事業再構築補助金

「グループホーム」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

「グループホーム」事業に関する採択事例(事業再構築補助金)

今回は「グループホーム」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。

現在、日本は高齢化社会を迎えていますが、認知症を抱えている高齢者や、何らかの身体的・精神的障がいを抱えながら生活を送られている方も数多くいます。
障がいを抱えた方が充実した社会生活を送るためには社会福祉の充実が求められます。

グループホームでは認知症を抱えた高齢者や介護が必要な人々が、施設のスタッフのサポートを得ながら一緒に日常生活(買い物や洗濯、食事作りなど)を送り、共同生活する場です。

一定の地域にグループホームが集中し自宅から通える場所にグループホームがないため、通いたくても通えないといった声もあるようですね。事業再構築補助金を活用し各市区町村に魅力的なグループホームが出来るといいですね。

社会福祉事業に関しては根強いニーズがあると言え、少子高齢化社会が進むにつれて、今後も市場規模が成長することが見込まれています。

これから、「グループホーム」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
ばね加工会社による、障がい者向けグループホーム運営事業障がい者向けグループホーム事業を中核として、就労支援施設やものづくり企業とのネットワークを活かし、障がいを持つ人に社会生活の場と、職業スキルの習得、就労の機会を提供することで、真の自立と産業活性化を両立する、地域のエコシステムを構築する。
テレワーク対応で障害者が安心して働けるグループホームの設立障害者の雇用促進を目指す在宅就労支援対応のグループホームを運営。完全個室、Wi-Fi環境、PC、タブレットなどのリモートワーク対応で、日立市周辺にはない環境を充実させ、利用者と就労先との相互理解の中で在宅勤務の体制を整える。さらに、一般企業就労者(障害者)の在宅勤務にも活用できる展開を計画し収益を向上させる
高齢者デイサービスから障がい者グループホームへの事業転換ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために、高齢者を対象としたデイサービスから障がい者を対象とするグループホームへの事業転換を図る
入居者の人生に寄り添うペット共生型の障がい者グループホーム事業当社が既存事業で培ってきた人脈を活用し、ペット共生型の障がい者グループホーム事業の支援実績のある株式会社アニスピホールディングスの協力を得て、当社の強みである人材教育のノウハウを活用した障がい者の人生設計の補助も行う障がい者グループホームを開設する。
地域問題まるごと解決!ひとにやさしいデジタル化グループホーム運営当社の建築技術を活かした空き家の利活用、地域、障がい者雇用、人手が足りない農業に、障がい者雇用の確保。介護従事者に寄り添うデジタル化で、地域問題をまるごと解決できるグループホーム運営を展開する。
親亡き後のお金・仕事の不安を解消できる障がい者グループホームコロナ禍で雇用が失われ、将来に不安を抱えた障がい者とその家族を支えるために、仕事探しから将来の資産管理まで世田谷区の士業や専門家と連携・サポートしながら、地域に溶け込んだ持続可能なグループホームを立ち上げる。
障害者グループホームを核とした住宅弱者向け居住施設の整備・運営事業飲食店向け不動産賃貸業を主業務とする当社は、新型コロナの影響で一時売上が激減したため、事業基盤の強化を目的に障害者グループホームを核として児童養護施設退所者やシングルマザー等の住宅弱者向け居住施設を整備し業種転換を図る。
障がい者福祉の健康課題解決と雇用を創出するグループホーム事業長崎県島原市において、障がい者健康対策ノウハウを活用した障がい者向けグループホーム事業を実施します。従来事業である鍼灸整骨院とデイサービスの知見を活かし、オンライン通信も活用して、地域貢献を目指します。
お医者さんが運営するグループホーム!入居者、家族も安心です。当社の強みである30年以上の医療法人運営コンサルの経験を生かして医療に強いグループホームを展開する。オンライン健康相談等ICTを活用し入居者が心身ともに健やかな生活を送れることを目的とする。当社の既存の店舗を一つ閉院することで経営資源およびマンパワーを集中させて収益改善を図るとともに新規事業のグループホーム施設展開を進める。
グループホーム×就労支援で夢の職業へ今回取り組む事業は中・軽度障害者対象のグループホームを4拠点運営し、住む場所の提供を行い、同時に就労支援Bによる働く場所の提供を行います。重度の受け入れという社会的ニーズもありますが、一方で中・軽度の障害で働くことに意欲はあるが、職業選択の幅がほぼない状況も解決すべき社会的問題です。ただ働く場所ではなく、障害者にとっても夢のもてる職業に就き“生きがいを提供する「グループホーム×就労支援」を展開
障がい者向けのプライバシーを重視した新しいグループホーム従来のシェアハウス型ではなく、ワンルーム型の障がい者グループホームの運営。従来通りのサービスに加え、個室に水廻りが完備されたプライバシーが守られた環境の提供と、個室による新型コロナウイルス感染症対策。
グループホーム事業への新規参入~障がい者が自分らしい生活を過ごす場所~入居待機者が実際に多く存在し、市場ニーズが見込まれる山梨県の峡東地域へ、専用建物1棟(各定員12名)の建設を行い、新たに障がい者向けグループホーム(共同生活援助)事業の運営を行います。
農業×福祉×アート×ペット共生型障がい者のグループホーム開設自社農場での農作物栽培・自社ルートでの農産物販売を手掛けてきた当社が、農業と福祉を連携し、保護犬・猫と障がい者が暮らすグループホームを開業。障がい者という枠を超えて、入居者それぞれの個性を生かした共同生活をサポート。単なる「グループホーム」の提供とは一線を画し、地域との繋がりや経済活動との繋がりを強化した【グループホーム】の提供を目指す。
