ものづくり補助金

ものづくり補助金とIT導入補助金は併用可能!違いを解説

ものづくり補助金とIT導入補助金は併用可能!違いを解説

2022年度も継続されることが決定したものづくり補助金。
使い勝手が良いIT導入補助金と併用できるのか気になった方もいらっしゃいますよね。
そこで今回はものづくり補助金はit導入補助金と併用できるのかを解説していきます。

ものづくり補助金とit導入補助金の違い

ものづくり補助金とit導入補助金の簡単な違いについて解説させていただきます。

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金とは革新的な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援する補助金です。
ものづくり補助金という名前から製造業以外は使えないのでは?と考えている方もいらっしゃいますが、実は製造業以外でも幅広い業種で利用することができます。
補助金額の上限は最大1,250万円で、規模も大きく使いやすい補助金です。

it導入補助金とは

it導入補助金は中小企業・小規模事業者が生産性を向上させるために導入するITツールの導入費用を支援する補助金です。
補助金額の最大450万円、補助率の上限は1/2(特別枠は2/3)となっており、ものづくり補助金よりも中小企業・小規模事業者向けの補助金といえるでしょう。
補助事業の対象となるITツールは本事業に登録されているITツールのみです。
ITツールであれば何でもよいわけではありませんので、注意しましょう。
(IT導入補助金の登録事業者はIT導入補助金のホームページから確認可能)

ものづくり補助金とIT導入補助金の主な違い

ものづくり補助金とIT導入補助金の主な違いは下記の通り。

ものづくり補助金IT導入補助金
補助対象者中小企業・小規模事業者中小企業・小規模事業者
補助対象経費機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費IT導入のみ
(事業に登録された事業者しか利用できない)
補助金額最大1,250万円最大450万円
補助上限1/2(特別枠は2/3)1/2(特別枠は2/3)
採択率50~65%程度50~60%(通常枠)
80%超(デジタル化基盤導入枠)

ものづくり補助金は幅広い経費が補助の対象となる一方で、IT導入補助金はITに関する費用しか補助の対象となりません
しかしながら、IT導入補助金(デジタル化基盤導入枠)ではパソコン・タブレットなどのハードウェア購入費も補助対象となります。
いずれも異なるメリットがある補助金の為、併用しておきたいところですよね。
そこで次の章では、ものづくり補助金とIT導入補助金は併用できるのかという点を解説させていただきます。

ものづくり補助金はit導入補助金と併用可能!

結論から申し上げますとものづくり補助金とit導入補助金は併用可能です
ものづくり補助金のホームページで下記の通り、よくある質問で回答されているためです。

Q.国の他の助成金・補助金との併用が可能ですか。
A.国の他の助成金・補助金との併用は不可です。
ただし、補助対象となる事業内容(サービス・ソフトウェア、経費等)が重複しない場合は申請が可能です

(ⅠT導入補助金2022 通常枠(A・B類型) よくある質問)

ものづくり補助金とit導入補助金を併用したい事業者の方は利用できます。
しかしながら、注意点がありますので、解説させていただきます。

同一事業では併用できない

ものづくり補助金とIT導入補助金で注意しなければならない点は、同一事業や同一設備では利用できないということです。
併用する場合は別の事業で利用しなければなりません。
例えば、製造業の事業者がものづくり補助金を利用し、自社の通販サイトを開設するケースの場合で考えてみてます。
通販サイトを構築し、自社のオリジナル商品を販売するといった場合、システム構築費やハードウェア購入にものづくり補助金とIT導入補助金は併用できません。
同一事業で異なる補助金を利用しているためです。
しかしながら、別事業であればものづくり補助金とIT導入補助金の併用はできます
具体的にどのようなケースで併用できるか考察していきましょう。

ものづくり補助金とit導入補助金が併用できるケース

ものづくり補助金とIT導入補助金が併用できるケースは別事業で利用するケースです。
ですので、ものづくり補助金で新事業を取り組み、IT導入補助金で既存事業の業務改善を行うケースは併用できるかと思われます。
例えば、既存事業で製造業を営んでいた事業者がものづくり補助金で新商品の開発及び卸売業・小売業への販売を行う一方で、IT導入補助金で既存商品のEC事業を始めるといった場合は補助対象となると考えられます。

このようにものづくり補助金とIT導入補助金を併用するには別事業を行う必要があります。
「既存事業+新規事業」または「新規事業+新規事業」といったケースの場合、ものづくり補助金とIT導入補助金の併用が可能と考えられます。
両方の補助金を利用したいと考えている事業者は上記のどちらかのケースで利用してみてください。

まとめ

今回はものづくり補助金とIT導入補助金は併用できるのかという解説させていただきました。
ポイントは下記の通り。

  • ものづくり補助金とIT導入補助金は併用可能
  • ただし、同一事業では利用不可
  • 別事業であれば利用可能

原則としてものづくり補助金は幅広い経費が補助の対象となります。
一方でIT導入補助金はITに関する費用に限定されているものの、ハードウェア購入費などものづくり補助金でカバーできない経費を補助対象とすることができます。
併用するメリットは大きいので、ぜひ余裕がある事業者は二つの補助金の併用を検討してみてください。

 

 

ものづくり補助金とIT導入補助金の併用を考えている方はまず一度ご相談ください。
弊社(CPA)ではものづくり補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地から初回無料でオンラインの打ち合わせが可能となっています。
弊社はものづくり補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

その他のものづくり補助金に関する記事はコチラから

関連記事