事業再構築補助金

「リサイクル」事業の採択事例(事業再構築補助金)

「リサイクル」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「リサイクル」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

モノが溢れている現代において、リサイクル事業は環境負荷を減らすことに非常に有効だと考えられています。

使わなくなったモノ・使えなくなったモノを一度溶かすなどの工程を経て、新たな製品として再び私たちの暮らしに役立つものとなる。

このような好循環が永続的に続くよう国としても積極的に取り組むことで、環境負荷が少しでも軽減できればいいですね。

これから、「リサイクル」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
「SDGs」に挑戦!地場御影石石材業の端材活用リサイクル商品の開発と事業革新当店は、茨城県桜川市真壁地区で、産出された地場産業の指定を受けている御影石を活用した石材加工製造業を行っており、加工時に出る石材の端材については、燃やすこともできず、産廃等へ出している。本新規事業は、その端材に注目し、①自社加工端材の本格的リサイクル活用(御影石の砂利生産等)を図る。②他の石材店の端材処理を行う産廃業として受入と加工品販売を行う。
本業の自動車リサイクル事業を活かし、製造業へ転身新型コロナウイルスの影響により中古自動車の仕入れが難しい状況になっている。そのため、ディーゼル車の排気ガス浄化システムに使われる「尿素水溶液(アドブルー)」の製造販売事業を新たに開始し業種転換を図る。
解体工事から発生する廃木材をリサイクル利用する薪の製造及び販売事業住宅解体工事業を営んでいるところ、廃木材について費用をかけて処分しているが、良質な木材を破棄するのではなく、コロナ禍で需要のある「薪」を製造して販売する。なお、薪の製造において、解体工事のため保有する重機を活用することで既存資源を最大限利用する。
医療什器の長寿命化メンテサービスとリサイクルでコスト改善と環境負荷を軽減医療・介護用ベッド等什器を高温洗浄・殺菌による感染症も心配のないメンテナンスを開発し、什器寿命も延長。更に医療機関の更新需要を捉えたリサイクル新市場を開発。医療介護用什器のリサイクルで資源フル活用を実現させ、環境負荷軽減とコスト削減の両立を実現する。
機械により高精度分別をする金属リサイクル事業を新たに展開当社は自動車部品の精密加工を営んでいたが、コロナ禍で売上が大幅に減少。取引先の要請を受け、コロナ後に金属リサイクル事業を開始。本件にて機械を導入して高精度分別・加工事業を新たに開始して本格参入する。
金属リサイクル資源の回収・運搬事業を新たに展開し、国内製造業をサポート!外出自粛の影響等を受け、業績を急激に悪化させてしまった当社は、コロナ後に始めたリサイクル事業分野において、金属リサイクル回収事業を新たに展開することで、売上のV字回復を達成していきます。
「太陽光パネルリサイクルプラント」の新規開発と、それを用いた「リサイクル推進事業」「SDGs」への取り組み弊社の強みである開発技術力を活かして「太陽光パネルのリサイクルプラント」を開発、国内に向けて販売します。

同時に、リサイクルプラントを使用した「太陽光パネルの廃棄物処理業と再生太陽光パネルの販売」を開始します。

またコロナ下で急増している「EC物流センター」も開業いたします。

産業廃棄物からセメント原料へのリサイクル事業への挑戦を通じ循環型社会の形成を促進する事業リニアエコノミーを脱却しサーキュラーエコノミーへの抜本的に事業を再構築すべく大手セメント会社と連携し産業廃棄物からセメント原料を生成するリサイクル事業を計画する。本計画で年間44,400トンの産業廃棄物が最終処分されることなくセメント原料へ循環される。
飲⾷業から廃⾞や廃電⼦機器のリユース・リサイクル事業への転換弊社は既存スタッフ及び⼈材管理育成のノウハウと、代表である滝沢の板⾦加⼯業などの経験を活かし、弊社全てのリソースを集中させ「飲⾷店から廃⾞や廃電⼦機器のリユース・リサイクル事業への業種転換」を⾏う。
廃太陽光パネルのリサイクル事業既存事業は、メガソーラーの建設工事を展開している。2050年の脱炭素社会の実現に向け、太陽光の建設工事需要は引続き高い需要が見込まれているものの、コロナ禍でのサプライチェーン棄損により太陽光パネルの輸入が滞ったこと等により、コロナ前に比べて売上高が大幅に減少している。そのため、新たに廃太陽光パネルのリサイクル事業を始めることで収益基盤の強化を図り、事業再構築を目指すことを計画している。
飲食店経営から「解体工事×金属スクラップ×厨房機器リサイクル」複合業態への転換飲食店運営事業から、解体・金属スクラップ・厨房機器リサイクル業の複合業態の経営へ業態転換する。栃木県小山市において同複合業態工場を建てるための建設と内部設備、重機に投資する。
バイオマス、地域リサイクル材等を利用!パレットの製造販売事業プラスチック素材の原材料卸(相場に影響されやすい業界)であったが、容器包装リサイクル+バイオマスプラ・海洋プラを利用したパレットの委託製造及び販売を行う為、製品の製造に必要な金型の製作を行う。
プラ資源循環をリードするケミカルリサイクル向け産廃中間処理事業の始動本事業により「脱炭素・プラスチック資源循環」を起点とした新たなケミカルリサイクル向け中間処理事業を始動し、当社の産業廃棄物処理事業の再構築と新たな事業モデル構築を実現する。
貿易会社による持続可能な開発を目指すプラスチックリサイクル事業輸出貿易事業を営む当社が、新たに再生資源回収を行う新事業を立ち上げる。廃プラスチックを「洗浄」したのちに加工を行って輸出する同業者は国内において非常に少数であり、環境保護の面でも国内では革新的であり、「持続可能な開発目標」(SDGs)に貢献することができる。
マテリアル卸売・倉庫業からケミカルリサイクル製造加工業(再資源化)への新たな挑戦回収された廃プラスチックを破砕・ブレンダー配合を行うことにより、ケミカルリサイクルと高機能マテリアルリサイクルの技術開発と販売を行う事業
リサイクルパーツを活用した事故車の修理販売及び輸出事業コロナの影響により輸出事業の売上が減少。既存事業で蓄積したノウハウを基に、リサイクルパーツを活用した事故車の修理販売及び輸出事業に着手する。又、販売手法としてSCMによる管理体制をDXにより実現する。
ERCM(有機物減容装置)によるSDGsに対応した環境負荷低減型移動式電子リサイクルシステムの構築本計画はこれまで主にカーディーラーとして車両の買い取り、販売事業を営んでいた弊社が、コロナ禍の影響で売り上げが減少している中、移動型ERCM(有機物減容装置)を用いたリサイクルシステムを導入する事により事業体のコストカットと、リーシングによる収益化を図るものです。
日本が抱えるゴミ焼却問題を低減し、循環型社会の実現に貢献するリサイクル業へ新規展開弊社の経験や強みを活かして新たに混合ゴミ選別機械設備を導⼊し、既存事業ではターゲットにできなかった⼤型の商業施設やコンビニチェーン店舗に対するゴミ収集・リサイクル処分事業を新たに取り組み、ゴミ焼却問題の低減に貢献します。
次世代冷却技術によるリサイクルエネルギー発電装置の実用化挑戦事業外部発明家からレドックス・フロー熱電発電の特許実施権を取得し、「捨てられているエネルギー源を冷却して発電する」どこにもない新しい発電装置を開発するための場所と設備と人員を整備し、脱炭素社会実現に向けてのエネルギー革命を目指す事業。
新設備導入による火力発電所石炭灰リサイクル事業の再構築新設備導入により、リサイクル事業の生産性と作業効率向上。製造方法変更により製造能力や製品種類を増やしつつ、製造コストを抑える。これにより灰の受入量やリサイクル製品のKロックの販売を伸ばしていく所存です。
不法投棄問題と循環型社会に貢献する建設発生土リサイクル事業への進出本事業では、保有する未活用地に建設発生土リサイクル処理施設を設置し、廃棄物混じりの建設発生土の受け入れるリサイクル処理事業を展開する。また、それらを土砂と石に分別し、土砂は石灰等を混合した「改良土」としてリサイクル販売を行う。
インフラ整備・維持コスト低減化に資する高品質・低コストリサイクル上層路盤材生産体制の構築新たに最新ジョークラッシャーを導入することで、安定した25mm~40mmまでの1mm単位での狙い寸法以下の砕石を混合したリサイクル上層路盤材製造能力を得るとともに、その1単位製造に必要となる労働投入量の低減化による低コスト化、これによる、計画3年次高品質・低コストリサイクル上層路盤材売上構成比23.0%を達成する。
金属リサイクル業の強みを活かした金属成分分析業への新分野展開当社の強みと高精度蛍光X線分析計の能力を融合し、サプライチェーン円滑化を実現すると共に、非破壊検査業(金属成分分析)への展開を図ります。これにより、新しい収益の柱を確立し、経済社会の変化に対応します。
酒造残渣物からのマテリアルリサイクル事業の確立新分野事業として農業廃棄物からシリカやカーボンを選択的に抽出しカーボンニュートラルな工業用原料に再生するリサイクル事業を確立します。酒造原料の酒米から出る廃棄物のリサイクル技術を確立する事で、日本の農業の新たな環境ビジネスのモデルを提案します。
高品質・低コストリサイクル路床路盤材RC60砕石開発とその高効率生産体制の構築最大寸法直径40~60mm以下再生路盤材1単位製造に必要となるトータルコストの低減化、これによる低コスト化を達成し、計画3年次リサイクル路床路盤材売上構成比19.7%、計画5年次付加価値額伸張66.9%を達成し、福井県内建設土木業界、リサイクル業界における付加価値創出額拡大に寄与していく。
使用済みインクカートリッジ回収網を活用した小型家電リサイクル事業への新分野展開当社は使用済みインクカートリッジの回収・再生を行っており、「小型家電も一緒に回収して欲しい」との要望もあるが、当社の設備では対応できない。そこで粉砕機等の設備を導入し、小型家電リサイクル事業に進出することで、既存事業に依存しない事業基盤を確立する。
金属リサイクル事業による事業再構築コロナ禍において売上が激減し、経営状況が厳しい状態になった。コロナ後の復活に際し今後事業が拡大するリサイクル産業分野への新分野展開を最先端のDX技術をフルに活用した先進的なリサイクル事業により事業再構築を図り、CO2削減により社会貢献を図る。
半導体部品水平リサイクルのビジネスモデルによる新分野展開新型コロナウイルスの影響等を原因とする半導体部品不足により、生産活動の停滞が深刻化している。当社は半導体部品の水平リサイクル事業を展開し、この不足を解消するとともにSDGsの目標である資源の持続可能性を実現する。
建設発生土の再利用による土質改良土の製造・販売(建設発生土のリサイクル事業)建設残土をリサイクル可能な土質改良土に精製し、再販する事業である。使用済み残土をリサイクルすることで、建設業者が、良質で安価かつ循環型社会に貢献できる建設資材を購入できるようにする。
リサイクル固形燃料RPFの新分野展開で地域の単純焼却からの転換と脱炭素への挑戦地域では廃プラ、紙くずが単純焼却され、最終処分場の残余年数が残り3年となるなど、廃棄物の再資源化が喫緊の課題である。また、廃棄物滞留による処理費の高騰が、当社利益を圧縮している。そこで、RPF製造販売事業に新分野展開し、地域の廃棄物課題解決と自社業績回復の同時達成を目指す。
食品残渣物がカーボン素材に!触媒技術を活かしたマテリアルリサイクル事業毎日3t以上の食品残渣物が発生し、その処理費は年間3000万円超。触媒技術と炭素化装置で植物由来のカーボン素材にリサイクルし、炭素繊維やバイオコークスに再利用するための流通販売事業に再構築し、地球温暖化防止に貢献する事業。
リサイクル炭素繊維の販売並びに用途開発現状の賃加工から当社でリサイクルの炭素繊維の販売及び用途開発を大学やタイアップメーカーと共に行い新製品の開発を目指す。将来的に炭素繊維の需要は高まることからリサイクル品の増加も予想され

