の美容室の開業です。

主に白髪染めのニーズに対応した業態で、短時間( 30 分程度)の施術と、リーズナブルな価格帯が支持されている業態で、コロナ禍でも底堅い市場動向が確認されています。

コロナ禍でも国際交流ができる低価格焼肉店の経営京都大学のそばに立地する中国物産店の経営実績とゲストハウス運営のノウハウを活かし、外国人留学生を対象に低価格焼肉店を経営することで、コロナ禍でも国内で国際交流を盛んに行うことができる仕組みを構築する。
無添加・無化調のフローズンフード、焼肉店が手掛ける精肉店精肉店として精肉と地元素材にこだわった無添加・無化調のフローズンフードを製造販売する。店頭とECサイトで販売し、SNSを活用したリアルタイムの宣伝活動で近隣住民と全国のネットユーザーに販路を広げる。
ボディメイクを目指す人のセルフ鶏焼肉の新業態店舗の出店コロナ禍に於いて一般的な飲食業は大きな打撃を受けているが、ジムなどに通いボディメイクを行う人は多く、彼らの要望としてボディメイクを実現する食品へのニーズは高い。当社はボディメイクに効果の高い食材を提供するセルフ焼肉業態を開発し展開することによりV字回復を目指す。
音楽事務所による地域密着の焼肉店への挑戦20年以上に渡り音楽事務所を運営してきたが、コロナ禍によりイベントが減少し売上が減少している。店舗ミュージックなどのコンサル経験を通じて得た知見を元に、同業者とともに地域密着の焼き肉店の開業を計画している。
おもてなしが魅力の焼肉店を新設、店内飲食以外の非接触販路展開接客部分に価値を置き、接客面で差別化の取れたおもてなしが魅力の焼肉店を新設し、店内飲食していただいた人が店内飲食以外のテイクアウト、ECの非接触販路を利用してもらえるビジネスモデルを構築する。
老舗焼肉店が挑む最高級ブランド和牛のオンライン販売事業コロナ禍の影響で拡大する食品通販市場で有利を取るための経営基盤が整備できたことから、満を持してEC販売事業への経営戦略転換に取組み、被害が大きい焼肉店からの新分野展開を図ることで経営のV字回復に挑む。
県内では類をみない大人のデートに使えるお洒落な焼肉店を出店焼肉コンサルの指導を受けながら、お洒落な高級焼肉店を出店します。カップルを主なターゲットとし、他店との差別化を行い、ラウンジとは異なった客層を取り込むことでコロナの影響を低減し売上の向上を目指します。
瓢箪山駅前で人気繁盛店ノウハウを踏襲した焼肉店の多店舗展開を目指す!コロナ禍、バーの店舗運営が厳しくなり、奈良県で3店舗を展開する、人気繁盛焼肉店のノウハウをそのまま駅前賑わう瓢箪山に移殖、自ら保有する人的ネットワークを生かし、地域コミュ二ティの場として、焼肉店の多店舗展開を目指す。
既存のしゃぶしゃぶ事業を縮小し、新分野として焼肉事業に進出する新型コロナの影響を受け、今後も回復が見通しにくい「しゃぶしゃぶ事業」を縮小し、新型コロナウイルス感染症対策に効果的な換気設備を導入することに加え、セルフオーダーシステム導入による非接触サービスを提供することができる焼肉事業に進出する。
大阪府全域を商圏する食肉卸業者の、高コスパ焼肉店への挑戦!今まで、大阪府内全域に良質の食肉を提供する卸売業者として、大きく成長してきた。これまで培った食肉に関する目利きとブランド牛の一頭買い実績を活かして新たに焼肉店への進出を図る。
希少肉提供とデータを活用したサービス提供を行う焼肉店の運営大阪市生野区にて、馬肉のさいぼしなどの希少部位等豊富な肉メニューを揃え、他店にはない値頃感を打ち出し、ファミリー層をメインに、カウンター席で一人でも気軽にご利用可能な焼肉店の運営を行う」
ノンブランドA5・A4ランクの黒毛和牛を、安価・高品質で提供する焼肉店併設精肉店の開業コロナの影響で訪問看護ステーションの売上が落ち込んでいる。そこで、30年間構想を練ってきた、一次卸からノンブランドA5・A4牛肉を買付け、安価で高品質な黒毛和牛を提供する、中高所得層向焼肉店併設精肉店を開業します。
地元希少ブランド牛を使用した焼肉を日本料理店で新規提供する事業弊社の日本料理店で新たに地元希少ブラント牛を使った焼肉を提供することで若者層を取り込む。また、テーブルオーダーシステムや換気システムを導入することで徹底したコロナ感染対策を実現し、コロナの影響を凌駕したV字回復を達成する。
経営のコンサル知識を活かして、犬と入れる焼肉店やドッグカフェ等を開業する計画経営のコンサルティング知識を活かして、犬と入れる焼肉店やカフェ等を含む複合サービス施設を開業し、地域のにぎわい創出を図る。また、既存事業とのシナジー効果を生み出し、コロナの影響を凌駕してV字回復を達成する。
地元飲食店のECを推進するデジタルを活用した次世代型焼肉店舗経営現在のIT事業とは異なる焼肉店の経営を行います。当社の強みであるシステム開発力・集客力を活かした経営を行うとともに、自社構築のECサイトを地元の飲食店へ無償公開し、地域活性化と周辺企業の社食に対する課題解決を行います。
非接触・非対面のモバイルオーダーシステムで、運営を効率化した焼肉店の開店従来店員が行っていた「オーダーを取る」行為を、顧客が自らのスマーフォンから注文してもらうことで、顧客は非接触・非対面で安全に、そして店舗は運営の効率化を期待できるシステムを導入する。このシステムを活用し、感染症の対策の徹底および、より時代にマッチした効率的な運営の焼肉店を実現する。
地元兵庫県の神戸牛・但馬牛を使った焼肉店の新規展開による事業再構築計画神戸市・西宮市にレストランなど5店舗を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。る
飲酒から食事への転換。好立地を活用した高品質一人焼肉屋への新分野展開コロナの影響を大幅に受けた餃子居酒屋を閉店し改装する。人通りが多く、仕事・スポーツジム帰りの方が多い好立地で一人焼肉事業を展開する。感染対策に配慮しつつ、駅近・高回転率・自社加工等を武器に新鮮な肉を提供し、売上のV字回復を狙う計画である。
老舗焼肉店が始める日本庭園付き古⺠家で食べる「肉そば」事業現在焼肉店を運営しているが、既存店舗よりも低単価で誰にでも気軽に来店が可能となる幅広い顧客層向けに古民家を再生した日本艇庭園付き「肉蕎麦屋」を開業する。
