UA-33885026-2
事業再構築補助金

「プラスチック」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「プラスチック」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「プラスチック」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「プラスチック」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。現代の生活で欠かせない素材の一つがプラスチックです。プラスチックは私たちの生活に非常に身近な存在です。
これから、「プラスチック」事業を始める方の参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
ケナフ由来のセルロースを使用したバイオプラスチック分野での新事業展開環境植物といわれているケナフからカーボンを製造する際に発生するセルロースを利用して、バイオプラスチックの補強材を製造する。
プラスチック金型屋が超精密金属製品製造に挑戦、次世代型低侵襲医療処置具の開発と量産現業のプラスチック金型分野に加え、精密金属製品製造分野に挑戦する。対象製品は未だ世にない「超極細・超極薄」の低侵襲医療用処置具。顧客からはその開発と量産の要求がある。当社の金型技術を駆使し開発は目途立つが、量産は経験なく設備も保有していない。そこで、新設備導入のうえ対応要員も新規採用して第二の事業柱を構築し、一層の生産性向上をめざす。
リサイクラー工程ロス副産物を再生プラスチックシートに再資源化する新分野展開事業食品包装材料の需要増という機会と当社の強みであるリサイクル工程ロス品の処理技術を活かして「再生プラスチックシート製造への新分野展開」に乗り出すことでコロナ禍による売上減少からのV字回復と企業価値の向上を図る。
クリーンルーム環境を構築し高品質プラスチック製造への業態転換現在縮小傾向にある金型事業から、成長市場である高品質プラスチックの射出成形へ業態転換を行う。これを行うためには自社でクリーンルーム環境を構築し、射出成形機を導入する必要があるため設備投資を行う。
医療機器へのプラスチック成形部品製造の新分野展開既存事業の自動車部品は、コロナの影響で顧客動向がこの先不透明な状況で、これを打破するため医療分野でニーズのある金属製品からプラスチック製品の新分野に参入する。

既存事業のノウハウを活かし高精度化、形状微細化などの技術、クリーンルーム使用による防塵、トレーサビリテの管理を行い業界のトップランナーを目指す。

プラスチック製品製造業における医療分野への新規参入による事業再構築医療機器向け樹脂製品への新規参入の課題は、高度な製造整備と量産への対応である。本事業では、清浄度クラス7のクリーンルーム及び恒温環境を整備し、成形での多数個取りをデジタル活用で高度化させ、業態転換を図り事業再構築を目指す。
再生プラスチックを活用した容器製造方法の変更による業態転換新型コロナウイルス感染症の影響で減少した売上を挽回するため、循環型社会構築に貢献する再生PSP(発泡ポリスチレン)製の容器を新開発するとともに、これを生産するために製造方法を変更する業態転換を行う。
農機具向けに用いる耐久性に優れたプラスチック製品の量産化農機具向け部品の生産ラインを新たに設置し、耐久性の高いプラスチック製品の量産化に取り組む。合わせて、生産工程における自動化を推進し、人手をかけず成形技師が複数の成形機の稼働監視ができる体制を実現する。これにより、生産性を高めて収益性のさらなる向上に取り組む。
自販機での販売に最適化したプラスチック商品ケースの製造販売事業への新分野展開。非対面販売を求めるニーズの一環として、飲料用自動販売機を活用して飲料以外の商品販売を行うニーズが高まっており、自販機販売に最適化した商品容器への引合いが増加している。新型コロナの影響で、当社が従来製造していたカプセル容器への需要が減少しているため、新たに設備投資を行い、自販機向け容器の製造販売事業に進出する。
プラスチックリサイクル事業の新分野展開による事業再構築とSDGs及び資源循環型社会構築への貢献SDGsへの社会的意識の高まり等によるプラスチックリサイクルニーズ増大の機会を、新規取得が極めて困難な『23区の都心部での廃棄物処理施設』保有や、古紙リサイクル事業で築き上げてきた区市町村との『強い信頼関係』等の強みを活かし、プラスチックリサイクル事業による事業再構築を行い、資源循環型社会構築に貢献します。
医療機器、検査機器の特殊部品のプラスチック容器を包装紙器で代替現業の医薬品包装紙器製造がコロナ禍により売上が急減したため、現業同様に品質重視の医療機器、検査機器の特殊部品の包装プラ容器の包装紙器代替事業を始める。