地球環境への負荷軽減にもつながる。今までの受動的な事業から当社が能動的に動ける事業体制へ転換を図る。

プラスチックリサイクルビジネスから金属リサイクルへの転換当社は、産業廃棄物からプラスチックを回収してペレット化して中国に輸出している。しかし、PET規制による障壁やコロナ禍等があり、苦境を打開する策として銅のリサイクルに着手する。
産業残土リサイクルシステムの確立による、土木資材メーカ-への転身当社の持つ粘土ブレンド能力と大型ダンプ輸送能力を活かした新事業として、「産業残土リサイクルシステム」を確立し、回収・処理事業を収益化する事とした。また、その成果として残土由来の高機能リサイクル土木資材を独自に開発し、サプライチェーンの断絶・資材不足に喘ぐ建設産業に対し、安定的な供給を行うこととする。
金属加工技術のレベルアップによる環境・リサイクル設備部品市場への新分野展開当社は製缶板金業を営んでいるが、従来の主要顧客分野の失注・受注減少等の影響を受けているため、新たに環境・リサイクル装置分野で求められる品質等の課題解決により金属加工技術のレベルアップに取り組み、事業の立て直しを図る。
電子リサイクルを用いたリサイクルシステムの総工・設置による解体事業の業務効率化本計画はこれまで主に解体業、及び収集運搬業が主な事業であった弊社が、コロナ禍の影響で売り上げ減少に対応するため、既存事業の体制を維持し、電子分解炉を用いた革新的なリサイクル業に参入するためのものである。
使用済み溶剤のリサイクル物流事業へ新分野展開三栄運輸株式会社では、地場中堅製造業を顧客に持つ運送業・倉庫業を経営している。コロナの影響を受け、全社の売上・利益ともに減少傾向にある。そこで、使用済み溶剤のリサイクル物流事業へ取り組む。
廃棄物分別の高度化・IT効率化によるペットボトルリサイクル社会の実現ペットボトルの分別事業をロボットやIT技術を用いて高度化・効率化することで再び食品用容器に使用できるPET再生素材を生産販売することを通じて、プラスチックごみや原料高問題を解決する社会を実現する。
リサイクルを促進できる飲食事業とランドリー事業への新分野展開コロナ禍の影響による売上激減の打開策として、近年人気の高まっているランドリー併設の飲食事業を開始する。既存事業で培った人脈とリサイクルのノウハウを活かし、新たな事業の柱を確立する。
SDG’sを促進する、業務用廃プラスチック国内リサイクル事業大型の業務用廃プラスチック製品の破砕・粉砕処理が可能な機器を導入設置し、従来は海外に輸出していたものを国内で処理・再資源化することで、産業用製品廃プラスチックリサイクルエコシステムを実現します
SDGs!総合リサイクルへの業種転換と強固な経営基盤づくりフリマアプリでは顕在化しにくい家庭に眠る不用品を既存事業で活用するロジスティック技術を用いて低コスト且つ効率的にリユース意識の高い消費者へ供給し、サスティナブルな社会の実現に貢献する。
家電リサイクルの店舗・EC事業進出で新たな販路展開人材派遣業とセールスプロモーション業のノウハウ・知識・経験豊富な人材を活かして、半導体不足による需要がある家電リサイクルの販売への新分野展開による新たな販路の開拓を実施する
水性塗装ブースと新冷媒ガスリサイクル機の導入により、環境と生産性に配慮した商用車専門整備事業者へ特化コロナ禍に加え原油価格高騰や半導体不足による新車供給の遅れのため、大きくダメージを受けている小規模事業者であるが、水性塗装ブースと新冷媒ガスリサイクル機の導入により、地域特性を生かして以前より取り組んでいた商用車整備に専門化・特化・集中することで、事業の再構築を達成する
SDGs、サステナブル消費に寄与する着物のリサイクル、リメイク事業計画これまで京都の老舗着物問屋の小売店として既存顧客および、成人式の袴レンタルを主たる事業としていたが、若い層からの着物人気が高まっていることや、コロナで断捨離による着物リメイクが急増していることを受け、着物を気軽に楽しめる店舗兼ショールームを開設し、「リサイクル」「リメイク」事業へ参入する。
軽くて高強度なマグネシウム合金普及促進のための合金屑リサイクルシステム構築カーボンニュートラルに資する軽量・高強度なマグネシウム合金の課題である切削屑を回収しリサイクルした製品の販売を行うとともにマグネシウム合金材料の受発注、相談、情報、技術指導等のソリューションを提供するワンストップサービス(「木ノ本伸線マグネシウム合金ポータルサイト」)の構築により利用を促進し事業化する。
SDGs・環境維持に貢献、都市鉱山を活用する産業廃棄物OA機器のリサイクル事業これまで収集運搬のみを行い他社に処分を依頼していた廃OA機器について、自社で解体・破砕・分別をすることにより、再利用可能なリサイクル資源として加工業者へ売却するというリサイクル事業を行う。
建設発生土のリサイクル事業への参入による事業再構築大阪市の行政方針の転換により、今まで埋立処分していた建設発生土を2022年度から建設業者自身で適切な処分先を見つけることとなった。そこで、弊社は、今後のニーズ増が確実な建設発生土のリサイクル事業へ参入し、これによりコロナ禍からのV字回復を図る。
解体・建築廃棄物リサイクル業進出による原油価格高騰リスク回避と基礎工事依存からの脱却コロナ禍でマンション新築工事急減と、原油価格高騰による建設資材価格高騰で収益性が急激に悪化している。老朽化した建築物・インフラや空き家の増加による解体工事需要に対応し、残土のリサイクルに取り組むことで収益性を改善し、地域経済や環境保全に貢献する。
太陽光パネルリサイクル及びリユース事業でサスティナブル社会に少子高齢化社会に伴い、右肩下がりとなる既存の産業廃棄物事業からの脱却を目指し、社会問題となってきている太陽光パネルリユース・リサイクル事業に取り組むことで循環型社会の構築並びに事業再構築を行う。
木型の回収リサイクル事業既存事業である木型製造事業が新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。弊社の市場はお土産や販促商品の作製であり又樹脂の箱などのお客様も廃業となり売り上げ減少になっている。ポストコロナ時代を踏まえ弊社としても新事業が急務であり弊社の作製している木型の回収リサイクルでお客様も喜ばれ感性症の影響を乗り越えV字回復を図る取り組みです。
SDGsに取り組もう!一般廃棄物の処理・リサイクル業への新分野展開当社は、主力事業の造園工事の1段階下流に事業領域を拡大して、新分野展開として植物性の一般廃棄物(剪定枝葉・幹・刈草など)の①処理②リサイクル品(ウッドチップ)の販売業を展開いたします。
不用品の回収からリユース・リサイクル事業不用品の回収・買取、生前・遺品整理を行い、仕入れた商品や遺品整理業者・引越し業者の抱えるリサイクル品を自社のオークションサイトで販売、解体を行い部品ごとに売却していく
出張破砕サービス開始による建設廃棄物リサイクル事業の業態転換弊社は、淡路島南部を拠点に総合建設業を営んでいる。コロナや物価高騰の悪影響を克服すべく、新たに自走式の破砕機を導入する事で出張破砕サービスを開始し、事業再構築を図る。
建設残土をリサイクルする残土処分場で循環型建設業へ変革残土処分場を開業し、残土受け入れにより収益を確保する。高騰する残土処分費の削減で利益率を高め、同業者のコスト削減にも寄与する。受入残土を建設用土としてリサイクルし、地域内で循環させ環境負荷軽減を図る。
廃棄される電子基板から金やレアメタルを抽出するリサイクル業への進出弊社は建築土木業を行っているが、コロナウイルスにより影響を受けている。新たに廃棄される各種業務用機器の電子基板を回収し、そこに含まれる希少金属(金、パラジウム)を抽出するリサイクル事業に進出する。
中播磨地区の建設副産物受入施設とリサイクル事業の開設中播磨地区での大型公共工事である「新ごみ施設建設」から出る建設発生土を受け入れる建設副産物受入施設の開設と発生土をリサイクルすることによって、地域の建設発生土処分に貢献して売上を回復させる取り組みである。
コンパクト残土リサイクルプラントによる残土リサイクル事業当社は兵庫県西播磨において長年主に一般住宅の基礎コンクリートの打設事業を請け負ってきた。しかしこのコロナ禍による不況とアメリカを発端とするウッドショックによる原価高騰により住宅建設市場は一気に縮小した。本事業において残土受け入れ・砕石・砂利の販売を行う残土リサイクルサービスを新たに開始し、事業再構築を図る。
解体工事後の再生砕石生産と販売による建材リサイクル事業コロナ感染による人流(物流)抑制に伴い、元請会社からの解体工事が中断となった脋威、また少子高齢化に伴う空き家(ビル)の解体ニーズの増加を機会と捉え、解体工事技術を活かし砕石リサイクル事業へ参入することで、収益の安定と循環型社会への一翼を担います。
産業廃棄物収集運搬業を行い、工事・解体からリサイクルまでの総合力を高める。当社は岡山県と鳥取県を中心に、土木工事事業・解体工事事業・リサイクル事業等を行っている。当社の経営課題は、コロナの影響(外部要因)を受け売上と営業利益が減少していること、さらにそれが継続する見込みが高い事である。前述3事業は各々が単独で事業を遂行しているため、シナジー効果が出ていない事は経営課題の大きな原因である(内部要因)。解決策は、本事業に取組むことで、事業全体のシナジー効果を出す事である。
プラスチック成形における自社完結型100%リサイクル工程の実現コロナ禍およびウクライナ危機の影響により受注の不安定さが増しプラスチック原材料が高騰する中、これまで廃棄されていたロス材を100%リサイクルし、かつ顧客要求に応える品質を実現するための工程を研究開発する。
建設残土埋立事業及び改良土リサイクル事業で循環型社会の実現へ建設残土受け入れ及び改良土のリサイクル事業は広島県内の課題解決及び他業種の多様化する顧客ニーズに対応することが出来る循環型社会貢献事業です。
廃棄光ケーブルのリサイクル事業化による収益向上従来廃棄光ケーブルを焼却・埋立処分している事業をリサイクル事業へ転換するため、高精度に分離破砕する装置を導入し、金属とプラスチックを分別回収することで、金属有価物販売及びプラスチック成型による商品化を行い収益向上を図る。
海運モーダルシフトを活用した小型廃家電リサイクル事業化計画JFE商事へ運搬していた小型廃家電について、現状は自社船舶を使用して運搬しているだけであったが、今後は自社リサイクル工場を新規開業し、「破砕」「選別」を行い、自社所有船舶での「運搬」業務を行なう。
後顧の憂いを断て!太陽光パネル再資源化に向けたリサイクル事業当社は新型コロナ禍による鉄・非鉄金属スクラップ等の相場の下落および取扱量減少に対する対策と地域における持続可能な循環社会の構築に向けて、新規事業として太陽光パネルのリサイクル事業を開始する事にした。
脱炭素社会に貢献する!リサイクル性の良い軽量素材の製造・販売カーボンニュートラル社会の実現に向けて、リサイクル性の良い軽量素材(CFRTP)を当社の独自技術により製造・販売することで、安定した収益基盤を築くと共に、既存事業との相乗効果にて事業再構築を図ります。
経済と環境の好循環を実現するための循環経済(サーキュラー・エコノミー)の実現に向けた建設残土のリサイクル事業当該地域で毎年発生する土砂災害で発生する砂を再利用して、経済と環境の好循環を実現する循環経済(サーキュラーエコノミー)実現の取組を行う。また地域に必要となるサービス提供を開始することを通じて、地域の経済成長を支援していくサイクルを構築できるため、当社だけではなく地域にとっても必要な事業となる。
建設混合廃棄物を石炭代替燃料にリサイクルする脱炭素プロセスの開発・構築コロナ感染症の影響で収益が悪化したが、国の脱炭素化を通じた新たな経済成長への施策を機会と捉えて、弊社課題であった混合廃棄物の分別に取り組み、脱炭素化への貢献を通じて業績回復を目指す。
子供たちに青い地球を残す!複合素材プラスチックリサイクル事業複合素材のプラスチックリサイクル事業へと進出することにより、グリーン成長戦略の課題解決に資する事業を先駆けて実施し他社との競争優位性を確立する。販路の拡大が期待され、事業の再構築が可能となる。
金属スクラップリサイクル事業の展開による循環型社会構築への貢献産業廃棄物の中間処理を行う当社が経営資源やノウハウを活用し、新たに「金属スクラップリサイクル事業」を展開する。商圏内に当該事業を両立している事業者がいないため、産廃処理・金属スクラップリサイクルのリーディングカンパニーとして、一貫対応によるバリュープロポジションを確立する。
地域初!最新式の現場移動型破砕処理にて完全循環リサイクル事業主力事業の建材運送が公共工事延期等でコロナの影響を受け売上が苦戦。補助事業で電動自走式クラッシャを導入し栗石の一次破砕完全自動化と製造販売、現場にて破砕工程にて災害復旧と完全循環リサイクル事業を行う。
泥に混ざり込んだ混合廃棄物を選別しリサイクルを行う事業への新分野展開主要取引先の事業縮小と経営環境が厳しくなっていく中、混合廃棄物から有価物を取り出す「混合廃棄物リサイクル事業」を新たに展開することで、収益の拡大を図っていく。
油化装置を利用したケミカルリサイクルによる事業再構築廃プラスチック・廃タイヤを油化により重油を製造する化学工業品製造業への新聞や展開を行なう計画。ケミカルリサイクルを行なうことで地域・環境へ貢献を行なうことが出来る化学工業製品分野へ進出を行ないます。
廃プラスチックのマテリアルリサイクルによる資源循環事業自社保有中間処理施設に設備導入し、廃プラスチックのマテリアルリサイクル(原材料としてリサイクル)する再生処理事業への転換により、資源の有効活用による排出抑制を促進し、「再生利用」による収益性の改善と、労働環境改善につなげる資源循環事業です。
リフォームからリサイクルへの挑戦 循環型社会事業コロナ禍により、道路舗装工事は遅延・延期となっているため、需要が増えているリフォーム工事業を新事業として実施します。リフォームに伴う産業廃棄物は既存の産廃部門にて対応することで相乗効果を図り売上高を伸ばしていきます。
リサイクル砕石の製造、販売へ進出事業転換により健全な経営状態を作り、リサイクル砕石を製造販売を通じて当社の資源、知識を活かし、循環型社会の形成の一環として、CO2削減に貢献し、国の定めるデジタル化への寄与すると共に、雇用維持、拡大に努める。
移動式破砕機の導入による土木・解体工事業者のリサイクル展開事業土木・解体工事業の当社は建設廃棄物からリサイクル材を作る革新的新分野展開のため、新たに移動式破砕機を導入する。工事現場でコンクリートガラと木くずを破砕し、粒度調整と金属異物除去を行い、高品質な再生路盤材と木チップを生産する。