安心安全に住める複合的グループホームの新設介護付老人ホーム運営のノウハウを活かし、複合的グループホーム運営を行います。障がい者数が増加する中、共働きの増加により、介護負担の増加が社会問題となっています。医療看護における知見・ノウハウを活かし、利用者の家族に安心感を与え、障がい者の自立を支える温かいグループホームを運営します。
『総合療術のラストピース障がい者グループホームへの新分野展開古民家をリフォームした完全個室型障がい者グループホーム2棟(男性専用棟、女性専用棟)の全面改装。身内に計3名の発達障がい者、身体障がい者を抱える代表だからこそ出来る安心第一のグループホーム運営への進出。
地域密着型の障害者グループホーム事業所の新設当社がこれまで培ってきた「高齢者介護事業」の技術・ノウハウ・強みを活かし、今回、障害者支援のグループホーム事業を新たに展開し、地域の介護・福祉の拠点となり、新たな収益の柱を築き経営基盤を安定化させる事業です。
既存の販路を活用し、グループホーム及び就労支援機関事業の展開既存のスポーツ用品販売・学生寮運営等の販路を活用し、グループホーム及び就労支援事業(野球硬式ボールの制作)の展開を通じて、社会貢献も同時に行う
障害者と共存するグループホーム運営当社は名古屋市西区を中心に一般乗用旅客自動車運送業を行ってきた。コロナにより稼働率が低下する一方、地元の顧客や従業員の高齢化に伴うグループホームの要望が高まっている。障害者向けグループホーム事業に進出し、地域貢献、福祉の充実と売上のV字回復を目指す。
地域課題「障害者自立」を支援するグループホームと就労支援事業既存事業で培った障害児通所系サービスを障害者居住系サービス・就労支援サービスに転用。弊社の主たる業種(を変更することなく、障害者居住系サービス・就労支援サービスといった新たなサービスを提供することにより、障害者福祉事業への新たな分野に進出する
障がい者の日常生活自立支援をするグループホーム事業への挑戦人材派遣事業、障がい児通所事業、障がい者就労支援事業を営む株式会社ワァークスジャパンが障がい者に携わってきた強みを生かし、新たに障がい者の生活自立支援のためのグループホーム事業を行います。
就労支援分野からの新分野開拓!女性向けグループホーム事業の展開就労支援B型事業所が、近隣の土地を活用し女性向けグループホームを建設する。同業他社のネットワークと地域とのネットワークを活用し、地域貢献を行いながらも会社としての売上回復を目指す。
精神障がい者向けグループホームの建設及び運営事業への参入岸和田市およびその周辺の市に在住する精神障がい者に対して、既存の障がい者福祉と連携しながら、新たなグループホームを新築し運営事業に新規参入する。
地域密着貢献型障がい者グループホーム(共同生活施設)の運営当社は、高齢者向けデイサービスを展開しているが、新型コロナウイルスの影響を受け収益が大きく毀損している。当社のリソースをフルに活用し、今回新たに障がい者向けのグループホーム事業に参入し、事業の再構築および更なる地域貢献を図る。
淡路島でプラダーウィリー症候群の方に特化したグループホームの運営淡路島で指定難病のプラダーウィリー症候群の方に特化したグループホームを運営し、入居者さんの働ける場を適用することで、難病の認知度の向上と、農福連携を通じて地域貢献を行う。
尼崎市で初めて身体障がい者の方に特化したグループホームを設立身体障がい者に特化したグループホームを尼崎市で初めて設立する。駅前徒歩1分の場所に新築し、新たに入居利用者を獲得する。今までなかった身体障がい者に特化したグループホーム運営を先導し、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越え、事業好転を果たす計画である。
「障害者を対象としたグループホーム運営事業」による事業再構築障害者の「親なきあと問題」などの課題に対し、障害者の自立をケア出来る仕組み・グループホームが存在するが、障害者総数964万人の内、グループホーム利用者は僅か1.37%と低い。本事業でその市場ニーズを捉え取り組む。
居酒屋・和食レストラン事業社による障がい者グループホームの運営居酒屋・和食レストラン事業運営により培った奉仕の精神、健康で美味しい食事の提供技術を用い障がい者グループホームの運営を行う。また、既存店舗において入居者の就労支援を行う。
”福岡市介護保険事業計画”に基づいた女性スタッフのみで運営する女性が安心できるグループホーム事業!わが社が福岡市内で培った地域のネットワークと自社の人員リソースを最大限活用し、女性スタッフのみで運営するグループホームを展開。FCに加盟し運営ノウハウ等の指導を受け、福岡市の地域社会に貢献します。
身体ケアサービス付き自立型支援障がい者グループホーム事業障がい者の高齢化問題や自立型支援の問題を解決するために、既存事業の整骨院で培った技術及び人の強みを活かして、サービス内容を拡充させた障がい者グループホーム事業に取り組む。
施設の給食事業からグループホーム等小規模施設への新方式食事配送事業に新分野展開病院・高齢者施設・デイサービスなどへの常温食給食委託事業から、新しい製造方式で冷凍冷蔵完成食をグループホーム・居宅高齢者などに宅配で提供する新事業に展開し、併せて既存給食事業の効率化を図る
障害者グループホームによる地域移行支援の促進那覇市で障害者グループホームを営む事で、精神科病院や障害者支援施設などから地域に移行したくても受け入れ先が見つからず待機している利用者に対してサービスを提供する事が出来、収益を獲得する事が可能となる。
「DX グループホーム!入居者と共にドローンで建設業界に革新を」コロナ禍に即した設計の障害者向けグループホームを開設する。就労支援にドローン操縦等の技術指導等を行い、障害者の建設業界の最先端分野での活躍をサポートする。新規事業(障害者の技術力×ドローン)と既存事業(建設事業)とのシナジーを最大限発揮して、建設業界と社会福祉に革新をもたらす。
