UA-33885026-2
事業再構築補助金

「ロボット」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「ロボット」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「ロボット」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「ロボット」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。
未来では、ロボットと人が生活を共にするのが当たり前になるのでしょうか。

テクノロジーの進歩は私たちの想像を遥かに超えます。現在では不可能だと思われていたことも10年後には実現しているかもしれません。

私たちの生活がロボットの存在によって豊かになればいいですね。

これから、「ロボット」事業を始めようと考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
障がい者が働く「ロボットカフェ」が、ひと・地域・未来を創る!「ロボットカフェ」という新空間を作り、「DX社会」の推進を図ります。また、障がい者が働きながら自己成長を目指すと共に、産学官連携や第一次産業の担い手育成にも取り組み「ダイバーシティ」の実現を目指します。
溶接ロボットシステムの導入による高難度製品製造工場への業態転換実現コロナ禍の影響長期化予想に対し、現状の手作業工場から、ロボット技術の導入により大型高難度案件獲得可能な工場への業態転換を実現し、技術品質を差別化して、アフターコロナ市場での収益増大を達成する
ロボットによるワーク脱着の自動化で実現する価格競争力の向上およびプーリー製造への新規参入計画現在、コロナの影響で、鉄道用ベアリングとウォーターポンプの需要が落ち込む中、需要の増加しているプーリーの製造へ参入していく。ロボットおよび複合加工機の導入により工程の自動化を図り、後発ながら価格競争に打ち勝つことができる生産体制を構築する。
「協働ロボットを活用した装置」の事業化協働ロボットを活用し装置を提案する「テスト・ラボ」という画期的な実験室を立ち上げ、お客様の自動化構想を、実機を使ったシミュレーションによって、よりリアルな検討や検証を行う。

実際の動きやテストを通して、お客様が納得できる装置の検討から導入までの技術面の提案やサポートができる事業体制をつくる。

FCD精密鋳物を活用した実装ロボット用部品の製造自動車の精密薄肉鋳物部品を製造しているが、新型コロナの影響で売り上げ激減の為、今後はノウハウを活かし、急増する半導体・電子部品の実装ロボット用部品製造の新分野展開で再構築及び業界に貢献したい。
自動車部品製造メーカーからロボット製造メーカーへの新分野展開昨今の自動車業界は、新型コロナウィルスの影響による工場停止、世界的は半導体不足による生産減少、脱炭素化推進による電気自動車へのシフトが加速しており従来の加工部品の受注は減少しております。補助事業により、新たな設備を導入することにより自動車部品製造メーカーからロボット部品製造メーカーへの新分野展開を計りたいと考えています。
労働者人口が減少する日本を救う産業用ロボット教育事業の開始!産業用ロボットは導入後に労働安全衛生法で定められた一定水準の講習を受ける必要がある。当社は栃木県初の産業用ロボット研修機関となり、ロボット操作に必要な研修講座・技術伝承を行う。
前橋発「人とロボットの共存モデル」提案による、地域イノベーション活性化計画当社の商社として培った目利き力。及び商品提案力と情報発信力を活用し、「人とロボットのベストマッチングによる共存モデル」を前橋から発信することで、売上回復を図ると共に地域イノベーションの発展に貢献します。
脱炭素社会実現のための「長尺重量物用ロボット溶接システム事業」立上げ新型コロナウイルスの影響による売上高の激減を挽回するため、既存事業での保有技術を活かし大型加工機の導入を行い、これまで製造実績のない「商用車及びEV商用車用ロボット溶接システム事業」を立上げ、脱炭素社会の実現に貢献する
半導体製造装置及び産業用ロボットの部品生産事業の新規構築既存事業で培った加工技術と個別要請対応力を活用し、成長する産業用ロボット市場と半導体製造装置市場への新分野展開による事業再構築で、新型コロナによる売上減少及び取引先業種が偏重する課題の解決に取組む。
新たにロボットシミュレーションソフトを開発する事業産業用ロボットを生産設備に導入するにあたり、効率的にロボットの経路、順番、姿勢などを覚えさせるオフラインティーチングが可能なロボットシミュレーションソフトを開発することで、装置メーカーの悩みに応える。
産業用ロボット部品への設備導入とITO構築による新分野展開事業本事業は、自動車部品および油圧装置部品を主力とした既存事業から、CNC旋盤の設備導入とIOTシステム構築により生産性向上と高精度化を図り、産業用ロボット部品加工への新分野展開を目指す事業再構築です。
カーボン3Dプリンターによる狭隘空間点検ロボット事業への新分野展開カーボン3Dプリンタと自社無線映像送受信技術の活用により、床下部などの狭隘空間を点検するための自走式狭隘空間用点検ロボットの小規模量産事業を構築する。高強度・軽量部材製造、設計変更の柔軟性を活かした顧客ニーズにあった事業に挑戦する。
リモート診断対応ロボット設備のサービスパッケージ開発アフターコロナ下の日本社会の変化に対応するために「リモート診断対応ロボット設備のサービスパッケージ開発」を行います。既存の電気制御技術とは異なるロボット設備およびリモート診断・メンテナンスサービスをパッケージ化した新分野展開をはかっていきます。
半導体関連製品の量産化に向けたロボットシステムの導入当社の主力である板金工程の工程集約にとどまらず、無人化・省人化に必要なロボットシステムを導入し、半導体関連製品向け生産ラインの体制整備に取り組む。また、国内製造業のニーズである小ロット品を低コストで完成させ、短納期で納入できる技術の高度化を実現させる。
コミニュケーション・ロボットによる介護施設利用者向けサービスコロナ禍が蔓延する中で、高齢者の孤立が進んでいる。本事業は、孤立する高齢者にロボットを介してコミニュケーションの場を提供し、認知症の予防、誤飲性肺炎の予防を行うサービスを介護施設と連携して実現する。
配膳ロボットの販売と保守サポート1) 新規事業の事業概要

主に飲食店での「運ぶ」作業をサポートするロボットを販売し、その機体の保守サポートを行う。

導入する事業者は、屋内用のデリバリーロボット(配膳ロボット)を活用することで食事や空いた食器を「運ぶ」作業をロボットに任せ、従業員は人間ができるサービスのレベル向上や作業の効率 UPを図ることで、サービス全体の質を改善することができる。

全自動パスタ調理ロボットを活用したテーブルサービス型パスタ専門店の展開当該事業は、材料の取り出しからパスタ麺の茹で工程・具材の加熱撹拌・フライパンの自動洗浄を全自動で行える「世界初」の自動パスタ調理機を導入した店舗運営事業である。

外食産業の慢性的な人員不足などが今後も予想される中、人手がかかる工程は仕上げ・盛り付けのみのため、熟練の調理技術習得を要さずに、一定の品質で多店舗展開が可能となる。

機能安全認証付 協働ロボット内蔵サーボモータドライバ 新事業計画書人と同空間で作業する協働ロボットに重要な技術が、モーターを駆動するドライバ性能です。ドライバには、高度な制御と共に、安全性が求められます。当社が培ってきた電子制御技術とともに、安全規格を取得した製品により、世界市場での拡販を目指します。
自動配送ロボットの開発とそれによるサービス提供既存のバッグ式の宅配ボックス事業から、自社ITリソースを活かした物流ラストマイル領域での宅配の自動化、省人化を実現する自動配送ロボットの開発へ事業転換し、国内外でロボットによる配送サービスの提供を行う。
非鉄問屋がメーカーに転換、五軸加工機とロボットで半導体製造装置業界に進出アフターコロナの市場に備え、非鉄二次問屋が五軸加工機とロボットを導入し、半導体製造装置を下支えするメーカーに転換する。需給逼迫が続く半導体業界で、グローバル競争を勝ち抜き、ニッチトップを目指す。
プログラミングロボットの製造、販売及びAI、ロボット分野に参入従来から弊社が持つ営業力・IT技術力のノウハウを活用し、プログラミングロボットの技術を導入することで、子供のSTEAM教育体系構築と未来の社会に欠かせないAI・ロボット開発人材の育成をサポートすることを通して社会に貢献する事業を柱として事業再構築を行う。
自動化を進め次世代自動車部品・ロボット部品の製造を開始するコロナウイルス禍で営業活動が出来ない中、インターネットを最大限利用しWEB上で顧客が必要な情報を入力することで、見積を自動に行えるようにする。その入力データーをCADデーターとして取込みレーザー切断や曲げロボットのプログラム作成にリンクし生産をする。検査は3次元測定器で行うことで、生産性・品質を高め顧客信頼・販路拡大を目指し、発展を期待する次世代自動車やロボット等の製造を開始する。
半導体業界向けロボット駆動部品製造体制の構築による新分野展開ハードカッティング技術を構築することにより、既存の生産工程でボトルネックになっていた研磨工程の集約を行うことで製造コストを低減させ、新分野である産業用ロボットに搭載される駆動部品の受注・量産に挑戦する事業です。
鍛造業者が新たにロボット等新市場の部品を金型製造から一貫して製造する事業再構築本再構築事業を活用し、新たにロボット等今後成長が見込まれる新市場の部品を金型の製造から一貫して行う。既存事業の強みを生かし金型製造から行うことで、より顧客ニーズにあった製品提供を行い売上の挽回を図る。
半導体分野参入に向けた高精度・低コストロボットアルミ溶接接合技術の確立手作業での部材切断工程への数値制御切断機の導入に加えて、溶接接合工程に対する自動溶接ロボットを導入することで生産性50.0%の向上を達成する徹底した低コスト化を実現した高精度・高生産性半導体製造装置架台製造ラインを構築し、アルミ溶接接合の自動化技術の高度化による高精度・高生産性を武器に半導体製造装置分野の開拓を進めていくことで、計画3年次半導体製造装置架台製造受注売上構成比10%を達成する。
産業用ロボット用精密部品完品一貫生産に向けた技術開発体制の構築当社既有の三次元CAD、三次元測定機と連携した技術開発プラットフォームを整備するとともに、産業用ロボットアルミ製爪部生産専用ラインとして集中的に産業用ロボット爪部生産に専念し、株式会社不二越におけるコロナ禍特有の機能分化、取引分散化ニーズを捉えることでの計画3年次産業用ロボットアルミ製爪部受注構成比10%を達成する。
手術支援ロボットメーカへ高品質部品を提供する新分野事業の展開航空機部品の受注が低迷し需要回復には時間がかかり、次期事業の創出が急務という課題がある。新たな設備導入で今後成長が見込め、現在強い引合いがある医療機器(手術支援ロボット、医療ロボット)の市場に挑戦
外注依存を高利益体質に革新!下水道ロボット製造の業態転換戦略コロナ禍で航空エンジン部門が受注激減。市場拡大する下水道維持管理ロボット製造で外注費過大による付加価値減少、リードタイム長期化、品質バラつきが課題。複合加工機等を導入し、内製化や高度化を図り利益を確保。
ロボット導入に対する教育的課題を解決したEV車向けハーネス製造業へのロボット化推進事業EV車向けハーネス製造業を始めとする北陸の製造業は、人材不足対策や生産性向上のために工程のロボット化を画策しても近隣にロボットに関する情報獲得及び安全講習を受講する場が無いことが導入への課題であった。これを解決するために、北陸初となるロボット研修センターを立ち上げ、疋田産業主導で北陸のロボット化を推進する。
ロボット向けアクチュエータの開発と製造当社の強みである設計力と加工技術を兼ね合わせ、新型コロナの影響から脱却するため、ロボット部品に利用される、「アクチュエータ」の開発、製造を行い、事業基盤の拡大を行います。
ロボット導入前後のサポートをパッケージ化した 提供方法の確立本補助事業では、産業用ロボット単体での販売からハンドやセンサーといった周辺機器と共にパッケージ化して提供する。サポートも含めて提供する事で国産のロボットを普及させ地方の製造業の生産性向上を目指す。
ロボット・AI技術活用による高密度化・高品質化が求められる次世代自動車産業への進出手作業からロボット・AI作業に変え、高密度な小型基板を製造可能とすることにより、次世代自動車産業へ進出を図る。コロナ感染拡大の影響により、既存製品である産業用機器部門の収益が低下したことを受け、新事業へ転換する。
最新設備と現有ノウハウの融合!産業用ロボット部品の受注獲得事業最新式横中ぐりフライス盤の導入により、高精度短納期部品製作体制の構築が実現。現有ノウハウの活用と上記新体制の融合により新たに産業用ロボット分野の需要獲得を狙う。
画像認識を用いた新たな微細部品の自動選別機の製造を通じた半導体・ロボット分野に対応した新分野展開本事業は、国内トップクラスのパーツフィーダアタッチメントメーカーである当社が、新たに微細部品に対応した自動選別機を製造することで、半導体・ロボット分野への新分野展開を図る事業再構築事業である。
産業用ロボット向け鋳物製品の生産プロセス再構築と新分野展開新型コロナウイルス感染症により大きな影響を受けている既存事業から脱却し、産業用ロボット向けの精密鋳物製品加工の生産体制を構築することで、新分野へ展開し、売上や利益の増加、付加価値額の向上を実現する。
ロボットを含むシステム構築のワンストップ対応を可能とする事業再構築当社は顧客企業の要求に応じたシステム構築を行っているが、ロボットが使われるシステム構築を受注できなかった。本補助事業において、ロボット研修の受講、動作確認用ロボットの導入、技術者間の通信を容易にすることにより、ロボットを含むシステム構築分野に展開する。
最新デジタル技術による溶接ロボット他を導入しHグレードの市場に新規参入既存取引先から新たな受注が見込めるHグレードの市場に新規参入します。競合他社と比べ、当社は納期について柔軟に対応できることを、取引先から特に高く評価されています。そのため、新工場を建て、最新デジタル技術による溶接ロボット他を導入します。
ワークシェアによるキッチンカーと無人店舗の運営~AIロボットによる新たな接客~名古屋城エリア活性化を目指した焼き芋スイーツをメインとした飲食事業。ワークシェアシステム導入により現人員体制で運営。本社の一部を無人店舗兼調理バックヤードとし、名古屋城周辺を中心に人流動向・コアタイムをリサーチしながらキッチンカーを効率よく巡回し販売につなげる。
精密自動旋盤導入による遠隔手術ロボット部品を含む医療分野への新分野展開材質不問、少量多品種の高精度切削加工を主力としていたが、本事業では初めて医療業界向け大量生産に対応した、小型高精度金属部品切削加工に参入する。
ロボットを活用したロット加工品における自動化工程の提案ロボットを活用することで、自社工場内にロット加工品に対応する自動化工程のモデルラインを構築する。将来的には、モデルラインを対外的に販売PRしていくことで、他の中小企業へ自動化工程を提案していき、新規事業として軌道に乗せていく。
配膳ロボットを活用した完全⾮接触型焼⾁店開設事業新型コロナウイルス感染症下における感染リスクの低い飲食店として、テイクアウトやデリバリーを主体とし、配膳ロボットを導入することで人との接触の低減を実現した、近未来の飲食店のモデルにもなり得る焼肉店を出店する
配膳ロボットを活用した焼肉店への事業転換で収益の安定化を図る都市部やショッピングモールへの出店に集中しており、コロナの影響が甚大である。補助事業では、郊外のファミリー需要を獲得するため、感染対策を徹底した焼肉店へと業態転換し、従業員の雇用を守り売上のV字回復を図る。
門型マシニングセンタ導入による、溶接ロボットの開発・一貫生産事業本事業による設備導入により、溶接ロボットの開発・製造に必要なロボットを支える架台の製造が可能となる。