サムギョプサルを提供する焼肉店を開業して事業再構築する計画コロナ禍により既存の居酒屋の売上が激減している。コロナ禍で増加した焼肉店需要を獲得すると共に、ファミリー層なども利用可能な焼肉店とすることで顧客の層を広げ、新たな収益を得られる事業を再構築する。
全席個室・半個室化および店内デジタル化で焼肉食べ放題への参入兵庫県神戸市のしゃぶしゃぶ店が、強みである素材調達力や運営ノウハウを活かし、焼肉事業に参入する。全席個室・半個室化や配膳ロボット・モバイルオーダーシステムの導入により、感染対策としゃぶしゃぶ・焼肉食べ放題の提供を両立し、売上をV字回復する計画です。
塩麹を使った溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」の開店既存店舗の客層とは違うファミリー層をメインターゲットとした溶岩鶏焼肉店「焼け石に肉」を開店する。これによりこれまでの居酒屋業態のようなアルコールメインの業態を脱却し、コロナ禍を乗り切る。
ウィズコロナ時代のニーズに沿うレトロモダンな鶏焼肉店安心して来店していただける様に感染症対策を取り入れ、どんな世代にも受け入れられるレトロとモダンを融合した店内で、既存店舗での経験や仕入れルートを活かしリーズナブルな価格で鶏焼肉を提供していく。
セントラルキッチン兼用の焼肉屋のテイクアウトハンバーガーの製造販売セントラルキッチン及びテイクアウト用の販売スペースを設けるとともに、商品製造の過程で生じた端材を用いてハンバーガー製造など、近隣の著名観光地である馬見丘陵公園の野外飲食に適した中食食材を提供する。
宴会場をリニューアルし、焼肉店の運営事業に新規参入する新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の影響を受け、売上が落ちた宴会場の経営を縮小し、新たに焼肉店としてリニューアルする。寿司店経営者である夫の指導助言を受けて経営改善を図り、年商1440万円を目指す。
製造請負会社が飲食業経験の豊富な人員を有効活用し、地域性を生かした焼肉店経営に挑戦!コロナ対策を万全にした、より安心安全な焼肉店の経営に挑戦し、安定した事業経営を図り、従業員の雇用の維持、そして新たな雇用を生み出し、事業の再構築を目指す!
焼肉店から巣ごもり・中食需要を取込むため、食肉小売業への進出コロナ禍による外食自粛の影響で主事業の焼肉店事業の売上減少。本件補助事業はテイクアウト市場の拡大を背景に巣ごもり・中食需要の新規顧客を取り込むために食肉小売業への進出を計画。
トレーニング事業を活用した健康メニューでダイエット・高タンパク焼肉店新設への新分野展開新たに焼肉店を新設して高タンパクでダイエット効果のある料理を売りにしたメニューを提供し、健康志向のお客様を獲得しコロナで落ち込んだトレーニングジムに変わる新たな収益の柱と雇用を生み出します。
「建設業から業種転換しIT技術を駆使した地域共生型の「和牛焼肉専門店」を開業本事業ではIT技術を駆使した地域共生型の本格的「和牛焼肉専門店」を計画している。IT技術として、「サブスク型月額固定料金会員パス」の活用とその仕組みを利用した「わんぱく子供パス」の活用、そしてEC通販システムでの肉の通販を計画している。
倉敷駅前に完全個室の焼肉店オープン【背景】
現状の居酒屋経営では緊急事態宣言等による外出自粛及びお酒提供自粛による多大な影響を受ける
【解決策】
完全個室の焼肉店をオープンすることで3密に完全に対応して外出自粛等の影響下でも売上維持につなげる
居酒屋経営で培った強みを活かした特徴ある焼肉店への事業転換コロナ禍で壊滅的な居酒屋から撤退し、感染症に強い焼肉店に進出する。精肉加工場の開設で低コスト化と熟成肉加工を実現。熟成肉と独自の仕入ルートによる高知産の魚介の品揃えで競合と差別化し、事業を再構築する。
居酒屋による完全個室焼肉店の開設並びに食品物販事業への進出既存店舗の隣地に完全個室焼肉店を開設。当地世羅町中心部に存在しない飲食事業である事、完全個室である事に加え、焼肉店は換気イメージが強く、来店客に安心感の高い飲食事業を行っていく事が可能。また、取扱品目については世羅ワイン、世羅牛等、当地の地産地消に強く貢献する事業である。
山口県初!焼肉用和牛等の自動販売機を活用した販売による事業再構築当社の主要事業である焼肉店において、新型コロナの影響により時短営業等を余儀なくされたなか、既存事業における知名度や強みを生かし、新型コロナ対策にもなる自動販売機を活用した中食市場への対応力強化を図っていく。
焼肉店のノウハウを活かしたテイクアウト専門唐揚げ店への展開当社は、これまで焼肉店の経営で培ったノウハウを活かしてテイクアウト専門唐揚げ店を展開する。テストマーケティングでも反響は大きく、唐揚げに特化することでお店の再起を図る
イノシシ肉の焼肉とデリバリー専門フィットネスフード事業当店を改装し、もともと鍋料理で提供しているイノシシ肉をつかった焼肉メニューを開発・提供する。SMART DELIというフィットネスフードブランドが立ち上がっている。500kcal以下で低カロリー高タンパクなバランスのとれた弁当をデリバリー専門で販売する。デリバリーサービスのUberEats対応地域でないと取引できないため、高松市内に新店舗を構えてスタートする。
美容サービスで培ったおもてなしノウハウと遊休資産を活用した焼肉店事業への挑戦当社は美容室を運営しているが、コロナ禍で売上が大幅に減少した。雇用の維持等を図るため既存事業とは異なる事業に参入する。代表の人脈や既存事業のノウハウと遊休資産の有効活用を検討した結果、飲食業(焼肉店)への業種転換に取り組む。
見る・選ぶ・楽しむ!ONLY ONE「フリースタイル焼肉事業」顧客が自分のペースで自由に焼肉を楽しめる「非日常体験」「レジャー性」要素を含む、個食・少人数外食需要に対応した飲食事業です。「普段家ではできない食事」「非日常を感じる食事体験」といった価値を提供していきます。
新しい生活様式にあった新しい低接触型焼肉店へ新規分野展開飲食店を開している当社はコロナ禍で大きな打撃を受けた。