障がい福祉分野での不動産オーナーとの繋がりを活用した、グループホーム運営戦略既存事業(不動産業)での不動産オーナーとの繋がりを活用し、グループホームを運営します。グループホームに利用できる物件情報を得られるとともに、既存事業の顧客(主に生活困窮者)がグループホームの利用者になる導線があるため、安定的な収益が見込めます。
空き家をリフォームしたグループホーム用物件の販売業への転換コロナ禍の影響で低迷した既存のリフォーム業の技術と経験を活かし、空き家をリフォームしてグループホーム用物件として販売する事業へと転換することで、空き家問題と高齢化問題への対策とともに事業再構築を図る。
障がい者グループホーム整備を通じた、三方(入居者、地域、当社)良しの地域経済循環事業コロナ禍により新築受注を中心に影響が出ているが、関連会社を含めた強みを生かし、障がい者グループホーム事業を開始することで、障害のある方に生活の場と労働の場を提供する新市場に進出し、地域にも貢献する。
茨城県大子町で行う認知症対応型グループホーム等の介護福祉施設開設事業地元行政や複数の介護福祉事業者と連携しながら、茨城県大子町に認知症対応型グループホーム、児童発達支援施設、放課後等デイサービス施設を新規建設のうえ運営します。
生活介護事業・運営コンサルで培ったノウハウを活かしたグループホーム運営既存事業で行っている生活介護事業での知識や経験を活かして、利用者さんが楽しく安心安全に過ごせるグループホーム運営を行い地域の需要に応えていく
高齢介護で培った介護力を生かし障害者グループホーム新規参入コロナ禍で高齢者通所介護は利用控えが続き経営は厳しい。本件は高齢者介護で培った介護力、地域の信頼関係、障害者入所施設を運営する社会福祉法人と連携等により競争力を持って障害者グループホームへ参入する計画
アトリエを併設した障害者グループホーム運営による新分野展開障害児(17歳以下)向けの放課後等デイサービスでこれまで培ってきた実績・ノウハウを生かし、成人の障害者(18歳以上)向けにアトリエを備えたグループホームを新たに運営。障害を持った方が社会から孤立せず、安心・安全に人間らしい生活を送ることができ、自立を目指せるようなサポートをしていこうという社会福祉的な面も合わせ持った事業である。
リノベーション技術を活用した障害者グループホームの整備・運営事業当社の主力事業であるマンション大規模修繕は、コロナ禍での先送りと施工サイクル長期化により受注環境が悪化しているため、自社の技術を活用し、障害者自立促進の観点から需要が急増している障害者グループホームを整備・運営し、事業基盤の強化を図る。
リハビリマッサージ×障がい者グループホームによる地域社会貢献今、圧倒的な供給不足で待機入居者増加が問題となっている障がい者グループホーム。当事業では神奈川県内にて治療院のリハビリマッサージ機能を付加価値として提供する障がい者グループホームを3棟開業する。
不動産投資型クラウドファンディングを用いたグループホーム事業不動産投資型クラウドファンディングを立ち上げ、出資を募る。その資金を元手に、グループホーム物件を購入し運用していく。グループホームの利回りは10%程度と高いため、出資者への還元したうえ、当社の利益として確保する。また、ある程度回収できた後には売却しキャピタルゲインを得る。
「障害者グループホーム事業参入」本事業では「障害者グループホーム事業参入」を行っていく。地場川崎市のなかで「女性障がい者に手厚いグループホーム」をコンセプトに据えて行っていくことで、他社との差別化を図り、収益性向上と社会貢献に寄与したいと思料。
美容ケア強化による障がい者向けグループホーム事業美容室事業を活用した障がい者向けグループホームを運営します。村上市の障害福祉課の意見や就労支援事業者との連携を活用し、村上市で就労を希望する障がい者の居住安定とQOL(クオリティオブライフ)向上を目指します。
精神障害者の受け皿となるグループホーム事業への進出当社は、これまで不動産賃貸業を行ってきましたが、コロナ後、テナントの退去や賃料滞納により、安定した賃料収入が見込めない状況になりました。補助事業では需要に対して供給が圧倒的に少ない精神障害者向けのグループホームを開設・運営します。
障がい者の生活の不安を減らし、いつかは真の自立を目指すNotoTown【グループホーム】事業国の目指す福祉政策の方向性のひとつとして、障害者施設入居者の地域生活への移行があります。「グループホーム」はその移行先としての中核的な位置づけになっています。当社は障がいを持った方たちが地域で長く、幸せに生き、いつか真の自立を目指すための基盤づくりとして「グループホーム事業」への参入を行います。
自社の経営資源を活用した市街地型グループホームを新分野展開する。当社の人材、人材育成ノウハウ、不動産を活用して、グループホーム(包括サービス支援型、日中サービス支援型)を新たな事業として取り組む。
福祉サービスのノウハウを活かした障がい者グループホーム事業への進出新型コロナの影響を受け、運営する障がい児童デイサービスや就労支援B型の利用者が大幅に減少している。この状況から脱却するため、当社の強みである障がい者支援のノウハウを活用し、障害者グループホーム事業に進出する。
コロナ禍の影響を受けた映像制作事業から障がい者グループホームへの新分野展開コロナ禍で事業環境の悪化した映像制作事業から、地域より強い受入要望のある障がい者グループホームに参入し、経験者の知見を活かした共同生活支援、移動支援、居宅介護の障がい福祉サービス実施により、新たな収益の柱の確立を図る。
ノーマライゼーション 街づくり事業(障がい者グループホームの運営と福祉事業の充実)地元・愛知県東郷町で「日中サービス支援型障がい者グループホーム」の運営事業を行う。