既に大手企業(アスカ(株))から引き合いを得ているだけではなく、今後、自動車や輸送業界を中心とした製造プロセスの自動化の流れの中、堅調な需要が見込まれる計画である。

介護医療ロボット分野進出計画とDX化への取り組み1987年創業以来、自動車関連の精密試作品加工を中心に事業を行ってきた会社です。

本事業において従来から取り組んでいる精密切削加工に加え、『高精度研削加工技術』を導入し、急速に普及が進んでいる医療用ロボットの駆動部品を受注する事業である。さらにこの精密研削技術でモーター、EV用電池などの新たな試作品市場を開拓する。

シェアファクトリー実現に向けたロボット設備部品製造事業への参入10か年計画に基づき高温工場を新築し、航空機関連分野へ新分野展開を行っていたが、コロナ禍影響により計画が頓挫した。新分野を具体的引き合いのある成長分野:ロボット関連部品製造へ切り替え、大型加工機の導入を行う。本事業の成功をもって、当初計画である新たなサプライチェーンの構築:シェアファクトリー計画実現を目指す。
産業用ロボットを中小企業生産ラインに積極導入する販売手段構築現在、産業用ロボットは先端アタッチメント部とプログラムの現場対応を要し中小企業導入は限定している。模擬運転と導入顧客のプログラム教育用に「ロボットシミュレータ付きショールーム」を創設し、導入拡張を図る。
商社から協働ロボットシステムインテグレート事業への新分野展開当社は商社として製造業向けに部品の卸売りを行ってきた。コロナ禍による売上減に加えて、外国製品との価格競争もあり収益性が悪化してる。今後の需要拡大が見込まれる協働ロボットのシステムインテグレート事業の新分野に参入し、収益性を高めていく。
デジタル技術を活用した省人化と非接触化を実現する協働ドリンクロボット開発事業当社はコロナウイルスによる部品供給不足から設備据付工期延期と自動車産業の価格競争における設備価格下落の影響を受け収益が悪化している。本事業はこの状況を打破すべく、新たに飲食業向けに「デジタル技術を活用した省人化と非接触化を実現する協働ドリンクロボット事業」を開始する。自動化が遅れるキッチン分野での技術を早期に確立し、成長が見込める飲食業ロボット市場での競争優位性を高めることが本事業の目的である。
FA市場の拡大に伴う、食品・医療分野等のロボットを活用した生産設備の提供食品・医療分野は、深刻な人手不足を背景に、ロボット・機械導入による自動化、省人化を検討する企業が増加している。当社はこれまで培った技術・ノウハウを活かし食品・医療分野で活躍するロボットを活用した生産設備(ロボットSI)に参入する
スーパーニッチ分野「ロボット用電線保護繊維」製造への参入確実に世界的マーケットが伸びるロボット産業(FAロボット世界四大メーカー向け)のスーパーニッチ分野「電線保護繊維」の製造により、安定成長の基礎を作り事業継承を行う。
ドローン及びロボットマシーンを活用したスクール事業制作依頼や、撮影依頼だけでなく一般のユーザー向けにスクール事業を行うことで、月謝というサブスクリプション契約になり安定した売り上げが見込めるとともに、教育分野での地域貢献となる。
ロボット市場へ本格参入するためのスクロール型真空ポンプ開発独自の精密加工技術の更なる精度向上と丸物内製化によりスクロール型真空ポンプを開発し、急伸するロボット業界へ本格的に参入することで売上・利益を継続的に伸ばし、停滞が続く既存事業からの大幅な業態転換を図る
金型肉盛用―自動積層溶接システムロボット開発への挑戦今までないティーチング不要、積層溶接軌道も自動生成が可能、且つ複雑な形状面でも自動積層溶接できるロボットを1年以内に、研究開発し、金型製造とメンテナンスワークに実用化を図る。
介護ロボットを活用したサービス付き高齢者向け住宅「夢楽庵」の運営既存事業においてはコロナ禍で売上が減少しており、回復の目途が全く立っていない。弊社の強みである利用者のニーズに合った柔軟な対応力と緊急の案件にも対応できるスピード感等を活かしてサービス付き高齢者向け住宅の運営に新たに挑戦する。
海外子会社のノウハウを活用した食品業界向けロボットシステム事業への進出コロナ禍で需要の低下した当社主力製品の売上を補い、更に拡大するため、当社子会社であるインドネシアNo.1のロボットシステムSIerの技術を活用し、需要の旺盛な国内食品業界向けのシステム市場に参入する。
「PCR検査&医療用ロボット」向け超高精密部品でコロナに打ち勝つ川崎重工社とシスメックス社にて取り組んでいる「PCR検査用ロボット」と「医療用ロボット」に向けた超高精密部品の製造を新たに開始する。両社との長年の取引実績と当社の試作用や特注機用などのノウハウを活かし、他社には真似ができない超高精密部品の製造により、大きく伸びる本市場にて当社の新しい収益基盤を構築する。
協働ロボットを利用した切削加工の自動化技術開発による事業再構築サプライチェーンの国内回帰需要を取り込むため、協働ロボットを利用した省人・自動化の製造方法に業態転換。稼働時間を2.7倍向上、製造原価を23%削減させることで、コロナ禍での部品供給を安定化させる。
人協働ロボットの卸売と導入支援事業を通じて製造業の課題解決を目指すコロナにより設備需要が滞り売上低迷が続いている。新たに人協働ロボットを導入し、製造業者を対象に展示と卸売、さらに導入支援事業を展開することで、会社としての成長とともに、人手不足に苦しむ製造業の課題解決をも目指す。
広告代理事業から新たにロボットを用いた建物清掃業に参入する新分野展開コロナ禍によるイベントの中止等で売上が減少した広告代理事業から、広告代理事業で得た不動産会社とのコネクションを生かし、ロボットを用いた建物清掃業に参入する。ロボットの操縦が出来る従業員を増やし、既存事業にもロボットを生かした広告展開が行える基盤を作る。
AIコミュニケーションロボット事業の新規展開コロナにより弊社の売上の70%を占める鉄道関連システムの売上が減少している。以前から社内研究を進めてきたAI技術を活用してコミュニケーションロボット事業(受付案内ロボット事業)に参入することで、ポストコロナに対応する新たなビジネスモデルに挑戦する。
物流ロボット導入における機械化シミュレーション、エンジニア派遣サービスの提供コロナの影響により大きな取引先を失ったWEBシステムの開発領域から、今後ますます投資傾向と技術者の人材不足が高まる、物流ロボット導入領域への機械化シミュレーションの提供・人材サービスへと事業転換を行う。
専用生産ライン設置によるクリーンロボット分野への参入精密板金設備導入による専用生産ライン設置と、長年培ってきた超多品種変量短納期に対応した板金加工技術を融合することにより、クリーンロボット分野に要求されるクリーンで少量高精度の製作を実現し、新規参入する
台車移動式ロボットによる自動供給搬送システムの開発自動化が進んでいない部品製造工場向けに、必要な時に必要な場所へ移動させて使う事が出来る新発想の台車移動式自動供給搬送装置を新規開発する事業で、当社が新たに挑戦するロボット産業事業の新規売上を狙うビジネスである。
超高精度「ロボットツールチェンジャーRHA」の開発と製造当社の最先端技術力&開発力を生かし、市場に流通するロボットツールチェンジャーよりも高性能な新製品を開発し、ロボット産業に進出する。自動車産業、工作機械産業のみに依存しない強い会社を作る。
ロボット用歯車分野への進出と航空機歯車製造方法の変更コロナ禍の影響緩和策として、①ロボット用歯車分野への進出、②航空機歯車の製造方法の変更、を同時に実施し、共に求められる高い歯車精度と生産性の両立を目指し導入する最新加工設備と新たな製造法で臨む。
医薬製造装置部品で難素材テフロン加工へのロボット導入に取組む独自のスーパーエンプラ・テフロン加工の熟練工ノウハウ暗黙知をロボット導入でデジタル化し、新たな医薬製造装置部品分野への展開で、生産性向上と技術継承、新型コロナ禍からV字回復を目指す。
人間×ロボットの協業による新しい清掃、見回りサービス事業コロナ禍により売上減少した事務用品等の販売から新分野に進出。人間とロボットの協業による清掃、見回りサービスを新たに開始する。コロナ収束後に更なる事業変革が求められる労働集約型産業(介護、医療、清掃等)の生産性向上に貢献する。
ロボット周辺装置の製造技術等を活かした建設機械部品製造への進出既存事業のロボット周辺装置製造にて培ったティーチング技術やクランプ治具設計開発能力のほか、当社特許工法活用により、建設機械部品の製造に取り組み、同業界のイノベーション促進と地域産業活性化につなげていく
ロボットシステム事業に取組み新規分野での顧客獲得従来工場向けFA制御盤製作を主としてきたが、コロナ禍の影響で受注が大幅減となり、対応策としてロボット分野に進出し、これまで培ってきたシステム開発のノウハウを応用し、ロボットメーカーが対応していないニッチな分野での事業拡大を目指す。
協働ロボット専用コーチング設備導入による新分野(食料品製造業)開拓現在、産業用ロボットを輸送機器向けや自動組立設備向けの販売に取り組んでいるが、大手産業用ロボットメーカーとの競争が厳しく、協働ロボット専用コーチング設備を導入し、新分野である食料品製造業へのサービスに取組む。
新工法で新規取引先の開拓を実現するウォータージェットロボットの導入コロナで新規獲得が難しくなっている中、高速道路のメンテナンスは感染拡大の影響を受けることなく計画的、継続的にメンテナンス工事が行われていることから、高額ではあるがスウェーデン製設備を導入して新たな工法で参入する。
複合加工機と自動化ロボット導入による新製品製造ラインの構築半導体基板製品は、EV化が進む自動車産業や5Gの普及によりニーズが高まっている。当社の高精度加工技術をベースに、最新複合加工機導入と工場のIoT化で半導体基板製品の製造に取り組み、新分野展開による事業規模の拡大を目指す。
リモート検証に対応した、協働ロボット検査装置の開発と販売当社の特注装置は、対面での仕様打合や検証作業が多く、コロナ対策の足枷となっている。今後の需要が見込め、リモートによるシミュレーション検証が可能な「協働ロボット」を利用した装置を開発し、業態転換を図る。
配電盤の標準化を進め、最新ロボット導入とスマート工場化によって、省力化・生産効率アップを実現する運送車両部品、金属製建築資材等の加工下請けを主力としてしてきたが、将来展望を描き辛い状況にあった。今般、当社の技術力を高く評価する配電盤メーカー、四変テック㈱との協働が進展することとなり、新工場建設、最新鋭機器を導入し、社運をかけて事業転換に打って出るもの。
AIとロボットによる民間ビルメンテナンスへの新分野展開事業既存事業である社会インフラ点検の実績とその為の点検ロボット開発実績を活かし、新分野である民間ビルメンテナンス市場に進出する。外壁調査用ロボットを開発し、AIを用いて高精度の外壁不良調査・品質調査を併せて提供する新サービスである。
産業用ロボットアーム部品等の生産能力獲得による新分野展開への挑戦当社、オイルシール製造用の金型を製造していたが、コロナ禍における自動車販売不振により売上が減少した。本補助事業により、新分野のロボットアーム用部品に挑戦し、特定顧客依体制からの脱却を目指す。
搾乳ロボット等向け飼料用ペレットマシン導入近年、日本の酪農家戸数の減少が加速度的に進んでいます。一番大きな要因が労働力(担い手)不足と長時間労働です。この問題の解決策の一つとして搾乳用ロボットの普及が進んでいます。