新しい生活様式に適合した飲食スタイルの構築が急務と判断し、換気性能に優れた焼肉店に、低接触提供スタイルを付加した新業態飲食店へと新分野展開する。

一椿ブランドを活かした海鮮焼×焼肉への新分野展開懐石料理店を縮小し焼肉店を始める。ファミリー層、若年層顧客の取り込みで接待利用の減少という既存事業の課題を解決する。既存設備やノウハウを活かした『海鮮×焼肉店』という強みで競合との差別化を図る。
福岡県筑豊文化と融合した新メニューと「全席個室焼肉」の展開焼肉店の売上改善のために①アフターコロナにおける顧客ニーズである「個室化」への対応、②強みを活かした話題性のある新メニューの開発、が事業課題である。課題解決のために、焼肉店の全席個室化や筑豊文化と融合したとんこつしゃぶしゃぶ鍋を開発、展開し、新規顧客獲得及び客単価向上を図る。
肥育農家の挑戦 佐賀牛とオリジナル人気メニューで地域一番焼肉店開業当社は肥育農家および食肉販売業を営業中。コロナの影響で大きな打撃を受け、既存事業は縮小を伴う効率化を実施中。V字回復策として効率化により生じた余剰リソースと既存の強みを使い当社生産の地元ブランド牛(佐賀牛)推しの焼肉店経営へ進出するものです。
居酒屋から焼肉店への転換、セルフ機器の導入で自動化、非接触化でアフターコロナをフォローするこれまで夜、アルコール提供をメインで行ってきた焼鳥居酒屋の事業を昼夜2部営業として焼肉店へと転換させる。テーブルオーダーシステム、セルフレジ精算機、サラダ・ドリンク・デザートバーを取り入れ食べ放題システムとすることで省人化と非接触業務化を図る。
焼肉屋と卸業がタッグを組み日本一の宮崎牛を手軽に買える精肉店本補助事業では飲食店を経営する弊社と父親の経営する鶏肉専門卸売業のクシマフーズをビジネスパートナーに選択し、事業再構築として2社合同で精肉店の経営を、業種転換による事業再構築を行います。
焼肉専門店が運営する豪快なBBQが 楽しめる能古島グランピング場宮崎牛の焼肉専門店の肉の調達力、メニュー提案力をフル活用した日本一のBBQを強みとし、能古島という福岡の繁華街を商圏に持つ九州屈指の観光島でグランピング場を創設する
焼肉テイクアウト事業による新分野への挑戦焼肉店の店舗運営を営んでいる当社が、コロナにより変化した顧客ニーズに対応するため新たにテイクアウト・キッチンカー事業に参入し業績回復を図っていく事業再構築計画
国産牛の精肉テイクアウトの販売・少人数向け焼肉コーナーの増設地元ファミリー層をターゲットに国産和牛を活用した「あぱらぎのお家で焼き肉セット」等を開発し、リーズナブルな価格でテイクアウト販売を行う。また、店舗の一部を「少人数向け焼き肉スペース」に改装する。
老舗の居酒屋から、家族が賑わう焼肉店への転換夜営業が中心の居酒屋から、ランチタイムとディナー営業を展開可能な焼肉店への転換を行うと共に、換気設備を強化し感染予防対策を取りながら安心して食事を楽しめる環境を提供します。
居酒屋から石垣牛を取り扱う本格的焼肉レストランへの事業転換弊社の居酒屋店舗を全面改装し、石垣牛などの銘柄牛を取り扱う本格焼肉レストランに事業転換を行います。石垣牛は提携食肉加工場から直接仕入れるほか、宮崎牛・鹿児島牛も取り扱います。現在、市内では接待利用やお祝いなどに利用できる焼肉店が少なく、ワンランク上の食材や演出、調理法を用いて差別化をはかります。牛汁などの地元料理を名物にしていきます。そのほか、沖縄アリーナなどと提携して、食のイベントを開催します。
非対面・非接触型の焼肉店へ業態転換し、当社飲食部門の事業再構築を目指す現在当社が運営する焼肉店はオーダー品の受け渡し時など従業員とお客様との接触が多く、新型コロナウイルス感染症対策として近年求められている非対面・非接触型の設備導入が必要となっている。そこで当社の焼肉店を、回転寿司形式でオーダー品を提供する非対面・非接触型の焼肉店へリニューアルし、業態転換と売上向上を目指す。
団体客壊滅!初沖縄和牛食べ比べ焼肉店へ事業転換でⅤ字!IoT化、セントラルキッチン化にh王朝レス、シニア活用での店舗展開「県産和牛食べ比べ」を目玉としイベントを行い、生産者から直接仕入れた協力関係で得た信用で、市場に出ていない希少部位や問屋を挟まない仕入れ値からお手頃価格での商品の提供により、お客様に喜んで頂けるお店で多角化を目指す
宴会主体の炙り居酒屋に地元池田町の肉を使用した本格焼肉を併設コロナ禍で稼働のなくなった当店2階の宴会場を改装し、既存の居酒屋に個室型の焼肉店を併設。希少和牛「いけだ牛」をはじめとした地元の良質な畜産物の提供を通じて、「農畜産業の振興」と「観光事業」にも寄与していく。
居酒屋ノウハウを用いたステーキ炒めし等の溶岩プレート焼肉事業北海道ニセコ町の居酒屋が、地元羊蹄山の溶岩を活用した溶岩プレートで焼肉店を開始する。

