事業再構築補助金

「福祉」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「福祉」事業に関する事業再構築補助金 採択事例集!

「福祉」事業の採択事例(事業再構築補助金)

今回は「福祉」事業に関する、事業再構築補助金の採択事例をご紹介させていただきたいと思います。現代社会で福祉を必要とされる方は沢山おられます。
そのような社会の中で何ができるのか、改めて考えてみる良い機会ではないかと思いました。今回の採択例を通じて、問題は山積しているかと思いますが少しづつ問題の解決に取り組む事業者の方を事業再構築補助金によって、サポート出来れば良いですね。
これから、「福祉」事業への新分野展開、事業転換等を考えている方のご参考になればと思います。

事業計画名事業計画の概要
地域における福祉のライフスタイルをつくるお手伝い・車椅子固定装置の製作施工リモートワークの定着により、今後も一般車両や社用車の修理・メンテナンスの減少は更に進む可能が高い為、地域に密着した(かゆいところに手が届く)福祉事業として、整備・メンテナンスだけでなく福祉車両の製作施工、車椅子固定装置製作施工まで手掛けていく計画。
知的資産を活用し、障がい者福祉施設の運営事業に参入する既存事業の建設業はコロナウイルス感染症の影響により不安定となってしまった。本事業では、事業の不安定さと建設業のみに頼っている事業体制を脱却するため、人材・事業ノウハウ・協力会社や地域とのネットワーク等の知的資産を活用し、社会的な需要が期待できる障がい者グループホームの運営事業に参入する。
福祉用具の深い知識を活用した住宅改修販売事業のためのモデルルーム新設と総合工事業への業種転換新たにモデルルームを新設し、福祉用具を装備したバリアフリー住宅を販売するリフォーム事業を立ち上げることで新たな市場を獲得し、コロナ禍で落ち込んだ花輪・清掃業に変わる新たな収益の柱と雇用を生み出します。
バリアフリーな町づくり 介護福祉タクシーへの参入車内で医療措置が可能な民間救急車と、介助が必要な高齢者や障がい者の送迎ができる介護福祉タクシーの運行をスタート。高齢化に向き合い、誰もが利用できる移動サービスを提供しバリアフリーな街づくりに貢献する。
冷凍餃子の製造・無人販売方式と障がい者福祉支援の融合冷凍餃子の製造工場を建設し、そこで障がい者支援施設と連携し障がい者の方の就業してもらい、人気ラーメン店によるレシピによる美味しい餃子を開発・製造して、無人販売所を出店と冷凍餃子の販売を行います。
障がい者福祉の社会貢献へ向けたグループホーム事業の新規参入熊谷市内に10拠点の障がい者福祉事業である障がい者グループホームの設立・運営を展開していきます。空き家を生かし、リノベーションして快適空間を提供する施設を作っていきたいと考えております。
事業再編による福祉・介護分野に強い日本語学校への転換コロナ禍による海外留学生入国不可の中、事業再編により介護分野に強いコングロマリット企業の一員となることで、デイサービス事業を中心とした福祉分野に新規展開し、介護と日本語の統合型教育機関を目指します。
動物福祉に基づいたうさぎの繁殖と屋内ふれあいサービスの提供「テーマパークからペット卸販売への転換」コロナ禍で集客に苦戦をする一方で、ペット市場は、年々成長している。しかし流通過程で課題は多い。生産から販売、体験・引き取り等のこれまでにない一貫したサービスを提供する。
高齢化社会でニーズが顕在化している福祉車両とセニアカー事業外出自粛命令によって、自動車販売と自動車整備を主たる事業とする当社は厳しさを増しています。よって高齢化社会でニーズが顕在化している福祉車両リース事業とセニアカー販売事業を開始し事業再構築を図ります。
キノコ×福祉、工場生産による障害者を雇用する就労継続支援事業への転換コロナ禍により、当社の障害者グループホーム(共同生活援助)の経営が成り立たない状況です。これに打ち勝つために、就労継続支援型椎茸施設および事業所管理棟を建設・運営することで、新たな収益の柱を築きます。
バーチャルレストランと福祉施設向け配食サービスの厨房拠点設立「バーチャルレストラン事業」に取り組み、フードデリバリー需要に応えるとともに、福祉施設向けに配食サービスを行う。カフェレストラン事業で培った健康的で彩りも楽しめる食事の提供を行い、売上増加を図る。
需要が増加しているグループホーム運営の社会福祉事業への業種転換当社はシェアハウスと賃貸物件を計4棟運営する。入居者は学生や外国人が多くコロナの影響で経済的理由から退去し、当社売上が激減。近年需要が増加しているグループホーム運営の社会福祉事業へ業種転換し、再建を図る。
家庭に普及できる通信機能を持つ適正価格な福祉機器尿流計の開発新型コロナウイルス感染の急拡大する現状で、診療控えが起きている排尿障害患者が、本開発機器で測定した排尿計測値をデータ送信し排尿日誌を作成して、対面診療への不安を解決する病態把握が可能となるオンライン診療の実施
