事業再構築補助金

「シェアオフィス」事業の採択事例(事業再構築補助金)

「シェアオフィス」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「シェアオフィス」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

「シェア」と聞いて、まず何を思い浮かべますでしょうか。最近「シェア~」というのが流行っていますね。シェアオフィスもその一つです。一つの場所を多くの人間で共有する事でメリットがあるようですね。たとえば、エアコンの電気代を節約することが挙げられます。いわゆる「シェアクール」と呼ばれるものです。このように、世界中で「シェア~」が広まれば環境にとっても非常に良いと考えれます。

これから、「シェアオフィス」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
飲食起業家向けデリバリー付シェアオフィス&オンラインサロン飲食店で起業したい若者向け「デリバリ付きシェアハウス&オンラインサロン」事業を展開する。

東京都武蔵野市駅前で20年間、人気店飲食店を経営。

このノウハウを後進に伝え、武蔵野市の発展や飲食業界の発展に寄与したい。

キッチンスタジオ・シェアオフィス開設賃借した物件をキッチンスタジオとシェアオフィスとしてデザイン・改装して貸し出し、レンタル費を得ます。強みのデザイン力と経験で、使用者のニーズに合わせて空間を変更し、高付加価値なサービスを提供します。
女性専用かつ24時間利用可能なシェアオフィス事業への事業転換女性目線でパウダールームや広い個室等、女性が使いやすく、かつ、安心・安全に24時間利用できるシェアオフィス事業を立ち上げる。これにより情報が集まる東京地区での拠点を提供し、重要な対面での面談等を支援する。
スタートアップ企業をターゲットとしたシェアオフィス事業コロナの影響により、企業のリクルート活動が縮小し、売上が減少している。起業家、技術者をターゲットに、社内で現在使用していないスペースをシェアオフィスとして利用することで、事業の再構築を図る。
士業・不動産の専門家常駐型のシェアオフィスをオープンシェアオフィス・コワーキングスペースの需要が増加する滋賀県彦根市の駅近物件をリノベーション。事業運営に欠かせない行政書士、社会保険労務士、不動産業者等の専門家を常駐させた県内初のシェアオフィスで彦根のスタートアップを加速
セントラルキッチンを備えた地域創生型シェアオフィス事業セントラルキッチンを併設したシェアオフィスの展開を計画し、近隣住民に対する地域情報の提供や、大学・研究機関、学生ベンチャー、ビジネスパーソンにとっての交流の場として、協力関係の構築を支援できる施設の運営事業及び弁当事業を開始します。
『小1の壁』を突破する学童付きシェアオフィスを新設学童の待機児童を解消するべく、高槻市に学童保育事業所を開設し、親によるサテライトオフィスとしての利用もかのうなシェアオフィスを併設する。
コワーキングスペース及びシェアオフィス併設型ワーケーション宿泊施設中長期向けの一組限定のワーケーション宿泊施設と併設してコワーキングスペースを新設する。リモートワークやリモートオフィス需要に対応し、若手起業家育成に有効なシェアオフィスも提供する。
共生社会の実現に向けた「シェアオフィスを活用した障がい者雇用支援サービス」の共同開発当社は1978年創業の電気設備技術を基盤に事業を展開する事業者である。新型コロナの影響等による既存事業の再構築の必要性から、シェアオフィスを活用した障がい者雇用支援サービスを新たに開発するものである。