居酒屋ノウハウを盛込み、石板ならではのメニューで差別化し、町内で消えゆく焼肉店の存続とフードロス削減を実現する。

地場の食材を活用したアウトドア観光客向け鍋・焼肉セットのデリバリー事業コロナ禍で激変した経済環境に対応するリゾート地でのアウトドア需要をターゲットとし、地場の食材を使った新規制の高いデリバリーサービスを構築することで、企業成長と地域貢献を実現する。
ホテル・ウエディング事業から焼肉店へ主軸を移し、企業再生!ホテル・ウエディング事業がコロナ禍で売上が激減。会社存続のため、青森商圏ではまだまだ少ない焼肉店を新たに始め、コロナ不況からの脱却を図る。
高級焼肉店事業当社経営資源をフル活用して、複数の厳選した岩手ブランド牛を取り扱った高級焼肉店事業を展開する。また、自社ビル所有の優位性を最大限に発揮して、東北初の屋上グランピングBBQを実施し、補助事業の認知度向上と集客力UPを図る。当社経営資源のフル活用によりV字回復を目指す。
ラーメン店が行うウィズコロナ、アフターコロナに対応したテイクアウトが出来る焼肉店の開業コロナ感染対策と外食動機を満たすため、換気機能に優れた設備・非接触機器を用いて、DXを活用しながらお客様の“お腹と心を満たす焼肉店”を開業して、テイクアウト販売も行い、新分野展開を図る。
秋田県初!DXを活用した非接触型「低価格焼肉」への事業転換新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面売上の回復が期待し難い中、ウィズコロナ・ポストコロナに対応すべく、居酒屋・カラオケ併設店舗を地域の人たちが安心して来られる「焼肉」店の業態に事業転換いたします。
カラオケボックスから焼肉チェーン店「牛角」への新分野展開新型コロナウィルスの影響により売上が減少したカラオケボックス3店舗のうち1店舗を、優れた換気機能を完備し全国的にも認知されている焼肉チェーン店「牛角」へ転換し、今いる従業員とともに新分野展開として歩んでいきたい。
老舗精肉の卸問屋が再起を懸ける!焼肉店への新規参入「美味しいお肉を選ぶ」強みを活かし、「地元住民をターゲットとした鶏と豚肉の焼肉店」へ新規参入する事業である。また、コロナ対策(店舗づくり、テイクアウト、ECサイト)で行う大胆な再構築事業
長年の日本料理店の経営で培われたおもてなしの心を土台に ITを活用した非接触型設備を融合させた新しいタイプの焼肉店経営コロナによって壊滅的に打撃を受けた日本料理店が、非接触型ITを導入した焼肉店を新たに開業することで既存従業員の経験(おもてなしの心を持ったスタッフが丁寧な接客、運営をする等)を活かしながら新店舗オープンに伴い新たに人を採用することで付加価値を高めていくという計画
創業50年の本格韓国焼肉店の経営ノウハウを活かした、おしゃれなカフェ業態への進出!当社は今まで、創業50年の本格韓国焼肉店として県内を中心に店舗を展開し、成長を遂げてきた。これまで培った飲食店経営ノウハウや、独自のメニュー開発力を活かして、新たにカフェ分野への進出を図る!
焼肉店がお家で楽しめる焼肉セットをインターネットで販売焼肉店の売上減を補うため、強みである商品力・独自性・顧客リストや過去のテスト販売の経験を活かし、家庭で楽しめる焼肉セットやタレ、ドレッシング等をインターネットで販売し、自社の再構築を達成する。
居酒屋事業から時代のニーズに合ったファミリー・女性向け焼肉店への転換事業新型コロナウイルス感染拡大における国の方針として、お酒の提供を伴う飲食店の休業要請や時短営業要請により、居酒屋業界の売上が低下している中、当社の今後の展望として、『大衆串焼酒場』『串焼びすとろ』2業態の居酒屋事業だけでなく、ファミリーや女性のお客様を中心とした新たなお食事処として新事業の『焼肉店』を展開し、時代のニーズであるセルフオーダーやキャッシュレスシステムを導入し、事業の再構築を計ります。
老舗焼肉店の強みを活かした食肉販売、惣菜製造市場への参入新型コロナウイルス感染症により消失した宴会ニーズ、変化した「新しい生活様式」に対応するため、老舗焼肉店の強みを活かして新たに食肉販売業、惣菜製造業分野への進出を図ります。
老舗焼肉店の味を商品化、販路拡大事業経営の世代交代に伴い味を受け継ぐ中で飲食店事業のみではこの先の展望が見えず、自社の秘伝のキムチ・たれ等の外販事業に進出します。また定評のある当店の肉を冷凍でテイクアウトできる事業も展開します。
「旧き良き昔ながらの焼肉文化の継承」を独自オペレーションで行う新事業展開ホルモン焼きがリーズナブルに楽しめる大衆酒場などを3店舗経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少した。そこで「旧き良き昔ながらの焼肉文化の継承」をコンセプトにコロナ禍においても成長し続けられる事業の柱として、大衆焼肉店を展開する新規事業を構築する。
コロナ禍でも市場成長が見込める東京No1.高級焼肉事業への新分野展開コロナ禍でも市場成長が見込める「焼肉事業」へ進出します。焼肉事業への出店は弊社の創業当時よりの念願であり、渋谷駅徒歩1分の好立地ビル1棟を借り上げ、高級個室焼肉を提供し東京No.1の味、サービスの提供を目指します。
レストラン業態の多店舗展開から焼肉店・和食店への新分野展開コロナ禍で大打撃を受けた洋食業態主体の事業展開から、本事業ではコロナ禍・アフターコロナに強い業態である焼肉店と和食店への新業態の展開を行い新規の需要、新規の顧客を獲得する。立地は当社トップブランド店舗の近くに立地しており相互集客も見込める為、総合的なV字回復を目指す。
郷土料理の居酒屋から新大久保ベースの焼肉・韓国料理を提供します居酒屋のフランチャイズに特化して36年間、事業を展開してきました。現在コロナの影響で居酒屋業界は大打撃を受けています。今までの居酒屋での経験を強みとして、比較的にコロナに強いと言われている焼肉店に事業進出していきます。
たか濱(居酒屋)運営経験からの焼肉店開業の計画仕入れに強みのある太田牛を使用し、『太田牛+a』でお客様に満足いただける焼肉店を経営する。
IT、IoTを取り入れ居酒屋(軽飲食)から焼肉店(重飲食)への再起をかけた戦い既存路面店を活かした、居酒屋店から焼肉店へ事業転換。

換気にもこだわるOpen frontageな店内で明るく開放的な店づくり。

IT、IoTを駆使して年齢層を問わない地域密着型の店舗作りで収益拡大を目指す!