古民家レストランの福祉事業所への再生とチョコレート工場のIT化里山に囲まれた古民家レストランを福祉事業所として再生する取組と、チョコレート工場の機械化、IT化で生産性向上を図る取組で相乗・波及効果を狙い、選択と集中でリソースを最適化し、売上のV字回復を図る
3Dプリンタによる試作請負事業の開始ならびに福祉市場への参入既存分野が低迷し、事業再構築が喫緊の課題。本計画で金属3Dプリンタを導入し、弊社が保有する技術との組合せにより高精度なプロトタイプの製作と付加造形による点字製作事業を開始し新市場への進出を図る。
福祉住環境をコーディネートできる地域介護トータルケアの実現介護部門と建設部門を活かして、介護用品レンタル販売事業に進出する。これまでに培った介護事業のノウハウを活かしつつ在宅ケア改修サービスを組み合わせることで、これまでにない地域介護トータルケアを実現する。
地域の福祉事業の充実を目指した入浴特化型デイサービスの新事業展開本事業は、運動型デイサービスの運営を行っている当社が、新たに入浴特化型半日デイサービスを展開することで、地域福祉サービスの充実を図るとともに、新分野展開を図ることにより事業再構築を図る事業である。
自動車部品専門商社から福祉関連商品企画・販売企業への転換自動車部品の専門商社として培った自社の強みを活かし、福祉・介護業界へ新たに進出。現場での困りごとを解決する製品の企画・開発を実施する事業計画
医療・介護福祉向けのベッドカバー等の高難度縫製事業への参入コロナの影響で、既存事業の自動車シート・付属部品の需要が激減した。一方で、医療・介護福祉向けのベッドカバー等の需要が高まっている。そこで、自社の強みを活かし、医療・介護福祉向けのベッドカバー等の高難度縫製品の製造を行う。
福祉事業から市場規模が拡張する医薬品通販事業を行う新分野展開既存の福祉事業はコロナウイルスの影響により大幅に売上が低下している。既存の施設の人材や、経営者の知見を活かせるシナジー効果の高い医薬品通販事業の業態転換を図り売上のV字回復を目指す。
発達障害改善セミナーサービスから医療分野まで含めた障害者福祉事業への業種転換今までは代表者ひとりで子供の発育や発達障害で悩むご家族向けのセミナーや相談事業をしてきたが、発達障害や子育てで悩む家族や、コロナ禍での虐待の増加に対応できるよう、医師の指示書のもと看護師が子育てを医療として専門知識の上でサポートできるよう、訪問看護ステーションやオンライン子育て相談へ業種転換する。
グループホームと整骨院での就労支援を組み合わせた障碍者福祉事業への転換コロナ禍で整骨院の売上が減少していることに加え、単一事業で経営リスクが大きい。補助事業では障碍者福祉事業会社への転換を図り、グループホーム運営と就労継続支援へ挑戦し、売上のV字回復と経営リスクの分散を図る。
地域福祉向上と既存事業との相乗効果を図る児童発達支援事業への参入建設業界の市場環境には将来的に懸念材料が多い中、社会貢献企業としての当社の強みを生かした児童発達支援事業に新たに参入し、既存事業との相乗効果による売上の拡大とともに、地域社会への更なる貢献を図る。
観光都市から住みよい街へ 障がい者福祉を通じた街づくり計画運動療育特化型の放課後デイサービス事業所を運営する。地元蒲郡市で初となる運動療育特化型の放デイで、2つの医療機関が隣接することから“複合型の福祉施設”を創造する。「保険×運動×医療×福祉×地域」の連携によって、蒲郡市が抱えている「定住人口の確保・拡大」を解決し、蒲郡市・幸田町全体に係る子供が育てやすい、長く住みたいまちづくりの構築を目指す。
コンパニオン派遣事業から障がい者グループホーム、福祉事業への事業転換関連会社が所有するシェアハウス2棟を活用し「障がい者向けグループホーム」の運営を行う。これまで通常の暮らしを行うことが困難と思われてきた方たちの幸せな暮らしの実現、また少しでもご家族の持つ悩みの解消につながればという思いから本事業に取り組む。
福祉事業で地域貢献と安定経営を既存事業で貸し切りバス専門旅行業を行っていますが、コロナ禍でインバウンド需要が激減し売上が大きく落ち込んでしまいました。安定のある事業として福祉事業に参入し地域経済の発展に寄与し、安定経営を行っていきます。
東洋医学を活用した障害福祉施設利用者等の健康増進将来の事業展開と企業価値の向上に向けた事業展開への投資を行います。医療業を立ち上げることで新たな市場へ進出できる体制を構築します。また介護事業とシナジー効果の高い医療業に関係する収益の柱を持ち組織体制を強化します。
将来の日本の福祉を支える、福祉用具・介護用品の貸与・販売事業当社は既存事業である自動車整備、及び車検の業務がコロナの影響で大きな打撃を受けている。強みである高いサービス力を活かして、福祉用具・介護用品の貸与・販売事業によって、事業のV字回復を図る。
18歳以上を対象とした障害者介護福祉事業において新分野展開する計画新型コロナウイルスの影響で主軸事業である不動産業の営業が棄損しています。

