事業再構築補助金

「テイクアウト」事業の採択事例(事業再構築補助金)

「テイクアウト」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「テイクアウト」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

新型コロナウイルスの流行に伴い、外食の機会が減った方も多いのではないでしょうか。
そのような時、テイクアウトにて食事をすることが消費者の中で広がりました。今後もテイクアウトをする習慣は根付くのではないでしょうか。

これから、「テイクアウト」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
地場食材を使った惣菜とお弁当のテイクアウト店への業態転換炉端焼き設備を導入し、地場食材を炭焼きした惣菜及びお弁当のテイクアウト事業です。店内には飲食スペースも設け、お客様地震が丼に盛り付けを行うセルフ型の「惣菜版勝手丼スタイル」で料理を提供。お客様に炭焼きの温かい料理を担当して頂く事業です。
「天に続く道」へのテイクアウト専門店立上げ新型コロナウイルス感染症の影響で知床への観光客が減少し、近隣ホテルへの食材の卸売が半減した。一方で、新しい観光スポットとして「天に続く道」が注目されており、近隣に売店がない事から観光客の取り込みが期待できる。そこで本事業では、テイクアウト専門カフェを新たに構え、事業を再構築する。
テイクアウト特化への転換と「わらび餅ドリンク」の多店舗販売①「店内飲食業態」から「テイクアウト専門店業態」へと業態転換を図る。飲食スペースを厨房エリアに転換し、調理場面積を広げ食材管理・作業スペースを確保することでメニュー数を増やし、商品力の向上を図る。

②新商品「わらび餅ドリンク」の開発・販売による売上向上を目指す。本事業では、さらに上記の店舗リニューアルと合わせて、各店舗の集客力を高めるため、新商品を開発し販売を開始する。

お家でミシュランの味!テイクアウト商品の開発と蕎麦専門店へ業態転換コロナ感染症の影響で夜営業の和食店売上が減少、5月閉店に至りました。新事業では、道内初の製麺機を導入し、ミシュラン品質の蕎麦を販売する蕎麦専門店への転換、並びにテイクアウト商品を開発します。自宅でも手軽に高品質な蕎麦を楽しめるようになり、新規顧客開拓を図ります。
ウィズコロナ時代を乗り越えるべく、BBQ向け精肉店開業およびテイクアウト用弁当販売に挑戦精肉店を新規開業し、巣ごもり需要や野外でのBBQブームに向けた精肉販売に挑戦。合わせて焼肉弁当などテイクアウト商品の販売・配達を行い、事業全体での収入底上げ図るもの。
本場ベトナムのテイクアウト商品の開発による事業再構築当社はベトナム料理店を営んでいるが新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。本事業では夜の業態から昼の業態へシフトするために店内を撤去・改修し新たにテイクアウト事業を開始する計画である。
店舗の一部撤去に伴うテイクアウト事業への挑戦当社は個人で焼き肉店を営んでいるが新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。本事業では稼働率が下がっている宴会場を撤去改修し、テイクアウト専用の区画を整備する計画となっている。
TSUTAYA事業を活かして、テイクアウト付きの「ベーカリーブックカフェ」併設と「トレーディングカード」事業への参入!当社が運営している「TSUTAYA」の事業から、過去に着手したことの無い「ベーカリーカフェ」を併設する計画である。同時に、「トレーディングカード」販売の取扱を開始することにより、既存の「TSUTAYA」事業との相乗効果を図る。
当店の強みとコロナ禍で学んだ経験を活かす!「焼き鳥テイクアウト専門店」事業への進出本事業で行う新規事業「焼き鳥テイクアウト専門店〜(仮称)串鳥』は、つくば市内ではじめての焼き鳥のテイクアウト専門店を行い、①テイクアウト専門のスモールパッケージ店舗:出店にコスト掛けない。②協力会社から生鶏肉の仕入れによる差別化。③地元の食材を極力使っていく。④収益モデルが経費を抑えた分、収益が出るシステムを構築する。⑤DXを活用した新しい販売方法の確立し、当店の事業革新を図る。
フラワーショップが地域連携で菓子製造。EC、テイクアウトと「花のオープンCafé」フラワーショップが「花のあふれる憩空間テラス席Café」開設と「EC販売&TakeOut」の新事業展開。ケーキ食材もエディブルフラワーも健康志向で地域生産。販売も出庫も多機能型事業所スタッフと協業。みんなの笑顔で、町おこしを促進します。
コロナ禍でも気軽にテイクアウト 焼き鳥店の手作りベーグルサンドコロナ禍で売り上げの下がった焼き鳥店が鶏肉加工の技術を活かし、ベーグルサンドでテイクアウト、フードデリバリー、オンライン販売市場に参入します。
コロナ禍の飲食事情を踏まえ新たなテイクアウト商品への業種転換現在の店舗はアップルパイ専門店であり、コロナ禍の外出自粛制限の影響で売上が大幅に下落し、低迷が続いている。そこで、コロナ禍でも需要が高いと見込める海鮮丼のテイクアウト販売専門店へ業種転換を行う。
パンやベーグルを24時間テイクアウト可能に!冷凍自販機設置事業店舗で提供しており、インターネットでも冷凍販売している人気商品のパンやベーグルについて、新たに冷凍自販機での提供を開始し、24時間いつでもすぐに買えるようにすることで、コロナ禍で拡大する中食需要を取り込む。
焼き鳥屋一本からテイクアウトや外庭を活用した新分野で市場機会を掴む焼き鳥屋一本の経営から店舗移転でテイクアウトや外庭を活用した飲食提供によりコロナ禍に強く既存事業と相乗効果が活かせる新分野展開を実施。昼間の働き方の提供と、デジタル活用したEC販売で収益の柱を増やします。
ミニスーパーをテイクアウト専門店に転換し、高齢者生活支援サービスに参入。「刺身・惣菜・弁当・寿司」のテイクアウト専門店として幅広い客層のニーズに応え、また一人暮らし高齢者をターゲットにした定期配食サービスに参入し、商工会企業と連携した様々なサービスの窓口として地域の高齢者にとってなくてはならない存在となり、売上の拡大を目指す。
テイクアウトを可能にしたコロナ対応小売り販売サービスへの転換消費者が安心して買い物ができる小売り販売サービスのために、料理提供体制構築とコロナ対策が課題。オープンキッチンとデジタル機器の導入による、テイクアウトも可能な徹底した三密回避を施した店舗の建設である。
コレド室町店にオンライン受注システムを導入しデリバリーとテイクアウトの需要に応えるコレド室町2(東京都中央区日本橋室町2丁目3−1)地下1階にオープンさせたお惣菜専門のテイクアウト店(「日本橋良庭コレド室町店」内にイートインスペースを増設し、オンライン受注システムを利用してデリバリー及び通販の需要にも対応する。併せて店内にイートインスペースを増設し、来客数と客単価の向上を図る。
当園玉子を使用したテイクアウト専門カフェ建設による飲食事業飲食店営業許可を取得し、テイクアウト専門カフェを建設することで当園の玉子を使用した、玉子料理やスイーツを提供するカフェ事業をスタート。玉子ソムリエの資格を活かし、当園自慢の商品やサービスをご提供いたします。
「近所でグランピングスタイル焼肉! テイクアウト・デリバリもできる本場韓国料理店」昨今の韓流ブーム・グランピング・焼肉の人気!弊社のこれまでのノウハウと社長及び取締役の飲食店職務経験におけるノウハウを合わせることで、新たな主力事業として飲食事業を確立することができると判断致しました。本事業を行うことで、周辺地域の経済の活性化・雇用の促進・低迷している商店会の活性化をもたらすことができ、地域貢献につながると考えております。
テイクアウト専門のオリジナルからあげ店舗事業の展開コロナ過からの外食行動の変化に伴うテイクアウト需要の高まりと新しいオリジナル「からあげ」を日本で旋風を巻き起こす第一歩の事業計画です
店内飲食もテイクアウトもできるビュッフェスタイルの本格中華店飲食用座席を削減し、ビュッフェコーナーを設け、アルコールに頼らないビュッフェスタイルとテイクアウトの提供方法で本格中華店の回復を図る。また、新たに中国茶・菓子を販売し女性客を増やす
中国宮廷料理店のテイクアウト・デリバリー・ECへの新分野展開新しい販売チャネルの構築として、テイクアウト・デリバリー・ECでの販売により事業再構築を実施。EC販売においては急速冷凍技術を用い「中国宮廷料理を食卓へ」レストランの品質のままお届けします。
本格上海料理のweb・テイクアウト販売による業態転換計画コロナにより上海料理店の売上が急激に減少したため、人が密になりやすかった店舗を閉店し、新たにセントラルキッチンを設ける。web・テイクアウトにて上海料理の惣菜や点心を販売し、売上のV字回復を図る。
テイクアウト型唐揚げ専門店とメキシコ産蒸留酒特化型バーによる新分野展開「テイクアウト」「一人使い」という新たなニーズに対応すべく、ステルスフランチャイズによるテイクアウト型唐揚げ専門店並びに、今後市場拡大が見込めるメキシコ産蒸留酒に特化したバーによる新分野展開により収益性を兼ね備えた事業を再構築する。
ミシュラン認定ラーメンのテイクアウト・通販による事業再構築ミシュラン認定のこだわりのラーメンを提供している。コロナで減少して来客、売上を、テイクアウト・通販の新規事業で回復し、さらに既存事業もシナジー成長できる事業を再構築する。
ポストコロナで市場拡大するテイクアウト・EC事業による再構築テイクアウト商品製造用セントラルキッチンと、食品保管用プレハブ倉庫の運営事業を開始する。ポストコロナでの中食、EC需要を獲得し、子会社との連携したビジネスモデルを再構築し、生産性向上と競争力強化を図る。
住宅地密着型テイクアウト専門のからあげ店の開業と、効果的PR展開住宅密集地である葛飾区に、からあげのテイクアウト専門店「博多からあげ響」の東京初出店店舗を出店します。

地域に根付き愛される店舗になれるよう顧客ニーズに合わせた積極的PR活動を展開します。

炙り寿司・炙り海鮮丼に特化したテイクアウト専門店テイクアウト炙り専門の寿司・海鮮丼のお店を展開する。ネタごとに炙り方を変え、食感や食べ方も新しく提案。セルフレジによりお客の店内滞留時間を減少させると共に、他社との差別化を図りつつ高効率の店舗運営を行う。
豊洲直仕入の海鮮を活かしたテイクアウト専門店開業による事業再構築計画新型コロナウイルスの影響による外出自粛、営業時短要請の影響で当社の既存事業の売上高の大幅減少を受け、これまでの飲食店経営ノウハウを活かし新たな売上チャネル構築が見込める海鮮メニューテイクアウト事業を再構築する
新店舗出店によるテイクアウト販売とBtoBビジネス開始本事業では、視認性の高い路面店舗に新規出店し、ランチ、ディナーの通常営業に加え、既存店舗では行えなかったテイクアウト販売を開始する。更に、新店舗にて新たにBtoB市場向けの商品を開発し、飲食事業者への卸売りを開始する。これには食品製造許可の取得と厨房設備の導入及び施工が必要だが、新サービスの開始は単なる新規顧客を増やすだけでなく既存客へのサービス拡大にも繋がり、既存店・既存顧客への相乗効果が望める
野菜や果物をブレンドしたアイスクリームのテイクアウト販売事業コロナの影響により青果販売事業や化粧品販売事業で売上が減少している問題を解決するため、青果販売業に関連した旬の野菜と果物を専用のブレンダーを使ってブレンドしたアイスクリーム販売事業を開始することで客単価の向上と新規客の増大による売上の回復を目指し3年間の事業計画期間終了後、総売上高の10%以上を占める計画を策定しております。
プロの和食料理人の技術を活用したオンライン・マルチリンガル料理教室と和惣菜のテイクアウト販売Web会議サービスZoomを利用したオンライン料理教室の開催と自社製造とOEM製造による和惣菜(佃煮・ふりかけ)とアイスクリームの店頭・通信販売事業を展開し、業態転換による事業再構築をはかります。
瞬間冷凍機が可能にする総菜のテイクアウトとEC販売事業瞬間冷凍機を活用したセントラルキッチンを作り、総菜、弁当のテイクアウト販売、及びECサイト販売をスタートさせる
「焼肉事業」と「テイクアウト営業・EC販売」並行立ち上げによる売上の最大限化新型コロナウイルス対策として、換気面に優れた焼肉事業に並行し、コロナ禍に有用なテイクアウト事業・EC販売を安定させながらシナジー効果を発揮し、売り上げの最大限化を図っていきます。
オンライン不動産教育とテイクアウト型飲食店による長期的な収益拡大と安定化当社は不動産・飲食事業を展開しているが、コロナ禍において来店客数の減少や従業員のコロナ感染リスクといった問題がある。このままではコロナ禍における成長は難しいと考え、オンライン不動産教育とテイクアウト型飲食店の新事業を行う。
テイクアウトやオンラインショップを準備し、定食も含めた大衆酒場を新規出店することによる事業再構築コロナ禍に適した形でテイクアウト対応やオンラインショップを有した定食屋である秀治郎飯店を新規出店することで事業の再構築を行う。
イートイン業態からテイクアウト専門コロッケ製造販売業に取組む当社の主力事業であるオフィス立地でのイートインを主体としたコーヒー店の利用者が激減している。そこで新たに住宅街立地でのテイクアウトを主体としたコロッケ製造販売事業へフランチャイズシステムを利用して参入する。
軒先を間借りしたテイクアウト専門飲食店への新分野展開飲食店の軒先を間借りし、新たな店舗スペースを建築し、そこでテイクアウト専門の飲食店を運営します。
安い居酒屋から、こだわりステーキのテイクアウト・デリバリー・EC事業へ。新業態への挑戦!当社は安さを売りにした居酒屋などを運営しているが、コロナの影響で来店客が減少した。そこで、こだわりのステーキをテイクアウト・デリバリー・ECを中心に販売するウィズコロナ時代に適した新たな業態に挑戦する。
ラム酒の特性デザートの開発と無農薬野菜を使ったお弁当テイクアウト事業数次の緊急事態宣言などによる生活様式の変容が大幅な減収の原因となった。そこで女性ニーズが多かったラム酒を使ったドルチェと、無農薬野菜を使った完全栄養弁当をテイクアウト通信販売事業の再構築を図る。
テイクアウトを強化した有機野菜トラットリア新店舗とEC事業に挑戦高級リストランテ「リナシメント」を営む当社は、コロナ禍の業績不振で厳しい環境に立たされており、この度新規事業の「テイクアウトを強化した有機野菜中心のトラットリア新店舗」「EC事業」の2事業を開始します
調理ロボットと共働しDX活用に特化したテイクアウト専門店事業コロナウイルス感染の影響に鑑み、既存事業で培ったノウハウを活かせる調理ロボットを導入し「ホットドックのテイクアウト専門店」をオープンし、同時に多品種のランチが選べる「サブスクランチ事業」を展開する。
大型商業施設でのテイクアウト/デリバリー専門飲食店経営事業本年11月グランドオープン三井ショッピングパーク「ららぽーと堺」の全国初ライブ型メインスタジアム(オンライン・オフラインの融合)コート脇「FOODHALL」にて非接触システム導入のテイクアウト専門業態の開発、運営、管理事業。
寿司屋からテイクアウト惣菜事業への新分野展開既存事業の強みを活かし、地域の市場ニーズに応えながらもコロナ禍で対応できるテイクアウト惣菜事業への新分野展開を行う。
本格イタリア料理をご家庭で味わえるテイクアウト・オンライン販売事業への参入既存事業で培った高級イタリア店のブランド力やお客様からのおいしいという多くの声を活かし、本場イタリアピザを中心に、その他パスタなどのイタリア料理をテイクアウトおよびオンライン販売をいたします。
旬鮮食彩を様々な場所で!魚のプロが手掛ける移動販売・テイクアウト事業新型コロナやウクライナ情勢の影響を受け、固定店舗の集客力低下や、海産物の価格高騰など、厳しい環境変化に直面している。こうした状況を打開するため、キッチンカーを活用したテイクアウト・移動販売事業に取組み、新たな収益基盤を確立する。
フレンチレストランからテイクアウト惣菜で食品製造業へ業種転換フレンチレストランの店舗の一部を食品製造業のための工場へと改築し、地元スーパーやデパートの惣菜市場へと展開する。
本格中華の味を自宅で、テイクアウト専門店で事業再構築コロナ禍で変化した外食に対するニーズを踏まえ、既存事業とは異なる顧客層を対象に当社が提供する本格中華料理を手軽に自宅で楽しんで頂くため、テイクアウト専門店を展開するとともに、セントラルキッチン化もあわせて行い生産性向上も実現する。
ウィズコロナ時代のイートイン&テイクアウトサラダ店舗内装事業イートイン&テイクアウトサラダレストランの展開+イートイン&テイクアウトサラダレストランを開業したい方へ低価格で始められるフランチャイズ事業!
創業106年の味を食卓に!福井名物カニのテイクアウト販売事業カニを自宅で手軽に味わいたいというニーズに対し、創業106年の技術とノウハウで、新たに「カニの甲羅盛り」を開発し、福井の名物として土産物コーナーと24時間稼働の冷凍自動販売機でテイクアウト販売を行う。
母たちのおうち時間の悩みを解決する地産地消テイクアウト事業おうち時間の増加で中食需要が高まるなか、テイクアウトを主軸とした飲食事業を新たに立ち上げる。生産体制を構築する設備投資と商品開発、販路開拓による事業再構築に取り組む。
美味しい・安心・ヘルシーなテイクアウトを駒ヶ根に!老舗美容室の挑戦現在全く使用していない美容室本店のスペースを改装し、うどんがメインの定食屋を始めます。コロナ禍に強いテイクアウトを取り入れ、かつ、駒ケ根地域において需要が高いヘルシーで美味しいテイクアウトメニューを提供します。
テイクアウト型セルフビュッフェ(台湾式自助餐)少子高齢化時代に向けて、中高年従業員と特定技能外国人の特徴を活かし、高齢者世帯、共働き世帯にむけて、女性の社会進出の進んだ台湾で成功事例がある、テイクアウト型セルフビュッフェ事業により、対象世帯に向けバランスの良い家庭の食卓を提供する。
カウンター越に職人が握る本格寿司の味が楽しめる、テイクアウト・デリバリー事業歴史60年「ぎふ初寿司」の福寿分店である当社、行事利用なでも激減、握るということもありコロナ禍で経営危機に直面。地域密着・新鮮な料理を提供テイクアウト・デリバリーサービスにて再生を図ります。
コロナ禍に合わせた店内改装と自販機等によるテイクアウトの開始コロナ禍からのV字回復を目指すために、半個室化、席数の増加を伴うコロナ禍に合わせた店内増築改装を実施し、新規テイクアウト事業による認知度向上と新規顧客獲得を狙い、売上向上と事業再構築を図る。
地元青果をふんだんに活用したデザートテイクアウト事業への進出新型コロナウイルスによって多大な影響を受けた当社が、飲食事業により培ったノウハウを生かし菓子製造小売事業に進出する。現在飲食事業で提供しているアメリカンデザート等特色あるデザート類を、テイクアウト可能な形でメニュー開発を行い、巣篭り消費にも対応した事業展開を行う。
地産地消チーズケーキに特化した非接触決済テイクアウト製菓事業コロナ禍による人流抑制、外食機会の減少を克服し、巣籠り需要の高まりや「非接触」の進行に対応すべく新たにチーズケーキに特化した製菓業・テイクアウト事業に参入する。地産地消をコンセプトに地元の食材を活用した製菓により商品に付加価値を付け、注文、支払いまで「完全非接触」で完結するシステムを導入することでウィズコロナにおいても安定した収益を計上できる事業体制を構築する。
タコスキットのEC販売、タコスのテイクアウト販売事業既存事業店舗にセントラルキッチンを設け、当社の人気商品である沖縄タコスを自宅で作れるタコスキットを製造し、ECで販売する事業を始める。また新設するセントラルキッチンにテイクアウト用の窓口を設け、テイクアウト販売も同時にスタートする。
地元畜産家と連携したテイクアウト商品の開発と販売新型コロナウイルス感染拡大の影響により、飲食店の売上が大きく落ち込んだ

従来の夜の営業から昼の業態、イートインからテイクアウトへ変わることによりコロナ禍でも安心して利用できるお店へと変わる。主力商品は地元のブランド豚の生産者と協力してオリジナル豚丼を開発、販売を行う。

高級わらび餅のテイクアウト専門店女性経営者が女性が働きやすい環境を整え、女性をターゲットにした『きなこ』にこだわる高級わらび餅のテイクアウト専門店の開業
お洒落な空間とテイクアウトで楽しめる本格的な和スイーツ専門店コロナ禍で「流行の和スイーツを近場で楽しみたい」といったニーズを持つ愛知県の20~40代女性をターゲットに、素材に拘った本格和スイーツをお洒落な空間+テイクアウトで楽しめる和スイーツ専門店を立ち上げます。
フワフワかき氷とオリジナルシロップのかき氷専門店テイクアウトへの業態転換既存店舗の課題である新規顧客層の開拓、高回転率での営業、ウィズコロナ時代に強い事業、を達成する「かき氷テイクアウト店」を展開。既存店舗のノウハウを活用しシナジー効果が期待できる業態転換となる。
メディア戦略を活かしたハンバーガー店出店・テイクアウト市場への参入による事業再構築魚バーガーの専門店となるハンバーガー店「サカナノバーガー」を展開します。テイクアウト需要も見込め、またYouTubeなどのメディアでも人気となっている新業態を展開することで、ウィズコロナ期の売上を支えつつ、来るべくアフターコロナ備えたいと考えます。
テイクアウトとデリバリーに注力して島民と島を超えて当店の料理を届ける事業当店は、愛知県の離島である篠島で昼間は飲食店、夜はカラオケができる居酒屋を営んでいる事業所であり、当事業は飲食分野である、“テイクアウト及びデリバリー、ECサイトを活用して料理の販売方法を転換するもの”である。3年後に新事業の売上高が、総売上高の40%以上占めるよう事業を計画する。
稲沢の名産品に認定を受けたわらび餅のテイクアウト専門店開業稲沢の名産品に認定を受けたふわとろ食感の逸品「わらび餅」を、テイクアウト販売する専門店を高浜市内に新設しオープンします。キッチンカーでの販売も視野にいれ相乗効果を狙っていきます。
手軽にスマホで注文と持ち帰りができる地域密着型テイクアウト海鮮丼事業への進出コロナのような外部環境変化の影響を受けやすい単一業種・業界依存の経営から脱却するため、当社の経営資源を活かしつつ、底堅い市場性と今後の伸長が期待できる中食・テイクアウト・海鮮丼の市場へ、DXを活用しながら横断的かつ複合的に進出する。
居酒屋から日本料理店へ、日本料理を24時間テイクアウト店舗移転を機に、居酒屋から日本料理店に事業転換を図ります。また、当店が主となり、市内の各飲食店と共同で非対面での料理のテイクアウトサービス事業を開始します。地元の食材を使った料理の提供方法や、売り方を変えて事業収益の確保を図ります。
テイクアウトに特化したまぜそば屋展開プロジェクト現状のコロナ禍における巣ごもり需要が捉えた上で、近隣企業に勤める従業員にも手軽に販売が可能である“まぜそば”に目をつけ、テイクアウトに特化したまぜそば屋展開プロジェクトを行う。
店舗レイアウトを変更し、テイクアウトとカフェバー事業に進出新型コロナの影響で、これまで相席による高い回転率で売上をあげてきた当社のランチ需要が激減している。本事業で、店舗レイアウト変更を行い、昼夜で回転率を高めるテイクアウトとカフェバー事業の新分野に進出し事業再構築を図る。
本格中華料理の急速冷凍量産体制によるテイクアウト対応型飲食業態への転換本格中華料理技術と多様な調理経験から得た、当店でしか出せない料理を、急速冷凍機の活用によって、調理済品を冷凍食品化して量産体制を敷き、テイクアウト対応した店舗で提供する業態へと転換します。
老舗バーが展開する食品製造およびテイクアウト事業弊社が運営している飲食店のうち1店舗を改装し、食品製造およびテイクアウト事業の展開を行い、飲食店経営以外に収益の柱を構築する。
環境配慮、テイクアウトを重視した自社クラフトビール醸造事業コロナ禍で影響を受けた飲食店販売中心の現事業を変更。自社でクラフトビールの醸造を行い、一般消費者に向けたブランド造りを行う新しい酒屋のカタチを目指す。特に環境配慮のテイクアウト販売に注力していきます。
キミ(卵)とホイップ(生クリーム)にこだわったテイクアウト専門のスイーツ店コロナ過で売上の落ち込みが激しい飲食部門の一部店舗を閉店し、契約農家で育てられた国産卵、濃度の高い純生クリームを使い、ふわふわ・プルプル、しゅわっとした新食感が楽しめる台湾カステラでテイクアウト専門のスイーツ事業に進出する。
テイクアウト併設型ワインバーで名古屋飲食業界の新ビジネスモデルを構築強みのワインスペシャリストの専門知識と調理技術を活かしワイン販売業からテイクアウト併設型飲食店(ワインバー)へ転換。IT連動した最新ワインサーバーにより希少ワインを廉価で試飲提供しテイクアウトへ繋げる。コロナ禍での飲食店モデルケースを目指す
お茶文化を承継する若年層向け側面販売と厳選茶葉を使った本格テイクアウト事業コロナ禍で来店客数が減少し、冠婚葬祭が縮小される中、贈答品需要も低下するなど当店は大きな影響を受けている。そこで、若年層向けに対面販売から側面販売に変更し、また本格茶葉を使用したテイクアウトで、他社と差別化を図る事業
卸販売する麺や具材、自他店用のテイクアウト等商品の製造に挑戦弊社は補助事業で新たに、①他のラーメン店に対するOEM事業、②一般消費者に対する弊社商品のテイクアウト・通販事業に取り組む。それら2つの事業で共通して使用する製造工場と設備一式を取得する。
海鮮丼テイクアウト専門店ののれん加盟店事業による新分野展開当社は、大津市公設地方卸売市場にて鮮魚等の食材卸売・食品加工等を行っている。コロナの影響により、卸先の客数が減少し、先行きが見えないため、海鮮丼テイクアウト専門店ののれん加盟店事業へ新分野展開を行う。
隈本総合飲食店MAO テイクアウト・EC販売開始計画 老舗と呼ばれ地域のランドマークとなるための販路拡大事業京町家で飲食店を営む当社が