また、福祉事業のコンサルティング事業も平行して立ち上げる。

社会福祉のプロ集団 就労継続支援A型事業所が発足させる 障がい者グループホーム当社の既存事業のノウハウ・技術・人材を活用し、特に重度の障がい者に対応する。地域で初めての障がい者グループホームを計画します。思い切った事業再構築によって、売上拡大と共に、多大な社会的意義のある事業と確信します。
豊かな生活を送るコミュニティ空間 障がい者グループホーム[めいちの家][めいちの家]事業は【豊かな生活を送る安全安心なコミュニティ空間】をコンセプトに、既存の障がい者グループホームとは一線を画す、セキュリティサービス業として多くのグループホームに携わってきた当社だからこそできる生活サービスの実現を目指します。
コロナで深刻化する8050問題を解消!障がい者向けグループホーム事業認知症グループホーム・デイサービスで培ったノウハウを活かして男性向け専用の日中支援サービスグループホームへの参入し、高齢者介護と障がい者福祉の隔たりなく、入居者様の多様性を活かした生活への基盤を提供して参ります。
高齢者グループホームのノウハウを活かした障害者グループホームへの展開介護施設向けのリース、調理委託事業のニーズがコロナにより減少し事業撤退を余儀なくされた。そこで残りの既存事業である高齢者グループホームのノウハウを活かし、障害者グループホームへの展開を行う。
働く機会まで支援できる障がい者グループホームの自社運営に着手する。たとえ移動の制限や対人機会の回避により合同説明会等の開催が中止になったとしても、障がい者が待機することなくグループホームに入居できるよう、働く機会(就労)まで支援する障がい者グループホームの自社運営に着手する。
ペット共生型グループホーム「FRIENDS+」の運営北海道の室蘭に保有している自社物件で、ペットと共に生活できる業界初の高齢者向けのグループホームを運営します。