搾乳用ロボットには専用のペレット状飼料が必要ですが、現在の日本で見合ったものが作られていないことから当社で開発・製造・販売する為に今回、飼料用ペレットマシンの導入を計画しています。

製造ラインに対応した協働ロボットの用途開発及びカスタマイズサービス情報通信機器製造分野への偏重を打開するため、創業以来蓄積した生産技術に関するノウハウを活かして、協働ロボットを製造ラインへ導入するためのロボットの用途開発及びカスタマイズ事業を立ち上げる。
新規受注による産業ロボット部品製作に必要な新設備導入コロナ過での働き方改革でオフィス減少に伴い、主力製品であるオフィス家具鋳造部品の売上減少。ますます伸びるロボット産業への進出に伴い大型ロボット部品を鋳造するための鋳造設備一式の導入
会津から全国へ!ロボット技術を利用した土木リノベーション領域への新分野展開作業効率を50%改善!市場ニーズに対応した「MDIジェットノズル」を使用するMDI装置(超高圧ウォータージェット)の開発に成功。これからのはつり工事に不可欠な新技術を、会津から全国へ発信し、新分野展開で事業再構築を目指す。
精密切削加工技術を活用した産業用ロボット市場への新分野展開事業コロナ禍による当社売上への影響と、当社プロダクトミックスにおける課題を解決するため、当社の強みである精密切削加工技術を活用し、加工精度の向上と専用生産ライン構築に取組み、産業用ロボット向け部品製造事業を新分野展開として開始する。
溶接ロボット設備用特殊治具製品の開発・製造による産業用ロボット市場への新分野展開本事業においては、既存製品製造で培われた加工技術という経営資源を活用し、成長市場である産業用ロボット市場への新分野展開による、新型コロナによる売上減少及び当社プロダクトミックスにおける課題の解決を目的とし、溶接ロボット設備用特殊治具製品の開発・製造に取組む。
プレス付帯設備量産製造事業からロボットシステム提案販売事業への事業再構築プレス機メーカー下請けビジネスから脱却し、プレス製造業者の自動化ニーズに応えるロボットシステムを提案するロボットシステムインテグレータへ転換する。プレス専門のロボットセンターを開設、顧客ニーズを具現化し、中小製造業の生産性向上に貢献する。
ロボット手術新市場に今までなかった新たな製品による新規参入医療機器のトレンドであるロボット手術の市場ニーズに対する課題解決を可能とした、今までにない新しいコンセプトの電気メスの開発事業
装置メーカーによる協働ロボットSI事業への進出当社は建材ならびにプリント配線板等の電子部品を製造するためのラミネータ装置の設計製造販売を行っています。また当社製品を使用して受託加工も行っています。装置制御や受託加工の経験を活かし、中小企業の製造現場の人不足や生産性向上といった課題に寄与する協働ロボットでの加工提案から立ち上げまでを支援する協働ロボットシステムインテグレート事業に進出するものです。
非対面「ロボット型24時間受渡し機」を活用した新たなクリーニングサービスの実現コロナウイルスの影響から店頭接客の在り方や社会ニーズに順応した新たなサービスの創出が課題となっている。本事業ではICチップ付き専用バッグとIoT機器との連動によって非対面式24時間受渡しサービスを実現し、洗濯代行への販路拡大により雇用創出・地域貢献を行う
ITとロボットを導入した吉祥寺らしい移動クレープ店既存事業は井の頭公園内(吉祥寺南エリア)で自家焙煎コーヒー及びアルコールのテイクアウト事業。吉祥寺北口エリアの路面デッドスペースにIT装備とロボットを導入し、ローカル性のあるブランディングを施したクレープの移動販売車を入れテイクアウト販売する。
食品メーカー用多品種小ロット型ロボットシステム組立工場の新設緊急事態宣言により外食市場が大幅減退し、業務用食品機械販売の収益が大幅減少。今後需要安定が見込まれる消費者向け食品機械の分野に進出。新分野での競争力を確保すべく、機械組立工場を新設し、製造業を開始。
新たな地域需要に対応可能な2アーク溶接ロボットシステム導入による高生産性建設事業への業態転換秋田県に生産拠点設置、及び国土交通省大臣認定 Hグレード取得を機に、耐震性能の高い高層ビル建設を始めとする高度技術建設事業への業態転換を図り、「コンパクト+ネットワークシティ化」提言事業を含めた新たな地域需要の創出に対応することで、地方とりわけ東北経済全体への貢献を目指す。
単調労働を代替するロボットユニットと遠隔管理・メンテナンスサービスの提供ロボットアームによる人手の代替・単調作業の自動化ソリューションを提供する事業です。単調労働を自動化するロボットを提供し、クラウド経由で遠隔管理・保守します。低コスト・迅速・簡単にロボット運用できます。
CFRPの先端技術による空飛ぶ車・医療用ロボット分野への挑戦主力事業だったレーシングカー需要の停滞に対し、ここで培った最先端のCFRP技術と製品開発力の強みを活かし、量産対応で高精度な設備の新規導入により、将来性豊かな空飛ぶ車・医療用ロボットの新分野へ事業展開
産業用ロボット部品への設備導入と自社技術開発による新分野展開事業本事業は、ビン用金型部品を主力とした既存事業から、2スピンドルCNC複合加工機の設備とIOTシステム導入と自社技術開発により生産性向上を図り、産業用ロボット部品製造への新分野展開を目指す事業再構築事業です。
産業ロボット部品市場への新分野展開を実現する省人化生産プロセスの革新当社の生産プロセスでは、産業用ロボット部品に多く見られる短尺かつ軽量難削材の加工について、精度や材料ロス等の点で課題がある。これら新分野進出にあたっての課題に対応するため、最新の自動旋盤および検査機器を導入し当社の省人化生産プロセスをノウハウを融合することで課題解決を行い、産業ロボット分野の旺盛な需要に対応する。
Post Covid-19における新たな企業向けロボットソリューションの開発販売コロナを契機とした自動化ニーズに対応するため、中小企業向けロボットピッキングAIソフトウェアを開発販売。その後物流・製造企業を中心に、ソフトウェアを搭載したロボットを通じたデータマネジメントサービスを提供、顧客企業のDXに大きく貢献する。
ものづくりノウハウを生かす。コンシューマ向けAIペット型ロボットの開発現状の事業の中心は大手企業からの受託によるBtoB事業であり新型コロナの影響により事業の継続が困難になっている。本事業では社会的ニーズに応えるAIロボットを開発し消費者に販売するBtoC事業に展開する
「オリジナル・ロボット制作講座」のオンライン配信によるシナジー戦略当社は、これまで様々なロボットを開発した実績に基づくノウハウがある。オンライン講座を配信できる環境を付加することによって「オリジナル・ロボット製作講座」という画期的な新事業の展開が可能になる。現事業とのシナジー効果で、総売上1億円を超える企業への躍進を目指す。
AIと人間の融合にゃん・ねこん家ロボットプロジェクトスペースを最大限に利用して、AIと人間が融合するコミニュケーション・スペースにリニューアル。