売上増だけでなく環境問題の解決に貢献する。

完全脱プラ、脱炭素の世界へ:100%植物由来のバイオプラスチック製品開発と里山資源の循環国内外で環境負荷低減の要求、ニーズが非常に高まっている中、現状は、50%強のバイオプラスチック製品を製造してきたが、今般、【完全脱プラ、脱炭素世界】を実現する為、100%植物由来のバイオプラスチック製品の開発・製造にチャレンジ。
拡大する精密機械部品向けプラスチック包装市場への大胆な挑戦製版事業で培った段ボールメーカーとの人脈とプラスチック樹脂取扱いの知見を生かして、精密機械部品向けプラスチック包材製造に参入します。これまでに製造経験のない新分野ですが既存事業の強みを生かした事業転換です。
企業連携でSDGsを推進する硬質プラスチック再資源化事業への挑戦メーカーと連携して硬質プラスチックの再資源化事業に挑戦して、ペットボトルの再資源化に特化した単一事業体制から脱却し、SDGsの促進を図りながら、再生樹脂の価格変動リスクに強いビジネスモデルを構築します。
廃プラスチックを貴重な再生エネルギーとし有効活用する事業コロナ後に問題となることが想定される、使用済み食品容器やマスクなど大量のプラスチックゴミの増加。廃棄処理後に残るリサイクルができない廃プラスチックを「RPF」という固形燃料にすることで大量の廃棄物処理問題を解決する。
工業用プラスチック製品製造から木工製品製造への新分野展開新型コロナの影響が長期化し、主力事業である樹脂板切削製品の売上が減少した。新たな事業として巣ごもり需要で市場の拡大が期待できる電子ギターの本体となる木工製品の生産体制を構築することで新たな市場へ進出し、売上の回復を図る。
プラスチック製品「組立」分野への参入についてこれまで行っていた工作機械用樹脂加工・医療機器用樹脂加工・液晶半導体樹脂加工・その他樹脂加工から、当社は新たにプラスチック製品「組立」分野に参入します。本件は「組立」分野に参入するための事業計画となります。
印刷技術を応用したプラスチックの紙代替および広告需要に対応した新たな印刷需要市場への参入本事業は、総合的な印刷サービスの提供を行っている当社が、印刷品質の強化および品質・精度の向上を図り、新たに紙ファイルの製造や広告宣伝等の印字、DM作成に取り組み、新たな市場への進出を図る事業再構築事業である。
プラスチック製品の射出成形加工事業への新規参入商社事業・建設事業・人材派遣業を行ってきた当社が、新分野展開の取組みとして、プラスチック製品の射出成形加工という製造業を新たに行い、巣ごもり需要でのニーズや医療分野への進出を狙う。
「SDGS」を意識した廃プラスチックのリサイクル事業の取組み本事業は①地球規模の環境保全活動「SDGS」への寄与と②中国他諸外国の廃プラスチック輸入禁止によって国内に溢れる廃プラスチックの未処分問題を解決することを目的に廃プラスチックのリサイクル事業を展開する
生産設備部品の精密切削加工からプラスチック射出成型金型製造への新分野展開当社は、自動車製造ラインの装置や半導体製造装置の部品などの製造や、燃料電池車など次世代型自動車部品の試作を行ってきた。しかしコロナ禍の影響により客先企業の設備投資の減少等の影響を受け、受注量が減少している。そこで新分野展開として、EV用バッテリー絶縁体や文房具等のプラスチック射出成型金型の試作と製造を進める計画としている。
食品加工に由来するプラスチックごみの焼却処理からサーマル原料化への転換コンビニやスーパー向けの総菜や弁当を作る食品工場から大量に発生するプラスチックの大袋(PE袋)は、食品残渣があるため殆どが焼却処分されているが、このプラスチックごみを洗浄してサーマルリサイクルの原料として再利用する事業。
飲料品残渣などを利用したバイオマスプラスチック用原料ペレットの量産化事業バイオマスプラスチックは、地球温暖化抑止のためのプラスチック減少対策として注目を浴びている。課題はその原料ペレットの安定供給、コストダウンである。量産ラインを構築しバイオマスプラスチック用原料ペレットの生産体制を整備する。
生産廃材を活用したプラスチックリサイクル事業による新規事業の展開現業のシュリンクフィルム加工事業で発生する廃材を収集してポリエチレンテレフタレート(PET)のペレットに加工する「プラスチックリサイクル事業」を新規ビジネスとして展開し、収益の向上と脱炭素化運動に貢献する。
「脱プラスチック」を実現させる「紙」を材料とした新製品の製造への進出紙卸売業を行ってきた当社が、社会的目標である「脱プラスチック」を実現できる「紙」由来のプラスチック代替素材を材料とした新製品の製造と開発に取り組み、SDGsや環境対策の施策を持って、新たな市場へ進出する新事業。
クリーンルーム環境での射出成形設備導入による医療用プラスチック製品事業への新分野展開液晶バックライトフレーム製造で得た技術をもとに、コロナ禍で注目を集める遺伝子検査試験用容器を製造するために、クリーンルームと射出成形設備を導入し、医療用プラスチック製品市場に参入します。
廃プラスチック輸出から自社で高品質な再生加工プラスチック製造事業リサイクルプラスチックのペレットへと需要が変わり、廃プラスチックの輸出貿易で積み上げた実績を活かした再生資源を加工する設備を導入しリサイクルペレット製造業者へと業態を転換する。
環境対応型・市場優位性のあるプラスチック製品を製造販売し社会インフラ業界へ進出自動車・家電業界で培ってきた技術やノウハウを活かし、「家電・通信分野」「土木・建築分野」において工事施工性、耐久性、費用等の点で改善が望まれている製品の代替として、当社独自の環境負荷が低く市場優位性のあるプラスチック製品を新たに製造販売する。
新たにプラスチック再生原料に取り組むことによる環境リサイクル貢献事業食品容器トレー製造工程において発生する「端材」を利用したリペレット(再生原料)製造販売に新たに取り組みプラスチック再生原料事業へ本格参入を目指す。
再生プラスチック原料製造から成形品製造に至るリサイクル製品一貫生産体制の構築廃プラスチックのチップ化、ペレット化に留まらず、より付加価値の高い射出成形品製造までの事業拡大を図り、持続的成長を目指す取り組みを推進する。
プラスチック製が主流であった食品容器の紙製食品容器へ移行計画弊社は、包装ニーズの多様化に柔軟に対応できる包装容器製造業者である。プラスチック製容器包装にポジティブリスト制度が導入された影響で、得意先よりプラスチック製の食品容器から紙製食品容器に移行できないかと要請が急増している。