●確立した店頭テイクアウト販売事業

●京都ブランドの洋菓子・冷凍総菜の全国EC販売

●EC販売と連動したショーケース展示販売

を開始する。以上の事業を行うにあたり、店頭設備改装・店内レイアウト変更・厨房設備機器の導入・ECサイト構築を行う

小売とテイクアウトによる売上回復京都府でコロナウイルスが流行し始めた2020年3月以降売上は大きく減少し、対策として最初はテイクアウトなどを行い、好評ではあったが手間や単価が安いままでの弁当事業の継続は厳しいと予想される。そこで、本事業はお弁当やお総菜のテイクアウトは続けながら、メイン業務として新しく精肉・ホルモンの小売販売も開始する。
ソーキそば店の出店及びデリバリー・テイクアウトサービスの開始ビジネスマンをターゲットに四条烏丸でソーキそば専門店の新規出店と、中食需要をとらえて学生やテレワーカー向けにテイクアウト販売・デリバリーサービスを実施する。
真空包装と急速冷凍による『京都・おばんざい』のテイクアウト用商品の開発と販売京都地元の旬の食材を店舗同様に無添加、安心・安全に調理した京都の惣菜『おばんざい』を真空包装技術と急速冷凍技術を活かして、いつでも、どこでも、手軽な価格で提供する
新感覚ベーカリー自社製造販売、テイクアウトへの新事業当社は2011年より京都市内にて居酒屋をメインとした飲食店を3店舗経営している。コロナ禍になり大打撃を受けた為新分野展開の必要性を感じベーカリー事業に進出したい。新感覚のお客様自身でトッピングするサンドイッチとデニッシュ食パンで戦っていく。
テイクアウト可能な自家製麺の焼そばとガーリックライスの肉めし専門店現在の飲み会や宴会需要が多い「受動型の主菜事業」から、コロナ禍でもニーズが高いテイクアウトを中心とした「能動型の主食事業」テイクアウト可能な自家製麺の焼そばとガーリックライスの肉めし専門店を行う。
朝打ちうどんのテイクアウト事業新しく調理場を設け、これまで業務用として製造していた麺を用いて、うどんやそばを調理し、個人顧客向けに提供する。また、テイクアウトだけでなくイートインスペースも設け、遠方からの顧客対応も行う。
テイクアウト可能な香港飲茶専門店事業新たな収益の柱を構築するために、京都市内に2店舗を構えている「香港飲茶星街」のフランチャイズ店として新店舗を開設する事で、提供料理やサービスのノウハウ提供を受けスムーズな新事業展開を目指す。
本場ナポリの味を堪能できるパニーニのテイクアウト専門店の出店本場イタリア、ナポリの味を楽しんでいただくコンセプトのイタリア料理店を営んできたが、withコロナ,afterコロナ時代における消費者ニーズに対応するべくパニーニのテイクアウト専門店を新たに出店しようとする事業計画である。
脱プラ製品・テイクアウト用包装資材需要を捉えた紙製小判抜袋製造による新分野展開コロナ禍の物流停滞が原油高を招き、コロナ以前から機運が高まっていた脱プラの流れが加速している。コロナ禍で食品業界ではテイクアウト需要が伸びる中、両者のニーズを満たす紙製小判抜袋の製造に着手する試みである。
イートイン店舗からワンハンド・テイクアウト専門の本格的ミルフィーユ店への転換コロナの影響により、既存の環境では十分な感染対策が取れないイートイン店舗をテイクアウト専門店に改装し、さらに独自性のある商品としてワンハンド、テイクアウト需要に対応したミルフィーユを展開し、店舗の収益改善を図る。
地域初、キッチンカー型テイクアウト専門ポテトフライ店の開業当社は代表が全国展開の成長企業に6年勤務し、全国No1の店舗にした経験を活かし、2016年4月に創業。SNSマーケティングコンサル会社として様々な企業の承認・認知売上の向上に貢献してきた。その中で培ってきた人脈を活かし、日本一長い天神橋筋商店街でキッチンカーでの出店の機会を得た。コロナかが落ち着いた後もテイクアウトやデリバリーの需要が今後も伸びることを見込み、テイクアウト専門店を開業する。
地域初のテイクアウト韓国かき氷店出店による大胆な事業再構築既存事業が売上減少する中、これまで当社が地域に根ざしてきた実績や、地域に若い女性客が増えている市場変化やニーズを捉え、テイクアウト中心の最新の韓国かき氷店を開業、業種転換を行い、売上の回復を目指します。
希少ジビエと熟成魚!一期一会のオーダーメイドのテイクアウト店こだわりの食材と調理ノウハウという強みを活かしたテイクアウト店を出店します。希少ジビエと熟成魚を目玉とし、オーダーメイドの調理によって「一期一会」の味を提供し続けることで事業の売上拡大を図ります。
モーニング・ランチ・テイクアウト重視型飲食店舗の新規展開既存の焼肉店業態一本足経営から脱却のため、アフターコロナで需要が見込める3つのポイント(①デリバリー対応、②テイクアウト対応、③モーニング・ランチ需要が見込める)を踏まえた新業態として鉄板焼+タコライス業態の新店舗を出店。
内食需要に対応した独自ラーメンのテイクアウト及び冷凍自動販売事業店内飲食が主であった事業形態を刷新し、密を避けて店外窓口で完結できるテイクアウト対応や、冷凍自動販売機による当社こだわりのラーメンを営業時間問わず24時間販売可能とすることで販路を拡大して売上向上を図る。
お鍋屋さんの本気の秘伝出汁を活かすお結びのテイクアウト販売による業種転換計画店内飲食をメインとしたお鍋屋さんの運営を10年以上続けてきましたが、コロナの影響を受けたことによって売上が激減しました。当社の強みである「出汁」を活用し、市場ニーズの高い中食事業へ参画する「お結びのテイクアウトプラン」を行う再構築計画を実施することにしました。
野菜をふんだんに用いた健康食のテイクアウト・デリバリ―専門店事業当社の強みである調理技術・商品開発力・仕入れルートを活かし「健康食のテイクアウト・デリバリ―専門店」を出店する。オーガニック食材を用いた料理を提供し、「食」通じて地域社会の健康促進に貢献し、当社における飲食事業の経営基盤を安定したものにすることで、当社の新たな発展に取り組む。
無店舗小売業から、肉料理を中心としたテイクアウト専門飲食店への転換現在、無店舗経営での飲食販売を行っているが、安定した収益の確保も目的に、福井県敦賀市の日本海さかな街で、肉料理を中心とした、テイクアウト専門販売店での有店舗運営事業への事業再構築に挑戦する。
キッチンカーを活用した沖縄料理テイクアウト事業への新分野展開既存事業では店舗における飲食を中心に提供してきたがコロナ禍により顧客の消費行動に変化があった為、本補助事業によりキッチンカーによるテイクアウト事業に参入して新たな販路を開拓する。
ふぐ・蟹料理専門店を運営する事業者による海鮮和食テイクアウト事業ふぐ・蟹料理をリーズナブルな価格で提供することをコンセプトに事業を運営する飲食事業者が巣ごもり消費が生活スタイルとして定着する中、自宅でふぐ・蟹料理によるプチ贅沢を楽しみたいニーズをつかむテイクアウト事業を開始する。
作り手が見える"クラフト豚まん"をテイクアウト・ECサイト販売コロナ禍により既存事業の居酒屋ビジネスは厳しい状況で、今後の業況も不透明です。この状況を乗り越えるため、居酒屋で培ったメニュー開発力を生かした"クラフト豚まん"をテイクアウト及びECサイト販売するビジネスを開始します。
素材に拘った「和食材スイーツ・お弁当」のテイクアウト事業当社が経営する、懐石料理店はコロナ禍の影響を受け売上高が激減した。当社のリソースをフル活用し、和食の技術と素材に拘った「体が喜ぶスイーツやお弁当等を販売するテイクアウト事業」を新たに行い、事業再構築を果たす。
米粉を活用した焼き菓子・パンのテイクアウト販売コロナ禍の影響により大きく売上が減少し、自社の強みを最大限に活かす為の取り組みとして思い切った飲食業への新分野展開事業。グルテンフリー、健康意識の高まりによる米粉市場の拡大に着目し、米粉を活用した焼き菓子・パンのテイクアウト販売を行う。
「餃子専門店」から「高級冷凍餃子のテイクアウト専門店」へ業態転換計画「餃子専門店」から「高級冷凍餃子のテイクアウト専門店」へ業態転換。百貨店催事に積極的に参加し、既存事業である餃子通販とのシナジー効果を生み出します。また、餃子製造の廃棄物から腸活製品「発酵白菜」を新開発。餃子と発酵白菜の両輪で収益性を高め、V字回復を実現させます。
デリバリー・テイクアウト販売を取り入れたタッカンマリ店の展開当社は大阪の中心街で飲食店を始めとした事業を実施しているが、コロナの影響により事業は大きな打撃を受けている。現状から脱却するために、ニューノーマルに対応したデリバリー・テイクアウトを取り入れたタッカンマリ店の事業化を実施。
韓国居酒屋からテイクアウト店への業態転換既存事業の韓国居酒屋はコロナの影響が直撃した。緊急事態宣言下でも影響を受けない事業を模索し、コリアンタウンへの進行ルート上にあるという立地・韓国料理ノウハウを活かして、観光客への韓国料理テイクアウト事業に転換する。
接待型居酒屋から、物販×テイクアウト×少人数宴会への業態転換店舗内を仕切り「物販×テイクアウト」スペースを作り新たな顧客を取りこむと共に、現店舗を「少人数宴会×一人飲み」のニーズに応えられる仕様に変換。ランチ時間帯も取り込むことでポストコロナ型の新業態へとチャレンジする。
アニメキャラクターを使用した屋外型フードステーションでテイクアウト事業を構築神戸の大型商業施設モザイクに隣接する広場で、新たに米アニメ「ポパイ」のキャラクターを使用した屋外型フードステーションを新設してテイクアウト事業を行い、コロナ後の飲食・観光ニーズに合致した事業再構築を図る。
フードロスゼロへ。創作フレンチのシェフが手掛けるテイクアウトもできるラーメン店既存店である創作フレンチレストランで人気メニューとなったラーメンを特化し、ラーメン事業を新展開する。店内飲食だけでなくテイクアウト事業、さらに他店へ出荷するための製麺事業を行い事業の拡大を図る。
韓国「食の都」の味を神戶へ 〜韓国料理テイクアウト事業〜兵庫県神戸市内で中華料理屋を2店舗展開していましたが、新型コロナウイルスの影響を受け、新たに「韓国料理のデリバリー特化店舗」を開業し、コロナ禍でも成長している事業に参入することで早期に回復を目指します。
お店の味を自宅で味わえる地元老舗イタリアンの惣菜テイクアウト事業普段の食事にワンランク上のメニュー(自分では作れない・お店の味)を加え、心も体も満足になる、地元老舗イタリアンが作る惣菜販売事業。
ウィズコロナに向けた24時間無人冷凍餃子販売所と唐揚げ・餃子テイクアウト専門店とセントラルキッチンを併設させた店舗の設営店舗内で調理した本格薄皮肉汁餃子を急速冷凍し、無人店舗内で販売する事業を開始します。店舗内には冷凍ショーケースを設置し、お客様が冷凍餃子を購入、支払い箱に代金を支払う仕組みを予定しております。さらに、昼〜夕方の時間帯限定で従業員が店頭で調理した餃子と唐揚げのテイクアウト販売も行います。
駅近の立地における冷凍ラーメンテイクアウト専門無人店舗の経営山陽電鉄西代駅利用者および近隣住民のうち20代~60代の家族を持つ層を対象に、冷凍ラーメンテイクアウト専門の無人店舗を経営する。コンテナハウスを利用し、24時間営業にも対応できるよう自動販売機で販売をする。
ECサイト・テイクアウトを活用した高級洋菓子の非対面販売所在地域を中心に、地域農家と連携した給食事業を行ってきたが、コロナの影響を大きく被った。既存事業の強みを活かして、地域食材を使った高級洋菓子をEC・テイクアウトで販売する。
海ない県で県内初の海鮮丼テイクアウト専門店を運営する新規事業へ挑戦コロナ禍で大きく需要が減退してしまい深刻な経営環境で回復の見込みが立たない中古アパレルの小売事業から、地域初の海鮮丼テイクアウト専門店で、コロナ禍の生活にも浸透し市場が拡大している中食産業へ参入し事業再構築を遂行する。
対面鉄板焼店がテイクアウト可能な惣菜の創作料理店に業態転換コロナの影響で売上減少した対面営業するお好み焼き鉄板焼き店が専門店を脱却し、店舗を移転、WITHコロナに対応したテイクアウトメニューを提供する惣菜中心の創作料理店に業態転換し売上回復を図る
牛タンのテイクアウト・秘伝のお出汁の通販で売上回復地域でも有名な割烹料理店を経営しております。新型コロナの影響で、企業で会食の禁止の通達がでて、顧客数が減少し売上が低迷しております。現状を打破するため、牛タンシチューで提供している牛タンを使用して、「焼き肉用牛タン」と「秘伝のお出汁」をテイクアウト・通販で提供する事業を運営します。
厳選したカカオを使いテイクアウト・通販を主軸とするチョコレートスイーツ専門店飲食事業で培った商品開発ノウハウと仕入れネットワークとコストパフォーマンスに優れたインドネシア産カカオを組み合わせたチョコレートスイーツ専門店を出店し、カフェ・テイクアウト・通販のマルチチャネルで販売を行う。
倖生炭グリラーによる本格BBQ料理テイクアウト事業の展開通常のBBQイメージを超越した「倖生炭グリラーによる遠赤外線応用高品位焼き物」を提供するテイクアウト事業として、究極の肉料理による差別化した新事業展開をする。
旅館業及び、居酒屋業を営む事業者による、エッグサンドテイクアウト事業当社は旅館業と居酒屋業を行っており、コロナ禍にて業績が毀損した。長年培ってきたサーファーや和歌山大学生等との関係性を基盤に、テイクアウト需要をとらえ、エッグサンドテイクアウト事業を新たに展開、事業再構築を図る。
人口増加が続く地方の街で焼き肉事業とテイクアウト事業の新分野展開当社は、居酒屋店を営業しているが、新型コロナウイルスの影響を受け売上高が大きく毀損している。人口増加が続いている岩出市で当社の遊休資産を活用し、新たに焼き肉事業とテイクアウト事業を展開することで、事業の再構築を図る。
テイクアウトやカウンターを主とした次世代型中華料理店への転換現在、宴会やグループ顧客を中心とした従来の町中華スタイルの中華料理店を運営するが、コロナの影響を受け大きく毀損している。今般、新たにテイクアウト及びカウンターテーブル、冷凍食品のEC販売を主とした次世代型中華料理店へと変革し、事業再構築を図る。
全粒大豆スイーツのテイクアウト専門店食料品小売業から全粒大豆のテイクアウトスイーツ専門店へ業種転換。独自製法で大豆を丸ごとペースト化した自社素材を活かし、健康と美味しさを訴求し、新たな収益の柱を構築する。
岡山県産農産物を使った、テイクアウトも可能なメニューを提供するオープンカフェ事業新型コロナウイルス感染症の拡大により学習塾運営事業の売上が大幅に減少している。そのため、コロナ禍でも拡大しているテイクアウトの需要を捉え、岡山県産農産物を使ったカフェメニューを提供するオープンカフェ事業を開始し、事業の再構築を行う。
コロナの影響から回復するための新業態(カレー×テイクアウト)への転換広島市中区舟入でバー・居酒屋を経営してきた当社はコロナ禍で、営業自粛等による売上の減少という影響を受けた。この状況から脱却するために、コロナの影響を受けにくいカレー×テイクアウトという業態で出店する。
コロナ禍に則り、ネットオーダーシステムを活用した新規テイクアウト・デリバリー事業コロナ禍による飲食店の来店控え、ロシア・ウクライナ情勢による仕入価格の高騰により売上が大幅悪化。

コロナ対策を徹底すると共に、ネットオーダーシステムを活用した、テイクアウト・デリバリー事業を新たに取り組む。

ウィズコロナ・アフターコロナを見据えたテイクアウト主体の飲食事業コロナ禍で飲食店6店舗の売上が大幅に減少したことを鑑み、コロナ対策の徹底と、新たな販路を開拓すべく、ネットオーダーシステムを活用したテイクアウト事業ならびにキッチンカーによる移動販売事業に取り組む。
ネットオーダーシステムを活用したフルーツ盛り合わせ・アラカルトのテイクアウト事業コロナ禍、ロシア・ウクライナ情勢により既存のカラオケリース・フレグランス事業の売上が大幅悪化した状況を鑑み、コロナ禍・コロナ後に則ったフルーツ盛り合わせ・アラカルトのテイクアウト販売事業に取り組む。
老舗レストランがコロナ禍でも運営できるテイクアウト専門店へ事業転換現在の人員で対応でき、コロナ禍でも営業でき、既存事業とのシナジー効果が得られ、既に既存事業の顧客80%に営業開拓済であるテイクアウト専門店に事業転換する
老舗もみじ饅頭屋が自慢のあんこを活かしたテイクアウトドリンク販売に挑戦コロナ禍影響で宮島島内では店内飲食からテイクアウト(食べ歩き文化)へ移行していることに対応するため、伝統の製餡技術により製造された自慢のあんこを活用したテイクアウト専用の餡子フローズンドリンクを開発。宮島の新たな見栄えの良いご当地商品として提供する。
豊富な鮮魚を使った寿司と惣菜のテイクアウト販売コロナ禍で飲食店向けの卸売が減少する一方で、個人向けの鮮魚販売は順調に推移しているため、新たに豊富な鮮魚を使った寿司及び惣菜の加工販売を行うことで、個人向けの売上高を伸ばし、事業再構築を図る。
高級日本料理店手造りからすみのテイクアウト&ネット販売事業コロナ拡大による売上高の減少と予約キャンセルによる仕入れロス増加の打開策として、既存顧客からの要望や宅飲み需要の高級志向化に対応すべく、『手造りからすみ』のテイクアウト&ネット販売事業により、新たな販売チャネル(EC)を構築する。
三木町にてワンランク上の洋食とテイクアウトサービスの新事業展開課題はコロナによる学校閉鎖による売上減少と物価高騰による利益圧迫である。ランチ需要に対して飲食店が少ない三木町に新店舗を構え、労働者向けのランチとテイクアウト品を提供することでV字回復を図る取り組み。
イートイン・テイクアウト・ECサービスを同時に行う "新時代のティールーム"ウィズコロナ・ポストコロナ時代のイートイン(観光客様・地元客様)+テイクアウト(地元客様)+EC(全国のお客様)全ての需要に一括にお応えする、これからの時代に相応しい店舗機能と工房機能を併せ持った設備を設け、デジタル技術・コンピュータ技術を利用する新サービスの提供に挑戦します。
日本中から愛される【車】や【バイク】好きが集まるテイクアウトを主とするカフェレストラン長年の【飲食事業】の経験を活かして【中古車販売事業】の売上拡大を図るため、【ヴィンテージカー】や【ヴィンテージバイク】を楽しむことができる【テイクアウト】を主とした【カフェレストラン】を併設する中古車販売店への業態転換
テイクアウト品に使用する保冷剤製造新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて食事の需要が激減すると共に当社の商品需要も激減した。今後の影響も不透明である中で、思い切って既存事業の製造ラインを一部撤去して、成長する中食産業に合わせて、小型保冷剤の製造を行う。
漁業の町が連携!海産逸品 テイクアウト・物販新業態店への挑戦現在、鰹など鮮魚・海鮮料理メインの居酒屋を運営しているがコロナの影響が深刻。評判の活魚料理の強みと地元の宇佐町事業者との連携で、テイクアウト・物販の地域連携、新型アンテナショップへの挑戦を行う。
テイクアウト専門店とテラスの設置で、地域の憩いの場に業態転換店内飲食の厳しいラーメン専門店を改装し、タコス専門のテイクアウト窓口の設置により、立地の強みを生かして、バス利用の乗客、休日のツーリンググループ客に向けたテラス休憩も可能なテイクアウトサービスへ業態転換する。
テイクアウトと配達も利用できる惣菜を中心とした飲食店の出店事業計画の概要 既存事業では、自動車の整備・点検及び自動車の販売やレンタカーとして自動車の貸し出しを行っている。新型コロナウィルスの影響により、来店客の減少や、自動車の納期遅延が発生し業績が悪化。新規事業として既存事業と同市内に店舗を借り、日中は惣菜のテイクアウトと弁当の配達を行い、夜はテイクアウトも行いながら居酒屋として運営する店舗を立ち上げ、事業再構築を図る。
一流の料理をテイクアウトでお手軽に!新分野展開により売上UP今回の補助事業で新たにテイクアウト事業への新分野展開を行う。テイクアウト市場は現在拡大しており、今後も伸びていく分野である。補助事業の主な内容として、店舗の改装・新店舗開店に必要な機器の購入・新たな事業を始めるにあたっての広告宣伝を行う。
コロナ禍を配慮した物販事業、テイクアウト事業、EC事業を軸としたマルチチャネル戦略の展開創業以来、福岡県春日市で飲食店(東インド料理店)事業を営んできたが、コロナ禍の来店客数減少、売上下落に対応すべく、新規業態としてマルチチャネル化を図り、脱コロナ禍後でのニーズに合う物販事業、テイクアウト事業、EC事業をメインの柱とする東インド/ベンガル地方に特化したアンテナショップを福岡市内に新規業態店舗としてオープンさせる。
イタリアンレストランからテイクアウト専門店へ業態転換本事業は弊社の主たる業種、飲食店に該当するレストラン業務を変更し、ナポリピッツァのテイクアウト専門店に業態転換する。コロナ禍で成長し今後も成長し続けることが見込まれるピザ業界に参入しV字回復をする。また糸島市初のイタリア政府公認の『真のナポリピッツァ協会』認定店となることで筑前前原地区に観光客を呼び込み地域を活性化させる。
うどん屋の人気の味と素材を活かしたカレーパンのテイクアウト販売当社はうどん店を運営しているが、新型コロナウイルスの影響によりお客様の来店機会が激減し、大きく売上が落ち込んでいる。そこで、当社の強みを活かしつつ、新たな客層を狙った新商品をテイクアウト販売で展開して、新市場を開拓する。
当店オリジナルのカタラーナに特化したテイクアウト専門店の展開コロナ禍において当店を取り巻く事業環境は一変しており既存事業では集客が難しいため、既存事業で培った強みを活かして当店オリジナルスイーツ「カタラーナ」に特化したテイクアウト専門店を開始し売上向上を図る。
ボリューム満点 天神名物本格的アメリカンランチのテイクアウト「アメリカと福岡の文化の架け橋」を目的とし、今まで培ってきた知識で、アメリカ産牛肉や福岡県の規格外や端材等の食材を使い「本格的アメリカンテイスト」のメニューを、地域住民や今後確実に増加するであろう国内外観光客へ手軽でコロナ感染リスクを気にすることなく環境に配慮した商品を購入できるテイクアウトサービスを開始します。
観光客向け「体験型」海鮮専門のイートイン&テイクアウト店の実現コロナの影響で、感染対策のできない店舗環境の当社は売上が激減した。本事業では、感染リスクの低い個室、テラスに加えテイクアウト対応が可能な体験型の海鮮丼・寿司を提供する店舗に転換し、売上回復を図る。
屋台時代のラーメンと焼き飯を提供する新規店とテイクアウト事業強化弊社は、福岡市博多区で焼き鳥店2店舗を運営しています。2020(令和元)年の新型コロナウイルス感染拡大で、団体客、グループ客が激減し経営難に陥っています。その対応策として、約30年前に博多区で営業していた屋台時代に人気メニューだったラーメンと焼き飯を主にした食事専門店を新規オープンさせることと、テイクアウト事業の強化により、アルコールや会食需要のみに依存しない経営を行います。
老舗の天ぷらをテイクアウトでお手軽に!新事業で売上UPを図る今回の補助事業で新たにテイクアウト事業へ、参入し新分野展開を行う。その為の主な内容として、店舗の改装・新事業に必要な機器の購入・新たな事業を始めるにあたっての広告宣伝(一部経費削減の為、自社で行う)を行う。
スパイスカレードッグのテイクアウト事業ショットバー一筋で20年以上営業してきた事業者が、コロナ禍で激変した事業環境を改善すべく、美容と健康意識の高まりを背景に、久留米地区にほとんど競合のないスパイスカレードッグ専門店をオープンし、食事のテイクアウト事業に新規参入する。
業歴40年の精肉店が運営するテイクアウト、デリバリーに対応したとんかつ屋現在は小売・卸売業として営業を行っており、今回新たに飲食業として事業を展開する。卸売事業の取引先の中でもテイクアウト、デリバリーを行う飲食店からの精肉の注文数は増加していることに着目し、自身でも本補助金を利用しテイクアウト、デリバリーも行う飲食店を開業することを決断。また新たな店舗の設備で既存小売店の設備では調理できない新たな商品を造り、既存小売店に運んだあとテイクアウト販売をする。
大豆ミートハンバーガー開発によるテイクアウト事業への新分野展開アフターコロナ・Withコロナの中で経営を継続させるための新たな売上や利益を作る事業として、今後市場や認知拡大が見込まれる「大豆ミート」を活用した「大豆ミートハンバーガー」を新商品開発し、販売する施策。
地元食材を活かしたテイクアウト事業と産直市による新規顧客開拓本事業では、新型コロナウイルスの影響で売上が大幅に減少した既存事業である「日本料理店」の事業再構築に取り組み、新たに「地元食材を活かしたテイクアウト事業と産直市による新規顧客開拓」を立ち上げ、新型コロナウイルス禍でも売上を確保することが可能な体制を構築する。事業再構築の類型としては「新分野展開」に取り組む。
新商品トルコライス等のテイクアウトとデリバリーで売上拡大黒毛和牛を使用したピリ辛黒カレーライスを提供する「黒丸カレー」(2021年7月オープン)では、新メニューの開発、デリバリーサービスの充実、人気ジェラート店とのコラボレーションを行い、ターゲット層の拡大及び販売エリアの拡大を進める。
地域初の体験型お弁当総菜テイクアウト店の新展開現在当社は、自社運営の農産物直売所で農産物の小売業を行っている。新型コロナウイルスの感染拡大により悪化した業績を早期に回復させるため、新たにテイクアウト専門の弁当・総菜製造業に業態転換して、業績回復さらに収益の拡大を図っていく。
テイクアウト中心の辛いラーメン専門店で熊本一位を目指す自動車販売業からテイクアウト可能な辛いラーメン店を開業することで、「食」を通じ、ウィズコロナにも対応した新規事業に挑戦する。
郊外店舗での新たな客層マーケットへの「肉料理」のテイクアウト・デリバリーサービス事業熊本市中心部にて、イートインサービスを主とした洋風居酒屋スタイルでの事業を行ってましたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、来店客数が激減し、売上も減少しました。そこで、駐車場を完備した郊外へ移転し、新たに洋風スタイルでのテイクアウト・デリバリーサービスによる新たなターゲット層及びマーケットでの事業展開を行います。
新しい生活様式に対応した焼肉の無人販売機によるテイクアウト事業の構築焼肉や冷麺等のバラエティーに富んだメニューを冷凍加工し、無人販売機による非対面方式にて販売を行う。複数台の無人販売機を設置することで多彩な商品を提供し、計画5年次の無人販売機売上構成比11.2%を目指す。
あきずに食べ続けられる鶏料理を提供する鶏鍋・テイクアウト店への新分野展開新たに鶏鍋・テイクアウト店への新分野展開を行う。宮崎の人気カレー鍋店の技術を継承しながら、当店オリジナルの鶏鍋メニューと雛鳥のテイクアウト商品も開発。コロナの影響を打破するビジネスモデル構築を目指す。
新しい生活様式に対応したテイクアウト専門店『アンマーの琉球カステラ』当社は観光客向け飲食店への人材派遣、技術指導、新メニュー開発が主業です。しかし、コロナ禍の影響で売上が減少しました。今回、琉球カステラ、テイクアウト専門店を開業します。既存の就業支援事業の業務を確保し、地元向けBtoC事業に参入して新分野展開します。
沖縄の果物を原料としたラスクの開発とテイクアウト専門店の出店沖縄産の果物を原料としたクロワッサン・ラスクを開発し、沖縄県の新たな定番スイーツ・お土産品を目指す。そして、観光客が年々増加しており、注目を集めている沖縄県恩納村にて、テイクアウト専門店として出店する。
コロナ禍で高まるお手頃価格なテイクアウトスイーツ専門店に挑戦コロナ禍で成長するテイクアウト市場と手軽に購入できるスイーツニーズの高まりを捉え、テイクアウトスイーツ専門店に挑戦。既存のダイビングサービス後の楽しみとしての提案も行い、既存事業との相乗効果を図る。
遊休地を利用したテイクアウト事業で“やんばる”の魅力発信と食事難を解決当社遊休地を使い厨房キッチンを建築し、地域観光客・宿泊客に、高級レストランレベルのフレンチ・テイクアウト料理を提供する。それにより沖縄食材の魅力発信と、やんばる食事提供の課題解決に取り組む。
島民も観光客も便利に美味しく!石垣島の食に特化した冷凍食品とテイクアウト事業鮮魚販売事業と飲食業を持続的経営へ再構築するために、石垣島・沖縄の農水産物を冷凍加工し、テイクアウト販売や宿泊施設での売店販売を強化。さらなる新分野展開を行う。本事業は冷凍加工、テイクアウト事業の強化を行うことで、新分野展開へ舵をきり、鮮魚販売事業と飲食業のさらなる売上アップの相乗効果となる、思い切った取り組みである。そしてさらに当事業所の付加価値が生まれ、生産性も向上し、新たな雇用も生み出す。
北海道産自社ブランド豚肉と地元野菜を活用した惣菜のテイクアウト販売養豚業、食肉卸・小売業の当社は、コロナ禍にて飲食店向け卸売の売上回復が厳しい状況である。新たに自社ブランド豚肉と地元野菜を原料とした惣菜商品を開発し、ウィズコロナ時代に対応した店舗販売で売上増を目指す。
オンライン料理教室とテイクアウトキッチンスタジオオンラインの料理教室およびデリカの販売を行えるキッチンスタジオの開設。
店内飲食からテイクアウト業態への完全転換によるウィズコロナ対応現在はラーメン店舗を経営し店内飲食という業態。コロナ禍では「店内飲食」から「テイクアウト・デリバリー」へのシフトが進んでおり、2022年4月に移転リニューアルする「道の駅おとふけ」のフードコートにおいて、100%テイクアウト業態に転換して事業の再構築を図る。
すきやき しゃぶしゃぶ店が手掛けるお好み焼きテイクアウト事業お好み焼きのテイクアウト・デリバリーを開始し、現状夜しか営業していない店舗でランチタイムの売り上げを確保するとともに、近隣オフィスワーカーやスナック等といった新たな顧客層を開拓する。
テイクアウトを主体とする店舗「puratto-coffee」の開業コロナ渦におけるテイクアウト需要に対応するため、テイクアウトを主体とする店舗「puratto-coffee」を開業し、「withコロナ」に適応できる体制を整えて参ります。
バー飲食店からテイクアウトへの転換手作りサラダと自家製ドレッシングと入れたてコーヒー専門店への事業転換
函館元町公園で展開するJolly Jellyfishスイーツテイクアウト販売の開始函館市歴史街地区の中心「元町公園内」で、テイクアウトに特化した当社Jolly Jellyfishスタイルのスイーツ販売を行います。観光客だけでなく、コロナ禍を避けて増加した公園利用客に商品を提供し、町全体の活性化を図ります。
選べる華やかな多品種テイクアウトコンボの販売15種類ほどの華やかなお惣菜をケーキ店のような冷蔵ショーケースに並べ、お客様自ら9種類チョイスして詰め合わせる新スタイルのごちそうテイクアウトサービス。
北海道の安心安全食材にこだわった テイクアウト専門「おにぎり&ソフトクリーム店」と 高級具材の自動販売「安心安全な北海道産食材×手作り」をコンセプトとしたおにぎりを中心に、漬物や味噌汁などのサイドメニューを製造販売するテイクアウト・デリバリー専門店を開業。また、おにぎりの具材として使用する、いくら、ホタテなどの高級水産加工品はオリジナルブランドとしてパッケージ化して、店内+エントランス付近に設置する冷凍自動販売機で24時間、無人で販売します。
清掃会社のドーナツテイクアウト事業への新規参入新型コロナウィルスによる影響が長期化し、テイクアウト需要が高まる中、ドーナツテイクアウト事業への新分野展開を行うことにより、当社の売上高増加と更なる基盤強化を目指すものです。
熟練の技と最高級のすし食材を新たな魚料理に活かした、2店の複合店舗展開とECサイトによるテイクアウト・ギフト商品の販売現在、北海道内にグループ店を含めて3店舗経営している既存すし店の1店舗を縮小移転し、「すし店」と「炉端焼き店」2店を複合させた新店舗をオープンさせ、炉端焼きを主力とする運営に順次業態転換する。
高級クレープのテイクアウト専門店およびオンライン販売によるV字事業オリジナルスイーツのイートインカフェから、テイクアウト・オンライン販売向けスイーツの商品開発を行うとともに、テイクアウト専門店の新設及びオンライン通販サイトを構築することで、コロナ禍で在食が増えているお客様に青森の高級果物を使用した特別感のあるラップクレープを楽しんでいただきつつ、V字回復を図る。
テイクアウト主体の飲食業態への転換で新たな客層を獲得自家焙煎したスペシャルティコーヒーの豆販売をしているが、コロナ禍の新しい生活様式の浸透で売上が減少している。通行量の多い目抜き通りに移転、テイクアウト主体の飲食業態へ転換することで新規顧客獲得を目指す。
テイクアウト専門の弁当惣菜店の開業で外食から中食市場へ進出コロナ禍の影響で売上が減少し飲食店のみの経営では事業継続が困難な状況となっている。そこで、ウィズ・ポストコロナ時代に順応するため、調理技術等を活かし新たにテイクアウト専門の総菜・弁当店を開業し中食市場に進出することで新たな顧客獲得と売上創出を図る。
絶品!藁焼き居酒屋による焼き鳥のテイクアウト販売事業仙台市郊外立地の居酒屋店舗に独自の調理法による藁焼き焼き鳥をテイクアウトにて提供する事業。宴会需要が減少する中で施設内の座敷を改造活用し焼鳥の串刺し加工場を整備し卸販売により販路を拡大させる。
ポストコロナに対応した少人数会食とテイクアウト事業への転換主力であった法事会食は縮小見込みであることから、今後の動向を見越し、ターゲットを少人数団体客とし、商圏を既存の東和町に加え隣町へと拡大する。また、テイクアウトの形態に転換し、売上増加を図る。
建設業から地域密着のキッチンカー・テイクアウト事業への挑戦当社は建設工事業に取り組んできた。関東の案件も取り扱っていたが、新型コロナウィルスの影響で県外の工事案件が激減。そこで地元秋田県で事業を行うためにキッチンカー及びテイクアウト事業に着手する。
店舗改装による、テイクアウト商品の開発と販売による市場の拡大現在ワークショップをしている店舗にイートインスペースを作りランチなどを提供する。また、テイクアウト販売や、宅配などもできるように店舗を改修する。加えて国道113号線に隣接する強みを活かすため、駐車場の補修を行う。
事業再編を通したテイクアウト事業と地域初の飲食業態への挑戦現在、ラーメン店を営んでいるが新型コロナの影響により売上が減少している。事業再編を通し、からあげテイクアウト事業と地域初の業態であるナポリタン専門店を行い収益の確保を行う。
地域初の専門店のオープンとテイクアウト・デリバリー需要の獲得当社は夜を中心とした飲食店を営んでいたが新型コロナウイルスの影響を受け売上が減少している。影響の少ない昼の業態に変更すると共に、テイクアウト、デリバリーも行うことで、売上の確保、雇用の維持を図る。
和風居酒屋が取り組む本格洋菓子のテイクアウト居酒屋営業におけるコロナ禍の休業協力や時短営業による売上低迷、テイクアウトの他社差別化といった経営課題を解決するために、代取夫人のパティシエ経験を生かした付加価値の高い洋菓子製造販売を事業化する。
老舗ラーメン店が作るテイクアウト専門からあげ店舗事業有名ラーメン店の秘伝のタレを使ったテイクアウトからあげ専門店の開業計画。事前注文システム・決済システムを取り入れ、非接触型にすることで、アフターコロナに対応した事業にしていく。
本格イタリアンレストランが手掛けるテイクアウト専門店への進出計画茨城県内にてイタリアンレストラン3店舗経営してきたノウハウを活かし、テイクアウト専門店を運営する。レストランシェフにより惣菜専用のメニューを開発し、それぞれに合ったワイン等の案内、提供も行う。
地元農産物を使用したオリジナル石窯パンの「テイクアウト専門店付自社製造工場」の新設事業自社製造工場を新設し地元農産物を使用したオリジナル石窯パンを製造する。併設のテイクアウト専門店での販売、既存店舗8店での販売及び通信販売する事で、テイクアウト・郊外・少人数需要を掘り起こし新市場を開拓する。
自社製粉製麺工房の設置とテイクアウトを含めた和風カフェの新設による個人旅行客の取り込み既存の物産品販売スペースを撤去し、手打ちそばの実演コーナーと昼食時間外の客を取り込むための和風カフェに改装し、テイクアウト商品の提供を合わせながら事業を再構築する
非接触型テイクアウト専門店ニッチな商品のドライブスルーテイクアウト専門店で新たな事業基盤を創出する。