既存事業との相乗効果で業績のV字回復を達成する。

圧縮固化設備の導入によるリサイクル固形燃料RPF製造への転換廃棄物処理業の当社は、廃プラスチック等の再処理委託からリサイクル固形燃料RPFの製造販売へ業態転換するため、新たに圧縮固化設備を導入し、既存の廃棄物処理ラインを改造・高度化する。廃プラ等に高付加価値をつけ、売上向上と処理委託費削減のダブル効果で業績のV字回復を達成する。
山形県初!太陽光パネルの100%リサイクル事業により、再資源化製品製造・販売新型コロナの影響で温泉施設の売上が落ち込んでいるため、新たに太陽光パネルのリサイクル事業に参入する。山形県初となる太陽光パネルの100%リサイクル事業であり、災害等で破損し、また設置後15年程度で発電効率が低下するものなどの廃棄される太陽光パネルを専門にリサイクルする。ガラス・アルミ等のリサイクル製品を製造・販売することで、新型コロナで落ち込んだ売上げを確保する。
『ソーラーパネルリサイクルプラットフォーム』の展開による環境DXの実現ソーラーパネルから排出される全ての部材を、適正な価格で、適正にリサイクル・最終処分を受けられる新たな仕組みとして、『ソーラーパネルリサイクルプラットフォーム』を構築し、使用済みパネルの大量廃棄問題(放置・不法投棄、最終処分場のひっ迫)の回避に貢献する。
建設廃材を中心とするリサイクル業への進出当社は土木工事業を主たる事業としているが、建設廃材等のリサイクル事業へ進出し競争力強化を図る。加えて太陽光パネルのリサイクル事業にも取組み地域の循環型社会へ貢献する。
時代が求める廃プラスチックをリサイクル材料にする新分野へ挑戦足利エリア初!ウィズコロナ・ポストコロナの経済社会へ変化に対応するため、時代が求める廃プラスチックをリサイクル材料へ転換する事業へ着手する!思い切った新分野事業!
2035年に大量廃棄時代を迎える太陽光パネルのリサイクル事業2035年にピークを迎えるとされている太陽光パネルの大量廃棄時代に向けて、確実に市場の拡大が見込まれる太陽光パネルのリサイクル事業へ参入する。
冷凍粉砕技術を活用したオンリーワンのプラスチックリサイクル事業の開始新たに工場の建設と世界初の凍結粉砕工程でのペレット死蔵ラインを導入することで、お客様の課題を解決する開発事業を開始するとともに、マテリアルリサイクルによるペレットの生産を行う。
廃木材のリサイクルでバイオマス燃料供給事業に進出産業廃棄物処理の知識と経験を活かし、木材破砕機を導入してバイオマス燃料供給事業に進出。高品質な木質チップを製造し、バイオマス発電所への供給を通して、カーボンニュートラルを目指す。
大型設備導入を機に、地域に愛される「解体物総合リサイクルカンパニー」を目指すこれまで取り扱いが困難であった長尺鉄屑を大型加工機の導入で可能とし、業態転換を図ると共に、産業廃棄物中間処理業も開始することで、ビル解体現場から排出される廃棄物を全て扱える総合リサイクルカンパニーへ変貌する。
サステナブル社会実現に向けたリサイクル機械のレンタル事業リサイクル機械のレンタル事業を行う。プラスチック製品メーカーがプラスチックの自主回収、再生化に取り組む上で投資コスト障壁を排除するため購入ではなくレンタルし、サステナブル社会の実現に向けて取り組む
3R(リデュース・リユース・リサイクル)可能な型枠資材を用いた 持続可能な循環型社会を実現する製造/施工業への新分野展開本事業は既存事業で行ってきた建設用資材のリース・卸売業に加えて、新製品 (FSF)について製造から施工業務までを行うことで、単に資材を卸すだけでは無く、型枠全般をワンストップで構築する事業に転換し、売上拡大を図る。メイン顧客はゼネコンを想定しており、補助事業終了年度から3年で4億円の売上を想定している。
アルミ缶の完全リサイクルと本質安全化に向けた技術革新と新分野展開弊社はアルミ缶製造メーカーである。脱プラスチックと環境負荷低減の社会的ニーズに応えるべくサプリメント容器向けの専用アルミ缶開発と非接触自動化ラインを構築し、完全リサイクルと本質安全化を実現して、新分野展開する。
マテリアルリサイクルを活用したサーキュラ―エコノミー事業地球温暖化をはじめとする環境問題の解決に向けて「カーボン(CFRP)素材」の端材・廃材を分離・回収し再利用し、素材の特徴である丈夫で軽く、高級な質感を活かした新たな製品づくりを行い、「サーキュラ―エコノミー」事業の展開を図る。
EC×古着×リサイクルによる、唯一無二のトータルコーディネート事業「EC×古着×リユースによる、唯一無二のトータルコーディネート事業」というコンセプトのもとで、宇關真白が長年培ってきたトータルコーディネート技術とECサイトというデジタル技術の特性を活かした事業を行います。デザイン性、トレンド性を重視し、トータルコーディネートされた状態の古着のセット販売をする事で、コロナウイルスの影響で94%の減収となった現状からの再起を図るものです。
インドネシアにおける美容事業、廃棄油リサイクル事業の立ち上げ当社は、インドネシアでの10年以上の事業経験の強みを活かし、インドネシアへ美容健康機器の輸出とセラピスト人材育成事業、およびインドネシアでの食用廃棄油リサイクル販売事業の2つの新規事業を立ち上げる。
業界初となるリサイクル可能な展示会用パネル提供サービスの実現従来廃棄されていた展示会用パネルに最新技術を活用して完全リサイクルを実現し、低価格な提供を可能にする。また初となるデザインパネル製作業へと進出し、全国の設営会社へ販売することで再構築を図り、SDGsの推進に貢献する。
環境に優しい家具リサイクル及びシェアオフィス事業への新分野展開自社リソース(建設業における顧客基盤、木材加工技術、シェアハウス運営ノウハウ、志木に保有する広大な土地)を十分に生かした家具と建材のリサイクル事業、ものづくり拠点となるシェアオフィス、貸コンテナ事業へ取り組み、環境と周辺地域へ貢献する
解体工事現場仕入の仕組化による買取リサイクルショップ事業新築(事業用、家庭用)の解体工事業の案件が減り、必要売上確保に苦慮する中、解体工事現場で目にする廃棄家電や家具等に着想したリサイクルショップを行う。法令順守の上、仕組化し、既存事業の売上補完と次の成長を目指す。
廃プラリサイクルラインの高度化による石炭代替燃料製造への転換既存事業はコロナ禍、顧客の事業活動停滞に伴う廃棄物取扱量の減少で収益性が悪化している。リサイクルラインの高度化で廃プラ燃料の製造販売に業態転換し、収益性改善と国内資源・廃棄物問題の同時解決に貢献する。
RPF製造および太陽光パネルリサイクルへの脱炭素化事業新分野展開毛呂山リサイクルセンターに、RPF製造設備を新設して廃プラスチックを固形燃料RPFにリサイクル製造販売、さらに太陽光パネルリサイクル施設を新設し、2つの脱炭素化事業新分野展開を推進することで脱炭素化に貢献する。
循環型社会、脱炭素社会の実現に向けたリサイクル金属の選別、販売事業への参入既存の古紙販売で構築した販路を生かし、需要が高まっているリサイクル金属の選別、販売事業を新たに開始することで、循環型社会、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを実施する。
リサイクルショップ事業から韓国食材スーパーへの事業転換日本と韓国の食材及び生活用品を販売する店舗を新規で展開する。日本にいながらも韓国市場の雰囲気を感じられる韓国食材を展開し、野菜や食材と共に、キムチや漬物、韓国料理などの提供、キッチンカーによる韓国の人気商品の顧客宅へのデリバリーも展開する。
産業廃棄物収集運搬業からメタルリサイクル事業への事業再構築金属くずに特化して、解体、撤去、回収から、検収・分析・選別・加工までを一貫して自社で行い、製造・精錬メーカーに品目ごとにリサイクル品として販売していくメタルリサイクルビジネスを行う。
床・内装工事用資材のリサイクルを可能にするシステム開発及び物流事業の展開マンション・戸建てといった住宅の床・内装工事業で使用されず、デッドストックや廃棄されている資材の有効利用を目指す。当社が資材を引き取り、工事関係者に再販売する事業を開始するためシステムを開発するとともに専用倉庫を新設する。
使用済み発泡スチロールのリサイクル処理事業沖縄県内で排出される使用済み発泡スチロールを原料とした再生資源を生成・販売し、沖縄県内でリサイクル循環を回す持続可能なビジネスモデルの確立を目指す。
金属製スクラップのリサイクル事業への新規参入上越市周辺の零細不用品回収業者(華僑個人事業主)から金属屑を有価物として買取り、金属を種類毎にブロック形状に加工した後に需要先(輸出業者、メーカーなど)に売却するという事業です。
木造家屋の解体工事並びに廃材の有効活用を地域に広めるリサイクル事業少子高齢化による過疎地域の空家対策として解体工事業へ業種転換を行う。地域の異業種ネットワークを通して、解体工事に際して搬出された廃材をリサイクル事業により商品化する。
廃プラスチックリサイクル事業への進出のための高純度・低コストプラスチックリサイクルシステムの構築当社内にプラスチックリサイクルシステムを新たに構築し、プラスチックリサイクル分野への参入を実現する。この「より純度の高い目的物を獲得することが可能となるプラスチックリサイクルシステム」によりプラチック最終処理量の低減化による当社収益力強化と再生プラスチック販売によるコロナ禍での安定した売上高を獲得し、計画5年次再生プラスチック売上構成比10.1%、当社全体での付加価値額伸張24.2%を達成する。