自社所有物件を改築、改修することによって、18歳以上を対象とした共同生活者援助施設(グループホーム)を設け、障害者福祉事業に新規参入しコロナ影響を凌駕します。

飲食×福祉の新分野展開 グループホーム事業への参入スペインバルを営む飲食店が、強みの人的ネットワークや遊休資産を活用し、18歳以上の障がい者を対象とするグループホーム事業に参入し、アフターコロナの世界で地域への貢献と自社売上のV字回復を実現する
介護サービス事業から障害者福祉事業(グループホーム)への業種転換新型コロナウィルス感染症の拡大によって、対面を前提とする介護サービス事業の売上は大きく落ち込んだ。この状況を克服し、社会的に必要とされ事業的にも安定が図れる障害者福祉事業(グループホーム)に進出をする。介護サービスで得たノウハウを活かしてより優れた生活環境を提供する。
障害者福祉ニーズに対応した社会的課題解決のためにグループホーム事業への参入コロナ禍によりアクアリウム事業の需要が増加するも無店舗販売等の新規参入も増加し収益性が低下している。一方、地域において障害者福祉施設需要の高まりを受け、新たに精神障害者向けグループホーム事業に参入し、障害者福祉ニーズ獲得を図るとともに社会的課題解決に貢献する。
紀州材窓の改修を高齢者住宅・医療福祉施設に提案し直接販売する事業既存の高齢者世帯住宅と医療福祉施設に、非接触の手法で、窓の省CO2改修を提案する。対象は当社グル-プ会社の顧客と、新築の際に当社が間接的に窓商材を販売した施主とし、商品は自社開発した紀州材窓とする。
地域活性と福祉に貢献する住宅型有料老人ホーム事業計画住宅型有料老人ホーム建設により、利用者に住居を提供の上で介護を受けてもらうことを可能とし、コロナ禍において減少した既存介護事業の売り上げをV字回復させ更なる事業発展や地域経済・地域福祉環境に貢献する事を目的として展開する。
地域の課題に、技術で貢献!福祉車輌も自由な選択!コロナ禍による影響で整備売上が大幅に減少したため、当社のビジネスモデルの再構築が必要となり、当社の強みである車両改造のノウハウを活かして、新分野である「福祉車輌の改造・販売」へ思い切って展開する。
老人福祉事業の強みを活かす育児支援事業(遊び場提供×玩具販売)への挑戦老人福祉介護事業とフィットネスジムを運営していたが、コロナ禍影響を受けて売上減少したフィットネスジム事業は事業譲渡を行った。新たな収益の柱として、福祉事業で培った人材の強み等を活かせる育児支援事業(感染症対策&全天候型の遊び場スペース提供×木製知育玩具等の販売(海外輸出を含む))に挑戦する。
福祉施設への訪問薬剤サポート事業内科、小児科などの外来の調剤薬局への処方箋数が減少し、売上げが減少してきた。そこで、地域施設に対して、訪問型調剤サポート事業を実施し、事業再構築を図る。
重症心身障害児の支援に特化した児童福祉法に定める障害児通所支援事業重度の知的障害と身体障害を併せ持った重症心身障害児を預かる児童発達支援及び放課後等デイサービスを新規開設し、不安定な介護保険事業とは別の新たな柱となる児童福祉事業の展開を目指す。
高齢者、身障者の方に手厚いサポートを!福祉介護タクシー事業旅行代理店事業を事業譲渡。福祉介護タクシー事業に業種転換し、地域「高齢者、身障者、要介護認定を取得をしている方」などを中心に日常生活にサポートが必要な方の送迎、介助を行う。
中古軽自動車の介護式福祉車両改造サービス手頃な価格の介護福祉車輛を購入したい顧客に向けて、安価な中古軽自動車をベースとして、提携ケアマネージャー等と連携しユーザーの要望に合わせた介護福祉車輛に改造する事業
飲食店から地元貢献、地域密着型福祉タクシーへの新事業展開地元の高齢化に対応するため、第二種運転免許を活用して福祉タクシーへ参入する。運行管理、予約・配車システムの構築部分に課題があるが、外部事業者の活用によって最小限の投資で最大限のシステムを構築する。
高齢者福祉施設向けの冷凍食材の開発と高度な生産管理システムの導入コロナ禍による道の駅等集客施設の売上減少に対応する為、急速冷凍による冷凍食材を開発し、高齢者福祉施設への業務用食材市場を開拓する。更に、生産・製品管理を手作業管理から高度なシステム管理に転換する。
利用者の機能回復に注力した複合型介護福祉事業コロナ禍における高齢化社会に対応すべく、地域に密着した小規模な複合型介護福祉施設を開設。小規模多機能型居宅介護施設を併設した有料老人ホームを開設することにより、短期入所(ショートステイや夜間対応)も可能となり、地域住民及び介護負担軽減に繋がり、収益アップに加え離職防止も期待できる。
福祉車両及びキャンピングカーの展示販売事業コロナ禍でも販売台数が堅調な福祉車両、キャンピングカーの展示販売事業に参入。

展示・商談・デジタル体験スペースを設置して気軽に来ていただき、実際に車両に触れたり、操作する機会を設けることで販売促進を図る。

福祉施設向け車椅子専用送迎車販売への新分野展開熊本県は、「第8期熊本県高齢者福祉計画:長寿、安心、熊本プラン」を2021年3月にスタート。当社は、これまで自動車販売で培ってきた経営資源をフルに活かし、これから需要が増える福祉車両販売を既存事業と並行的にビジネス展開、ポストコロナに対応します。
介護・医療・障害福祉サービスの総合空き情報検索サイト「アキシル」『簡単操作で「パッと見」分かる。』をコンセプトに、介護事業所等が空き情報を入力でき、ケアマネージャー等が介護事業所等の空き情報を検索できるシステム
福祉事業への挑戦!手持ち不動産活用による住居型有料老人ホーム立ち上げコロナウイルス感染拡大によりホテル事業の収益が不安定となり、先行きも不透明である。そこで、ホテル用に取得していた不動産の用途変更を行い、住居型有料老人ホームを立ち上げ、事業多角化による経営安定化を図る。
栃木県矢板市内におけるワーケーション施設併設飲食店及び農業福祉連携施設の建設地域住民と取引先のニーズに応えた、栃木県矢板市に関東近郊からの集客をするための施設としてワーケーション施設併設飲食店を建設し、デリバリーと既存取引先の商品をECサイトで販売を行う事業。
障害児福祉事業・多機能型施設多店舗展開現在、保育園事業、児童発達支援事業、相談支援事業の3事業を行っている。今回、新たに、就学している発達障害児(6歳以上)を対象とした『放課後デイサービス』事業を加えた多機能施設を開設し「新分野展開」を行うことで、新型コロナウィルス収束後の事業再構築を図る。
東京の木の新たな活用を目指した、福祉作業所での木製品作りと林業の連携木製品の仕入れ販売から一歩踏み込んで、就労支援B型事業所を立ち上げ木製品の製造を行う。製造のノウハウと営業力を駆使し、事業所利用者の高い工賃を実現すると共に、林業や地域産業と福祉の連携を深めながら、求められる製品を作り広める。
居酒屋経営者の福祉事業への新規事業参入居酒屋とレストランの2店舗飲食店経営者が、デリバリー弁当を通じて働きたい障害者に働ける環境を提供する就労継続支援A型援事業所を設立し福祉事業へ新規参入。そしてこれを補助事業終了後に主たる業種とする。
ITソーシャルビジネス(脱炭素、福祉と第二次産業化農業の連携)<IT社会貢献ソーシャルビジネス>