典型的なレストラン・カフェを受託営業する企業が、外食産業の衰退と将来のシフトを見据えて、新たにデジタル化を徹底活用した食品の製造販売事業を立ち上げ経営基盤を強化する。

太陽光発電施工事業からテイクアウト中心の「海鮮唐揚げ店」への新規参入太陽光発電施工及び通信施工事業からコロナ禍でも需要が見込める「からあげ専門店」に新規参入する事業。人気からあげ専門店「光苑」のノウハウを活用して近隣店舗との差別化を図り、群馬県内に初出店し、早急な事業再構築を図る。
和牛の廃棄部位を活用したカジュアルテイクアウトでの事業再構築コロナ禍で店内飲食客が激減している。そこで和牛の廃棄部位を使用した新製品及び新提供手法を開発し、「テイクアウト市場の拡大」「カジュアルな軽食需要の増大」「SDGsへの関心の高まり」に応えることで事業再構築を図る。
ターゲットを180度変えるテイクアウト併設のカフェへの業種転換当社は婦人服等の販売をしており、顧客の高齢化、EC化で事業縮小が加速し、成長が難しい状況にある。そこで、ターゲットを地元客から観光客に変え、立地を活かした新たなテイクアウト併設のカフェに業種転換を行う。
自動化・省人化・非接触化を実現したテイクアウト事業への展開計画コロナ化でそば粉の販売が減り、既存事業は規模の縮小を余儀なくされている。一方でライフスタイルの変化・女性の社会進出によってテイクアウト市場拡大が見込まれるため、みんなに愛される取り弁当のテイクアウト事業を新規展開する。
テイクアウト・デリバリーをメインとした新店舗による業態転換既存のフレンチレストランと別の場所で新たに「金目鯛の煮付け重」をメインとした和食店を開店し、テイクアウト・デリバリーをメインとした事業を行います。
創業明治18年の料亭のテイクアウト・デリバリー事業への進出当社は明治18年より続く料亭を営んでいるが新型コロナ感染拡大による宴会等の大人数で集まる機会が減少し経営に打撃を受けている。この危機を乗り越えるため新事業としてテイクアウト、デリバリー事業を開始する。
居酒屋が展開する特製弁当、人気総菜のテイクアウト事業新型コロナの打撃を受け、経営を再構築するために既存事業との相乗効果が発揮でき、かつ人気食材を使用した弁当と店舗で人気の高い総菜をテイクアウトで販売する事業を展開します。本格的な業態転換のためテイクアウト用厨房を新設します。
水産卸が魚目利き技術を用いてイタリア料理店のテイクアウト販売に挑戦水産卸である当社がコロナ禍で経営が厳しくなったことを機に、自社の強みである水産物の目利き技術や仕入れを武器にイタリア料理店を開店し、消費者のテイクアウトニーズを獲得する新たな挑戦。仕入れの強みを活かした良質な食材とオリジナルメニューにより店の業績を高め、水産卸との相乗効果も創出する。
非対面・非接触かつテイクアウトに特化した鶏肉餃子事業計画これまでの居酒屋事業から餃子を中心とする中華料理店に事業転換をし、コロナによって変化した食の需要に対応するためテイクアウトやデリバリー、デジタル技術を取り入れ、アフターコロナを見据えた業績のV字回復を狙っていきます。
アフターコロナの経済復興に向けた昼営業主体でテイクアウトもできるカジュアルイタリアン業態の事業再構築計画長引くコロナ禍で窮境状態にある“居酒屋業態”から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応する家族で地元で気軽に行けるカジュアルイタリアン 業態のイートイン・テイクアウト・デリバリー業態を展開する
ピザレストランがピザテイクアウト専門店を開店して利益向上当社はピザレストランであるが、コロナ禍で来客数が減少し経営を圧迫している。本場ナポリのおいしいピザを武器に、ピザテイクアウト店として新たな顧客獲得を目指す。
昼営業主体の旬の食材を用いたサンドイッチ・テイクアウト販売店の新規事業展開計画コロナ禍で既存事業である居酒屋業態は大きな影響を受けました。

コロナ禍・アフターコロナに対応したサンドイッチ小売販売店を新規展開し、新たな収益の柱を構築いたします。

寿司カフェによるテイクアウト・デリバリー主体の業態転換(新分野展開)テイクアウトとデリバリーを主にイートインも可能な店舗とし、ロボット導入により生産を半自動化し、セルフレジ導入によりサービスオペレーションも極力軽くして少人数運営が可能な『寿司カフェ業態』の構築と展開をする。
パティシエのいるカフェ&デリバリー・テイクアウト専門店美味しいケーキやお菓子などを手軽な値段で食べたいという要望とコロナ禍の影響で商品を届けてほしいという需要を組み合わせた店舗(カフェ&デリバリー・テイクアウト専門店)の出店である。甘いものが好きな人とコロナウイルスの影響で増えた在宅ワーカーにターゲットを絞ることで、競合が少ない層をターゲット(ご飯ではなく、デザートやおやつ等)に運営することができる。
ウィズコロナに対応したテイクアウト専門唐揚げ店への参入本事業では唐揚げテイクアウト専門店を出店し、飲食業に参入することで業績回復が見込めない既存事業に代替する収入源を確保する。既存事業は設備投資に大きく依存したビジネスモデルであったが、小額投資で小回りの利く飲食業に参入し、新分野展開を図る。
妥協なき作業と最新設備で作るテイクアウト&取り寄せ「うどん」の提供最新対流方式の「釜」とゆで立てのうどんを瞬時且つ均質に締める「シンク」を導入。本場のうどんを茹でたての味を落とさずに宅配可能なものに変える。また贈答用に日持ちする麵も開発し、ネット通販も開始する。
テイクアウト・宅配向けタコス専門事業によるコロナ禍の業績回復飲食店を経営している当店は新型コロナ流行による時短勤務や酒類提供自粛により売上が大幅に減少。そこで、コロナ禍に市場が急成長しているテイクアウト市場・宅配市場へ事業展開を図ることで業績のV時回復を目指す。
手土産・贈答用も視野に入れた国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店事業国産一口せせり餃子のテイクアウト専門店は、鳥のせせりを使用し手土産・贈答用に高級感を持たせた製品として競合と差別化する事業計画であり、新型コロナの影響で拡大する中食需要を捉え起死回生を図るものである。
創作イタリアン・スパニッシュ料理のテイクアウト専門店 さんかくやいろいろな料理を、家で楽しめるテイクアウト専門店の開業。お弁当・総菜店のような、「大衆向け・低価格・品数の少ないお弁当」をメインではなく、「宅飲みを楽しむ惣菜屋・近所にあるデパ地下のような惣菜屋・お持ち帰りできる創作イタリアン・スパニッシュ料理」を提供。
テイクアウト&デリバリーを専門としたエスニック料理店の開店新型コロナウイルス感染症下でニーズの高まっている、テイクアウト・デリバリー事業に特化した形態で、健康志向の高まりに合わせて、新陳代謝を促進するエスニック料理店を開店する。
イートインから転換!グルテンフリー食品のテイクアウト専門店にイートイン専門の不採算店舗を事業転換し、テイクアウト専門店を出店します。全国でもめずらしいグルテンフリー取扱店として、コロナ禍で逆風となった顧客動向を向かい風に変え、売上向上を目指します。
冷凍食品・ホットスナックのテイクアウト商品の販売事業捨てるを利益に!『モッタイナイ』をゼロに!プロの味がいつでも家庭で味わえる、主婦にも、子供にも、高齢者にも、そして地球にも優しい、アウトレット食材を使った冷蔵・冷凍惣菜、ホットスナックのテイクアウト販売事業
自家製野菜味噌の開発と、当社鍋セットのテイクアウト事業コロナにより飲食の新しい生活スタイルが確立されたことで飲食店のあり方が変化した、この変化に対応すべく新たに自家製野菜味噌の商品開発と、お家鍋セットのテイクアウト事業を実施し、再起を図る。
全国の国産ワインと契約農家の無農薬野菜を使った総菜テイクアウト事業コロナの影響による来客数の大幅な減少により厳しい経営状況が続く中、地域のニーズから全国の契約ワイナリーから国産ワインと無農野菜を使った総菜テイクアウト事業を行う。コロナによる生活スタイルの変化によりお店のメニューを自宅で味わうスタイルの確立。
惣菜テイクアウトの新規展開による事業再構築計画既存の店舗形式のアルコール提供店による収益はコロナ禍では望めないため、テイクアウトに特化した形式の惣菜(フード)商品による収益を獲得することにより、会社の今後の経営のリスク分散を行い、経営を安定化させていきます。
感染症リスク低減を重視した「から揚げテイクアウト専門店」及び「高級寿司店」の新規展開による事業再構築計画東京都内で焼肉店を経営する当社は、新型コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調な「から揚げテイクアウト専門店」並びにプレミアム消費が見込める「高級寿司店」を新たに展開することで、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
イートインカフェから「トッピング式おむすび・海苔弁」のテイクアウト・デリバリーへの転換イートインスタイルのカフェ営業から、トッピング式海苔弁とおむすびのテイクアウト・デリバリ―に業態転換をし、さらに、同時に展開していたオーガニックエステサロンから、オーガニックコスメのEC販売へ変更する。
ウィズコロナにおける0.7食ニーズに合わせたテイクアウト業態への業態転換10年間継続してきた「イートイン型」店舗(都心部オフィス街)がコロナにより壊滅的となった現在でも、業績が好調とされる「テイクアウトメイン型」の店舗へと「業態転換」、さらに積極的にloTを取り入れ、新たな収益の柱と新規雇用を生み出します。
テイクアウト・デリバリーにも対応したカンボジア料理店事業日本では珍しいカンボジア料理、特にテイクアウト/デリバリーメニュー豊富なコンセプトの飲食店開業を行い、自社輸入カンボジア産ビール/コーヒーの販路拡大を含めた事業の普及拡大を目指す
オリジナル麺×テイクアウト・デリバリー×地域活性化ウーバーイーツや出前館などのデリバリーやテイクアウトに適した店舗を立ち上げる。オリジナル麵「胚芽麵」の開発、地元農家との提携した商品開発、感染症対策やキャッシュレス機器の導入等の新しいスタイルの店舗とする。
テイクアウトと移動販売が主軸のドミナント戦略型店舗への転換入手困難な鶏の白レバーを使用したテイクアウト専門店への業態転換計画。北千住での集中多店舗経営による現行店舗とテイクアウト専門店+キッチンカー(移動販売)で相乗効果を狙う。新店舗ではセントラルキッチンを採用、EC販売も視野に入れる。
銀座老舗日本料理店の新業態「高級立ち食い寿司店とテイクアウト&デリバリー事業」既存店舗は厨房が狭く生産効率が悪い、コース料理がメインのため顧客回転率が低いという課題がある。そこで広い厨房を備えた本格江戸前立ち食い寿司店舗を新展開することで、テイクアウト&デリバリー需要とファーストフード需要を取り込み、売上拡大を実現する。
コロナ対策を徹底した非接触型の洋食とスイーツ主体レストランとテイクアウト新業態の事業化コロナ禍において、徹底した非接触型レストラン業態の店舗を展開する。また、有名パティシエ監修の元、新たにスイーツを自社で製造しテイクアウトでも提供する。注文から配膳・決済まで全てにおいて、お客様と店員が接触しない安心安全な、それでいて、ITとロボットを活用したテーマパークのような楽しいレストランにする。
居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業「居酒屋メニューの在宅需要に応えるテイクアウト、宅配及びネット販売事業」を開始することにより、コロナ禍以降特に成長し、さらに今後より一層の成長が見込まれる「中食市場」に進出する計画。
テイクアウトブースを設けた、天ぷらと細巻きをメインとした店舗を新規出店現在はバル業態を運営しており、コロナ禍で売上げが減少し、又、テイクアウトのスペースを確保が難しいのが現状である。そこで今回新たにテイクアウトに力を入れた天ぷらと細巻きに特化した店舗を新規出店する。それにより、既存事業との相乗効果による売上げ増と新たな雇用で社会に貢献する。
自家焙煎珈琲豆の販売とテイクアウトのできるコーヒーカクテルバーテレワーク時代を考慮して、昼にはシングルオリジン珈琲豆の自家焙煎販売を行いテイクアウトのできるカフェを営業、夜には16年間培ってきたバーのカクテル技術、接客技術を活かしコーヒーカクテルバーとして二毛作で営業を行うお店。
万全の換気とテイクアウト・デリバリー販売機能を備えたハラール対応焼肉店の開業店内飲食のみのパキスタン郷土料理レストラン」から、「ハラール対応、コロナ感染症対策換気設備完備・デリバリー・テイクアウト対応の複合型焼肉レストラン」へ転換する。日本国内にはハラール対応の飲食店は希少であり、ムスリムにとってはお店を気軽に使いづらい環境で

あるため、そのような状況を改善していくことが、当社の使命であると考えている。

革新的居酒屋テイクアウト・デリバリーメニューで競争力と生産性の向上自家製高級食パンやバンズを使用したオリジナルサンドイッチを居酒屋のランチ・テイクアウト・デリバリーメニューとして提供することで、新しい生活様式に対応したビジネスモデルを展開し、競争力と生産性の向上を図る。
安心・安全な3Dデザインスイーツのテイクアウト&通販事業今後起こる未知の脅威に対してフレキシブルに自社の経営資源をリソーシングできるように、新たに製菓を製造販売出来る店舗とECサイトを作り、そこで新しいデザインと製造方法を取り入れた洋菓子をトレンドに敏感な層や富裕層に開発・製造・販売いたします。常に新しい驚きや感動を求められる手土産需要やお祝い、SNS映え、自分へのご褒美などのニーズに応える事業である。
高級とんかつ店の伝統の味を、テイクアウト・デリバリー・ECを活用して全国の食卓に届ける!①テイクアウト・デリバリー専門店の展開、②最先端の瞬間冷凍技術を活かしたEC販売により、これまで40年間飲食店で提供してきた伝統のとんかつの味を全国の食卓に届け、来店客のみに依存しない業態への転換を図る。
野菜ソムリエによるフルーツ&ベジタブルキッチンの開設(テイクアウト・調理加工食品の販売)野菜ソムリエによるフルーツ&ベジタブルキッチンを開業し、青果をふんだんに取り入れた調理加工食品をテイクアウト販売で提供します。地域のお客様の食を支え、皆様の健康維持に貢献していきます。フードロス問題にも積極的に取り組みます。
福島県銘柄鶏<伊達鶏>串焼き居酒屋のEC・テイクアウト事業参入感染対策を徹底し顧客が安心して食事できる店づくりをすると同時に、顧客の待ち時間を低減するモバイルオーダーによる窓口販売と冷凍自動販売機による販売を実施します。さらに、観光の思い出を一度で終わらせず、リピートでの売上につなげ、顧客の生涯価値(Life Time Value)を拡大するためのEC整備を実施します。
飲食店コンサルティング会社の強みを活かしたテイクアウト専門店の店舗展開飲食店コンサルティング会社の強みを活かし台湾棒餃子と台南魯肉飯のテイクアウト専門店のドミナント展開。1号店をテーマパークに出店し、早期にブランドを作った後に路面店2店舗、合計3店舗を展開する。
フルーツパフェ専門店とテイクアウト商品で地産地消の街づくり郷土の建築家ヴォーリズの建物を改修してフルーツパフェ専門店を運営する。店ではその他滋賀県産フルーツを使い地産地消し、さらに、焼き芋やマリトッツォなどのテイクアウト商品を販売して、補助事業を通して近江八幡市の街づくりに貢献する。
「旨い・安い・早い」をご家庭に!肉まん・点心等中華料理のテイクアウト・ECサイト販売事業コロナ禍における店内飲食の需要低下に伴い、肉まん・点心を軸に新商品を店頭テイクアウト販売を行います。社内のDX化を進め、モバイルオーダーシステムでいつでも出来立てを提供できる環境を整えるとともに自社ECサイトを構築し、新商品の販売も行い新たな顧客獲得へ向けチャレンジします。
商店街からSDGsに取り組み!環境配慮型の新しいテイクアウト販売事業の立ち上げ再構築事業では、居酒屋で使用しているおしゃれで機能的なお皿をテイクアウトに使い、お刺身や総菜をおいしそうに盛り付けを施した状態で販売する新たなテイクアウト事業を立ち上げる。お皿は再度お持ちいただくことで再利用可能となることから、商店街から環境に配慮した取り組みを発信し、顧客の共感を通じて顧客囲い込みへとつなげる。
テイクアウト飲食向けAIによる健康メニューレシピ作成システムの提供コロナ禍により食生活はテイクアウトが定着しているが、健康面を気遣う人々の増加している。味だけでなく健康価値もあるものが必要と考えているため、本計画では個人の健康志向に応える食材とレシピをAI化し、固定客づくり と売上増加を見込めるメニューレシピを提案する。
新鮮国産鶏肉を使用した「焼き鳥・弁当」のテイクアウト専門店事業化当社の鶏肉卸売ルートで培ったノウハウを「テイクアウト専門 焼き鳥・弁当」に集結する。「新鮮若鶏を使用、備長炭で焼き上げる」テイクアウト専門店を展開することで、コロナ禍に負けない事業体制を確立し、収益改善を図る。
テイクアウト・デリバリー事業への業態転換により「食を通じて新たな発信と発見」を実現するための事業移転前までは飲食業として店舗内でのサービス(イートイン)を行っておりましたが、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言等の長期化により、売上が低下。

今後の飲食店舗の在り方や消費者行動の変化に対し、自社の強みをより活かす営業手法として、事業立て直しのため店舗の「移転」と「業態転換」が必要であり本計画を実施しました。

和彩欅の鰻テイクアウト販売による新分野展開による生き残り戦略コロナ禍による影響により経営危機に陥っている状況を打開すべく、2019年5月にオープンした2号店の和彩「欅」の鰻テイクアウト販売事業を基軸とした新分野展開により、事業再構築を図り債務超過の解消と経営の黒字化を推し進める。
独自の熟成加工バナナを使用したバナナジュース専門店のテイクアウト販売コロナの影響により外食市場が縮小する中、当社においても売上が大幅に減少した。

そのため、大胆で思いきった事業再構築を行い、バナナジュースのテイクアウト販売を行うという新分野に挑戦し、売上・利益のV字回復を図る。

イートインカフェ事業→テイクアウト/レンタルカフェスタジオへの事業転換収束が見えないコロナ禍の影響による不安定な事業環境を鑑み、売上の伸長・人件費の抑制とそれによる安定した経営状態を確保する為、イートイン主体であったカフェを移転・新装し、テイクアウト・レンタルスペースに事業転換する。
国産のさつまいもを使用したお芋スイーツのテイクアウト販売店既存事業は主となる出店エリアである駅や空港の需要減少により窮境状態にあるため、国産のさつまいもを使用したお芋スイーツのテイクアウト販売店を新規事業として展開する。
アパレルショップからテイクアウトコーヒーとジェラート販売への挑戦既存のアパレル事業を縮小し、新たに地元企業と連携を図ったテイクアウトコーヒーと本格ジェラートの販売を行います。ウィズコロナ・アフターコロナ時代にも対応すべくテイクアウト事業に参入します。
卸売業から飲食店経営・デリバリー・テイクアウトへ業種転換卸売事業から業種転換を行い、横浜駅西口地下街に新規店舗の飲食店(そば屋)経営、テイクアウト・デリバリー事業に参入する。
お寿司のテイクアウト事業参入昨今の新型コロナウイルス等の感染症に対して、既存のイートイン事業だけでは事業継続に伴うリスク分散が出来ないため。

実際に、アルバイト等でテイクアウト専門店を経験しテイクアウトは感染症に強い事業だと感じました。

食材業者様に対しても一定の仕入れができるため、お互いの利益に繋がる。

既存の店舗にテイクアウトブースを設けることで、イートイン&テイクアウト両方のメリットを見込める。

イートイン業態での売上低下を補うコロナ禍におけるテイクアウト業態での集客ラーメン店の店内飲食の売上減少を補填するため、から揚げ専門店を新たに展開する。これによりテイクアウト需要を取り込み、売り上げ回復のきっかけを掴んでいく。

今後、ラーメンのみにこだわらず他の食文化を取り入れ売り上げを上げていく。

業態転換「テイクアウト事業開始に伴う改修工事および設備投資」計画食中毒等の食の安全を確保した常用で販売できる設備投資とそれらの運用に伴う既存店舗の改装および設備投資。イートインの席数の減少に伴う建築工事とテラス席の全天候型への改良工事
既存の酒販店を一部縮小し、テイクアウト専門店を新規導入する新型コロナウイルスの再拡大時にも事業環境の悪化を防ぐ為 年々売り上げの厳しくなっている酒販店部分を整理・削減し、新たにテイクアウトの専門店を導入することでいままでにないビジネスモデルを構築し、売上高が生まれると見込む
外食から中食へおうち時間で楽しむこだわりの「食」をテイクアウト外食から中食へ、おうち時間を充実させる新規事業を構築。新たに開発した「煮込み料理」のテイクアウトサービスを提供することで競合他社との差別化をはかりアフターコロナに強い事業体制を整える
小田原かまぼこ通りの新拠点 雑貨店併設 海辺のカフェ・テイクアウト事業海辺の観光地「かまぼこ通り」への移転に伴い、雑貨店併設のテイクアウト・店内飲食できるカフェを新たに展開し、地元の特産物を使ったドリンクなどを提供。かまぼこ通りの新拠点をつくる。
日本で一番おいしい本格的ポルトガル料理店 酒場からテイクアウト中心のレストランへの転換既存店の位置する都内から神奈川県横浜市内に移転をして、「酒場からテイクアウト・デリバリーの提供を中心にとしたポルトガル料理の食堂」を新設することで、近隣地域に勤務しているサラリーマン、OLといった新たな顧客層を取り込みます。
こだわりの味を家庭で!炭火やきとりのテイクアウト事業これまで店内飲食でのみしか提供してなかった当社の炭火やきとりのテイクアウトを開始する。目利きによる品質の高い肉とこだわりの炭火焼き技術を生かし、コロナ禍に併せた業態への転換を図るとともに地域に新しいライフスタイルを提案する。
既存店舗のセントラルキッチン化によるテイクアウト・EC事業強化新型コロナの影響により、夜間の店内飲食需要が低下していることから、既存店舗の客席を削減し、キッチンスペースを拡充することでセントラルキッチン化を図る。これにより、テイクアウト事業の強化を図る他、食品EC事業に参入し、コロナ禍においても当社の持続的な成長に繋げていく計画である。
テイクアウト専門サンドウィッチてん「SAND WORKS」の展開ラーメン事業を展開していたが、ウィズコロナ時代に即したテイクアウト販売出来る、新たな商材を開発。24時間稼働の自動販売機を併用し、注文から受け取りまでを非接触で行える、テイクアウトを実現する。
絶景のロケーションで提供する国産スムージーのテイクアウト販売既存事業において、100社以上の八百屋・地域農家とのネットワークを培ってきた当社は、そのリソースを生かし、新たに国産スムージーのテイクアウト販売を駅前ロードサイドで開始することで、売上のV字回復を目指す。
再生資源卸売業から「唐揚げテイクアウト専門店」への業種転換当社は再生資源卸売業を行っているが、異分野となるコインランドリー業にも進出し事業を成長させてきた。この当社の市場の開拓力と調査能力を活かし、ファミリー世帯や単身世帯を対象にした唐揚げのテイクアウト専門店事業を行う。
ミシュラン選出のブランド力を生かしたテイクアウト事業の構築テイクアウト事業に着手するため、狭小である既存店舗を撤退し、新店舗へ移転することに加え、ミシュラン選出の高品質テイクアウト商品を開発するため専用の機械を導入することにより、コロナ禍で需要が高まる中食ニーズを捉え、売上高のV字回復を達成する。
RVパーク(車中泊)の建設とスイーツ専門テイクアウトによる集客増加事業キャンピング需要の高まりから、新たに車中泊施設の開設を行うことで、冷えきえった国内観光地との連携及び観光振興の一助となるだけでなく、これらの来店客も取り込むためにレストラン厨房・休憩施設を改増築し、高齢者向けや時刻限定スイーツ専門のテイクアウトサービスを新たに提供することで、他店にない滞在時間の長い温泉施設として事業再構築を目指す。
金沢の老舗洋食店「自由軒」テイクアウト専用商品等の店舗販売事業明治42年創業の金沢ひがし茶屋街の老舗洋食店「レストラン自由軒」の、名物料理オムライスを使ってテイクアウト用に開発された商品等を、自由軒横の空きスペースを活用した店舗にて販売を行う事業。
工場をリノベーションした健康酵素玄米おにぎりのテイクアウト事業廃業した工場棟をリノベーションし、酵素玄米おにぎりのテイクアウト事業を行い、既存事業の健康サロンとともに『食』も通して、地域住民の健康をトータルでサポートする。
高架下という立地を活かしたテイクアウト一体の非接触型唐揚げ・焼き鳥店を出店弊社の強みであるコミュニケーション能力を新しい形で活かしテイクアウト一体の非接触型店舗を新規事業を行うことで市場の需要ともマッチした店舗を運営する。金沢駅の高架下を栄えさせる JRの新たな取り組みにおいて飲食店の1号店となるため注目を集めやすい利点がある。
国産鳥を使用した体にやさしいテイクアウト型からあげ専門店の開業コロナの影響を受け、エステの経営が厳しい中、からあげブームの好機を捉え、ヘルシーなからげレシピを開発することで他店との差別化を図り、国産鳥を使用した体にやさしいテイクアウト型からあげ専門店を開店する。
ゲストハウス施設の一部を改修してのコッペパンテイクアウト専門店事業への新分野チャレンジコロナ禍で苦境に立たされた宿泊事業とのシナジー効果を生み出すコッペパンテイクアウト専門店を既存ゲストハウスの一部改修して新分野展開を実施する。立地の特性を活かしターゲットに合わせた商材を提供することで事業全体の生産性向上させ成長マインドを確保する。
福井県を代表する食材を使用したテイクアウト販売事業主に敦賀ふぐ、越前かに、若狭牛など福井を代表する食材をリーズナブルに提供してたが、2021年1月に現店舗を閉店し、長引くコロナ禍に対応するため、テイクアウトを中心とした事業形態へ再構築することに致しました。
好立地を活かしテイクアウト・ドライブスルー事業に取り組む「小瀬スポーツ公園」から徒歩3分の立地であり、公園へは車で行く人が多い。この好立地と当店の強みである昭和63年創業の信頼実績と仕入れ力を活かしテイクアウト・ドライブスルー事業に取り組む。
ライブハウス敷地内に設置するオープンカフェのテイクアウト事業安全なイベント開催のため、室内飲食業務をとりやめ、敷地内のオープン広場にカフェを建設し飲食を提供することにより、三密を避ける為の取り組みを推進する。同時に、このスペースを地域交流の場とすることにより、地域の活性化に貢献する。
コインランドリーとの相乗効果を狙うテイクアウトカフェ事業コロナにより打撃を受けたイタリアンレストランが、コインランドリーと同じ敷地内という有利な立地と元エステティシャンが考案する美容系ハーブドリンクを武器に、新たに挑戦するテイクアウトカフェ計画。
フレンチレストランによるカフェ・テイクアウト事業展開現在のフレンチレストランの隣接スペースを新たに賃借し、カフェ事業とテイクアウト事業を開始する。新たな客層に対し、新たな価格帯で、新たなメニューを提供することで、コロナで落ち込んだ業績の回復を図る。
そば屋からテイクアウト専門の生食パン製造・小売業への参入現在そば店を経営しているが、コロナの影響により売上が減少している。当社は調理師や生食パン製造の経験者が集まっており、パン作りのノウハウが豊富な為、成長の見込める生食パンのFCに加盟し、食に携わる多角化経営を行い事業再構築を目指す。
喫茶店およびテイクアウト店新事業出店計画今まで手掛けていなかった家食市場をターゲットとしたピザテイクアウト専門店と、テイクアウトができるベーカリー併設の喫茶店を新規事業として立ち上げる計画です。
生花店に新たなカフェ店(テイクアウト含む)を展開する新分野開発コロナ状況下において本業である生花店の「装飾やイベント等」が減少している。当店の販売・接客技術ノウハウと導入設備との融合により、地域需要の高いスイーツ類を提供するカフェ店を新規展開する事で事業継続と雇用確保を図る。
地元有名中華料理店のテイクアウト専門店への業態転換地元ファミリー向け飲食店として本格中華を提供するビジネスモデルを、人流の多い岐阜市役所新庁舎周辺にてテイクアウト専門店として生まれ変わることで、売上の維持拡大を目指す。また、新規獲得により新型感染症等の環境変化への対応を強化する。
ポストコロナに向けたテイクアウト需要獲得のためのベーカリーショップ展開事業当社は飲食店を中心に設計・デザインから施工までを一貫して行う建設業である。飲食店関係の市場縮小とテイクアウト需要の増加といったポストコロナの動向を睨みベーカーリーショップ事業を展開する。
「選べるメイン弁当」のテイクアウト専門店の開業ウィズコロナの対応のため、既存飲食店の倉庫を改築しテイクアウト専門店を開業、地域住民及び新たに観光客・ビジネス客の取り込みを目指す。人気のメニューをテイクアウトと向けに改良し、他店やコンビニと差別化された商品を提供する。
郡上イチゴをふんだんに使ったテイクアウト・EC專門タルト店既存事業のカフェが緊急事態宣言で大きな業績ダメージを受けた。新規感染者数が減少しているこの機を逃さず、新分野展開で「郡上イチゴをふんだんに使ったテイクアウト・EC專門タルト店」を出店し事業再構築する。
テイクアウト用の発酵食品の開発と専用の店舗設備の導入事業料理のテイクアウト・デリバリー専用の発酵スタンドとしての店舗を新設する。自店のスタッフが届ける安全&低価格なデリバリー業態と、注目を集める発酵食品の製造販売で、既存の外食業態が基盤の収益体制からの脱却を図る。
テイクアウトスタンドを開設し、「映える」スイーツの小売販売事業を開始。当社は現在2店舗の飲食店を経営しているが、両店とも新型コロナウィルス感染症の影響により、苦境に立たされている。そのため、当社の経営資源である、「フレンチシェフによるスイーツ調理」を活かした、テイクアウトスタンドによる小売販売を開始する。スイーツが「映える」盛り付けに工夫を凝らし、SNSの情報拡散による集客促進も図っていく。
安価で高品質なネタを使った海鮮丼テイクアウト専門店の展開オフィス・学生・住宅街に隣接した地元繁華街にテイクアウト専門店を開業し、昼の事業に軸足を移す。フィリピンパブとの相乗効果を狙うと共に感染防止のために非接触型オーダーシステムも導入する。
県内観光客をターゲットとしたテイクアウト事業の展開これまでの喫茶店営業から、テイクアウト事業を展開し県内観光客向けにテイクアウトメニューの開発と新たな販売拠点の整備をし、新規顧客に向けた販売を開始することで事業再構築を図る。
飲食店経営ノウハウを活かしたサンドウィッチのテイクアウト専門店への挑戦自社所有の経営資源を活かし、低価格・高クオリティのサンドウィッチのテイクアウト専門店への挑戦により事業再構築を目指し、同時に元従業員を中心に女性の雇用も創出できる事業
老舗すし店のテイクアウト・デリバリー事業により1ランク上の料理を手軽に利用できるサービスの提供コロナ渦による緊急事態宣言発令での時短要請、アルコール提供の禁止等の厳しい制限等により既存の飲食店ビジネスモデルでは収益を生み出すことが難しい状況となっている。

