事業再構築補助金

マシニングセンターの導入は事業再構築補助金で!採択事例を紹介

マシニングセンターの導入は事業再構築補助金で!採択事例を紹介

マシニングセンターの導入を検討している製造業の方が活用したい補助金に事業再構築補助金があります。
生産性向上や新商品開発、生産プロセスの改善など様々な用途で利用できるマシニングセンターは魅力的な設備投資の一つ。
多額な導入費がかかるというのがデメリットですが、事業再構築補助金であればかかる最小限に抑えることができます。
そこで今回はマシニングセンターの導入で利用できる事業再構築補助金の概要と実際の採択事例について解説していきます。

事業再構築補助金とは?マシニングセンタでも利用可能!

事業再構築補助金は新型コロナウィルスの影響で、経営が落ち込んだ企業が再び成長軌道にのるための新しい取り組みを支援する補助金です。
補助額は最大1億円、補助率は2/3(特別枠では3/4)となっており、予算も過去最大の級の規模で組まれています。
多くの従業員を抱える大規模な中小企業から従業員数名程度の中小企業まで幅広い企業や業種が補助の対象となります。

要件
概要新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取
組を通じた規模の拡大等を目指す中小企業等の新たな挑戦を支援。
補助金額【従業員数 20 人以下】 100 万円 ~ 2,000 万円
【従業員数 21~50 人】 100 万円 ~ 4,000 万円
【従業員数 51~100 人】 100 万円 ~ 6,000 万円
【従業員数 101 人以上】 100 万円 ~ 8,000 万円
補助率中小企業者等 2/3 (6,000 万円超は 1/2(※))
中堅企業等 1/2 (4,000 万円超は 1/3(※))
補助対象経費建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝・販売促進費、研修費
基本要件下記の4つの要件を満たす必要がある
・事業再構築要件
・売上高等減少要件
・認定支援機関要件
・付加価値額要件

通常枠の他に「大規模賃金引上枠」、「回復・再生応援枠」、「最低賃金枠」、「グリーン成長枠」及び「緊急対策枠」といった計6つの枠があります。
事業再構築補助金に取り組むには事業再構築と呼ばれる新たな取り組みを行う必要があります。
様々なビジネスモデルが補助対象となり、マシニングセンタの導入も補助の対象となります
多額の費用がかかりやすいマシニングセンタの導入ですが、事業再構築補助金を活用することで1/2以上の補助が見込めます。
限定的なコストでマシニングセンタの導入ができますので、大きなチャンスといえるでしょう。

また、2023年度から通常枠(成長枠に名称が変更)の売上高減少要件が撤廃されることが決定しました
今まではコロナ前よりも売上高や付加価値が増加している好調な企業は申請できませんでしたが、2023年度からは申請が可能となります。
ハードルがグッと低くなりますので、2023年度からは大きなチャンスとなるでしょう。
次の章では具体的にマシニングセンタの導入で採択された事例について紹介していきます。

マシニングセンタによる事業再構築補助金採択事例

マシニングセンタによる事業再構築補助金採択事例は下記の通り。

  • 電気自動車関連
  • 半導体関連
  • 宇宙関連

具体的に確認していきます。

電気自動車関連

マシニングセンタによる採択事例で多かったのは電気自動車関連での採択事例です。
電気自動車の部品製造でマシニングセンタを導入し、生産性を向上させる・生産プロセスを改善させるといった狙いでの事業計画が多い傾向にありました。
また、電気自動車関連の場合はグリーン成長枠も利用でき、過去に採択された事業者でも申請することが可能です。
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名EV車バッテリーケース用金型部品の量産に向けたマシニングセンター2種導入
事業計画概要電気自動車の蓄電池を収納するバッテリーケースの鋳造・量産に必要な金型の構成部品(大型かつ高精度)を生産すべく、2種類の最新型の横形マシニングセンターを導入し、生産効率を最適化した量産体制を構築する。
事業計画名電気自動車の組立装置部品の製造という新分野展開
事業計画概要最新型マシニングセンタとワーク・ツール交換装置を導入し、生産プロセスの改善を行い、課題である加工作業ロボット化と加工コスト削減化と短納期可能化を解決し、電気自動車の組立装置部品の製造という新分野展開を行う。

その他にも下記のような採択事例がありました。

  • EV向け新規ダイカスト金型製造への参入
  • EV車用超高張力鋼板化に対応する最適なプレス金型製作技術の構築
  • 電気自動車軽量化のため、高張力鋼板プレス部品向け順送金型製作技術の構築

半導体関連

半導体の製造でマシニングセンタを導入するという採択事例もありました。
生産性向上や生産プロセスの改善などを期待した導入である他、CAD/CAMも合わせて導入するという採択事例もありました。
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名火力発電部品から半導体分野へ!高硬度材重切削への大胆な挑戦
事業計画概要顧客の増産と精度要請に対応する最新マシニングセンターとCAD/CAMを導入し、コロナ禍や物価高騰に屈しない革新的な生産プロセスを実現して、主力の産業用機械部品市場を深耕、新たに半導体製造装置市場を開拓する
事業計画名高精度化・生産性向上を図り大型品の半導体洗浄装置部品に挑戦
事業計画概要建設機械部品を主要製品とする当社が、大型にも拘らず高精度を要求される半導体清浄装置を、最先端のマシニングセンタの導入とCAD/CAMの活用と、強みの加工技術力を生かして高品質・短納期で生産して新事業を行い、新たな収益の柱とします。

宇宙関連

宇宙事業関連での採択事例も見受けられました。
今後の注目産業の一つである宇宙産業は採択されやすい印象があります。
宇宙産業で有力な国だったロシアの衰退が確実な今、ねらい目の産業となるかもしれません
代表的な採択事例は下記の通り。

事業計画名宇宙ステーション用バルブ装置への設備導入と自社開発による新分野展開
事業計画概要本事業は、当社の既存事業である産業用特殊バルブの製造販売から、横型マシニングセンタと自動溶接システムの設備導入により生産性の向上を図り、宇宙ステーション用特殊バルブ製造販売への新分野展開を目指します。
事業計画名高性能マシニングセンタ導入による宇宙事業への新規参入
事業計画概要新規顧客から人工衛星等に搭載する電波通信用機械加工部品の製作依頼がある。しかし、加工技術とコストの課題で受注に至っていない。そこで、高性能マシニングセンタ等を導入する事で課題を解決し、新分野進出を実現する。

 

まとめ

今回はマシニングセンターの導入で利用できる事業再構築補助金の概要と実際の採択事例について紹介してきました。
ポイントは下記の通り。

  • マシニングセンターの導入で事業再構築補助金が活用可能
  • 採択率も高い傾向にあり
  • 2023年度からは増収増益の企業も申請可能に
  • EV、半導体、宇宙産業での導入事例が多い

 

マシニングセンターの導入による事業再構築補助金の申請を検討している方は一度ご相談ください。
弊社(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地からオンラインでの初回無料で打ち合わせが可能となっています。
弊社は事業再構築補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限の6,000万円を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

最大1億円の補助金。事業再構築補助金の申請サポートならお任せ下さい。
関連記事