新たなニーズに対応できるよう生産体制の構築を図る。

紙類主体のリサイクル事業から 資源循環・脱炭素社会に向けたプラスチック類のリサイクル事業への新分野展開チラシ・段ボール・牛乳パックを主体とした紙類リサイクル事業から<資源循環型社会×脱炭素社会×障がい者の就労機会と職域の拡大>の実現に向けたビニール・プラスチック類リサイクル事業への新分野展開
プラ製から紙製へ!プラスチックフイルム専門工場の新たな挑戦!40年を越えプラ製包装資材加工を行ってきた会社が、機械改造で独自加工を行い、プラ製包装形態を紙化へ実現。これにより自然資源枯渇抑制、地球温暖化防止、水質汚染防止など、持続可能な社会への貢献を目指す。
脱炭素化へ向けた廃プラスチック燃料化のリサイクル事業脱炭素社会の実現という世界的な重点課題に対して、医療系廃棄物の焼却処理業から産業廃棄物のリサイクル業へ事業転換し、プラスチックの資源活用を促進すると共に、顧客拡大による売上確保を達成する。
社会的要請、廃プラスチックの中間処理施設を新設コロナ禍の影響による公共建設投資の大幅な減少、公共工事の受注に依存した既存事業から、既存事業の資源とノウハウ・技術を活かし廃プラスチック中間処理施設を新設。今後増加する廃棄物のリサイクル市場への進出を視野に、長期的利益追求システムを構築する。
プラスチック製容器から木製容器へ需要拡大するテイクアウト市場への挑戦新型コロナウィルス感染症拡大を背景に外出自粛要請による巣ごもり需要が増加する事で一気に成長産業として需要拡大が見込まれるテイクアウト市場への木製包装容器の参入を目指す。
廃プラスチックエネルギー化新システムの非対面販売構築事業使用済プラスチックをその場でクリーンエネルギーに変換し利用するシステムに“CO2削減量の見える化”等を搭載した新システムの展示機を整備し、“非対面販売体制”を構築することで持続可能な企業を目指す事業計画
廃プラスチック類のRPF固形燃料用原料製造事業への新分野展開廃プラスチック類の循環利用を目的に処理設備を新設し、RPF固形燃料用の原料を製造する事業に進出する。これにより収集・製造・供給先への運搬と一貫した対応の処理サービスとして展開し事業者の再資源化需要に応える。
プラスチック製歯ブラシ製造からバイオマス歯ブラシ製造への製造方法の転換コロナ禍の影響によりホテル・観光業は需要が激減しているが、収束後のV字回復に向けた備えが必要である。近年のSDGsに関するニーズの高まりを受けて、既存事業である歯ブラシの原料を、プラスチックから穀物由来のバイオマス原料に変える。これに伴い製造方法を変更する事で業態転換し、コロナ後の生き残りを図る。
地域の廃棄物を使った「地域発世界行きのプラスチック代替品」の製造販売を目指す。本事業では、近年世界的な問題となっている廃プラスチック問題に対応するため、地域資源(地域の廃棄物:豆腐工場から大量に排出されているおからを主原料とする)を利用したバイオプラスチックの製造を行い、地域内資源循環の実現を目指す。
プラスチック製品の製造における「食品容器部品」、「医薬品部品」への新分野展開および自社開発体制の構築本補助事業にて製造経験のない「食品容器部品」「医薬品部品製品」の新規2分野への事業展開を行います。従来まで受注先メーカーからの受身であった営業体制を見直し、「自社開発部門」の立ち上げを行うことで積極的な営業体制を構築し、客先からの要望であるクリーンブースの増設により、異物混入ゼロ化を目指します。
プラスチック製品の塗装の内製化によるV字回復計画当社の売上の多くを占める取引先の案件がコロナ禍により延期され、大きく売上が減少した。当社の造形技術を活かした需要は継続しているため、塗装工程を内製化することで収益率改善や受注増を目論む。
生分解性プラスチック技術を用いた暗渠排水管の製造現在まで、目詰まりにより排水機能が低下した暗渠排水管は地中に埋めたまま放置していた。