コロナ収束後も消費者の外食産業利用に対する意識、利用方法の変化も予想されることから現在の既存店舗での待ちの営業だけでなく、新たにテイクアウトにより新たな販路が必要であると考え業態転換による事業展開を行っていく。

冷凍自動販売機導入による新テイクアウト商品販売事業コロナ禍の中、既存の飲食店営業のみでの集客が見込めないため、新たな取組として冷凍自動販売機を活用した24時間・無人販売により、ウィズコロナ事業として売上増加を図る。
韓国チキンと海鮮丼店を始めとするテイクアウト市場の展開韓国チキンと海鮮丼のテイクアウト店を同一施設内にオープンし、新業態「テイクアウト市場(いちば)」と名付けて事業展開する。その後もテイクアウト店を増やして市場(いちば)としての充実を図る。
桜えび等の食材を活用したコッペパン専門のテイクアウト事業コロナ禍で外食需要が減少しており、当店の売上も大幅に減少している。そのため、新たな事業として地元の特産品の「桜えび」をはじめ、様々な食材を活用したコッペパン専門店を実施、自社の売上拡大を図る。
老舗酒店が行うウィズコロナ時代のお総菜イートイン&テイクアウト事業当店は修善寺にある老舗酒店建居酒屋であるが、コロナ禍で居酒屋の売上が激減した。居酒屋事業をやめ、新たに当店の強みである営業経験や、地元の食材・酒類を活かした、総菜中心のイートイン&テイクアウト事業を開始する。
ポストコロナ時代の「食」における、テイクアウト・デリバリーによるV字回復計画テイクアウト・デリバリー専門のハンバーガーショップの新規出店」における内装改修及び機械装置の導入、広告宣伝用HP及びチラシの製作を致します。
新たな名古屋名物あんかけカレーパンの開発とテイクアウト事業名古屋の中規模ライブハウスを代表するJAMMINの知名度を活かし、新名古屋名物「とろとろあんかけカレーパン」の開発・販売を行い、名古屋まちづくり構想に向けた名古屋市の町おこしの一助となり得る事業
日本酒テイクアウト販売所・設備の新設によるマーケット拡大既存の店舗を縮小して、日本酒テイクアウト販売所をつくり、非対面方式で販売する。自宅で楽しみたい顧客に小サイズの日本酒を提供することで、緊急事態宣言で営業停止の影響を受けた酒類業者のV字回復を図る。
家庭で専門料理店の味を楽しめるもち米料理のテイクアウトコロナ禍における外食需要の冷え込みと拡大する中食需要に対応するために新分野展開を実施。当事業者の持つ高い和食調理技術を駆使し家庭でも専門料理店の味が楽しめるようなもち米料理のテイクアウトを提供。
カラオケ喫茶によるテイクアウトの手羽先唐揚げ専門店名古屋市で人気の手羽先を北名古屋市内で販売し中食需要を獲得する。テイクアウト専門店とすることで、都会の人気メニューが手軽に手に入る利便性と、熱々の美味しさを家庭で食べてもらう感動により市場を開拓する。
印刷会社プレゼンツ!高級シュークリームのテイクアウト及び通信販売事業の展開弊社の強みであるデザイン力を発揮した、お洒落な高級シュークリームの販売を行います。販売方法を「テイクアウト」及び「通信販売」に限定することで限られたスペースでの販売、少人数でのオペレーションを実現し、収益性に優れ、かつ感染症にも強いビジネスモデルの構築を目指します。
焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入事業名:焼肉店の新規出店およびテイクアウト事業への参入

概要:コロナ禍においてドリンクを主力商品としたバー形態での営業を持続することが困難となった。コロナ禍でも比較的集客を見込める「焼肉屋」へ事業転換をし、ランチタイムには焼肉弁当のテイクアウトを行うことで売上を確保し、事業の継続を図る。

テイクアウト事業を軸とした障がい者の労働環境創造プロジェクトテイクアウト事業に新たに参入し、コロナの影響を受けづらい売上軸を確保できるようにする。そのために既存の事業所を増改築し、作業スペースを設け、各飲食店舗に発送するセントラルキッチン型の新たな運営スタイルを確立させる。製造工程をルーチンワーク化させることで、障がいの有無に関わらず雇用ができるようになるため、3年以内に事業所を就労継続支援事業所へと発展させたいと考えている。
完全個室、テイクアウト中心の飲むわらび餅販売事業への進出テイクアウト中心の飲むわらび餅販売事業(とろり天使のわらびもちFC加盟)に進出します。店内は完全個室化し、感染リスクのある対人接触を避け飲むわらび餅を楽しむことができる、まさにウィズコロナの時代にあった事業です。
飲食店経営のノウハウを活かした店舗改修、ECサイトを立ち上げることによるテイクアウトデリバリー事業、業態転換事業計画既存店舗の調理スペース及び設備を縮小し、テイクアウト・デリバリーサービスを実施する上で生産性の高い設備等の確保、HPなどのITを利用した集客ツールの導入し、非接触用メニューを開発・販売できる体制を構築することで、業態転換を実施いたします。
真空、冷凍技術によるテイクアウト等強化とフードロス排除による事業再構築当社の主力商品「錦爽鶏のみやき」の提供方法を変更する。①直近に閉店した1店舗を復活開店して2店舗体制に戻す、②セントラルキッチン化により、2店舗の合理化とテイクアウト等を強化して事業再構築を行う。
個室で食す天ぷら専門店への新分野展開とテイクアウト事業への参入製薬会社様の商品説明会で使用して頂く予約制の弁当に特化した営業と、夜間のみ居酒屋を営業していました。コロナ禍において、製薬会社様の商品説明会もほとんど中止になり、酒類提供の規制などから居酒屋の営業も休業しなければならない状況が続きました。そこで、自社の強みである、調理の高い技術と仕入れルート顧客の認知度、店舗の立地、専門性の料理の需要度の高さなどか、個室で食す天ぷら専門店への新分野展開を決めました
すし屋のセントラルキッチン化及び冷凍技術を活用した EC販売・テイクアウト販売の開始既存の店舗売上が新型コロナウイルスにより減少したため、店舗をセントラルキッチン化および瞬間冷凍機器を導入し、すし屋から魚介食品のEC販売及びテイクアウト販売を開始する。

従来の店舗型の営業からポストコロナに対応する業態転換を行う。

本物の魚の旨みを届ける、地域密着居酒屋のテイクアウト事業駅近の立地や魚の仕入れ独自ルートを活かし、本格魚料理のテイクアウト事業を始めます。現在の居酒屋店舗の一部をテイクアウト用に改装、鮮度を保持する専用冷凍庫等を完備し地域のニーズを取り込みます。
ネットシステムを使用したテイクアウト事業の立上げと換気・空調設備の強化弊社は愛知県に飲食店を2店舗運営しております。長期にわたる新型コロナウイルスの影響で激減した売上を取戻すために、ネットオーダーシステムを活用したテイクアウトサービスを新分野展開致します。
飲食店が強みを生かして行うテイクアウト・通販用スイーツ事業店内飲食の売上大幅減少に伴いスイーツ食物販店への思い切った新規事業開発
新業態のから揚げ専門店で既存店・人員・取引先を死守しテイクアウト需要を獲得する当社はこれまで多角化を進めてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響により飲食店事業が大打撃を受けた。挽回を図るため愛知県内を中心にオリジナルのから揚げ専門店を立ち上げ、既存店・人員・取引先を死守する。
脱、居酒屋。日本料理店の新規展開とテイクアウト・宅配弁当の新展開新型コロナウイルスの影響で、宴会や外食機会が縮小し、既存のビジネスモデルでは厳しい。密を避けて少人数で食事をする傾向が常態化しているため、既存の強みを活かしながら和食を楽しめる店へと事業を転換する。
映える高級フルーツ大福のテイクアウト専門店の展開当社は美容事業に特化した事業展開を行ってきた。今回、これまでの美容事業に特化したビジネスモデルからの脱却を図る為、新たにテイクアウト専門のフルーツ大福の販売事業を行い、売上リスクの分散及び利益率の改善を図る。
共働き世帯や学生を応援!地域密着の唐揚げテイクアウト専門店当社の空き物件を使用した、唐揚げテイクアウトの専門店を新たにオープンし、学生や共働き世帯に対して安くて美味しい唐揚げを提供する。コロナの影響により低迷した不動産売上のV字回復を果たす!
地元学生の健康をお助け。出来立ておにぎりのテイクアウト専門店フルサービス型の喫茶店でコロナの影響が大きい当社が“多店舗展開によるマルチな料理ノウハウを持つ強み”と“学生が多い好条件の立地の出店機会”を活かし、新たにテイクアウトおにぎりの専門店を開始します。既存事業の事業形態、顧客ターゲットの弱みを克服し強い経営基盤を築きます。
新たに直売所とテイクアウト販売を実施し、BtoCへの販売を強化卸売りがコロナ禍で激減する中、BtoCを強化して、直接消費者へアプローチする。直売所とテイクアウト店を拠点として、新たに観光客や地元住民をターゲットとして、企業ブランド浸透を図っていく。
居酒屋から焼肉店に事業転換し、さらにテイクアウト強化により差別化を図る。新型コロナの発生以降、客足が戻らず今後の見通しも厳しい居酒屋事業から、飲食店の中では需要回復が見られる焼肉店に事業転換を行う。さらには味付け冷凍肉のテイクアウトも行い、差別化を図る。
肉も魚も!とんかつ&海鮮丼でテイクアウト・デリバリー強化計画既存のイートイン中心のとんかつに加えて、「テイクアウト海鮮丼」事業を開始する。店内を改装し、テイクアウト重視のレイアウトにしながら厨房を拡大し、とんかつと海鮮丼を双方提供できるようにする。デリバリーにも対応し、V字回復を図る。
テイクアウト餃子専門店の販売開拓事業新事業としてコロナ禍に打ち勝つ為、先端機材を取り入れテイクアウトの餃子専門店を立ち上げ、地元地域の活性化を目指し、新たな事業連携により更なる発展を遂げる。
テイクアウト型大判焼業態の開発出店弊社はこれまでフルサービス型の喫茶店チェーンを運営して参りましたが、本事業では、新たな取組みとして、テイクアウト型大判焼業態チェーンの開発出店を推進致します。補助事業期間中に事業基盤を確立させる為に10店舗出店を実施、それに伴う設備投資として店舗物件及び特注大判焼機等の取得を進めます。
テイクアウト、EC販売、屋外飲食化によるコロナに強い運営体制の構築長引くコロナの影響に対応するため、14店舗のレストランでのテイクアウト対応、各店舗シェフのコラボによるお取り寄せグルメのEC販売および屋外飲食対応のための設備導入によるコロナに強い運営体制の構築。
飲食店向け食肉卸売業から自社テイクアウト専門店開設と加工場の整備コロナ禍の影響で主たる顧客である飲食店の売上減少に伴い,当社も大きく売上高が落ちている。そこで、緊急事態宣言後の10月以降、入込数が回復基調にある伊勢神宮門前町への出店依頼があり、これをチャンスとして捉え、卸売業の価格優位性を強みにテイクアウト専門店を出店すると同時に名古屋工場内を改装し、テイクアウト用の加工場を整備する計画。
イベント開催リソースを活かしキッチンカーによるテイクアウトへの挑戦コロナ禍で主力事業の広告代理店事業が低迷する中、公益財団法人大津緑地公園協会からの公園管理やイベント業務の受託を機会と捉え、当社のつよみであるプロモーションの効果を最大限に活かすため、SNS映えするメニューを提供するキッチンカー事業である。
韓国料理の技術を活かし、居酒屋からテイクアウト唐揚げ店へ転換韓流ブームの追い風と当社の韓国料理の技術を活かし、テイクアウト専門の唐揚げ店へと業態を変更することにより、近隣の昼食・夕食需要を取り込みます。
当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業及びFC本部構築に関する事業再構築計画当社オリジナル商品「炙り⾁そば」を活⽤したイートイン・テイクアウト・デリバリー事業およびフランチャイズ本部構築を⼤⽅針とし、①ブランドデザイン、②パイロット店の出店とプロモーション、③製造設備の導⼊、④フランチャイズ本部構築の4つアクションプランにより新規事業を推進する。
既存事業(飲食)の強みを活かしたテイクアウト専門店への新分野展開コロナの影響で既存の飲食業売上は大幅減少した。コロナ前の売上水準に戻るには相当な時間を有する為、既存事業での強みを活用してウィズコロナに対応したテイクアウト専門店として事業展開し、事業の再構築を図る。
手作り・日替わりの高品質弁当を提供するテイクアウト専門店既存の中華料理店「ムゲン食堂」のブランドを活かし、昼は手作り・日替わりで毎日売切りのハイクオリティ弁当を提供するテイクアウト専門店、夜はスタンドスタイルの小皿中華の新業態の店舗を新規開店する。
テイクアウトも可能な飲食サービス展開による事業転換でアフターコロナ・ウィズコロナを見据えた売り上げ拡大を図るメイン商品の和菓子は製造ではなく卸売りである。現在はECサイトのみで販売しているがECサイトを普段活用する若年層にはニーズがあまりない。

アフターコロナを見据え外国人観光客が戻ってきた時にも効果的な観光都市京都で取り扱い商品を使ったメニューの提供などができるテイクアウトに注力した実店舗を開店し、飲食サービスを新たに展開することで売上拡大につなげる。

老舗牡蠣専門店が行う、テイクアウト・デリバリー事業当社では店舗の設計により、テイクアウトやデリバリーに参入できませんでした。しかし、ウィズコロナの生活様式に対応するため、店舗の改築を行いテイクアウト・デリバリー・ECサイトでの販売を行うとともに、イートイン事業の業務の効率化を図ります。
バー営業経験を活用したキッチンカーによるテイクアウト事業への新分野展開新型コロナウイルス感染症により顧客の大半を占めていた外国人観光客の激減を受け、全国各地のクラフトビールと、当店人気メニューのポテトをキッチンカーにて提供することにより、新たな売り上げの柱を構築する。
鶏の唐揚げをメインとして総菜などのテイクアウト事業と完全予約制個室居酒屋の事業化大型居酒屋から空き家をリノベーションした小規模店舗への変更。先端的なデジタル技術を導入し全ての動作をアプリから一括にできるようにする。一階では鶏のから揚げをメインとして総菜や弁当のテイクアウト、二階は完全予約制の個室居酒屋への業態転換。
よかっと醤(食べるラー油)を用いたテイクアウト専門店とネット販売による飲食店経営の持続化戦略中国料理店にて提供している担々麺、麻婆豆腐の香辛料を基に開発した食品「よかっと醤」(食べるラー油に類する食品)を用いた料理のテイクアウト専門店および当該食品のネット販売を新たに手掛けようとするものである。
「街中」から「地元」へ「待ち」から「攻め」へ高齢者向け宅配・テイクアウトの新分野進出事業当店はミシュランのビブグルマンに選出された「釜めし割烹」ですが、コロナ禍で観光客が激減し、売上も激減。今後も不安定なので、ターゲットを観光客から地元客にシフトし、将来的に需要が望まれる高齢者配食事業に挑戦していきます。
「から揚げ」弁当を中心としたテイクアウト専門店への変更2014年あげあげサミットという揚げ物日本一を決めるイベントで、全国1位に輝いた「から揚げ」を中心にテイクアウト専門店へ変更。新メニュー商品も開発し、最大の強みである味のよさを生かして、テイクアウト専門店への業態転換を行う。
テイクアウト・デリバリーを主体とした中食ビジネスへの業種転換新型コロナウイルスの感染拡大により、コロナ禍・コロナ収束後の「新しい生活様式」としてのテイクアウト・デリバリーを主体とした中食産業を発展させる為飲食業への業種転換
テイクアウト特化型店舗へのシフトと設備導入による新事業展開10年培ってきた大久保の地で従来のお客様のご要望に応じ宅配業の参入し、より一層の地域密着地域の見守り活動を含めた事業に取り組んでいく所存です。若年層のお客様には現社会の状況に少しでも寄り添いお力添えになれるような店舗作りを目指します。
関西屈指の人気イタリアンレストランの、食品通販、テイクアウト商品開発へのチャレンジ今まで、関西屈指の人気イタリアンレストランとして成長を遂げており、全国の顧客に選ばれている。これまで培ったブランド力、商品力を活かして、新たに食品通販市場、テイクアウト市場への進出を図る。
老舗旅館の板場で作る京料理EC販売と京都初「クロッフル」テイクアウト店を展開「京都の老舗旅館の板場で自ら作ったサスティナブル商品(本物のプロの味と技)を必要な人に必要なだけ届けたい」というコンセプトで京料理のレトルト食品と伝統工芸品(陶器・漆器等)のEC販売を行う。併せてその情報発信基地としてアンテナショップを新設する。さらに、京都初進出となる「クロッフル」専門のテイクアウト店を展開し、宿泊以外の売り上げを確保する。
こだわり鮮魚店が提供するテイクアウト魚料理と魚イベント事業現在物置として使用している店舗2階をテイクアウト製品の調理場兼飲食スペースとして改装し、当店自慢のこだわりの魚で益々増加する中食ニーズに対応すると共に、魚イベントを通じた魚の魅力発信を目指す事業です。
(特殊冷凍)惣菜製造工場創設と初めてするテイクアウト販売(弁当と惣菜)の開店創立以来、食べ放題飲み放題の飲食店営業を行っていた弊社は、新型コロナウィルスの影響を受け売上が減少し、継続が難しい状態です。2019年から始めたMR向け高級宅配弁当は好調なので、新工場を創設して冷凍弁当・冷凍総菜を製造、テイクアウト販売も新しく始めます。
テイクアウト商品の販売と、若者ニーズを捉えた少人数向け店舗の展開コロナウイルス感染症のような不測の事態や、宴会ニーズの減少をカバーすべく新店舗を展開する。また同時に、コロナの影響により縮小が避けられない飲食業界で次世代を担う若手を育成し、地域経済に貢献する。
顧客の嗜好を捉えた提案型テイクアウト事業の構築当店が計画している事業再構築は「顧客の嗜好を捉えた提案型テイクアウト事業」です。定番のメニューを提供するテイクアウトではなく、お客様の過去の注文履歴やご希望に合わせて個別の定食お弁当を製造、販売していきます。
半生菓子テイクアウト専門店を展開し家庭に幸せ時間を届ける事業既存店舗をリニューアルし、テイクアウト専門店「TSUTSUMI」として、人気の半生菓子新製品「バスクチーズ」と「ガトーショコラ」を店頭及びネットにて販売することで、新型コロナで暗くなった家庭に幸せな時間を作る事業。
西日本初、テイクアウトスイーツ事業への業種転換当店は現在飲食店を営んでいますが、コロナ禍による営業自粛・時短要請により売上減となっています。そこで本補助事業を活用し、新事業(コロナ禍でも成長が期待できるテイクアウトスイーツ事業)に取り組みます。
喫茶店を改修し、新たにテイクアウトサービスを行う事業再構築計画コロナにより当店の売り上げが激減している。テイクアウト専用の窓口を設け、コロナ禍で激減したテイクアウト需要を獲得するとともに、近隣の住民、学生、会社員、及び、病院帰りの人々などに顧客層を広げ、新たな収益が得られる様、事業を再構築する。
テイクアウトとデリバリーをメインとした”鶏の手羽先専門店”の新規出店でV字回復計画「鶏手羽先の唐揚げor蒸しをメイン商品とし、テイクアウト・デリバリーをメインとした販売による収益向上計画」を行う。新店舗を構え、スーパーやお弁当屋の唐揚げと差別化を図り売上のV字回復を図る計画
空き店舗を利用し地産地消の唐揚げテイクアウト専門店を開業空き店舗を利用し地産地消、地元奈良県の食材にこだわった唐揚げのテイクアウト専門店を開業しチェーン店として展開する。イートインで子ども食堂も併設し、事業全体を通じて地域に利益を還元し地域活性化に貢献する。
"おふくろの味”お惣菜テイクアウト事業コロナ禍以降、働くお母さんにとっては調理の負担が増加傾向にあります。そうした状況を少しでもラクにしてくれるのが、すでに完成された市販のお惣菜なのです。今般、子供服販売の店舗内を一部改装し、来店客の中心である働くお母さん(ワーママ)の主婦層向けに、お惣菜のテイクアウト事業を展開し、働くお母さんを応援します。
ケーキ及び洋菓子テイクアウト店舗(ブース)新設による新分野展開心斎橋にて大型イタリアンレストランを経営していたところ、コロナの影響で会社関係及びパーティー・ブライダル等の需要が激減している現況の下、レストラン一部を改装し、新たにケーキ及び洋菓子のテイクアウトブースを新設することにより、3年間の事業計画終了時点で当該売上高が総売上の10%以上(目標30%)となる新分野事業を計画する
通販・テイクアウト主体の韓国料理店による大胆な事業転換既存事業で培った、仕入ネットワークと飲食店経営という当社の強みを生かし、通販・テイクアウト・デリバリーに対応した韓国料理店を開業する。そして、飲食サービスの新たなロールモデルを示す。
エステで培った接客術を活かしたテイクアウト対応餃子専門店事業主力事業のエステは濃厚接触であり、感染症の影響を受け来店客数は落ち込んでいる。高単価エステで培った接客術を活かし、コンセプトで差別化するテイクアウトを主力にした餃子専門店を開発し、新たな事業の柱とする
自宅で本格韓国軽食を。Withコロナに適したテイクアウト事業参入と非接触型店舗展開韓国軽食メニューを新たに開発、テイクアウト専門窓口を併設した新店舗を開店して今後も拡大が見込まれる中食産業に参入する。新店舗はイートインにも対応するがwithコロナ時代に適した非接触型の新しい店舗運営に挑戦する
大阪初!島根特産品の稀少な石見ポークを用いたテイクアウト事業アーティスト専門鍼灸師が地元親善大使を務める島根県の特産品「石見ポーク」を使ったテイクアウト事業で再構築を図ります。デジタル技術から、自社の調理師担当と共にコロナ禍でも打ち勝ち、食の懸け橋となります。
自家製石窯によるデリバリー・テイクアウトピザによる事業再構築当社は大阪で飲食店を5店舗営んでいますが、コロナ禍における休業要請や時短要請の影響を受け売上が減少しました。コロナ禍でデリバリーやテイクアウトの利用者が増加しているため、自家製石窯で作ったピザのデリバリーを開始することを計画しています。
地域のつながりを活かしたテイクアウト・デリバリー事業コロナウィルスにより当店のカラオケ事業は厳しい状況下にある。そこで、現在ニーズの高いテイクアウト、デリバリー事業を行う。販売内容は「たこ焼き」とし、近隣の既存顧客や現在は来店していただいていない若者などをターゲットとして行う。
セントラルキッチン、キッチンカー導入によるデリバリー/テイクアウト事業の展開セントラルキッチンを新たに設け、ヴィーガンスイーツ製作とチャレンジショップに対応する。デリバリー/テイクアウト販売および、キッチンカーによるに移動販売を新たに展開し、新規売上を創出する。
韓国惣菜テイクアウト併設型ラーメンコンビニ事業への業態転換コロナ禍で苦境にある焼肉店を業態転換し、非接触型・省人化をキーワードとする日本初のラーメンコンビニ事業、並びにDX化・非接触をキーワードとする韓国惣菜のテイクアウト及び通販事業を構築します。
飲食店経営から鴨肉のテイクアウト商品を提供するキッチンカー事業への業態転換コロナ禍により弊社の飲食店の売上が激減した。そこでテイクアウト需要の高まりを受け、キッチンカー設備を導入して鴨肉・鴨卵を用いたメニューの提供サービスを開始し、新たな顧客と収益源を獲得する。
魚市場をフードロスで活性化。フードロスをなくしテイクアウトの事業再構築既存事業にて培った技術・知識を生かし、コロナ禍で大幅に需要が伸びたネットショッピング、持ち帰り、配達に特化した事業を新たに開始する。

完全非対面・非接触式のwebでの鮮魚の卸売・小売を新たに始める。またその鮮魚などを使用したテイクアウト販売専門のおにぎりサンド店の合計2事業の計画をしている。

とろーりわらび餅のテイクアウト事業販売する商品であるわらび餅は、話題性がありながらも一過性がない商品であります。当該商品をテイクアウトに特化して販売することで、早期のV字回復を目指します。

また、販売に係るオペレーションが複雑でないことから、多店舗運営による収益拡大を図ります。

デリバリー・テイクアウトの開始! 新メニューの導入による、鶏専門店生まれ変わり事業国産地鶏を扱う、大阪泉州地域の鶏料理専門店が、コロナ禍による売上減少をきっかけに生き残りを懸けて生まれ変わります。新たにデリバリー・テイクアウトを開始し、新メニュー(本格豚足・ホルモン料理)を追加します。
飲食店テイクアウトメニューと希少なお酒のマリアージュによる中食販売事業飲食店のテイクアウトメニューと、当社の仕入れる珍しいお酒をマリアージュし店頭販売する「中食事業」を展開することで経営基盤を安定させる。冷蔵自動販売機も導入し24時間販売可能な体制をつくる。
台湾菓子万華(台湾焼き菓子のテイクアウト販売及びEC販売)自社の強みである商品開発力を武器に、台湾美食のテイクアウト・デリバリー販売を

