事業再構築補助金

事業再構築補助金 第2回公募(二次公募)の採択結果が公表されました!!

事業再構築補助金 第2回公募(二次公募)の採択結果が公表されました!!

9月2日(木)18:00に事業再構築補助金 二次公募(第2回公募)の採択結果が公表されました。
弊社でも大型案件(補助金額6,000万)が複数件採択され、第2回公募は第1回に比べて多くの事業者様の力になれ、嬉しい限りです。

↓採択結果
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/pdf/result/tokubetsu_all02.pdf

では全体的にはどの様な結果だったのでしょうか。
中小企業が公表されているデータを基に全体の結果を見ていきたいと思います。

第2回(二次公募) 採択結果と分析

事業再構築補助金(第2回、二次公募)について、申請受付締切りである7月2日までに20,800者(要件を満たした申請件数18,333者)の応募がありました。上記について厳正な審査を行った結果、9,336者を採択することと決定いたしましたのでお知らせします。

上記のように記載がございました。
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/result.php

約44%の採択率になり、前回よりも採択率も申請数も大幅にあがりました。
第1回で不採択になり、再チャレンジされて採択されたといった方も多いのではないでしょうか。
ここで、「採択率が上がったので自力でも簡単に通るのでは?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに甘くない、というのが当社の見解です。
「緊急事態宣言特別枠」のように補助金額が小さいの類型であれば、(加点がつくこともありますが)、それなりに通りやすくなったのかもしれませんが、通常枠で2,000万~8,000万円を狙うような場合、それなりの規模・社歴・財務優良な企業が多く申し込みますので、高いレベルでの激しい競争が起こっていると考えるべきだと思います。

申請数が大幅に上がり、徐々に事業再構築補助金についても周知されてきたのではないでしょうか。第3回(三次公募)も申請数は多くなるのではないでしょうか。

要件を満たしていない申請も2,467件もあるので、こちらが減ってくると良いなと感じます。事業計画の中身で判断してもらえないというのはあまりに悲しいですね。

要件・提出書類は揃っているかしっかり確認致しましょう。

なお、9月10日(金)中に受け付けた申請に関しては、事務局で添付書類等の確認を行ってくれます。
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/
不備が確認された場合には、申請者に対して差戻しの連絡がきますので、内容を見直しの上、あらためて第3回公募に申請できます。時間に余裕のある方はぜひチャレンジしてみてください。

採択結果の詳細なデータも事業再構築補助金HPに掲載されています!
今回不採択だった方も再チャレンジしてみて下さい!

不採択だった理由がわかれば、チャンスは大いにあるかと思います!

採択結果のデータを分析し、次回に繋げていきましょう。

 

 

もし、「事業計画書が作成できず、困っている」「認定支援機関が見つからず、困っている」という方はまず一度ご相談ください。

事業再構築補助金について他にもまとめておりますので参考にしていただければ幸いです。

https://mono-support.com/saikouchiku/

また事業再構築補助金がどの様ものかわからないといった方は下記HPをご覧ください。

https://jigyou-saikouchiku.jp/

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています

 

関連記事