営業エリアの拡大と古民家リサイクルでの持続可能社会形成に向けた古民家移築用古材販売システムの構築新たに首都圏郊外への「古民家移築用古材」製造・販売事業へ進出する。これによる当社営業エリアの拡大での計画5年次「古民家移築用古材」製造・販売売上構成比11.8%を達成するとともに、地域における空き家問題を同時に解決し、SDGs促進など持続可能な社会形成の一助となることで、ポストコロナ期での再成長を実現する。
環境に優しいリサイクル・プラスチックレンズ製造業に業態転換するリサイクル・プラスチックレンズはリサイクルした材料がもろく、切削加工が困難で量産化が難しい。継続して切削できる高速回転切削機を開発したため、地球環境のためにもリサイクル・プラスチックレンズ製造業に業態転換する
剪定くず、伐採くずで燃料チップ及びバイオマスチップを生産する環境にやさしいリサイクル事業今まで造園事業・土木事業において発生していた剪定くず・伐採くずは、産業廃棄物処理業者へ廃棄依頼をし、多くのコストをかけてきた。自社で移動式中間処理施設を設置し、燃料チップ及びバイオマスチップを生産するリサイクル事業を取り組む事とした。
ふとんリサイクル事業部門新設による事業再構築新型コロナウイルスの影響によって当社の基幹事業である古紙の回収量が減少してきている。そこで、これまでリサイクルされにくかったふとんを他社に先駆けて取り扱うことによって、差別化と新分野展開による事業再構築を図る。
屋根工事業者×瓦リサイクル製品産業廃棄物である廃瓦を生まれ変わらせ、自社を繁栄させるとともに、社会的課題の解決を目指す
貴金属等小物スクラップ処理ノウハウを活用した金仏壇リサイクル事業への進出歯科用金属や貴金属類の小物スクラップを再利用できるノウハウを活かし、スクラップの大小を問わずリサイクルする工程の完全内製化を進め、金仏壇等の大物スクラップの回収、リサイクル事業に進出します。
タングステン・スクラップの精錬純度とリサイクル処理効率の向上電気炉の導入で、タングステン(以下W)スラッジは純度向上、Wターゲットは素材分解による商品増加が可能になり、各販売単価が向上します。更にリサイクル処理量も向上するので国策にも貢献できる事業です。
リサイクル事業への進出によりサステナブルな経営体制を構築するリサイクル事業を開始し、回収した製品から鉄や銅、アルミ、プラスチック等の原材料を抽出する。抽出した原材料は、既存の貿易事業やOEM事業で培ったコネクションを活用し、国内外の原材料加工メーカーへ販売する。
廃プラスチックを原料としたリサイクル燃料であるフラフ燃料の製造・販売事業循環型社会に対応するCO2削減のための代替燃料として注目されている、廃プラスチックを原料としたリサイクル燃料であるフラフ燃料の製造・販売事業
ゼロエミッションを目指す提案型リサイクル施設の開設自社リサイクル施設で、より環境に優しい廃棄物処理を実践し、お客様のゴミを最前線で回収する運搬業者にしかできない『提案型ごみ回収』により、地域とお客様のゼロエミッションに貢献する。
国内で唯一の採算ベース農業用PEリサイクル事業の確立当社は、国内で唯一、廃棄された農業用ビニールをペレットにリサイクルする技術を持っており、農業用ポリエチレンのペレットへのリサイクル事業を(株)大輝から譲渡を受けて参入し、この技術を応用して国内では採算ベースのリサイクル事業を確立する。
クリーン社会の実現!障害者が活躍するリサイクル・清掃事業への挑戦当社の設立以前には、代表の菅原は障害者の就労支援事業所の管理者として従事していた。障害者が活躍する当社の新規事業として、リサイクル事業と清掃事業へ挑戦することで、当社の業績を回復させ、社会のクリーン化にも貢献したい。
新たなアルミドロスリサイクル品の開発による新分野展開アルミ残灰のリサイクルによる「耐火レンガの原料」「溶鉱炉、電炉向けの脱酸材」の製造・販売と、アルミ残灰の有料引き取り事業を開始し、アルミリサイクルを通じた循環型社会への貢献と、当社の経営の立て直しを図る。
抄造工法により独自開発したリサイクルカーボン新素材を用いた軽量・防爆工具市場への新事業展開既存事業であるマフラー製造事業は新型コロナの影響により厳しい業況にある。そこで独自の抄造工法を取り入れ、廃材処理が問題となっているリサイクルカーボンを活用して開発した新たな新素材を用いて、今後求められる軽量・防爆工具を事業化する。循環型社会に貢献できる新分野を展開する事で新しい収益と雇用を生み出す。
ビンのリサイクルでSDGs「ガラス発砲資材事業」廃ガラスを再資源化するに必要な先端設備である「廃ガラス再資源化装置」で台風災害等の自然災害復旧等で使用される資源を生成することで、地域の安全や社会インフラの整備で地域の発展に貢献する。また、資源の再利用で地球環境の保護に貢献する。
EV系プラスチック部品への新規参入とプラスチックリサイクル自動車の急激なEV化による、既存製品の大幅な減産に対応する為、新分野であるEV系インサートプラスチック分野へ新規参入する。合わせてSDGsの観点の基、同時に発生するプラスチック廃材を総合的に解決し、コロナ禍からのV字回復を果たす。
鉛蓄電池リサイクルと鉛地金精錬の新規事業のためのプラント設置既存の金属スクラップ事業に加えて、新たな事業「鉛蓄電池(車両等の廃バッテリー)回収・分解・廃液の硫酸鉛の分離と電極の鉛から鉛地金の製造」に着手し、廃バッテリーのリサイクル率向上に寄与し、持続可能なエネルギー社会に資する上、弊社の売上向上をも見込む計画です。
強化段ボール等で作る軽量、手軽、リサイクル可能なアイデア商品の製作100%リサイクル可能な強化段ボールを使った椅子やベッド、パーテーション等という新製品を開発し、新たにBtoC-EC市場に参入する。カッティング技術に加え印刷による段ボールとは感じられないデザイン性のある商品を作り出す。
高付加価値の新規再生材料に新分野展開し、ポリ塩化ビニルに特化した総合リサイクル業に挑戦ポリ塩化ビニルリサイクル一筋で事業展開してきた老舗リサイクル事業者が、より高付加価値のペレット、粉末状の再生原料が供給可能な設備投資を実施。プラスチック資源の完全循環のビジネスモデルを構築し、世界的な課題であるプラスチックリサイクル問題への打ち手とする。
増加する空き家対策、お家終いのお手伝いとリサイクル事業腐朽建物の空き家や高齢化世帯の解体・維持に悩む方の相談窓口となり、新たなサービスにより取り組みやすい環境を整えるとともに、解体資源化の低価格化に向けたリサイクル事業に取り組む
廃棄品に息吹を!オシャレなリサイクルカフェ戦略回収したリサイクル品の家具や食器を使用したカフェをオープンし、ランチやケーキ等の飲食を楽しみながら、気に入ったリサイクル雑貨・家具の販売を行う。中古品の買取や、飲食はテイクアウトやデリバリーの配達も行う。
建設残土リサイクル事業の新規立上げ当社の携わる土木工事において排出される建設残土は、これまで建設会社が最終処分場に持ち込んで全て処分しており、その費用も高騰している。そこでその建設残土をリサイクルする仕組み(事業)を構築する。建設残土は何が混入しているか分からないが、分別さえしっかり行えば、現在の購入土(新品の土)と同様の資材として、建物基礎や地盤整備向けに新たな需要の発生が見込まれる。さらに本事業により残土処分費が少しでも低減で
樹木リサイクル事業一般家庭の剪定により発生する枝等の一般廃棄物を回収・破砕処理する事業を行う。同時に、サステナブルな社会の実現に繋がる事業として、破砕処理後の剪定枝を堆肥や家畜用敷材として再利用できる状態にしてリサイクル販売する事業にも着手する。
リサイクルシリンダーによる環境負荷が少ない次世代グラビア製版への転換当社は鉄芯シリンダーのリサイクル化を事業化し、自社システムでリサイクルシリンダー在庫をデジタル管理することで、CO2排出量が多いグラビア印刷製版の低炭素化実現と新しい収益事業の構築を目指します。
特許取得・世界初の石膏ボードリサイクル装置製造販売に取組む新分野として世界初「無水石膏リサイクル装置」の当社特許技術を活かし、社会インフラ整備でニーズの高い優れた地盤改良剤材料・無水石膏を廃棄で困難な石膏ボードリサイクルからつくる装置の製造販売に取り組む。
環境を守る残土リサイクルに事業展開し、地域のリーディングカンパニーとして社会に貢献弊社は、建設用資材運搬を行なっている会社です。新型コロナによって建設工事が延期もしくは中止になるなど、売り上げに影響が出ています。社会問題にもなっている残土処理の分野に事業を展開することで、率先して業界の革新に貢献し収益のV字回復に取り組みます。
工事・処理・販売を一本化!改良土をリサイクル販売し、環境に優しい循環型社会への貢献「建設発生土」を土質改良し、改良土を製造し販売まで行うことで、廃棄削減および資源の循環を可能とする事業である。工事現場で発生する「建設発生土」は、処分するにも費用がかかるため、本事業を展開することで、廃棄コストのカットおよび1循環型社会への貢献が可能である。
環境保全・リサイクルのニーズを捉えた残土再生 ~ 土木工事のノウハウを活かした残土リサイクル事業 ~現在の残土の不法投棄・環境汚染の問題を真摯に受け止め、根底にある最終処理場の全国的・慢性的な不足を解消するため、当社が中間処理場のポジションとなり環境リサイクル機械を使用して残土のリサイクル事業を行う
地元の本屋が展開する総合リサイクルと音響・映像レンタル業への進出・総合リサイクル業(店舗での買取や遺品整理業者との連携した総合的なリサイクル販売業)