行う。また、店舗の売れ筋製品を重点販売商品としてECでも販売を行い、全国に販

路拡大し、新規顧客の獲得を目指す。

非接触型テイクアウト専門ハンバーガーとバンズの製造販売事業パンを仕入れから内製化へ変更。店頭販売とカスタムバンズに特化した卸販売で販路拡大。ハンバーガーはモバイルオーダーのシステムを導入しテイクアウト専門非接触販売する事業
昼営業主体のオリーブオイルで揚げるフライドチキンのテイクアウト&カフェの事業計画書長引くコロナ禍で困窮状態にある居酒屋業態から、ウィズコロナ・アフターコロナに対応する昼営業主体の非接触かつ消費者の健康志向・簡便化志向に応えるフライドチキンのテイクアウト&カフェ事業を展開する
深夜帯を強みとしていた居酒屋によるテイクアウト専用店舗の新設24時間営業の空港に近く、深夜帯を強みとしていた居酒屋がコロナによる休業や時短営業で売上が減少している。対策として始めたテイクアウトが好評なため、新たにテイクアウト専用の店舗を開設する事業計画。
テイクアウト・デリバリー用アルミ製密閉容器で中食業界に革命を起こします!コロナ禍により売上減少に苦しむラーメン店等の外食産業にテイクアウトやデリバリー用の零れず、衛生的でリサイクル性に優れたアルミ製の密閉容器を提供することで、中食業界への参入を促しコロナ禍での売上増加とSDGsの促進に寄与します
菓子製造販売業で新たにテイクアウト・ネット販売事業へ参入お取り寄せ&テイクアウト専門のスイーツブランド、洋風大福店『パーラー大福』と、卵と乳製品を使用した洋菓子の『たまごとミルク』を新たに2つ立ち上げます。

パーラー大福はネット販売とテイクアウト、たまごとミルクはまずネット販売のみを行います。

テイクアウト事業の始動による事業再構築プロジェクト弊社の強みを最大限活かせ、今後継続的な成長を期待できる事業であり、かつ、弊社として現在まで取組んでこなかったテイクアウト事業を新たに立上げ、合理的な事業再構築を行っていきます。
既存事業「日本料理店」の技術を生かした「お惣菜テイクアウト専門店」の新分野開拓ウィズコロナの時代に対応するため、コロナの影響が大きいイートイン型の店舗経営のみの事業から、弊社の強み、リソースを最大限活用した事業「お惣菜テイクアウト専門店」の事業化により新分野への展開を目指す計画です。
テイクアウト中心の店舗への転換と新たな商圏・ターゲットの獲得コロナの影響をうけ既存店舗での店内飲食利用が激減。自慢の料理を活かしたテイクアウト店へ転換するとともに、テイクアウト需要が見込まれるマーケット(工場、商業施設等)に思い切って移転することで、コロナ禍からのV字回復を図る。
テイクアウト唐揚げ弁当専門店での新業態展開新型コロナウイルス感染拡大により店内飲食である焼肉店の売上が大きく減少している。アフターコロナに於いても需要の回復は7~8割程度と予想されることから需要の高い唐揚げ弁当のテイクアウトを新規事業として展開する。
高知食材に特化したテイクアウト中心和食店への進出による事業再構築自社の強みを活かして、消費量の激減している高知県産の食材を活用し、コロナ禍での消費者ニーズに合致する、テイクアウト中心で店内でも安心して飲食できる和食店事業に進出し、自社の事業再構築と地方生産者の活性化に貢献する。
健康と美容を追求した韓国料理店の住宅立地出店によるテイクアウト販売強化コロナ禍により関西都心のオフィス街で営む飲食店業態の売上が大幅に落ち込んだことから、韓国料理の知見を活かし、健康と美容を追求した韓国料理店を住宅立地へ展開し、本格的なテイクアウト販売に進出する。
靴の小売販売事業から、テイクアウト主体の韓国チキンと若者に人気のお菓子の販売への新分野展開コロナ過でダメージを受けている靴の小売販売事業から、テイクアウト主体の韓国チキンと若者に人気のお菓子(マカロンなど)の販売へ、新分野展開を行います。立地もJR高架下の交差点角地とよく、かつ当社保有の借地権上での営業となるため、賃料負担は少額でも実施が可能となります。将来的には当社とつながりの深い百貨店での販売も想定しており、FC展開として拡大を計画しております。
揚げないカレーパンのテイクアウトのみでの店舗の営業店内飲食店営業からの物販のみでの新規事業。焼かないカレーパンを地元、神戸ビーフをしようした、お土産にも喜ばれる店舗の経営
テイクアウト、EC販売進出による新販売チャネル構築と顧客獲得withコロナ・afterコロナを見据えて、淡路ビーフ正規取扱指定焼肉店の強みを最大限に活かし、必要な設備導入により、新たな販売チャネルであるテイクアウト、EC販売に取り組むことで事業の再構築を図る。
密が懸念される大宴会設備の撤去及びテイクアウト等設備導入計画既存の宴会用スペースについて、密になりやすく、今後は宴会需要の回復は見込めないことから、当該スペースを撤去し、中食事業用の厨房を設置することで、芦屋市のハイクラス層向けにデリバリー事業を積極展開する。
中国料理とトンカツのデリバリーテイクアウト&冷凍トンカツ通販事業2019年11月に開業してから5カ月後に新型コロナウイルス感染症の影響により事業に大きな影響を受けています。新店舗を構えテイクアウト&デリバリー事業に参入し、冷凍トンカツの通販事業を行います。
本格四川中華のテイクアウト専門店で事業転換中小企業を対象に通信機器を中心に販売を行ってきた。しかしコロナの影響も大きく積極的な設備投資が進まない現状である。そこで事業承継を念頭に飲食店ビジネスに携わってきた長男と共に、ニューノーマルな生活様式を創造するテイクアウト飲食を始める。
店内飲食からテイクアウトおよびEC販売への参入、売上アップを狙う代表の修業時代に培ったイタリアンジェラートの技術を活かし、必要な新規設備を導入することによって安定供給体制を確立し、需要が急速に拡大するEC販売・店頭販売(テイクアウト)に参入する。
昼間も笑顔に!居酒屋がテイクアウト専門パフェ店を開業し多角化の実現へ居酒屋一本の飲食店が、昼営業が可能で、密を避けられて、収益が見込める事業として、テイクアウトパフェ専門店を立ち上げ、事業の多角化と、既存事業とのシナジー効果による全社的な売上拡大を図ります。
セントラルキッチン兼用の焼肉屋のテイクアウトハンバーガーの製造販売セントラルキッチン及びテイクアウト用の販売スペースを設けるとともに、商品製造の過程で生じた端材を用いてハンバーガー製造など、近隣の著名観光地である馬見丘陵公園の野外飲食に適した中食食材を提供する。
「運動」×「食」高齢者の運動不足と食生活の改善の為の「パーソナルレッスン×テイクアウト」への事業転換弊社の商圏地域であるシニア層(主に60代以上)をターゲットとした健康を意識した「運動」×「食」のパーソナルレッスンサービスを行う。
石窯ピザとイタリアン総菜のテイクアウトを主体とした地域初のデリカテッセンの開店当事業では、テイクアウトを主体とした地域初のイタリアンスタイル・デリカテッセンを新たにオープンし、コロナからの再起に取組む。事業実施により、コロナ禍に適応した事業形態への転換が実現し、売上、収益性共に大幅に向上する。最低賃金よりも高い金額で新たな人員を採用し、地域の雇用にも貢献する。
東大寺旧境内跡にて奈良の風土を感じるテイクアウトカフェの新規出店計画当社は主にレストランを経営していたが、新型コロナウイルスの影響により売上は大きく減少した。

本事業では当社の経営資源を活用し、テイクアウトに対応したカフェを新規出店することで収益面でのV字回復を果たす。

飲食分野でのシステム化を活用した地域密着型のテイクアウト・デリバリー戦略既存の居酒屋に完全個室と、料理の8割がゆず風味に仕立てた他店との差別化を図った居酒屋を目指します。

またSNSやネット広告を充実させ集客の確保。昼食からデリバリーに特化して売り上げの増大を目指します。

温泉と絶景を楽しめるテイクアウト&カフェ事業白浜ど真ん中の好立地と白浜最古の温泉(行幸源泉)を活かして、コロナ禍でも安心して心地よいひと時を過ごせる複合型カフェを開設します。足湯、貸し切り温泉、透明テントでの非日常空間を体験していただきます。またマルシェを併設し、地域貢献に努めます。
外食産業で培った「おもてなしの心」でテイクアウトの中食産業へ今まで長年に渡り展開してきた外食産業で培った経験やおもてなしの心を大切に、コロナ禍において需要が増加している中食産業である「からあげ」テイクアウトの専門店を始める。
ミシュラン受賞ビザ店の強みを生かしたテイクアウトピザ事業の展開ミシュランガイドのピザジャンル最高位ビブグルマン受賞の岡山市内で唯一のビザ店の味を、家庭用オーブンで温めても再現できる技術を開発し、駅近くに開発中の大型複合モール内にテイクアウト専門ピザ店として事業展開する。
キッチンカーと料理人を派遣する新仕出しとデザートのテイクアウトに取り組む。現地にキッチンカーと料理人を派遣して、特別な日に暖かい料理を提供する新仕出しとデザートのテイクアウト事業に取り組み、ウイズコロナ時代を生き抜く新たな居酒屋像を創造する。
既存レモネード店未利用部分を活用したテイクアウト生搾りモンブラン店出店の新分野展開事業既存レモネードスタンド3店舗内の余っているスペースを活用して、新規FC事業「生搾りモンブラン専門店」を出店し、「スイーツお持ち帰り」という新たな市場に参入し、既存レモネードとの相乗効果を高めて売上を増加させⅤ字回復を目指します。
テイクアウト・ゴーストレストラン形態による外食市場から中食市場への展開コロナ禍での外食自粛等により既存の飲食店の売上が減少している。既存飲食店を改装し、駐車場を有効活用できる「から揚げ専門店&フルーツサンドのお店(テイクアウト)」と「ゴーストレストラン(デリバリー)」を立上げ、中食市場への展開を図る。
岡山県産にこだわった から揚げ・お肉惣菜のテイクアウト事業コロナ禍で精肉販売が落ち込む中、仕入れネットワークを活かして岡山県産肉にこだわった肉惣菜のテイクアウト事業に参入する。中食需要を取り込み、既存事業とのシナジーと共にコロナ後の社会に適合して持続成長する。
岡山の農水産品を活用したオリジナルたい焼きテイクアウト分野への進出創業22年のもんじゃ焼き店で培った粉もの商品開発力を活かし、岡山県を代表する季節の農水産品を活用したオリジナルたい焼き「岡山名産季節の魚貝焼き」を開発、住民やビジネス向けテイクアウト事業を展開する
居酒屋からテイクアウト型オープンサンドイッチ専門店へ事業転換この度の補助事業は、コロナ禍でも対応できるテイクアウトでオープンサンドイッチを専門に提供する事業です。新たに調理設備を調達し地元素材を使用したオープンサンドイッチを製造、テイクアウトにて販売します。
テイクアウト専門店「寿屋珈琲幟町店」を出店する事業100%子会社が経営する「ポッポカフェ銀山町」を2021年12月に閉店・撤退。新たにテイクアウト専門店「寿屋珈琲幟町店」の出店を2022年5月に実施予定。自社独自の顧客データベースを作成し、常連客の情報蓄積を図り、好みに合ったブレンドコーヒーを提供する。
唯一無二の存在へ「テイクアウト、苺パフェを新規併設する事業」インパクトの強い苺パフェをパフェとしては珍しいお持ち帰りとして提供します。インスタグラム×アプリ決済×テイクアウトと相性の良い組み合わせと既存店のかわいらしいイタリアンカフェとの相乗効果が強みです。
スナックから喫茶店への業態転換およびテイクアウト事業開始当店代表の喫茶店経験を活かし、地域で減少傾向にあり競合の少ない喫茶店およびテイクアウト事業への業態転換を行うことで、感染リスクを避けつつ地域に欠かせない交流の場を目指します。
フルーツサンド、サラダ、スープなどのテイクアウト店の展開地元生産者から青果物を仕入れ、飲食店を中心に卸売していたがコロナの影響を大きく受けた。今後も安定的に地元生産者から仕入れていくためにもフルーツサンド、サラダ等を製造し、テイクアウト店を開設して販売していく。
3Ⅾフリーザーを使用した会席料理のテイクアウト及びECサイトでの販売3Ⅾフリーザーを利用したテイクアウトとECサイトで旬の食材をいつでも提供できる店づくりを行います。当社自慢の会席料理を急速冷凍し、地元の「味」を全国に届ける仕組みを導入致します。
デリバリーとテイクアウトに特化した飲食事業で売上回復新型コロナ禍でデリバリーサービスが拡大したことをチャンスととらえ、既存事業の経営リソースと顧客リストを活用し、テイクアウト・デリバリーの海鮮丼に特化した飲食業に参入し売上を回復させて業種転換を図る。
テイクアウト専門に特化した自社商品製造と非対面式販売チャネル構築店舗に併設する形で「自動販売機による弁当・惣菜の販売」と店舗を持たない「インターネットやキッチンカーを活用した宅食向けの商品販売」を実施する。同時に、セントラルキッチンを新設して地元食材を使用した持ち帰りに特化した商品の企画、製造を行う。
焼肉店のノウハウを活かしたテイクアウト専門唐揚げ店への展開当社は、これまで焼肉店の経営で培ったノウハウを活かしてテイクアウト専門唐揚げ店を展開する。テストマーケティングでも反響は大きく、唐揚げに特化することでお店の再起を図る
人気ラーメン店が挑む、地元密着のテイクアウト可能な定食屋の展開著名人も多く訪れる徳島県の人気ラーメン店として地元空港や中心駅前に出店するなど順調に業績を伸ばす中、新型コロナによる外出自粛の影響を受けて客数が激減。業績回復の一手として、新たに地元に根差したテイクアウトも可能な定食屋を新たに展開する。
コロッケ専門店によるお弁当ランチのテイクアウト・デリバリー事業コロナによって減少した「外食」需要の一部がテイクアウト、デリバリーなどに移動しているため、新たにお弁当、サンドウィッチのテイクアウト販売を開始し、新たなニーズに対応する
直売店でポン菓子をトッピングしたアイス・かき氷等をテイクアウト販売一般顧客向けの直売店(出来立てのポン菓子・パットライスをトッピングした“アイスクリーム・かき氷・スープ・淹れたての珈琲)事業を開始することにより、利益率改善に最も効果のある「店頭直売店」に進出する。
モバイルオーダーを活用したハンバーガーテイクアウト専門店コロナ禍において「中食」が増えている。そこで前述の通りモバイルオーダーシステムによって注文から決済までをWebで行い、店舗では商品を受け取るだけの非接触型テイクアウト専門店バーガーマフィアを立ち上げる。
本格ナポリピッツァと地産地消のイタリアンを手軽にテイクアウト・デリバリー“マンマ・ミーア エクスプレス”コロナ禍で行楽客や通勤・通学者の減少による売り上げ低迷を受け、新たにテイクアウト・デリバリー業態へ展開することで、レストラン業態に依存した現在のビジネスモデルからの脱却を図る。
身体に優しいグルテンフリー商品を提供するテイクアウト事業展開新型コロナウイルスの影響により、既存事業の売上が減少し今後も先行きが不透明となっている。新たに自社の強みを活かした身体に優しいグルテンフリー商品を提供するテイクアウト事業を展開し売上向上を図っていく。
テイクアウト・デリバリーを主とした飲食店事業の新分野展開各デリバリー業者連携と各キャッシュレス決済を取り入れ、従業員もお客様も安心のできる、非対面・非接触での販売に特化した飲食事業の新分野展開を行う。
高価格帯海鮮丼テイクアウト・デリバリー及びソーシャルディスタンスを徹底したセルフオーダーシステムの導入による非接触型海鮮テイクアウト・デリバリーを利用した家庭内で食べれる高価格帯の海鮮丼の製造・販売を行う。家庭内で簡単に食せない外食の味を提供。更にソーシャルディスタンスを徹底し、お客様自身で注文可能なセルフオーダーシステムを導入し、九州産の魚介類を使った食堂業態の運営を行う。
飲食店ノウハウ活かしてテイクアウト専門の高級ベーカリーで新分野展開持帰り専門ベーカリー店舗の出店に加えEC事業で販路拡大します。

近年、高品質食パン需要は伸びており、中高年層食パン需要に加えて

既存事業の強みを活かす「カツサンド等」差別化商品で若年層にも対応する事業です。

日本料理店の味を生かした唐揚げのテイクアウト事業への参入唐揚げのテイクアウト専門店を始めることで、コロナ禍等の外部環境の変化にも強い事業へ参入し、アフターコロナでも継続的に事業を続けることができる営業スタイルを確立する。
テイクアウト専門店「千代サンド」でコロナ禍に立ち向かう。現代のニーズに合わせた店舗作り(テイクアウト専門店)を行うことで、今までとは違う市場への参入を行う。コロナ禍では店内飲食よりもテイクアウトで家に持ち帰って食べることが主流になったため、その市場にフォーカスを当てて事業展開を行っていく。
看板メニューのハンバーグを使用したハンバーガーテイクアウト当バーの看板メニューであるハンバーグを使用したハンバーガーを作り、テイクアウト販売を開始する。コロナの影響で来店客が減少したため、SNSを使いテイクアウト客を呼び込み、売上拡大を図っていく。
自社栽培のいちごを使用したテイクアウトスイーツ店の新規展開観光農園を主として事業を行ってきたが、ウィズコロナの時代に対応したスイーツのテイクアウトに取り組み雇用を守り事業再編する
レンタカー事業および唐揚げテイクアウトによる多角化の取組コロナ禍で運転代行が売上急減。現況打開の為、本業の自動車販売部門とシナジーが見込める『ハイグレード軽自動車レンタカー』と、現在市場が急拡大している『唐揚げテイクアウト専門店』へと新分野展開する。
高級総菜テイクアウト等の事業進出による酒類提供依存からの脱却当社の居酒屋事業は、新型コロナ自粛の影響が直撃している。このため、既存の運営ノウハウやネットワークを活用の上で、健康と美にフォーカスした高級総菜・サラダのテイクアウトを主体とした飲食事業へ新たに取り組む。
DX推進による店内飲食からテイクアウト事業への業態転換コロナ禍での顧客ニーズ(お持ち帰り需要や非接触へのシフト)に最大限に応え、美味しい食事を提供し続けていくため、テイクアウト事業を確立する。テイクアウト予約やモバイルオーダー機能を盛り込んだアプリの導入を実施し、顧客に合った情報提供・販売促進を行うためのDX化を推進し、ニューノーマル時代の新しい収益モデルを構築するとともに、お客様にとっても新しい付加価値を創出することで、弊社の成長基盤の強化を図る。
七節の出汁を生かす新商品の開発・テイクアウトと旗艦店の全改修ラーメングランプリで優勝を果たした「七節の出汁」を生かした当店独自のカレー等の新商品を開発する。既存店舗の改修にてテイクアウトにも対応し、収益機会の複線化を行う。
テイクアウト・通販事業への進出による酒類提供メイン業態からの脱却当社は主に高級居酒屋を運営してきたが、酒類販売自粛要請等により売り上げが減少している。今回京風お好み焼き(鉄板焼き)や中華そばなどの新メニューを展開するテイクアウト&ネット販売事業に取り組み、窮境からの脱却を図る。
飲食店が挑む、養蜂業・農業を融合した郊外の観光型テイクアウト店これまでの店内飲食の形態から「観光型テイクアウト店」の出店に取り組みます。志賀島の当社所有の土地に店舗を出店し、採蜜体験や観光農園を併設するとともに、自社で生産したハチミツや地元特産物を使ったメニューをテイクアウトで提供します。
コロナ後定着のテイクアウト対応、小規模「揚げもの屋」への転換既存店退店後、よりコンパクトでニーズの変化にマッチした既存事業と異なる業態の2店舗を出店(料理・食材の冷凍化、テイクアウト・配達・通信販売等へも展開)し博多・九州の食を国内外に届ける。
テイクアウト専門からあげ店への業態転換居酒屋経営からテイクアウトからあげ専門店として業態を変更します。現在のからあげブームを最大限に活用しつつ、テイクアウト専門として営業し、新しい生活様式に対応した飲食店を目指します。
焼鳥テイクアウト店と一人立ち飲み焼鳥店への業態転換コロナ禍で焼鳥居酒屋の売上が減少していることから、焼鳥テイクアウト店と一人立ち飲み焼鳥店をオープンし、コロナ禍で増加しているテイクアウトや一人飲みの需要に対応することで、売上拡大を図る。
新たな製造方法真空調理法を導入、昼ランチ営業・テイクアウトへの転換でコロナ禍に順応これまで行ってきた夜型の居酒屋、焼肉店営業を昼ランチ営業の店舗へと転換、新たな製造調理法でもある独自の真空調理法を取り入れ、ロードサイドの店舗から最寄り駅そばに新設される商業施設へと移転を行う。提供方法としてテイクアウト・デリバリーを加えて行う。
白川水源の観光立地条件を活かしたテイクアウトへの業態転換アフターコロナを見据えて、年間40万人の観光客が見込める白川水源の立地条件を活かし、ラーメン店からテイクアウト店に業態転換します。阿蘇あか牛の串焼きなど、阿蘇をアピールする商品で地域の活性化に貢献します。
スタンディングカフェ形式でのテイクアウトをメインとした販売事業コロナ禍の移動制限で県外顧客の売上が悪化している。また、仕入れも年々困難になっているため、自家栽培でデザートに使用していた「ルバーブ」を使ったスイーツを商品化し、スタンディング形式でコーヒーとともに販売を開始する。
接客飲食店から宮崎の特産品を用いたテイクアウト、ドライブスルー販売への新分野展開宮崎市内において接客飲食店を運営する当社は、令和2年から長期化する新型コロナウイルス感染症対策の影響を鑑み、更なる新型ウイルスが誕生しても事業をゆるぎなく継続できるよう、新たに宮崎特産品である炭火焼地どりのテイクアウト・ドライブスルー販売を開始し、再度ロックダウンが発令されても地域住民に美味しい食事を提供できる新分野へ挑戦する。
憩いの場を併設したテイクアウト専門店による、新市場開拓及び売上増加計画本町内でも飲食店の時短要請や外出自粛要請等によりコロナ前にくらべ、売上の減少が続いている。本事業を活用して、今まで店内飲食のみの事業からコンテナハウスを使った憩いの場を併設したテイクアウト専門店を立ち上げる。既存店舗で使用していない大豆ミートを使ったメニューを提供し、リスク分散を進めつつ、今までにない健康志向の顧客など新たな客層の獲得を図り、既存店舗との相乗効果で売上増加を目指していく。
居酒屋からランチ・テイクアウトヘの事業展開によりリスク分散を図る。居酒屋業を主業とする当社は、コロナ渦において大きな打撃を受けた。今回、黒豚居酒屋として店のウリを明確にするとともにお酒に頼らないランチ・テイクアウト事業に取り組むことにより経営の安定化を図る。
焼肉テイクアウト事業による新分野への挑戦焼肉店の店舗運営を営んでいる当社が、コロナにより変化した顧客ニーズに対応するため新たにテイクアウト・キッチンカー事業に参入し業績回復を図っていく事業再構築計画
学習塾にパン屋を併設することによる、コロナ後を見据えたテイクアウト事業の新設学習塾にパン屋を併設し、コロナや少子化等で落ち込んだ収益をカバーする。「子ども食堂」や「パン教室」も行い、SDGsの取り組みにつなげていく。
炭火で焼いた本格焼き鳥のテイクアウト販売繰り返しの営業自粛要請で疲弊しきっている現状からV字回復を狙うために、専用カウンターを既存の店舗に取り付け、持ち帰り商品の王道である炭火で焼いた焼き鳥のテイクアウト販売を展開する。
国産牛の精肉テイクアウトの販売・少人数向け焼肉コーナーの増設地元ファミリー層をターゲットに国産和牛を活用した「あぱらぎのお家で焼き肉セット」等を開発し、リーズナブルな価格でテイクアウト販売を行う。また、店舗の一部を「少人数向け焼き肉スペース」に改装する。
沖縄の超人気店のテイクアウト・物販事業への業態転換計画コロナで観光客が減少し、当社は大きなダメージを受けた。これらを挽回するため、テイクアウト、物販事業を立ち上げ、新商品を開発。沖縄超人気店の味をいつでも家庭で楽しめるテイクアウト・物販事業への業態転換計画
チキンの丸焼きテイクアウト販売店開業による事業再構築マリンレジャー業を行ってきた当社が新たに、丸焼きチキンテイクアウト事業を展開するため①テイクアウト店舗の店舗整備、②テイクアウト店舗の認知度向上に向けた販促活動、③事業運営体制の構築、の3点に取り組む
観光客向け飲食店から、地元客向けのテイクアウト店舗への業態転換当店は本事業を活用して、観光客向けの飲食店舗から、地元客向けのテイクアウト店へと業態転換を行う。メニューの絞り込みやモバイルオーダーシステム導入等で業務効率化を徹底し、コロナ禍でも利益の出せる事業に再構築する。
石垣島の濃厚な生乳を使用したテイクアウトが主の生乳食パン専門店コロナ禍での売上減少リスクからの脱却に向け、地元老舗企業で日本最南端の乳業屋である(株)八重山ゲンキ乳業の独占ライセンスを活用した、石垣島初のテイクアウト型生乳食パン専門店による高級食パンを提供する。
アフターコロナを見据えた出来立て唐揚げ・焼き鳥のテイクアウト専門店への事業進出マックスバリュの店舗内で買い物客をターゲットに、揚げたての唐揚げや、1本100円の焼き鳥、その他唐揚げや焼き鳥を使ったお弁当のテイクアウト専門店を行う。
スープカレーのデリバリーおよびテイクアウトを強化した飲食店の開業札幌円山地区という好立地を生かし、スープカレーのデリバリーおよびテイクアウトを強化した飲食店を開店予定。新型コロナウィルス感染症対策を強化し、タブレットによる注文、東芝テックのセルフ方式自動精算機を導入。
地場産いちご等を使った新たなスイーツ等を提供するテイクアウト店への業態転換恵庭市で採れた新鮮いちごやメロン、かぼちゃを使った、まだ一般的ではないブレンダーソフトクリーム等を新たに製造し、テイクアウト店として恵庭市道の駅「花ロード」敷地内に建設された店舗で販売する。
「感染対策×テイクアウト×貸切利用」に対応した店舗改装計画札幌郊外の円山エリアでイタリアンレストランを経営。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や営業時間短縮等の影響から売上は大幅に減少。感染対策のため、座席数を減らして営業している。今回新規事業として、店内飲食の売上減少を補うためのテイクアウト事業と新たな利用サービスの提供として貸切利用の開始を計画している。
イタリアンと日本酒を融合した新店舗開店とテイクアウトの強化今年で開業16年目になります当店は、大人が集う落ち着いた空間のイタリアンレストランです。オープン当初から北海道の食材を使ったイタリア料理を提供しております。感染対策のため新店舗に移転し、既存のイタリア料理と今までには無かった和食の要素を取り入れた他店には無いメニューに挑戦し、テイクアウト事業を強化します。
高級鮨店の地域復興型テイクアウト・通信販売事業の展開新型コロナの影響で業況悪化した鮨飲食店事業の減収をカバーする新たな柱として海鮮素材通信販売・鮨和食弁当のテイクアウト事業を展開する。素材・技術を活用し高級鮨店として幅広い需要に応えるビジネスモデルを構築。基盤の固い経営を確立する。
焼き鳥居酒屋展開から、唐揚げ丼、海鮮丼のを1店舗で提供できるテイクアウト(デリバリー)専門店への業態転換新型コロナウイルスによって集客が激減した現状の焼き鳥居酒屋から、ランチ営業もできる食(海鮮丼、唐揚げ丼)に変更し、ランチ、ディナー対応のテイクアウト、デリバリー業態に新分野進出を行います。コロナウイルスが落ち着き次第既存、今回の食をメインにした酒類提供の営業を徐々に再開し、広く顧客のニーズに対応していく事業展開とする。
デリバリー/テイクアウト出店とEC販売による、おうち食事の充実化事業既存事業(居酒屋)での調理と食品加工技術やメニュー開発ノウハウを活用し、おうち時間を充実させることができる食事や食材の提供をおこなう。具体的には、①札幌市内でデリバリー/テイクアウト専門店の設立・出店②独自のECサイトを立ち上げ、インターネットで北海道ならではの食品を中心に販売を2軸に展開する。
関連会社の医療介護ネットワークを活かした高齢者宅食事業とデリバリー/テイクアウト/D2C販売事業への新分野展開不動産業をメインに事業展開してきた当社が、代表者の別会社の高齢者向け住宅/介護老人ホームへの薬の訪問販売のネットワークや既存取引、事業の物件情報・飲食人材という事業基盤を活かして一般的に安価な冷凍食品が供給されている介護老人ホーム、施設へのミシュランブランドラーメン等の提供やデリバリー/テイクアウト市場、全国の内食事業に自宅用の食材の提供を行う製造販売事業、D2C販売事業に新規参入を行うものです
美唄焼き鳥のモバイルテイクアウトと非対面POSで事業展開北海道空知地域のソウルフード美唄焼き鳥をコロナ禍に対応した店舗づくりとオーダーシステムで安心・安全な提供とモバイルテイクアウトシステムの構築でコロナ禍で影響を受けた厳しい飲食店の売上回復を目指す!
居酒屋の味を活かした惣菜パンと高級食パンのテイクアウト専門店の出店コロナ禍において居酒屋の売上は激減しており新たな客層の開拓が必要なため、ニーズの高い高級食パンや料理人の作る惣菜パンをはじめとしたベーカリーを開店する。今後の食文化にも柔軟に対応可能な会社を目指す。
北海道産食材の高たんぱく弁当・おむすびのテイクアウト専門店現業のエステ店がコロナ禍により大きな影響を受けたことから、美と健康に効果のある北海道産食材を使った高たんぱくのお弁当、北海道米おむすび、大豆加工食品を非対面対応型のテイクアウト専門店、および、ECサイトで販売する事業へと業種転換する
燻製惣菜のテイクアウト事業の開始と郊外型カフェ・レストランの開発事業燻製・惣菜製造所とレストランを兼ねた新店舗をつくり、テイクアウト商品製造を強化する。既存店舗はテイクアウト商品販売に特化した店舗レイアウト改修工事を行い、新規顧客を獲得する
感染防止対策と飲食店から都市型テイクアウト店への業態転換大分県中津市の精肉の調理方法を学び、県産品の精肉と県産米を使い、弘前市では類を見ないお弁当の製造を当社の新分野として取り入れ,販売の仕方を配達やテイクアウトを取り入れて業態転換します。
外販事業展開およびテイクアウト専門店の出店による事業再構築レストラン主体で事業をスタートしたがコロナの影響によりイートインが激減。テイクアウトや卸での事業が必須となっている。テイクアウト商品製造設備強化。卸売商品製造設備強化。コロナで伸びている地域のコーヒー事業を通じた市場の拡大及び獲得を目指す新業種の新店舗。
高齢者にやさしい、イートインもできるテイクアウト、デリバリーお弁当・お惣菜事業超高齢者社会に対応するため、高齢者のスタッフの意見を取り入れて、高齢者に好まれるメニュー・サービスを開発し、イートインスペースがある店舗でお弁当・お惣菜を販売し、介護施設等にも定期的に配達する。家事負担を減らしたい働く女性や、近隣に多くある事業所の会社員もターゲットにする。
テイクアウト特化した新店舗「SHIMONO528」による次世代向け顧客体験価値向上計画コロナ禍も含めた市場の変化により、飲食部門売上下降傾向。本事業にてメニューと提供方法をイートインからテイクアウトに大幅転換。新たな形で日本食文化の中心である麹を市場へ提供し、次世代層の囲い込みと労働環境改善を図るもの。
ラーメン店が行うウィズコロナ、アフターコロナに対応したテイクアウトが出来る焼肉店の開業コロナ感染対策と外食動機を満たすため、換気機能に優れた設備・非接触機器を用いて、DXを活用しながらお客様の“お腹と心を満たす焼肉店”を開業して、テイクアウト販売も行い、新分野展開を図る。
ラーメン店のテイクアウト事業及び通信販売事業への新規参入(製麺工場兼販売所による製麺関連商材の直売及び通信販売)当社は、4店舗のうち最も売上規模が大きい麺屋一閃花(奥州市)を改修し、新たに「製麺工場と工場直売型の販売所(自動販売機含む)」を併設します。また、販売所による製麺関連商材(麺、スープ、具材のセット)の直売に加え、ふるさと納税の返礼品を含むインターネットを活用した通信販売を行います。
家庭・職場でもプロの味を!「豚肉製品テイクアウト販売事業」東北産豚肉を使用した弁当、惣菜、精肉等をテイクアウト販売し、プロの味を家庭や職場にお届けします。既存事業とは明確に異なる昼間の顧客層を中心に訴求し、新たな収益基盤の確立を目指します。
「飲食店の新たな販路」としての「テイクアウトモール」建築管理システムの構築コロナの長期化で外食需要が低下している中、飲食店の売上リカバリーや売上アップの対策として実店舗以外で売上が上がる仕組み作り、かつ魅力が伝わる場としてテイクアウトフードモールを構築し飲食店の新たな販路を開拓する。
テイクアウト需要を活用した、国産素材にこだわった地域密着型ベーカリー事業株式会社ペンギンが展開する「ペンギンベーカリー」フランチャイズ店舗を新規開業することにより、パン製造小売業という新分野に進出します。
地元食材を使った「ミールキット」製造加工販売及びテイクアウト事業地元食材(常磐物の鮮魚及び地場野菜)の仕入れルートを活かした、生かしたウィズコロナ、アフターコロナの時代に要求されるテイクアウトメニューの開発及び「ミールキット」製造加工の移動販売事業
地元食材を利用したテイクアウト事業と新規顧客層の獲得飲食のノウハウを生かせ、調理に集中することができるテイクアウト・デリバリーに本格的に取り組む。また、そうざい製造業の許可を得ることで、今後展開が予定されているUber Eatsや出前館などが参入することで、本格的なデリバリー市場で事業再構築を果たす。
店舗改装による、セルフ会計レジを導入した非接触型テイクアウト・デリバリー事業を開始します店舗一部に改修工事を実施し、から揚げ専門のテイクアウト店(デリバリー)として新規運営します。セルフ会計レジを導入する事で通常のテイクアウト事業と比較してもより非接触型での運営が可能となります。既存施設にて混同していたサービス内容を二分する事で質の向上と相乗効果が期待できます。
茨城県の特産品を使ったジェラートをテイクアウト販売に!フラワーショップとレストランを経営してきたが、コロナの影響により来客数が大幅に減少。フラワーショップを閉鎖しテイクアウト用に店舗を改装する。テイクアウトメニューとして、茨城県の特産品を使ったジェラートを新たに開発することで、地域のイメージアップに貢献する。
仕入れと地域連携を活かした実店舗でのテイクアウトと精肉販売事業への挑戦当社の肉の加工や仕入れの強みを活かして、異なる業種であるセルフステーキ店を実店舗としたとゴーストキッチン事業、精肉のEC販売事業の立ち上げにより新事業の柱を構築し、落ち込んだ売上の回復を図る。
コロナ禍に対応したテイクアウト事業!『ドライブスルー唐揚げ店』新型コロナウイルスの影響で既存店舗の売上が激減。大人数の飲み会も無くなり宴会売上もゼロである。そこで新事業としてテイクアウト専門唐揚げ店を開業し売上回復を図る。新しい試みとしてドライブスルーを設ける。
ペットと奥日光の空気を体験するオープンテラス、テイクアウト販売所構築ペットを連れたお客様へのお食事提供場所 奥日光の空気を体験 スタッフ、お客様の接触を最小限にとどめ、観光客落ち込みの既存体系より新たな客層を取り込む オープンテラスとテイクアウト販売所構築
農福連携&食品ロス&女性活躍の三本柱 トレーラーテイクアウト事業現事業のウエディングの知識経験・連携を活かす。①農業福祉の活性化(障害者施設より食物仕入)、②SDGsの観点から食品ロス(形の悪い食物も使用)。③現在の女性スタッフの働く場所の開拓。トレーラーにてエリアには少ない「本格スムージー」の販売提供。
新事業テイクアウトのおにぎり専門店の新分野展開で売上拡大コロナ禍で旅館業は厳しい経営状況にある。そこで、玄関横の遊休施設の倉庫を密にならない「テイクアウトのおにぎり専門店」にすることで、草津温泉に来ている観光客と地元客の新たな客層を獲得し売上拡大を図る。
ウィズコロナ、アフターコロナを見据えたテイクアウト及びEC販売事業への参入レストラン事業の生産効率向上の為にセントラルキッチン開設、施設内に新規設備導入し冷凍・冷蔵・レトルト商品の開発販売を行う。これに伴い、新規雇用を生み出し地域貢献に寄与致します。