①AIを活用したヘルスケアサロンの新設

②店頭に販売ブースを設置

③AIロボットの導入やVRなどが体験できる個室の設置

非接触ロボットを使った「心よりそう」AIの開発新型コロナウイルス感染症対策で非接触型コミュニケーションツールのニーズが高まる中、児童クラブに通う子どもたち一人ひとりの心によりそうAIを使用した、家族でも先生でもない特別なコミュニケーション型ロボットを開発します。
全自動チューンナップロボットを使用した事業再構築プロジェクト世界最新の技術革新のなされた全自動チューンナップロボットを導入し、下請業に特化していた体質から、直接一般ユーザーや企業と取引のできる直営のチューンナップショップを計画しました。
ロボット用減速機向け『精密ギア加工機』事業の立上げ安定した事業経営が難しいFA設備事業からの脱却すを図り、当社の経験と技術を生かし、将来性・市場性の大きいロボット産業向けに、ロボット用減速機に特化した専用ギア加工機の事業を新たに立上げ恒常的な事業発展を目指すもの。
次世代の人型ロボット機器に関わる新たな素材の超精密部品加工、製造分野へ進出する事業再構築計画長年培った精密板金加工の技術を活かした通貨関連機器の製造分野から、次世代の人型ロボット機器に関わる超精密部品加工及び新たな素材部品の加工、製造分野へ進出する事業計画を図る。
溶接ロボット導入による製品開発セミオーダーのプラットフォーム構築を図る業態転換計画新たな製品ン開発を進めるベンチャー企業や地域の中小企業等に向けたセミオーダーシステムを構築し、ファイバーレーザー溶接ロボット導入による高精度な加工、製造に対応することで、新たな市場への進出と販路拡大を図る。
IoT、ロボットを活用した24時間稼働の精密加工自動化システムの構築当社のメインであるガソリン車業界がコロナの影響で低迷するなど大きな影響を受けている。IoT機能搭載の高精度加工機とロボットを導入することで、「24時間稼働の精密加工自動化システム」を構築し、既存設備では実現不可能なヘール加工の実現と、高硬度難削材の高精度加工を実現し、ガソリン車業界依存からの脱却を図る。
IOT及びロボットを活用した溶接新技術による事業再構築コロナウィルスの影響で受注が減少する中、手作業による大型プレス機の溶接からIoT及びロボットによる量産化可能な生産体制を整え、これまで参入できなかった新分野進出・売上回復を狙うものである
小型遊星歯車の高精度加工を通じたロボット・エネルギー分野への進出これまで培ってきた同時5軸加工機での歯車の高精度加工に関する技術を活かし、ロボットやエネルギー分野で使用される小型遊星歯車の高精度加工及び品質保証体制を確立することで、新市場の開拓を目指す。
管内調査ロボット・新工法導入による下水道事業向けワンストップサービス確立コロナ禍の影響による既存事業の経営困難を克服するため、新規下水道関連事業を開始します。管内調査ロボット・新工法導入により、国土強靭化・脱炭素化に資する、下水道事業者向けワンストップサービス提供体制を確立します。
新生活様式に向けて成長が期待されるサービスロボット市場への新分野展開当社が今まで培ってきた強みと建設する工場、導入する機械装置の最先端デジタル技術を活かして、高精度な複雑形状加工および短納期でブラシレスモータ部品の量産化を図る。これにより、ポストコロナ社会の新生活様式に向けて成長が期待されるサービスロボット市場への新分野展開をめざす計画。
工作機械市場偏重から成長産業(半導体・ロボット市場)への業態転換現在、工作機械市場に偏重している受注バランスの転換を計り、成長産業である半導体製造装置・ロボット部品市場の受注を増加すべく、協力工場にて外製している大型加工品を内製し市場要求である高品質・高精度化を実行するため大型横形マシニングセンタを新規導入する。
製造小売業への業態転換~『未来はロボットと花束』花屋の常識を変え花産業の変革を起こす~コロナ禍、生花の販売減少トレンドを打破するため『ドライフラワー・花卉の自社加工・自社生産』に取組む。生花市場からの仕入れに加え、小売現場の需要予想・顧客ニーズに基づき花を生産する体制へ転換する。
医療支援用ロボット部品金型製作への新たなる挑戦本事業で微細加工機並びに大型加工機を導入し、コロナ禍で売上が激減した。主力の自動車用エンジン周りの金型製作事業から医療用金型への新分野展開を図る。
工場設備関連の技術力を活かした産業ロボット導入支援事業への進出弊社は工場設備の製造等を行っている。コロナ禍を転機に、弊社の技術力を活かして「ロボットシステムインテグレータ事業」(産業ロボットの導入支援事業)に進出する。そのために、ロボットショールーム兼試験場を新設し、PR及び技術力強化を図る。
医療・ロボット・半導体業界向け受注形態変更への業態転換医療・半導体・ロボット業界において近年求められるユニット化と、コロナ過での受注減少と他社への競争力強化の為の、完成品・準完成品納入への更なる変更をする為の事業
ロボット・工作機械部品向けの新規部品製造事業主たる航空機部品事業はコロナウィルス感染の影響により受注量が大きく減少したが、5GやEV産業拡大によりロボット工作機械の需要は拡大している。そこで、この分野において高能率製造方法を確立し新規部品受注拡大を図る。
樹脂成形金型技術を応用した精密ダイカスト金型によるロボットフレーム製品の開発コロナ過の中で、製造業にも工場の自動化を求める声が大きくなっている。自動化に不可欠な産業用ロボットにも複雑化する動きに対応するため、精密ダイカスト金型の技術を用いた高精度なロボットフレームの開発を行う
自動車内装部品製造現場の感染防止を実現する「量産用ロボット」製造にかかる新工場建設計画自動車内装部品のデザインからモデル・樹脂型・量産用機械の一貫生産を行ってきたノウハウを活かし、製造現場におけるコロナ感染防止ニーズに対応した「内装部品量産用ロボット製作」を展開するため、大型設備・部品製造にかかるスペースを確保した新工場を建設。スペースを活かして過去に製造したことのない「自動車外装部品製造用の大型部品」も展開することで新規受注を確保し、売上高の早期回復を目指す。
感染リスクを徹底排除した自走ロボット導入焼肉店への事業転換既存事業は若年層の売上が主であり、コロナ禍で大きく売上が減少した。補助事業では焼肉業態へ事業転換し、換気能力の高さと、ロボットやタブレットの活用で感染リスクを抑え、ファミリー層の顧客を獲得する。
医療用途ロボット関連部品の生産及び医療機器部品製造への新規参入医療用途ロボットの関連部品を高精度・高効率で切削加工ができる機械加工設備を導入し、価格競争力のある生産体制を構築した上で、既存事業の技術力・生産能力を活用して大型医療機器部品製造へ事業範囲を広げる。
自動車生産ライン製造業によるロボット事業への新分野展開当社は、自動車生産ラインの付帯設備や自動搬送装置等を、設計から加工、組み立て、現地据付までを一貫して行う製造業である。コロナ禍以降は、自動車の車種統合やPHVなどの次世代型自動車への変遷が加速しており、その対応に迫られている。そこで自動車メーカーの生産性向上に貢献するために、新たにロボット事業部を新分野展開として立ち上げる。
成長分野であるロボット・半導体業界に新規参入し、新型コロナを乗り越えるこれまでは自動車用部品の製造が主たる収益であったが、新型コロナの影響やアフターコロナの電気自動車の普及を見据え、成長分野であるロボット・半導体業界に新規参入し、事業規模の安定化と拡大化を目指す。
リモート操作可能なIoT鉄筋工事自動組立ロボットの開発・製造販売建設業就労人口の減少による鉄筋工事の生産性低下という課題を「リモート操作可能なIoTを活用した自動組立ロボット」により生産性向上をもたらし課題解決することができる。国土交通省が建設DXを掲げる中、喫緊に求められる事業と考える。
パートナーロボット部品製造事業に進出し、医療介護のサービス向上に貢献コロナ禍の影響による業績の低下や自動車業界の環境変化による現行事業の先行き懸念を補うため、培ってきたアルミの加工技術を生かし、マシニングセンタにより生産力を強化した上で、今後、有望なパートナーロボットの部品製造事業に進出し、事業再構築を図る。
保全・修理のしやすさをコンセプトとした搬送用ロボット製造事業主要顧客は、コロナ禍で設備故障時のメーカーサポート体制が悪化する中、時間外労働も制限され困窮している。そこで、引合を機に自社の保全・修理の専門性を活かし搬送用ロボット製造業により新分野展開を実現する。
コロナ禍において市場拡大が進むロボット産業への進出事業本事業は、コロナウイルスの世界的な感染拡大により市場が急減速した航空機産業向け製品製造からの事業集中を改め、既存の高精度加工技術を活かし新たにロボット産業向け製品製造に進出するために必要な事業基盤を構築する事業。
熱加工技術の新規導入により、産業機器向けから協働ロボット向け部品製造へ進出コロナ禍による国際間サプライチェーンの寸断に伴って産業機器の輸出が減少したことにより、産業機器筐体の製造も減少している。そこで当社の加工工程に、従来の塑性加工技術に加え新たに熱加工技術を導入し、曲線構造の協働ロボット筐体の製造へと進出する。
介護ロボットを活用したリハビリトレーニング型高齢者施設の運営緊急事態宣言で既存の事業の売上が大幅に減少した為、コロナ禍においても安定している介護事業に進出すべく、既存事業の強みを活かしながら先端的な取組として、「介護ロボットを活用したリハビリトレーニング型高齢者施設」を展開する事で収入の安定と、地域福祉に貢献します。
AMR (協働型自律走行ロボット) 応用による軟包装グラビア印刷工程の自動化推進事業軟包装グラビア印刷等のフィルム加工工程において、グラビアシリンダ(印刷版)やフィルム原反等の運搬や段取り作業は、現状ほとんど人の手で行われており大きな作業負担となっている。本事業では、人と同じ作業エリアで走行可能なAMR(協働型自律走行ロボット)を応用し、グラビア印刷工程等の段取り作業のオートメーション化を推進させるハード・ソフト、および個別のシステム設計や運用支援をパッケージ化して製品化を図る。
食品・薬品業界向け生産ライン、ロボット設計・製作事業への進出当社は自動車業界の生産設備メーカーであるが、新型コロナウイルス感染症の影響により受注が大幅に減少した。そこで事業再構築のためクリーン工場を建設し、食品・薬品業界向け生産設備の設計・製造事業へ進出する。
ダイカスト・アルミニウム製モーター部品の製造開始による産業用ロボット市場への参入現在鋳鉄製の中型・大型モーターの部品を製造しているが、コロナ禍の影響で売上が減少したこと、鋳鉄製部品の需要が減退しつつあることから、今般新たにダイカスト・アルミニウム製の小型モーター部品の製造を開始し、昨今省人化の取組みなどにより需要が高まっている産業用ロボット市場への進出を行う。
取引先の供給要請への対応を通じた、自動化・ロボット市場進出計画ファイバーレーザーマシンを導入し取引先の自動立体倉庫向けパーツの供給要請に対することで、精密加工部品に関するノウハウを蓄積し、自動化・ロボット市場への新分野展開を進め、成長分野において売上利益を拡大する。
ポストコロナに向けた非対面・非接触に不可欠な協働ロボット事業への新分野展開当社が今まで培ってきた強みと、導入する機械装置の最先端デジタル技術を活かして、多様な形状のワークを高精度加工した上で精度保証を行うとともに工程集約による短納期化を図り、ポストコロナに向けた非対面・非接触に不可欠な協働ロボット事業への新分野展開をめざす計画