①空き家急増対策と障がい者住居確保のため、空き家を障がい者グループホームに改修

②耕作放棄地問題対策と障がい者就労機会増大のため、DXアグリ加工施設を開設

③これらの電力需要増を脱炭素化発電でまかなう

工業が主導する、工業×障害福祉のマッチングサイト運営①外注をしたい工業と、案件が欲しい障害福祉事業に対し、効率的なマッチングとその補助を行う。
②弊社の近隣地域だけでなく、最終的には関東一円の工業と障害福祉業をマッチングさせる為に効果的なWEBサイトの運営を行う
3D-CAD技術を活用した新たな福祉用具製品の開発・販売事業現在、利用者が高額な負担を強いられる義足について、当社の高い3D-CAD編集技術に、3Dプリンタの運用スキルを組み合わせることで、既存製造法に比べ、①コスト優位性②リードタイム短縮化③量産化を図り、売上拡大を実現する。
新潟県三条市に所在するタクシー会社が児童福祉事業に参入新型コロナウィルス感染症による影響で利益を割り込む現状を、社屋を改修して児童福祉施設に新規参入することにより安定的な事業収入を得てタクシー事業の下支えとなり、障害児の将来の就労も目指す事業。
新たな事業への挑戦!障害福祉サービスマッチング事業による事業再構築コロナウイルス感染症拡大の影響によって、先行きが既存事業の先行きが不透明となった。そこで、今期から始めた障害福祉サービス事業から見つけた制度運営上の問題点を解決する新たなサービスとして障害福祉サービスの事業者と利用者のマッチングを行うサービスを展開する。
地域福祉の主体を担う共同生活援助サービスによる新分野展開コロナ禍で障がい者就労支援事業の業績低下が著しい。

自社の強みと期待できる市場の分析を行ったところ、

障害者向けグループホーム運営による新分野展開が緊要の課題である。

他社、既存事業との差別化を実現して、経済社会の変化に対応する。

福祉車両事業をベースとしたフランチャイズ事業の展開安全運転講習会の実施による新規顧客開拓、アフターケアサービスによる顧客の固定化、福祉車両改造による高い技術力の掲示をパッケージにして「安心安全に車に乗りたい」ニーズを満足するビジネスモデルのフランチャイズ展開
障害福祉事業への新規参入によるV字回復計画日本語学校を運営しているが、新型コロナウイルス感染症によって来日可能な留学生が激減、売上高も減少している。現状を打破するため、社会的ニーズが高く、既存事業で培った教育ノウハウや人材を有効活用可能な新規事業として、児童発達支援等事業への参入を目指すもの。
障がい者福祉事業者による国登録有形文化財での古民家カフェの運営当社の主たる事業は、障がい者向け福祉事業(就労継続支援B型)であるが、新たなサービスとして、障がいのある方を主役に、国の有形文化財を古民家カフェとして活用し、飲食や商品販売を提供する新分野展開を行う。
衛生管理技術を生かした福祉施設向け冷凍真空パック給食事業展開コロナの影響で売り上げが激減した焼肉事業から、強みである衛生管理技術を生かした福祉施設向け冷凍真空パック給食事業・テイクアウト事業へ展開する。自社配送による短納期を強みに、新たな収入の柱の確立を目指す。
身障者に優しい自操式の福祉車両の販売・機能パーツ開発通常の自操式の福祉車両に、身障者ご本人が一人でも安心して出かけられる機能パーツを開発し、一人一人のニーズに沿った安全な福祉車両を販売します。
医療・福祉関連に特化したM&A支援事業への展開医療・福祉関連に特化したM&A支援事業を提供します。Web上で売り手と買い手をマッチングするM&Aマッチングプラットフォーム事業と、医療・福祉分野でM&Aを行いたい企業をつなぎ合わせるFAアドバイザー事業を行っていきます。
学習塾事業から障害者福祉「放課後等デイサービス」事業への業種転換新型コロナウイルス感染症の影響で、受講生徒数が減少してきている。また、競合他社も多く存在するため、生徒数減少に拍車が掛かっており、福祉事業へのシフトを考えている。そこで、地域で必要とされている「放課後等デイサービス」の進出により、事業再構築を図る。
地域ネットワークの強みを活かした、障がい者福祉ビジネスへの業種転換当社はもみほぐしマッサージ事業を営んでおります。コロナ禍により、顧客の利用控えが響き売り上げが大幅に減少致しました。そこで障がい者福祉事業へ業種転換をいたします。具体的にはグループホーム施設の運営を行います。
介護リフォームの経験を活かして福祉用具貸与販売事業への進出コロナ禍により対面サービスである介護リフォームの需要が減少しました。当社の持つ「建築」、「介護」、「医療」に関する知識を活かして非接触型サービスである福祉用具貸与販売事業への新分野展開を図ります。
地域福祉貢献と顧客利便性を追求したIoTコインランドリー事業コロナ禍による緊急事態宣言の為、既存の賃貸事業(住人の6割が飲食店勤務)は不況にあえいでいる。そのため、景気変動に強いコインランドリー事業に新たに進出する。障がい者雇用による地域貢献、電子決済、空き状況や完了通知等のデジタル化を活用し、地域ニーズに応える。
介護・福祉をもっとスマートに!高齢者と障がい者の幸せな暮らしを量産するハッピーホーム当社は地域密着型通所介護を主業とし、介護用品販売や人材紹介の周辺事業を展開してきたが、COVID-19により、これまで安定していた周辺事業が不振となった。そこで周辺事業を縮小・撤退した上で、最先端のデジタル技術とアナログサービスを複合させ、高齢者と障がい者の幸せな暮らし(自律的行動、働く、出掛ける等)を量産する複合事業(有料老人ホームと障がい者グループホームの複合施設)を展開する。
名古屋の中心部で快適・安全な生活することを支援する障がい者福祉事業障がいがあっても名古屋の都心部で安全・安心かつ快適な暮らしがしたいというニーズに答える知的障がい者・精神障害者の生活を支援する全く新しい福祉事業
福祉車両の販売、賃貸業から整備業へ事業拡大する新分野展開主に福祉車両の販売を行うが、車両保有が長期化しており、車検や修理などの整備へ進出することで、新たな収益を生みだす。整備を通じて継続的に顧客との接触機会を設けることで、新車販売につなげるシナジーも狙う。
「少子高齢化2040年問題」における福祉業界課題解決に向けて「在宅サービス」特化型の新規事業開拓少子高齢化が進む中、特に在宅需要が高くなっている一方で、福祉事業の人材も不足している。弊社としても今後の需要ある福祉業界で「在宅」をキーにして高齢者から障がい者と福祉業界全体のサービスを提供し、日本の少子高齢化課題解決へ貢献したいと考える
地域活性化!福祉美容サービスと強みを活かした着物販売事業の開始現状、体の不自由な方やお年寄りが来店しにくい店舗であり、地域需要に合わせて足の不自由な高齢者に特化した店舗に改装し、介護施設と提携して安定した売上高獲得を図る。着物販売事業も並行して行い、地域活性化を図る。
医療/福祉業界の新卒求人に特化した、低額成功報酬型採用メディア事業への新展開社会人の転職者を対象に人材紹介を手がけてきた会社が、医療/福祉業界の新卒求人に特化した低額成功報酬型採用メディアを開発することにより、新分野への展開を図る。
福祉施設の木造ユニットパターン新モデル設計構築と販売拡大福祉施設整備補助金が削減・縮小に進む中、建設費高騰が続いています。