・音響機材、オぺレーターのレンタル業(小規模イベントを対象に音響映像設備と人員の手配)

樹脂・リサイクル炭素繊維複合素材開発品の量産・販売事業当社が独自で開発した廃材から回収・再生されたリサイクル炭素繊維を用いた『樹脂・リサイクル炭素繊維複合素材開発品』の量産・販売事業である。一般的なリサイクル炭素繊維成形材料と違い、初期投資を抑え、高強度かつリサイクル材を使用した循環型社会の実現に大きく貢献するものである。
「再生PPバンド用ペレットの製造事業」~PPバンドの水平リサイクルの実現~現在の敷板製造から新分野展開を行い、新工場を設置し再生PPバンド用ペレットを製造販売する。
リサイクル材を活用し環境負荷低減を目指した新たな製品開発への挑戦本事業では県内では初めてとなる新規格のコンクリート製造販売に新たに取り組むため、新規設備導入を行い、リサイクル材を活用した新製品開発へ挑戦し、厳しい経営環境において事業再構築を図っていく。
コンクリートがらの再資源化による地域内リサイクル循環への貢献現在外注しているコンクリートがら処理及び再生砕石仕入を内製化することに加えて、同業他社からコンクリートがら処理を受託し、かつ、再生資源化された再生砕石を同業他社へ販売する。
「改葬・墓じまい」からでる「古墓」等を粉砕化し、建築資材として活用する資源リサイクル事業少子高齢化により、お墓の継承者が不在となり「改葬」となる無縁仏が全国で急増している。