協働ロボット導入支援事業の構築による新分野展開新事業として、国内製造工場をターゲットとした、協働ロボットの環境設計・アタッチメント開発事業を計画しています。当社の加工技術やメカトロニクスの技術・ノウハウを応用し、成長性が見込まれるロボティクス分野に挑戦します。
コロナ禍を契機に新たに将来展望のあるロボット部品加工に挑戦コロナ禍で半導体装置のアルミ部品加工市場回復が低迷している中、好調なロボット装置の部品加工市場に対して、これまで培った加工技術と新装置導入によるコスト削減により、本格的に参入して売上回復を行う
産業用ロボット向け生産プロセスの再構築による新分野への展開新型コロナウイルス感染症により甚大な被害を受けている既存事業から脱却し、新分野となる産業用ロボット向けの高精度・小型関節プーリー部品の生産体制を再構築し、売上・利益の増加と付加価値額の向上を実現する。
社内製造部門の立ち上げによるロボット分野への進出コロナ禍の影響により売上高が減少している。今後拡大が見込まれるロボット分野へ進出するため、社内に製造部門を立ち上げロボットハンドの製造を行う。これにより売上高を増加させ、事業持続性を向上させる。
事業転換 三品業界向 協働ロボットシステム販売事業計画人手不足に悩む三品業界(食品・医薬品・化粧品)を対象に、愛知県に新設する工場で協働ロボットのデモ機を展示・貸出を実施。現場の細かなニーズに応じた、顧客にとって満足度の高いロボットシステムの製造・販売を行う。
TSUMURAオートメーションシステム(空間のロボット化のための汎用型空間演出制御システムの開発)舞台分野のみで使用している舞台機構オートメーション制御システムの技術をディスプレイ分野等他の分野にも応用する為に、オーダーメイドではない汎用システムを開発します。また、そのシステムを使用した企画提案から製作・施工までワンストップで担当する専門チームを社内に配置し、開発段階からの提案を行い、より幅広い顧客層へのアプローチを狙います。また、制御システムとモーターはレンタル・リースに対応します。
省人化・効率化に向け需要拡大するロボット市場への新分野展開当社既存製品はコロナ禍で最終製品の需要減少により逆風に立たされている。しかし、労働人口減少、コロナ対策としてロボット市場は需要拡大している。早期に本事業に取組み、構造転換による改革を実現する。
飲食店の非接触化に貢献する自動配膳・下膳ロボット卸売業へ進出新型コロナウイルスによる企業の設備投資額の減少によって当社受注も減少している。一方で、飲食店内の三密を避けるためにオペレーションを自動化するニーズが高まっている。自動配膳・下膳ロボットを販売することで当社の売上V字回復を目指す。
溶接ロボット用途に加え介護ロボット用の新分野の部品製造を新たに開始溶接機及び溶接ロボット用の部品製造を営んでいたが、海外販売比率が高くコロナ禍で大きな売上減になっている。培ってきた技術に加え3次元形状に加工できる機械を導入して、新分野の介護ロボット用部品事業を新たに立上げ
木材加工装置向け専用ロボットの開発・生産による新分野展開計画木工業界で長年蓄積した様々な現場のノウハウをロボットシステムとして事業化することで、コロナウィル感染症の影響により低迷する木工業界においても唯一成長が期待できる分野へ進出する。
リサイクル工場用自動化ロボット標準ユニットの開発で資源循環に貢献弊社工場内にロボット標準ユニットの常設スペースを新設し、顧客であるリサイクル工場のロボット化を推進貴重な資源をムダなくリユースし、循環社会に貢献すると共にリサイクル現場の作業環境を改善する
塗装ロボットSIer事業へ業態転換するためのデモ機体験体制の構築コロナ禍の影響で産業機械用塗料の売上が大幅に落ち込む一方で、塗装業界では人材不足、感染リスクの打開策として塗装工程のロボット化が加速する動きがある。ロボットSIerに進出し、塗料とともに塗装ロボットシステムも提案・販売することで収益拡大を図る。
ロストワックスに新規参入による、医療用・ロボット関連部品製造の強化創業以来の主要売上であった住宅設備機器組立て等部門の、コロナ禍による落ち込み状況を受け、ロストワックス精密鋳造部品の加工製造に新規参入し、部品事業部門を強化し、事業再構築を図る。
産業ロボット人材育成・中小製造業とのマッチング事業の取組み産業用ロボットの性能が向上し、導入ニーズが高まっている一方、ロボット担当人材不在がネックになっているケースが多い。そこでEラーニングシステムを開発しロボット操作教育を効率的に行う。
ロボット向け部品供給のため、自動バリ取り器使用による品質安定化ロボット向けアルミ鋳物製品を製造製造するにあたり、製品の外観品質を安定させるために自動バリ取り機を導入し、熟練作業者以外でも同様の品質を保つことを目的とする。
半導体等で培った強みを生かしロボット分野のキー部品加工に新事業展開コロナ禍で大きく減少した事業を再構築する為、半導体製造装置などで培った複雑形状加工の強みを生かし、ウィズコロナ下で成長が期待されるロボットのキー部品事業に新分野展開を図り、ニッチNo.1を目指す。
小学生児童対象のロボットプログラミング教室開校当社のスーツ事業が新型コロナ感染拡大により、大幅な売上減となった。スーツ事業以外に新たな事業を立ち上げる必要があり、自社所有物件の1階テナントを活用して、市場が拡大している小学生を対象としたロボットプログラミング教室を開校する。
ロボット駆動部の製造技術を生かした需要拡大の半導体製造装置分野への進出当社製品の自動化・省力化機械は、コロナ禍の影響で、顧客が投資を抑え、設計開発リスクがあり、自粛要請で十分な技術打ち合わせができない状況で、受注がストップしている。当社が提案したギアボックスが半導体製造装置メーカーから注目され採用されることになった。当社は将来、大きな需要が期待される半導体製造装置分野へ新分野展開する。
無人搬送ロボット部品に取り組むための新たな製造方法による実現これまで鉄道車両部品の金属加工を主体として事業をしてきたが、新型コロナ禍の影響により受注が減少してきており、今後も市場の拡大が見込めない。この状況の中、今後市場の拡大が見込める工場自動化用無人搬送ロボットの部品加工の要請を受け、従来できなかった製造方法により実現する。
フロート製造高度技術によるロボット市場最先端部品への業態転換高い技術力を駆使した精密機械加工を単品メインで請け負ってきたが、今後に需要拡大を見込む量産物製作体制を新たに確立する。製造業のDX推進の機運を受け、ロボット導入による製造工程の革新・品質安定化をめざす。
遠隔型ロボット生産システムを立ち上げ、風車部品のグローバル市場でニッチトップを目指す国内から遠隔操作するロボット自動化生産ラインを海外工場で構築することで、コロナ禍による移動制限リスクを抑え、かつ急激に変化するグローバル市場で早期かつ一気に新規事業のシェアを獲得する生産体制づくり。
樹脂加工能力の高度化による国産初手術支援ロボットへの部品供給の実現需要が減少している産業用ロボットの部品供給のノウハウを活かし、新たに医療用ロボットの部品供給に取り組む。国産初手術支援ロボットの販売が開始され今後市場拡大が期待できる分野で業績のV字回復を狙う。
3D設計・加工技術強化によるロボットハンド製造での新分野展開これまで培った精密金属加工の技術に加え、先端的なデジタル技術による機械装置を導入することで3D設計・加工技術の強化を行い、ロボットハンドの製造技術を確立しロボット分野への新分野展開を図る。
溶接ロボット導入で思い切った業態転換を図り、V字回復を目指す新たな施工に進出することでⅤ字回復を目指す。
そのために必要な鉄骨建材を溶接するための「鉄骨柱大組立溶接ロボットシステム」を導入する。
思い切った新分野展開(製品の新規性・市場の新規性)にチャレンジする。
産業用ロボット部品加工事業への新規参入による高付加価値化戦略従来からの低付加価値品での利益確保が厳しくなる中、「高品質・短納期」という強みを活かして新たに産業用ロボット部品加工事業へ参入する。成長分野でありかつ高付加価値分野への参入により収益力の向上を図る。
個人&法人顧客を獲得するロボットと自社物流を活用した焼肉業態への転換既存事業は若年層の売上が主で、コロナ禍で大きく減少。補助事業では配膳ロボットの導入で感染リスクを抑えた焼肉店へ転換し、ファミリー層の顧客を獲得しつつ、物流事業の活用により、法人向け弁当を自社配送する。
自社オリジナルのリモートエンジニアロボットを製造する環境の建築リモートエンジニアロボットは技術者がインターネットで機械やコントローラーに遠隔で接続してメンテナンス作業ができるよう現在のコロナ禍で開発された商品。この商品のコロナ禍の需要と今後の見込みから新規製造する場所と遠隔接続のサービスを行う場所の環境を建築する
インクジェットプリンターと樹脂溶接ロボット導入による業態転換新型コロナウイルスによる売り上げ減少を補うため、水性インクジェットプリンター導入によるデジタル印刷化と樹脂溶接ロボットの導入による新たな容器の開発及び製造方法を確立し顧客ニーズに対応し新市場進出と新展開を図ります。
ロボットによる自動切断溶接機を活用し、大口径溶接継手製作に挑む。ステンレスプレファブ配管製作に関して、熟練工が手作業で製作していたが、ロボットを活用し、切断、開先加工、溶接を自動化し、検査をデジタル化する事で製造工程の高効率化を図り、ステンレス大口径溶接継手の新たな市場にチャレンジする。
AI搭載型搬送ロボット事業及びワクチン製造設備事業への参入当社は既存事業において、溶接ロボットの搬送システムや自動化システムの新製品開発に伴う試作機の設計・政策等機械部品の加工を中心に行ってきた。しかし新型コロナウイルス感染症の影響により事業が行き詰まりを見せた為、今回AI搭載型搬送ロボット事業及びワクチン製造設備事業への新規参入を計画した。
ロボット及びIoT技術を活用した溶接工程の自動化による業態転換コロナ禍で、既存製品の需要の減少と、社員の出社制限で大幅に売上高が減少した。そこで、ファイバーレーザ溶接ロボット導入とIoT技術の活用で、新製品(精密部品)の生産を開始し、業態転換による事業の再構築を実施する。
高周波電気炉導入のよる、ロボット装置部品製造に向けた新分野事業展開多くの企業が生産性向上を求めていく流れの中で、省力・省人化によるコストダウンや、生産性向上、我が国の経済成長を牽引を担う産業用ロボット装置部品へ新規進出を図り業績の低迷を脱却する。
配膳ロボットとご飯ロボットによるオペレーション自動化事業当店はコロナ禍の影響で客数が減少し、さらに店内レイアウトが悪く業務が効率化できていない。このため、本事業で配膳ロボットとご飯ロボットを導入し、合わせてロボットと人の作業効率を上げるため店内を改装する。
先端デジタル技術関連商品(ロボット・AI・IoT)のレンタル「ウィズコロナ」「働き方改革」「第四次産業革命」「生産年齢人口減少」など、これから更に変化のスピードが早くなる時代に、柔軟に対応できる設備投資のカタチを追及する、先端デジタル技術関連商品のレンタル事業を展開する。
最新5軸加工機等導入によるロボットハンド製造体制構築当社は、自動車製造装置、半導体部品製造装置向けに治工具の加工製造を行っている。コロナの影響で、自動車業界は特に落ち込みが激しく、売上も悪い月で63%減少した。下請体質である状況下では、現状の打開が難しいと考えた為、事業再構築として、新たに引き合いがあるロボットハンドの製造に取り組みたいと考えている。ロボットハンドは従来機械装置では加工することが困難であり、本事業により5軸加工を実施する計画である