室蘭の高齢者数は3.2万人に対して、グループホームの数は14です。今後も高齢者は増え続けていくことを考えるとまだまだグループホームの数は足りていません。

デザイン性が高く、より快適な障害者向けグループホームの創設京都府南部で、ワンランク上の居住性とデザイン性を兼ね備えた障害者向けグループホームを設立、運営する。

居住者である障害者の方々に、より高いレベルのホスピタリティを提供し、それにより、障害者の方々、その親族の方々に永続的に安心と安定を与える事業を行う。

デジタルと空き家の活用で切り開く、障がい者グループホーム事業焼肉事業に次ぐ事業として、弊社代取妻の介護経験、資格を活かし、いま大きな社会問題となっている「戸建ての空き家」と「デジタル技術」を活用した、利用者にも従業者にもやさしい、ご家族にも安心していただける障がい者グループホーム事業をはじめます。
これまでの実績を活かしたグループホーム事業への新分野展開知的障がいを持った方をターゲットとし、弊社の主たる事業である障がい者就労支援B型と組み合わせることによる障がい者の『社会的・経済的な自立を目的』としたグループホーム事業への新事業展開。
ホテル運営管理ノウハウを活かした障碍者グループホームへの新分野展開当社は1994年創業のホテルの運営・管理会社です。コロナウイルスの影響で、自社保有ホテルや主要取引先ホテルへの客足が減少したため、売上を大きく落とすこととなりました。本事業により、感染症の影響を受けにくい障碍者グループホームという新たな市場に対して、既存事業で培ったノウハウを活かした新たなサービスを提供することで、売上の早期回復と継続的な成長を目指します。
リハビリ用運動施設併設・障害者向けグループホーム事業大阪府大阪市生野区田島1丁目36-1に3階建てのグループホーム用建物を建築する。1階はエントランス、リハビリ用スポーツジムとする。2階は入居部屋5部屋、3階は入居部屋4部屋、スタッフルーム1部屋。入居者には食事、運動を提供することで自立支援も積極的に実施する。スタッフを常駐させることで、入居者みなさまが安心して過ごすことができる環境をつくる。スポーツジムは一般利用者も募集することで、居住者以外の売
障碍者向けグループホームを提供"既存事業のデイサービスと整骨院はコロナ禍で対人接触を避ける意識変化により、大きく売上が減少した。一方で障碍者向け児童クラブの利用者家族からは、障碍者の自立を支援するサービスの要望がある。この要望に応えるとともにグループホーム不足解消にも貢献する。"
障がい者向けグループホームを開設し障害福祉事業へ新分野展開外国人観光客が来日できなくなったことにより、民泊事業の継続が困難となりました。家具・家電付きの民泊物件を転用し、障がい者向けグループホーム事業を新たに行います。
自社物件による障がい者向けグループホーム事業で社会貢献新型コロナウイルスによる売上の減少から回復するため、新たに自社物件を改装して障がい者向けバリアフリー設計のグループホームを開業する。地域の障がい者の自立生活を支援することで社会貢献にもつながる。
ペット共生型障がい者グループホーム事業計画当社はサイエンス社の代理店としてCMでお馴染みのシャワーヘッド“ミラブルプラス”の販売やタオルの販売・不動産業と幅広く事業展開。今回主要事業を卸売業から障がい者福祉事業への転換を図る為、ペット共生型障がい者グループホーム事業を計画。同グループホ―ムを500か所以上手掛けているアニスピHD社から「レベニューシェア(利益分配型)」の形態で事業立ち上げサポートを受ける事で知見のない新事業に成功に繋げる。
障害者グループホームの開設による福祉業界への新規進出「障害者グループホーム」を開設し、福祉業界への新規進出をすることで、地域社会への貢献を行うとともに、本業である建設業との相乗効果を期待し、事業再構築を図ります。
地域共生社会を実現する障がい者グループホーム事業への新規参入当社はコロナウイルスの影響による世界的な産業機器需要の減少により苦戦を強いられている。この困難に立ち向かうための事業再構築手段として障がい者グループホーム事業に新規参入したい。本補助事業取り組みにより、売上高の強化と部門の分散が図られ、安定した収益を確保できる体制になると共に、地域共生社会を実現する一助となる。
ペット共生型障がい者グループホームの展開による自立支援の貢献国内の障がい者数は毎年増加し、国の政策により支援施設から地域移行が進んでいるが、受け皿としての障がい者グループホームの絶対数が不足している。ペット共生型障がい者グループホームの展開により自立支援に貢献する。
障害者支援施設共同生活援助(グループホーム)障害者のグループホームは需要は多いが受け皿が少ない。利用者の親が高齢になっていくために一人暮らしを考えている方が支援を受けつつ意思や人格を尊重し豊かで生きがいのある生活や活動のサポートを提供する。家族にとって精神的・身体的な負担や不安の軽減を目指す。この事業を通じて地元の社会貢献が出来ると思った。