これまで改葬・墓じまい後の墓石は、産業廃棄物として埋設されていたが、これを粉砕することにより、建築資材として資源リサイクルする新事業を行う。

産廃の回収能力を活かしてリサイクル事業の立上げに挑戦現在の産業廃棄物処理業は地域密着型で顧客は地元企業や一般客が多く、この顧客ネットワークを活かし、小型家電と石膏ボードのリサイクル事業に活かします。また行政との連携にも取組み、これにより、新たな収益の柱を得まする。
解体事業のリサイクル率向上設備導入に伴う解体受注金額の低減化、受注率向上解体工事にて発生した廃棄物を混合した状態で処分場へ持込を行い、高額な処分費を支払いしているため自社工場内にて適正に選別作業が可能な設備を導入し、処分費を安価にすることにより、お客様への見積金額を下げ、受注率の向上へ繋げる。リサイクル可能なものはリサイクルし環境へ配慮したモデル事業として行う。
建設廃棄物等の処理問題解決に貢献する効率的処理とリサイクル体制当社は、建設廃棄物の自社処理で培ったノウハウを生かし、新たに建設廃棄物等の効率的な処理とリサイクル体制を構築する。この新事業を通して、建築市場等の廃棄物処理に係わる課題解決や、SDGsをはじめとする環境負担低減の取り組みの目標達成に貢献する。
数値制御搭載の高精度な横中ぐりフライス盤を導入し環境リサイクルの新分野へ参入本事業は造船不況並びに新型コロナウイルス感染症の影響で売上高が大きく落込む中、企業再生をかけて数値制御搭載の高精度な横中ぐりフライス盤を導入し、高精度加工(ミクロン単位)が必要なリサイクル用の竪型破砕機の製作に取り組み、環境リサイクル分野にチャレンジするもの。
解体工事業者だからできる、ECサイト販売を含む総合リサイクル事業店舗・家屋の解体作業にて事務物品・家具・家電等の処分を行う機会が多い為、建設業のノウハウ・ネットワークを活かし、事務用品・家具家電をはじめ内装全般に関してECサイト販売を含む総合リサイクル事業を行う計画。
廃蓄電池リサイクル事業当社は昭和60年12月に有限会社として設立し、現在は主として廃プラスチックからペレットを製造する事業を行っている福岡県三井郡の会社です。新型コロナウイルス感染症の当社への影響をうけ、売上高及び利益が大きく減少したため、今回の再構築事業を行うことに至りました。
環境・リサイクルビジネス展開のための社内一貫生産体制の構築一貫生産体制の構築により経営基盤強化を行い、「地球温暖化という時代変化に伴う生活環境の劣化や、資源リサイクルを強化する時代に対処する、自社開発商品(切粉脱油台車や防球ガードなど)を創出する。
移転による店舗拡張とリサイクル家具事業への新分野展開既存事業のノウハウを活かし家具のリサイクル事業を行う。独自のネットワークで古い家具の価値を高めて販売し売上増を目指す。売場面積、補修・在庫スペース、駐車場を拡張した新店舗を建設後、移転して事業の再構築を図る。
カッター工事業者が水道工事の汚泥処理にて完全循環型リサイクル公共工事の延期等でコロナの影響を受け売上が苦戦している。補助事業にて強みである工事技術の高さと中間処理施設としてのノウハウを活用し、他社の水道工事の汚泥を大量に受け入れ完全循環型リサイクル事業を実施。
廃材リサイクルによる木材チップ製造販売への取組がれきのリサイクルプラントで新たに木材チップのリサイクルを行い、バイオマス燃料やパーティクルボードとして販売する。また残土処分場の泥を混ぜて舗装資材に加工することで残土処分場の環境保全を図る。
使用済み自動車のリサイクルを円滑化して売上増を目指すプレス破砕事業プレス破砕業に進出することで、自社だけでなく、鉄資源不足の解消と同業の解体業者の課題を解決する。長年培ってきた解体業のノウハウとネットワークを活用し、自社だけでなく解体業の底上げにも繋げる。
リサイクルショップの開業による業種転換と強い経営基盤づくり建築解体業とともに、家庭などから出る不用品の回収事業を行ってきた。その中で発生するリサイクル品を販売するためにリサイクルショップを新設し、業種転換を図るとともに、販売チャネルを増やすことで経営拡大に取組む。
衣類・靴鞄のリメイク・リサイクルによる衣類廃棄ロス削減事業古着の買取り・廃棄衣類の回収を行い、リメイクや修理を施し再販する衣類のリサイクルを行い衣類廃棄ロスの削減を目指し、衣類小売業としてSDGsに取り組む
今までにない建設汚泥の処分・リサイクル事業の確立舗装切断工事で発生する汚泥を自社で建設した中間処理施設へ運搬し、汚泥を路盤材として再利用する取組みである。運搬から汚泥処理までを自社でワンストップで行えることで収益向上につながり、汚泥収集の効率化により職場環境の改善、地域環境保全に寄与できる。
自動車部品廃材をリサイクル!家具製造でモノづくりの未来を創る当社はスズキ自動車の特約店として主に新車販売をしながら、他のメーカーの新車、中古車、福祉車両の販売も行っている。整備事業では車検整備や一般整備全般(特定整備)、鈑金塗装等、更には自動車保険やロードサービス等も行っている。これからは色々な廃材等を利用したインテリア家具等を製造販売して行きながら売上上昇を目指し、SDgsも考えながら町の活性化にも寄与して行きたいと思っている。
建設発生土のリサイクルによる再生資源含有土砂代替材の製造への新規参入補助事業により建設工事現場から排出される建設発生土を加工し再生資源含有土砂代替材の生産に取り組みます。長期的視点で見た場合にも需要が見込まれる再生建設資材製造に参入し、第2の収益の柱とする方針です。
建設副産物をリサイクル!SDGs達成に向けた資源生成事業解体現場で発生する副産物(銅線・発泡スチロール)のリサイクル事業を手掛け、回収、生成、売却を行う。建設副産物のリサイクルによって、売上のV字回復、副産物の減少、地域雇用創出、SDGsの取組み推進を目指す。
業務用寝具製造業から、業務用寝具処分・リサイクル業への新分野展開スプリング入りマットレスは一部の自治体で「適正処理困難物」と指定される等、処理が困難な廃棄物の一つであり、マットレスに特化して回収分解・処分・リサイクルを行い、寝具メーカーとしてのスキル・ノウハウを活かし、ユーザーに「ゆりかごから墓場まで」行き届いたサービスを提供する。
資源リサイクルを残価設定で実現した循環型プレハブ倉庫資材販売外出自粛に伴いファーストフード業者からの店舗改装受注が減少した為、需要安定のプレハブ資材販売とコンテナハウス販売を行う。業界では先進的な非対面商談の導入と、商材の再活用を前提とした持続可能な社会に貢献する事業への新分野展開を行う。
建設廃棄物リサイクル事業最新式の自動選別機を導入し、建設混合廃棄物を無人で分別しリサイクル率を高め再製品化する。リサイクル製品の販売と無人化によるランニングコストなの削減で高騰している廃棄物処分費用を安くする。
太陽光パネルリサイクルの新分野展開による事業再構築と資源循環型社会構築への貢献当社事業再構築の内容は、新たに太陽光パネルリサイクル設備を導入して、廃太陽光パネルから再生資源に100%リサイクルする、循環型社会構築に貢献する事業で、コロナ禍により土木工事の中止や、延期により売上が激減している、既存の土木工事事業から、当社経営をV字回復させる、多額の投資を必要とし、全く異なる新規事業へチャレンジする、思い切った事業再構築を行う事業計画です。
食の循環型リサイクルを実現する有機肥料事業へ転換SDGsが目指す環境配慮型産業を牽引する有機肥料事業を補助事業とします。補助事業たる食物残渣等を原材料にする有機肥料事業は、土壌疲弊等の化学肥料の問題を克服する食の循環型リサイクルを実現し地域経済の貢献を目指します。
脱炭素社会に貢献するバイオマス発電向け燃料リサイクル事業産業廃棄物処理事業からバイオマス発電向けリサイクル燃料の製造に新規参入します。

機動的な建築廃材処理、働く人に優しい製造プロセスにより売上拡大と循環型社会へ貢献します。

建設残土をリユース及びリサイクルし循環型社会の実現に寄与する建設残土の不適切な処理により人命に関わる災害・事故が発生し環境にも負荷を与えている。同一商圏内で初めて建設残土の再生処理に取組み、コロナ禍で受けたピンチをチャンスに変え収益のV字回復を図るとともに地域社会へ貢献する。
解体材をリサイクルし、木質バイオマスを生産する新事業の展開木造建築を中心とした解体工事業を営んできたが、コロナ禍やウッドショックの影響により新築工事減少に伴い解体工事も減少。そこで建築・不動産業界に依存しない新たな収入の柱として、環境に優しいバイオマス発電用燃料(木質バイオマスチップ)を生産することとした。
再生骨材の新規製造・販売による、建設リサイクル・CO2削減推進今後のアスファルト・コンクリート(アスコン)混合瓦礫増加により、従来の再生砕石製造だけではリサイクル推進の困難が予想される。当社解体事業実施の強みを活かして分別し、アスファルトとコンクリートの再生骨材を新規製造する。CO2を削減しカーボンニュートラルの推進を目指す。
高級革ハギレをリサイクルしたオリジナル商品の開発による収益拡大とSDGsへの貢献を実現エルメス社の革素材のうち未使用になった革ハギレを活用し、革素材にクリスタルガラスを圧着加工した当社オリジナル商品を製作し、新たな顧客層の創出による収益の拡大とSDGsへの貢献を実現する。
次世代小型EV車のオプションパーツの自社製造体制の確立と環境対応リサイクル業への挑戦本補助事業で行う新事業は、EV車両の進展が見込まれる中、特に地域の特性に応じた「小回り性があり、手軽に買い物や通勤に乗れる次世代小型モビリティEV車両(以下、小型EV車)」に着眼し、ドア等のオリジナル部品の製造、エクステリアの小物パーツ製造を行い、オリジナル車両として販売を行う。
自社内で発生する産業廃棄物を原材料へ戻すリサイクル事業新分野展開を目的とした事業再構築を行うことで、ウィズコロナ・ポストコロナ時代においても成長が見込まれる市場分野へ参入するとともに、環境社会における循環型ビジネスモデルへの積極的取組みを広く発信する。
廃銅線とラジエーターの都市鉱山リサイクル新分野展開事業廃銅線とラジエーターの破砕分離選別自動リサイクルラインを導入することで、銅ナゲット・アルミ片・粉鉄等の再生金属資源を生産する、都市鉱山高度プロセスを構築し、国内・中国・マレーシアに再生金属を販売することで、脱炭素化と資源輸出に貢献します。
外食業界の廃プラスチック削減に貢献するマテリアルリサイクル工場当社は廃棄物焼却プラントの設計を手がけているが、コロナ禍で中堅・大手の病院や製造業からの受注が減少。マテリアルリサイクル技術に基づく廃プラ再生工場を立上げ外食業界の脱プラスチック・脱炭素に貢献する。
管理放棄林の整備と、発生材のエコリサイクル事業への進出社会的問題となりつつある管理放棄林や耕作放棄地の整備を、最新設備・発生材のエコ活用によって安価に提供し、費用面で行えずにいる地主からの受注を獲得して地域保全にも貢献しつつ、当社業績をV字回復させるもの。
使用済み太陽光パネルリサイクル事業太陽光発電所から排出される使用済み太陽光パネルの大量廃棄を間近に控え、当社の経営の柱である太陽光発電関連事業としてパネルリサイクルの早期事業化に取り組み、SDGsの進展にも寄与しながら社是である「地域密着」型経営を実現していく。
産業廃棄物を収益化して社会にも貢献する金属リサイクル事業計画当社は既存事業の空調設備工事等の現場で多くのエアコンや電線、端材などがお金を払って産業廃棄物処理されている事に着目した。これをメンテナンスや分解・分別して販売する事で収益化でき、持続可能な社会に貢献する事もできる金属リサイクル事業を計画した。
ビニール系産業廃棄物の回収、リサイクル事業計画有限会社アベニュー産業は、主に建築系産業廃棄物の回収と処理を行っておりますが、建屋を建築、圧縮機を導入することで、新規事業としてビニール、プラスチック系廃棄物を受け入れ、一部は中間処理を行い再利用資源として販売を行います。
砕石・砂利の運送からリサイクル残土生成で県のSDGs推進に貢献県が推し進めるSDGs対策において喫緊のテーマである建設発生土の受入問題に対し、砕石・砂利の運搬で実績を積んだ当社が、残土リサイクル事業に取り組むことで地域の環境問題に貢献する
産業廃棄物のリサイクル向上による脱炭素・SDGsへの取り組み脱炭素・SDGsへの取り組み・循環型リサイクル推進の一環として、産業廃棄物処理ノウハウや経営リソースを活用、先端設備を導入し分別中間処理を強化、限られた資源の有効活用を図り、新たな製品を製造致します。
太陽光発電建設の知見を活かし太陽光パネルリサイクル業へ事業転換太陽光発電システムの建設を営む当社は、新型コロナウイルスの影響で需要減や資材高騰の影響を受けている。業種転換で開始する古い太陽光パネルのリサイクル・リユース事業を新たな収益の柱とし、従業員のコロナ感染リスクの低減も実現する。
中間処理施設及びリサイクルペレット再生プラント構築事業新たに産業廃棄物中間処理業の許可を取得し、需要が高まっている資源リサイクルへの対応力を強化することで新たな分野での事業展開を図る。
総合建築業からリユース・リサイクル品販売事業への進出改装・改修工事を手掛ける当社がリサイクル品の輸出事業に進出するために必要な体制整備に取り組む。当社が得意とする木工造作の技術を活かし、リサイクル品を補修してニーズの高いフィリピンなどの東南アジア諸国に輸出する。これにより、当社の人材を活かした新たなビジネスへの転換機会とする。
生コンクリート残渣(残コン・戻りコン)リサイクル事業への新分野展開コンクリートを使用する工事では約1~2%の生コンクリート残渣が発生している。この生コンクリート残渣をリサイクルする為の破砕機を導入し、生コンクリート残渣の再生処理に係る売上高を総売上高の10%以上とする計画
使用済みガラスびんを原料としたリサイクルガラスコップの開発ガラスびんのリサイクル性(使用済みガラスびんを主原料とし水平リサイクルされる)を活かしたガラスコップの開発。ガラス食器市場に新規参入し売上と販路の拡大、そしてSDGsへの貢献とガラスびん業界の活性化を目指します。
リサイクルインクで社会貢献!顧客参加型ECシステムの構築市場が縮小する業務用レーザートナー販売からの転換を図るため、ECシステムを構築し、リサイクルインクカートリッジのオンライン小売事業へ参入。購入を通じて顧客が社会貢献と環境保全に参加できる機会を提供。
国内に眠る希少な「旧車」バイクのリサイクル販売コロナ禍でのバイク需要拡大や「旧車」ブームに対応し、故障して動かなくなった「旧車」を仕入れ、新工場兼店舗において分解、徹底修理、組み立てた上で一般のバイク愛好家向けに販売する。
リサイクル食品容器製造へ転換、食品卸事業者と連携し多くの小規模飲食店が抱える食品容器課題と地球環境課題に貢献!ウイズコロナの時代において需要の高まる、中食、テイクアウト対応の食品容器の製造。消費者が自宅で電子レンジの加熱にも対応可能な耐熱・耐油の優れた商品の開発展開をする。
環境負荷軽減をテーマとしたプラスチックリサイクルのための再生材料加工製造現状の飲食サービス業がコロナ禍で打撃を受けたことにより「業種転換」を実施。転換後は、環境負荷軽減をテーマにプラスチックリサイクル(マテリアルリサイクル)のための再生材料の加工製造・サービスを提供する。
飲食店事業から建設業・厨房機器リサイクル事業への転換1.建設業
スクラップ&ビルドが頻繁に行われる飲食業などの、解体、造作、内装工事を行う。
2.中古厨房機器リサイクル業飲食店のスクラップ時に出る中古厨房機器を買い取り、リサイクル販売を行う。
飲食店の多くは生き残りをかけ業態転換を進めているが、当社はそのような事業者を支援する側に回ることで、新たな事業柱の確立と収益性の向上を図り、左記の課題を解決・回避したいと考えている。
非鉄金属リサイクル事業の高付加価値化と海外進出の取組み既存の低付加価値のビジネスモデルから脱却するため、銅リサイクル製品製造の為の設備投資を実施し、付加価値の高い銅リサイクル製品を武器に、新たに海外の販路開拓に挑戦する取り組みです。
複写機消耗品リユース・リサイクルノウハウを活用したウォーターサーバーリファービッシュ事業への新展開(課題)宅配水市場で使われるウォーターサーバーは海外で製造されており、安定供給へのリスクがある。(解決策)中古ウォーターサーバーを分解洗浄し、一部の部品を再利用することで新品同等品を製造し市場に出荷する。
広告業・整体院から金属リサイクル業への業種転換に取り組む既存の広告業では、新型コロナウイルスの影響が大きい飲食店向け広告が主であったが、既存の広告業や在日中国人のつながりから金属リサイクル業のノウハウを得て、仕入、販売先を構築し、業種転換に取り組む。
多品種少量の販促印刷物とリサイクル可能なディスプレイ生産によるⅤ字回復厚い材料や多品種少量生産が苦手なUVオフセット印刷機を撤去してインクジェットプリンタ等を導入する。丈夫で軽い段ボールで再利用可能な展示会ブース等の生産と POP・什器等の多品種少量生産でV字回復を図る。
使用済み発泡スチロールのリサイクル処理事業使用済み発泡スチロールのリサイクル事業に新規参入します。