自社ビル遊休スペースを活用した非接触型焼肉事業への進出自社ビルの遊休スペース(1F)を活用して、コロナ禍でも好調な焼肉業態(新分野)に進出。業績が低迷している居酒屋事業の業績を補完し、飲酒主体・食事主体の業態ポートフォリを構築して事業再構築を図ります。
既存アパレル事業の強みを生かした郊外型高級焼肉事業への新分野展開高品質アパレルブランドを展開する当社は、マーケティング・空間設計・店舗運営についてのノウハウを活用し、高級焼肉店経営に挑戦します。既存事業と豊富な個人ネットワークの強みを生かし、他社が模倣困難な優位性を確立します。
ウィズコロナ時代にも集客が見込める新業態「焼肉店」の新規展開コロナ禍で居酒屋業態の売上が大幅減。ウィズコロナでも相対的に安定集客が見込める焼肉業態に地元荻窪で新分野展開。店内を高級と家族向け2エリアに分け、強制換気システム付グリル及び配膳ロボット、非接触型レジ導入により感染対策を徹底し、既存メルマガ会員3万人への周知で集客を図る。
お一人様特化の焼肉店ブランド「焼肉ライク」の運営事業「1人でも気軽に行ける焼肉屋」をコンセプトに自分だけの専用ロースターを1人1台利用することができ、周りの目を気にする事なく自分のペース・好きな焼き加減で、リーズナブルな価格で楽しめる焼肉店の運営事業を行う。
焼肉店からSDGsに配慮した高級食パン店への事業再構築焼肉店を閉店し、高級生食パン店を開店。当社の強みを生かした障がい者就労支援事業を通じ製造部門に障がい者を中心に据える。障がい者に高度な技能を習得させると共にお客様への障がい者理解を深める事業。
老舗精肉店のノウハウを基に直営焼肉店を展開してV字回復を図る取組コロナの影響で飲食店は休業や閉店を余儀なくされおり、飲食店の運営代行を担う当社は契約解約により売上が減少しています。事業譲受した老舗精肉店のノウハウを活用して直営焼肉店を展開して、経営を立て直します。
FC中華料理店から、ホルモン焼き(焼肉)店舗とECサイト販売事業への転換既存事業の早い、安いが売りの中華食堂一番館3店舗が低迷している。ホルモン焼きのメインメニューと既存事業のメニューを活かし40種類以上のサブメニューにより地域ファミリーや日本在住外国人向けに新業態を開発する。
神戸牛+ジビエの焼肉店として歌舞伎町での新たな成長を目指す現在の鶏料理居酒屋を焼肉店に改装し、周辺にはない「神戸牛とジビエ肉」をメインメニューとして提供します。厨房の負担が少なくテーブルごとに喚起できる焼肉店ならではのメリットを生かして周辺のビジネスパーソンが安心して珍しいお肉を楽しめるお店を作ります。
飲食店舗プロデューサーが創る、下町蒲田の情緒あふれる焼肉店渋谷を中心に数多くの繁盛店を手掛けた当社自ら、蒲田に新型コロナ対策を備えつつも下町情緒を備え、地元の活気を生み出す焼肉店を展開します。
老舗焼肉店による豊洲名物”海鮮キムチ”の製造販売当社は、江東区豊洲等で焼肉店を中心に5店舗の飲食店を70年経営しています。今回、新しくキムチ製造工場を立上げ、豊洲名物となる海鮮キムチを製造し、卸売やEC販売を行うことで、経営の安定化を図ります。
コロナ禍でも売上が下がりにくい焼肉店事業の新規展開による事業再構築計画コロナ禍でも売上が下がりにくく、換気等の対策がされた焼肉店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する。
飲食業(焼肉・しゃぶしゃぶ店)から鉄・非鉄金属スクラップ卸売業への転換金属を回収し、金属塊にプレス加工して、金属回収業者へ販売。鉄・非鉄金属スクラップ卸売業は、再生可能資源の需要高まりがあり、コロナ禍のような外部環境の変化の影響を受けにくく、当社の持続可能な事業ポートフォリオの1つになり得る。
和食料理専門店から焼肉店への新分野進出に伴う事業計画コロナの影響により現業の和食料理専門店が大きなマイナスの影響を受けているため、飲食業の中で、コロナ禍でも好調に推移している焼肉店を展開することで、事業の再構築を図るものです。
団体宴会主体の中華料理店から、換気性能が整った3密回避の焼肉店への転換既存店舗を全面改装し、最新技術の導入により人の接触機会を減少させ、換気を徹底した焼肉店へ事業転換を行う。既存の四川料理で培った評判の味やオペレーションなどの強みやノウハウを活かしながら、商圏内の会社員を中心に新しい価値を提供する。
コロナ禍でも安心安全で楽しい劇場型焼肉ホルモン酒場の開店コロナ禍で居酒屋は宴会需要が激減している。そこで、コロナ禍でも底堅い焼肉業態、卓上サーバー設置の劇場型焼肉として絶大な人気を誇る「焼肉ホルモンたけ田」にFC加盟し、居酒屋を焼肉店に転換することで収益回復を図る。
焼肉フランチャイズ店からステーキ店への新分野展開に取り組む既存の焼肉フランチャイズ店はコロナによる夜間の時短営業の影響をうけることから、昼食・夕食の需要が見込め、接客力と仕入力を活かし低コスト運営でコストパフォーマンスが高いステーキ店への新分野展開に取り組む。
コロナ禍で顧客離れが進む居酒屋から日式焼肉店への業態転換当社は首都圏で居酒屋など8店舗を経営していますが、コロナ禍により売上は大幅に減少しています。当面、居酒屋への顧客回復は見込みがたいため、横浜駅近の居酒屋を空調設備に優れ、顧客の需要が旺盛な日式焼肉店に業態を転換します。
100年以上続く老舗食肉の卸売事業から 最高級のお肉を提供する「焼肉屋」へ事業転換明治43年創業の食肉卸売事業から、神奈川県の地元に愛される「焼肉屋」を新たに開業します。食肉卸業を行なってきた弊社だからこそ提供できる最高級のお肉を住民の方々に満足して頂ける価格帯で提供します。
ホスピタリティ溢れるコテージで旅行気分と焼肉を味わえる焼肉店当社は建設業を営んできましたが、コロナの影響で売上が落ち込み、このままでは事業継続が困難になったことから、社員に焼肉店マネージャー経験者がいることの強みを活かし、焼肉店というBtoC事業に進出します。
焼肉店の強みを活かした地域内循環型鹿児島産直マルシェへの挑戦創業41年の焼肉店がミート(肉・会う)ランドを事業化。鹿児島県産黒毛和牛や黒豚など県産食肉と食品残さ循環型堆肥で育てた地元産野菜販売を通じて「食」の地域内循環を実現し、新事業挑戦で安定収益確保をめざす。
焼肉店経営から地域の喫茶店ニーズにこたえる新市場進出当社事業はコロナの影響により見直しを迫られた。本事業では、不動産・飲食分野で培った当社の強みである店舗立地選定、人材育成、専門家との繋がりを活用し、喫茶店市場へ新分野展開することで持続的成長を実現する。
北陸地方に根差した飲食チェーンが、若狭牛をメインとした個室焼肉店を開業する当社は「ビリオン珈琲」を筆頭に、北陸地方に根差し、20年以上にわたり飲食チェーンを展開してきた。そのノウハウを活かし、北陸産食材と若狭牛を楽しめる個室焼肉店・肉の小売販売をスタートさせ、地域の食文化の盛り上げを目指す
withコロナ時代の設備とサービスを備えた焼肉店「シン・鶏研」への事業転換精肉業と居酒屋で培ってきたノウハウを活用し、セルフ式卓上サーバーや非接触型注文設備などコロナ禍でも安心して来店できる設備とサービスを備えた焼肉店へ事業転換し、地域密着の飲食店としてさらなる高みを目指す。
地域密着型焼肉店のフランチャイズ展開を実現するためのセントラルキッチン建設セントラルキッチンを新設し製造力強化を図り、仕入力と加工力(ノウハウ)を活かした「食肉卸売事業」を行います。