産業用ロボット向け部品等加工の生産能力獲得による新分野展開当社は、工場設備業界半導体業界に対して筐体等の部品供給をしている事業者である。コロナウィルスの影響により工場設備業界は設備投資を控えたため当社の売上も40%弱ダウンした。そこで他業界に営業をしたところ産業用ロボット業界から引き合いを得た。産業用ロボット部品では当社ができない小径加工を要請されている。本事業ではマシニングセンタとCAD/CAMを導入することでこちらの対応が可能とする取り組みである。
アーム型ロボットを利用した自動販売機(無人カフェ)の開発、販売による業種転換これまで培ってきたソフトウェア開発やアプリ開発、ロボットシステムインテグレータとしての技術、また、運営しているレストランでのノウハウを活かし、ロボットを利用した調理が可能な自動販売機(無人カフェ)の開発と、その装置の販売を行う。
精密機械加工技術を活かし、部品加工から組立まで一貫生産した産業ロボットアーム等のユニット受注計画新型コロナウイルス感染拡大の影響で自動車関連の受注が下がったため、堅調に需要が伸びている分野である産業ロボット分野に当社得意の精密機械技術を活かして、部品単品ではなく、ユニットでの受注を図る。そのために技術力・知応力を強化し、部品加工から組立まで一貫生産できる体制を構築し、産業ロボットアーム等の受注を目指す。
設備導入と自社技術開発による産業用ロボット部品への新分野展開事業本事業は、産業用モータ部品を主力とした既存事業から、CNC複合加工機の設備導入と自社技術開発により生産性向上を図り、産業用ロボット部品製造への新規分野展開を目指す事業再構築事業です。
小型ロボットを用いた省スペース射出成形システムによる新分野展開超小型卓上成形機と小型ロボットアームで、卓上のインライン射出成形システムの提供をする。これは省スペースでの生産を提供し、さらに3密状態での生産を防止しウイルス感染拡大を防ぎ、企業の人手不足を解消する。
事業再構築のための、ロボットアーム産業新規参入事業現在、特定のエンドユーザーへの販売依存度が高く、コロナ渦において当社の事業リスクが高まっている。  そこでロボットアーム関節部品の製造を行い、成長産業であるロボットアーム産業に新規参入する。
高度な動力伝達部品の24時間新製造ライン構築!ロボット産業へ貢献36年間に渡り印刷機械部品製造に携わって来たが、従来単一企業で製造困難であった動力伝達部品の業界初の24時間無人新製造ライン構築により、ロボット産業部品サプライヤーに転換する
次世代産業用ロボット業界への参入次世代産業用ヒューマノイドロボット業界に参入し、難易度が高く高付加価値である部品の生産に挑む。ビジネスとして取り組む一方で、参入により問題となっている労働力不足についてヒントを得たい考えである。
ロボットプログラミング教室「ロボ団」の運営に関する事業計画国内外に100教室以上を展開している、年長・小学生を対象としたロボットプログラミング教室「ロボ団」の運営。「ロボ団フランチャイズ単独型」を通じた開校を計画している。
加工難度の高い医療機器部品、ロボット部品の製造へ新分野展開アミューズメント機器部品、自動車部品などを製造していた当社は、新たに加工難度の高い医療機器部品、ロボット部品を製造するために、高精度・高性能の設備とIoTを導入して新規受注を可能とし、稼働率向上を図ります。
新型コロナ対策完備の個室型ロボットレストランへの大胆な業態転換新型コロナの影響で既存飲食事業売上が減少し、新顧客開拓と個室需要対応が課題。ドリンカーロボットと遠隔注文システムを開発・連動させ、多様なメニュー構成の個室型・省人型ロボットレストランを新たに展開する。
新事業ロボット産業への参入と事業拡大当社で初めて5軸制御マシニングセンタを導入し、独自の加工刃具・加工治具技術を活用することで、従来比で一桁精度の高い部品を安定生産する。成長が見込めるロボット産業等の新市場を開拓し、高精度部品を提供することで事業再構築に結び付ける。
無人化を目指した搬送ロボットによる医療機器製品の新たな加工システムの構築コロナ禍で顕在化した当社製品の受注減リスクに対応するため、実績のある歯科診療分野での新たな製品の製造に注力する。  無人化を目指した搬送ロボット加工システムを構築し、接触リスク軽減と大幅な生産性向上を図り、当社の新たな事業の柱とする。
飲食店向け盛り付けロボット装置等の売上減を脱するための、特殊車輌等頑強な部品製造への新展開事業当社は主要取引先より、主に飲食店向けの盛り付けロボット装置等の加工を行っており、コロナ禍の影響によって売上が大幅に減少している。このような状況の中で、当社では技術的に対応が難しい特殊車両部品について引き合いをもらっているため、設備投資を行うことで、新たな技術を取り入れ新分野展開を狙う。
最新式5軸マシニングセンタと現有バルブ加工技術を活用した災害用ロボット需要獲得事業感染症の影響を受け既存事業の建築需要が低迷。5軸制御マシニング導入とバルブ加工技術を複合的に活用する事で難削材の高精度加工体制を構築し、事業継続のため需要伸長が見込める災害ロボット需要を取り込む大胆な新分野展開を図る。
AIを活用した「シーツ自動投入ロボット」による省力化と生産性 向上プロジェクト洗濯後の形状の定まらないシーツの一辺(エッジ)を機械が認識、ハンドリングすることが難しい。 3DカメラとAIを組み合わせることでシーツの一辺を認識し、ロボットハンドにハンドリングさせ、クランプにセットさせる。
ロボット搭載可能な超音波複合振動小型研磨/研削システムの開発近年急激に設備台数が増大しているロボットに搭載可能な小型複合振動超音波加工ユニットを開発する。デジタルデータ及びロボットを活用し、減少する職人からの代替が困難であった最終研磨工程のDX促進を提案する。
部品加工業から、ロボットSIer業への進出のためのロボットセンター開設労働力不足が顕著であり、ロボットシステム導入ニーズが高まっている。そこで千葉県内唯一となるロボットセンターを開設する。ロボットの展示・商談、テスト加工、ロボット技術者育成等を行う拠点とし、ロボットシステムの売上拡大を狙う。
ロボット溶接機を導入し、自動車メーカー等の板金部品のOEM量産体制を構築当社は板金加工業界の需給調整弁になっており、業績が景気の波の影響を受けやすい。ロボット溶接機を導入して、溶接など板金(鋼材切り出し/曲げ工程)以外の工程を組み合わせた量産工程を構築し、コロナ禍であっても堅調なメーカーのOEM生産工程を担う。
FA・ロボットシステムインテグレーション事業の確立とロボットラボ開設コロナ禍による売り上げ減少を機に、ものづくり中小企業の人手不足や、生産性の向上を支援するロボットシステムインテグレーター事業を新たに立ち上げ(ロボットラボ開設)総売上高の10%以上を目指す。
独自加工技術が活かせる産業用ロボット部品専用ラインの構築新たに産業用ロボット部品専用の製造ラインを構築し、産業用ロボット等で需要が急増している旋回軸受の軽量化・薄肉化を実現させる。さらに、競争力を高めるためには確立した技術やノウハウはデジタル化・標準化させ、コスト低減に向けた作業効率の向上を実現させ、新たな顧客開拓につなげる。
保育園におけるAI搭載コミュニケーション保育ロボットの活用保育園において、日常業務に追われている保育士は、保護者との会話時間を十分に取ることができないことがあります。コミュニケーションを手助けするロボットを開発・導入することで、子ども保護者との信頼関係構築を目指します。
特許技術を活用した清掃用水中ロボットの製造業から特殊清掃サービス業への業種転換特許技術を活用し、自走吸着ロボットの研究・開発企業から量産メーカー、更には同機を使用した清掃業への業種転換することで、事業再構築を図りキャッシュフローの改善及び従業員の雇用を維持する。
ポストコロナで必要とされるロボット部品製造による新分野展開ポストコロナの経済における非接触ニーズから、スマート工場やロボットの需要が増えている。当社はスマート工場用ロボットアームの生産体制を構築することで新分野展開を図り、既存事業だけに依存しない事業基盤を確立する。
食品業界向けFA・ロボットシステムソリューション食品業界の主に中小企業向けのピッキングロボットと、食材の所定間搬送用の自動搬送ロボットに、オンライン保守サービス機能をつけ、コストパフォーマンスの高いカスタム定額課金で提供する再構築事業である。
「電子機器組立工程ロボットシステム」開発による日本の生産性改革事業途上国への水平分業による「ものづくり基盤低下」「地政学リスク」「リードタイム増大」の課題に対し、工場作業者の視覚・触覚・学習能力を代替するロボットシステム開発によるメーカーの自国生産回帰を推進する事業
溶接工程のロボット化による大組溶接案件対応への業態転換事業コロナウイルスによる地方経済の停滞によって、地方の建築物件の受注減となる状況下で、ネックとなっていた溶接工程の自動化によって、高層ビル等向けの大型化する鉄骨柱の大組加工対応への強化を図る。これによる同業者からの受注も新たに受け入れ、自社の販路拡大を図る。
業界最先端!研磨作業のロボット化による医療機器部品等への取組みと業態転換計画金属食器・自動車関連の部品の研磨業もコロナの影響で大きな被害を受けている。職人の高齢化・人手不足で研磨技術の衰退も危惧される中、業界において革新的な研磨作業のロボット化を実現し、新たに医療機器部品の研磨を自動化するとともに、燕市を代表する研磨技術の継承と発展を目指す。
当社のIoT技術と新設備導入の組み合わせによる多品種小ロット生産におけるロボット化・自動化製造ラインの構築と電気自動車業当社が長岡市と異業種企業との連携で構築したIoT技術と加工・運搬・測定の各種新設備を組み合わせる。多品種小ロット生産においては画期的ともいえるロボット化・自動化製造ラインを構築し、高品質・高効率・高生産性の製造体制を創る。今後急速な市場拡大が見込める電気自動車関連の生産設備装置部品の市場開拓を狙う。
産業用工具からキャンプ用工具市場への進出のためのロボット・DX等の導入コロナによる既存事業「自動車向け等の産業用工具」の売上減を補うため、新規にロボット・研磨装置、燕三条地域でのクラウド情報共有システムを導入し、今後成長が見込まれる「一般消費者向けキャンプ用工具市場」への新製品の製造・販売を始める。
特殊ロボット製造分野への進出当社はオーダーメイドの産業用機械の開発・製造を行っている。コロナ禍の影響により、設備投資需要の減少等の影響を受けており既存のビジネスモデルからの脱却を図る。当社の特許技術を生かし新たに特殊ロボットの製造分野に進出する。
医療用ロボット部品製造分野への進出~日本の医療現場への手術支援ロボット普及を目指して~日本の医療現場への手術支援ロボット普及に貢献すべく、新たに手術支援ロボット部品の開発・製造を行う
AI機能を搭載したCNC装置の導入によるロボット産業への進出コロナ禍を背景に、これまでの建設機械部品の製造のみを行っていては事業継続が危ぶまれる状況となった。新たに最先端テクノロジーを駆使したCNC旋盤加工機を導入し、市場成長率の高い産業用ロボット部品の加工にシフトする。
コロナ禍の人手不足に対応する産業用ロボット関連での再構築事業コロナ禍の中で、海外人材の入国制限がかかる中、日本国内の労働力不足が懸念されます。当社主力のエンジン自動車関連も輸出制限がかかり、厳しい状況であることから、新たに産業用ロボット関連の分野に参入する事業計画案であります。
繊維機械部品量産から産業ロボット部品多品種少量生産体制再構築繊維機械部品の量産加工で他社にない設備と生産体制をもつが、新型コロナウィルスの影響で、顧客の海外販売が減少。拡大しつつある「1品1様」生産体制を拡大し、新たに大型部品の「1品1様」製品に進出する。