建設現場の熟練工不足や製造過程での分業化も生産リスクになっています。

工事費削減、品質安定が可能となる木造ユニット工法の拡大を進めます。

行政・福祉と連携し、地域の課題を解決するAIを活用したスマート農業への進出コロナウイルスにより大打撃を受けた観光業に依存した売上から脱却するため、AIを活用したスマート農業に参入し、いちごの栽培を開始する。また、当地域の課題である高齢化・空き農地解消の為に、行政・福祉と連携し、6次産業として地域ブランド化を目指す。
おもてなしの心を込めた福祉用具の洗浄メンテナンス事業へ進出!インバウンド客中心の観光バス事業は、新型コロナウイルスにより売上が激減した。売上回復、単一事業からの脱却を目標に、運ぶことに加えて”おもてなしの心”を付加した福祉用具の洗浄メンテナンス事業へ取組む
地元に密着、社会福祉貢献に役立つ業種転換コロナで致命的な打撃を受けた飲食業界から、安定収益と社会福祉貢献に役立つグループホーム事業への業種転換。一般企業に就職する、障がい者雇用を中長期的に支え、支援する。
ネット販売に特化したコロナ禍における障害福祉サービスの提供新たに福祉事業に参入し、本事業によって飲食業だけでなく安定した収益の確保を図りつつ、飲食業のノウハウを活かしたネット販売を始める。
福祉事業に新規参入~地域活性化に一役を買う~新型コロナウイルス感染症の影響により既存事業の売上が減少した。今後世界状況に左右されることのない福祉

事業に新規参入することにより事業の安定を図る。

質の高い福祉サービスの提供のため生活介護事業への業種転換介護を必要とする方に対して創作活動・生産活動を活発に行い社会参加と福祉の増進、身体機能の向上や自立の促進のために利用者が本当に必要としている支援を行っていき、少しでも利用者様の

生活の質を高めたい

医療/福祉向けリハビリテーションシステム「リハまる」の製造販売既存事業の「受託開発」ではなく、当社自身の自社製品として3次元リハビリテーションシステムである「リハまる」を、病院や介護施設をターゲットとして、開発・販売・運営します。販売パートナーとしてNECが参画することで実施可能性を高めます。
保育園によるリハビリと園芸福祉に特化した通所介護事業の新展開コロナの影響で飲食事業から撤退し、もう一つの事業である保育園事業の独自ノウハウを活かし、「リハビリと園芸福祉」に特化した社会参加型通所介護事業に進出して、保育と介護の2事業で安定的に付加価値を獲得する
生活介護・短期入所施設の「設計建設と運営」を通じた地域障害福祉への貢献建設業の当社であるからこそ可能な「コストを抑えた生活介護と短期入所の併設施設」を開設し、利用者だけでなく従事するスタッフの満足度が高い障害者福祉サービス事業を立ち上げる。