アニマルセラピー付き障がい者グループホームによるサステナブルな地域社会の創造アニマルセラピーの手法を取り入れた障がい者グループホームを新設する。利用者の生活の質の向上や職員の身体的負担の軽減の為、ICT技術を積極的に導入する。また既存事業である建設業ではグループホームの利用者を共に働く仲間として迎え入れ、利用者の社会参加や生きがいに繋げる。
「生きるを楽しむ」を主体とした新たなグループホームの開設自社の強みである知識やノウハウを活かし需要の高まりつつある障がい者向けのグループホームを、福岡県内で開設し運営を行います。開設予定数は3~4棟前後。予算感は、1棟あたり500万円前後としており計3棟~4棟開設予定(予算:1500万~2000万)で考えております
精神疾患者向けグループホーム事業精神疾患者向けのグループホームとして事業を展開し、新事業により既存事業とのシナジー効果を図り精神疾患者へのより良い生活を提供する。
障がい者の生活を守る就労支援、オーガニックショップと連携したグループホーム事業就労支援施設、セレクトショップ、外部医療機関、行政等と連携した地域課題解決型グループホーム事業を実施し、障がい者支援サービスを受ける必要がある利用者に対して、親死亡後の衣食住の確保及び安定的就労機会(社会参加)の確保を実現する。
自社のノウハウを活用した障害者向けグループホームの開設新型コロナの影響で飲食店売上が大きく減少し、当社全体売上が減少している。既存事業だけでは売上回復見込がない為、新たに障害者居宅支援事業を開始し、売上維持・向上及び生産性向上で利益確保を図る計画である。
リフォーム会社からグループホーム福祉事業へ⼤胆な事業転換北海道でリフォーム工事を主とした事業から今後も安定した市場のある「グループホームによる生活介護事業」を新たに開業することで、地域貢献を果たすとともに、永続的な経営を実現する取組みを行います。
障がい者グループホーム エン・ジュ 運営による生活向上支援事業仙台地域の障がいをもった人が1人でも多く幸福で豊かな生活を送れるよう、遊休資産(空き家等)を改修し仙台市の指定を受けてグループホームを運営する。本事業を通して障がい者の生活基盤安定化と自立支援に貢献することを目指す。
グループホームの開業による新分野展開と既存の建設事業におけるグループホーム建設案件の受注促進既存事業とのシナジーが強く、コロナ禍においても高い需要が見込まれるグループホーム事業によって新型コロナウイルスの影響を克服し、並行して既存事業を活かしたグループホームの建設・フランチャイズビジネスの展開を目指す。
高齢者専門宅配弁当から障碍者グループホームへの取組新型コロナウィルス感染症の影響により、飲食店卸販売の売上が減少した。当社の健康食の強みを活かし社会的ニーズの高い障碍福祉サービスに取り組む。
グル―プホーム事業立案による障がい者向け一貫サポート体制の構築新型コロナの影響を受けて既存事業の放課後デイサービス事業の業績が低下したため新事業展開による業績回復が課題。新規事業として既存事業とのシナジー効果があるグループホーム事業を開始し、業績回復を図る。
飲食業の強みを活かしたペット共生型障がい者グループホーム事業を展開!コロナの影響で焼肉店の売上が激減。社会の需要に沿ったペット共生型障がい者グループホーム事業を新たに展開し業種転換を行う。飲食業で培った独自の強みを活かし、「食」×「アニマルセラピー」をコンセプトに事業を推進する。
自分らしく暮らす、安心と安全の女性限定障がい者グループホーム障がいのある方にとっては住み慣れた地域で就労しかつ自分らしい暮らしが送れ、またご家族にとっては食事の管理や高セキュリティな住環境が行き届いて安心できる、女性限定グループホームを運営する。
グループホーム運営による生活密着型ケアへの業種転換本事業は、コロナ禍を契機とした生活習慣の変化に伴う既存事業の売上減少を克服し、顧客の「将来家族に迷惑をかけたくない」というニーズ応えるため、医療経験者のスタッフと共に新業種、女性のためのGH経営による事業再構築に取り組みます。
事業再構築のための障害者グループホーム新型コロナウイルスの感染拡大により、倉庫業(物流・梱包)は大きく売上が減少し、回復の目処が立たない。こうした状況下、新型コロナの影響が少ない福祉事業である障害者グループホームにより事業再構築を図る。
空き家を活用した障害者グループホームへの新規参入弊社代表藤木の地元である富山市において新たに障がい者福祉事業を行います。空き家となっている所有物件を改修し、定員4名のグループホームを立ち上げます。富山市においては年々障害者のサービス需要が高まっている中、施設の受け入れが進んでいません。補助事業を開始することで弊社の収益性の向上、および地域への貢献を目指します。