ベント式成形機と仕上げロボット連動による全自動検査レス成形システムの確立使用樹脂や製品形状によってランダムに発生する様々な成形不良のため後工程で全数検査や二次加工が強いられている。今回、それらの要因を源流で撲滅し得る特殊装置とロボットの連結で全数検査及び二次加工レスの全自動工程を確立する。
需要拡大する半導体向けロボット部品をテレワークで製作するための計画半導体製造装置部品では耐水・耐薬品性に優れるアルミ・ステンレス材への需要が高まっている。本事業では半導体向けアルミ・ステンレス製ロボットアーム部品を開発する新分野展開で、落ち込んだ売上のV字回復を目指す。
工具商から自動化を実現するロボットシステムインテグレーターへコロナウィルスの影響により当社主力の切削工具等のニーズは減少、一方で工場の自動化ニーズは大きく増加しました。この環境変化に対応するために、切削工具等の販売から自動化を提案するロボットソリューション事業を展開します。
『省力化機械×協働ロボット』装置の一貫した開発・設計・組立・導入事業への新分野展開 ~精密歯車の技術と経験を生かして~本事業では、今後拡大が見込まれる「省力化機械と協働ロボットを組み合わせた装置」市場への新分野展開に挑戦する。思い切った事業再構築を行うことで、新型コロナウイルス等による影響や社会経済の変化に対応可能な企業を目指す。
医療機関における単純作業ロボット化推進計画(セーブナースプロジェクト)医療従事者の負担を軽減させる為、医療従事者の単純作業をロボット化する事を目的とする。少子高齢化による人手不足や、コロナ禍における医療機関の労働環境の悪化に対応する医療用サービスロボットを開発する計画。
5軸複合加工機導入と顧客ファーストで積み重ねた技術力を活用したロボット需要獲得による事業再構築感染症の影響で航空機の新規投資が急降下。最新5軸複合機導入と日本有数の熟練金属加工技術を活用した高精度多面加工体制を構築し、低迷を極める航空機部品製造からロボット業界進出へと大胆な事業の再構築を行う。
半導体関連部品への依存体質から特殊ロボット関連部品への新分野展開半導体関連部品への依存体質から災害対応ロボットや水中探査機、インフラ点検ロボットなど特殊ロボット関連部品への新分野展開を図る。その構成部品の加工に不可欠となる5軸マシニングセンタを導入してその技術を習得する事により、経営を安定化させると同時に、地域の精密加工業の振興と社会貢献にも寄与する。
ロボットベンダー導入によるプラスチック容器射出成型機事業への進出ロボットベンダー導入によって電装部品・操作パネル部品の多品種・中量生産体制を構築し、短納期対応と外観品質を売りに、今後さらなる成長が見込めるプラスチック容器射出成型機事業に進出する。
航空部品製造技術を活かした新規医療ロボット部品分野への参入と量産体制構築当社のメインであった航空機部品産業の低迷が続いている中、今後も好調な伸びが見込まれる新規医療ロボット部品の製造に参入し、当社の主力として成長させるため、加工設備、機械設備を導入して生産体制の構築と工場改修を行う。
工程集約による少量多品種体制構築によりロボット産業への参入を目指す当社が今まで培ってきた強みと導入設備の最先端デジタル技術を活かして工程集約による少量多品種体制を構築し、ポストコロナに向けて省人化・非接触の観点からニーズが高まるウエハ搬送ロボット産業への参入をめざす計画。
精密技術を活かし、浜松進出!新市場大型部品・ロボット事業に挑戦「新型コロナ」の影響受け主力の光学関連市場は縮小基調に拍車、航空機関連は受注激減の状況下、高精度技術の底力を持って、新たに高精度大型加工を伴うロボット関連市場をターゲットとし新天地浜松で事業に挑む。
給食センターにおけるロボット化による職場環境改善給食センターの洗浄工場は、悪臭・水漏れ・高温で、3Kの職場である。これを解決するため、例えば食洗器と乾燥機間で、人手による食器の移し替えという単純作業をロボット化して職場環境を良好にするものである。
全自動ロボットラッピング機導入による新分野への参入を図る新築注文住宅着工戸数が年々減少している中で新型コロナウイルスの影響を受け売上が大きく減少しており、この状態では企業維持にも大きな影響がでるため思い切った事業再構築を行う必要性がある。新分野参入を図るために全自動ロボットラッピング機を導入し、新たな市場と新たな生産ラインを構築し、他社との差別化を図り、新しいビジネスモデルを展開していく。
最新のマシニングセンタ導入によるロボット産業への進出従前の自動車部品産業における金型製作事業は継続しつつ、新たな収益源としてロボット産業への進出を図る。最新のマシニングセンタ導入により、高精度加工と製造工程の効率化を実現し、付加価値額の向上と新分野展開を図る。
産業ロボット用高精度大型部品の量産体制整備による事業再構築当社は自動車関連部品の加工が主な業務だが、高い平坦度が求められる部品は小型の試作品か少量品しか対応できない。当社の超高精度加工に興味を持った企業よりロボット用大型部品の量産の打診があったため、当社の特殊治具と高精度大型設備を組み合わせた製造方法により、大型部品の量産に力を入れ、事業再構築を図る。
ヘッドランプ開発依存の脱却と、次世代ロボット市場への新分野展開自動車ヘッドランプの試作品開発事業が今般の新型コロナウィルスによって完全再開の目途が立たない中、今般当社の有する先端的な成形ノウハウを活かして新たに自動配送ロボット開発事業へ新分野展開を図るもの。
ヘッドランプ開発依存の脱却と、次世代ロボット市場への新分野展開自動車ヘッドランプの試作品開発事業が今般の新型コロナウィルスによって完全再開の目途が立たない中、今般当社の有する先端的な金型加工ノウハウを活かして新たに自動配送ロボット開発事業へ新分野展開を図るもの。
最新式門型マシニングセンタと現有複合加工技術を活用した産業用ロボット需要獲得事業新型コロナ感染症の影響で既存事業の建築機械需要が低迷。最新式門型マシニングセンタ導入により高精度一貫製作体制を構築し、事業継続の為に需要伸長が見込める産業用ロボット分野に進出する大胆な新分野展開である。
教育設備を導入した機械・ロボットプログラミング事業現在、コロナの影響で売上が減少しており、またアメリカでの受注も全く受けることができない。顧客のニーズに合わせてプログラミングしたロボットの設計・製造から配線工事を含めた据付設置工事を行う新規事業を立ち上げ、当社の競争力強化を目指す。
プレス周辺機器メンテナンス業から産業用ロボット部品製造への新分野展開当社は、プレス周辺機器であるブランキングパイラー集積装置の設計からメンテナンスを行うサービス業である。今般、新規顧客要望に応えるために加工設備を新規導入し産業用ロボット分野の部品製造を行う製造業への新分野展開を進め事業再構築を進める計画としている。
溶接加工分野から切削加工分野へ乗り出し産業用ロボット向け新製品を生産する新分野展開当社は、チタン等の特殊素材に対する溶接加工技術を強みに火力発電所向け部品を製造する製造業である。コロナ禍の影響により顧客分野の需要が減少し受注減少に見舞われている。そこで新分野展開として新規導入する5面加工機を駆使して精密切削加工を必要とする産業用ロボット向け新製品を製造、販売し、収益力の向上と成長分野への新市場展開を進める。
ロボットミキシングシステム周辺機開発およびスクリュー羽根販売への新規参入最新レーザー加工機の導入を通じた切断工程の効率化により、加工精度の向上と生産リードタイムの短縮化を達成することで、ロボットミキシングシステム開発やスクリュー羽根販売などの新たな分野に展開し、売上のV字回復を図る。
ボール減速機からトロコイド減速機へのシフトによる産業用ロボット市場への参入市場ニーズに合わなくなったボール減速機事業を縮小し、新たに大型トロコイド減速機を開発することで事業を再構築し、今後も伸びが期待できる産業用ロボット市場へ参入する。
5軸マシニングセンタを使った産業用ロボット部品量産化事業新型コロナウイルスの影響でフィンテック化が加速し、ATM用部品の受注が低迷している。一方、人出作業のリスク顕在化でロボットによる自動化の加速が予想される。そこで、新規設備を導入し、産業用ロボット部品の量産化事業を立ち上げ、事業構成を再構築する。
市場の変化に対応する為、独自の産業廃棄物自動選別システムを応用し、農業ロボット分野に挑戦するコロナウイルスの影響をうけ当社の業績が低迷する中、当社独自の産業廃棄物自動選別システムの技術を活用した農業ロボットを生産する為に新工場を建設し、近年注目が高まっているスマート農業市場に挑戦する。
アルミの複雑形状加工技術と新工場建設でロボット業界へ進出工場を拡大移転し、高精度切削加工機とCADCAMで、難易度の高い高付加価値のアルミの複雑形状加工に取り組み、蓄積した経験と若い力で成長分野であるロボット業界へ進出する。
難削材の加工技術を活かした燃料電池分野とロボット分野への新分野展開当社は、火力発電所や原子力発電所向けの計測機器など難削材部品を生産している金属加工業である。新分野展開として、成長が見込める燃料電池分野とロボット分野の部品加工を新製品として製造しつつ、受注引き合いのあるこれらの新市場開拓を進めていく。
高精度微細加工機及び恒温室の導入によるロボット部品用金型分野への進出高精度微細加工機及び恒温室を導入し、「非対面・非接触」ニーズへの対応等によって成長が見込まれるロボット市場へ進出する。ウェザーストリップ用金型分野で培ったノウハウを活かして差別化を図り、当社の事業再構築を図る.
知能化ロボット「ロボミル」の事業展開とデジタル技術者の育成従来の産業用ロボットではなく、「自らの過去データを蓄積し、自ら学び判断し、自らの行動を補正する」知能化ロボット市場はより伸長が期待できる成長性が高い分野である。当社が取り扱う「ロボミル」は前述の能力を備えており、かつロボミル導入企業に対してデジタル技術者を育成することは、日本の製造業の省力化と生産性向上、DX化に大きく寄与する事業である。
金型製造の加工技術を活かしたリバースエンジニアリングサービスによるロボット市場への参入当社は自動車部品金型を製造している。コロナ禍での不況、自動車分野の事業でも、その影響度は大きく、中小企業にとって致命的なダメージになりかねない経営リスクを感じた。その中で、FA用ロボットの成長は著しいが、課題はFAロボットのアーム部の摩耗劣化がある。その課題を解決する為にFAロボット事業におけるリバースエンジニアリングの加工技術によるFAロボット市場の部品再生(レストア)部門への参入を決意した。
ロボット分野進出のための新製造技術の確立とDX化の取り組み当社の強みである樹脂切削加工技術を活かして、新分野である医療ロボット・産業用ロボット・小型電動航空機の分野に進出し、付加価値の高いビジネスモデルの構築を図ります。  複雑形状でありながら短時間での製造を実現する3Dプリンタと強みとしている切削技術を最大限に活かす5軸マシニングセンタを組み合わせた、新しい製造方法を開発します。
溶接部門をロボット化した生産力向上による新分野への新規展開コロナ禍で既存柱事業の売上が減少する中、大手衛生用品製造会社より新製品納入の打診があった。量産化のボトルネックとなる溶接部門の生産力を向上させ、要求品質・数量に応えられる生産体制を構築し、新分野展開の契機とする。
錠前部品製造業が新たにロボット産業部品製造に着手する事業計画錠前部品製造業者が、業界全体の業績不振の中新たな設備導入を行い、近年需要の高まるロボット産業で使用されるFA用部品の製造に新たに着手し、新分野展開により売上拡大を計画する再構築事業