「飛騨焼肉・ホルモンぼたん」をフランチャイズパッケージとして食肉卸売市場へ参入。

コロナ渦での非対面主体の焼肉業態への新分野展開25年間営業しているスパゲティー専門店は、コロナ渦で主要な顧客である地域住民、家族客、ビジネスパーソン等の来店頻度が極端に減少し、売上減少に歯止めがかからない。そこで、緊急事態宣言等により死活問題に陥っているスパゲティー専門店の隣地に非接触型飲食の典型(新分野)での事業展開で売上拡大を図ることが事業継続と雇用確保に繋がる。
日本初のテラヘルツ熟成庫で熟成させた飛騨牛焼肉店国際観光地として有名な飛騨高山で、スマホオーダーや席予約もできる最先端技術を導入し、日本初のテラヘルツ波(超遠赤外線)を放つ熟成庫で熟成させた飛騨牛焼肉店の展開を目指す。
焼肉店と新規展開する精肉店との相乗効果による事業再構築事業既存の焼肉店はコロナの影響を大きく受けて売上高が減少する等の影響がある。一方で、ピンチをチャンスに捉えて、新設を予定していたセントラルキッチンを精肉店に鞍替えして事業再構築を図り、焼肉店との相乗効果で売上高を改善させる。
パチンコホールから「安全・空間・熟成肉」にこだわった焼肉店「肉処 奏(かなで)」への業態転換パチンコホール「マックス蘇原店」を閉店・改装し、2022年3月26日に「肉処 奏」をオープンする。「肉処 奏」では安全・空間・熟成肉に徹底的にこだわった運営を行い、競合他社とは差別化された高付加価値なサービスを提供する。
後継者と共に「とりみそ」焼肉店への事業転換で売上拡大昼営業の定食店を閉店・改装しブランド地鶏を用いた「とりみそ」焼肉店を開店する。19歳の長男に一生の仕事となる場を整備し、昼夜2シフト営業と商品力向上で売上・付加価値の拡大と長いお店づくりを行う。
松阪ポークを有効活用した新規焼肉店への内装改修計画コロナ禍であっても市場が伸びている焼肉業界に新規参入するために既存事業も並行して行える内装改修を実施し焼肉店に必要な設備、広告投資を行います。
非対面非接触でサービスを提供する焼肉店への業種転換現在は営業代行事業をしており、コロナ禍で売上が減少している。補助事業では焼肉店への業種転換を図る。感染対策を徹底した店舗づくりと非対面・非接触型サービスに加え、テイクアウトでの売上獲得を目指す。
世界へ日本の味を発信!ハラル認証の焼肉タレの製造業への転換新型コロナウイルスによる出店機会の減少による大幅な売り上げの低下という影響を受け、自社の強みを活かし、店舗の飲食スペースを一部縮小して国際ハラル認証の焼肉とすきやきのタレや冷凍唐揚げを製造しドン・キホーテと連携することで販路を確保して、イスラム教徒の多いマレーシアへ販売し経営基盤の再構築を行います。
安くておいしい!日本三大和牛の米沢牛を個室で愉しむ炭火焼肉コロナ禍で打撃を受けたダイニングバー事業から撤退し、コロナ禍でも人気の焼肉業界に参入する。米沢牛を独自ルートで仕入れることで安価で顧客に提供でき、安心して美味しい肉を楽しめるよう個室中心の完全セパレート型の店舗を展開する。
大人のホルモン焼肉専門店への新規参入ホルモンをはじめとする内臓系を専門とする食品卸売業者が展開する「ホルモンひとすじ」のフランチャイズ加盟店として、ホルモン専門焼き肉店を名古屋市内に出店する。
「中食完全対応」ハイブリッド焼肉店の出店計画!いつでもどこでも焼肉お届け大作戦!飲食店の受託運営という現在の事業から、テイクアウト・ドライブスルー、デリバリー、通販という拡大する“中食市場”のニーズに特化した非対面販売対応型のハイブリッド焼肉店を愛知県稲沢市に出店する。
大衆居酒屋からコロナ禍に対応した地域素材にこだわった焼肉店に転換焼肉店への事業転換は、度重なる新型コロナウィルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言等の発令により、飲食業は類を見ない大きな影響を受け、一律の補償では補いきれないほどの売上げの減少、感染対策費用の増加など倒産寸前である。この苦境を打破するには事業転換は最後で有効な事業計画と考える。
拘りの肉、換気環境で幸せ時間を作る!安心・安全・旨さ100%の焼肉事業居酒屋業態が主体の当社ではコロナ感染症の影響により大幅に売上低下した。従業員も全社で450人在籍しておりウィズコロナでも雇用調整助成金に依存しない自律性のある業態への転換として既存店舗を換気性の高い焼肉業態へ転換する。
地元名産牛近江牛を高コストパフォーマンスで楽しめる非接触型焼肉店近江牛を主体とした地域密着型焼肉店で焼肉市場への新規参入を行います。

地元の名産牛である近江牛を地域に住む方々に食して頂きたいと考え、競合他社より低価格(=手頃な価格)で提供し、お値打ち感(=高付加価値)を演出して顧客層を広め、地産地消を促進し畜産農家の所得回復に貢献していきます。

焼肉店で培ったノウハウと経験を基にした精肉店事業へ進出コロナ禍で焼肉店においても厳しい環境であり、売上が激減した。コロナにより家庭での食事を大事にしたいという消費者の行動変化に着目し、当店の強みと代取の経験を活かして、精肉店事業へ進出し、事業再構築を図る。
焼肉事業のリソースを活かした、ラーメン店営業への事業転換時短営業要請・酒類提供制限などで厳しい状況を強いられている既存の焼肉店営業から、コロナ禍であっても収益性が見込めるラーメン店営業へと、既存の調理ノウハウ・仕入れルート・物件を有効活用しつつ、事業転換する。
焼肉店から朝がゆ・焼鳥・串焼きの複合店の運営及び介護食製造販売へ新分野展開京都府で焼肉店を2店舗経営するがコロナ禍の影響で観光客からの売上が激減した。