新商品の販売方法として、流通店舗への卸・ECの活用や自動販売機の導入にて無人販売での販売戦略をたて、自動販売機設置のFC化を進めていきます

冷凍惣菜パンを製造しテイクアウト及び自動販売機による販売事業プロトン冷凍技術を応用し、トンカツ専門店ならではの品質をそのままに、手軽で場所を選ばず味わえる「かつサンド及びかつバーガー」加工製造しテイクアウトや自販機及びネット販売で提供する事業。
洋食ランチとテイクアウトに注力したスイーツカフェ開業事業漬物土産小売店を改装して、パイとコーヒー、スムージーを中心としたスイーツカフェを開業する。新たな市場を獲得して新分野での収益と新たな雇用を生み出します。
「テイクアウト+ねこカフェ」への事業転換で収益向上を果たす食品添加物不使用のテイクアウトサービスを新たに始め、店内サービスは「ねこカフェ」へ転換します。店舗の場所を東川口駅前に移転して収益向上と差別化を同時に達成し、今後の安定的な成長に繋げていきます。
デリバリー・テイクアウトから始める麻辣湯専門店現在は中国から日本への観光をサポートする事業を行っている。しかしコロナウイルスの影響を受け今回の業種転換を行う。新たな事業は日本人をターゲットにした麻辣湯専門料理屋である。赤羽駅にに店舗を構え、自身の飲食店経営経験と、知人が経営する大型麻辣湯チェーンから技術提供を受けることで確固たる地盤を生かした新事業に乗り出す。
児玉地域の方が手軽に楽しめる、テイクアウトピザ専門店の新展開新型コロナの影響克服のため、本庄市児玉町の市街地に立地する空き家を改装し、テイクアウトピザ専門店を新たに開店する。地域の大部分が最寄の宅配ピザ店から遠く配達区域外にあり、地元にテイクアウト対応のピザ店が存在しない児玉町において、テイクアウトで手軽に本格的なピザを楽しめるピザ店を目指す。
withコロナに対応出来る、「唐揚と焼鳥」のテイクアウト専門店と宅配のゴーストレストラン新型コロナウイルス感染症の影響により居酒屋ニーズは激減した。

屠殺場から直接仕入れる「朝締め肉」を用いた「唐揚・焼鳥」を、ファミリー向けテイクアウト専門店と配達専門のゴーストレストランとして展開し、コロナに対応できる事業体制を構築し、収益改善を図る。

和風居酒屋が挑むイタリアンレストランとテイクアウトの新展開3店舗を営む和食居酒屋がコロナ禍で売上が激減し、うち2店舗を閉店した。閉店した1店舗を改装し、女性をターゲットとした、テイクアウトに重点を置くイタリアンレストランを開店することで、V字回復を図る。
淡路島バーガーとこっぺぱん専門店でテイクアウト市場に新規参入新型コロナの影響を受け、主たる事業のイベント設営業の売上が減少しています。現在、市場が急拡大しているテイクアウト市場へ、淡路島バーガーとコッペパン専門店で新規参入することで、異なる分野で売上を獲得します。さらにイベント需要が回復した際には、当社の強みを活かして、上記店舗を出店させることで相乗効果を狙い、事業の成長と拡大に繋げます。
イートインからテイクアウトへ転換してコロナに打ち勝つクレープ・タピオカをイートインで楽しむ店を経営していたが、コロナで学生も来なくなり大打撃を受けていた。テイクアウト店にするとともにから揚げ店もオープンし、コロナ禍でも勝てる店を作ります。
おうち時間にも外食の味を!テイクアウト・デリバリもできるから揚げとステーキのお店独自の仕入れルートから人気洋食店の味を安く提供。気軽に寄れる、気軽に呼べる地域密着型でテイクアウト・デリバリもできるから揚げ、ステーキハウス
居酒屋からあなたの台所風の総菜テイクアウト店へと事業転換現在の居酒屋では行政から出される各種要請の影響が大きく、今後の経営の見通しが立たない。そこで、「各種の料理が出来る」強みを生かし、惣菜・弁当に特化したテイクアウト専門店へと事業転換を図る。
台湾料理店によるテイクアウト、デリバリー向け商品の量産化既存店舗は維持したまま、新たに市原市の中心市街地に、テイクアウトとセルフ飲食ができる店舗をオープンさせる。また、テイクアウトを含む店舗需要だけでなく、料理を真空パックにして他店(ゴーストキッチンなど)に提供できる量産体制を構築する。これにより、当社の経営資源を最大限に活かせるビジネスへと発展を図る。
手賀沼公園内でのテイクアウト専門カフェへの業態転換手賀沼公園内で利用できるテイクアウト専門カフェを立ち上げる。我孫子市及び公園内の特性を活かした店づくりを行い、手賀沼公園の利便性を高め、賑わいに寄与することで我孫子市の地域発展に貢献する。
無添加生餃子のFCとして冷凍生餃子のテイクアウト事業を展開「無人販売・24時間営業」本事業は、弊社の主たる業務「クリーニング業」(大分類:N 項目名78)を変更することなく、新たに無人販売・24時間営業の持帰り餃子専門店(大分類:M 項目名77)に進出する「新分野展開」事業であり、「緊急事態宣言特別枠」として応募いたします。
テイクアウト唐揚専門店への一部改装により収益の多角化を実現既存店の遊休スペースを改装し、テイクアウト唐揚げ専門店を開業。成長している中食市場や需要が急増しているデリバリー分野に進出します。「外食」「中食」による収益の多角化を実現し、事業再構築を実現します。
セントラルキッチン機能を備えた、テイクアウト・ディバリー事業メインの天丼新事業展開天ぷら店を百貨店中心に5店舗展開しているが、新型コロナウイルス感染症拡大により売上が激減している。今後も店内飲食を求める顧客が戻ってくるか不透明であり、店内飲食に頼らない事業展開が課題となっている。培ってきた商品力を活かし、テイクアウト・デリバリー中止の事業展開に挑戦する。
お好み焼き&たこ焼きテイクアウト新事業への思い切った業種転換これまでは和洋折衷トータルコーディネートサロンを経営していましたが、ポストコロナ時代に対人接触型サービスでは売上回復・黒字化の目途がつかない為、サロン経営を続けながら、家族で協力し合い、お好み焼き&たこ焼きのテイクアウトの新事業に挑戦する。
地域食材を活かした健康に優しい和風ベーグルサンドテイクアウトディナー・イートインの肉バル業態から、国産小麦から練り上げる手作りベーグルに、野菜や肉、果物等の和風食材や地域食材を盛り込む完全オリジナルの『ヘルシーベーグルサンド』をメインとするランチボックスをテイクアウト製造販売で事業を再構築します。
DXでV字回復を狙う。フレンチ専門テイクアウト店の挑戦!当社は、JR蒲田駅から徒歩5分程の場所で、イタリアンレストラン「アンティカ・オステリア・ゴンドレッタ」を経営している。未だ続くコロナ禍の影響により利用客や売上高が大幅に減少。苦境が続く中、本計画により新業態へ挑戦し、現状を打開したい。なお当事業見直しにて生じる費用は自己資金で賄える見込みであるが、当事業については川崎信用金庫久が原支店(担当:平林大治様)にも賛同いただいている。
アイスクリーム屋が始める本格韓国料理&テイクアウト事業既存事業である「マンハッタンロールアイスクリーム」販売から、本格的な韓国料理店に事業転換を行う。
創業100年の伝統を持つ江戸前寿司店が運営。クラウドキッチンによるデリバリー・小型テイクアウト店舗事業現在の主たる業種である「飲食業」という現状は変更することなく、従来型寿司店・宴会/インバウンド需要を柱としていたスタイルから、①老朽化した本店を閉鎖し、セントラルキッチン機能を持たせた、クラウドキッチンに改装。デリバリーにて、寿司の他、新規事業として金沢カレーを販売 ②駅前小スペースの小規模店舗を通した寿司・刺身・寿司屋のサンドイッチ等のテイクアウト販売を実施
テイクアウト需要に応える新たな配送サービス計画当社はバイク配送を運営する業者。今般のコロナの影響で配送商材である野菜のルート卸、リネン配送、ケータリング配送を中心に受注件数は激減。宅配需要の増加によるデリバリー増加で需要が伸びている冷凍食料品の預かり保管/冷凍自販機での販売事業を新たに開始するもの。
セントラルキッチン導入で総菜のテイクアウト、宅配、通販へ業態転換当社は飲食店を経営しているが、コロナによる外出制限で売上が激減した。そこでセントラルキッチン導入でテイクアウト、宅配、通販の開始、及び提供料理の均質化を図り、販売チャネルを拡大し売上向上を図る。
炭火で焼くこだわりの焼き魚をメインとしたテイクアウト販売開始神楽坂で18年目となる干物居酒屋。コロナ禍の営業自粛に伴う売り上げ減少に対して、炭火焼きの技術を家庭でも提供できるようにテイクアウトを実施する。
ガッツリ食べたい男性向けオムライス専門のテイクアウト・デリバリー販売への新分野展開オムライス専門店を直営 4 店舗 FC で 2 店舗、加えてタイ料理店を 1 店舗経営する当社は、新 型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている。これまで提供していたオムライス業態のノウハウを 活かしたテイクアウト・デリバリー事業を新たに展開し、コロナ禍でも継続的に成長すべく新規事業 に取り組む。
場所を選ばず楽しめる本格ピッツァのテイクアウト・通販事業既存の店内飲食需要減をカバーする為、新たに焼き立てピッツァのテイクアウト・冷凍ピッツァの通販事業を展開し販路を開拓、拡大する事で、収益の柱を作る。その為に必要な新規設備導入、HP改修、看板製作をする。
”まるごと一羽のフライドチキン”を”幸せ”と一緒にテイクアウトでどうぞ!テイクアウト・デリバリー専用の鶏一羽を丸ごと唐揚げにするJ-CHIKENを、東京上野に新規開業し事業再構築を行います。
無添加で保存料なしの惣菜 テイクアウト・サブスクリプションサービスの新規展開既存の店舗飲食事業の今後の市場成長性はコロナにより低迷が見込まれるため、成長市場分野への進出で収益の柱を構築します。当社強みの開発力を活かして、無添加保存料なしの総菜テイクアウト及びサブスクリプションサービス提供に取り組むことで、収益ポートフォリオを増やし、リスク低減により、経営を安定化させていきます。
テイクアウトに特化した新業態の開発及び店舗展開外食需要の減少、テイクアウト需要の高まり等の外部環境の変化に対応し、レストランの味を自宅でも味わえるよう、テイクアウトに特化したメニュー、容器、予約システムなど、新業態を開発し、店舗展開をする。
病院内でのテイクアウト業態開店と既存店舗のセントラルキッチン化大学病院正面玄関の建屋において、医師や看護師等病院職員、患者家族などに栄養バランスに優れ、かつすばやく提供できる軽食を提供する。
スイーツのテイクアウト店とネット販売による事業再構築弊社は飲食店のサーバ管理等を行っている。本事業では、引き合いのあった駅前ショッピングセンターにスイーツのテイクアウト店を出店する。既存のノウハウを活かしてネット販売にも参入し、コロナで落ち込んだ収益の回復を図る。
新規顧客の獲得に向けたテイクアウト・デリバリー事業による新分野展開コロナウイルス感染症の影響を受け、当社のレストラン事業は大きく売上を減少。そこで、新たに「テイクアウト専門」という新業態へ転換し、「非接触注文/決済システム」開発を通じて、コロナ対策に特化した新店舗をオープンする。
地方初の薪窯焼パンのテイクアウトを併設する本格フレンチレストランを東京から移転開業東京のレストランから代表の地元である山形県鶴岡市に移転し地域初の薪窯焼パンの製造販売と、地元食材をふんだんに使い「食の原点回帰」「生産者とつながりのある地産地消」をテーマに地方創生を目標にしたレストランを開業して事業の再構築を図る
ポルトガルスイーツ製造D2C小売販売とハンバーガーデリバリー/テイクアウト事業への新分野展開ワインレストランのノウハウ/仕入を活かしたポルトガルスイーツの製造D2C小売販売とプレミアムオセアニアハンバーガーのデリバリー/テイクアウト事業です。
洋菓子の知識、技術を活用したテイクアウトのベーグル専門店の開業洋菓子のノウハウ、材料を活かしてバラエティに富んだテイストのベーグル専門店を開業。事前決済のテイクアウト、デリバリー、通信販売等でウィズコロナ対応の販売を行う。
昼夜営業ピザテイクアウト専門店運営を通じた新分野展開の実施。ディナータイム主体のスペインバルでの経験と顧客基盤を活かして、コロナ感染症長期化の中で、夜間営業に頼らず昼夜提供可能なテイクアウトやデリバリーも併営した、ピザ専門店運営に挑戦する事業再構築になります。
飲食からパンのテイクアウトに変更及びECプラットフォーム活用による全国販売に向けた新規設備導入計画新型コロナウイルス感染症拡大による飲食事業の売上減少に対して、パン類の新商品開発及び新規に構築するECサイトと店舗で受注し、宅配便でお届けすることで売上減少を補完します。そのために飲食スペースと飲食厨房を破棄し、低温熟成庫の導入、EC配送スペース、パン売り場に変更します。
フレンチシェフが焼く極旨ピザをテイクアウト&デリバリーできる新店舗開発フレンチレストランに加え、本格的なピザをテイクアウト&デリバリー及びイートインで提供でき、料理教室等で内食需要に対応できる新店舗を開発し、3年後の売上を基準年度の88%増加、付加価値額を97%増加させます。
テイクアウト型揚げたてミニドーナツショップ感染予防対策を徹底した完全テイクアウト限定のドーナツショップを出店。

ドーナツは作り置きではなく、お客様へ揚げたてのドーナツに様々なトッピングを施して提供。新分野への参入の為、既存のドーナツショップに負けない工夫をしている。

地域ブランド飲食店のサスティナブルなサブスクMy弁当のテイクアウト事業東京馬喰町の人気カフェ兼定食屋の当社が、サブスクリプションの価格体系で提供するテイクアウトランチ事業を展開する。個人専用の弁当容器を繰り返し使うことでSDGsへの貢献を行い、合わせて統一ブランドに合致した物販をEC販売で行う。
カラオケバー事業から、黒毛和牛と九州産黒豚を使用したデリバリー・テイクアウト事業への新分野展開当社は東京都港区麻布十番でカラオケバーを運営する事業を行ってまいりましたが、コロナ禍の長期化による需要低迷が続き、コロナ禍前の水準までの売り上げの回復が見込めないことから代表者のこれまでの経験、人脈を活かした黒毛和牛および九州産黒豚の仕入れを行い開発した黒毛和牛/黒豚とんかつ専門店の持ち帰り、宅配飲食サービス事業に進出するものであります
黒豚/黒毛和牛生産者連携したテイクアウト/デリバリー ハンバーガーと食品製造卸D2C事業への業種転換今回始める持ち帰り・配達飲食サービス事業は黒毛和牛と松阪牛と黒豚を使用したハンバーガーの持ち帰り・配達飲食サービス事業と食品製造卸D2C事業になります。コロナ禍でイートインではなくポータビリティを重視したメニューとして、ハンバーガーを卸/D2Cというスタイルで食を提供します。
ラーメン店から定食屋への事業転換による店舗売上依存からの脱却(店舗売上+テイクアウト・デリバリー+物販+冷凍弁当通販)ラーメン店から定食屋への事業転換を行う。定食屋では店内飲食に加え、ラーメン店では実施していなかったテイクアウト、デリバリー、食材・食器類の物販及びオンライン販売を併せて実施する。定食屋が軌道に乗った後、定食屋ブランドを用いた冷凍弁当の通販事業を計画。
清掃業からテイクアウト・デリバリーに強い韓国料理店への業種転換コロナで業績悪化したパチンコ店の契約解除が続き、先行きが見えない為、清掃業での現場運営管理のノウハウを活かし、テイクアウト・デリバリーに強く人気3ブランドが集結した韓国料理店へ業種転換に取り組む
高級焼き鳥店をオープンし、昼間のテイクアウトを展開するお酒のみならず、バーやカラオケを楽しめる飲食店の営業をしておりましたが、コロナの影響で時短営業や酒類の提供ができなくなったため、焼きとり店を新たにオープンして、テイクアウト事業を行っていく。
新たにチーズケーキ製造販売事業に参入、テイクアウト販売新型コロナウイルスの影響で既存のイタリアレストランの売り上げ低迷により、菓子店勤務の経験を活かして自社の駐車場敷地内に新たにチーズケーキ工房建設して製造販売事業に新分野展開。
大衆居酒屋によるワンコイン海鮮丼テイクアウトサービス海の幸をふんだんに使用した「お手頃価格で誰でも気軽に食べられる海鮮丼」を提供する。当営業エリアである湘南では地場の魚介を使用している他店と比較し、学生でも手の届くワンコイン海鮮丼にこだわり、地元民の食生活を支援する。
「テイクアウト事業×地域貢献コンテンツ」の新店舗づくり既存店舗の取り壊し及び新店舗オープン

「テイクアウト事業×地域貢献コンテンツ」の新店舗づくり

地域業者と連携した新たな商品開発&展開、町興しイベント

テイクアウト事業、地域イベント連携を強化した店舗づくり

プラごみゼロ!ココナッツヴィーガンフードのテイクアウト専門店への挑戦プラごみを出さない環境に配慮した店舗によるテイクアウトのココナッツ専門店を展開します。新型コロナウィルスの影響で打撃を受けた売上を新規事業に挑戦することで立直し、小規模事業者でありながら循環経済の推進に貢献できる企業を目指します。
割烹料理の技術をつめこんた「割烹味噌汁」のテイクアウト西京焼きと割烹味噌汁を定食スタイルで提供する店内飲食の和食店。季節の逸品料理なども取り揃え、お酒の提供もある。コロナの影響による外食産業の縮小、中食事業の拡大を背景に、新規事業では、家で食べられる健康的で美味しい割烹料理をテイクアウトで提供する。
ホンジュラス産珈琲テイクアウト販売によるコロナ禍による業績回復コロナ禍にて来店数が激減したため、業績回復が当社の緊要性の高い課題。既存顧客からの要望がある当社独自のホンジュラス産珈琲販売を行うことで、新規顧客獲得及び既存事業へのシナジー効果による業績回復を図る。
老舗レストランがカジュアルイタリアンでテイクアウト事業参入現店舗の1階部分をカフェ/バル事業に事業転換すると共に、コロナ禍でも一定の需要が望めるテイクアウト事業に参入する。店舗は山下公園に隣接しており、近年のアウトドア/ピクニック需要にも対応でき、一定の効果が期待できる。本補助事業をもって弊社の毀損したビジネスモデルの再構築を図るものである。
地産を活かした魚沼産コシヒカリによるテイクアウト兼イートイン「おにぎり専門店」新潟県の名産であり、国内ブランド力のある「魚沼産コシヒカリ」を用いたおにぎり専門店を計画。歓楽エリアとなる新潟市古町のためランチタイムの有効活用・テイクアウト含めたリスクコントロールを行った事業となります。
とやまおでんを富山から全国へ。テイクアウト事業と通信販売開始コロナ過の影響で県内外の来店者数の激減により、移動販売事業に加え、テイクアウト、通信販売を開始。更に、宴会需要の為のスペースを撤去。大幅な改装工事を行い、業態専用機器、加工室などの既存の設備を最大限に活用し、老舗居酒屋運営の経験とレシピノウハウを活かし惣菜製造に流入させ、顧客数の増加と業績のV字回復を狙う。
旅行客市場縮小を乗り越えるテイクアウト弁当とEC市場への進出旅行客向けに山間部のホテルなどに卸していた鮮魚の売上激減を受け、山間部に保有している加工拠点を廃止するとともに、冷凍冷蔵保管庫をリニューアルし、当店の鮮魚加工技術を活用した弁当・EC販売に進出する。
アフターコロナ対応・テイクアウト専門「和スイーツ&カフェ業態」開発と多店舗展開福井県内で居酒屋業態を展開しているがコロナ禍の影響を受けている。

今後のアフターコロナに対応したテイクアウト専門「和スイーツ&カフェ業態」開発を行い、既存業態以外の消費者ニーズを獲得するとともに、将来的な多店舗展開のためのノウハウの確立を目指す。

和総菜に特化したカジュアル料亭及びテイクアウト・デリバリー業態への転換老舗料亭がアフターコロナ時代に対応した新たな和総菜に特化したカジュアル料亭業態を確立するとともにテイクアウト及び葬祭・結婚式場等へのBtoB向けデリバリーニーズへの対応を図り、変化する市場ニーズ獲得を目指す。
拡大するテイクアウト市場を掴む本場イタリアンの再構築事業イタリアンレストランを福井市中心市街地で営業しているが、コロナ禍で売上が減少。既存店のランチ営業を縮小させ、本場イタリアのロマーノピザを中心とした惣菜テイクアウトに特化した新業態に挑戦。経営リソースの最適化を図る。
イートイン・テイクアウトが可能なフルーツパーラーコロナ禍において自宅で食事をする機会が増えたことにより、河口湖町に住む地域住民のテイクアウトでの食事ニーズが増加している。こうした市場環境の変化を受け、観光客・地域住民のニーズにするフルーツパーラーを立ち上げる決意を固めた。