クラウドソーシングとシェアオフィス事業を組み合わせた職業紹介事業への転換本事業では、従業員が快適にリモートワークできる環境の整備を行います。リモートワークによって空きスペースとなった事務所を活用し、IT系フリーランス向けのシェアオフィスと近年注目されているクラウドソーシングサービスを組み合わせた職業紹介事業を行います。これにより、幣社社員の雇用の維持と福岡市のスタートアップ企業を応援し、地域社会に貢献することを目指します。
自社ビルを活用したシェアオフィスとレンタル会議室の運営tailoract株式会社(以下、当社)は、熊本県熊本市を拠点に、2018年(平成30年)に創業開始。当社は2級建築士の代表が設立した会社で、完全注文住宅の施工やリフォームを行っている。コロナ社会をきっかけとして、時代の変化に沿った事業構築を図るため、新たに自社ビルの中に「シェアオフィス、レンタル会議室」に設備投資を行い、新たなビジネスモデルを確立し、新分野展開、経営基盤の強化を図っていく。
高級シェアオフィス事業への新事業展開高級シェアオフィスの建築と運営に携わる。当社の強みと機会を掛け合わせたクロスSWOT分析によるもので、コロナ渦中・後の安定的な事業継続にも寄与する取り組みである。
猫カフェでテレワーク、宿泊もできるシェアオフィスへBAR原宿屋はコロナ禍に伴う各企業の会社員のテレワークの需要が高まる流れを踏まえ、新たに「テレワークができる猫カフェ」と「同フロアで宿泊もできる宿泊サービス」を開業し、事業転換による事業再構築を行う。
最新のデジタル技術と古民家再生事業のコラボレーションによるシェアオフィス等事業への進出最新のデジタル技術と古民家再生事業のコラボレーションによって、自社のショールームも兼ねたシェアオフィス・レンタルスペース事業に進出する。
昭和建築の給産科医院を裁量し、ニューノーマルな生き方を発信する職住隣接型シェアオフィス&スペース昭和建築の元産科医院を修復し、「誕生」=「イノベーション」のコンセプトを持たせた未来の生き方を発信する多目的シェアスペースとする。地域のビジネス、アート、社会活動のハブとして、住み続けることができるまちづくりに貢献する。ニューノーマル時代の人のつながりを豊なものにするため、音声認識字幕付きライブ配信設備を導入し、「聞こえ」の壁を越えて講座やイベントの開催と参加を可能にする。
環境に優しい家具リサイクル及びシェアオフィス事業への新分野展開自社リソース(建設業における顧客基盤、木材加工技術、シェアハウス運営ノウハウ、志木に保有する広大な土地)を十分に生かした家具と建材のリサイクル事業、ものづくり拠点となるシェアオフィス、貸コンテナ事業へ取り組み、環境と周辺地域へ貢献する
町の中華屋さんが併設開業する起業応援型シェアオフィスコロナ禍で売上が低迷している。そこで、コロナ禍でも2桁成長の続くシェアオフィスを開業し、既存事業とのシナジー効果により収益の回復を図るとともに、地域初の起業を応援する取組を行うことで利用者の起業を促し、地域の活性化を図る。
無人完全個室型タイムシェアオフィス事業への展開ポスト・ウィズコロナ時代の働き方の変化に対応するため中小企業・フリーランス向けの「無人完全個室型タイムシェアオフィス」事業を展開する。エリア内の長期未利用老朽化ビル再活用の提案により当該エリア全体の価値をも上げる方向を目指す。
遊休スペースを使った国際シェアハウス、シェアオフィスの運営コロナ禍で市場が拡大しているシェア市場への進出~日本にいながら留学生活、多文化共生をめざす~ 若者達の居場所の発見、やりたい事の実現に向けて新たなコミュニティーの機会を創出し、地域発展に貢献する。
オンライン配信設備を整えたスタジオ運営およびシェアオフィス運営事業により地域活性をねらう本事業計画は、3 階建ての建屋を新築し、1 階スタジオ、2 階シェアオフィス、3 階会議室貸出し、事業の安定化を図る。また大人から子供までの地域住民の方に学習・運動を行える場所を提供し地域活性へつなげる。
建築業界専門シェアオフィスを開始。スイミー効果で事業力UP!建築業界の専門業者に特化したシェアオフィスを開始。施設には 3Dプリンター等を設置、