生分解性プラスチックで製造することで、土壌の性質向上と環境問題への配慮が両立する新製品が完成する。

再生プラスチック製造のフレーク・ペレット→シートへの高度化新分野展開コロナ禍によってプラスチックリサイクルの仕入材と再生品の需要が大きく変わりました。それに対応するために、再生材製造を高度化して今後の需要増が期待される「再生PETシート製造事業に新分野展開」する事業再構築に取組むことで、資源循環リサイクルに貢献します。
プラスチックごみをカーボンナノチューブに変換して製造する事業将来有望な先進素材だが極めて高価な事が課題の「カーボンナノチューブ」を、プラスチックごみを気化させ、得られたガスを原料に安価かつ高収率で量産できる製造体制を構築し、国内ものづくり市場向けに製品化・販売する。
新型コロナウイルス感染症の影響により、変化した経済社会に対応できる、自社の強みを生かした『プラスチック樹脂専門倉庫業』高機能プラスチック部品製造及び組立工場の新規経営
大型汎用プラスチック成形品の製造技術を活かし、EV用エンプラ製品に参入大型のプラスチック射出成形品の試作から量産までを得意とする当社は、業態転換により主要設備を変更、汎用プラスチックからエンプラへ対応範囲を拡大し脱炭素時代におけるEV車両のニーズに対応する。
再生プラスチックを利用した建築資材の加工及び販売建設業に従事する施工会社、建築資材を取り扱う商社をターゲット顧客として、再生プラスチックを利用した良質で価格競争力のある建築資材の製造を中国の製造会社へ委託し、日本搬送後に当社倉庫兼加工所にて日本市場に適した規格にリサイズして販売する。
新たな超精密プラスチック微細加工技術を応用した新分野展開本事業は、超精密のプラスチック加工技術を有している当社が、新たな加工技術を確立させ、半導体市場などで求められる微細化に対応した金型製造体制を確立し、新たな分野への進出を図る事業である。
一般建築資材から環境配慮プラスチック成形製造への大胆な業態変換コロナ長期化で一般建築資材向けプラスチック加工の売上が伸び悩む。最新式押出成形機、射出成形機の導入で、環境に配慮した柔軟な自社再生可能なプラスチック加工へ業態転換。御殿場地域との連携で新たな需要を喚起。
業界でも数少ない超大型プラスチック部品生産体制構築による新事業への進出コロナの影響により自動車部品の生産も減少傾向が続く中、当事業ではコロナ禍でもなお需要が大きく、かつ業界でも対応できる企業がごく限られている超大型プラスチック部品の生産体制構築に取組み、他社との差別化を強化してコロナ禍からの再起を図る。事業実施により、対応できる製品サイズが大幅に拡大し、会社全体の収益性も向上する。事業規模拡大に伴い新たな人材の採用にも取組み、地域の雇用創出にも貢献する。
植物主成分のバイオマスプラスチック使用によるハイブリッドパッケージ製品(紙+フィルム)の製造2030年の温暖化ガス46%削減目標に向けて、紙+植物成分バイオマスシュリンクフィルムを使用したハイブリッドパッケージを製造し、大手メーカーに環境改善にための新しいパッケージを提案する事業再構築計画。​
プラスチック等の破砕による再生リサイクル事業の展開航空機用部品の製造で培った技術力を背景にした高純度のプラスチック再生品の製造と再生の進んでいない物品の再生利用に着手することで企業収益と社会環境の改善に貢献していく。
金型製造ノウハウを土台とした、プラスチック射出成形事業への参入当社は20年以上、プラスチック射出成形用の金型を製造している。今般、顧客の要請もあり射出成形事業そのものに新規参入する。金型を社内製造する利点を生かし、高効率・高精度の製造により、事業再構築を実現する。