新規事業で使用するフルーツは山梨県の農家から仕入れることで、地産地消の取組みにも貢献したいと考えている。

甲府市民の新たな生活様式に対応したテイクアウト事業への業態転換甲府駅内で22年間営業してきたらあめん青葉を、甲府市民の新たな生活様式に合わせテイクアウト事業に業態転換する。ラーメンスープで食するほうとう「ラーほー」を新メニューとして開発し観光客の需要も創出する。
商店街活性化の一員に!自家製カレー専門店とテイクアウトサービス進出による事業再構築計画客待ちスタイルの従来の店舗型ビジネスであるスナック・バー事業のみのビジネスモデルから脱却し、地域住民や都会からの移住者、観光客で賑わいを取り戻しつつある商店街の一角に、自家製カレー専門店(テイクアウト対応)を新たに展開する。
こっちにも寄って!木曽の魅力が詰まったテイクアウトによる新規顧客の獲得!窓口型テイクアウトコーナーで木曽の原料を使用した「ソフトクリーム」「コーヒー」を新たに販売。コロナ禍でも利用が多いトイレ/休憩利用のビジネス客・地域住民の新規獲得及び売店・食堂への波及効果も狙う。あわせて最新POSシステムを導入し、業務の効率化及び利用者満足度の向上に繋げる。
白馬村観光のエントランスでのメキシコ料理専門店によるテイクアウト店展開計画白馬村観光の玄関口である八方バスターミナルに、メキシコ料理専門店のノウハウを活かしたファストフード主体のテイクアウト店を展開。既存店舗とは異なるマーケットへ参加することでインバウンド客の減少による打撃から事業再構築を図ると共に、白馬村の新たなアイコンとして地域活性化に貢献する。
テイクアウト型軽食の販売と賑わいの場の提供テイクアウト型軽食の販売と賑わいの場の提供による中心市街地の活性化
木曽の魅力を発信し、木曽を元気に!テイクアウトできる飲食店の開店木曽を元気に!をコンセプトにテイクアウトできる飲食店を開店。地元食材を直接生産者から仕入れて加工する地域の6次産業化に取組み、地元客・観光客に木曽の美味しいものと交流の場を提供、売上のV字回復を目指す
喫茶店が仕掛ける揚げたて揚げパンのテイクアウト専門店コロナの影響でイートインスタイルのカフェは、売り上げに大きな影響を受けた。そのため、対人接触の機会の減少が可能となるテイクアウト専門店で起死回生を図る。そして、揚げパンに特化することで、設備、オペレーションを最適化し、商品ラインナップと揚げたてで提供することによる話題性で売上拡大を目指す。
ウィズコロナ・ポストコロナ時代に適合したテイクアウト型カフェへのビジネスモデルの転換コロナ禍のライフスタイルの変化で、店内飲食よりもテイクアウトが好まれるようになっている。そこで、従来のサービス提供後に会計を行う喫茶店型の店舗からレジで会計をした後に店内外で飲食を楽しんでもらうセルフサービス型店舗へと業態転換を行い売上高を回復させる
そば店から地域農産物の直売所とテイクアウトサービスへの業態変換そば店の経営からコロナ禍を克服して事業を安定拡大するために新規の店舗を開設し、新鮮な野菜と加工品を販売、それらの食材を生かしたテイクアウト品も販売する食料品小売業へ業態転換を図りたい。
飲食店4店舗を経営してきた実績を活かしてのテイクアウトへの参入岐阜市周辺では、が食は一つの娯楽イベントと捉える文化があった。しかしコロナ禍の長期化でテイクアウトを受け入れる意識が高まってきたため、台湾茶FCのゴンチャに加盟し自社商品の開発を行うことで、テイクアウト事業に参入する。
飲食店プロデュースからテイクアウト事業プロデュースへの再構築居酒屋チェーン創業・拡大を経て現在は飲食業の新規開業・プロデュースを営むが、コロナ禍でクライアントの飲食店も経営に苦慮。急成長中のテイクアウトのから揚げ専門店フランチャイジーと組み、当社のこれまでのノウハウを活用するとともに当社でもテイクアウトビジネスのノウハウを吸収する。
地域資源のしらすを活用したテイクアウト商品等の飲食店販売への転換これまでしらす仕入販売を主業務に展開し、出張販売等で得た経験を活用して、地域食材を使ったお弁当等総菜商品の販売で新分野進出を図る。
ビストロが始めるDELI&お菓子テイクアウトの専門店自然派ワインに合うフレンチ料理を提供してきた専門飲食店が、ウィズコロナに対応したDELI&焼菓子等のテイクアウト専門店を展開し、地域に新たな食の楽しみ方を提供する。
ベーカリーから韓国料理テイクアウト専門店への新分野展開学校給食やベーカリーなどを営業する食品製造販売業者が、菓子パンを中心とした店舗販売を見直し、新たに韓国料理のテイクアウト専門店を開業し、既存顧客とは異なる層を取り込む新分野展開事業
オリジナルお茶ドリンク、デザートのテイクアウト販売事業販売専用店舗を保有していない為、古倉庫をリノベーションして店舗を新設し、オリジナルのお茶ドリンク、デザートメニュー等のテイクアウト販売を開始。一貫生産体制、体験事業と融合させた付加価値の高い販売方法にて展開し、業績向上を図るとともに地域の活性化に寄与していく。
居酒屋店舗の空きスペースを活用したスペシャルフードの贅沢空間事業及び 中食テイクアウト事業展開業績が悪化する居酒屋業態を大胆に再構築し、こだわりの食材料理をゆとりある空間の食事需要の業態への転換を進めると同時に、客数の減少に伴い利用頻度の減った駐車場を有効活用したテイクアウト事業の新展開を進める。オープン空間を前面に押し出し、人と人との接触機会を減らした社会変化に対応した事業を行い、売上の維持拡大を目指すとともに自社ITシステムで判別した不採算店舗を整理縮小して、新事業への人財配置を行う。
「映える」おしゃれカフェ商品のテイクアウト・ケータリングサービスを実現する業態転換見栄えの良いSNS映えする商品と店舗により多くのファンを獲得している当社の飲食事業において、新たにテイクアウト・ケータリングサービスを開始することで、コロナ禍によるテイクアウト等の中食需要拡大や見栄えやおしゃれさといった顧客ニーズに対応し、売上拡大を目指す。
店舗改装による「目的来店型店舗化」及び飲食店向けテイクアウト用パンの製造販売カフェのイートインスペースを改装し、ドッグラン併設型型店舗にリニューアルします。

またカフェ厨房内でテイクアウト用パンの製造販売を行い、新たな「B to B」販路を開拓します。

緊急事態宣言解除時にはイートインに注力、緊急事態宣言発出時には飲食店に向けてテイクアウト用パン(バンズ)の製造販売に注力する業態を構築し、コロナ禍での飲食店のテイクアウト商品の拡充に貢献します。

ラーメン店出店によるテイクアウト業態のプラスチックごみ削減推進事業弊社ではラーメン店を2店舗出店し、デポジット制テイクアウトサービス「リテイク(仮)」を提供します。

この取組みにより、テイクアウト業態の環境負荷を軽減し、テイクアウト業態をより一層根付かせることを目的とします。

テイクアウトしやすいたこ焼き型創作料理の新規出店事業本事業では、中村区役所移転にあわせて本陣駅エリアに新規飲食店舗を出店致します。持ち帰りしやすく、見た目も可愛いたこ焼き型の創作料理を提供することで、地区内の新名所となることを目指しています。
東三河初!タピオカ麺や国産白湯スープが特徴のテイクアウト出来るラーメン店当社は居酒屋を本業としており、緊急事態宣言により大きな影響を受けた。新たに、タピオカのもちもち食感と国産の濃厚鶏ガラ白湯スープを使ったテイクアウトも可能なラーメン店でV時回復を図る!
テイクアウトとオンライン販売を兼ね備えたフランスがテーマのコーヒースタンド事業本格フランスカフェの味を更に高めながらも、フランス文化のカフェ・オ・レなどを中心としたドリンクメニューや、フランスレシピの焼き菓子などを提供するコーヒースタンド事業。
コロナ禍によるテイクアウト需要に対応して、物販スペース店舗改装現状、営んでいる携帯修理店舗を改装し、人通りの多い商店街の立地を利用し、新分野展開でテイクアウト専門スペースを作り、サツマイモチップス等の商品販売をする。
ハラール対応インドネシア料理の冷凍食品製造による、ECサイト及び店頭販売、テイクアウト・デリバリー事業の拡大ハラール対応したインドネシア料理の冷凍食品を製造して、ECサイト・テイクアウト、デリバリーで在日ムスリムへ販売することで非対面ビジネスモデルを確立します。

さらに、コロナの影響により低下した店舗の売上をカバーするだけでなく、県外にはあまり知られていないハラール対応した、インドネシア料理を全国へ広め、生産農家の方々と共に力を合わせてコロナ禍の苦境を乗り越えて、これからも共存・繁栄していく。

新しい飲食事業へのチャレンジ!テイクアウト+バーチャルキッチン型店舗の展開飲食店の持つ課題を解決するため、ウィズコロナ時代の新しいビジネスモデルへ挑戦する。バーチャルキッチン化したテイクアウト&デリバリー専門店を開業し、コロナの影響で落ち込んだ業績のV字回復を目指す。
SNSに映えるカラフルなキューブ型パンのテイクアウトによる事業再構築喫茶店の営業時間制限克服のため、SNSに映えるカラフルなパンの持ち帰り・配達飲食サービス業に進出し売上減少を補い、モーニング発祥の地である地域特性を活かし朝の喫茶店メニューを充実させてシナジー創出を図る。
自社の運営ノウハウと立地特性を生かしたステーキ事業及びテイクアウト事業を開始する。令和4年7月に開業する名古屋栄地区の次世代型先進オフィスにステーキ店を出店する。既存のイタリア料理店の運営ノウハウやデザートを活かした新たな法人サービスおよびテイクアウトサービスを開発し事業再構築を図る。
店内飲食からECサイト利用のテイクアウト事業で新たな市場開拓!新型コロナウイルスの影響で、店内飲食の売上が大幅に減少した。新たな生活様式として巣ごもり需要が増加していることから、当店のメニューをECサイト販売しスマートロッカーで受取りをする、災害リスクに左右されない経営基盤強化に取り組む。
テイクアウト専門店「オトナスイーツ」の展開による事業再構築本事業では、当社が加盟するフランチャイズを脱会して、知立店の敷地内にスイーツのテイクアウト専門店(食品製造販売)を開店する。本事業と既存事業のシナジー効果を通じた事業再構築に取り組む。
円頓寺商店街と連携したテイクアウト事業への取組み本事業は来街者が大幅に減少した円頓寺商店街全体と連携してラーメン等のテイクアウトを強化する。円頓寺商店街と協働することで地域の活性化を図り、コロナ禍で閉店を余儀なくされ落ち込んでいた売上を取り戻す計画である。
本格韓国料理店からテイクアウト・ミニスーパーへの新分野展開コロナ禍により大打撃を受けた韓国料理店において業績のV字回復を図るため、感染症対策を徹底した店舗づくりに加えて、「テイクアウト・ミニスーパー」に取り組み、安定した収益確保を目指す。
登録有形文化財の老舗旅館をワーケーションとテイクアウトカフェを兼ねた施設としてリブランド登録有形文化財に指定された築150年の老舗旅館をミシュランガイド掲載の日本旅館「和味の宿角上楼」がワーケーションルームとテイクアウト型オープンカフェにリブランド。過疎化の進む地域おこしのハブとして再生させる
名古屋に馴染み深い生わらび餅を使ったテイクアウトスイーツ専門店の展開コロナ禍においてもおうち需要として好調であるテイクアウト専門店を既存店の経営ノウハウを活かし、タピオカドリンクに代わる新たなスイーツドリンクとして、生わらび餅を使った商品をテイクアウト専門店の主力商品にし、アフターコロナ・ウィズコロナ時代の名古屋の新たな名物にしていきます。
寿司屋が行うアフターコロナに向けたリブランディングと客層分化の為のテイクアウト事業コロナ禍で激減した客数・売上をカバーする為、従来の居酒屋的性格をリブランディングし、店内飲食の席数密度低下、メニュー変更により高付加価値化を図る。同時に店内飲食と分化したテイクアウト事業を行い新規顧客層(店内飲食予備軍)の獲得を行う。
新たに菓子製造業を取得し、ハンバーガーやケーキのテイクアウト市場に新展開アフターコロナの意識と行動の変化に合わせ、従来営業していない時間帯にテイクアウト専門店を新たに新分野として既存の事業建物を改装し小売店をオープンする。
親子丼ロボットを新規開発導入!テイクアウト事業への業態転換コロナ禍における新規顧客獲得に向けて、自社オリジナルの親子丼調理ロボットを開発・導入し、テイクアウト事業へと業態転換する事業計画である。
精肉店が展開するテイクアウト専門店「マルオトキッチン」の開業精肉加工のノウハウと知識を活かしてBtoCへ販路を拡大。コロナ禍における中食市場やデリバリー需要の拡大を契機に一般消費者への販売を開始し、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ業績の V字回復を図る。
お茶問屋が挑戦する一般顧客向けお茶スイーツのテイクアウト事業日本茶製造卸売りメーカーが自社独自の焙煎機械や三角ティーバッグ施設をイートインスペースから見学できる工場併設型のお茶スイーツ、ドリンクのテイクアウト店舗を開設。一般顧客に日本茶の魅力を発信をし、既存事業である卸売り事業にも波及効果を狙う。
非接触型店舗とネットオーダー付きテイクアウト店によるV字回復計画コロナ禍で飲食業界全体が影響を受け、売上減少に苦しむ中、新たなサービス提供の方法として非接触型店舗とネットオーダーによるテイクアウト店を実施し、アフターコロナ・ウィズコロナを見据えた事業再構築を行う。
コロナ禍の食事需要に応える最新うなぎ料理のテイクアウト・通販事業コロナ禍で逆にニーズの高まりを見せるうなぎ料理。その需要をとらえた「通信販売」「テイクアウト」を可能にし、さらに新しい顧客層の開拓を目指す「新しいうなぎ料理」の開発・提供ができる厨房設備を備えた店舗を新設し、コロナ禍で落ちた売上回復を目指す。
テイクアウト×世界の珈琲豆×アートで新しいカフェ文化を創出ファッションの発信地「名古屋パルコ」の1階に「テイクアウト・立ち飲みカフェ」を出店します。自家焙煎の世界の厳選したコーヒーを楽しみながら、アートとも連携したサービス展開により、新たなカフェ文化を作ります。
「巣ごもり需要」「リベンジ消費」に応える飲食店・テイクアウト専門店事業への進出コロナ禍によるテイクアウト需要の拡大、リベンジ消費に対応するべく韓国料理のテイクアウト専門店、韓国料理店事業に新たに取り組みます。食品卸売業で築いた商流を活かし、昨今の食生活の変化に合わせた名古屋で人気の韓国料理店を目指します。
テイクアウト事業参入における新業態キッチンカーパーク運営とキッチンカー運営の相互事業計画書既存店舗の隣の宅地にキッチンカーパークを設営して、自社のキッチンカーも配置する。自社及び出店者のキッチンカーの商品を既存店舗にて注文を受付け、テイクアウト商品などとして提供する。
既存店舗をテイクアウト重視の店舗に転換する事業コロナ前はイートイン重視の店舗であったが、長引くコロナの影響により、従来の客席利用が見込めない為、コンパクトなスペースに移転し、固定費を削減させ、テイクアウトを重視した店舗に業態転換し、収支改善を目指す。
いなり寿司のテイクアウト販売事業これまで百貨店やスーパーへの押し寿司の卸売を行ってきた当社が、強みである商品開発力を活かして新たにいなり寿司のテイクアウト専門店を出店し消費者に直接提供、自社ブランドを構築して事業再構築を図る。
地元食材を活かしたテイクアウト・デリバリーや商品販売を行う新たな飲食事業の展開店舗を多目的に長い時間有効利用する。地産地商、新規雇用で地元の活性に取り組む。3店舗目となる新店舗を核として連携を高め各店舗のブランド力を高める。
地産地消の農産物によるテイクアウト、ドライブスルー方式のご馳走おにぎり 総菜弁当の販売事業当社が扱う生産米や地元の協力農家26件が生産する野菜をメイン食材とする地産地消のお弁当、お

にぎりや総菜等をテイクアウトやドライブスルー形式で販売する。

滋賀の食材にこだわったテイクアウト専門店立ち上げへの挑戦コロナ禍伸びているテイクアウト市場の機会に対して、当店の強みでもある滋賀の規格外野菜及び季節性のある食材を利用した商品開発力を活用して、おしゃれなテイクアウト弁当を楽しむ働く女性向けの滋賀の食材にこだわったテイクアウト専門店を立ち上げます。
「小さな贅沢をご家庭に」食卓に本格フレンチで彩りを添える本格派テイクアウト事業緊急事態宣言による営業自粛や時短要請、不要不急の外出自粛などで当店は大きな影響を受けている。そこでフレンチのコンテストでの優勝経験のある私が本格フレンチ料理専門を安価に提供するテイクアウトで、他社と差別化を図る事業
こだわりの本格餃子のテイクアウト販売東京都調布市仙川、滋賀県彦根市に直営のテイクアウト専門店を新規出店するほか、滋賀県長浜市、埼玉県ふじみ野市、千葉県千葉市、同船橋市の他社小売店の計4店舗に冷凍ショーケースを設置して、当社こだわりの本格冷凍餃子を販売する
Withコロナを見据えたペンション事業と京都産食品のテイクアウト及びレストラン事業の推進コロナ禍でペンション経営は大きく打撃を受けた。徹底された客室の感染対策と評価の高い自家製料理のレストラン化・テイクアウト対応により、コロナ禍でも付加価値の高いサービス提供が可能になることで、ターゲット層を拡大し売上の回復を目指す。
ドライフラワー等で装飾した本格飲食店(テイクアウト含む)をオープンドライフラワー専門店だけではコロナに経営を左右される。テイクアウトに力を入れた飲食店をオープンし、ウィズコロナ対応で売上の安定化を図る。また、花屋業界での差別化を図る。
印章店がテイクアウト専門店へ新規マーケットに参入し共存するコロナ禍で出た印鑑不要論の影響を大きく受けている印章業が、本社の一部を改装し、従業員の雇用を守りながら新たな事業軸を組み立てるべく、テイクアウト専門のどらやき店を始めます。
「和食のファストフード」 家具業がテイクアウト業へ事業展開和食のテイクアウト専門店を展開する。家具業で蓄積してきた人脈・ノウハウを活かし、新しいテイクアウトの形をつくるため京都産の米・野菜を中心に食材と調理方法にこだわった商品開発を行う。
冷凍フライドチキンのEC及びテイクアウト販売への新分野展開当社はフライドチキンとハイボールをコンセプトとした飲食店を営んでいるが、新型コロナウィルスの影響で落ち込んだ外食業界から、需要の高まる中食市場に参入するためにEC及びテイクアウト販売に乗り出す。
眠れる一等地・東本願寺前にぎわい再興を目指す、テイクアウト・カフェプロジェクト京都・東本願寺前に市民緑地が整備されるのを機に、若者が集まる街づくりを目指し、テイクアウトのカフェ事業を開始する。コロナの影響で観光客の戻りが鈍い京都において、SNS等で話題を発信し、新たな観光スポットを創出。主力の旅館業とのシナジーを実現する。
割烹すし店が提供する京うどん、鮮魚の実演テイクアウト事業新触感のうどんと鮮魚の刺身テイクアウト店を開設する。割烹すし店の一部を改装し、うどんの手打ち、鮮魚の捌きを実演、提供する地域の名物店に生まれ変わる。新触感のうどんと新鮮なお刺身のテイクアウトにより、ダイニングを彩る京の一食を提供する。
ゴーストキッチンを利用したテイクアウト・デリバリー専門店に よる新分野展開自社の保有する倉庫を改装し、厨房を新たに作る事により、今後も市場の拡大が見込まれるフードデリバリーサービスを活用したゴーストレストラン事業を行います。

メニューは手作りの米粉ピッツァやナポリピッツアを販売致します。

瓶詰めのフレンチお惣菜テイクアウト店レストラン事業経営からテイクアウト専門店に新分野に参入し調理スタッフを共有することにより、戦略的にリソースを最適化。パッケージデザインにこだわり、SNSでの拡散宣伝を取り入れ、ネット販売まで経路拡大
京都No.1本格メキシコ料理店が行うテイクアウト・デリバリー当社では店舗の設計により、テイクアウトやデリバリーに参入できませんでした。しかし、ウィズコロナの生活様式に対応するため、店舗の改築を行いテイクアウト・デリバリーでの販売を行うとともに、イートイン事業の業務の効率化を図ります。
京都特有の物件との相性の良さを活かした唐揚げ専門テイクアウト店の経営当社は、飲食店の設計やリフォーム工事に携わってきた実績、京都特有の特殊な物件に対すノウハウを活かして、拡大する唐揚げ市場においてテイクアウト専門店を開業することで新たに飲食業界へ参入する。
地元農家の直売所を兼ねたフードテイクアウトビジネス蕎麦を中心とした和食店を、地元農家と契約した農産物の産直市場にし、その野菜を使って飲食店、主にテイクアウトを主体としたビジネスに転換する。
みやげ小売店からイートイン・テイクアウト店への事業転換京都清水参道での旧来のみやげ物店から、うるち米を使った食品のイートインとテイクアウト店への事業転換を図ります。京田辺市の実家の自作米、近隣農家の米、無農薬野菜を使って、健康的な食品販売を目指します。
モバイル型の非接触テイクアウト主体ハンバーガー業態への参入法人向けの宴会特化配食サービスから個人向けのテイクアウトサービスへ新分野展開を行う。肉・野菜・ベーカリー各々京都の地産地消にこだわり商品の独自性を訴求し地域還元を行い、お客様へも非接触決済にて安心訴求を行う。
フルーツ大福のテイクアウト専門店の開業による事業再構築新型コロナウイルス感染拡大の影響で既存事業の売上が激減した。そこで、テイクアウト需要の高まりを受け、新たにフルーツ大福の製造・販売事業へ参入することで経営の新たな柱を創出し、売上のV字回復を図る。
寿司イートインから海鮮丼テイクアウト販売への業態転換で新メニュー販売による売上V字回復生鮮食材を使用しているため、作り置きによるフードロスの削減・店頭での受注製造販売により、コロナ禍で多様化する顧客ニーズ、ライフスタイルに対応する為、寿司のイートインから海鮮丼中心のテイクアアウト販売へ業態転換を図り、新メニューのポキ丼によって売上V字回復を図る。
「テイクアウトを併設できる専門店の出店と魅力のあるテイクアウト商品・飲食の提供」駅やショッピングセンター等の利用者をターゲットとした好立地を活かしたテイクアウト事業に取り組む。強みとする商品開発力と、既存事業でも成功しているフランチャイズ化のノウハウを駆使し、看板メニューを中心としたフランチャイズ事業を全国に展開していく。
ホテルレストランのテイクアウト販売とセントラルキッチンの設置運営委託を受けている飲食店の縮小に伴い、同場所を間借りし自社商品のテイクアウト販売を行う。さらに、2022年4月より自社運営となる店舗の一部を縮小し、セントラルキッチンの設置を行う。
2段階加熱の豚カツと豚加工品のテイクアウト・EC販売でV字回復時短要請等の影響で海鮮居酒屋の売り上げが激減。トンカツ定食屋に店舗の形態を変え、昼夜営業の店内営業だけでなくチャーシューなどの加工品EC販売や、トンカツ弁当、総菜などのテイクアウトで売上を回復させる。
マルチブランドの高級デリバリーを中心に海鮮イートイン・テイクアウトも行う飲食トリプルサービス事業フードデリバリー市場のおける高級価格帯で、海鮮、肉、鶏料理をマルチブランドで提供する。さらに、イートイン、テイクアウトも加えた飲食トリプルサービス事業として、固定費を最小限化し、利益を最大化する。
鶏とスープづくりの工房 工場一帆でのテイクアウト鶏料理の展開鶏・野菜にこだわったラーメン屋の経験を活かし、尼崎市内にテイクアウトでドリンクとして飲めるスープ、鶏の唐揚げを制作する工場を建設し、スープ、鶏の唐揚げを制作・提供する。
次代の町中華を応援!餃子餡販売&テイクアウト専門店への展開本格中華のテイクアウト店と飲食事業者向け餃子餡の24H販売店を展開し、既存店の減少以上の売上確保を図る。本事業の新店舗では非対面販売を導入し、安定したオペレーションと顧客ニーズ収集分析体制を構築する。
テイクアウトを徹底的に強化してコロナ禍に対応する「ネオ中華」への挑戦不動の人気を誇る中華料理に対して、当社独自のスパイシーな要素を加えた「ネオ中華」を新規事業として展開する。テイクアウトに向く中華料理の特性を活かし、テイクアウトを強化し、コロナ禍に対応する。
焼き芋等のテイクアウト商品を提供するキッチンカー事業の展開コロナ禍により弊社の飲食店の売上が激減した。テイクアウト需要の高まりに対応するため、キッチンカー設備を導入し、焼き芋専用壺で焼いた焼き芋などのテイクアウト商品の提供サービスを開始する。
ホテル仕様のフレンチトースト、パフェ等のスイーツテイクアウト販売事業弊社在籍の元ホテルシェフの技術や経験を活かし考案したフレンチトーストを、既存の外食産業の衰退を危惧し、テイクアウト事業の設立を画策。