JR京都駅前の好立地にある未利用不動産を活用し、幅広い顧客を対象に焼鳥・串焼き店を新規出店する。

合わせて同店で朝食客への朝がゆ提供と、介護食の製造を行う。

観光業のノウハウで、日本での中国人観光客人気ナンバーワン焼肉店を実現「観光業を営んできた経験や接客コンサルジュサービスのノウハウを活かし、中国でのネットワークや中国語による対応で、『日本での中国人観光客人気ナンバーワン焼肉』を大阪天満橋駅徒歩2分の好立地において実現する」
本場韓国の味をリーズナブルな価格で楽しんでいただける韓国風焼肉店の開業既存事業が新型コロナの影響を大きく受け、売上が大幅に減少している中、飲食店ではコロナの影響が少ないと言われている焼肉店を新事業として開始する。代表楊が韓国出身で「韓国の食文化を日本でも広めたい」という想いから今般の取組では、本場韓国を意識した韓国焼肉を提供する。
老舗飲食店を立て直せ!コロナ禍でも成長する焼肉店事業へ業種転換する大打撃を受けている飲食業界の中でも、換気性能の良い焼肉店は成長市場として注目されています。そこで、撤退する老舗焼肉店の設備一式を安く購入。得意とするシステム開発と立地に適したマーケティングで収益化を実現します。
非接触型焼肉店への業種転換当社では新たに焼肉店に業種転換する。非接触型オーダーシステム・換気・除菌に特化した安心・安全を提供できる焼肉店である。
馬肉専門店から「完全個室の焼肉店×働き方改革を応援する個室貸し事業」への転換1棟すべてをビジネス及び家族利用をメインとした完全個室の焼肉店とするとともに、焼肉店の営業時間外にビジネス利用を見込んだ個室貸し事業を展開する。昼食前後に打合せや面談の個室利用、出張後のサテライトオフィスとしての利用など料理×時間×スペースを有効活用したビジネスを展開する。
非接触時代に対応したカウンターのみの一人焼肉店展開事業立ち飲み業態を8年経営して培った、コストパフォーマンスの高め方や飲食店の集客方法と、コロナを想定した1ー2名の少数利用に絞ったカウンターのみの接触減少型の焼肉業態を新たに開発、展開する。
居酒屋業態からの脱却!少人数割烹スタイル×焼肉店へ事業転換でV字回復今まで居酒屋のみの運営をおこなってきており、コロナ禍において大打撃を受け、オーナーの強みを生かし、市場ニーズにあった事業展開を行うプラン。少人数でかつ換気設備を整えた本事業は今後も勝ち抜くための事業だと考えており、店舗展開を目指し成長を目指す事業計画
コロナ禍で売上が減少。駅内立地を活かし居酒屋から焼肉店の出店で事業再構築新型コロナウィルスの影響で売上が激減した居酒屋が、南海堺駅という好立地と長期に渡り日本食を提供してきた高い技術を持つ職人のノウハウを活かし焼肉店を出店することで、ターゲットを変更し再始動。
地元商店街で創業40年以上の韓国漬物店が激安『韓流』焼肉店に挑戦地元商店街で創業40年以上のキムチ製造販売店である当社が、コロナ過で客足が遠のいていた商店街を食で盛り上げるため、安くてうまい本場「韓流」焼肉店の開業で貢献する
高級焼肉店への新規参入とブランド牛製品のネット販売飲食コンサル業で培った営業ノウハウや人脈を活かして、高級焼肉店を新規展開する。また、ブランド牛を使用したカレーやモツのネット販売に着手する。コロナ禍でニーズが拡大した焼肉店・ネット販売への参入により、V字回復を達成する。
中国料理店から日本初の中国・延辺文化体験型焼肉店への転換コロナの影響で在日中国人及び訪日観光客を主な顧客層としてきた中華料理店の経営が困難に陥った為、中華韓国式焼肉店に事業を転換し、日本人顧客及び中国人顧客両方をターゲットに業績を回復・飛躍させる。
韓国と日本を融合し非接触ながら顧客満足度を追求した焼肉事業!時計卸売業で培った人脈を活用し、韓国の最新の流行を取り入れ、日本の美味しい和牛と融合する。鶴橋やコリアンタウンとは一線を画し、非接触にもかかわらず顧客満足度を追求した新しい焼肉スタイルを創造する事業。
人気焼肉店の味を家庭で楽しめる食肉小売販売店で業績V字回復当社が先駆者であり、焼肉店舗でも大人気の熟成肉を中心とした精肉の小売販売店を出店し、内食産業に新規参入します。味にとことんこだわった、人気焼肉店の味を家庭で楽しめる小売販売店で業績のV字回復を達成します。
換気性能が高くコロナ禍に対応した焼肉店による事業再構築新型コロナウイルスの影響で既存事業の売上げが激減している。弊社の既存事業における企画から小売りまで行える一貫体制のノウハウを活かして、飲食事業へ参入し、経営の新たな柱を創出することで売上げのV字回復を図る。
注文・提供・会計まで全て自動化する完全非接触型のおひとり様専門焼肉店の開設ひとりではなかなか入りにくい焼肉店を女性または独り身の方でも気兼ねなく入りやすい店舗形態を