新分野「プラスチックのリサイクル事業」の展開スクラップ事業と産業廃棄物処理を主業とし、付随して解体工事業を営んできましたが、コロナ禍で大打撃を受け、未だに回復してこない当社事業を見直し、世界的に取り組みが始まっているプラスチックのリサイクル事業への新分野展開を実施する。
プラスチック製品分野への挑戦によるサプライチェーンの統合従来、自動車部品の組付け加工、革巻き加工を行ってきた当社が、プラスチック製品分野への挑戦をする。顧客へサプライチェーンの統合によるコスト改善による優位性を訴求し、既存事業とのシナジー効果による収益の確保を図る計画である。
プラスチック(PA、ナイロン)のリペレットの製造及び輸出事業プラスチック(PP素材)のリペレットの輸出業(卸売業)で形成した知見やコネクションを使い,より高付加価値で製造に技術力を要する国際的に需要の高いプラスチック(PA素材)のリペレットを自ら製造し輸出販売する。
新型コロナにも有効な抗ウイルス性プラスチック原材料の開発による新事業への進出と事業転換の取組み観光地等で販売されるプラスチック装飾品等を主力としていた当社既存事業はコロナの影響により大打撃を受けている。当事業では新型コロナにも有効な抗ウイルス性プラスチック原料を新たに開発し、当社初となるプラスチック原料事業を立ち上げることで思い切った事業転換を図る。事業実施により主力事業の転換と収益性の向上が実現する。事業規模拡大に伴い新たな人材の採用にも取組み、地域の雇用創出にも貢献する。
Aランクの社内衛生管理体制で解決するプラスチック問題への取組大手化粧品メーカーの管理基準に適合してきたAランクの社内衛生管理体制を活かし、市場の拡大が期待できる「歯ブラシ製造」という新分野へ事業再構築を図るとともに、自社製品の開発で『脱・プラスチック問題』に取り組む。
廃プラスチック・リサイクル事業の新規素材展開による売上げ拡大廃プラスチックのリサイクルは環境・資源問題に関わる重要なテーマであり、将来的な需要は増加の傾向にある。当社がリサイクル対応できるプラスチック素材を拡大することで、新型コロナの影響を受け減少した売上げの回復につなげていく。
資源プラスチックのトータルサポート廃プラスチックを回収し分別や加工などをすることで廃プラスチックを再生販売や製造部品として再利用・再活用することが可能となります。
3次元表面加飾工法を用いた脱プラスチック化促進による事業再構築3次元表面加飾工法を用いたフィルム加工を通して、環境に優しい真新しい脱プラ製品開発をし、プラスチック製品に見劣りしない高品質で高収益な製品の提供を目指す。
新素材活用によりCO2発生を削減するプラスチック容器製造への進出プラスチック燃焼時のCO₂発生を60%削減する新素材「グリーンナノ」を活用した容器を製造し、SDGsに積極的に取り組む化粧品、トイレタリー用品、コンビニ、食品分野の新市場を開拓します
振動溶着機によりプラスチック部品を新たに溶着製造する業態転換自動車がEV化・自動運転化に向かう中、軽量化や安全性の観点からプラスチック部品が増加し、特殊な形状の場合は部品同士を溶着する要求がある為、振動溶着機を導入して当社で初めて溶着製造し受注拡大を実現する
CO2削減を可能にする「バイオマスプラスチック製医療系廃棄物処分容器」製造計画コロナ環境下で増大した医療需要及びカーボンニュートラルやSDGsの理念に応えるべく、廃プラスチックと木質ペレットを原料とした「バイオマスプラスチック」製の地球にやさしい「医療系廃棄物処分容器」を製造販売する計画。(*特許申請予定)
射出成型プラスチック製品の自動車部品向けから家庭用品への新分野展開主力である射出成型プラスチック製品の自動車部品向けは、コロナ禍による世界的な需要減少を受けて受注が不安定に推移している。