また、障害者が快適な生活を送るにあたり抱える居住性の問題は、建設業と密接に関係しており、既存事業とのシナジーを生み出す。

18歳以上が対象の介護福祉事業に業種転換しV字回復する計画コロナウイルスの影響で通信事業の対面型の営業やコールセンターでの業務が毀損しています。新たな建物及び装置を導入して、18歳以上を対象とした介護福祉サービス事業を構築し、コロナ影響を凌駕してV字回復を達成します。
福祉用具の利用促進のための非対面化サブスクリプション導入福祉用具の利用説明は、大変な作業です。そこで、福祉用具の利用促進のためのシステムを構築します。その結果、福祉用具の販売を促進できます。
障害者向けICT機器、福祉用具販売事業既存事業である「視覚障害者向けICT講師・講演業」を通じて培ったノウハウを生かし、新分野として「視覚障害者向けICT機器販売・福祉用具販売」の小売業に取組むもの。
『いつまでも旅行に行ける』を提供し、笑顔につなげる会社への転換(青垣観光バス・福祉事業部の創設)あらゆる種類の「リフト付き車」の保有と、福祉タクシー事業・旅行をテーマとしたデイサービス事業・旅行業を組み合わせ、『いつまでも旅行に行ける』を提供します。シニアの方の笑顔につなげる会社への転換を図ります。
古家戸建て空き家を活用した福祉事業近年増加傾向にある古家空き家を活用し、知的障害者・精神障害者の自立支援の一翼を担う事業。

障害者に自立支援を通じ、SDGsの一つの目標である「すべての人に健康と福祉を」に貢献する。

福祉用具の非接触型中古販売事業新型コロナウィルス感染症の影響を受け現業の売上、来店客数が減少しています。この経済社会の変容に対応すべく新たな競争力のある事業の再構築として、福祉用具の中古販売を非接触型で行う実店舗を開業し、ニッチでもニーズのある市場を独占して事業化させ、既存事業との相乗効果を図ります。
菓子製造会社が行う高齢者地域の為の福祉貢献福祉用具レンタル業 鳥取県境港市で居宅要介護者・要支援者に日常生活の自立を助けるための用具をレンタルする。

福祉タクシー 鳥取県境港市で要介護者・要支援者などの移動が困難な方々に気軽に使える移動手段を提供する。

福祉サービス事業における新たな提供方法の確立による業態転換新型コロナウイルスの影響により、当社の売上9割近くを占める主力事業の落ち込みをうけ、本事業では当社が現在実施している福祉事業について、新たな提供方法でサービス展開を行う取組である。市場が拡大しており、利益率も高いことから、本取組で売上のV字回復を図り、経営危機を乗り越える。
福祉事業の飲食産業への参入事業福祉事業所の飲食産業新分野への参入。

