ものづくり補助金

エステサロンはものづくり補助金の対象!採択事例とポイントを解説

エステサロンはものづくり補助金の対象!採択事例とポイントを解説

ものづくり補助金は実はサービス業であるエステサロンでも活用できます。
とはいえ、ものづくり補助金は製造業への支援がベースですので、エステサロンで活用するにはハードルが高いというのも事実
そこで今回はエステサロンでものづくり補助金を活用する際のポイントと採択事例について解説していきます。

エステサロンはものづくり補助金の補助対象!

エステサロンはものづくり補助金の補助対象となります。
過去に複数の採択事例があったため、エステサロンが補助対象となるのは間違いありません。
しかしながら、製造業よりも採択率は落ちており、やや通過しにくい業態となります。
エステサロンでものづくり補助金に採択されるためには事業計画書をより質の高いものにしていく必要があります。

ものづくり補助金の通常枠の簡単な概要は下記の通り。

項目要件
概要革新的な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援
補助金額従業員数 5 人以下 :100万円~750万円
6人~20人:100万円~1,000万円
21人以上 :100万円~1,250万円
※単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
補助率1/2、小規模企業者・小規模事業者、再生事業者 2/3
補助対象経費機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費
基本要件・事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加。
(被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加)
・事業計画期間において、事業場内最低賃金(補助事業を実施する事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする。
・事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年率平均3%以上増加。

令和元年度補正・令和3年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金公募要領(13次締切分)

通常枠の他に、<回復型賃上げ・雇用拡大枠>、<デジタル枠>、<グリーン枠> 、<グローバル展開型>という4つの申請枠があります。
他の申請枠については公募要領をご確認ください。

ものづくり補助金では「革新的な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善」に取り組まなければなりません。
とはいえ、「革新的な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善」というのは一体どのようなものなのか判断に迷われる方も多いですよね。
ものづくり補助金の概要では「新商品(試作品)開発」、「新たな生産方式の導入」、「新役務(サービス)開発」、「新たな提供方式の導入」が対象となるとされています。
そこで次の章で、実際のエステサロンでの採択事例を確認し、どのような事業計画が対象となるのか確認していきましょう。

ものづくり補助金でのエステサロン採択事例

ものづくり補助金でのエステサロン採択事例を「新商品(試作品)開発」、「新たな生産方式の導入」、「新役務(サービス)開発」、「新たな提供方式の導入」ごとに紹介していきます。

新商品(試作品)開発

エステサロンでの新商品(試作品)開発の代表的な採択事例は下記の通り。

  • 知識と技術を活かした美と健康を叶える独自性の高いシミ改善メニューの開発
  • 自社発毛製品開発でサロン事業から製造販売業へシフト

新たなサービスを開発する、自社のオリジナル商品を製造するというのが代表的な採択事例でした。

新たな生産方式の導入

エステサロンでの新たな生産方式の導入による代表的な採択事例は下記の通り。

  • 最先端ラジオ波機器導入によるエステサロンサービス品質向上

エステサロンでは新たな生産方式の導入による採択事例が少ない傾向にあります。

新役務(サービス)開発

エステサロンでの新役務(サービス)開発による採択事例は下記の通り。

  • セルフ脱毛器等の導入による「治療+美容サービス」の開発
  • DX化による総合美容サービスの最小人数経営とFC展開の実現!
  • 競合店舗に先駆けた、脱毛・痩身サービス提供の為の設備投資
  • 深部加温施術ノウハウを生かした健康エステサービスへの事業拡大
  • 最先端ラジオ波機器導入によるエステサロンサービス品質向上
  • ウイズコロナ時代へ、インターネット活用のハイブリッド型美容サービス
  • 地域初の「若いメンズ向け」のエステサロン展開
  • 整体マッサージサロンによる男性向けセルフエステ・セルフ脱毛
  • 男性ニーズの多様化に合わせ顔美容を軸とした新サービス開発
  • リラックス×自然美。ワンランク上の贅沢美容室へ

エステサロンのメインのものづくり補助金活用方法が新役務(サービス)開発です。
いかに独自性のあるサービスを構築するか、斬新なアイデアの事業を展開するかというのが採択を得るための重要なポイントです。
単純な事業ではなく、他社が真似したくなるようなアイデアで事業計画を策定していきましょう。

生産プロセスの改善

エステサロンでの生産プロセスの改善による採択事例は下記の通り。

  • 最新鋭のレーザー脱毛器による生産性向上事業
  • 美容医療業界DXに資する、AIを活用した業務の効率化

設備導入やIT、DXを活用した生産プロセスの改善というのが代表的な採択事例です。

まとめ

今回はエステサロンのものづくり補助金での採択事例とポイントについて解説してきました。
エステサロンは過去に採択事例があることから、ものづくり補助金の補助の対象となることは間違いありません。
しかしながら、製造業と比較して採択率が低い傾向にあるため、より質の高い事業計画を策定していく必要があります。
独自性が高く、他社が真似したくなるような事業計画を策定していきましょう。

また要件に当てはまる場合は事業再構築補助金を活用するのも一つの手です。
エステサロンにおいてはものづくり補助金よりも採択されやすい傾向にあります。
また、補助額・補助率・補助範囲いずれもものづくり補助金よりも有利な補助金となっています。
下記の記事にて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エステサロンの補助金は事業再構築補助金が最もおすすめ!コロナ対策にエステサロン事業をしたいを考えている方にとって、 何の補助金を使えばよいかわからない エステサロンに使える補助金の概要を...
事業再構築補助金をエステサロンで活用するには?解説させて頂きますのアイキャッチ画像
事業再構築補助金をエステサロンで活用するには?解説させて頂きますエステサロンもコロナの影響を大きく受けている業種の一つといえます。 自粛の影響で、人前に出る機会が少なくなり、おしゃれに気を使う人が減...

 

ものづくり補助金の申請を考えている方はまず一度ご相談ください。
弊社(CPA)ではものづくり補助金の申請サポート・申請代行を実施しています。
全国各地から初回無料でオンラインの打ち合わせが可能となっています。
弊社はものづくり補助金のサポートを行っており、通常枠補助上限を含む、多数の採択実績があります。
「認定支援機関が決まらない」「事業計画書の添削をして欲しい」といった事業者の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細は下記のページから

その他のものづくり補助金に関する記事はコチラから

関連記事