障がい者の方に寄り添うグループホーム 「ぱあとなあ」の展開一般の空き家を再利用して、障がい者の方に寄り添うグループホーム「ぱあとなあ」を運営します。“人生のパートナーになる”をコンセプトとして、誰もが住みたくなる戸建てのペットと暮らせるホームづくりを行います。
地域密着で重度者の受入れが可能な障害者グループホーム事業新型コロナの影響で、既存の障害者の居宅介護・移動支援事業の利用控えが進む中、取得困難な特定事業所加算(Ⅰ)を取得している強みを活かし、他の施設では受け入れ困難な重度の障害者も受け入れ可能なグループホーム事業を実施します。
通所介護(デイサービス)から障害者グループホームへ新型コロナウイルス感染症の影響により通所介護事業の売上高が減少している。障害への対応力と機能訓練の強みを生かし、新たに障害者グループホームに取り組む。
「ディサービス⇔訪問看護⇔グループホーム」の三位一体で地域医療・福祉に貢献高齢者に向けたディサービスのみを展開してるのが課題であり、グループホーム及び訪問看護を新たな顧客層に展開することで解決する。これにより、業績を回復するとともに医療・福祉でさらなる地域貢献ができる効が見込む。
知的障がい者向けグループホームの運営で社会貢献と安定経営を実現身障者向けグループホームを実際に運営している当社の重要取引先から、全面的にノウハウの提供を受け、関東を中心に知的障がい者向けグループホームを開設・運営し、安定収益を得るビジネスを展開します。
障害者の自立を総合サポートするグループホーム。街に住んで、働く!現在の保育事業での事業拡大は、認可の要件の厳格さと人口動態からの対象児童の減少などから難しいため、同じ福祉の理念を生かせる居住サービスと、居住するグループホームに店舗を構えることで、障害者の働く場を提供するサービスを展開する。
障がい者グループホーム運営を通じた地域貢献事業の展開新型コロナの影響を受け、運営する障がい児童デイサービスや就労支援B型の利用者が大幅に減少している。この状況から脱却するため、当社の強みである障がい者支援のノウハウを活用し、障害者グループホーム事業に進出する。
「障がい者向けグループホーム」と「就労継続支援」の提供による自立支援プロジェクト障がい者グループホーム(包括型)の開業と今回包括型のグループホームのため、グループホーム居住の障がい者の方へ就労支援B型施設で職場環境を提供します。補助事業費用についてはグループホーム建築資金となります。
ペット共生型障がい者グループホームの展開による自立支援への貢献アニマルセラピーの手法を取り入れた障がい者グループホームを新設する。利用者の生活の質の向上や職員の身体的負担の軽減の為、ICT技術を積極的に導入する。また既存事業である通信工事業ではグループホームの利用者を共に働く仲間として迎え入れ、利用者の社会参加や生きがいに繋げる
障害者グループホーム事業に進出し、地元の社会福祉の充実に貢献!当社は愛知県岡崎市を中心に通所介護事業を行ってきた。コロナにより稼働率が低下する一方、障害者の高齢化に伴うグループホームの要望が高まっている。障害者向けグループホーム事業に進出し、福祉の充実と売上のV字回復を目指す。
【グループホーム】×【B型支援】障がい者の方と作る!本格レザー製品の販売「グループホーム」「B型支援」「レザー製品の製造・販売」という3つのビジネスを同時展開します。障がい者の方を対象としたグループホームを開設し、利用者の就労を支援するための支援事業として、レザー製品を製造し製品をインターネットで販売します。
ペットとの共生を目指した障碍者向けグループホームの新規設立運営本事業は、ペットとの共生を目指した地元に根付いた障碍者向けのグループホームの運営事業です。
自社開発した日本式認知症統合療法メソッドによる高齢者グループホーム事業進出認知症専門医と共同開発した「認知症改善統合ケアプログラム3ReS(スリーレス)」を導入した高齢者グループホーム事業へ進出することで、コロナの影響が小さい入所系介護事業へ新分野展開し、事業再構築を図ります。
3つの事業者と連携し芸能事業からグループホーム事業に業種転換既存の芸能事業は、コロナの影響を受け経営を左右されてしまう。今後は、3つの事業者と連携しながら、ニーズが高いグループホームを、競合が少なく利便性の良い好立地で運営し社会的課題解決の一助を担う。
京都市で初となるペット共生型障がい者グループホームの開設計画障がい者に関する国の社会福祉施策方針が入院中心医療から地域包括ケア重視に移行しており、本事業において必要性が高まっている障害者グループホーム運営に取組む。障害者の生活満足度の向上と動物愛護の観点から、保護犬や猫との共生型グループホームで地域に貢献する。