体を労る消費者や福祉法人・医療法人・学校法人等をターゲットにしたパン製造、販売への新分野展開。

事業所の利用者が店舗運営を行い、更には通信販売「非接触」で全国への販路拡大に取り組みます。

徳島県初「医療・福祉専門の洗浄・消毒センター構築」の除菌消毒による新市場開拓事業専門の洗浄・消毒体制に必要な機械装置を導入することで、徳島県初の委託洗浄、消毒が可能になり徹底した除菌消毒で感染防止対応ができ、既存の介護保険対象市場だけでなく病院、施設など、新市場開拓と売上拡大で付加価値額を高めていく。
地域高齢者福祉貢献のためにショートステイ事業への新規進出新型コロナウイルス感染拡大により協力医療機関の入院病棟が廃止され、地域福祉が毀損されている。その影響で当法人も利用者数減少に苦しむ中、高齢者や家族からの需要高まるショートステイ事業に進出し、入院病棟の役割の代替を担い地域包括ケアを実現する。
障害者自立支援型の都市型福祉住居サービス事業当社の強みである「市街地の好立地に住居用不動産を所有している」ことを有効活用して、単身向け及び家族向けの都市型1棟マンション内の一部に障害者自立支援機能を付加した地域共存型の障害者向け福祉住居を提供する。
乗馬クラブのノウハウを活かした乗馬療育付き障がい児福祉サービスへの新規事業参入観光客の利用を主体としており、景気変動や気象状況の影響を受けやすい。安定した利用者を確保するために、乗馬に対する深い知識と豊富な経験を活かし、独自性のある乗馬療育を主体とした福祉サービスを締結する。
少子高齢化地域の建築会社が行う福祉用具レンタル事業新型コロナ感染拡大の影響で新築・店舗改装のお客様が減少傾向にあるが、介護リフォームは増加傾向にある。福祉用具レンタルを開始し、リフォーム後の継続した取引やレンタルを入口に介護リフォームの獲得を目指す。
すべての人に健康と福祉を(SDGs)実現に向けた食品開発と販売健康を意識した人々の栄養を考慮し、卵と一緒に食べることで完全栄養食を目指せる商品を企画・開発・販売することで、SDGsの「3.すべての人に健康と福祉を」の実現を目指します。
建設業から障碍者福祉事業への転換でV字回復を目指すコロナ禍で建設需要回復の見通しが立たないなか、代表者個人の介護事業マネジメントノウハウや福祉業界との人的ネットワーク等を活用し、需要が増加している放課後等デイサービスへの参入により事業再構築を図る。
新感覚運営アプリの開発で福祉事業の現場の業務負担を軽減!本補助金の活用により、「障がい者事業所運営アプリ」の構築・開発を行い、自社で利用しながら  その有効性を検証し、そのアプリをサブスプリクション型販売も展開する。
ペットを対象とした閉鎖的な事業からの脱却とペットと障がい者をつなげる福祉という共助事業への変革一般顧客を営業の対象とした現行の事業形態では、将来的に会社の成長は難しい(社員のキャリアップにつながらない)。加えて新型コロナ感染症のような未曾有の事態により、人の流れが鈍くなることで影響を受けやすい職種でもあることに気づかされた。そこで、今まで会社やスタッフが培ってきたペットの専門家というスキルを活かす、新規事業としてのペット共生型グループホーム経営を新たな収益の柱とする。
ペット共生型グループホーム開設による障がい者福祉事業のワンストップ化コロナ禍による障がい児通所事業の利用減に対応すべく、感染リスクを抑えた運営が可能なペット共生型グループホームを新設することで、自社既存サービスと連携した0歳から高齢者までをワンストップで支援するサービスを実現する。
結城発、急速冷凍工場新設で福祉給食を全国商圏化する再構築事業当社主力のチルド式高齢者施設向け惣菜では消費期限から商圏が限定され、コロナ禍では事業拡大が難しい。新型冷凍機他新設備を導入した新工場を開設。新製品の冷凍食を開発し、生産力を増強して全国展開へ挑戦する。
ファイバーレーザ溶接機の導入による医療・福祉・環境分野への挑戦新型コロナウイルスの影響を受けた既存事業の見直し。レーザ溶接機の導入と当社が培ってきたレンジフード製造技術を応用し、医療・福祉分野向け陰圧排気ユニットの製造による新規事業への進出と経営基盤の強化を図る。
高齢者や障がい者のQOLを高める空気入り福祉用具の製造販売一般家庭における介助作業を助け、高齢者や障がい者の方々に快適な生活を送っていただくため、弊社の強みを活かした空気入り製品を新たに3種類開発し製造販売する。少人数でも操作しやすく、耐久性と安全性に優れた安価な製品を新規投入する。
介護福祉施設向けバーチャルツアーコンテンツ配信事業当社の得意とするVRを活用し、感染リスクに左右されない、バーチャルツアーコンテンツを配信するためのプラットフォームを構築する。主に介護福祉施設のレクリエーションや、入居者とその家族に家族旅行を実現する。
情報連携システムを活用した障がい者グループホーム向け訪問看護サービスの実現による福祉業界のDX化推進本事業では新型コロナウイルスの影響で収益が悪化する障がい者向けグループホーム事業から障がい者グループホーム向け訪問看護事業への転換を行う。さらに既存の訪問看護事業者との差別化を行うために、本事業では情報連携システムの提供も同時に行うことで、グループホーム運営者の生産性の向上に寄与し福祉業界全体のDX化を推進する。
クラウドによる給食管理システムの新サービス提供を通じた介護福祉業界への新規事業展開当社が35年間主力事業としてきた給食会社向け給食管理パッケージソフトの販売が、コロナ渦により急激に落ち込んでいる。この苦境を打開し中長期レンジで事業構造の変革を図る目的で、クラウドによる給食業務支援サービスを月額定額制で提供する新事業である。当社にとって新しい市場である介護福祉施設を重点ターゲットに給食業務のデジタル化を促進する事業である。
人材確保に優れた運営支援付き福祉施設専用建物賃貸事業緊急事態宣言で都心部の福祉施設の通所者数が減少。影響が少ない首都圏郊外で施設運営で培った独自の『人材確保・施設設計力・地域福祉課題の解決力』の強みを活かし、福祉施設特化のプロデュース付き不動産賃貸業に業態転換を計画。
社会福祉施設に特化した非常時対応キット開発、トレーニングの提供社会福祉施設に特化した非常時対応のためのキットの製作、およびキットを活用したリーダーシップ力の強化と主体間での対話向上トレーニングの開発・提供
福祉事業に休耕農地活用型の植物工場を併設する連携事業の展開障害福祉サービスが不足する地域に就労継続支援B型施設を設置するとともに、休耕農地を活用した完全閉鎖型植物工場施設を併設する。これにより、地域の障害者の方の就労機会と訓練の場を提供するとともに、更には植物工場野菜を地域の消費者や飲食店に安定的に供給する。
スポーツ、福祉市場から新規キャンプ市場への参入による事業再構築スポーツ、福祉市場から新たなキャンプ市場での売上確保のため軽量やデザイン性に優れた製品で差別化を図りブランド確立。製品実現のため精度の高いCNC旋盤等を導入しチタン、アルミの社内加工を可能にする。