単独企業では難しいDX化に対応。事業者同士でリソースを補い合い、コロナ禍という脅威

に一体となって立ち向かう施設を創る。

女性が輝く場として、防犯事業者が行う安心のシェアオフィス事業女性事業主が集い、仕事や美容健康の学びの場と、相互コミュニケーションにより成長でき、バックオフィス支援や育児支援を受けれるセキュリティ万全のシェアオフィス事業を社内デッドスペース改装により実現します。
質の高い空間のシェアオフィスで、在宅ワーカーの事業活動を応援地域のビジネスマンや副業を持つ主婦、個人事業主等に対して在宅ワークや自分だけのビジネスの場を提供するために、自社物件内の空きスペースとなっている店舗跡を有効活用してシェアオフィス事業を行います。
在留外国人向けよろず相談所と駅前シェアオフィスの提供コロナウイルスの影響により外国人の入国者が減少し当社の事業は大打撃を受けた為、大胆な事業の転換を図り、当社の強みを活かし在留外国人向け「よろず相談所」の開設と駅間の好立地を活かしたシェアオフィスの展開を行う。
オールインワンシェアオフィス・困り事サポートで収益力UP事業リモートワーカー、フリーランス、子育て世代、若者(Z世代)に望まれるオールインワンシェアオフィスを提供。
WEBマーケティング会社と協業し、付加サービスの提供で困り事サポート。収益の上限を無限に。
津田沼地域との連携を伴った新しい価値を持つシェアオフィス運営事業新型コロナウィルスの影響で落ち込んだ業績のV字回復を図るため、当社がこれまで培ってきた強みを活かし、津田沼にフリーランサー・起業家を対象としたシェアオフィス「i-Office 津田沼」を開設します。
シェアオフィスと美容の連携で新分野展開して事業再建築します!当社の美容業開業でのイメージを保ちつつシェアオフィス利用者の企業のブランド向上のためのオフィスの改装、同業者との差別化を図り、メリットを周知するためのWeb制作により固定収入に繋がる。
指導・サポート付きシェアオフィスサービス主に飲食店向けのホームページなどを作成してきた弊社は、飲食店の営業自粛でほとんどの仕事を奪われた。シェアオフィスを運営し、無料でウェブ制作・経営コンサルティングを提供する方法で、事業を再構築する。
映像買付事業のリモートワーク化とシェアオフィス事業による事業再構築経営を安定化させるため、新たなニーズである「テレワーク」や「事業所の分散」に対応する「シェアオフィス事業」を展開いたします。また、併せて自社機能を当該シェアオフィス及びリモートワーク化することにより、固定費の削減を実現します。これら取り組みにより、新型コロナウイルス感染症影響下でも事業を継続できる体制を整えます。
個室型シェアオフィス開発による、ワークブース領域への参入従量課金型に利用できる個室型シェアオフィスをまず東京をはじめに全国各地と広域に展開。多様な働き方とオンライン会議の増加傾向からオフィス以外に働ける場所のニーズを捉え、セキュアで静かなパーソナルワークプレイスを提供する。
県玄関口での共助型災害対応大規模シェアオフィスによる創業支援事業地元を代表する事業者との不動産事業が中心であったが、大規模施設の空室期間の長期化が収益を圧迫する。そこで保有する大規模施設を創業支援型シェアオフィスとする。県下中心地・かつ災害対策も可能なフレキシブルオフィスの需要と成長が見込める事業で再構築を実施する。
クリエイター特化型シェアオフィス事業『WORD⁺Plus』下請け、受注生産、労働集約型の印刷メディア制作中心の業態から脱却し、二つ目の柱として安定した売上確保が見込めるシェアオフィス事業に進出。クリエイティブ企業という強みを活かして、クリエイター特化型で他社との差別化を狙います。
スタジオを活かしたシェアオフィスビジネスコロナ過、テレワークなどでシェアオフィスの需要が拡大する中,インターネット販売やライブコマースなどの動画や写真撮影にも利用できるスタジオを併設し、クリエーター、スタートアップ起業家などをターゲットにした、魅力あるコミュニティの場としてみんなで新しいビジネスを創造するシェアオフィスです。
非日常を体験できるカフェとシェアオフィスの新規開業本事業は、当店所有の元工場を利用し、1階には映像投影カフェ、2階、3階にはコワーキングスペース・シェアオフィスを提供する。
広告・販促事業からシェアオフィス事業への新分野展開現在、広告業及び販売促進事業を行なっていますが、新しく個室型のシェアオフィス事業への新分野展開を行います。創業者等入居している事業者から広告や販売促進の受注にもつながり、広告業とのシナジー効果が見込めます。
不動産取引事業からシェアオフィス等のスペースシェア事業への転換不動産取引業で培った情報収集力を武器として、新型コロナの影響で増加した商店街の空店舗を活用したスペースシェア事業を行い、新たな市場を獲得し収益の柱とします。また雇用を生み出し地域に貢献していきます。
時代のニーズにマッチしたコンシェルジュ付きシェアオフィスコロナ禍でホテル・飲食売上が激減。働き方の多様化で需要が高まる業種へ転換する。強み(立地・質の良いサービス・国際的繋がり等)を活かし、様々なニーズに対応するシェアオフィスを開始し業績のV字回復を図る。

 

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「シェアオフィス」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事