コンセプトに注文・提供・会計までお客様にてすべて完結できる非接触型店舗運営を行う。

自社ネットワークを駆使し、需要が拡大している焼肉事業への挑戦コロナ禍の影響により既存の輸入業は、大きな影響を受けている状況である。その中で当社は既存の人脈を活かして新たなに焼肉店を開始し、コロナで失った町の活気を取り戻しながら、自社の売上向上に努めたいと考えている。
隠れ家居酒屋から家族層及び観光客を狙う焼肉店への転換アルコールメニューが中心の隠れ家的な居酒屋スタイルから脱却し、家族層及び観光客を対象にした飲食メニューを充実させた焼肉店への転換を行う。
IT・無煙ロースターでおひとり様から楽しめるコロナ渦対応焼肉店を展開時短要請、酒類提供に関する制限の影響を大きく受ける既存事業では売り上げの回復は難しいため、IT・無煙ロースターの活用によりコロナ渦に適した1~2名様メインの焼肉店事業を開始。新規顧客層の開拓を行い、売上回復を図る。
神戸ホルモン焼肉店が取り組む冷凍餃子の製造と無人販売所での販売焼肉店のノウハウを活かして肉に工夫をするだけでなく、餃子の皮、野菜などにこだわった神戸餃子を製造し、無人販売所で販売する。兵庫県で、3年後30店舗への店舗拡大を目指す。
安くて美味い!焼肉を日常に!安心な環境を提供する原価焼肉店コロナ禍で厳しい状況にある肉BALスタイルの飲酒及び飲食事業から、強固な仕入ルートを有するといった自社の強みを活かして、個食や少人数制、非対面式接客など、飲食店の事業環境の変化に対応するため、安心して来店できる客席の導線を設けた焼肉店事業を新たに展開する。
焼肉店から個室スイーツバーへの新分野展開既存事業は利益率が低く、利益率の向上でコロナからの回復を図ることが課題である。新分野ではバー事業を展開する。既存事業でも取扱っている酒類と、新たにスイーツを提供することで、ニッチ分野のスイーツバーを出店する。
地域密着型のバーから地域ファミリー層向けの焼肉店への事業転換地域の交流の場として親しまれてきたバーがコロナ禍の影響により売上が激減した。これまでのバー営業で培った人脈、飲食店業の経験を生かし、煙が発生しない無煙ロースターの設置、畳席と掘りごたつ席の配置と地域性に合わせたファミリー層に向けた焼肉店舖への転換を行う。
コロナ禍に対応した換気システムと非接触型の尾崎牛専門の焼肉店開業不動産販売事業の強みと、幻の和牛「尾崎牛」の一頭買い仕入れという2つの強みをベースに、コロナ禍で需要が見込める「焼肉店」を出店する。ブランド牛を扱うことで差別化し、非接触オーダー等の仕組みを取り入れたコロナ禍にあった事業再構築を行う。
3本の矢で参入する非接触型焼肉店への新分野展開山口県防府市を中心に抜群のロケーション、コストパフォーマンスの高い、多種多様な食材、そして万全のコロナ対策を施した焼肉店を開業し当社の新たな収益の柱を構築する。
アイスクリーム店から完全撤退!BBQ・アクティビティサービスを体験できる地産地消焼肉店への事業転換既存事業として「ロールアイスクリームファクトリー」というテイクアウト専門の軽飲食業態を運営しております。コロナの影響を受け、集客並びに売上への多大な影響により、既存事業からのノウハウを活かし、社内のリソース・立地特性・新規性(市場における差別化)を分析し、且つWITHコロナとしても十分ビジネスとして成立できる「徳島発のBBQ・アクティビティ体験ができる新たな焼肉店」への事業転換
居酒屋の強みを活かし海鮮焼きも楽しめる焼肉店への挑戦居酒屋2店舗を運営しており、コロナにより非常に厳しい状況下に置かれている。1店舗の2階を全面改装し、焼肉店+海鮮焼きへの事業転換を図る。
本格焼肉の肉専門ECサイトでコロナ禍に負けない事業の構築現代のニーズに合わせた事業(ECサイト販売)を行うことで、今までとは違う市場への参入を行う。コロナ禍では店内飲食よりも非対面(テイクアウトやECサイト販売)で家に持ち帰って食べることが主流になったため、その市場にフォーカスを当てて事業展開を行っていく。
一人焼肉及びテイクアウト事業への事業転換に係る事業計画コロナ禍の中で経営状況が悪化したことにより、事業再構築する必要から定食事業に加え、JR箱崎駅前という立地条件を活かし、新たに付加価値の高い一人焼肉事業とお客様からの要望が多かったテイクアウト事業を始めるものである。
ニューノーマル・ウィズコロナに対応した地域初の焼肉店コロナ禍を通じて、景気や取引先動向の影響を受けやすいB to Bのビジネスモデルを中心に展開することに自社の事業リスクの高さを痛感し、コロナ禍での経営改善、窮境状況からの脱出を目的に、B to Cビジネス(焼肉店の経営)に参入する。また、ニューノーマル・ウィズコロナ社会へ対応した地域初のビジネスモデルを構築することにより、将来の基盤事業として成長させる計画である。
精肉青果の卸売・小売事業および焼肉店の開始による業種転換への取組現在大衆食堂を営んでいるがコロナの影響により売上が低迷している。当社代表が有するノウハウを活かし、新たに精肉青果の卸売・小売事業および焼肉専門店を開始することで事業の継続と発展を目指す。
漬物老舗店がつくる漬けタレと佐賀牛の焼肉店オープン50年の歴史をもつ老舗漬物屋である鶴商店が、これまで培ってきた漬けの技術・ノウハウを活用し、タレが美味しい焼肉店を新規オープンする。
地域食材を活用!全席完全個室のセルフオーダー式焼肉店の展開による事業転換当社は佐賀県内にて地域食材を活用した飲食店を営んでいる。今後、ポストコロナ・ウィズコロナの経済環境の変化に対応すべく福岡県内にて全席完全個室のセルフオーダー式焼肉店を展開する。本事業では地域食材を活用し、売上のV字回復と地域の活性化を目指す。
ファミリー層向けの世代を超えて愛されるサステナブルな焼肉店!長年主に飲食業に従事してきた当社は、新型コロナウイルスの影響下においても安定・持続可能な事業運営を行うため、新たにファミリー層向けの焼肉店を開業する。既存事業の強みを活かし、自社の売り上げのみならず、地域社会ひいては我が国の課題解決の一助となることを目指す。
中長期滞在者等向けのホテル建設と島素材を堪能できる焼肉店「チカノシマ(仮)」の開業中長期滞在向けのホテル建設と地元ブランド牛「五島牛」をメインメニューとし、島内生産者の商品をサブメニューとして堪能できる焼肉店を同建物内に併設することで、既存の簡易宿所を含めシナジー効果を狙った事業転換を行います。
高級焼肉店が運営するファミリー向け食堂「BIGJOY」への新分野展開高級焼肉店のブランド力、食材の仕入れ力と肉のプロフェッショナルである人材を活かし、最高峰のハンバーグを開発する。そのハンバーグを提供する店舗として子ども連れのファミリーが気楽に利用できる食堂「BIGJOY」を開業する。
コロナ禍・アフターコロナに対応した会員制焼肉店の新規事業計画新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当社の付加価値額が大きく減少しました。そこで地域のニーズに応える会員制焼肉店を開業し、新たな事業の柱を構築することで成長を目指します。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「焼肉」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事