工作機械業界依存体質からの脱却、ギア部品の加工でロボット業界への新規分野参入既存主要顧客の工作機械業界は好不況の波が激しく、その影響で経営の危機に直面した経験から今後成長し安定が見込める新規分野のロボット市場にギア加工技術とDXを活用した営業で参入し経営の安定化を目指す
放射線被曝減少と手術高速化を両立させる小型医療用手術ロボットの製造事業CTガイド下生検術時における医療従事者の放射線被曝を防ぎつつ、CT経由で体内の腫瘍位置を自動で認識して穿刺することで手術の高速化を実現する医療用手術ロボット・マニピュレータ・デバイスの開発及び販売を実現する。
レーザ・ロボット溶接の加工技術を活用した防災対策新商品の開発「防災インフラ・過疎地整備対策となるのり面階段」を新たな製品とし、「公共土木・地域整備における完成品需要」という新たな市場で事業展開する。完成品事業拡大の事業再構築により経営安定と地域貢献を実現する。
ロボット部品加工及びティーチング事業の新規確立によるロボットSIer機能強化ロボットSIerとして日本のロボット技術の発展に寄与するため、当社自体がシミュレーション営業、ロボット部品加工及びティーチングまで事業領域を拡大することで、トータルソリューションを可能とし、ロボットメーカーとの協業体制をより強固なものにする。
ロボットアーム搭載の最新設備導入による水素エネルギー業界への新規参入計画当社は新型コロナウイルスの影響により減少した切削工具用加工部品の売上を補填するための新たな取組として、最新設備の導入と特殊鋼加工技術を組合せ、「水素エネルギー業界」への新規参入を目指す。
人が中心の多品種少量生産からロボット中心の大量生産への業態転換多品種少量・アルミ専門・短納期に特化して人が中心の製造をしてきた当社が、コロナ不況の厳しい環境の中、新たにロボット中心の消耗品の大量生産に業態転換し、5年間の事業計画終了時点で消耗品の大量生産の売上高が総売上高の10%以上になる計画を策定している。
食品工場向けオーダーメイドロボット開発工場海外案件の売上構成比率が高まっていたが、コロナ禍により、渡航することが困難となり、経営戦略を見直さざるを得なくなった。改めて国内の市場へ目を向け、これまでの知見を生かし、ロボットメーカーとして事業を行うことを決めた。
溶接ロボットの導入による「デジタルサイネージ業界」への新規参入事業当社は新型コロナウイルスの影響により減少した公共施設向けや海外向けの工事に関する資材の売上を補填するための新たな取組みとして、最新設備(ロボット溶接機)の導入と独自の製缶技術を組合せ、「デジタルサイネージ業界」への新規参入を目指す。「デジタル看板フレーム」などの電子公告や電子掲示板を構成するフレーム制作を行う。
ロボット溶接機の導入と新鋼材活用による狭小高層物件への対応力強化の取組近年増加する狭小高層建築物では新鋼材の活用が求められる。繊細な溶接を要す新鋼材は手作業溶接では品質にバラ付きが生じる。ロボットシステムを導入し溶接自動化を進め、原価抑制と高品位加工の両立により顧客要求に応える。
ファイバーレーザーロボット溶接機導入による新分野への進出ファイバーレーザー溶接機導入により、量産対応が難しかった製品の量産化を可能にし、新分野への進出を可能にする事業である。
高精度加工技術の活用による医療用ロボット部品等の製造による新分野展開医療用ロボットの需要はコロナ禍において急拡大している。当社の強みである高精度切削加工技術を生かし、高精度が要求される医療用ロボット部品による新分野展開を図ることで競争優位性を確保する。
協働ロボットシステムのまるごとサブスクリプションサービス協働ロボットのシステム導入から教育までを包括した月額定額課金サービスを、人手不足に課題を持つ中小企業の製造現場に展開。継続して安定した収益を得る事業を構築すると共に、ロボット業界の構造的問題を解決して普及を促す。
大型特殊金属材料の高精度切削による産業用機械・ロボット・エネルギー機器への製品加工事業への展開脱ガソリン車時代に向けてエンジン部品向け金型製造から次世代の成長産業に向けた部品製造事業へ新分野展開を図ります。当社の強みである大型加工品の高精度切削技術を応用し、高耐食ステンレス鋼などの特殊材料の切削による製品加工技術を確立し新市場へ展開します。
自動車スターターモーターへの防水コーキング塗布のロボット化による新事業展開オフロードを走るピックアップトラックの安全性を高めるために、スターターモーターの勘合部隙間の防水コーキングを、ロボットを使って、安全で効率よく行う事業計画です。
金属加工高度化による多角化戦略として医療機器及び産業用ロボット業界へ挑戦当社は通貨処理機等の部品を製造しており、新型コロナウイルスの影響で売上が減少している。本事業で先端設備を導入し、需要拡大が見込める医療機器及び産業用ロボットの精密板金加工に参入する。雇用創出等地域経済に貢献し、付加価値額5年合計4.9億円を実現する。
建設機械及び自動車関連で培った切削加工技術を応用したロボットコア部品(駆動部品及び構造部品)への参入自動車・建設機械・航空機関連の部品で培った切削加工技術を活かして、事業拡大しているロボット産業のロボットコア部品(駆動系及び構造部品)への参入を行なう事業拡大していく。加工については大型構造部品はM&Aを含む技術導入、駆動系部品は既存工場の新設備導入により安定供給体制を構築する。
金属加工高度化による多角化戦略として産業用ロボット業界へ挑戦既存事業の業績が新型コロナウイルスの影響により悪化したため、新事業として半導体・医療向け産業用ロボット分野へ進出して事業の再構築を図る。多角化戦略により雇用創出や地域経済の発展に寄与し、5年間で付加価値総額15億円を達成する。
最新NC旋盤と協働ロボット導入による洋上風力発電部品加工の構築最新NC旋盤と協働ロボットを導入し今後の需要拡大が見込まれる洋上風力発電関連部品の加工に新規参入。生産性の向上と従業員の負担軽減を実現し、売上規模の拡大と経営基盤の強化を図る。
鉄骨柱大組立溶接ロボット導入による水素ガス製造プラントへの新分野展開今後、低迷するホテル、コンビニ関連の鉄骨製造を縮小し、鉄骨柱大組立2アーク溶接ロボットシステム導入により、現在製造している鉄骨より大型かつ複雑形状である水素ガス製造プラントの鉄骨製造への新分野展開を図る。
産業用ロボット部品製造への新分野展開による事業再構築の実現当社の“強み”である開発設計から金型製作、製品加工までを一貫して行える生産体制を活かして「産業用ロボット」関連製品製造へと取り組み、「新分野展開」を実現することによって新たな事業の柱の確立、当社事業の再構築を目指します。
ロボット研磨工程導入による高付加価値プロペラの受注体制構築高付加価値なプロペラ製作の受注に向け、研磨工程の高精度化・短納期化・低コスト化が課題である。ロボットを導入し研磨工程の自動化・内製化をすることで高品質・高効率な生産体制の確立を行い、生産性向上を図る。
自動車用接着剤塗布ロボット設備事業への展開従来事業のコロナ海外リスクを鑑み、繊維市場向けギヤポンプを、CO2削減・軽量化に向け接着剤塗布工程改善ニーズが高まる自動車市場用塗布装置として最適化し、更にロボットと一体化した塗布設備として展開する。
産業用ロボット事業参入のためのワンストップ生産システムの構築強みである電子回路設計・開発を活かし中小企業でニーズのある産業用ロボット事業へ参入する。オーダーメイドで多品種対応とワンストップ対応を行うため高精度な板金加工機を導入し新たな生産システムを構築する。
溶接ロボットを活用した精密板金加工による新製品提供の実現事業再構築のための思い切った取組として、新たな製造技術の確立により、今後の人々の生活を変えることが見込まれるリニア車両部品の製造を可能とします。
金属加工の高度化による多角化戦略として、介護医療機器分野へ参入する為に「ファイバーレーザ溶接ロボット」を導入する計画新型コロナウイルスの影響により既存事業である自動車関連の部品製造事業が低迷した。先端設備を導入し、新たに成長産業である介護・医療関連の部品製造事業に着手することで、雇用創出及び地域経済の発展に貢献して付加価値額5年合計15億円を実現する。
新製品開発(グラインデッドベベルギヤ)によるロボット業界への新規参入ロボット業界向けに、新製品(グラインデッドベベルギヤ)の製造・販売を行う。グラインデッドベベルギヤとはスパイラルベベルギヤ(曲歯傘歯車)に高精度歯面研削加工を施した製品である。当社主軸事業(船体ブロック製造)の造船業界は、コロナを契機とし先行きが不透明になっている。当取り組みでは、成長産業であるロボット産業メーカー向けに、当社の強みである歯車加工技術を活かした当新製品の技術開発を行う。
協働ロボットの開発・製造と新規市場の開拓に向けた新分野展開事業新型コロナ禍による受注量減少への対応策として、新たな事業領域を模索する中、新分野展開による事業再構築に辿り着き、コロナ禍でも需要が期待され、当社の強みが発揮できる協働ロボット開発事業計画の策定に至ったものである。
いちご自動収穫ロボットシステムの開発と早期市場投入FA(ファクトリーオートメーション)にて培ってきた制御技術を元に、農業分野の自動化に向けて平成30年から基礎研究と試作を行っている「いちご自動収穫ロボットシステム」の実稼働実証機の製作と実証試験用設備を整え、農業用装置販売事業を本格的に行います。
医療用ロボットメーカーへ高品質部品を供給する新分野事業への進出当社のロボット関連部品で培った技術力と医療分野の人脈を活用して医療ロボット部品が受注・生産できる一貫生産体制を構築し、医療ロボット部品(8×4軸+6軸アーム)分野に進出することにより、売上・利益を拡大する。
バルブ製作の加工技術を活かした産業ロボット部品製造への新分野展開特殊バルブの製造や販売中止部品の再製造などに強みを持つ当社は、コロナ禍による受注減少に対応するため、産業ロボット部品製造という新分野に事業を展開、当社の強みを活用し販路を開拓、事業拡大を図る。
精密角物加工体制構築によるロボット等部品加工への新分野展開当社は、熱間鍛造の強みをもつボルト製造メーカーである。鉄道、建設関連が主な得意先の業界であったが、新型コロナの影響で25%の売上減少が発生している。かねてより、ボルト以外の新分野への展開を模索していたが、懸命の営業展開から、ロボット製造部品の引き合いを得た。当社が取り組んだことがない角物の加工だが、新設備とクリーンルームの導入により、精密角物加工体制の構築と新分野への展開を図る。
産業用ロボットの設計加工技術を活用し医療機器製造にチャレンジ産業用ロボット等の生産において「一貫生産」「自動化」などを武器に成長してきた当社は、その強みを活用して医療業界への進出を狙う。現在の加工設備では、参入にあたり不足する精度や機能の課題を新たな設備導入で解決し、既存チャンネルを通して販路を拡大する。
テイクアウトとロボットによる、三密回避+非接触型店舗への転換イートイン型⾷堂での三密と、産直対⾯販売での接触機会という課題に対し、解決策としてテイクアウト型レストランへの転換とロボットを活⽤した産直販売オンライン対応を実施、安心安全エンタメ性を訴求し集客を図る

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社ではロボット事業だけではなく、様々な業種の事業再構築補助金採択実績があります。まずはぜひ、お気軽にご相談ください。

詳細は下記のページから

関連記事