それに伴いフレンチトーストを活用したパフェなどのスイーツを開発し、新しいテイクアウト事業を立ち上げる

季節に合わせたテイクアウトメインの飲食店舗事業新型コロナウィルス感染症の影響により当社のメイン事業であった給排水設備業から撤退し不動産業のみを営む現状を打破するために、季節に合わせたスムージーやワッフルなどを販売する飲食店舗のオープンを決意した。
ロードサイドラーメン店におけるテイクアウト専門うな丼店開業事業大阪府高槻市の国道171号線沿いにあるラーメン店「希望軒上牧店」において、「名代宇奈とと」チェーンに加盟し、うな丼を中心としたテイクアウト専門店を開業する。
天津飯のテイクアウト・デリバリー(一部イートイン)専門店既存事業(民泊事業・宿泊客)のリソースを活かし、アフターコロナ・ウィズコロナ時代に適合する『天津飯のテイクアウト・デリバリー(一部イートイン)店舗』を展開する。
テイクアウト及びデリバリーが主な販売形態ではあるが、店内の一部にイートインスペースを設け、販売形態の多様化による低リスク経営を目指し、地域の活性化と新たな事業連携により更なる発展を遂げる。
韓国旅行を疑似体験できる本場韓国料理店&テイクアウトの展開小規模和食居酒屋から本格韓国料理店への業態変換。高まる韓流カルチャーを日本でも体験でき、韓国籍の店主が本場のサムギョプサルを提供。デジタル化による非接触及び換気システムによる感染対策を強化した韓国料理店+テイクアウトへの業態変換により収益安定を図る。
フードコートビジネスモデルへ★ランチ×テイクアウトメニューによる事業再構築今まで飲食店経営で若者ターゲットの飲み客×SNSでの集客をメインに行ってきたが、今回の事業計画はフードコートへ出店するプラン。当社の強みである魅せる内装や料理を軸に買い物をしに来たお客様の目にとめ、食べ歩きしてもらえるようなメニュー開発と業態開発を行う大胆な出店計画。
店舗移転とテイクアウト開始により地方経済の活性化に貢献現在新型コロナウイルス感染症の影響で飲食店の来店客が減少している。そこで、滋賀県長浜市に店舗を移転し、加えてテイクアウト事業も開始して外部環境に即した事業を行うことで地域経済を活性化する。
オーナーの経験×近隣ニーズを掛け合わせたテイクアウトピザ屋への再構築今までイタリアンの店内飲食をメインとした業態のみの展開を行っておりましたが、コロナの影響をもろに受け新しいチャレンジをするにあたり、オーナーの今までの経験を生かしたピザと近隣市場ニーズを確認し、テイクアウト市場に参画する事業再構築プラン
唐揚げテイクアウト専門店の出店ー雇用が維持できる基盤づくりと多店舗化ー大阪市内で鰻料理に特化した居酒屋をフランチャイジーとして営む当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大きく減少したことを受け、コロナ禍でも好調な唐揚げテイクアウト専門店を新たに展開することで、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
完全テイクアウト型食パン専門店の運営当社の高品質の材料調達能力や商品開発能力又他社に真似の出来ない自家製天然酵母による製パン技術の強みを活かし、イートイン型主体の店舗のみでなく、完全テイクアウト型の高級食パン専門店として店舗展開する事業計画
テイクアウト焼鳥店にて地元密着営業を展開する新分野進出計画整骨院として法人化した直後、コロナ禍に見舞われ大きな打撃を受けています。整骨院隣接地に「テイクアウト焼き鳥店」を開業して、経営を支える新たな事業に展開するとともに、地域の賑わい創出を目指します。
新たな大阪名物を創作する「セントラルキッチン兼テイクアウト店舗」の設置による通信販売・中食事業への展開セントラルキッチンを設置し、厳選牛肉を使用した料理・贈答品の「通販事業」と、セントラルキッチンをテイクアウト店舗として活用し同時に「テイクアウト事業」へ展開することで経営基盤を安定させる。
冷蔵、冷凍焼売の製造を行い1テイクアウト2デリバリー3通販での販売を実現する新店舗の開店「自宅でプロの味を求められている」「ネット販売の加速」という機会と、「名物焼売のメディア露出による知名度」「ネットでの評価」という強みを活かし、冷蔵、冷凍焼売の製造を行い①テイクアウト②デリバリー③通販での販売を実現する新店舗を開店する。
大阪港引き揚げ直送の生シラス弁当テイクアウト事業を展開生シラス弁当のテイクアウト戦略事業である。大阪港で水揚げされた新鮮「シラス」を生のままテイクアウトで提供することができる。3密防止として、店舗構造をフルリノベーションする。感染対策を徹底化することでゴールドステッカー認証店を取得し、テイクアウト需要を効果的に取り込んでいく。
テイクアウトサービスによる事業再構築の実現同社は地域の喫茶店として30年以上営業しているが、コロナの影響を受けており事業存続の危機に瀕している。そこで、テイクアウトサービスを開始し、事業再構築を実現します。
韓国伝統餅製造卸から餅菓子テイクアウト店への転換既存事業のトックなどの韓国伝統餅製造卸は、得意先の多くが飲食店のため、コロナの影響が直撃した。大阪鶴橋コリアタウンの真ん中という立地と餅製造技術を活かして、餅菓子テイクアウト事業に業種転換する。
テイクアウト主体の「旅」をテーマにしたバインミーサンドイッチ店店舗デザインのノウハウをいかし、ウィズコロナ時代に適したテイクアウト主体のサンドイッチ店事業を行います。近隣に多くのオフィスビルや学校があることから、メインターゲットは若い世代の会社員や学生とします。
路面店からフードコートへ!「ふわコク癒しのフルーツジュース」テイクアウト専門店都市型路面店舗から大規模ショッピングモールのフードコートに出店。イートインスタイルからテイクアウト専門のフルーツジュース専門店へ事業転換。高性能ミキサー導入によりふわっとした食感、コクのある味を実現しインスタ映えのする商品を開発。
街の遊休地を活用したテイクアウト専門のコンテナ飲食サービス新型コロナ感染症の影響により、余剰となった内装工事材を転用し、街の遊休地などの不動産情報をベースにテイクアウト専門のコンテナ飲食サービス事業(惣菜・スイーツバル・和バーの3店舗)を展開する。
テイクアウト新商品と非対面型店舗運営の実施当社がお店で提供しているお好み焼き・やきそばを活用したテイクアウト新商品として、調理セット・お好み焼きバーガー・やきそばパン・冷凍お好み焼き自動販売機を開発提供し、売上回復を実現する。さらには店舗も非対面運営とし安全なお店にする。
消費者の嗜好に応える新鮮フルーツ野菜飲料によるテイクアウト事業新たな顧客を獲得するため、これまで培ってきたカクテル等の飲料製造技術・ノウハウを用いて、新たに、新鮮なフルーツや野菜をベースにしたスムージー及びコールドプレスジュースのテイクアウト事業を実施します。
福祉施設が提供するいも天テイクアウト「ゴルポテ」既存施設の空きスペースにプレハブを建築。テイクアウト用の厨房設備を購入し、いも天をメインとしたいもスイーツのテイクアウト事業を行います。トッピングや撮影スペースを確保し、テイクアウトでありながらもSNSで映える店舗を出店致します。
夏向けの新規事業構築と非接触販売によるテイクアウト需要の開拓飲食スペースを縮小し、カカオ&チョコレートに特化したアイスクリーム等のテイクアウト及びデリバリー販売を行う。また、店頭にカカオ飲料とチョコレートの自販機を設置することで新たな収益の柱と雇用を生み出す。
自分で素材を選んでテイクアウトする夜パフェ新業態の事業再構築計画書新型コロナウイルス感染拡大によって外出自粛増加、時短要請を受けたことで既存事業のクレープ販売店の売上高が急激に減少したことを受け、コロナ禍でも市場が伸びているテイクアウト・夜時間帯のスイーツ市場に進出し、パフェ店舗を展開しコロナ禍に対応した事業を計画いたします。
コロナ後を見据えた居酒屋のテイクアウトスイーツ参入居酒屋、鮮魚店の直面するコロナ禍の危機に対して、当店の強みである学生アルバイトの活力で新たにスイーツ市場に挑戦する。
イートイン飲食事業からテイクアウト飲食事業への転換イートイン飲食事業からテイクアウト飲食事業へ転換することにより、対人接触機会を大幅に削減でき、ウィズコロナ・アフターコロナの中でも集客を回復させることで収益のV字回復を図る。
若者向けテイクアウト専門販売事業若者向けに開発した「角煮ボール」を商品に学生・若い親子連れをターゲットに、現ラーメン店の隣駅、学生の通学路であり新規マンションも多いJR尼崎駅に「テイクアウト専門店」を開店。親子連れ並びに近隣企業の昼食需要を狙って「カジュアル弁当」も開発。若者向けに「健康」「インスタ映え」でブームをさそい、話題を得ることで販路を拡大。
ピザ専門店からイタリアン惣菜テイクアウト等への業態転換兵庫県三田市でピザを中心としたイタリアン飲食業を営んでいましたが、補助事業として、イタリアン総菜のテイクアウトやデリバリー、通信販売を中心とした業態に変更します。
緊急事態宣言の影響を受けにくい冷凍・焼き餃子のテイクアウトへの転換駅を利用する20代~60代社会人の女性を対象に、餃子のテイクアウト販売(冷凍餃子及び焼き餃子)を行う。駅前の立地と調理技術を活かし、緊急事態宣言等の影響を受けやすい店内飲食以外の事業の柱を作る。
鮮魚の知識や経験を活かした巻き寿司のテイクアウト販売店開業当社はこれまで鮮魚と青果の小売業を行ってきました。今回の事業では、新たに店舗の整備や巻き寿司の製造設備の整備を行い、鮮魚店から付加価値の高い巻き寿司テイクアウト販売に事業展開を行い事業の再構築を図る。
テイクアウトを中心とした焼き鳥専門店の新規展開による事業再構築計画兵庫県を中心に居酒屋4店舗を経営する当社は、新型コロナウィルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調なテイクアウト専門焼き鳥店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする。
コロナを見据えた沖縄初の明石焼きテイクアウト専門店の開業当社は従来学習塾の経営を行っていたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う生徒数の減少を受け、塾事業を停止した。本事業では塾経営で培った店舗運営ノウハウと代表の明石焼き店での経験を活かして新たにテイクアウト専門の明石焼き店へと業種転換を行う。
居酒屋店がテイクアウトを併設した多国籍ファミリー店を開設コロナ禍で売上減少した居酒屋店が、新鮮魚介類の納入と職人の技を活かした料理を強みとし、新たなファミリー層に向けてのメニューを提供する多国籍料理ファミリー居酒屋店およびテイクアウト事業に進出する
店舗横にテイクアウト・宅配店舗を新築し接触機会を減らす新分野展開ラーメン1店舗を営む当社が、店舗横にテイクアウト・宅配に特化したコンテナ型店舗を新築し、接触機会の少ない販売方法・業態の新分野展開を実施して、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越える
寿司宅配店と海鮮丼テイクアウト店の複合運営による中食産業への進出コロナ禍、アフターコロナにおいて需要が高まっているデリバリー・テイクアウト事業として本格宅配寿司専門店と低価格で気軽に買えるテイクアウト専門店の複合運営による中食産業への参入事業。
わんこ蕎麦のテイクアウトと呉服店を融合した豆腐懐石料理店開設コロナ禍で既存事業の蕎麦を活かして、わんこ蕎麦のテイクアウト事業と創業150年続く呉服店を改装、融合して、健康に気遣うシニア世代や中高年女性をターゲットにする豆腐懐石料理店を開設するものです。
接触機会を削減し感染症の発生・防止を図るテイクアウト販売事業新たに調理加工設備を新設して安心・安全な地元食材を使用した菓子の製造、弁当や惣菜のテイクアウト販売を行うことで、感染症を防止し、新たな市場を獲得して観光客の激減で落ち込んだ店舗での飲食提供に変わる新たな収益の柱と雇用を生み出します。
名店寿司屋の高品質素材を活用した巻き寿司でテイクアウト事業へ進出コロナによる時短要請で大幅に売上が減少し、食材ロスが増加。液体式急速冷凍機『凍眠』を導入して店内営業の端材を活用した巻き寿司を生産。テイクアウト販売することで、売上拡大と店内営業依存体質からの脱却を図る。
遊休地を活用したテイクアウト進出計画感染症下で団体客が激減したことが課題である。増加している淡路島の個人観光客に向けたテイクアウト専門店を実施する。観光客が立ち寄る地域にあり遊休地があるきとら家と津名店に製造兼販売所を設置する。
テイクアウト&デリバリーの導入と団体客から少人数客へのシフトウィズコロナ・ポストコロナの経済社会の変化に対応するために、新たにテイクアウト・デリバリーサービスを実施します。3年間の事業計画期間画終了時点において、テイクアウト&デリバリーサービスの売上が総売上の15%以上となる計画を策定しています。
テイクアウト、デリバリー、イートインと全てのニーズに対応した利便性の高い新事業開始コロナ禍で店内での対面機会を減少させることが求められている中、新事業はテイクアウト、デリバリーとお客様のニーズに合わせ多様な利用方法ができる。また、デリバリーは自社便でも対応するので、京阪神の買い物弱者の方に向けて商品を配達することで地域問題の解決に寄与したい。
テイクアウト商品開発や小売事業拡充に伴う製造キッチンの増強貝料理の居酒屋が作る貝カレーやスモークホタテなどの商品を主体にしたレトルト製品の製造とテイクアウト事業への参画を行う
地域初のパンケーキテイクアウト専門店の出店・運営当店の周辺地域にはないパンケーキテイクアウト専門店を新たに出店し、そのターゲットである若い世代のお客様を取り込み、新たな事業の柱としていきます。また、新事業は既存事業の店舗内で展開することで、既存事業の顧客層を広げる等のシナジー効果をもねらっていきます。
テイクアウト商品開発や小売事業に伴うセントラルキッチンの増強鶏料理の居酒屋からチキンサンドなどの商品を主体にしたテイクアウト事業へ参画するため、セントラルキッチンを新たに整備し新商品の開発と確保を行う
食品製造設備の新設とテイクアウト型飲食店の開店による新分野展開事業茶道具を製造する伝統工芸品の工房が、テイクアウト型飲食店を併設した「お米とお茶の専門店」をオープンし、新たな市場を獲得します。新しく販売する製品は、新設する食品製造設備で製造し、既存事業と異なる新分野で収益を確保することで、新型コロナウイルス感染症の影響によって落ち込んだ事業環境のV字回復を達成します。
フルーツサンド、チーズケーキのテイクアウトを伴うカフェ事業への新分野展開新型コロナウイルス感染拡大で業績の悪化した居酒屋事業者が、需要が拡大しているスイーツ市場に参入し、テイクアウトを伴うカフェ事業を行う。地元の農家と提携し、地元名産のフルーツを使ったスイーツを特徴とする。
「鳥」のプロの目利きによる新たな鳥料理開発とテイクアウト分野への挑戦焼き鳥居酒屋で培ってきた「鳥への目利き力」を最大限活用し、今までの販売形態とは異なる「テイクアウト」形式で、新たな鳥料理(台湾からあげ・厚焼き玉子サンド・濃厚プリン)を販売する。
ランチ・テイクアウトのうなぎ専門店開業による事業再構築夜営業の居酒屋から、昼食・テイクアウトを中心とした、うなぎ専門店へ事業転換を行う。
ご縁うさぎソフトクリームによるテイクアウト(食べ歩き用)事業出雲大社の「ご縁」や地域で力をいれている「うさぎ」のコンセプトを持たせたご縁うさぎソフトクリームを新たにテイクアウトで提供。新サービス開始から当店の既存事業「ご縁箸」等を含めた利用率の増加により売上増加から再構築を図る。
ポストコロナ時代を見据えた新業態への進出とテイクアウト需要の取り込み日本で初めてのセルフうどん店が挑戦します。1つの拠点に市場規模と顧客が異なる業態を入れることでコロナ禍でも営業できる店舗運営を行います。また、新業態ではテイクアウト需要に対応した商品開発を行うことでより安定的で挑戦的な事業活動を行います。
日本名水百選「塩釜の冷泉」で作るもちもち自家製麺のテイクアウト・EC販売事業の開始コロナ禍による既存事業の売上低迷から回復する為に、真庭市蒜山の「塩釜の冷泉」の麓に製麺所をオープンする。観光客をターゲットとした週末昼限定のイートイン・テイクアウト事業と、全国のグルメ消費者に向けたEC販売事業を開始し、新たに中食市場へ参入する。
大量受注にも対応可能な弁当テイクアウト事業現在の居酒屋の営業に加え、弁当のテイクアウト事業を開始する。当店の強みである地元の厳選食材の調達力、調理経験、常連顧客とのパイプと外部環境を勘案し、高品質の弁当を大量に受注できる体制を整える。
売上とコミュニケーションを回復する新市場へのテイクアウト事業コロナの打撃をうけた建築業者が社員の個性を活かした本格的なラーメンのテイクアウト専門店を開業する。コンパクト店舗で生産性の高い運営により新しいニーズとしてBtoB向けのまとめ買いテイクアウトに力を入れ、売上拡大と社員の雇用確保を図る。
岡山県産のフルーツや牛乳を活用したテイクアウトのソフトクリーム専門店新型コロナウイルスの影響による、既存店の売上減少とテイクアウト需要の高まりに対応するため、自家製ソフトクリームのテイクアウト専門業態の新店舗を展開する。
ラーメン店による新設備での新メニュー「鯛めし弁当」のテイクアウト販売新型コロナウィルスによる緊急事態宣言等で来客数が大きく減少。店内飲食需要が低下する中、「鯛めし弁当」のテイクアウト販売に乗り出すことにより、テイクアウト需要を取り込み、売上回復を目指す。
テイクアウト対応型「オーガニックスイーツ」専門店の出店計画コロナ禍で免疫力向上などの健康志向の高まりに対して、地元契約農家が栽培した有機野菜や旬の果物を使った「オーガニックスイーツ」を開発、新規出店するテイクアウト対応型店舗にて販売し、地産地消にも貢献する。
本格中華料理屋がテイクアウト韓国料理店への新分野展開当社はこれまで本格中華料理を主軸に宴会を中心とした飲食店舗を運営していたが、今般、韓国フライドチキンを主力商品としたテイクアウト韓国料理店へと挑戦する。アフターコロナに備えた新事業展開であり、市場ニーズにマッチしていると考える。
テイクアウト専門コーヒーショップの増設一般公衆浴場の施設内駐車場一角にテイクアウト専門のコーヒーシャップを設営し、営業時間の拡大と新規顧客の確保をすることで事業再構築をしていく。
自社の強みを活かした、ミルクティーに特化したテイクアウト専門店出店紅茶の専門店で店内飲食のみの業態であった当社が、商品力を活かしてミルクティーに特化したテイクアウト専門店を出店し、地元の他事業者とコラボ商品等の形で連携することで、コロナによる影響から脱却を図る。
老舗旅館による「こだわりの味」テイクアウト・通販事業コロナ禍による新たな生活様式等のニーズに応えるため、地元の新鮮な食材を使った老舗旅館こだわりの味をテイクアウト・通販メニューで再現。将来的には宿泊事業に次ぐ柱とし、宿泊客以外にも広く当館の味を知っていただく。
店舗リニューアル移転と設備拡充によるテイクアウト販売の開始イートイン型カフェである既存店舗から、大通り沿いの好立地物件へリニューアル移転し、新たにテイクアウト販売を開始する。必要な改修工事や設備拡充を行うことで、生産性の向上や売上の回復・拡大を図り、安定した事業継続に向けた基盤整備を実現する。
コロナ禍に対応したセントラルキッチン新設によるテイクアウト・ネット販売強化事業コロナ禍で打撃を受けた実店舗の売上を、セントラルキッチンを新設し、テイクアウト・ネット販売に注力することで自宅でも当社の味を楽しんでもらえるサービスを開発し、売上(付加価値)のV字回復を図る。
老舗豆腐店が新たに開発する健康志向が高いスイーツとテイクアウト施設の建設本事業は江田島市で唯一残る老舗豆腐店が、新たに健康志向が高い豆腐を用いたスイーツを開発し、自社隣接地に豆腐スイーツのテイクアウト施設の建設を実施する事業である。
自家製麺とスイーツの新商品開発によるテイクアウト・EC販売事業売上が減少する状況を打開するため、テイクアウト事業のための商品開発を行い、テイクアウト販売を可能とする体制を構築する。同時に、経営管理におけるデータ取得・活用において、デジタル化に対応し、生産性向上や業務効率化に資する業務プロセスを改善する取り組みを実施します。
テラス席、テイクアウト、貸切等、コロナ禍でもコロナ後でも強い店づくり2次会3次会利用のバー経営から1次会で利用されるエスニック料理店を開店。屋外テラス席、テイクアウト貸切などコロナ禍やコロナの影響が治まった初期からでも、お客様が使い易い体制を構築。
EC・テイクアウト・個室化で業態転換を図り、宇部牛メニューを展開するコロナ禍で既存顧客からテイクアウト、EC、個室化の強い要望がある。このニーズに応え、創作料理コンテストで日本一を獲得した技術をいかした宇部牛メニューを展開しコロナ禍を乗り越える。
機械によりオペレーションを効率化したテイクアウトおよび冷凍食品販売事業定⾷屋を運営する当社が、冷凍⾷品の販売とテイクアウトに特化した新店舗をオープンすると共に、新店舗でソース類などの仕込みを⾏うことで既存店舗における現状の課題を解決するものである。
復刻させた伝説のラーメンをテイクアウト&移動販売&土産商品で販売地域で愛される三宅ラーメンのテイクアウト&宅配専門店&原点の屋台スタイルでの移動販売という新しい販売方法にてサービスを提供する。また、家庭で最終調理(温める等)し食せる、お土産用商品を開発し販売する。
店舗依存型脱却に向けてのテイクアウト・デリバリー事業ぷりぷりとした噛みごたえ・コクのある旨味の地鶏を使い、料理人の確かな技術と高性能のフライヤーで新メニュー「圧力せんざんき」を開発し、テイクアウト・デリバリーで販売する。

これにより新型コロナウイルス流行により落ち込んだ店舗の売上をカバーするとともに、「食」のライフスタイルの変化に対応できる体制を構築し、店内飲食とともに売上の柱になるよう育てる。

こだわり食材の惣菜等テイクアウト事業の開始公園に面した好立地、食材にこだわったメニュー、ケータリング事業によるテイクアウト惣菜の開発ノウハウなど強みを生かし、こだわり食材の惣菜等テイクアウト事業を開始する。これにより、新たな顧客層の獲得を行う。
コロナ禍の客様ニーズに対応したテイクアウト事業への挑戦当店は担々麺と博多ラーメンをコラボして造った「博多拉担麺(はかたラータンメン)」が好評を得ていたが、コロナ禍で来店顧客が激減した。そこで繁華街近くの強みと巣ごもり需要の機会を活かすため、店舗改装と厨房機器の導入を図り、老若男女問わず人気のある独自味付けの唐揚げテイクアウト事業にチャレンジする、と同時に、店内飲食とのシナジー効果を創出する。
屋台販売から店舗でのテイクアウト弁当の宅配販売への事業転換屋台で食品販売をしていますがコロナによる影響が甚大で売上が激減しています。40年近い料理経験というリソースを活用し、テイクアウト市場を開拓するべく、調理が可能な実店舗を開店し、テイクアウト弁当を販売する新規事業にチャレンジしたいです。
仕出し専門店が地域発のメニューで新たに行うテイクアウト事業宴会やイベントの自粛により大幅に売上が減少した仕出しサービスに代わり、他店にはない新たなメニューを開発し店舗でのテイクアウトサービスを開始する新分野展開。
本場ハワイの雰囲気の中、本場ハワイ風チキンのテイクアウトを行う事業ハワイで販売されているフリフリチキンの味をオリジナルのソースで再現したランチボックスやハワイアンピュアウォーターなどの商品を提供、さらにパーゴラ等を設置することで福岡にいながらハワイリゾートの雰囲気を味わうことができる事業
自社栽培米の酵素玄米おにぎりテイクアウト事業兼立ち飲み事業自社栽培しているお米を使い、独自の手法でもちもち食感の酵素玄米おにぎりのテイクアウト事業と立ち飲み事業を実施する。駅前立地を活かし美味しいと健康志向を両取りできる新たな商品で近隣のテイクアウト需要を喚起する。
老舗しゃぶしゃぶ専門店だからできる、ドライブスルー型テイクアウト事業福岡県遠賀郡水巻町の駅前に54戸の賃貸マンションと温浴施設・フィットネスジムを中心とした複合施設が完成予定であり、その施設内で新店舗を運営、新事業としてドライブスルーを中心とした弁当・総菜・ドリンクなどのテイクアウト販売を展開。
一人焼肉及びテイクアウト事業への事業転換に係る事業計画コロナ禍の中で経営状況が悪化したことにより、事業再構築する必要から定食事業に加え、JR箱崎駅前という立地条件を活かし、新たに付加価値の高い一人焼肉事業とお客様からの要望が多かったテイクアウト事業を始めるものである。
テイクアウト専門店のフランチャイズ鯛焼き店の出店従来の飲食業をは提供する商品も業態も異なる,コロナ禍による影響を受けにくいテイクアウト専門の鯛焼き店を出店する.
居酒屋店の大幅改造によるテイクアウト型店舗と高齢者向け配食サービス事業への業態転換。テイクアウト型店舗は居酒屋ビル1Fの道路側の壁を取り壊してガラス張りにし通行人にガラスショーケース等の商品をアピールできる構造にし、高齢者向け配食サービスは同4Fにセントラルキッチンを導入し配食サービス専用調理と大量注文に対応する。
デリバリー、テイクアウト特化。地元福岡の美味しさを届ける定食店お酒と餃子を楽しむお店竹餃が新たにデリバリー、テイクアウトメインの店舗を展開。手ごろな価格でヘルシーな地元福岡の食材を使ったお弁当を近隣の方々に提供する。ウェブサイトでの注文、受取予約、決済を可能にすることで待ち時間や来店時の売切れを防ぐ。
バーが出す新たなテイクアウト料理により新規顧客の獲得を目指す今回の補助事業でアジアン料理のテイクアウト・デリバリーを提供可能な店舗を開店することで、今まで獲得出来ていなかった新規顧客の獲得を目指す。また、テイクアウトやデリバリーの需要はコロナ禍により上がっている為、今後の売上増加を狙うこともできると考える。
瞬間冷凍の設備導入による水炊きデリバリー・テイクアウト業への参入最新の液体凍結システムを導入することで調理時間を短縮、効率の良い生産体制を構築しながら、提供時間を早めて、デリバリー・テイクアウトの注文数の増加を図る。
ユニットキッチンハウスを活用した糸島産と阿蘇産の食材を使ったテイクアウトメニューの販売阿蘇地区、糸島地区等を最初に、農林水産業6次化認定の生産者が生産した厳選良質食品素材を、活用できる、現職のルートと、コロナ対策で閉店された経営者、6次加工調理人ルートを活用し、食材加工キッチンハウスを新設、テイクアウトホットドッグ等を最初に、販売事業に業種展開する
アフターコロナを生き抜く契約生産者食材のテイクアウト事業展開現在のレストラン形態の飲食店に加えて、テイクアウト惣菜や輸入雑貨を販売するグロッサリー事業の旗鑑店「フローリッシュ西新店」を開業します。アフターコロナへの対応として新たな食の価値を生み出す業態を目指します。
こだわり「アジのすり身ちゃんこ鍋」テイクアウト事業の開始「アジのすり身ちゃんこ鍋」を中心に、たまごサンドなど近隣店舗にない独自メニューの強みを生かし、「アジのすり身ちゃんこ鍋」のテイクアウト事業を開始する。これにより、新たな顧客獲得を行う。
「おむサンド」のテイクアウト販売と1日1グループ限定のグランピング施設への新分野展開観光名所「門司港」にて焼きカレー専門店を営業していたが、新たに海岸沿いのオーシャンビューを楽しめる場所へ移転し、グランピング施設と「おむサンド」専門店を開業。Withコロナ時代にも対応した新たなビジネスモデルを構築する。
イートイン専門店からデリバリー&テイクアウト強化型店舗へのビジネス転換イートイン専門居酒屋事業を展開する当社が「食を通しておうち時間を豊かにする事業」として、新たにデリバリー&テイクアウト強化型の中華料理店事業へ取り組む
葉物野菜生産事業者が減農薬食材、地産地消食材を使った惣菜弁当テイクアウト事業へ新分野展開当社は久留米市で水菜やホウレン草などの葉物野菜を減農薬、減化学肥料栽培で生産を行っていたが、新型コロナウイルスの影響で取引先からの受注が減少した。当社生産の食材や地域生産者の食材を使った地産地消の惣菜弁当テイクアウト事業を行う。
地域の特性を活かした、テイクアウト専門店の構築「朝食・ブランチ」ニーズに対応するテイクアウト専門店を事業展開する。地域住民や観光客を対象として、自家製パンや地元の食材を使ったボリューム感のあるサンドイッチ、デリカテッセンを提供する。
居酒屋からランチ及びテイクアウト中心の海鮮丼屋への事業転換当社は居酒屋形態で20年間、営業してきましたが新型コロナの影響で宴会需要が激減し厳しい業況が続いているため、コロナ過でも海鮮丼や寿司は外食、中食ともに人気が高く、当社の強みである海鮮食材の仕入れを活用し、プチ贅沢ニーズにも対応し、地域貢献できるお店へと事業転換する。
コーヒーバーが取り組むテイクアウト特化型喫茶店営業既存のバー事業はコロナの影響で大きなダメージを受けており厳しい状況である。テイクアウト、昼主体の喫茶営業を行うことでポストコロナ に対応した事業を行い、既存事業の弱みを克服し、地域社会にも貢献していく。
鶏肉加工品を主軸とする地域に根差したテイクアウト・物販店舗の開業新たに調理加工設備を導入したテイクアウトおよび調理済み冷凍食品の小売店舗を開業して、自社銘柄鶏と地域生産農家と連携し健康をテーマとした使いやすい調理済み加工食品を提供する。
地域に根ざしたコーヒースタンドのドリンクテイクアウト事業現在、店内飲食をメインとして事業を行っているが、現在の店舗を解体し、テイクアウトを主体とした店舗へと転換。また、これまで主要な顧客層は県外の若年層、女性であったが、県内の働く世代や、高い年齢層の獲得を目指す。そのためにはより地域に根ざした事業へと転換する必要があり、高品質のコーヒーを素早く提供することでニッチ層の支持を目指し、SDGsの流れを汲み取った活動なども行ってく。
美容・健康をテーマにしたテイクアウト中心の店舗外販売施設サガテレビ北側の県駐車場の一部に、健康&美容をコンセプトにしたテイクアウト中心のオープン型ドリンクスタンドを開設し手作りスムージー等を販売する。また、県内の企業や生産者等と連携して、テストマーケティングを行う店舗も併設する。
地域特産棚田米を提供する、テイクアウト唐揚げFC店の経営による再構築コロナ影響を受け既存事業の契約が打ち切られた為、新たにテイクアウト専門の唐揚げ店『福まん家』のFC店舗を開店し、ポストコロナでの中食需要の獲得と、地域特産の美味しい棚田米の提供により地域経済に貢献する。
天然鮮魚専門卸・加工販売店の強みを活かしたテイクアウト/デリバリー天丼・海鮮丼店への新分野展開新型コロナウイルス感染対策に配慮して、非接触、非対面による新たな事業への転換を模索し、新たに自社事業の食品ロス対策にも応用可能な天丼・海鮮丼のデリバリーサービスを開始します。
対馬市の活性化を創出するテイクアウト専門のパン店の開設主要道路に面する敷地にテイクアウト専門のパン店を開店します。カレーパン等の看板商品と共に対馬の特産品はちみつを使ったオリジナルのパンを製造します。店舗をセントラルキッチン化し、当社と関連会社が運営するガソリンスタンド4店舗で販売し、対馬全域で購入できる販売網を構築します。
花屋が創るおもてなしの心を込めたテイクアウトキッチンカーコロナの影響を受けにくいテイクアウト主体のキッチンカー事業を展開し、『おもてなしの心とおいしいスイーツ』にて周辺地域や地元荒尾市に活気を与え経済的・社会的価値を創出する。
県農産物を使用し、テイクアウト及び屋外飲食に特化した『冷たいスイーツ店』不動産業の若年層への顧客拡大を図る為に、既存事業のお客様である農家の方から農産物を仕入れ、新事業『冷たいスイーツ』としてテイクアウト販売することにより、購入する若年層へ既存事業をアピールすると同時に農産物の地産地消を実現。
現店舗の改装によるテイクアウト事業の開始テイクアウトの弁当と惣菜を販売できる店舗に改装する。地域の特性を活かして、周辺の企業にも先端技術による受注システムにより営業を行ない、新規販路を発掘する。かまどを建設して独自性を発揮させる。
焙煎機導入による「テイクアウト・物販に注力した珈琲工房兼カフェ」への事業転換計画コロナ禍に伴う居酒屋での会食・宴会やディナー需要の減少およびランチ・テイクアウト・自宅用コーヒーの需要拡大の流れを踏まえ、既存施設の居酒屋営業を廃止し、焙煎機導入による「テイクアウト・物販に注力した珈琲工房兼カフェ」へと事業転換することによる事業再構築を行う。
バーをハンバーガー屋へ!テイクアウトでコロナ禍を乗り越える!回復が見込めない旧店舗のバーを閉店し、新店舗であるハンバーガーショップへ注力する。こだわりの食材を用いたハンバーガーの提供を通じ、テイクアウトなどコロナ禍の新たな需要を開拓し、事業の存続を図るもの。
宮崎名物チキン南蛮のテイクアウト専⾨販売店の新規出店への事業転換当店はカフェ、バーを経営しておりランチタイムも営業し客層の幅を広げておりました。しかし収益の柱であるアルコール販売に加えて⾷事も強化している最中、新型コロナの影響で売上げが激減したことを受け、サービスの提供⽅法を変更することに致しました。具体的には、店舗での営業を継続しつつ別店舗にてテイクアウト専⾨のお店を開業し新たな収益の柱と雇⽤を⽣み出します。
テイクアウト販売事業参入による事業の多角化と補完ケンズカフェ東京のガトーショコラ販売店をフランチャイズ形式で新規事業として展開することにより、事業の多角化と既存の事業の補完を目指す。
レジャー客及びテイクアウト需要に対応した冷凍食品製造事業徳之島の食材を原材料に用いた冷凍食品の製造を行います。テイクアウト需要に対応でき、レジャー客にも喜んでいただける冷凍食品を島内の飲食店やスーパー等と連携して開発し、それらの事業者に卸売り販売します。
長期宿泊プラン新設!テイクアウト・デリバリー事業新規参入で地域振興に貢献!長期宿泊者向け客室を新設、防音施工し快適に過ごせる住環境を整える。露天風呂を新設、地元からの新規顧客を獲得する。厨房設備を改修し、テイクアウト・デリバリー事業に新規参入する。地元飲食店通り会と連携し、デリバリーラインナップを充実させた内容で宿泊客へ提案する。
コロナ禍でも安定して営業ができるテイクアウト事業への転換既存の飲食店事業では、営業時間短縮の要請を受け2021年度の約2/3が通常営業を行えておりません。新規事業で夜8時までの時短要請にかからないテイクアウト専門店の開業を行います。
BtoBの卸売に特化していた鮮魚店からBtoC惣菜テイクアウト製造業への新分野展開現在の鮮魚店の余剰スペースを有効活用し、新鮮な魚を利用した総菜製造のための厨房設備を導入することで、従来の一次加工(鮮魚卸)から、三次加工(総菜製造)に進出を図るものである。また、同設備を飲食店のセントラルキッチンとしても活用することで既存事業とのシナジー効果も図る。
店内飲食事業に新しくテイクアウトオリジナルベーカリーを併設店内滞在型の事業である当店は、急事態宣言での売り上げの減少、そして今後も新たな変異株等の出現のリスクがある。

テイクアウト、高回転率、幅広い層にアプローチ可能なパン事業に参入する事で売り上げを拡大。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「テイクアウト」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

 

関連記事