新たにバイオプラスチックを用いる家庭用品を製作する第2工場を立ち上げ、新分野展開を行う。

下請けから脱却し脱炭素脱プラスチック商品で地球環境を改善する大手企業の下請けのグラビア印刷から、脱炭素脱プラスチック商品であるオリジナル商品を自社で企画開発することのできるフレキソ印刷へ転換し、当社の理念である「正直でエコ」をさらに加速して実現していく事業。
天然バイオマスを使用した医療用プラスチック容器の製造事業クリーンルームの設置により、ウィズコロナ時代において必要不可欠である小型容器等の高付加価値医療用プラスチック容器の製造開発を行い、世間に必要と認められる企業への成長の足がかりとする。
耐久性・生分解性に優れた紙製カトラリーで脱プラスチック市場へ進出紙製の「貼り箱」専業から脱却し、立体形状加工を施した強度・耐久性・環境性に優れた紙製カトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ等)の製造で、創成期にあるプラスチック代替製品市場に参入します。
SDGs(カーボンニュートラル)に対応する複合プラスチック再生処理技術の高度化(グリーン再生ペレット化事業)弊社は、2軸混錬機による新たな成型技術に取り組む事で、今まで産廃になっていた複合プラスチック素材をリサイクルして市場に戻す、また各企業の要望に合わせた特殊再生ペレットを製造する「クローズドリサイクル事業」を計画している。
450t大型プラスチック成型機導入による新市場参入計画自動車内装向けの中型プラスチック部品事業から、拡大している日用品用雑貨市場に大型プラスチック製品で参入するため大型成型機を導入する。売上確保、下請け体質からの脱却と事業リスク分散を目指す。
プラスチック製造業の抗ウイルス機能シート等を媒体とした広告事業プラスチック製品製造業の売上減少に対し、トイレのフタを閉めて流す習慣を身につけながら抗ウイルス機能のあるシート等オンリーワン媒体の広告業に進出し、下請から元請へ、企画から製造まで一貫し売上を回復させる
香川発の廃プラスチックをエネルギー資源として再利用する新事業建設物の解体から出されるゴミの種類は多数あり、処分においても様々である。しかし、特に処分先に悩みを抱えるのが廃プラスチックである。このゴミを細かく砕き、新たなエネルギーへと生まれ変わらせていく。
脱プラスチックの一手となる米ストローで持続可能な経済社会の実現に寄与する日本産の米、コーンスターチのみを原料とする「米ストロー」を自社製造し、プラスチックストローの代替品とすることで、脱プラスチック社会の実現に寄与する。
EV車、HV車向けの車載駆動電池用プラスチック成形品製造への参入自社固有のプレス金型の技術を生かし、EV車、HV車の自動車分野を対象にインサート成形加工を活用することによって車載駆動バッテリーに組み込むプラスチック成形部品製造への新規参入を図る
脱プラスチック!特殊貼箱の新規製造による異業界進出計画コロナ禍により観光向けのお土産用紙器(貼箱)の売上が減少したことから、プラスチック容器の代替可能な新たな貼箱を提供することにより、新たな需要を開拓し、経営の回復と付加価値の増加を図る。
プラスチックに変わるデザイン性の高い生分解性紙製食器の製造・販売事業海洋プラスチック問題は、世界共通課題である。プラスチックに変わる生分解性紙を原料にした高いデザイン性の食器(スプーン・フォーク)の開発・製造・販売する新事業展開を目指す。
プラスチック製品を医薬品業界へ供給開始するための専用設備導入計画新型コロナ感染症の影響により低迷した既存事業の需要と売上を回復させるため、医薬品分野への製品供給に挑戦する。医薬品分野は特に高精度・高品質が要求されるため、生産体制の組み直しを図り必要な専用設備を導入し、安定供給かつ納期遵守を実現させる。
プラスチック用射出成形型の国内製造への業態転換とリユース製品の販売プラスチック用射出成形型の製造をコロナ禍で供給が不安定な外国から国内へ移行し、部品調達を安定させる。また、リユース製品を販売することで、人件費の安い外国製の金型よりも低価格で提供し、業績回復を目指す。
軟質系プラスチック回収・破砕・洗浄・造粒リサイクル事業コロナの影響で輸出額が40%減少となった。国内回帰を図るため軟質系プラスチック用破砕・洗浄・造粒ラインを新設し、廃プラスチックを国内循環する新分野展開に挑戦すると共に国が目指す脱炭素社会にも貢献する。
下請け印刷業からプラスチック製品販売メーカーへ上場企業の下請け印刷業から、中小零細企業向けのプラスチック製品販売メーカーへの転換を図ります。他の業社に対し、加工性が高く、コスト負担も少ないプラスチック製品を販売し、売上回復の実現、競業他社から協業他社への転換を図ります。
プラスチック製品製造業における事業再構築 ~吸収分割で取得した美里工場の精鋭化~EV向け高付加価値製品の新規需要を獲得するための課題は、試作から量産mでの一貫受注体制の構築である。本事業では、吸収分割(事業再編)にて新たに得た組立技術と既存の成形技術の強みを生かし(業態転換)、事業再構築をはかる。
プラスチック製品製造業における新製品分野参入による事業再構築EV向けモータに使用されるベアリングの樹脂製品へ新規参入するための課題は、高品質を維持し続ける生産体制の構築である。本事業では、IoTを駆使し独創的な金型製造の仕組みで業態転換を図り、事業再構築を目指す。
金型設計・製造とプラスチック加工技術を活かして薬事品・医療用プラスチック分野に新分野展開これまでは主に精密ギア等の部品,学校関連製品・文具製品等のプラスチック製品を製造していた当社は、業界全体がコロナの影響により業績不振で厳しい環境に立たされています。そのために新たに薬事品・医療用プラスチック分野の製品開発・製造に着手して新分野展開を致します。