福祉用具メンテナンスセンターの建設等投資事業による新分野展開当社の課題は、公共事業に偏重した事業状況と、コロナ禍で業績悪化した煙火事業に対応すべく、事業を再構築することです。課題を解決するため、新たに「福祉用具メンテナンス事業」を展開する設備投資を行い、ポストコロナ時代に向けた事業構成を実現します。
IoTを活用した農業による持続可能な障害福祉事業の構築新規事業としてIoTを活用した農業を行う。販路の確定した農作物を栽培し販売することで、新型コロナウィルス感染症により表面化した他者からの作業請負に依存する現状を、根本から改善し、持続可能な障害福祉事業を実現する。
高品質な制御盤製造の技術を応用した車いす用昇降機の製造および医療・福祉機器分野への参入本事業は、今まで制御盤を主とした電機的な製品の製造を行っていた当社が、新たに福祉機器である車いす用の昇降機(リフター)の製造を行うことで、医療・福祉機器分野への市場進出を図る事業である。
医療・介護専門職(看護師・介護福祉士)に対する動画配信サービスの提供昨今の状況にて対面セミナーへの参加が難しくなった看護師・介護福祉士に向けた動画配信事業を行う。様々なニーズに対応する動画を撮影・配信する必要があり、そのためスタジオ改修と配信システム構築を行う。
リフォーム事業を譲渡し、地域の障がい者に快適な仕事環境を提供する福祉事業への事業再編を行う。リフォーム事業を譲渡し、新たに福祉事業へ事業再編を行う。住みやすく利便性の高い障がい者用のグループホームを建設・運営・管理することで、障がい者が自立した人生を送れるように手助けを行う。
進取の精神で障害者福祉事業へ挑戦し、ウィズコロナ時代に対応する外部環境の悪化により経営への打撃は大きいが、環境の良化を待つのではなく、進取の精神(自ら進んで困難なことに取り組む)で障害者福祉事業に挑戦。収益力強化とあわせて地域のSDGsを推進する。
洗浄・殺菌・冷凍技術で応援する透析患者&福祉施設向け弁当開発弊社は、これまでに培ったレシピ開発ノウハウ、液体冷凍技術、調理機器コーディネート力を活かし、洗浄・殺菌能力に優れる設備を備えた製造センターを新規稼働させて、増加の一途である透析患者、および人材不足に悩む福祉施設の休日勤務者を応援する弁当を新規開発する。
生まれ育った場所で”誰一人取り残さない”持続可能な「福祉と地域」を作る「介護」に対する閉塞感、子育てを行う親の働く場や子育て不安。課題解決として、地域コミュニティの設立や子連れ出勤可能な職場づくりを実践してきたが、今後はカフェを通じて地域を巻き込み介護に対しての非日常を日常にする
保育業界事業経験を生かした福祉用専門ECモールの開発既存事業の企業内保育開設サポート業はコロナでニーズが減退し、今後回復の見込みは暗い。既存事業で培った人脈やノウハウを活かして保育用品の専門ECモール開発により保育施設への福祉用品卸売り事業に業種転換し、生き残りを図る
大量生産の自動車製造から、多品種少量生産の福祉関連部品製造へ新規参入自動車部品の大量生産を行なっている製造業者が、今まで行ったことがなく付加価値が高い、需要が拡大傾向にある福祉関連部品の製造へ新規参入する。その為、多品種少量・変種変量対応の製造ラインを新たに導入する。
調剤薬局への業種転換による医療・福祉連携モデル構築と地域貢献オーダースーツ製造を主事業としていますが、コロナ禍で需要が激減しており、医療・福祉業界とのネットワークを活用し、調剤薬局を開始します。多様性の尊重と地域経済貢献を通じ、事業再構築と売上向上を目指します。
100%手作り配達弁当と惣菜の製販業への新分野展開による障がい福祉サービス拡充事業コロナ禍で、消費者の外出自粛により、飲食店の売上減少にともない、調理補助や清掃作業等、障害者への受託業務が減少した。  障がい就労者が飲食店等で得た技術を活かし、冷凍食材との差別化を図り、100%手造りの高齢者向けの配達弁当や総菜の製造販売に取り組むことで、高齢者サービスの充実と障がい者の就労機会を創出する。
物販業から賃貸業(福祉用具レンタル卸)への挑戦 (単純卸業からの脱却)コロナ禍で日用品の卸業は、飲食店向けやイベント向けの落ち込みが厳しく窮地に立っている。介護施設等へ衛生用品の売上比率を高めていく戦略の中で、福祉用具のレンタル卸を行うことによりウイズコロナでも発展するよう事業の再構築を行う
介護用回転歯ブラシの製造販売による介護福祉事業への進出事業弊社で特許取得し広島大学のエビデンスも取得している新規性の高い「介護用回転歯ブラシ」を製品化し、特に高齢者に向けた介護福祉および口腔衛生用品向けとして販売をおこなう事業により新分野に進出する
「AIによる福祉用具選定アプリと共通EDIサービス連携」の展開新型コロナの影響や既存市場の縮小化を受け事業戦略の見直しを行う。AI(人工知能)を搭載したアプリと共通EDIの連携サービスで顧客の生産性向上を実現する高付加価値型事業を展開し、結果、売上高拡大・シェア伸長を図る。
旅行業から福祉業への業種転換による売上拡大旅行業で培った強みやノウハウを活かし、障がい者の増加や生活スタイルの変化等により大きな需要が見込まれる放課後等デイサービスを中心とした福祉業への業種転換を図り事業の再構築を行う。
「消費期限の長い弁当」を病院や福祉施設に提供するための事業再構築冷凍やチルドの温度帯で保管、配送することで消費期限を延ばした弁当を病院や福祉施設に供給する。病院や福祉施設にとっては、人手不足への対応や、利益増加につながる。当社にとっても、生産性の向上が実現する。
宿泊業による社会福祉サービスの新分野展開における事業再構築化事業既存のホテルを活用して新サービスである障がい者福祉サービス「自立訓練(生活訓練)」「自立準備ホーム」「UT(ユニバーサルツーリズム)受入サービス」を提供することで「通所形式や訪問形式の地域生活の維持向上が必要な知的障がい・精神障がいのある方」「矯正施設出所後の引き受け人等不在の出所者」「各種障がいのある旅行者」等の受入れを行い、新規売上の創出や雇用の創出を目的とした事業再構築事業を行う
災害対応車を製作・販売して公共の福祉に貢献する。災害が発生する度にキャンピングカーが注目されてきたが、キャンピングカーはレジャー目的に製作された車両であり、自然災害やコロナ禍の際に活用出来る災害対応車を製作し、今後発生する災害に対応する。
福祉施設と連携した労働力確保によるシイタケ栽培及び加工事業新規事業としてきのこ栽培を通じ、当社の強みとして通信販売のノウハウ、障がい者福祉施設の労働力、そして地域密着型の地の利(シイタケ栽培の発祥の地・現存農家の廃業)を活かした収益体制の再構築及び事業拡大を目論む

再構築補助金の申請代行・サポートについて

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
弊社では福祉事業を含め、多くの採択実績があります。

まずはお気軽にご相談ください。詳細は下記のページから

関連記事