現事業で発生していた発泡スチロールを再生利用することで、事業のV字回復と地域経済にも貢献します。

新分野展開 SDGs自社初 太陽光パネルの完全リサイクル事業コロナ禍で消費者の購買意欲が激減し、産業界の縮小につながり売上が減少した。そこでこれまでのガラス等の産業廃棄物処理の経験を活かし、他社では難しい太陽光パネルの完全リサイクルを実施する。
金属リサイクルの推進による金属資源の地産支障解体等により発生する金属等有価物を回収、リサイクル可能な金属と廃棄物に分別し金属のリサイクル化を推進。資源の乏しい日本において将来想定される金属資源不足を見据え地域で循環できる仕組みを作る。
EV分野への進出を実現する品質管理体制、リサイクル技術の高度化スパーク発光分光分析装置導入によるデータに基づく盤石な7000系アルミ合金品質保証に加えて、溶解過程において排出される残渣を最小化することでのリサイクル技術の高度化、低コスト化、盤石な品質保証体制を武器に、EV分野での受注量の拡大、新幹線分野の開拓に繋げることで、計画3年次7000系アルミ合金売上構成比10%を達成する。
長時間稼働な除雪事業と環境に優しいリサイクル砂利の製造販売事業積雪時に需要が減少する建設資材販売において、利益率の高い除雪事業を行う事により年間を通じて安定的に稼働し高い収益を得る。また廃棄される生コンを材料として環境に優しいリサイクル砂利の製造販売事業を行う。
産業廃棄物から再生資源へ!リサイクル砕石の販売~循環型社会を目指して~既存事業で排出される産業廃棄物(コンクリートくず等)を再生資源であるリサイクル砕石へ加工し、この砕石を建設業者等へ販売していくことで循環型社会の実現を目指していく。
カーボンニュートラル実現へ、廃材を活用したリサイクルパネルの製造販売当社はコロナや将来的な需要の減少に対応するため、また廃材のリサイクルによるカーボンニュートラルの実現に向けて、新規事業としての合板の廃材を原材料とした型枠工事のリサイクルパネルの生産・加工・販売を行う。
最新設備と自社の強みによる食品リサイクル市場への進出新設する農業用液体肥料生産設備と自社の強みを活かし、持続可能な開発目標(SDGs)や食品リサイクル法により今後も増加が期待できる食品リサイクル市場への展開に取り組む。同業他社との競争力を強化しつつ、思い切った事業の再構築を図っていく。
家電製品等の総合リサイクル事業への新分野展開大手通販会社や家電メーカーが下取り回収した家電製品等を収集運搬し、保管、破砕・選別、焼却までを一貫して行う。そのためにはレイアウト変更が必要であり既存の建物を解体、造成してから新たに事務所や破砕のための機械等設備を設置し産業廃棄物中間処理の新たなラインを作る。
厨房機器販売から廃材リサイクル事業への新分野展開を図る厨房機器の買取やリース終了後に本来は廃棄をしていたが、スクラップ及び金属チップへと加工を行い、半導体製造事業者や電解製品等の製造事業者へ販売を行う。
産業廃棄物減量に向けたオフィス備品什器のリユース・リサイクル・レンタル新事業テレワークが浸透しオフィスの縮小・撤退が相次ぐ中、産業廃棄物として排出されるスチールパーティション・タイルカーペットのリユース販売を行います。また非対面でのオフィス備品の提供を実現するためオンラインショップを開設し、オフィス備品をレンタルにて提供する体制を実現します。
リサイクル率の高い産業廃棄物の中間処理への新規参入・海外展開コロナの影響により飲食業の全4店舗が大打撃を受け、このままでは事業の継続が難しい事を痛感した。

今回お客様のニーズが高い「銅線の買取り」を行い、当社で付加価値をつけリサイクルを行う新事業を実施する。長年の経営経験を活かし循環型社会に貢献したい。

廃プラの革新的な油化技術を活用したリサイクルプラントの製造による資源循環の実現新型コロナウイルスの影響により本業の売上が大幅に減少したため、本事業では『廃プラのリサイクルプラント』工場を建設し、プラントを製造する。本事業で革新的な点は、蒸留施設を必要とせず、熱分解によって油化された生成油と植物油を特別な方法で混合させるのみで、従来技術と比較しプラント価格及び再生処理コストを安価に抑えられる事である。
新商品開発で脱炭素を見える化。中小企業NO.1のリサイクルモデル企業へ。廃プラのリサイクルにより、企業が排出する二酸化炭素の削減に貢献。あいまいではなく、脱炭素の削減値を見える化(数値化)することにより、世界の取り組むべき課題である脱炭素貢献モデル企業を目指す。
廃プラスチック等リサイクル原料を使用したマスターバッチ製造による新分野展開マスターバッチ製造による新分野展開を行い循環資源の再活用事業の領域を更に拡大する
電子分解炉・製炭炉を用いた革新的なリサイクル業既存の解体業、収集運搬業から産廃処理、リサイクル業務へシフトする。

現在、中間処理業者の資格を有していないが、「屋内での処理」に限定すれば近隣の承諾が不要なため許可取得が可能とし、その要件並びに処理能力の基準を満たすたの、処理施設建設と専用設備の設置を行う。

創業100年の工務店のモノづくり力を活かした、廃プラリサイクルによる新製品開発へのチャレンジ当社は、創業100年の工務店として成長を遂げてきた。これまで培った設計から施工までの一貫対応体制と、技術力・営業力を活かして、新たに廃プラスチックを活用したリサイクル分野への進出を図る。
リサイクルができる空き家対策事業地域の高齢化が進んでおり、独居老人や空き家が増加している。自分たちでは片づけられない人達のために、不用品や家財(遺品含む)の整理・運搬・買取をし、リサイクルも考えている。市が進めている『空き家対策』の一助にもなる。
リサイクル骨材の製造で、生コン製造時の産業廃棄物の削減に取組む。現在は、産業廃棄物になる、戻りコンやスラッジを再利用して、再生・回収骨材の製造に取り組み、生コンクリート産業