プラスチック代替素材を使用した、ガラスびんに代わる環境配慮型容器の製造バイオマスプラスチックを使用し、環境に配慮しながら軽量で割れにくく、高いガスバリア性と耐薬品性を兼ね備えたボトル容器を製造し、海外生産のガラスびん市場(薬品や香水向け)に進出する。
プラスチック資源循環促進法施行を機会と捉え紙製カトラリー製造・販売による新分野展開の実現来年度施行予定の プラスチック資源循環促進法案により脱プラスチック製品に対応する為に製造時に炭素排出を実質ゼロとするカーボンニュートラル紙製カトラリーを新分野であるコンビニ、スーパーへ販売する事業展開を行う。
新製品「電磁開閉器用のプラスチック部品金型」投入による売上高拡大コロナ禍による既存顧客の発注減で売上減少に陥った当社は、強みである高度な切削加工と金型設計能力を活かし新製品「電磁開閉器用のプラスチック部品金型」を新規顧客に向け提供し、売上のV字回復と拡大を実現します。
廃プラスチックの再生ペレット製造に伴う国内循環の実現本事業は廃プラスチックの再生ペレット化設備を導入することで、国内で仕入れた廃プラスチックを国内で再生ペレットに加工し、国内企業に出荷して、プラスチックの循環を行うことを目指している。
最新式大型高精度成形機導入と100年に渡るプラスチック加工技術を複合活用した防災・農業機械市場への新分野展開感染症の影響を受け主事業の照明業界需要が低迷。大型高精度射出成型機と100年に渡るプラスチック加工のノウハウを複合的に活用する事で大型プラスチック部品の高精度加工体制を構築し、事業継続のため需要伸長が見込めるインフラ業界の災害・防災需要を取り込む大胆な新分野展開を図る。
自社の強みを生かした『プラスチック樹脂専門倉庫業』一般的な倉庫業を行っている企業は全国にかなりあるが、そのほとんどが保管、管理といった通常の倉庫業であり、専門性のある廃プラスチックや樹脂を取り扱い、分別、保管、管理をおこなっている倉庫業を計画する。
プラスチック原料のフラフ燃料化施設の構築コロナによる景気の悪化で利用されなくなり廃棄物になってしまっているプラスチック原料を代替え燃料として有効利用するための拠点を地域で初めて建設し、プラスチックリサイクルの新たな可能性を構築したい。
廃プラスチック油化事業世界的に輸出入規制が強まった廃プラスチックに対して、油化装置(プラント)の設置等によるリサイクル事業。地方自治体とコラボし、廃プラスチックの引取り及び生成油の販売による、環境問題・社会問題解決型事業。
循環型社会のための廃プラスチック削減に向けた自動車由来プラスチックのリサイクル事業自社敷地内に新潟県初の自動車専門の廃プラスチックリサイクル工場を建設。ASR(自動車シュレッダーダスト)に含まれるプラスチックを再資源化し売却する事で収益性を確保するとともに、有償廃棄しているプラスチックを削減する事で社会的コストの低減を目指す。
金型の個別生産からプラスチック製品量産への新分野展開の取組み主力の金型製造のコロナ禍による落ち込みを補完するためプラスチック製避難はしご格納箱量産の新分野展開を行います。新工場建設・設備導入、生産・在庫管理に取り組み長期安定的な受注による経営の安定を図ります。
環境負荷を低減するバイオプラスチックペットボトル成形金型製造による新分野展開カーボンニュートラルが求められるポストコロナの経済において、顧客から要望のあるバイオプラスチックペットボトル成形金型の製造に応えられる生産体制を構築することで新分野展開を図り、既存事業だけに依存しない事業基盤を確立する。
自社の品質管理・生産技術を活かしたプラスチック自動車内装部品分野への展開プラスチック射出成形における外観検査等の高い品質ノウハウに加え、加飾・印刷・組立のおける高い技術力を持つ近隣中小企業との協力体制によって、より技術難易度の高い自動車内装部品分野へ新分野展開する。
日本の製造業の底力を取り戻すプラスチック製造工程の完全内製化の実現コロナの影響から当社の高度なプラスチック生産体制が崩壊しつつあり、製造工程の完全内製化により当社自慢のフレキシブルな少量多品種短納期体制の再構築を実現する。
RPF固形燃料製造による廃プラスチックリサイクル事業主原料となる「廃プラスチック」を商圏企業より回収し、製紙会社等で燃料として使用される「RPF固形燃料」の製造を行い、当RPF製造事業での売上高が総売上高の20%以上となる計画を策定する。
ロボットベンダー導入によるプラスチック容器射出成型機事業への進出ロボットベンダー導入によって電装部品・操作パネル部品の多品種・中量生産体制を構築し、短納期対応と外観品質を売りに、今後さらなる成長が見込めるプラスチック容器射出成型機事業に進出する。
高精度なプラスチック切削加工技術を活用した新たな工場ラインの金属代替製品の製造本事業は、オーダーメイド型の大型製品の製造体制を確立し、新たに大型ろ過装置を製造するとともに、半導体を中心とした製造工場への金属代替製品の提供を通じた工場ライン製造の事業化を図る事業である。
プラスチック製建材製造業のノウハウを活かした、林業用資材製造業への事業転換コロナ禍の影響及びプラスチックの不使用の気運を受け低下した売り上げを、林業用資材製造業への事業転換により回復する。コスト高により促進されない再造林事業において、工法及び資材の低コスト化に取り組む本事業は、再造林の経済合理性を改善し、林業の持続可能性を高める。
コロナ対策で発生する廃プラスチック類に注力した産業廃棄物の中間処理施設事業解体事業で発生する産業廃棄物を処理する中間処理施設事業を行う。今後コロナ対策で定期的な交換が見込まれるアクリルパーテーションやビニール垂幕の処分に注力する事で他社との差別化を図る。
