事業再構築補助金

「シェアキッチン」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「シェアキッチン」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「シェアキッチン」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「シェアキッチン」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。
一つの設備を共有することでコストを抑えられますね。
また、料理をする過程で人と人とのコミュニケーションが生まれやすいのもメリットと言えますね。このような理由から「シェアキッチン」が注目されています。

これから、「シェアキッチン」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
リアルとバーチャルで集客するシェアキッチンMitoBaseリアルに「茨城県の食の魅力が体感できるフードコート」、観客として一体となれる「スポーツ・イベントBAR」運営とバーチャルで体験できる「イベントと観光案内」、「食・特産品のECサイト運営」で茨城の魅力を発信する。
地域を盛り上げる菓子製造とアプリで繋がるシェアキッチン事業事業の季節性が高い課題があり、建物を菓子製造施設兼シェアキッチンに改装し、菓子を製造販売。菓子製造のない日や時間帯をシェアキッチンとして運営、効率的、先進的な活用の為のアプリを開発し、通年で事業運営する。
シェアキッチン・撮影用キッチンスタジオ等、様々な「食」をテーマとした多目的レンタルスペース事業既存店舗2階部分を大幅に改修し、新たにアイランド型のシステムキッチンを導入することにより、急速に需要の高まるシェアキッチン、また料理を中心としたオンライン動画等の撮影用スタジオ、小規模なワインの試飲会等、様々な『食』をテーマとしたレンタルスペース事業
シェアキッチン運営と飲食店開業サポートサービスによる新事業展開シェアキッチンの運営と、その出店者に対する商品開発・新規出店サポート・経営コンサルティング等の専門サービスを提供する。省コストで経営できる環境を提供すると共に、複数の飲食事業者の協業によるシナジーを期待する事業である。
グリルヤマモトの第二店舗は移動可能なシェアキッチントレーラー移動可能なキッチントレーラーを開発し、事業拡大を目指すとともに、シェアキッチンとして活用し、次代を担う若い飲食店主を発掘・育成する事業
新事業への展開に向けたシェアキッチンの設置コロナ禍で卸、個人、観光客向けの売り上げが激減した。

当店が保有しているノウハウと土地で新事業(シェアキッチン)を展開して新たな収入と既存事業の売り上げアップを実現します。

宿にシェアキッチン(持ち帰り飲食営業可)増設による新分野展開古民家宿の未活用部分をテイクアウト飲食営業の出来るシェアキッチンとして改装。コロナ禍で人気が出ているシェアキッチン事業を始める。また自らも週1~2ペースでテイクアウト飲食の営業を行い、2つの新分野(シェアキッチン・飲食)の売上の創出を図る。
当社の調理力×料理人の育成×シェアキッチンで新たな収益柱を構築空きスペースを有効活用するためにシェアキッチン事業を開始する。また、シェアキッチンを貸す事に加え、既存事業で培った調理力や経営ノウハウなどの強みを生かして調理から経営に関する教育支援を実施し、徳島市の飲食産業の活性化も狙う。
地産地消型・総菜加工場及び事業サポート付シェアキッチンの取組みJA町田市との協力により、野菜加工販売事業ができる設備を開設し地産池消と食品ロス対策を致します。また空き時間のレンタルシェアキッチン事業開設と、起業・就業困窮者へのサポート事業を目的としています
シェアキッチンによる地域活性化事業地域の飲食店経営者や創業予定の人材に対しシェアキッチンを提供。

これにより新メニュー開発や仕込み、創業へのチャレンジを後押しし、地域全体の活性化を図る。

京町屋を活用した飲食業創業者、廃業者を支援するシェアキッチン、シェアスペース事業新型コロナにより外国人観光客向けの京町屋ゲストハウスの稼働率低下を受け、飲食店の創業者・廃業者を支援するシェアキッチン事業、地域のコミュニケーションを促進させるシェアスペース事業に転換し、売上高増加を図る。
飲食店の再出発に貢献するシェアキッチン運営事業への新分野展開コロナ禍による前年比55.7%の売上減少を受け、シェアキッチンの運営と飲食サービスサポート事業に乗り出す。既存の建設業に加え、設備集約型・月額制の安定した収益基盤を持つ新規事業の2本の柱を有することで、強固な事業基盤を形成する。
食肉製品・精肉等の業務卸とシェアキッチン・食育事業の展開牛肉の専門知識と技術を生かし、食肉製品、精肉と総菜等の業務用卸市場を開拓する。シェアキッチンと多目的スペースを整備して、料理教室、食育事業を展開し、オンラインで食の魅力を伝える「食の共同体」を育てる。
大阪初「シェアキッチン&親子カフェ」コロナ渦に負けない店舗づくり新事業展開今後の市場を生き残る方法として「新たな手法」を生み出す発想が必要と思い、「シェア」することでコストダウンや生産性効率に繋がる「シャアキッチン」と近隣若いファミリー層が多いことから「親子カフェ」を設立し事業再構築したいと考える
シェアキッチンを用いた地域コミュニティ構築のための新事業本事業は、和歌山市の城北エリアで、地域の方が気軽に使えるシェアキッチンと交流スペースを提供する。シェアキッチンでは料理教室を開き、交流スペースは飲食するだけでなく、ミシンを置いて裁縫ができるようにする。また、子どもたちが遊び、学び、多世代と交流する場として活用する事で、地域のコミュニティの拠点となる施設を作ることを目的とする。
テナント賃貸業からシェアキッチン運営事業への新分野展開コロナ禍での外食産業の衰退により、当社のテナント賃貸業でもその煽りを受けている。そこで市場が拡大している持ち帰り・宅配事業者向けのシェアキッチン運営事業をスタートし、初期投資額を抑えた出店を支援する。
シェアキッチンによる「市原のキッチンカーのベースキャンプ」新たにキッチンカー&デリバリー専用シェアキッチンを建設して運営することで、飲食店から不動産賃貸業への新分野展開を図る。千葉県市原市の事業者が連携した取り組みとすることで、地域経済の発展に貢献する。
目黒区祐天寺におけるゴーストレストラン向けシェアキッチンサービスの提供目黒区祐天寺におけるゴーストレストラン向けシェアキッチンサービスの提供を行う。飲食許可取得、メニューの企画立案、販売動向分析、広告宣伝、ブランディング、ポスティングなどを含む総合的なシェアキッチン提供サービスである。
大阪のこだわりグルメ通販向け冷凍シェアキッチン展開地元大阪の飲食店を対象とした、冷凍食品製造に特化したシェアキッチン事業を展開します。同時に、当社の冷凍ハンバーグの製造も行い、シェアキッチンを使用した店舗の冷凍食品とともにネット販売を行います。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「シェアキッチン」事業を含め、多くの採択実績とノウハウがあります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事