全体での産業廃棄物の削減に取り組む事業取組

産業廃棄物及びサーマルリサイクルからマテリアルリサイクルへ廃タイヤのマテリアルリサイクルを通じて、世界的に拡大する再生ゴム市場に参入し、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ既存事業の売上回復を目指すと同時に、ゴムがもたらす環境問題解決の一助となる。
鉄筋コンクリート造の解体現場で提供する瓦礫リサイクル事業の構築天然の岩石から砕石の製造(製造業)とがれき類の産業廃棄物の中間処理業(サービス業)を営む当社が、新たに移動式の砕石設備を用いて、今後需要が増加する建物の解体工事業(建設業)へ業種の転換を図ります。
土木工事事業者による再生プラスチック・マテリアルリサイクル事業コロナ禍により土木工事受託の売上が減少する中、循環経済の実現に向け、静脈産業を担うべく、廃プラスチックのマテリアルリサイクル事業を開始する。再生プラスチック原料は、中国を中心に需要が高まっており、海外に向け、輸出を行う。
就労支援施設を開所し、障がい者と親和性の高いネット通販業、リサイクル業の業務に就いて貰い自立を支援する本事業は、弊社の主たる業種「卸売・小売業」(大分類J)に該当する、小売店や物品の卸事業を変更する事なく、障がい者向けの「就労支援施設」事業を開始することにより、小売事業、古物売買とのシナジー効果を得、新たな雇用を生み出すことが目的である「新分野展開」事業であり、「最低賃金枠」として応募いたします。
リサイクルできるキャップを使用したプラスチック容器製造に取組みセルフメディケーション市場へ進出OTC医薬品・サプリメント容器の製造に取組む。現状ではリサイクルできるキャップの製造に取組んでいる企業はないため当社が先駆者として取組み経営のV字回復を図るとともに循環型社会の実現に寄与する。
木材チップの製造販売を行うリサイクル事業に進出する、事業再構築事業コロナ禍から脱却し、事業の安定性と高付加価値体質への変革を行うため、リサイクル事業に進出し、木材チップの製造・販売を行う。環境問題の解決を協力会社と共に実現し、SDGsや地域の発展につなげる事業再構築計画
ロール成形機の導入によるリサイクル可能な新材料を用いた製品の製造サーモプラスチックロール成形機の導入により、リサイクル可能な熱可塑性エラストマー材料の加工が新たに可能となる。この新材料を用いた製品の製造により、SDGsに適合する事業へ業態転換し変化する顧客ニーズに応える。
最新の破砕機を使用したコンクリートのリサイクル事業新型コロナウイルスの影響を受け、建設自体が中止される等、既存事業である土木工事の売上高は大きく減少している。今般、最新の破砕機を使用したコンクリートのリサイクル事業へ新分野展開し、事業再構築を果たす。
廃石膏ボードのリサイクル事業の為の工場建設及び機械設備の導入これまで処理を外注していた廃石膏ボードのリサイクル工程を内製化すべく、廃石膏ボードを分別できる装置と工場を導入する。本装置の導入により、新たに廃石膏ボードのリサイクル処理事業という業態に転換する。
国内で非鉄金属の資源循環を実現する金属リサイクル業への転換部品加工の受注減少・金属価格の高騰によって収益が大きく低下してしまっている。これまでの強みと機会を組み合わせて、非鉄金属を中心としたリサイクル業へと転換することで現況を打破し、雇用を維持する。
工業用ブラシのニッチトップ企業による樹脂リサイクル事業への事業拡大工業用ブラシの同業やサプライヤーとの繋がりを活用し、工業用ブラシの毛に使う樹脂のリサイクル事業に新たに取り組む。ブラシの樹脂の毛を製造する企業から端材を回収し、ペレット状に再生し、再度回収先に販売する事業であり、売上拡大と安定化を図る。
事業計画書「捨てられていたモノに新たな価値を付け再生し販売するリサイクルショップ展開本事業は、環境省が行っている「3R推進キャンペーン」の内リユースとリサイクルに同調し環境と資源を大切にするリサイクルショップです。今まで廃棄処分されていた「不用品」にリユースを行い低価格で販売するショップとして展開する事業です。
大型リサイクル装置向け板金製品に新規参入するための曲げ加工機導入事業本事業では長尺品用と小物用の曲げ加工機を2台とベンドCAMを導入し、リサイクル装置製品において求められる厚板・長尺物の高精度加工に取り組む
島根県が指定する松江市橋南地区建設残土リサイクルヤードの開設島根県が運営していた建設発生土リサイクルヤードが約3年前に廃止された。当事業はその後継を狙った公共工事の建設残土の受入を目指す事業である。そして、現在土地所有者と当該地域の同意を得ており開発申請の事前協議中である。
今後の都市開発に順応した、解体工事及び小規模好循環リサイクル事業へ取り組む主事業である造成・基礎工事の業績がコロナ禍とそれに伴う景気後退の影響で低迷する中、非木造建築物(鉄骨造・鉄筋鉄骨コンクリート造店舗・施設住宅、集合住宅等)の解体工事業への参入し、既存事業との受注領域の大幅拡充を行う。加えて発生する廃棄物80%以上のリサイクルを行い持続的な事業展開と環境保全にも取り組む。
当社の強みを生かした人工大理石のリサイクル事業への新規参入当社は備前市において耐火物原料の加工を行っています。新規事業では耐火物事業での経験、知識を活かして人工大理石のリサイクル事業に新規参入します。
産業廃棄物収集運搬事業(積替え保管あり)による地域貢献リサイクル事業コロナ禍で業績が落ち込む中、産業廃棄物収集運搬事業(積替え保管あり)に新たに取り組み、多品目に対応可能な廃棄物の受入施設を運営する。自社の課題である既存事業の高い運搬コストの低減と地域課題であるリサイクル率向上に取り組む。
環境問題の廃棄プラスチックのリサイクル加工分野への新展開弊社の既存事業であるFRP成形事業は縮小しており、この状況を打破するため、岡山地域で市場調査をし、競合が少ない環境分野の廃棄プラスチックのリサイクル加工への進出し地域の環境問題解決に貢献します。
マテリアルリサイクル技術を生かした、準バイオマスプラスチックペレット製造への新分野展開新型コロナウイルスの感染拡大で自動車部品製造関連企業が大きな影響を受けたことにより、当社は廃プラの仕入れおよび売上において打撃を受けた。本事業では、需要が拡大しているバイオマスプラスチックに近い再生ペレット製造に新たに取り組むことにより、V字回復を図り、同時に脱炭素社会の実現に向けた環境負荷の低い製品製造に貢献していく。
呉市初となるリサイクル処理場を開設呉市では日鉄の高炉閉鎖や造船不況により建設・製造業の景気が減速。呉市には廃プラ・ゴムの中間処理場がないため、建設・製造業の作業工程にロスが多く、業界全体の売り上げ低迷につながっている。呉市初の産業廃棄物処理場開設により、工程サイクルの好循環を生み出す。
「建設残土」を「改良土」に!建設業者によるリサイクル事業「建設残土」を回収し、「改良土」として販売するリサイクル業を行う。「建設残土」の処理を通して、地域の社会問題を解決する。
食品廃棄物循環型リサイクルシステムの構築食品廃棄物を活用した有機肥料製造システムを導入し、食品廃棄物循環型リサイクルシステムを確立する。環境配慮型のリードオフカンパニーとして、時代に沿った処理の形を実現していく。
建設現場への建設廃棄物リサイクル処理施設のレンタル事業コロナ禍の影響を受けて新築工事が減少し受注減少となった今、砕石製造業で長年培った破砕ノウハウを活かし、シナジー効果もねらえる建設廃棄物のリサイクル処理施設のレンタル事業を立ち上げる。
建築余剰資材をアウトレットでリサイクル販売する建築現場にて余剰で廃棄されている新品の資材を引取り、一般にアウトレットリサイクル販売する。顧客は通常価格の半額以下で手に入れることができ、建築材料ロスの廃棄削減にも貢献するSDGsな事業である。
廃棄内装材の有効利用、内装材のリサイクル販売への進出本事業は廃番商品などの廃棄内装材を活用し、販売する事業である。当社の強みを活かせる事業であり、リサイクル販売によりSDGsやカーボンニュートラルに貢献できる事業である。本事業により、事業再構築を行う。
学校連携リユース学生服通販及び廃棄学生服のリサイクル商品化プロジェクト学校がIDを付与した保護者のみが購入可能なネット通販と、傷みよデザイン変更により再利用できない学生服をリサイクル商品化しした新たな学生服循環エコシステムの構築
自社リサイクルによる非鉄金属販売事業への進出これまで海外に廃棄物として安価に輸出していたワイヤーハーネス類を自社で再資源化し、非鉄金属として国内流通させることで、SDGsの実現と高付加価値化を目指す。
中小企業のCO2削減に寄与するサーマルリサイクル事業への挑戦廃タイヤ切断処理ラインの拡充と切断処理能力が高い機械を導入して、今まで製造できていなかったチップタイヤを新製品として販売開始することで、新たな取引先を獲得する新分野展開を図る。
新分野展開でウォーターリサイクルを実現する事業再構築業種柄、公共工事の発注状況に左右され収益が安定しないカッター切断工事の専門業者が、汚泥脱水処理事業に進出し、事業多角化による企業体制強化と自然環境保全を実現する。
適正リサイクルで海洋資源と再エネを支える当社は「海」に関する事業を生業としている。そのため、処分方法が確立されていない太陽光発電に使用する太陽光パネルを適正にリサイクル及び処分することで、含有する有害物質等の流出を抑制し、海洋環境の維持及び保全に貢献する。
太陽光発電設備メンテナンス・パネルリサイクルに挑戦し循環型社会の実現に寄与する太陽光パネルの排出量の急増が見込まれ太陽光発電設備のメンテナンス・リサイクルは喫緊の課題である。電気工事技術・太陽光発電設備の知見を活かしパッケージ化した太陽光パネルメンテナンスサービスを提供し循環型社会の実現に寄与するとともに経営の安定を図る。
リサイクル事業へのチャレンジ今回、工事にて発生するアスファルト等廃材を、破砕機、分別機にて細かく破砕、分別することで、再生原料として利用、販売できる様リサイクルを行う。また、自走式を購入することで、災害現場等輸送困難な場所に直接赴くことが可能となり、現地での作業効率化が図れる。
養豚場直営ラーメン店開業による食品リサイクル循環型ビジネスモデルの実現もともと養豚業を営む当社が直営ラーメン店の新規開業を通じて,食品残渣等の飼料活用と自社生産豚肉の食材利用により食品リサイクルの循環を生み出し,本業(養豚業)の経営効率化とシナジー増大並びに同業他社との差別化と競争力強化を図る。
剪定枝のリサイクルセンターの建設による地域のSDGsへの貢献当社は①新型コロナの影響による売上高の大幅な減少、②植物資源リサイクルへの関与が限定的という2点の課題を抱えていた。本事業では、新規リサイクルセンターの建設によって、植物資源の回収からチップ化・堆肥化までを社内で完結させ、収益源の拡大及び地域循環型社会の実現を目指す。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「リサイクル」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事