利用者の選択肢を増やす療育およびグループホームへの新分野展開本再構築事業は、障がい者就労支援を行う当社が、コロナ禍で事業収益が減少するなか、新たに放課後等デイサービスとグループホーム事業を実施し、業績のV字回復を図る取組である。
障碍者グループホーム事業重度障碍者に対応できるグループホームの運営を行う。障碍者グループホームは徐々に増えてきているものの、重度身体障碍者を受け入れることのできる環境が整っている施設は少ないため
設備工事業のノウハウを活用した障がい者グループホーム運営事業参入大阪府阪南市にて設備工事業を行っているが、新型コロナウイルスの影響により落ち込んだ売上のを回復させるため、新規事業として設備工事業のノウハウを活用し、現在、大阪府内で供給不足の快適な障がい者グループホーム(介護サービス包括型)の運営事業に参入を行う。
社会貢献と事業再構築を両立させる障害者グループホーム運営への進出障害者やその家族に寄り添った事業展開として、障害者グループホームの運営を行う。本事業により、すべてのひとへの福祉や、住み続けられるまちづくり等、企業としてSDGsの取り組みを行い、持続可能な地域社会をつくっていく。
拡大する郊外人口に対応する、障害者のグループホーム運営コロナで飲食業・宿泊業の延期が相次ぎ既存の内装業が打撃を受けた。地域密着である強みを活かし、大和郡山市で知的障害者のグループホームを始める。
増加する地域の障害者福祉課題解決に対応するグループホーム事業の展開コロナ禍において中古パソコンの品薄や訪問買取サービス等の減少により売上減となっている一方、地域における障害者福祉施設需要が拡大している。介護保有資格や勤務経験を活かした精神障害者向けグループホーム事業に参入し、障害者福祉ニーズ獲得を図り社会的課題解決に貢献する。
障がい者グループホームの開設による障がい福祉サービス事業への進出障害者グループホームを開設。事業転換として、今回の補助金を利用する。当社取締役の保有物件を利用し、グループホームを経営。当社と利用者様がお互いに安心・安全な環境作りを心掛け安定した収益を目指す。当該事業は地域貢献・社会貢献できる事業であり、SDGsのコンセプトに合致した共生社会の構築の一助となると考えています。
地域福祉への貢献!障がい者グループホームへの新事業展開当社はこれまで就労継続支援B型を主とした障がい福祉サービス事業を行ってきましたが、新たに障がい者グループホームの運営事業に取り組みます。
建築業者だからできる、障がい者グループホームの自社建築・自社運営事業障がい者グループホームの運営に関して課題である運営会社を探すのが困難・資金力のないオーナーに融資が出づらい、という点を自社で土地の購入・施設建築・運用を行う事で解決し、圧倒的に不足している障がい者の受け入れ先を担う事で地域貢献していく事業。
障がい者グループホーム向け配食サービスを行う就労継続支援B型事業に挑戦既存リソースを活かして新たに障がい者福祉事業に(就労継続支援B型)に挑戦することで、既存事業の1業界に偏った売上依存から脱却し、利益と雇用の拡大及び障がい者の社会復帰の両方の実現を目指します。
社会福祉分野の障がい者グループホームの運営で利用者の自立支援と生活を守るサービス障がい者グループホームを障がい者やその家族のために提供する。日本で障がい者グループホームが圧倒的に不足しているというニーズに応える事業である。加えて、利用者の生活と従業員の雇用をも守るビジネスである。
安定した障害福祉分野で、地域ニーズの高い、自立支援グループホーム開業安定成長する障害福祉分野へ参入し、地域ニーズの高い、障害者グループホームを開業します。また、2040年度には65万人不足する介護人材確保に挑戦。不足分=ニーズとなるため、人材供給は非常に大きなビジネスチャンスです。
障がい者の自立を支援する出張リラクゼーションサロンと障がい者グループホームの運営介護事業で培った福祉のノウハウを活かし障がい者グループホームを開設。さらに鍼灸治療院のノウハウを活かし、障がい者が施術する出張リラクゼーションサロンを運営。障がい者の住む場と働く場を提供し一体として安定運営することで障がい者の自立支援と企業の経営安定を両立する
地域包括ケアシステム(精神科)に沿ったグループホーム事業国が掲げる「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」の『住まい』の機能としてグループホームを運営。精神科病院が抱える社会的入院の受け皿として活用。精神障害の方を住まいの支援し、地域のコミュニティーに参加できるようサポートします。

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では「グループホーム」事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事