事業再構築補助金

事業再構築補助金の3次公募が開始しました。準備は早めにしましょう

事業再構築補助金の3次公募がスタートしました。

https://jigyou-saikouchiku.go.jp/

第3回公募の応募は、7月30(金) 18:00から9月21日18:00までです。
申請の受付は8月下旬から開始予定です。

2次公募からの違い

事業再構築補助金の2次公募と3次公募の主な違いは以下の通りです。

  • 通常枠の上限が8000万円に増額
  • 最低賃金枠の増設
  • 通常枠の売上減少要件の変更
  • 形式的な不備については再申請可能

具体的に説明していきます。

通常枠の上限が8000万円に増額

第3回から補助金額の最大額が6,000万から8,000万に引き上げられました。
ただし、今回から従業員人数によって申請できる補助金額が変わります。

(通常枠)
【従業員数 20 人以下】 100 万円 ~ 4,000 万円
【従業員数 21~50 人】 100 万円 ~ 6,000 万円
【従業員数 51 人以上】 100 万円 ~ 8,000 万円

提出書類も従業員人数を確認する為か、「労働者名簿」が追加されました。

最低賃金枠の増設

第3回から最低賃金枠及び大規模賃金引上枠が追加されました。

「最低賃金枠」については加点措置を行い、「緊急事態宣言特別枠」に比べて採択率を優遇する。と記載があるので、他の枠より採択されやすいのではないでしょうか。

最低賃金枠

概要最低賃金引上げの影響を受け、その原資の確保が困難な特に業況の厳しい中小企業等が取り組む事業再構築に対する支援。
補助金額【従業員数 5 人以下】 100 万円 ~ 500 万円
【従業員数6~20 人】 100 万円 ~ 1,000 万円
【従業員数 21 人以上】 100 万円 ~ 1,500 万円
補助率中小企業者等 3/4
中堅企業等 2/3

補助率も3/4なので要件を満たす場合、最低賃金枠で申請される事をオススメ致します。

通常枠の売上減少要件の変更

第3回から付加価値額が減少している場合でも申請可能になりました。

【売上高が減少している場合の申請要件】

2020年4月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1月~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少しており、

2020年10月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1月~3月)の同3か月の合計売上高と比較して5%以上減少していること。

【付加価値額が減少している場合の申請要件】

2020年4月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計付加価値額が、コロナ以前(2019年又は2020年1月~3月)の同3か月の合計付加価値額と比較して15%以上減少しており、

2020年10月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計付加価値額が、コロナ以前(2019年又は2020年1月~3月)の同3か月の合計付加価値額と比較して7.5%以上減少していること。

形式的な不備については再申請可能

申請期限に余裕を持って申請完了されたもののうち、形式的な不備等により、申請要件を満たさなかった事業者に対しては、申請締切り前にその旨を通知し、再度申請することを可能とします。具体的な日程について は別途事務局HPを通じてお知らせいたします。

と公募要領に記載がございます。

早めに申請すれば、不備があった場合知らせてくれという内容ですね。

 

第3回の公募要領は変更点が多いので、第1回不採択で第3回に再チャレンジされる方は注意してください。

 

事業再構築補助金について他にもまとめておりますので参考にしていただければ幸いです。

https://mono-support.com/saikouchiku/

また事業再構築補助金がどの様ものかわからないといった方は下記HPをご覧ください。

https://jigyou-saikouchiku.jp/

事業再構築補助金・ものづくり申請代行サポート(CPA)では事業再構築補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
事業再構築補助金の審査に通過できるよう、お客様に適したプランをご提案させていただきます。まずは一度ご相談ください。

申請代行サポ―トについては、こちらをご覧ください。

関連記事