大型軽量化プラスチック窓製造による次世代自動車市場への参入EV自動運転車のプラスチック窓の試作から得た技術や経験を基に、自動車の各窓に要求される安全企画や機能を備え、今後大きく期待される自動車用プラスチック窓製造により次世代自動車市場へ参入する。
海洋ゴミをなくす海洋生分解性プラスチックコンパウンドの製造当社が長年培ってきた「農業向け生分解性プラスチックコンパウンド」の製造技術を発展させ、海洋プラスチックごみ問題を解決できる「海洋生分解性プラスチックコンパウンド」を新規開発する。
漁業者の漁具廃棄の課題を解決し海洋プラスチック収益化を実現する事業確立廃棄漁具を原材料とし、塩分を含むためプラスチックの中でも最もマテリアルリサイクルが進んでいない海洋プラスチックに特化したリサイクルプラスチック素材の製造事業を確立し、漁業者の課題解決とプラスチックリサイクル率向上を目指します。
植物廃棄物である稲もみ殻をプラスチックと混合することで高コストなバイオプラスチック原料の低価格を実現する。植物廃棄物である稲もみ殻をプラスチックと混合することで、高コストなバイオプラスチック原料の低価格を実現する。既存事業の知見を活かすことで、日用品分野での国内初の実用化を目指し、CO2削減課題に貢献する。
プラスチック成形金型製造業から介護事業への事業再編コロナ禍の影響で当社の既存事業である金型事業の需要が、自動車市場を中心に減少している。そのため国全体や地域で問題となっている少子高齢化に対応すべく、事業再編を行って介護事業へ進出する。
プラスチック金型製造の技術力を生かして、金属プレス金型の事業展開規制強化により脱プラスチックの動きが強く、今後大きな市場成長が見込めない。顧客からはプレス金型への進出を強く要望されており、第2事業としてプレス金型の開発製造を立ち上げる。
プラスチック再生原料を用いた『コンテナ床材』の開発・販売脱炭素社会を目指す中で循環型社会経済への移行を促進するためには、使用済みプラスチックから価値を生み出しより持続可能な未来への道を開くことが求められている。今回取組む事業はこの社会的要請にマッチしたものでありコンテナ床材に使用されている合板をプラスチック品に置き換えるものである。
超音波溶着事業におけるプラスチック成形品の内製化への参入に伴う業態転換弊社は、射出成形機を有していない。そこで、射出成形機の導入によるプラスチック成形品の内製化を図ることで、プラスチック成形から超音波溶着までの工程の一括管理を実現し、収益の改善を図る。
紙製容器専業メーカが挑むプラスチック製段ボール箱の生産開始に伴う設備導入と工場改修計画当社は工業用紙製容器の製造・販売業者として、顧客の多様なニーズに対応してきた。プラスチック製段ボール箱についても、必要に応じ他社から仕入れて供給してきたが、主要顧客から当社による内製化の打診があり検討した結果、新分野展開によりこれに応ずる方針を固めた。
超微粉の有機、無機フィラーの機能性複合プラスチック材料の製造。超微粉の有機、無機フィラーをプラスチックに高充填させるには、現状より環境整備された空間内の連続生産式システムに変更する必要性があった。これにより、既存の自動車業界ではなく、食品や先端製品分野への新分野展開が可能となる。
ポリ袋製造企業の社会的責任としてのプラスチックリサイクル事業コロナの影響で18%も減少した売上を回復させるため、これまで培ったポリ袋製造技術を活かして、資源プラを回収・ペレット化するリサイクル事業を実現する事で製造企業としての社会的責任を果たしSDGsにも貢献する。
高性能なバイオペレット製造で世の中のプラスチックを変える事業今まで実現出来なかった、強度、コスト、耐熱性、加工性に優れ、CO2削減効果が高い生分解性プラスチックペレットを製造することで、環境負荷のないプラスチックを広め、世の中のプラスチック製品を変えていく事業。
プラスチック容器とパウチの両製品生産体制構築による新分野展開への取組み競合他社に先駆け、脱プラ・減プラを背景に需要が拡大する詰め替え用パウチの生産体制を整え、中小メーカーや中小ブランドをターゲットとした詰め替え用パウチとプラスチック容器の両製品一括生産の事業化に取組むことで、コロナからの復活と再起を図る。
炭素繊維強化プラスチック部材の組立加工への新分野展開現在あらゆる分野にて需要が伸びている炭素繊維強化プラスチック素材の「溶接」による接合という、当社が開発した新たな技術を用いて、新しい組立加工分野へ展開していく。
焼却されている廃プラスチックから異物を除去し再資源化を実現する焼却されている廃プラスチックからレーザーフィルターを用いた異物除去を行うことで、Co2排出量の少ないマテリアルリサイクルを実現し、再資源化した再生原料と、ゴミ袋の販売によって事業拡大を図る。
プラスチック切削技術を横展開、自動車製造パレットのオールプラスチック化・国産化による事業再構築プラスチックの精密切削加工に強みを持つ当社は、主に半導体分野に製品を供給するビジネスを行ってきた。新型コロナウイルスによる事業環境の変化に対応すべく、新たに自動車製造業界に進出、従来存在しなかったオールプラスチック製の製造ラインパレットという競争力のある製品を市場に投入することで事業拡大を図る。
園芸用プラスチック容器製造から自動車部品製造への事業再構築による新たな挑戦園芸生産農家向けプラスチック製植木鉢等を製造販売しているがコロナ禍で各種イベント等が開催自粛となり売上が減少した。植木鉢等のプラスチック製品の製造ノウハウを活用して、新たに設備を導入し自動車部品製造を開始することで新分野展開を目指す。

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。

弊社では「プラスチック」事業などを含む多くの採択実績もありますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

詳細は下記のページから

関連記事